14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2019年10月14日 (月)
■ ロックリング

Miche Primato 9x Cassette
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/90 EV-0.3

生まれ変わる cross × check のパーツ紹介。今日はリアのカセットです。私が小学生の時代に乗っていた自転車はリアの歯数が 5 枚でした。フロントは変速無し。大学生の時に組んだロードは、、フロントは 2 枚になってたけどリアは何枚だったか正確に覚えてません。そして、今乗っている COLNAGO DREAB B-Stay のリアは 10 枚、cross × check のリアは 9 枚です。自転車の多段化は 20 年くらい前に買った頃からジワジワと進み、同じ Chorus でも最新は 12 枚。そもそも、そんなに枚数があっても使いこなせてないし、20 年くらい前の Chorus だって私には猫に小判もいいところ。cross × check の 9 枚だって使い切ってないのに。

だから、リアカセットの枚数は本当に 9 枚くらいで十分すぎるのですよ。最新の 12 枚なんてチェーンも薄いし神経使いそう(って、私の脚力なら何も問題無しだろうけど)。ただ、世の中が多段化に進んだおかげで、9 速のカセットなんてグレードが低めのものばかりになってしまいました。しかも選択幅が思いっきり狭い。昨日書いたように SHIMANO は嫌いなので、SHIMANO 以外から選ぶとなると「あればラッキー」くらいの感じになってしまいます。何とか Wiggle で見つけた Miche Primato も値段からすると入門レベルに近いものかと思います。まぁ、そもそもジテツー号のものなのでハイグレードは不要なんだけど。

で、届いていた Miche Primato が入っている箱を宅配ボックスから出したときに、ガチャガチャと金属音がしたので「輸送中に分解したのだろう」と思いました。梱包を開けてみたら予想どおりでバラバラになっていただけでしたが、組み立ててみるとなぜかロックリングが入ってません。とりあえず「ロックリング入ってないぞ、それだけでいいから送ってくれ」とサポートにメールしたけど、、Wiggle での取り扱いが既に終わっている商品でもあり、どうなるかは不明。もう、仕方ないなぁ、、カラーアルマイト加工されたサードパーティー品でも探すかぁ‥とニヤつきながらネット上を見ているうちに問題発見‥。

Miche のトップ 13T と SRAM のトップ 12T
FUJIFILM XQ2 25mm ISO320 F3.6 1/60 EV-0.3

その問題とは‥ Miche のトップギアは 13T のものを選んだのですが、ロックリングの外径が大きいのではないか?、、です(何せ同梱されてないので不明)。そういや、前の SRAM のカセットをまだ処分してなかったことを思い出して SRAM のロックリングを Miche の 13T に当ててみたのが上の写真(上側の 12T は SRAM のもの)です。引っ掛かりが少ないのですが、全く機能しないわけではありません。実際の直径がハッキリしないのですが、STRONGLIGHT と AbsoluteBLACK が 13T 用と銘打ったロックリングを出しているのは調べましたが、現在は入手難といった感じです。今回は SHIMANO 嫌いが仇になったか(笑)。

とりあえず、Wiggle からの回答待ちの状態ですが、Miche のロックリングが手に入る可能性は低そうだなぁ。だったら、ここは我慢して SHIMANO の純正品を買うか、、という選択肢も認めざるを得ないかも、、なんて思ったのですが、SHIMANO の 13T 用のロックリングもあまり大きくない模様。まずは SRAM のロックリングを使ってみることにしますが、それでもダメならトップギアだけ SRAM のを使ってしまう‥という手も残されてます。もちろんロクに変速しなくなるとは思いますけど、そもそもトップギアなんて何があっても使うことがないので、ちゃんと変速しようが全く変速しなかろうが一向に構わないのです。

2019年10月13日 (日)
■ たったひとつの SHIMANO

SHIMANO XTR M952-RD
FUJIFILM XQ2 25mm ISO125 F1.8 1/30 EV-0.3

雨は凄かったみたいだけど少なくとも風は 15 号のほうが強烈だったかなぁ‥すっかり雲の無い空を見上げて TV を点けて驚きました。災害にあわれた方は本当にお気の毒ですが、水は本当に怖いですからね‥。私が今住んでいる家は集合住宅ではありますが持ち家です。以前に住んでいたのは集合住宅の借家でしたが、直接の被害は受けなかったものの川の氾濫を経験しており、自分で家を買うときの第一条件は「水害とは無縁の土地にする」でしたから。水が無いと生きていけないけど水は本当に怖い。

生まれ変わる cross × check のパーツ紹介。お次はリアディレイラー。その前に、、自転車に限らず業界にはその業界トップが必ずいます。SHIMANO は押しも押されもせぬ自転車部品メーカーのトップですし、通勤通学で少しでも自転車に乗る人であればほとんどの方がお世話になっているメーカーのはず。そんな「日本スゲー!」の一翼を担っているメーカーは、私の大嫌いなメーカーでもあります。何でだろう?好き、嫌いに理由なんて無いのが多いのも事実だけど、SHIMANO が嫌いな理由をロジカルに説明することなんてできません。嫌いなものは嫌い。強いて言えば大好きな Campagnolo の敵だから?(笑)

別に昔から嫌いだったのではなく、好きだった頃もあります。その SHIMANO をまだ好きだった頃に買ったのは MTB 系の最上級グレードだった XTR のリアディレイラー。今もトップグレードは XTR というシリーズらしいけど、全く興味がありません。とにかく今の SHIMANO って美しくないんですよね。もう、デザインが気持ち悪すぎて吐き気がするくらい。この M952 は美しかったのに‥。そうか、、SHIMANO が嫌いな理由は「美しくないから」ですね。私は全く同じような印象を自動車メーカーの TOYOTA に感じるのですよね。優秀な製品で故障も少ないんだろうけど、、とにかく美しくない‥というか醜い。

まぁ、これは単なる私の感覚なだけですので、SHIMANO 大好きな方の気分を害したとしたらごめんなさい。でも、写真の M952 XTR は美しかったし(いや、、現に美しい)、大嫌いな SHIMANO のはずなのに cross × check の走りをサポートしてくれる重要な部品として頑張ってくれるのです。昔の彼女の写真を大事に持っている、、そんな感覚なのかもしれませんけど、いいものはいい。自転車部品と言ったらシルバーかブラックの二択だったのに、何とも言えない高級感の漂うガンメタルを持ち込んだのもカッコよかったですよねぇ。SHIMANO 大嫌いな私なのに、たったひとつだけ心を許しているのが M952 XTR です。

2019年10月12日 (土)
■ クランク回りは‥

SUGINO Mighty Tour 175mm
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F1.8 1/34 EV-0.3

週末 3 連休‥。天気がよければ迷わず車中泊旅行なのですが、今日はとんでもない強力な台風 19 号がやってくるらしい‥ということで、とりあえず今日は自宅に引き篭もり。西日本に逃げれば台風の影響も少なそうなので、昨日の夜のうちになるべく西まで行けばとは思ったのですが、台風の影響を受けずに逃げ切るのは無理そうだったので諦めました。買いだめしておいた自転車パーツもいよいよ組み込みが始まるので、何を買ったのかなどを少しずつ明らかに。まずはクランク回り。

最近のクランクは軸と一体化しているタイプが圧倒的に多いので、最初はそんなのも視野に入れて調べたりしたのですが、cross × check の BB にそのようなタイプが装着できるのかがそもそも分からない。詳しく解説してあるページをよーく読んでも分からない。仕方がないので、昔ながらのスクエアテーパー BB で行くことを選択。逆にクランクの種類が絞られるので選ぶのに悩む必要が無いよね、、というのは正しいのですが、その中の大多数は入門クラスの安いやつでして、だったら変えなくていいじゃん‥のレベル。結局、ド定番ともいえる SUGINO Mighty Tour になりました。前のはシルバーだったのでブラックが新鮮です。

SUGINO ってピスト系の人たちにも人気のあるブランドだからなのか、箱の中に「公道を走る自転車に取り付ける際はブレーキを取り付けてください。」という紙切れが入っていたのがウケました。ブレーキ無しピストの流行が一時期話題になりましたけど、今はもうそんなことしようと考える人もいないんじゃないかと思うのですが‥。そんなことないのですかね。

DixNa LA CRANK DISC CHAINRING
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F1.8 1/30 EV-0.3

チェインリングは完成車のものを一度変えているので、今回はそのまま使いまわし‥の予定でいたのです。eNVy のグレーの色合いも見た目も気に入ってたので。しかし、外してみたらインナーの痛みが思っていた以上に酷かったので、アウターだってそりゃ摩耗してるわな‥と考え変更することに。クランクに比べればチェインリングのほうが種類は豊富ですから選択幅は広そう。何となく目について選んだのがこいつ。ディズナのラ・クランクのシリーズのディスク・チェインリングのようです。ちょっと真っ黒すぎな気がしなくもないけど、それはそれで迫力ある仕上がりになる気もしますね。

2019年10月11日 (金)
■ 自宅勤務はいいよぉ‥

豚屋とん一の「カツ丼玉子W」
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F1.8 1/80 EV-0.3

今週は火曜日以外はずっと自宅勤務にしてしまいました‥。まぁ、来週からはまた週に一度の金曜日‥になると思いますけど、自宅勤務は色々な意味で楽ですね。自宅勤務が一番いいと思うのは、通勤時間が丸々浮くということですが、仕事時間の融通が利く‥というのも結構なメリット。まぁ、出社するにしてもフレックスなんで自由なわけですが、今日なんて朝の 4 時から仕事してましたから午前中で 8 時間勤務になってしまう!少し早めに昼メシは、毎月 11 日・21 日はワンコインになる「カツ丼玉子W」でした。カミさんに買っておいて欲しいと言われたバゲットは無かったので焼き上がり時間に取りに来ることにして 15 時過ぎに再度セン北へ‥。考えてみたら都内勤務なんかだと昼間に移動したりするので移動ついでに買い物みたいなもんですね。

2019年10月10日 (木)
■ 今日の変わりおにぎり

だし香る きのこごはん@ファミマ
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F1.8 1/58 EV-0.3

前回と同様で、今日の‥とは言っても火曜日に出社した際のお昼に食べたおにぎりです。だし香る「きのこごはん」おにぎり。いやぁ、秋ですなぁ‥という感じのおにぎりですが、もちろん食べた感じも味も想像通りのもので、全然「変わりおにぎり」じゃないではないか!でしたが。。一年中、同じ「ど定番」のおにぎりではなくて、新発売印が付いているものを基本的に「変わりおにぎり」と呼ぶことにします。これらの新発売系と、ど定番モノのほかにも「高級路線系」なおにぎりもあるのですよね。だいたいにおいて、高い具材がたっぷり入っている感じのものが多いのですが、あの系統のコンビニおにぎりって絶対に買う気になれないのですよね。値段ほどに美味くないじゃん!ってなりそうな気がするのと、やっぱり定番系の方が好きなので。

2019年10月09日 (水)
■ 今日はロピア肉

ロピア肉
FUJIFILM XQ2 25mm ISO125 F1.8 1/30 EV-0.3

私の日々の仕事は基本的に札幌にいるメンバーと共同で実施することが多いです。オネーサマは元札幌メンバーなのですが、今はこっちに住んでいるのでふだんは新子安のオフィスで一緒に仕事をしてます。が、オネーサマが秋休みで今週はいない。直接の話し相手がいないから‥というのも半分あり、今週は自宅勤務主体でやってます。そして今晩もひとりメシ‥こういう日はロピア肉でも食うか!ということで、夕方にノースポートモールへ買い物に出かけ、でかステーキ肉を買ってきました。先日、都内で食べた霜降りバッチリな高いすき焼き肉みたいなのより、赤身メインのステーキ肉の方が好きなんですよね。ロピアにも霜降りバッチリの肉が置いてあったりしますけど、私は全然触手が伸びません。むしろ、メガステーキのほうが食べてみたい。

2019年10月08日 (火)
■ 鮮きた、にて

鮮きたの 5 点盛り
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F1.8 1/17 EV-0.3

今週は、月、火、水‥と三連チャンで夕食無しとのこと。じゃ、軽く飲んで帰るべぇ‥と、会社帰りに一人でじおうに行きました。用事が無ければこういうオジサン飲みにオネーサマが付き合ってくれるのですが、今週は秋休みでいないので一人じおう、、ってわけ。今日はビール 1 杯とホッピーセットで終わりだな、、という感じでいたのですが、途中でカミさんから LINE が入りました。「ちょっと早めに終わりそうなんで、鮮きたに寄るか?」とのお誘い。何でもボトルが置いてあるそうで、それを飲みに行くかね、、という話になっていたのですよね。私としてはとても久しぶりの鮮きたですよ。今日は週はじめに近いこともあって忙しい感じではなかったので、お店の方と色々な話など‥。帰りじおうもいいけど、帰り鮮きたもいいですなぁ。