14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2019年09月22日 (日)
■ 国道 338 号線-279 号線-青森県道 4 号線-国道 4 号線

仏ヶ浦にて
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F6.4 1/280 EV+0.7

前に下北半島に来たときに大間から国道 338 号線を南下して昨晩泊まった川内ダム横を通ったことがあるので、昨日のうちに国道 338 号線は制覇したかな‥という感じです。下北半島も何度目かになりますので、今日は今まで行ったことのないところに行ってみよう‥ということで、まずは仏ヶ浦へ。駐車場から海岸まで、そこそこの距離を歩きますが、階段も多く標高差が結構あるのが健脚派でない方には厳しいかも。仏ヶ浦は浄土のイメージが重ねあわされているそうで、そこへ一番行ってみたいお年寄りには無理じゃん‥と思ったら、お年寄り向けには観光船で仏ヶ浦入りする方法もあるそうです。とにかく海が綺麗でした。

霊場恐山
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F6.4 1/680 EV-0.3

仏ヶ浦の後は佐井村の不思議な国道ルートを観察し、そのまま大間まで一気に行きましたが最後の大間では微妙に 338 号線がよく分からずに迷いました。最後は国道 279 号線と交わって本州最北端へ。北海道側は既に走破しているので、今日で国道 338 号線も制覇することができました。今日は大間には寄らずに国道 279 号線、青森県道 4 号線を使って恐山霊場へ。県道の番号ってどう決めるのかわかってませんけど、恐山に行く道路がよりによって県道 4 号線とは、、決めた方のセンスはなかなか日本的‥という気がします。初めて行った恐山霊場は天気の具合もあって雰囲気ありました。次回は境内にある温泉に入りたいなぁ。

釜臥山展望台より望む下北半島
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F10.0 1/340 EV-0.3

恐山から、むつ市に降りる際に見つけた釜臥山展望台という場所に行ってみました。通称、「ガメラレーダー」なる不思議なレーダーシステムが建っているのですが、付近一帯は航空自衛隊の設備だそうで、あまりに景色のいい場所を観光用に開放している模様。その釜臥山展望台から見た風景がコレですが、眼下のむつ市から尻屋崎までが見渡せ、地図で見た下北半島の一部を彷彿とさせる景色はなかなかの感動モノです。今回、事前知識ゼロで来た場所ですが、恐山に行ったら絶対に寄るべき場所だ‥と断言しましょう。この後は国道 279 号線、4 号線を南下して明日の移動量を減らし、花巻の道の駅石鳥谷まで行きました。

2019年09月21日 (土)
■ 国道 338 号線

豚汁定食@長者原 SA 下り
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F3.6 1/100 EV-0.3

今週末も 3 連休ってことで昨日のうちから移動開始。昨日の晩メシは「かつや」で全部のせなんてものを頼んでしまったのですが、エビフライが塩辛くて不味かったです。夜のうちに東北道で安達太良サービスエリアまで移動していたので、今朝はそこから北上。今週末は残念ながら全国的に天候が思わしくなく、晴マークが見られるのは北東北(と北海道)くらい。じゃあ青森あたりまで行ってみるか‥と何となく地図を見ていたところ、一部未踏破の国道 338 号線に目が行きました。八戸あたりまでは高速で一気に行かねばならず、午前はひたすら東北道を走行。朝ごはんは長者原サービスエリアで大人しく豚汁定食などを。

ランチ定食@菊粋
FUJIFILM XQ2 25mm ISO320 F1.8 1/30 EV-0.3

昼食は八戸市街地でってことで八戸市庁近くの繁華街っぽいところにいったのですが、飲み屋メインなのか開いている店が全然存在しないという状態(笑)。八戸市民は昼ごはんを食べないのか?というほどに目に付く店が無いなぁ‥でしたが、菊粋という創作和食の店でランチ定食のひとつだったほっけを食べてきました。ほっけというと居酒屋メニューでは定番ですが、昼食で食べたのはもしかしたら初めてかも。近くの長寿温泉というところで早めの風呂に入り、走破済みの国道 45 号線の途中にあるおいらせ町を終点とする国道 338 号線に入ります。国道 338 号線は海上国道なのですが本州側の起点の大間を目指して出発。

東通村野牛付近から見た北海道
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F5.6 1/210 EV-0.3

小川原湖の北側から尻屋崎へ向かう青森県道 248 号線分岐点までは以前に走ったことがある部分がほとんどです。下北半島を横断して、むつ市に至る部分は今回が初めて。せっかくだから尻屋崎にも寄ってみるかと県道 6 号線などを使って海辺まで出ましたが、今晩の狙い目の道の駅を考えると尻屋崎に行ってる時間はなさそうなので、野牛あたりから北海道の写真を収めただけで国道 338 号線に戻りました。途中、妙に立派な施設があるなぁ‥と思ったら東通村の施設の模様。むつ市に入ったら、国道 338 号線は下北半島を時計回りに大間を目指す海沿いのルートになりますが、途中から暗くなってしまいました。海岸沿いを離れて山側に入る脇野沢から先は暗闇の山の中‥酷道ではなくてよかったですが、やはり暗闇の道の駅かわうち湖で宿泊です。

2019年09月16日 (月)
■ 国道 292 号線- 146 号線-群馬県道 54、33 号線

鏡池@戸隠
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F6.41 1/240 EV-0.3

戸隠に行ったときによく食べる「そばの実」のお蕎麦‥。開店時間までボケーっとしているのはもったいないので、天気がイマイチですがもしかしたら‥と色気を出して戸隠の鏡池というところに行ってきました。戸隠神社の中社の近くにある鏡池‥そこそこ狭い道路を通って辿り着く場所ゆえ、紅葉のキレイなシーズンなどは結構大変なことになりそうです。そんなことを思いつつ到着した鏡池‥予想通り戸隠山は雲の向こう側でなーんにも見えません。ひとつ予想外だったのは、この鏡池は天然の池ではなくて人工の池なのですね。天然モノが優れている‥ということもありませんけど、北海道の美瑛の青い池と同じで、行く前の妙な期待がちょっとしたことで削がれてしまう、、という感じがしました。まぁ、鏡池にしたって戸隠山を映すために作ったわけではないでしょうけどね。

十割そば@そばの実
FUJIFILM XQ2 25mm ISO125 F1.8 1/30 EV-0.3

鏡池に行く細い道路を南側から北側に抜ける形で通ったのですが、その細い道が長野県道 36 号線にぶつかるところにあるのが「そばの実」です。通常は 11 時の営業開始なのですが、連休ということもあって 30 分前倒しで開店するようでした。どうせ混む一方だからもう待っちゃおう、、ということで受付表に名前を書いて開店を待ちます。ほどなく開店すると、二郎で言うところのファーストロットとなり、枚数限定の十割そばをいただくことができました。ここのお蕎麦はなかなか上品な感じの味で気分よくいただくことができるのですが、今日もいつも通りの感じでよかったです。欲を言うともう少し田舎っぽさとでもいいますか、何とも言葉にしづらいものが欲しいのですが、それをこの店に望むのは筋違いということでしょう。

国道最高地点にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/750 EV-0.3

そばの実の十割そばが食べられたら大満足‥ってことで、あとはユルユルと横浜を目指すだけ。たとえ天気がいまひとつであっても高速道路を走るだけの移動は個人的にあまり好きじゃないので、志賀万座ルートでも行ってみる!?ってことで国道 292 号線を走りました。これまた当然かもしれませんけど、国道 292 号線にある日本国道最高地点はガスって雨が降っていて残念極まりなかったです。国道 292 号線は草津側に抜けられないと思っていたのですが、昼間のうちの通行は可能ということで草津に抜けました。草津からは国道 146 号線を通って軽井沢側を目指すも途中で群馬県道 54 号線、33 号線を使って東側に向かいます。最後は吉井 IC から上信越道に入り、関越道を使って横浜まで帰りました。来週末も 3 連休なので連続車中泊週末になりそう。

2019年09月15日 (日)
■ 国道 158 号線- 471 号線-41 号線-8 号線-18 号線

有峰湖展望台より
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F7.1 1/850 EV-0.3

まずは国道 158 号線を安房峠方面へ。旧道の通行はできたみたいなのですがハッキリしないまま安房トンネルに入ってしまいました。国道 471 号線に入った後は登る予定はないものの新穂高ロープウェイの乗り場に行ってみたり(少しは見えるかと思っていた山が見えずに残念)、有峰林道の国道 471 号線側は不通だったので国道 41 号線で富山側へと大回りして有峰口のほうから入りました。有峰林道は有料の林道(舗装はされている)で一度は行ってみたいと思っていたところですが、私のように狭い道を走るのが好きな人でなければ何が面白いの?ということになりそうな道路だと思います。その有峰林道に囲われるように位置する有峰湖‥富山県民の水がめらしい‥は静かな場所でした。とりあえず有峰ダムのダムカードを有峰記念館で入手。

飛越トンネル@有峰林道
FUJIFILM XQ2 50mm ISO200 F6.4 1/420 EV-0.3

せっかく料金を払ったことだし‥と、貧乏人根性丸出しにして自動車通行可能なところは全て走破!を目標に有峰林道を走りました。まずは時計回りで薬師岳の登山口であるらしい折立に行き、今度は反時計回りで国道 471 号線側の不通個所を目指します。有峰ダムの堤体の上は信号機付きの交互通行になっているのですが、ちょっと面白い感じでした。国道 471 号線側は富山県と岐阜県の境になる飛越トンネルの少し先で通行止めになっていたので、そこからまた来た道を戻るわけですが、飽きるほどに長い‥。写真は飛越トンネルを岐阜側から眺めたものですが、冬季の通行止め期間は閉ざされる扉付きのトンネルというものを初めて見た気がします。そこそこ標高はありますし、そもそも扉が閉じているのを見られるわけでもないのでしょうが。

親不知記念広場にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/320 EV+0.7

少し遅くなった昼食は富山市街のきときと寿司で‥富山に来たらついつい入ってしまう回転寿司やですが、回転寿司にしては美味いと思います。で、その後どうするか‥当初は石川側に向かうはずでしたが、明日の帰りも考慮して長野側へ向かうことにしました。親不知は「北アルプスの始まり」だそうで、言われてみると確かに断崖絶壁が急に日本海から立ち上がってるなぁ‥と、思いますね。親不知を抜けて少し平坦になったところで日本海に沈む夕日を眺め、上越市からは国道 18 号線を南下し、わが家の常宿(?)になっている野尻湖近くの「道の駅しなの」まで行きました。今日と違って明日は雨模様との予報ですが、はてさてどんな天気になりますでしょうか。予報が外れていい天気、、はさすがに無理でしょうねぇ。

2019年09月14日 (土)
■ 3 連休といえば‥

道の駅「風穴の里」にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F1.8 1/10 EV-0.3

今日から 3 連休です。通常であれば昨日のうちから出掛けてしまうわけですが、金曜日に札幌出張から戻ったその足で出掛けるなんて当然無理でして‥。今日の午前中はカミさんがヨガに行くとのことなので、ガッツリ寝た後でユルユルと出発しました。最近の車中泊旅行は本当にその時の気分で行き先を何となく決めているだけなのですが、今回は富山とか石川とかそっち方面に行ってみようかなぁ‥ってことでまずはそっちを目指します。明日朝からの行動に乗り遅れないようにってことで、国道 158 号線の道の駅「風穴の里」まで行きましたけど、そこそこの数の車がいましたね。考えていることはみなさん一緒なんでしょう。中部・北陸方面はファクサイの影響はあまり出てないとは思いますけど、楽しい車中泊旅行になりますように‥。

2019年08月17日 (土)
■ 栃木県道 23 号線、山王林道

肉そば@坂内食堂""
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F1.8 1/30 EV-0.3

さすがに裏磐梯の檜原湖くらいまで標高があると夏でも涼しくて楽ですねぇ。そして磐梯エリアに泊まったときは喜多方で朝ラーですよ!‥ってことで、開店前の坂内食堂狙い。きっと混んでるから若干早めに‥と思ったのですが、みなさん考えることは同じってことで 6 時 30 分くらいに行ったものの、既に結構な行列でした。ウチらのひとつ前のお客さんが席に着いたところで一旦は満席。でもその程度であれば待ってないのと同じくらいでしょうかね。いつもの肉そばをいただいた後で外に出たら行列がさらに伸びてました。

山王林道にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/240 EV-0.3

いつものとおり、国道 121 号線を南下して日光方面を目指しますが、川治温泉の付近から戦場ヶ原へ抜けられる道路があることに気づきました‥というか、Google 先生が教えてくれたんですけど。まぁ、酷道系の道にしても交通量がそこそこあるということだろうと考え、戦場ヶ原を目指します。この道路がタイトルにある栃木県道 23 号線と山王林道ですが、昨日はこの付近も大荒れだったのか、葉っぱや枝等の落下物が多かったです。中にはこんないい感じの個所もありましたけど、さすがに快走路ではありません。

サマースキー@丸沼高原
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F7.1 1/1400 EV-0.3

戦場ヶ原で国道 120 号線に入ったら金精峠を越えて群馬側へ。途中、これまた行ったことのないスキー場視察ってことで丸沼高原に寄ってみましたら、何とサマースキーをやってました。サマースキーって、グラススキーというサマースキー専用の道具を使っているのだと思い込んでいたら、今は普通のスキー板を使ってやるものなのですね。滑っている姿はそれはそれは楽しそうな感じでしたけど、この暑さはハンパない‥。一度くらいは試しにやってみたい気がしなくもありませんが、スキーはやっぱり冬に限りますよね。

2019年08月16日 (金)
■ 国道 112 号線

月山花笠ラインこと国道 112 号線
FUJIFILM XQ2 35mm ISO400 F5.0 1/170 EV-0.3

今日は一日中天気が悪いようで残念ながら昨日の蔵王お釜並みに眺望が望めそうにありません。では、地味に国道制覇でもしましょうか‥ってことで、今日は国道 112 号線です。国道 112 号線は未舗装国道として有名(?)な国道 458 号線を走りに来た際に山形の起点から道の駅寒河江まで走ったことがあるのですが、今日は終点側を狙いたいと思います。ということで宮城・山形県道 13 号線、国道 13 号線を通って再び山形市の起点からスタート。時折雨が強く降り、月山花笠ラインは景色をまるで楽しめずに酒田市街へ。

小松鮪専門店@みなと市場
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F3.6 1/28 EV-0.3

国道 112 号線は酒田市内で国道 7 号線とぶつかって終了するのですが、その少し前のみなと市場というところに寄ってお昼ごはん。小松鮪専門店というところで鮪の丼メシを食べました。鮪は確かに美味しいですけど、トロ度合いの高い鮪は値段ほどには好きではないので、鮪以外のネタも入っているものを選択しました。カミさんは迷わず鮪づくしのような丼を食べていましたが、今日はそっちのほうがよかったかも‥と、少しだけ後悔。庄内町の町湯というちょっと洒落た雰囲気の温泉で汗を流し、国道 7 号線、354 号線、国道 113 号線を経由して再び磐梯エリアに戻ってきました。やはりこの時期は標高の高い道の駅に限ります。

天ざる@萬長
FUJIFILM XQ2 25mm ISO400 F1.8 1/56 EV-0.3

今日の晩ごはんは外で食べて車中では軽くツマミ程度はどうか?というカミさんの提案を受け、蕎麦比べでもしましょうかね‥ということで、喜多方の少し西側にある山都の萬長で天ざるをいただきました。この天ざるには残念ながら蕎麦古家食べた鰊の天ぷらは入っていませんでしたけど、別メニューにはしっかりとあったので会津では鰊の天ぷらは定番なのでしょうね。蕎麦古家の蕎麦よりは、より普通っぽい感じの蕎麦ではありましたが、まぁまぁ美味しかったかな。この後は道の駅磐梯までひとっ走り。