14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2005年03月05日 (土)
■ 長靴のススメ

COLUMBIAのブーツ(名称不詳) 私がまだ小さい頃は、今よりももっと雪が多く降った記憶があります。私の母親の記憶によると、吹き溜まりの部分であったので、気象庁発表の積雪量よりははるかに多かったにせよ、窓(掃きだし窓)の半分くらいまで積もったのが最高だったそうです。いつもはそこまで行くことは無いにしても、私が子供の頃に雪がいっぱい降ったなぁという時は、昨日のように5cmなんてものではなかった気がします。少なくとも10cmから20cmくらいは積もっていたのではないですかね。

そんな、現在よりも多い積雪量に加え、舗装の程度が悪い等の貧弱な道路事情もあってか、昔の大人は天気の悪い時には長靴を履いていることが多かったような気がします。私の父親はごくごく普通のサラリーマンでしたが、天気の悪い日にはよく長靴を履いて行ったような記憶があります。現代のサラリーマンは長靴を履くでしょうか?履くかどうかなどというレベルではなく、持ってるか持ってないかのレベルかもしれませんよね。あなたは長靴持ってますか?最近履いたのはいつのことですか?

昨日は雪の中を歩かなければならないことがわかっていたので、しばらく履いていないCOLUMBIAの冬用ブーツを出して履いてみました。これを買った時は、どういうわけか、ちょっと小さめのものを選んでしまい、足首の上の付近が結構圧迫されるのですが、今回は特に気になりませんでした。それはともかく、久しぶりに長靴の威力をあらためて思い知らされました。足許の状態が悪い時には長靴に限ります。もしかしたら、見た目がちょっとカッコ悪い…などという気がするかもしれません。しかし、それは単なる気のせいです。たとえスーツの時でも長靴を履いて颯爽と歩いている方が、ずっとカッコいいと思います…もちろん、それは天候の悪い時に限った話ですけどね

| Top |