14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年10月28日 (土)
■ 完成検査って何だっけ?

SUBARU LEVORG STI Sport 2.0
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F8.0 1/480 EV-0.3

日産で発覚した 「資格を持たない人間によって完成検査が実施されていた問題」 は、私が贔屓にしている SUBARU にも飛び火しました。この問題‥昨日、今日に始まったものではなく、かなり前から行われていたことらしいですが、他のメーカーは大丈夫でしょうか?自動車業界で言えば三菱自動車の燃費偽装問題や、自動車メーカー以外だと最近では神戸製鋼による品質偽造問題など‥「ちょっとちょっと、みんな何やってんのよ?」 的なビックリニュースが世間を騒がせているように思います。テレビのニュースとかは全く見てないですし新聞も読んでないので、いわゆるマスコミではどのように扱われているのか知りませんけど、きっと 「日本の信頼はガタ落ちだ」 みたいなこと言ってるんでしょうね‥。

決まりは決まりなので今後はキッチリとしていただくのはいいとして、、完成検査そのものが時代にあってないっていう指摘は無いんですかね?あくまでも個人的な想像に過ぎないのですが、日本の基幹産業とも言われている大手自動車メーカーの工場を出てきた自動車で、日本の 「完成検査」 をパスできない自動車なんてあるんですかね?時代に合ってない完成検査だからこそ、自動車メーカーも重要視してこなかったというのが実態ではないのでしょうか?偽装だ、けしからん!というのはそのとおりなのですが、個人的には変わるチャンスが出来てよかったと思っています。で、検査員の資格云々のレベルで終わらずに、「そもそも完成検査って何だっけ?」 という部分にまで議論を広げて欲しいと思ってます。

2017年07月05日 (水)
■ 電車通勤はキライ

新横浜駅にて
FUJIFILM XQ2 50mm ISO100 F4.2 1/90 EV-0.3

今日は会社帰りの頃に雨が降るという予報だったので電車通勤にしましたけど、結局雨は降らずに失敗‥という感じでした。自転車通勤をするようになって電車がさらに嫌いになったのですが、今朝もそれに拍車をかける事態に遭遇‥。新羽から乗り込んできたオジサン‥たぶん、私と同年齢だと思うのだけど、同じ駅で一緒に乗って来た女性が気に入らなかったらしいのです。女性のスマホが自分の背中に当たっていたのでしょうかね‥完全に振り返ってまで女性を睨みつけてる。このオッサンなに?って、同じオッサンの私でも思ってしまいましたよ。

満員電車なんだからそれくらい仕方ないでしょ?と、私などは思ってしまうのですが、満員電車でも体が触れるのが気に入らないのか、女性のことを睨む睨む‥。なんだか逆じゃねーの?と思ってしまいましたけど、世の中には色々な人がいるもんですねー。という感じで、今日もまた電車通勤の嫌な一面を見せつけられてしまいました。数年前の東京勤務時代も電車に乗ると嫌な乗客を時々見かけましたけど、こういう変な人って確実に増えている気がするのは気のせいなんでしょうか‥。やっぱり自転車通期のほうが人間らしい生活してる感じがします。

2016年10月17日 (月)
■ 悪魔の証明

餃子の王将の看板
RICOH GX200 28mm ISO68 F2.7 1/32 EV-0.3

#以下の内容と写真は関係ないです。将棋、将棋‥と思っていたら王将の字が目に入ったので(笑)。

私の毎朝の楽しみは佐々木俊尚さんが 「朝キュレ」(朝のキュレーション)と呼んでいるツイッターの連投を読むことです。佐々木さんは趣味で登山などもされているため、登山に行かれる時などは朝キュレがお休みになってガッカリするくらい楽しみにしてます。今日、その朝キュレで紹介されていたことで初めて知ったのですが、将棋界が大変なことになっているそうですね。何でも‥トップクラスのプロ棋士が 「ソフト指し」 と呼ばれているコンピューターに頼った勝負をした疑いが持たれている‥とか。

私に将棋の趣味はありません。小学生時代にやったことがあるという程度なので、駒の動かし方くらいなら何とか知っている‥という程度の知識です。なので、プロ棋士はコンピューターの指し手に感づく‥なんていう話がどの程度のものなのかも分かりません。とはいえ、本職がコンピューター関係なものですから、コンピューターの能力は既にプロ棋士を凌駕しているだとか、1997 年に IBM Deep Blue がチェス王者に勝ったのはソフトのバグのせいだった‥といった記事は楽しく読んでいます。

佐々木さんが紹介したブログの記事は 「事実としての白黒をはっきりさせることを望まない」 といったことを述べておられますが、私もそのほうがいいのではないかと思いました。「白であることを証明できないので黒だ」 というのを悪魔の証明と呼ぶのだそうですが、白であることの証明は事実上不可能だと思います。私も仕事で 「白であることを(素人にも)分かるように証明せよ」 とユーザーから無理難題を吹っ掛けられることがたまにあるのですが、ごめんなさい‥無理なものは無理なのです。

単純な勝負という点ではコンピューターが優勢でプロ棋士に勝ち目はほとんど無い‥というのが現実になりつつあるのだと思います。かといって、プロ棋士が要らない世の中になるとも思いませんが、不正の疑いを持たれない仕組みづくりはプロ棋士自身を守るためにも必要なのでしょう(そういった対策が講じられる直前の事件だったそうですが)。今でもそうだと思いますが、今後は益々 「人間臭さ」 という部分がプロ棋士にとって重要になって行くのでしょうか‥そこまで真似られたらタマリマセンけどね。

2016年08月29日 (月)
■ ホームドア

ブルーラインから京急へ@横浜駅
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.4 1/34 EV-0.3

昨日は一体どれだけ飲んだのよ!?という感じの今朝。頭が痛いとかキモチワルイという症状はないものの、明らかに二日酔いという感じの目覚めです。完全にアルコールが残っている感じの状態‥。私とカミさんとオネエサマは筋金入り(?)の飲兵衛。ダンナ様も普通以上に飲みますけど普段はあまり飲まないそうで、オネエサマに比べるとアルコール中毒の度合いは弱いです(笑)。朝起きて空いたワインの本数に笑いが出るほど‥しばらくアルコールは要りませんという感じでした。

そんな状態ですから天気がよくても自転車通勤が憚れれる感じでしたが、今日は夕方から台風の影響で雨が降るという予報。ある意味ラッキーかも‥ということで今日は電車通勤でした。いつものように新横浜で乗り換えるはずが、横浜線が人身事故で運転見合わせとのこと‥。仕方がないので横浜まで行って京急で職場に向かいました。随分と長い間、通勤で横浜駅を利用していないので何とも新鮮な感じがしましたが、以前に比べると横浜駅の乗り換えも便利になったものです。

横浜線の人身事故は大口であったそうですが、何と職場の同僚が事故のあった列車に乗り合わせていたのだとか‥。人身事故とは言っても実際のところは半数が鉄道自殺だそうです‥。つまり、半数は自殺じゃなくて本当に事故だったということになりますが、いずれにしろ痛ましい話ですよね。そんな人身事故を減らすのに劇的な効果を発揮するのがホームドアの設置。だいぶ目にすることが増えて来たホームドアですが、設置率 100% を目指して鉄道各社には頑張っていただきたいと思います。

2016年06月16日 (木)
■ 転職

送別会にて
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/15 EV-0.3

隣のチームの若者が退職するというので送別会に行ってきました。隣のチームは協力会社さんで構成されているような感じなのですが、みなさん自己主張が激しいなんてことは無くどちらかというと大人しい人ばかりです。中でも退職する若者が一番大人しくて自分の意見をあれこれと言う場面を見たことがない気がします‥。まぁ、私が彼らと一緒に仕事をする局面がほとんど無かったからだと思いますが‥。でも今日は会の主役なので、色々な話が聞けました。

元々、自分が目指していた方向性と今の仕事が合ってなかった‥ということが遠因ではないかということも伝え聞いていましたが、まぁそれも一因ではあるでしょうね。そういう要因は色々あったと思うのですが、個人的には 「今の仕事が面白くない」 ということに尽きると思うのです。忙しくて大変な状態が続くような仕事だとしても達成感が得られれば面白い!って感じるようになると思うんだけどなぁ。残念ながら傍から見ていてもそういう機会が無かったんじゃないか。

達成感が得られる 「機会の芽」 はいくらでもあったように私は思うのですが、機会の芽を摘んじゃう人がいるんですよね‥。面白い!これは行ける!という直感が働かないのか、とにかく物事に難癖つけて自分の身に大変な仕事が降ってこないようにする人々がいるせいで、チャレンジは必要でも達成感が得られる機会を奪ってしまった‥。彼はその犠牲者なのではないかな。だからこそ彼の選択は正しいと思うし、新しい仕事で思いっきり達成感を得て欲しいと願うわけです。

2016年03月11日 (金)
■ 分からないことだらけ

5 年前の新聞
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.6 1/90 EV-0.3

東日本大震災から 5 年が経った‥ここ最近、あちこにで目にします。5 年とか 10 年とか、何となく区切りのよい気がする数字だから何かひと区切り着いた気になってしまうのかもしれないけど、5 年目なんて流れる時間の単なる一ヶ所にしか過ぎないと思います。そうは言っても時間の経過とともに人々の記憶は薄れるから、少し大げさに振り返ることもまた大事でしょう。

今日、朝から SNS で報道ステーションの話題がたくさんされていました。ふだんはテレビを見る生活をしていないのですが、今日は報道ステーションを見てみました。特集を見た感想は‥5 年経っても何も分かっていないし、何も進んでいない‥というものでした。報道内容に賛同する人もいれば反対する人もいて双方でいがみ合ってるけど、ちょっと違うような気がします。

まだまだ分かっていないことだらけだし、やらなくてはならないことが膨大にありすぎて呆然とします‥。5 年前の当時、今まで見たこともないようなことが(テレビの映像を通じてですが)目の前に次々と現れ、明日はどうなるのか分からない‥そんな気持ちでいたことが思い出されます。分からないなりに色々な情報に触れ、ずっと考え続けなければいけないと思います。

2016年02月27日 (土)
■ 墓って何だろう

お墓参り
RICOH GR 28mm ISO100 F4.5 1/500 EV-0.3

私の家系のお墓は結構遠いところにあるので、墓参りに行くのもそう簡単ではありません。私の親父が結構な歳になってきたこともあって自動車の運転は遠慮してもらうようにしたので、親父も墓参りに行くのがちょっと面倒になってしまっているようです。そうは言ってもほっぽらかしておくわけにも行かないので、両親を連れて墓参りに行ってきました。前回行ったときは旅行を兼ねて一泊でしたが今回は日帰りで‥。でも、何とか日帰りで行けるのでまだマシかも‥。

若い頃は墓なんて自分とは全然関係の無いもの‥くらいに思っていたバチ当たりな私ですが、この歳になると墓のことも少しは考えなければなりません。だいたい、1 日掛けて墓参りに行かなければならないというのも私が親父の歳になったらどうするんだろうなぁと思ってしまいます。ただ‥私とカミさんは意見が一致しているのですが、墓なんてどうでもいいのですよね。ご先祖様はともかく、自分が死んだあとは適当に散骨でもしてもらいたい‥って感じ。

そもそも私の憧れは鳥葬なんですが、日本じゃ無理だしなぁ‥。とりあえず自然に返して欲しいわけで墓石の下なんかに入りたくないのですよ。だいたい、死んだら墓に入る‥なんてことを繰り返していたら、ただでさえ狭い日本がそのうち墓だらけになっちゃうやないですか。だったらいっそのこと畑に撒いて野菜の肥料にでもしてもらったほうがマシというか‥いや、、私の骨なんかじゃ肥料にならないか(笑)。なんてことを墓参りしながら考えてしまいました。