14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2018年10月08日 (月)
■ 国道 153 号線

飯田市街にて
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F8.0 1/500 EV-0.3

わが家の車中泊旅行‥「走ったことのない国道を行く」 というのが基本線なのですが、もちろん走ったことのある国道は通らない‥なんていうストイックなものではありません。むしろ、走ってみたい国道というか、ドライブしていて楽しい国道というのは固定化しているので、結局、いつも同じようなところに出掛けてしまうという構図になりがちです。でも、、それだと今度はいつまで経っても新しい国道を経験できないので、心を鬼にして(大げさ!w)走ったことのない道路を選びます。ということで今日目に付いたのが国道 153 号線。国道 153 号線は名古屋を起点として塩尻を終点とする道路ですが、ひとつ番号が違うだけの 152 号線とは大違いのごく普通の道路‥という感じです。とはいえ、現道は 214km ということですので、それなりの距離です。

じねんじょ定食@道の駅信州平谷ひまわり亭
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F2.2 1/42 EV-0.3

長野県と愛知県の県境あたりは若干のどかな感じのところもありますが、基本的には生活道路って感じでしょうかね。正直言って、走っていて面白いと感じる部分はほぼ無いです。でも、それはそれで、走ったことのない道路を走る‥という楽しさはあるわけで、国道走行の楽しさではあります。なのですが、国道の改良は目を見張るばかりというか目を覆うばかりというか、駒ケ根のあたりの改良されつつある状況は凄かったですね。地形を無視した高架の一直線道路にしちゃおうっていうんですから‥。ま、それは生活道路ゆえなのでしょうから仕方ないですけどね。お昼は道の駅信州中谷で食べたじねんじょ定食。個人的には山深いエリアの食事に刺身って要らないと思うのですが、なぜか一品付いているんですよね。不便な時代なら嬉しかったんだろうけど、今の時代は山のもので揃えて欲しいんだよなぁ。この後、キッチリと名古屋まで欲張ってコンプリートしましたとさ。

2018年10月07日 (日)
■ 国道 292 号線-8 号線-41 号線-471 号線-158 号線

道の駅しなのより黒姫山
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F8.0 1/640 EV-0.3

「道の駅しなの」 はもう何度かお世話になっている道の駅なのですが、とにかく静かなのと景色がいいのが最高です。ま、北信の田舎エリアなので静かなのも当然かな‥という気がしますが。ちなみにカミさんの母親がこの近くの出身ということもあり、よく来るエリアでもあります。いつものことですが何となく地図を眺めているうちに見つけたのが国道 292 号線の未走行部分。ということで、野尻湖から斑尾エリアを越えて千曲川側の飯山の街へ向かいました。飯山から妙高に至る部分を走り、国道 292 号線がコンプリートの仲間入り。

国道 8 号線子不知付近
FUJIFILM XQ2 50mm ISO400 F4.2 1/20 EV-0.3

国道 18 号線にブツかったあたりから雨交じりの天気になってきましたが、そのまま国道 18 号線の終点まで行き、西向きに折れて国道 8 号線へ。国道 8 号線はまだコンプリートできていないのですが、上越から富山に至るあたりはもう何度も走っています。北陸自動車道ができる前は、親不知・子不知と呼ばれる難所を通る以外の道が無かったわけですが、真冬などに走ったら結構緊張を強いられる道路なんでしょうね‥でも、ちょっと走ってみたいと思ったりして。糸魚川でフォッサマグナミュージアムっていうのに惹かれつつ行かなかったのですが、楽しそうなので次回は寄ってみたいと思います。

きときと寿し黒部店にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F2.0 1/58 EV-0.3

黒部のあたりでお昼時間‥。そうだ、富山だから 「きときと寿し」 でいいんじゃね?ってことで黒部店に入りました。根室のはなまると、富山のきときとは美味しいですからねぇ。ちなみに、いわゆる回転寿しのシステムはなくなっていて完全注文制という感じになってました。頼んだものが富山新幹線(?)に乗って席までやってくる‥そんな感じ。タッチパネルで頼んでいるわけだから、料金も分かり切っているはずなのに回転寿し店ならではの皿を数える仕組みが残っているのは笑いましたけど‥。お昼を食べた後は日方江温泉っていうところで昼風呂をいただきサッパリしました。カミさんが出てくるまで地図やら天気予報とにらめっこ。

道の駅スカイドーム・神岡にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F2.2 1/75 EV-0.3

有峰湖にでも行ってみようと思い車を走らせるもどうにも天気が悪そう‥行ったところでガスの中を走ることになりそうだったので次回のお楽しみということにしました。富山市街で夕食を調達したら国道 41 号線で南下。神岡で国道 471 号線の単独区間に入ってスグのところにある 「道の駅スカイドーム・神岡」 に寄ってみたのですが、楽しみにしていた展示室がリニューアル工事中で来年の 3 月末頃まで見られないのだとか‥。残念ですが次回のお楽しみってことで。ただ、ここの道の駅はあまり泊まりたい感じがしませんでしたね‥。道の駅を出たら平湯方面に進みます。途中、新穂高ロープウェイ方面から戻って来る車が結構多かったのですが、このロープウェイも結構楽しそうですね。

安房峠より霞沢岳
FUJIFILM XQ2 100mm ISO400 F4.9 1/75 EV-0.3

平湯からは当然のように国道158 号線を通って安房峠越えです。辺りは少しずつ暗くなり始めていましたが、安房峠に着いたときに雲間から夕陽に照らされた山が見えました。ホンの少しでしたが美しかったですねぇ‥。ちなみにこの山が霞沢岳のようです。以前、霞沢岳だと思い込んでいたのは奥穂高・前穂高だったみたいです‥。今日は残念ながら穂高方面は曇って見えませんでしたが、最後に美しい山の稜線が少し見えたのは嬉しかったですね。夜のとばりが降りて来た安房峠を下り、日本アルプスサラダ街道と呼ばれている県道 25 号線を塩尻方面に行ったところにある 「道の駅今井恵みの里」 が今晩の宿泊地となりました。

2018年10月06日 (土)
■ 国道 299 号線-群馬・長野県道 124 号線

飯能の梅そばにて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F2.2 1/110 EV-0.3

今日から三連休‥ってことで、車中泊旅行に出掛けます。いつもなら金曜日の夜から移動を開始して、前日のうちに横浜から離れておく‥という段取りなのですが、昨日は夜中に札幌から帰ってきたわけで、さすがにそうは行かず。今朝、出張の洗濯などを済ませてから家を出たもので、ゆっくり出発になってしまいました。何となく長野方面でも行ってか、、ということで関越・上信越道を使うつもりで出掛けたのですが、関越は東松山とか嵐山とかのあたりが結構な渋滞になっていたので下道をゆっくり行こうってことで、久しぶりの国道 299 号線を選択。飯能あたりで昼前になってしまったので、何となく蕎麦屋に入ってみましたが、やっぱり戸隠あたりのもっと黒っぽい蕎麦のほうが好きなんだよなぁ‥。

国道 141 号線佐久平付近にて
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F3.6 1/350 EV-0.3

国道 299 号線は不通個所があって十石峠を越えることができず、迂回ルートの県道 124 号線を使って武道峠越えになりました。今日は全体的に遅めの行動だったので、国道 141 号線を北上中に日暮れの感じになってしまいました。この後、上信越道を使って少し距離を稼ごうと思いまして、DELICIA で夕食を調達したのですが‥「何か少し足りない感じかね?」 なんて思ってたところに目に入ったのが焼き鳥屋(笑)。国道 141 号線沿いにある扇屋っていう焼き鳥屋でスーパーの焼き鳥とは一味違うものを調達しました。その後、小諸から上信越道に入って信州中野まで行き、国道 18 号線を使って 「道の駅しなの」 まで行きました。

2018年08月19日 (日)
■ 国道 4 号線- 286 号線- 466 号線

牛たん炭焼利久にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F2.2 1/420 EV-0.3

今回の東北車中泊旅行‥私の誕生日が近いこともあって 「そんなに食いたきゃ二郎に行ってもよかろう」 と、カミさんも半ば諦めた感じだったので、私としてはこれ幸いと最後は仙台二郎で締めくくろうと思っていました。前回の東北車中泊旅行は石鳥谷発が少し遅かったために仙台入りも遅くなってしまい、開店前の行列を見て二郎行きを諦めたという苦い失敗があったので、今日は仙台入りが遅くならないように全体的に前倒しでこなしていたつもりでした。が、が、が!!!いざ仙台二郎に着いてみたら‥夏休みでしたよ。ということで、今回も結局、牛たんになってしまいました。次回こそ‥仙台二郎をしかもニンニク入りで食ってやる!

埃まみれの LEVORG
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F9.0 1/300 EV-0.3

仙台南 IC から東北道に入り、ひたすら横浜を目指します。今日が夏休み最後という人も多いでしょうから、東北道もそこそこ混んでいるのを覚悟はしていましたが、渋滞というほどの渋滞はなく比較的順調に流れていました。しかし、南下するにつれて徐々に暑さが厳しくなってきた感じがあります。あ~、そろそろ暑いのも飽きてきたし、もうしばらく涼しいところにいたいなぁ‥なんて思っていても容赦なく気温は上がって行く感じです。途中、那須高原 SA でトイレ休憩しましたけど、外に出たら暑い暑い。それにしても LEVORG も汚れました‥横浜に帰ったら洗車も済ませて今日を終わりにしたいところです。

首都高大橋ジャンクション
FUJIFILM XQ2 35mm ISO400 F3.6 1/8 EV-0.3

東北道は途中で一瞬だけ流れが悪くなったところもありましたがおおむね順調な流れで浦和料金所までたどり着きました。その後、首都高速川口線、首都高速中央環状線とも渋滞知らずのいい感じで流れていましたが、中央環状線から首都高速渋谷線に入る大橋ジャンクションはいつも通りお約束の渋滞でした。以前もこんな感じのときがありましたけど、仙台から横浜まで帰ってくるのに渋滞と呼べる個所が大橋ジャンクションだけ‥というのは何ともラッキーなのでしょうかね。いつもいつもこんな感じだと本当に楽でいいのですが‥。いつもであれば渋谷線からそのまま東名高速に入るのですが、今日は Google 先生が第三京浜を勧めるので従ってみました。

なかなかの平均燃費
FUJIFILM XQ2 50mm ISO400 F4.7 1/15 EV-0.3

結局、自宅エリアには 17 時過ぎには到着していたので、なかなか優秀だったと言えるでしょう。今回の東北車中泊旅行では 2009.5km を走り、オドメーターは 29112km になりました。さすがに今月末までに車中泊旅行に出掛けることはないと思うので、ここらで一旦打ち切りですかね。もう一歩で 30000km に手が届いたと思うと少し残念ではありますが、一年間で 30000km 近くも走ってれば御の字ですよね。LEVORG STI になって今月末で 1 年ですが、沖縄を除くと未踏破都道府県は鳥取だけになっているはず。今回の平均燃費も写真のとおり 14.7km/l と非常に優秀です。来月以降、暑い季節が遠のいて行けば西側エリアへも行きやすくなるので、鳥取県は早々と行ってみたいところですね。

2018年08月18日 (土)
■ 国道 45 号線- 102 号線- 103 号線- 341 号線- 4 号線

国道 45 号線最大の難所と言われる中野坂
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/350 EV-0.3

昨日の夕方に通過した気仙沼以北の国道 45 号線は初めて走るところがほとんどです。2015 年の秋に鵜の巣断崖を見に行ったときにホンの少し 45 号線を走っているはずなのですが記憶はイマイチ‥ですね。しかし、2015 年からさらに 3 年経った現在、海沿いの風景はだいぶ異なったものになっていると思います。釜石市、大槌町、山田町、宮古市と走り、昔とはかなり異なるであろう風景を目にしました。写真は岩泉町にある国道 45 号線最大の難所であるという中野坂。実際にはこの写真よりも南側にある急勾配+急カーブが大型車にとっては厄介だそうですが、LEVORG だと 「難所なんてあったっけ?」 という感じでした。

野田村の巨大防潮堤
FUJIFILM XQ2 60mm ISO100 F9.0 1/340 EV-0.3

国道 45 号線は中野坂あたりで一旦海を離れ、それこそ 2015 年に行った鵜の巣断崖や北山崎のエリアを抜けると再び海岸近くを走るようになります。そして久慈市の少し南側にある野田町で見たのが上の風景。3.11 のとき‥テレビなどでよく見聞きした町以外のあらゆる町が津波の被害を受けていたことを知りました。それが写真の巨大防潮堤の建設に結び付いたのは想像に難くないのですが、海沿いの街中から海側を見ても海が見えないというのは何とも不思議な感じで色々と考えされられてしまいましたね。中国の古い街などは高い城壁で外敵から守られていたそうですが、その外敵が人間ではなくて津波と考えればいいのでしょうか。今は何となく違和感があっても将来はありふれた風景の一部になっているのかしら‥とか。

七曲展望所より十和田湖
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F9.0 1/900 EV-0.3

この後は、久慈市、八戸市、おいらせ町、六戸町を経て十和田市で国道 4 号線にぶつかります。国道 45 号線はこれより先、国道 4 号線の重複区間を経て青森県青森市の青い森交差点で終点を迎えるそうですが、国道 4 号線は制覇済みなので自動的に十和田市まで走ったところで国道 45 号線も制覇したと考えてよいでしょう。とりあえず、十和田市市内で温泉に入り、夕食を調達したら景色のよさそうな道路でも走って少し南側に行くことにします。まずは、国道 102 号線を走って十和田湖方面へ。いつも走っている奥入瀬渓流沿いは通らずに奥入瀬バイパスと呼ばれているほうを通ってみたのですが、、バイパスとは言っても利用者が少ないのか他の車両とすれ違うことはありませんでしたね。写真は七曲展望所から見た十和田湖ですが、十和田湖の眺望は残念ながらいまひとつです。

アスピーテライン大深沢展望台より畚岳(もっこだけ)
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F9.0 1/900 EV-0.3

七曲展望所から十和田湖湖畔へ降り、国道 103 号線を走って山を下り鹿角市へ。国道 282 号線、341 号線を通り、八幡平アスピーテラインへ。前回、アスピーテラインを走ったのは昨年の GW に行った北海道車中泊旅行の帰りだったと思います。その際は高いところの視界がゼロでとても残念だったのですが、今回はこんなに素晴らしい眺望に恵まれて大満足ですね。ちなみにこの写真は大深沢展望台から見た 「もっこだけ」(畚岳) という名の山だそうで、何となく登ってみたくなる雰囲気があります。ここがおそらくアスピーテラインで一番景色がいいのかしら‥などと思いながら走っているうちにいつしか麓まで降りてしまいました。

岩手山
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F6.4 1/280 EV-0.3

今日も花巻市の道の駅 「石鳥谷」 まで行っておこうということで、もう少し走りました。途中、岩手山の北側を走ったときに撮ったのが上の写真。東北道から見る岩手山は比較的なだらかな山容をしていると思っていたのですが、西側には随分と急峻な地形もあるみたいですね。おそらく今までも目にしたことはあるのでしょうけど、気づいたのは今回が初めて‥。大きな山を間近に見る生活っていいだろうなぁ‥なんて思いながら写真を撮ったのですが、そらの雲はすっかり秋という感じになってますね。この後、国道 282 号線から国道 4 号線に入ったら、石鳥谷までは 4 号線をひたすら走って行きました。北東北はそこそこ涼しい感じでしたけど、明日、横浜に帰ったら暑いんだろうなぁ‥。

2018年08月17日 (金)
■ 国道 113 号線- 6 号線- 45 号線

道の駅七ヶ宿にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/500 EV-0.3

道の駅七ヶ宿はこんな感じ‥と言ってもこの写真では全く分からないかと思いますが、七ヶ宿公園の駐車場と隣り合っているので駐車場が非常に広い感じです。ダム湖の近くにありながら広々とした解放感があって蚊などとも無縁の感じがしますが、さすがにそれは無理かな‥刺されませんでしたけど。あと、日にちのせいなのか国道 113 号線のせいなのかは分かりませんけど、自動車が少なくて非常に静かな夜を過ごせたと思います。唯一残念なのは昼間の営業時間ではありませんので、ダム湖カレーが食べられないといったところでしょうか(笑)。昨日の続きということでさらに東側へ。白石で国道 4 号線を横切り角田市へ。一旦、南向きに方向を変えて阿武隈川を渡ったらまた東向き。福島県に入ってほどなく国道 6 号線とぶつかって 113 号線は終わりです。

国道 113 号線終点@福島県相馬市光陽北交差点
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F6.4 1/480 EV-0.3

おおかたの国道の起点・終点なんて何とも地味なものですが、国道 113 号線の終点である 「福島県相馬市光陽北交差点」 も何とも地味‥。終点を示す何かがあるんじゃないかと見てみましたけど、な~んにも無い感じでしたね。ちなみに国道 113 号線は写真の右側‥つまり、右側に走っていくと来た道を逆に戻る感じになります。左側が相馬港で正面奥側が南相馬方面ということになります。国道 113 号線はめでたく制覇したので、ここからは国道 6 号線を写真の手前側(北側)に進みます。少し走ると宮城県に戻りますが、国道 113 号線で越えた阿武隈川を今度は国道 6 号線で渡ると国道 4 号線に合流します。そこから北側は全て 4 号線と重複区間のようですので、国道 113 号線とブツかる部分より北側の 6 号線は制覇した‥という感じでしょうか。

国道 45 号線起点@宮城県仙台市青葉区勾当台公園前
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F5.6 1/500 EV-0.3

そのまま国道 4 号線を仙台方向に進みますが、仙台市内に入ったら、国道 4 (6) 号線とはお別れして仙台の街中へ向かいます。仙台駅の北西側、直線距離で 1km 程度離れたところでしょうか。勾当台公園前の交差点に写真の 「仙台市道路元標」 があります。写真には 「一般国道四十五号起点」 とありますが、反対側には同じように四十八号と書いてあります。残る一面には四号と書いてあって、ん?なのですが、旧国道 4 号線はここを通っていたのだとか‥なるほど。前回、45 号線を走ったときは国道の起点とか終点とか、そんなものは全くと言っていいほど気にしていなかったのですが、その後に国道走行趣味に目覚めてしまったので今回は起点からキッチリ走ってみようと思ったわけでして。

女川丼@お魚いちば おかせい
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F6.4 1/480 EV-0.3

だもので、塩竈市街の回り道っぽくなっている国道 45 号線もきっちりとトレースして走りました。松島は相変わらずしっかり観光地になっていて、観光客がたくさんいたのはいいことだと思います。国道 45 号線が渋滞しちゃうのはさておき‥。松島の後は‥前回は国道 45 号線を忠実に辿って走ったと思うのですが、今回は国道 398 号線に入って女川を回ってみました。女川の海側はまだまだ津波にやられてしまった跡が残っている感じでしたが、少し陸側はだいぶ活気が出てきている感じがしてよかったです。女川ガンバレ!の気持ちを込めて、お魚いちば 「おかせい」 さんでいただいたのが写真の女川丼。魚がたくさん入っていてメッチャ美味しかったですねぇ。

牡鹿半島にて虹
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F5.6 1/600 EV-0.3

女川丼を食べた後は、石巻線の終点である女川駅にある 「女川温泉ゆぽっぽ」 にて温泉を堪能しました。この温泉は便利な場所にあるので、みんなが温泉に入りたいと思うような時間に行くとメッチャ混んでると思います。だもので、行くのであれば早めの時間に行くのをオススメ。温泉から出た後は、、行ったことのない牡鹿半島をぐるっと一周してから北上しました。牡鹿半島を回っている途中、こんなにキレイは虹が見えたりして‥。その後、前回来たときに走った南三陸、気仙沼を越え、初めて走る陸前高田あたりで日没になりましたが、そこからもう少し行った 「道の駅さんりく三陸パーク」 が今晩の宿泊先になりました。

2018年08月16日 (木)
■ 国道 352 号線- 113 号線

国道 352 号線山古志側の通行不能区間近く
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F7.1 1/100 EV+1.0

結局、宿泊地である 「道の駅ゆのたに」 に着いたのは夜中のことでしたが、とりあえず予定どおり。夜は若干雨がパラつくような天候だったので窓は完全に閉めて寝ましたけど、時期を考えたらそこまで暑くなかったのはよかったです。ということで早速スタート。ひとまず国道 352 号線を走りましたが、いつもの奥只見湖方面ではなく反対側に向かいました。只見線と絡んで走る国道 252 号線も何度も走ったことがありますが、その重複区間から分かれて 352 号線の単独区間に向かうと不通区間があるのです。その一方が上の写真。352 号線の先が点線になっていて通行止めマークになっています。ここからもう少し行ってみましたけど、こちら側はあまり細い道まで突っ込まずに終了。

国道 352 号線長岡側の通行不能区間
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F5.0 1/340 EV-0.3

ここから新潟県道 24 号線、23 号線などを使いながら長岡側から再度国道 352 号線に入って山古志方面を目指してみると‥長岡側は突然道路がブツッと途切れるように無くなります。最初の写真とは直線距離で 5~6km ほど離れている感じですが、いずれこの不通区間も解消されるのでしょうかね。来た道を戻り長岡側にそのまま進んで行くと、352 号線は出雲崎町で日本海沿岸に出て国道 402 号線とぶつかります。そこから柏崎までの海沿いルートは今年の 6 月に通ったので今回は割愛しました。これで国道 352 号線の起点側を制したことになるので、あとは終点側の残りを走れば制覇ってことになりそうです。さて、この後はどうするか。結局、当初の目論見どおりで北に行ってみることにして、国道 116 号線まで戻り新潟を目指します。新潟まで行ったら国道 113 号線にスイッチしようという発想です。

国道 113 号線の起点でもある本町交差点
FUJIFILM XQ2 50mm ISO200 F4.8 1/200 EV-0.3

国道 116 号線も国道 352 号線と同様に柏崎市が起点なのですが、終点は国道マニアにはおそらく有名な新潟市の本町交差点です。本町交差点は国道 116 号線、17 号線、402 号線の終点であり、また、国道 7 号線、8 号線、113 号線、289 号線、350 号線の起点でもあります。さぞ立派な目立つ交差点なのかと思いきや、上の写真のように 「どこにでもありそうなそこら辺の交差点」 という風情ですが、起点・終点標識なんかもあっていい感じです。ただし、交通量はそこそこありますから、道路端に自動車を停めて記念写真‥というのもちょっとやりづらい。ということで、本町交差点をそのまま直進し、いつの間にか 113 号線に入ってた‥という感じで走ってみました。時間的に昼少し前だったのと、せっかくここまで来たのだからという理由なのか何なのかよくわからないことを言いつつ‥

ラーメン小ニンニク少し@新潟二郎
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F3.6 1/28 EV-0.3

新潟二郎に寄ってみました。雨が降る中混雑してたら嫌な感じでしたが少しの中待ちだけで済みました。今週頭は私の誕生日でしたので、カミさんはいましたけど誕生日祝いってことで 「ニンニク少し」 コールなどを(笑)。でも、結局はこのニンニクの一部をカミさんに奪われましたので、それだったら少しなどと言わずにマシておけばよかった‥。二郎を堪能したあとは 113 号線に戻り、海の近くを走る感じで村上市方面へ向かいます。村上市手前の胎内市で内陸側へ右折し、荒川と絡むようにして上流側へ向かいます。途中、関川村で早い温泉(最近は早い時間狙い)を済ませ、新潟県から山形県に入って小国町、飯豊町を経て南陽市へ。南陽市で夕食を調達したらさらに東側へ向かいます。

今日の晩ごはんの鰹(うめや南陽東店にて購入)
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F1.8 1/17 EV-0.3

南陽市では一瞬だけ国道 13 号線との重複区間を走りますがスグに終了。以前、泊まった 「道の駅たかはた」 を過ぎてさらに進むと宮城県エリアに入ります。ほどなく七ヶ宿ダム湖の最上部にある 「道の駅七ヶ宿」 に到着。まだ若干雨がパラついたりする感じもありましたが、いずれにしろ晴れる方向にあるだろうってことで後部座席側の窓に前回の車中泊旅行の直後に買っておいた網戸を装着してみました。風が強いのがなかなかおさまらない感じでしたけど、網戸はなかなかいい感じです。網戸パワーによる夜の快適さを期待しつつ、、夕食は南陽市で調達した鰹などをいただきました。車中泊旅行の夕食はすっかりこのスタイルが定着しましたが、意外と豪勢な感じがして楽しめます。