14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年07月22日 (土)
■ 箱根駅伝 5 区

国道 1 号線最高地点にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F5.6 1/300 EV-0.3

以前、何かの折に書いたと思いますが、箱根駅伝のコースを自転車で走ってみたいなぁと思ってました。もちろん、そんなことを思っているだけでは叶うはずもなく、かといって簡単に実現するはずもない‥という感じでした。しかし、月曜日に一度は行ってみたかった 「道志みち」 をそこそこ走れてしまったので、もしかしたら今なら箱根も登れちゃうんじゃね?ということで、天気がよさそうな今日は行けるところまで行ってみようと思い、箱根駅伝 5 区のゴールを目的地に見据えて箱根を目指しました。しかし、箱根は山登りのスタート地点に相当する小田原まで行くこと自体が結構大変です。とりあえず、私の自宅から相模川河口まで一気に行ける感じの県道 45 号線を選びましたけど、正直言ってこの道路はあまり走りたくない道路です。

箱根の登り口あたりに何とか到着したものの、本当にこのまま上がっていいものかどうか躊躇しましたが、嫌になったら途中で降りてくればいいや‥と思って登り始めました。そしたら‥キツいことキツこと‥。箱根駅伝の中継を見ていれば分かりますし、自動車やモーターサイクルで見れいれば嫌というほど分かるはずなのですが、実際に自転車で登ってみるのとはわけが違います。一体、何度休憩すればいいの?と思ってはいたものの意外と登れちゃったりして‥などという思いは早くも打ち砕かれました。結局、何度休憩したかわからないほど休んだあげく、やっとのことで国道 1 号線の最高地点に到着。自動車やモーターサイクルで通ると何とも思いませんけど、自転車で通過すると重みが違いますよねー。

箱根駅伝ゴールにて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F8.0 1/340 EV-0.3

国道 1 号線の最高地点から駅伝 5 区のゴールに行くには少し山を下らねばならず、帰りのことを考えるともったいないのですが、当初の目標を信じて向かってみました。そしたらこんな立派な石碑が‥。これ、、反対側から見ると 「復路スタート」 になっていたりして芸が細かいです。登りと違って下りは 「これ以上楽なことはない」 というくらい違う世界な出来事でしたが、それはそれで楽しい体験でした。ヒルクライム好きの人は純粋に登りの苦しさがいい‥という人も多いのですが、私の場合は辛い登りも楽しいとは思うけど、下りの爽快さが絶大だよなーというのが正直なところです。今日の箱根の下りもそれなりに楽しかった‥。スグに次回行くのは難しいと思うけど、そう遠くないうちにまた行きたいと思いましたよ。ま、それはそうと筋肉強化‥ですよね?

2017年07月21日 (金)
■ 自転車の時代

新・自転車“道交法”BOOK
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F2.0 1/110 EV-0.3

自転車活用推進法が成立したのをきっかけとして 「新・自転車“道交法”BOOK」 が出ました。「新」 とついているということは新のついていない前の版もあるわけで‥それのアップデート版がこいつです。そもそも前の版も 2012 年に出た 「自転車はここを走る!」 を再編集したものだそうですが、前の版が出たのは 2014 年。そして新版が 2017 年。著者のヒキタさん、小林さんも本書の中で述べていますが、自転車を取り巻くあれこれが 「やっと変わってきたよね~」 という感じですね。ま、それもこれもお二方を始めとした皆さまの努力によるものですが。

細かい問題はまだ色々とありますけど、自転車を取り巻く環境が変わっていることは実感しますね。都内の車道などは走りやすい道路が増えているように感じます。結局、一番の問題は自転車に乗ろうが乗るまいが 「人の意識」 なのですが、環境が変わっていけばいつしか人の意識ももっと変わることでしょう。車道左側通行の徹底がイマイチ、夜間の無灯火が多いなど‥現状ではまだまだなイケてない部分も多数ありますけど、そろそろ変わってくるんじゃないかなぁ‥。その日が来るのを信じて模範的な自転車乗りになれるよう頑張りまーす。

2017年07月20日 (木)
■ 遠回りオプション

ワールドカップ大橋からの風景
FUJIFILM XQ2 50mm ISO800 F4.2 1/20 EV-0.3

私が自転車通勤を始めるきっかけになったことは 「この腹周りそろそろヤバいんじゃね?」 ということでした。当時はメタボなんて言い方はしていませんでしたので、いわゆる 「中年太り」 はまずいぞ‥と。ハッキリとは覚えていないのですが、その当時は 79cm のパンツを穿いていたのが、このままだとその上 (82cm) に行かないとダメかも‥という感じだったんじゃないかなぁ。そのときに自転車通勤っていうものがあることを知って、ヒキタさんの 「自転車通勤で行こう」 という著書を読んで 「コレだ!」 と思ったことをよく覚えています。

最初の頃は自転車通勤もしんどくて毎日なんてとても無理だったけど、今は天気が許せば毎日だって OK です。で、私の自転車ライフは基本的に自転車通勤オンリーだったのですが、最近は休日にも自転車に乗ることが増えました。というのは、色々な意味で楽しさを感じるようになったからなのですが、とにかく自転車に乗る距離を増やしたいのです。なので、今日の帰りは遠回りルート。往復とも遠回りルートだといつもの 1.5 倍で 45km なのですが、片道だと 37.5km と端数が出てちょっとキモチワルイ。まぁ、それはそうと足しこんでおくことにしましょう。

先週の火曜日のように朝も早ければ往復ともに遠回りルートを選択できるのですが、そこまで早く出られることは少ないので今日のように 「帰りだけ遠回り」 という選択をすることになるでしょう。それも、カミさんが帰りにヨガに寄ってくる日‥ということになるでしょうから、火曜日と木曜日に遠回りの可能性あり‥という感じ。という感じで今日は遠回りオプションを発動して帰ったので‥2017 年の横浜自転車生活は 64 日目、走行距離は 2072.5km (通算 206 日目、6202.5km) になりました。(やっぱり小数点以下めんどくさい)

2017年07月17日 (月)
■ センチュリーライド

バニラ+ピーチのソフトクリーム@道の駅どうし
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F4.5 1/850 EV-0.3

今日は 「海の日」 です。海の日だからあえて山に行ってみよう!‥と思ったわけではないのですが、先週末は江の島まで行って久しぶりに 140km も走ってしまったもので、今日も遠出しようかな‥などと思ってしまったわけで。決して昨日二郎を食べちゃったからというわけではありません。で、山のほうに行くなら昔からバイカーが走っているのをよく見かけていた 「道志みち」 すなわち国道 413 号線はどうかしら?ってことで、距離的には先週と近い感じになるはずの 「道の駅どうし」 を目指してみました。平坦とはほど遠い道のりになるはずなので、家を出たのは朝の 5 時ちょっと前。

自動車およびモーターサイクルでさんざん通っている道路ですから、道に迷う可能性はゼロなんですけれども、バイクだとどれくらいのキツさなのか分かりません。道志から帰って来るだけなら高校生のときにボーイスカウトの夏キャンプの一環としてやったことはありますが、山中湖側に向かうほうがはるかにキツいはずなので、それは初めての体験なのでした。もちろん休み休み行きましたけど、確かにまぁいい運動にはなりますな。5 時間はかかりませんでしたけど、それなりの時間を掛けて道の駅に到着。普段は食べることのない甘いものがバイクに乗ると無性に食べたくなります(笑)。

Blue DOOR Coffee にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/600 EV-0.3

山中湖まで行ってみたかったのですが、道の駅から山伏峠までは一段とキツくなることから初回である今回は無理をせずに道の駅で折り返して帰ってきました。それでも帰りは鶴見川を源流側から下ってみましたし、一昨日行った Blue DOOR Coffee に寄ってコーヒータイムを楽しんだり‥なんていう贅沢をしながらの帰宅。少しだけ遠回りをして自宅に戻ったときにはちょうど 160km を越えたあたりでしたね。最初から狙っていたわけではなく、期せずしてセンチュリーライドにでも参加したようになってしまったわけですが、一日でこの距離は私の中で新記録かもしれません。

もっとボロボロになって帰って来るのかしら‥と、行きの時点では思っていたのですが、(それなりに時間は掛かるものの)想像よりも大丈夫でしたね。ま、道志からの帰りは基本的に 「下り基調」 になっているわけですから、とにかくキツいのは往路の一部だけ‥という感じなんですけどね。明日も行くか?と言われたらさすがに遠慮すると思いますが、山登りは結構面白いかもしれません。次回はいつになるか分かりませんけど、時々行ってみたくなるルートになりそうな気がしますね。ま、道志みちは何で走っても面白いので単に自転車も加わった‥ということなんでしょうけど。

2017年07月15日 (土)
■ 鶴見川源流の泉 (15 回目)

新横浜公園にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/340 EV-0.3

ここ数週間の週末は東京に行ったり江の島行ったり‥と、鶴見川源流の泉往復っていう過ごし方はしていませんでした。もっとも多摩サイ側に出て東京に行ったときは鶴見川源流の泉まで行って、そこから尾根幹線を使って多摩サイ側に出たわけでなので、鶴見川源流の泉に行った回数としてカウントしているのですが‥。今日は純粋に鶴見川サイクリングなので、15 回目ってことになります。で、いつ以来かしら?と思ったら 6 月 3 日にオネーサマと行って以来ということになるのでした。今日もまたオネーサマとの自転車デートってことで、約ひと月半ぶりの鶴見川サイクリングになりました。

今日もまた昼はエピソードでパンを食べて、前回行かなかった寺家の Blue DOOR Coffee でコーヒー飲んで‥という感じでまったりサイクリングになりましたけど、今日の走行距離は 99km になりましたね。オネーサマも 3 回連続で 80km くらい走っているわけで、結構走れるようになりましたねぇ。しかしまぁ、その 3 回が今年自転車に乗った回数の全て‥ってことで、もうちょい頻繁に乗らなきゃダメじゃないのー!ってな話をしました。というのはもう少し遠くまで行って美味いもの食べて帰ってくるという彼女にしては壮大な計画があるわけで、それにはもっと脚を鍛えないとね。

2017年07月12日 (水)
■ ワイヤー錠温度計

ワイヤー錠でロック
FUJIFILM XQ2 25mm ISO160 F2.2 1/30 EV-0.3

先週から暑さが一段と厳しくなった気がします。横浜の最高気温は連日摂氏 30 度を超えているようですが、これがいつまで続くのか‥といったところでしょうか。夏が好きで暑さに強いはずの私ですが、あまりにも暑い日が続くとさすがに飽きるので、暑さはそこそこに‥といったところです。暑い寒いはもちろん体感できるのですが、面白いのは自転車通勤のときに使っているクリプトナイトとワイヤーで暑い寒いが分かること。もちろん、寒いときには硬くて暑いときには柔らかくなるわけですが、このワイヤーも先週から一段と柔らかくなった感じです。いよいよ夏本番という感じですね‥。というわけで、2017 年の横浜自転車生活は 61 日目、走行距離は 1875km (通算 203 日目、6105km) になりました。

2017年07月11日 (火)
■ 遠回りジテツー

鶴見川より港北インター
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F6.4 1/550 EV-0.3

昨日はカミさんが飲み会で遅かったので、私は眠くなってさっさと寝てしまいました。夜中にふと目が覚めて何気なく目覚まし時計を見ると‥なぜか私がセットした時間より遥かに遅い時間に直されてました。ということは、カミさんは遅い出社でいいってことだ。私は早寝したものだから目覚ましが鳴らなくても早い時間に目が覚めてしまいました。カミさんを起こすのはしのびないので‥食洗器片付けて、洗濯物を畳んで干して、家庭ごみを出して‥私がやっている家事を一通り終えてもまだ出社するには早い時間です。そうだ!天気もいいことだし遠回りして会社に行こう‥ってことで、早い時よりさらに 30 分ほど早く家を出ました。向かったのはいつもと違う川和町方面。

鶴見川より富士山
FUJIFILM XQ2 100mm ISO800 F4.9 1/18 EV-0.3

グリーンラインが鶴見川を渡るところで鶴見川に入り、いつもとは逆の下流に向けて新横浜を目指しました。今日は晴れてはいたものの朝のうちはまだ多少雲が多く、直射日光に照りつけられることもあまりなく走れました。しかも風が爽やか‥今日の自転車通勤は最高ですねー!ってことで、朝の気持ちよさに気をよくして帰りも同じ道を通って自宅に向かいました。以前からやろうやろうと思っていた遠回りがやっとできた‥今日はそんな感じの自転車通勤でしたね。結局、走行距離としてはいつもの 1.5 倍‥なので、今日はその数字を加算しようと思います。というわけで、2017 年の横浜自転車生活は 60 日目、走行距離は 1845km (通算 202 日目、6075km) になりました。