14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2005年06月30日 (木)
■ 紫陽花

雨の日のアジサイ昨夜は、おとといの夜ような暑さによる寝苦しさは無くて楽でした。涼しいという感じを通り過ぎて、寒いと感じる一歩手前くらいだったと思います。今朝も5:30に起きてみると雨降りでした。ということで、姫様の朝の散歩は今日もお休みです。何となくジメジメするなぁと思い、Barigoの湿度計を覗いてみると、70%を超えてました。70%を超えたのを見たのは、買って以来初めてのことかも…。空気中の水蒸気量が同じままで気温が低くなるということは、相対湿度が上がるということではありますが、湿度の高い状態には違いないです。姫様もなんとなくシットリしてますし。

少し前のカラ梅雨気味の天気と違い、ここ数日はやっと梅雨らしい天候になってきたようです(でも、午後は晴れて蒸し暑かったですが…)。水不足にならないために雨が降ってくれるのはありがたいですが、やっぱり梅雨はジメジメしてて爽快という言葉とは縁遠いですね。それに、雨降りが続くと自転車に乗る日も減ってしまうので、ストレスも溜まってしまうし。夜の寝てる間に雨降って、昼は晴れるなんていう都合のいい降り方をしてくれると嬉しいのですがね。そういえば、スキーをよくやっていた頃も「寝ている間に雪が降って、昼間は晴れたらいいな…」などと思ってましたっけ。

そんなことを思いつつ、雨の降る中を傘をさして歩きます。雨に濡れた木々の葉は、どれも活き活きとしてキレイな緑色をしています。こういう、植物や、とりわけ農作物にとってありがたい雨のことを瑞雨(ずいう)などと言うそうな。そんな雨がとりわけ似合うのが、紫陽花…水滴がいい感じです。ここにカタツムリでも這っていると絵になるのでしょうけど、最近カタツムリって見ない気がしますね。青いのやら白いのやらピンクのやら…意識して見てみると、紫陽花ってずいぶんとたくさん植えられています。この辺りで紫陽花といえば、北鎌倉の明月院が有名ですが、今ごろはさぞキレイなことでしょう。鎌倉なんて久しく行ってない(先日自転車でかすめたけど…)ので、行ってみようかな。

2005年06月29日 (水)
■ コンプライアンス

歩行者用信号の赤信号歩行者(と自転車)用信号機は、信号機のある交差点にはまず設置されていると言っていいのではないでしょうか。言うまでもなく、歩行者はこの信号機に従ってくださいねということなのですが、横断する道路の交通量が少ない場合にこれを守っている人をあまり見たことがありません。ほとんど無いと言った方がいいかもしれません。小さな子供が、おとうさん、おかあさんに真っ先に教えてもらう交通法規を大人がみんな守れないでいるという現状…小さな子供はこの矛盾をどう受け止めているのでしょう。

「急いでいるから」とか「車が来ないからいいじゃん」という大人なりの理屈があるのかもしれませんが、では同じ交差点を自動車などの運転免許証を必要とする車両で通行する場合はどうでしょうか?赤信号なのだから停止しているのではないでしょうか。私は大人になって再び自転車に乗るようになってから、この極めて大人的な都合のいい解釈に気づき、今では歩行者の時でもちゃんと守るようになりました。もちろん、自転車に乗る時も信号は守っています。ところが最近は、自動車やバイクでも信号を守らないケースを目にすることが増えており、いずれ重大な事故になるだろうなと心配しています。

先日、NHKから結構立派な封筒が届きました。何ごとかと思ったら「昨年来の一連の不祥事をわびる文書」が新しいNHK会長の名前で入ってました。その中に「コンプライアンス(法令遵守)推進室」を設置したということが書いてありました。NHKに限らず、最近の企業は不祥事が絶えないので、同じようにコンプライアンス云々という言葉は耳にタコができるほど聞いていますよね。ところで、法令遵守って会社で仕事している時だけの話なのでしょうか…もちろんそんなことはないです。でも、企業においてコンプライアンスを推進する立場にあるような偉い人すら歩行者用の赤信号を無視して歩いている…これが日本の「笑っちゃう現実」なのではないでしょうかね。

2005年06月28日 (火)
■ 散歩道は土の道

散歩道の緑道本当に梅雨空はどこへ行ってしまったのかと思うほど、連日暑いですね。先週の「連日晴れ」の予報とは打って変わり、傘のマークが増えてきましたが、予報どおりに降るでしょうか。このあたりはともかく、水源地にしっかりと雨が降るようにお祈りしましょう。それにしても、昨晩は暑かったですね。かなり無風に近い感じで、湿度も気温も高かったと思います(う、せっかく買ったやつが役立っていない)。暑いだけでなくて、昨日の朝の「姫様うんち事件」のことも気になってしまい、しっかりと寝た感覚が無いままに朝の5時…。しかし、今日の姫様は大丈夫でした…ホッ。

写真は姫様の散歩コースになっている、我が家のすぐ近くの緑道です。朝の6時前後ともなれば、かなりのお仲間が散歩に出ています。この緑道は、この辺りのエリア一帯を囲むように環状に配置されており、全部歩くと結構な距離になります。残念ながら緑道全部が繋がっているわけではなく、全部歩くためには普通の道路の一部も歩かなくてはなりません。ですが、緑道は基本的に車道としっかり隔離されており、車道との交差も立体になっていて自動車と人間や自転車の動線が重ならないようにできています。緑も多くて、気分もリフレッシュするためか、多くの人が利用しています。

今日は夜に飲みに行く予定があるので電車だったのですが、最近電車で会社に行く時には時々この道を歩いて駅まで行きます。今朝のように暑い日だと、アスファルトの上を歩くよりはずっと涼しく感じられて快適なのです。最近、特にうるさいスクーターの音やら、自動車の音があまり聞こえないのもマル。そういえば、この緑道は石が敷かれたり、舗装されている部分がほとんどではありますが、部分的には土のままのところがあります(写真のところもそう)。雨が降ると水たまりができて、どことなく懐かしい感じがするのですよね。都会の道からは土の道などなくなってしまいましたので、こういうところだけでも土の道を残すといいですね。あまりぬかるんでしまうようならば、小さな砂利でも少し敷いてね…。要はところ構わずアスファルトで全部覆っちゃうのは止めましょうよということです。

2005年06月27日 (月)
■ 姫様朝シャン

姫様今日は朝シャン最近ずっと早起きだったのですが、今朝はちょっと寝坊しました。子供らも週末に遊びまくって疲れているだろうから、上の娘が起きようとしたけど、今朝は散歩は行かないでいいからと寝させました。自分ももう少し寝ようと思い、姫の視線を避けつつゴロゴロしてました。そうは言っても、ずっとゴロゴロしていられないですし、トイレに行こうと起き上がりました。夜の間は柵の中に入れられているので、誰かが起きてくると姫は「出して~出して~」と柵のなかを走り回ります。今朝もいつものように姫が柵の中をぐるぐると走り回っているのですが、何となくいつもと景色が違うように感じました…。

何だか視界に茶色が多く飛び込んで来ているように感じました。よく見てみると、茶色な物体があちこちに、茶色いシミがあちこちにある…ガーン!姫様おなかの調子が悪いようで排泄物がユルいのです。しかも、出してもらえる嬉しさのあまり、走り回って自分で踏みつけて飛び散らかしてますよ…。恐ろしい状況になっているのですが、姫様はそんなことはお構いなしに、いつものように「出して~出して~」と走り回り続けます。こんな状態で出してもらえるはずも無く、即座に朝シャンが決定となりました。というわけで、今日は散歩が無かった代わりに姫様とお風呂(もちろん、風呂とはいってもシャワーだけ)です。

ここ最近、姫様はカミさんの手作りごはんを食べているせいで、あまり臭くならないでいた(理由はよく知らないのですが、ドッグフードを食べている方が早く臭くなるようです)のです。なので、少しシャンプーの回数を減らせるねと言っていたのに、これでは全く意味が無いですよ~。汚れているのはほとんどが足の裏側だと思うのですが、どこで寝転んでいるか分からないので、全身シャンプーです。姫様はトリミングの時に短く刈り込んだりしていないので、全体的に毛がふわふわした感じです。なので、全身シャンプーされるとまるで違う犬に変身したかのよう。でも、ドライヤーで乾かされればまたふわふわの姫様に戻ります。ハイ、姫様キレイになりましたよ!

2005年06月26日 (日)
■ 焼きタラバ

タラバガニを焼く今週末は、くるみちゃん(ミニチュア・ダックスの女の子)が遊びに来ました。我が家とくるみちゃん一家は一緒に遊ぶことが多いのですが、くるみちゃんと姫様はまだ実際に会ったことがありません。姫様もくるみちゃんもおとなしい女の子なので大丈夫だろうとは思っていたけれど、実は仲が悪かったりしたら困っちゃうし、どうせなら早い時期に一度会わせておこうということになりました。というわけで、昨日からくるみちゃん一家がお泊りで我が家に遊びに来たのでした。姫様は何が起きるのか全く分からないわけですが、遊び友達がやってくる娘らは二人とも大ハシャギです。

姫様はミニチュア・シュナウザーの中ではちびっこの方なのですが、生後半年のくるみちゃんに比べれば大きいです。元々、ミニチュア・ダックスは体高も低いですから当たり前ではあるのですが、背も姫様の方がぐっと高いので、何だかとても大きく見えます。生まれた時を比べても4ヶ月くらいくるみちゃんの方が妹にあたるわけで、何だか急に姫様がお姉さんになったように見えました。 しばらくの間は「姫様が追う」→「くるみちゃん逃げる」というのを繰り返していましたが、体の大きさの違いをきちんと分かっていて、狭いところを通って逃げるくるみちゃん、頭いいね~!ひとしきり「追っかけっこ」をするうちにすっかり慣れたみたいです。でもお互いにおとなしいからか、あまり干渉しないみたい。とりあえず、一緒にキャンプに行っても全く問題なさそうですね。よかった。

今日は家のなかでまったりと過ごしていましたが、夕方から遅れて料理長が登場。せっかくだからと、我が家で七輪パーティーをやりました。まだ明るいうちから色々と食べて飲んで、いつもどおりすっかり飲みすぎ状態になってしまいました(くるみパパごめんね)。写真は「今日のメイン」というほどでは無いのだけれど、魚屋で見つけた生のタラバガニを焼きタラバにしているところ。店頭で見た時に「ずいぶんとかわいいサイズのタラバガニだなぁ」と思ったのですが、値段を見て即座にゲット決意!だって1000円だったのです。前にもこんなに安いのを食べましたけど、最近は安値傾向が続いているのでしょうかね。ちなみに焼きタラバを食べるのは、かなり久しぶりな気がするのですが、タラバガニ料理の中では一番おいしい食べ方だと思ってますし、実際においしかったです。また、食べたいですねぇ。

2005年06月25日 (土)
■ 自然の風

Electrolux classic circulator EFN30今日はよい天気でしたね。週間天気予報は、この先一週間の間ずっと晴れになっています。梅雨だと言われている時期に晴れ続きで雨が降らないと、水不足の心配は無いのかとちょっと心配になってしまいますね。今日は気温もそこそこにありそうですが、強すぎず弱すぎずの風が吹いているので、不快な感じはあまりありません(そうは言っても動くとたままち汗をかきますけどね)。湿度も昨日に比べると低いので、爽快とまでは行かないけれど、暑くてたまらん…というほどでもないですね。札幌の一番暑い頃が、こんな感じだったかなぁ。

暑い時期に家の中ではどうやって過ごしていますか。窓締め切ってエアコン全開状態でしょうか。わが家はよほど暑くなければ、基本的に窓を開けて家の中を風が通るようにします。リフォームする時に風の通り道のことも考えて間取りを決めたのですが、以前よりも風の「抜け」がずっとよくなりました。そのおかげで、今までにも増して自然の風が気持ちよく感じられるようになったのです。家の中の風通しがよくなったことにより、わが家にはマンション特有の空気が澱んだ感じがあまりありません。家の中にいながらにして、木陰にいるような感じと言っていいかもしれませんね。これは私もカミさんも(そして、おそらく子供たちも)お気に入りの点です。

そうは言ってもいつも心地よい風が吹いているとは限りません。嵐のような強風が吹く日には窓を開けられないこともありますし、逆に家中の窓を全て開け放っても無風状態の時もあるわけです。風がとても弱かったり、無風の時にはさすがに暑くなってきます。そこで登場するのが…エアコンに行く前にまずは扇風機。今年はElectrolux社のclassic circulator EFN30を買いました。サーキュレーターという名前からもわかるように、冷暖房の効率を高めるために空気を攪拌するためのものですが、結局は風を起こすものですからつまりは扇風機と一緒です。よくある扇風機と違って背が高くないので、目障りな感じがしないのがマルですね。メッキの部分が黒だったりすると、もっとクラシカルな雰囲気が出ていいかもしれません。今年の夏は昨年のような猛暑になるのかどうか分りませんが、できるだけ自然の風とこいつで暑い夏を乗り切ろうかと思ってます。

2005年06月24日 (金)
■ パンツを穿く姫

パンツを穿いて寝る姫今日は今週初めての自転車通勤でした。や~っと乗れた。でも…久しぶりに乗ったせいではないと思いたいのですが、肩というか背中というか、左側だけが異様に張った感じがして痛いです。今も左側の肩口から肩甲骨のあたりにかけて違和感アリ。それにしても、今日はジメジメした天候でしたね。ドッと汗が出るというほどではなかったですが、湿気が体にまとわりついて、ずっとヌメヌメした感じでした。これからしばらくはこんな感じの日も多いのでしょうね。

さて、ミニチュア・シュナウザーの姫がわが家にやって来たのが先月の22日のことですから、まるまるひと月は経過したわけですね。姫自身も、わが家の人間の方もひと月が経過したことで、お互いにだいぶ慣れてきたようです。驚いたことに、上の娘は朝5時半からの散歩を欠かさずに(雨の日も一応起きてきます)ずっと続けています。これが半年以上継続できたら大したものですね。そしたら褒めてやりましょう。最初のうちはなかなか食欲の無かった姫も、カミさんの手作りごはんのおかげか、最近はとても良い食いっぷりだそうです。後はトイレが完璧になれば、夜も柵の中に入れられずに自由にしてもらえるからね。ガンバレ、姫。

姫っていう名前からもわかるように、姫は雌なのですが、ちょっと前に生理になってしまいました。それ自体がどうこうというわけではないのですが、やはり家の中が多少汚れてしまう可能性ありということで、今はカミさん自作のパンツを穿かされています。写真の青いのがソレ。このパンツの存在が非常に効いているからだと思うのですが、姫を斜め後ろの方から見ると、何となくサルのように見えるのです(ウププ)。犬と猿というのは、「犬猿の仲」などと表現されるくらいですから、姫自身にとっては「猿に似ている」と言われたら「侮辱しないでよっ、もうっ!」ってなところなんでしょうね。

2005年06月23日 (木)
■ 5inchキャンプ・ダッチオーブン

5inch camp DO on 12inch今日の天気は惜しかったです。もうちょっと早く雨が止んでいれば、自転車で行けたのになぁ。天気のよかった月曜日、火曜日は都内でのJava研修でしたので、今週はまだ一日も自転車に乗ってないのですよ…。ですが、明日は何とか乗れそうなので、かなり期待です!やはり、一週間まるまる自転車に乗れない週というのは、気分的にキツいですよね。今日は下の娘の誕生日なので、早く帰宅しました。最近、帰りが早いので、いつもと同じといえばそれまでなのですが…。帰りがけにSanrioによって、子供の好きそうなものを買ったのですが、Sanrioで商品を物色するおやじ…かなり怪しかったことでしょう。

さて、しばらくあいてしまいましたが、今日はわが家に棲息するダッチオーブン紹介の第二回目です。今日、ご紹介するのは、鍋の底に三本の足が生えたキャンプ・ダッチオーブンの5inch(右側の蓋に"5"の数字が書いてある方)です。大きさを比較するために先日ご紹介した12inchキャンプの上に乗せてみました。まるで、親亀の背中に小亀が乗ったかのような風情ですね。キャンプ・ダッチオーブンの特徴は、上にも買いた通り「鍋底の三本の足」(写真では見えませんが…)と、「帽子のツバ状にフチのせり上がった蓋」にあります。熾火の上にそのまま乗せても安定するための足と、鍋蓋の上に乗せた炭が落ちないための帽子のツバというのが、特徴あるその形状の理由だと言われています。

キャンプ・ダッチオーブンを野外で使用する場合には、吊り下げて使用することがほとんどなので、「足があってよかった」と思うことはあまりありません。ですが、熱を奪われやすい野外の料理では、蓋の上への炭乗せは必須ですので、蓋のツバの方は無くてはならない理にかなった形状だな…と納得しています。この5inchは蓋の取っ手以外は12inchとソックリな形状ですが、実際のところ5inchが料理で活躍する局面はほとんどありません。さすがにサイズが小さすぎるのです。唯一活躍するのは、素揚げ(串揚げ)の油を温めることくらいでしょうか。でも、大きいのと同じく無骨に見える鋳鉄製でありながら、ちっちゃいところが何ともカワイイのです。ちなみに、5inchキャンプは生産が終わってから時間がだいぶ経過しましたので、万一見つけたら即ゲットです。

2005年06月22日 (水)
■ 自分も欲しい

YAMAHA YTR-2335S先週の日曜日にわざわざ渋谷まで出かけての買い物は、実はコレでした。先々月の記事に書いたように上の娘がブラスバンドに入りまして、何とか第一希望どおりにトランペットを吹けることになりました(予想どおりというか、サックスが一番人気だったとか)。それはいいのだけれど、ブラスバンドの楽器の中においてトランペットは比較的安価だということで、個人持ちしてくださいということらしいのです。早い話が「ペットくらい買え!」ということらしい。私もカミさんも楽器のよさは分っているつもりだから、買ってあげること自体には反対ではありません。でもね、出入り業者のパンフレットを見ると、「どうせ買うならいいやつを…」という調子で、高いのを買わせようというのがミエミエなのですよ。管楽器の経験が無いと、どの程度のものか分らないから、まんまと業者の罠にハマってしまう…カモ。

初めてやる楽器なのだし、だいたい中学生なのだから、分相応というのだってあるでしょう。ということで、イマイチ納得の行かなかった私とカミさんは、出入り業者でないところからトランペットを購入することを企てたわけです。で、知り合いにちょっとご紹介いただいて、渋谷まで行ったというわけ。値段とクオリティーのバランスから言って、YAMAHAのスチューデント・モデルで十分ということで、それでも一応吹き比べてみたりしました(20年振りくらいに吹いてみましたよ。意外と…出ないね。やっぱり。)。う~む、確かにね、値段が高いのは高音が出しやすかったりしました。でもね、やはり中学生らしくということで、セカンド・モデルを吹きこなしてごらんということにしました。そのかわりというわけでもないけれど、マウスピースだけBachのものを買ってあげました。

どんな曲を経験するかね、うちの娘は…。昨日、blog探検していたら、まいくろさんの「空からアポロ」で、ホルストの「吹奏楽のための組曲 第1番」という文字を目にして、メチャクチャ懐かしい気持ちが込み上げてきました。これって、私が高校生の時にやった曲で、色々と想い出深いものがあります。当時、私はTpの3rdパートで、カミさんはClの…2ndパートあたり(実はよく知らない)だったのかな…。ここで、え?と思ったかもしれませんが、実は私とカミさんは高校時代に同じブラスバンド部に所属していたのでした。当時はこういうことになるとは夢にも見なかったわけでして…人生どうなるかわからんものですね。まぁ、それはいいとして、たまには娘のTpをちょこっと借りて、第1組曲のマーチ(の、もちろん1stパート)が吹けるように練習なんてしてみようかしら。

2005年06月21日 (火)
■ 女性専用車

女性専用車今日は夏至…一年のうちでいちばん昼間の時間の長い日。今日は気温も湿度も若干高めの蒸し暑い一日だったらしいですね。でも、朝晩は心地よい風が吹いているし(って、うちの近所だけ?)、一番暑い時期でもこの程度だったらとっても楽カモとも思う。そうは言っても、夏の盛りの頃には「暑いね~」という日が個人的には欲しいと思っております。熱帯夜は嫌だけど、冷夏というのも嫌なんだな。夏はそれなりに暑くないと、スイカもビールも枝豆もおいしくないですよ。昔のように、夕立でグッと涼しくなって、雨上がりの心地よい風が風鈴を鳴らす音がどこからともなく聞こえて…なんて中で冷たいビールを飲みたいものですねぇ。

確か今年に入ってから、首都圏の鉄道で急に出てきたように思うのですが、混雑する時間帯の鉄道車両に「女性専用車両」なるものが導入されています。写真は、東京メトロ半蔵門線(東急田園都市線)のホームに貼られている、女性専用車両の乗車口を知らせるステッカーです。編成の端の車両が女性専用車に割り当てられているケースが多い(横浜市営地下鉄は6両編成の4号車)ようで、乗りにくいという声もあるようですが、それなりに好評で結構混雑している「らしい」(実際のところは知りようが無い)です。こんなものが出てくる背景は、もちろんしょうもない連中の痴漢行為にあるわけでして、被害者のことを考えると「こういう解決手段はおかしい」とも言い切れないところが辛いところ。自分の娘が電車に乗るようになったことを思うと複雑な心境ですからね。

痴漢関係のニュースとよくセットで出てくる「迷惑防止条例」というやつ。痴漢行為はこれに抵触するようですが、自治体ごとに制定しているところがちょっとしたオドロキでした。神奈川県のそれによれば、痴漢行為は50万円以下の罰金(または6ヶ月以下の懲役)に該当する模様ですが、実際のところはどの程度の罰金刑に処されているのでしょうね。この際、自治体ごとなんてショボイことは言わずに、鉄道各社が罰金額を設定してよいとなったら面白そうだなぁ。「戦争抑止のための核」という理論と大差無いような気はするけど、「痴漢行為は500万円以上の罰金」なんてなったら、さすがに減るでしょうね。ま、基本的に悪いのは痴漢の方なんだけど、そこまで露出度の高い過激な格好しなくてもいいんじゃない?というお姉さんもいたりするわけで、あれも別な意味で立派な迷惑防止条例違反…かもね。

2005年06月20日 (月)
■ 街路樹

プラタナスの街路樹今朝起きたら道路が濡れていたし、姫の散歩も止めたので、てっきり雨降りの天気かと思ってました。なので、折りたたみ傘をカバンに忍ばせて出かけたのですが、なんともよいお天気になってしまったではありませんか。天気がよいせいでは無いとは思いますが、今日も朝の田園都市線は寒かったです。そしてやっぱり上着着用連中の多いこと…。この国は本気で二酸化炭素排出量を削減する意気込みがあるんでしょうか。いかんいかん、週の頭から愚痴っぽくなってしまいました。

さて、今日と明日は先々週の研修の続きです。後続のコースなので、研修会場も同じところ…講師のお姉さんも同じなら、受講生も先々週と似たような顔ぶれでした。天気がよいので、お昼ごはんは近所のサラリーマンに倣い、調理パンを買って隅田川のスーパー堤防で食べることにします。みんな結構平気でその辺にそのまま座っているけど、スーツの生地ってそれほど丈夫ではないと思うのだけど。私は普通のズボンだから、土手にそのまま座って大丈夫。時期が時期だけに陽射しが強烈だけど、こんな場所でも外で食べるごはん(パンだけど)はおいしいですね。

暑い時期は街路樹の木陰がありがたいですよね。写真は研修会場近くのプラタナス。私は、街路樹というのは街の景観には必須のものだと思っています。大きな樹があることで、どれだけ豊かな街並みになることか。もちろん、どんな種類の樹であるかということも街路樹にとっては重要な要素だと思います。やはり落葉樹の方が四季それぞれの表情があっていいし、夏には強い陽射しを防ぎ、冬には柔らかい光が降り注ぐといった、機能的な面でも優れているのではないかと私は思うのです。落葉樹というくらいですから、冬になると葉が落ちてしまい、炭酸同化作用も止まってしまうのが、二酸化炭素排出量削減の観点からは欠点なのかもしれませんけどね…。

2005年06月19日 (日)
■ あっという間の週末

ろうそくの灯りのもとで昨日は梅雨の中休み(まだそんなに降ってないけどね)という感じで晴れましたね。さすがにこの時期に晴れると暑くなります。昨日と違って今日は曇り空なので、それほど暑い感じはしませんが、心持ち湿度が高いかもしれません。そして、週の頭はまた梅雨空に戻るということです。月曜日と火曜日は、先日行ったJavaの研修の「その2」なので、まぁ雨が降ってもいいかなという感じです。でも、気温が低目だと、電車の中が寒すぎるのが憂鬱なんだよなぁ。

金曜日は休日を満喫しましたが、土曜日と日曜日は何だかんだと忙しいうちに終わってしまいました。土曜日はリフォーム中の私の実家へ行って、父と母に姫のお披露目。鳴かない犬がどうもピンと来ないらしく、私の母は「ワンって言ってみなさいよ」などと言ってます(そういえば、カミさんの母親も同じことを言ってたっけ…)。夕方には実家のまわりを姫と散歩します。犬との散歩でもなければ、あらためて実家の近所を歩くこともないので、妙に懐かしいような変な気分です。子供の頃に遊んだ僅かな緑も住宅になってしまっていたのがちょっと残念でしたね。私が今住んでいるところは、今残っている程度には緑が残って欲しいなぁと思ってみたり。

今日も朝から忙しかったです。まずは、朝イチから勉強の話で上の娘とカミさんが朝からひと騒動(ご近所のみなさんうるさくてすみません)。その後、数学の監視を少ししてから、渋谷までちょっとお買い物に出かけました。午後からは下の娘がテストだかでとんぼ返りで横浜へ。テストが終わるのを待つ間、上の娘と私は姫グッズを調達しに山下町のHOMESへ行きました。相変わらず犬連れが多数いましたが、圧倒的にミニチュアダックスが多いですね。横浜西口に戻って、カミさんと下の娘をピックアップし、家に戻って夕方の姫の散歩。ココちゃんにも会えて、ひと遊びして帰ってくると、もう夜です。今晩はわが家のキャンドルナイトということで、ろうそくの元での晩ごはん。何だか知らないけれど、土日って本当にあっという間に過ぎ去ってしまいますね。

2005年06月18日 (土)
■ SIGMA SPORT BC1600

SIGMA SPORT BC1600今日は同じマンションのSさんご夫妻がヨークシャー・テリアのココちゃんを連れてうちに遊びに来ました。うちの姫はシュナウザーの中では「おチビちゃん」の方ですが、さすがにヨーキーのココちゃんは小さい!体重が2kg無いというのですから、姫の1/3は行かないとしても、1/2以下ですよ~。チビの姫でも乗ったら壊れちゃいそう。で、これがまたカワイイんだ。嬉しいことに、姫とも仲良しのようです。楽しそうに遊んでいます。やっぱり犬同士の付き合いって~のは重要ですね。

さて、今日は昨日の続きの話です。ちょっと前に、通勤に使用している自転車についているサイクルコンピューターの話を書きましたが、実はあれを書いた数日後、会社帰りに落としてしまったのです。代わりのものを買おうと思いながら、通勤自転車用メーターは無いままになっているのですが、ロードの方は色々な意味でメーターが必需品と言ってもいいのです。普通に走行距離とスピードくらいが測れて覚えていてくれればいいのですが、ロードならではの何かを測定する機能が欲しいと思っていました。そのプラスアルファに何を選択するか…あるものはケイデンス(ペダルの回転数)測定機能が付いてますし、別のあるものは斜度と高度の測定機能が付いていたりします。

結局、ケイデンスを測れるものから選択することにして、最終的に落ち着いたのがコレ。SIGMA SPORTのBC1600というモデルで、ドイツ製というイメージどおりのカッチリとした渋いメーターです。機能面から無線方式のよさは知っていたので、MAVIC WINTECHは最後まで悩んだのですが、WINTECHの液晶のグラフィックがあまりにもチャチな感じだったので、有線方式ながら(実は無線化もできます)BC1600の勝ち!CAT EYEのCC-CD300DWも無線方式ですが、デザインが許せなかった(特にセンサー)ので、最初から除外してました。やはり、何かものを選ぶ際にデザインというものは大事です。ということで、このメーターがこれからロードの乗り具合を面倒見てくれることになったわけです。果たして一年でどれくらいの距離を走ることになりますかね。

2005年06月17日 (金)
■ 海を見に

七里ガ浜付近から江ノ島を望む今日は会社が休みなのでした。もちろん、今日は平日ですし子供らは学校がありますから、自分の時間を楽しむのに妨害が入ったりすることは無し。先週の時点での予報だと、今日も雨が降ることになっていましたから、掃除でもして姫と遊んで終わりかな…などと思っていました。しか~し、いい天気という程にはならないものの、今日は雨の降る気配はありません。これは、久しぶりにロードに乗ってどこかへ出かけないわけには行きません。

今日行ってみたいコースはみっつ。1.浅草の方に行って、とある自転車の現物を見てくる。2.多摩サイを果てしなく遡る。3.海の方に行って、TOBYさんの練習場所である湘南国際村を登る。ですが、その前にメーターを装備しなければなりません。せっかく買ってあるのですし、今日は横浜よりも遠くに行ってみようと思っているので、メーターによって今日の成果を知りたいところです。そんなことや、他のこともやっていたら、家を出発する時刻が10時を回ってしまいました。多摩サイか、海か最後まで迷ったのですが、今日は何となく海に行きたい気持ちの方が強かったので、結局海に行くことにしました。

久しぶりに乗るロードは、やっぱりまだ体の一部と呼ぶには程遠い感じです。体の動きと自転車の動きが一体化していない…。でも、さすがロード!そこそこのスピードを維持しながら進んで行きます。海の公園で持って行った「おにぎり」をほおばり、コンパクト・ドライブでよかった~と思いながら朝比奈を登り、逗子のヒラコサイクルに到着した時点で何だか怪しい雲行き…。こんなところで降られてしまってはたまらないので、残念ながら湘南国際村は次回のお楽しみにして、鎌倉方面に進みました。そのまま134号を走り、境川サイクリングロードを経てグランベリーモールのモンベルへ。スパイスマジックでちょいとおやつを食べて帰ってきました。今日の走行距離は106.75km…この倍くらいは余裕で走れるようになりたいものですね。

2005年06月16日 (木)
■ トイレにすわる

うちのトイレ昨日、今日と雨が降って、梅雨らしい天候になってきましたね。気温も低め(本日の横浜の最高気温は摂氏19.6度)で、クールビスって何?というくらい肌寒い一日でした。先週から引きずっている咳は、少しはよくなってきたものの相変わらずで、季節外れの風邪のように、一日中ゴホゴホしているような状態です。若い時と違って、直るのに時間がかかるようになってきたということなのでしょうかね。だとすると、ちと悲しいですなぁ。

突然アレな写真で申し訳ありませんが、ご覧のとおりトイレです。毎日お世話になってる、うちのトイレです。最近のマンション等であれば、ディテールは違えどもおそらく似たような景観なのではないでしょうか。いわゆる和式のものも最近はてんで見かけなくなりましたので、和式だとどうしていいか分らない小学生もいたりするらしいですね。さて、先日の新聞に載っていたのですが、トイレの掃除が主婦たちの負担になっているとかいないとか。その負担を少しでも軽減するために、汚れにくく掃除しやすいタイプのものが出てきているらしいですね。ですが、掃除が楽になるための究極は、「汚さないこと」に尽きるとのこと。まぁ、考えてみれば当たり前のことではありますけどね。

その「汚さないこと」を実現できるかできないかは、ひとえに男どもがどうやって「スル」かに掛かっていると言います。手っ取り早く言うと、座ってスルか、立ってスルかの違いなのだとか。みなさんはどうですか?私は小学生の頃から、なぜか大でも小でも同じように座っていましたので、「トイレをキレイに使う」という観点からは優秀ということになるようです。自分で掃除をする方は、自分が綺麗にするわけですから、どう汚そうとも勝手かもしれません。でも、いつも掃除してもらっているアナタ、あなたの場合は綺麗に使って、まずは汚さないことを心がけましょうね。

2005年06月15日 (水)
■ ドッグフード

Nutro NATURAL CHOICE(カテゴリーがちょっと変な感じですが、姫の話題なので…)今日は雨の予報だったのですが、朝起きてみたら降りそうな気配はあるものの、もう少しもちそうな雰囲気でした。なので、今日も散歩に出かけました。姫も散歩コースにだいぶ慣れてきたのか、歩くスピードもだいぶ速くなってきました。でも、まだまだあっちこっちに引き寄せられるので、散歩というよりは探検しているような感じです。それに、すぐに「抱っこ」になってしまうので、普通にテクテク歩けるようになるには、もう少しかかるのかな。私が子供の頃に飼っていた犬のことを思い出してみると、犬の自由にさせていたら散歩なんていつまで経っても終わらない…という気さえしたけれどね。

姫も動物ですから、人間と同じように食事をします。食べるものや食事の回数は違うわけですが、いっぱいあげたからしばらくは無しでいいや…というわけには行きません。姫がうちに来た当初は環境がとても変化したので、せめて食事は同じものをしばらく食べさせてやろうということにしていました(ドッグフードをもらってきた)。ですが、いつまでもふやかしたドッグフードではよろしくないでしょうということで、硬いまま与えたりもしました。ところが…姫様は好き嫌いが多いのか、単なる小食なのか、どうにも食い付きが悪いのです。最近はペットショップで写真のようなドッグフードの試食品まで配っているので、もらって来ては試してみたり…。中には多少お気に入りのものもあるようですが、ガツガツと食べるには程遠い感じでした。

カミさんも困ってしまい、犬を飼っているお友達に対して片っ端から情報収集。ドッグフードまかせにしないで、犬用に料理している人が意外と多いということが分ったらしいです。ということで、姫ごはん作りに早速挑戦っ!(<カミさんが)姫の生食用に購入しておいた鶏レバーやらハツやら、馬肉のバラミンチを使って、ドッグフードの「ふりかけ」を作ってみたところ、素晴らしい食いつきだったそうな。これに気をよくしたカミさんは、野菜類を混ぜてみたり、魚やら海草やらをバリエーションに加えて、調理食メインで行く決意をしたようです。さすが。つ~ことで、お役御免になったドッグフードは私の胃の中へ…っていうのはウソですが、半分ホント。試食品を配っていたお姉さんが、「ちゃんと人間が食べられるものを選んでますから食べてみてください」と言っていたので、食べてみました。う~ん…ふすまでも食べているみたいで、味もあまり無い感じです。それにどれも似たような感じ。これじゃあ姫がおいしくないと思っても仕方ないのかな。

2005年06月14日 (火)
■ 電気を消して

FORREST HILL LANTERN梅雨入りした模様と発表があったばかりなのに、昨日早くも「今後一週間のまとまった雨は期待薄」という少雨に関する気象情報などというものが出されたようですね。予測技術が発達しても、お天気の予測はかくも難しいのです。気象庁も頭の痛いところでしょう。原因のひとつに太平洋高気圧の勢力が弱くて、梅雨前線を押し上げられないため…などというものもあるそうです。昨年の夏とはうって変わり、今年の夏はまた一昨年のような冷夏になってしまうのでしょうか。個人的には、夏は夏らしく暑いのが好きなのですが。

さて、来週の今日、6月21日は夏至ですね。夏至と言えば、1000000人のキャンドルナイトです。これは、2003年の夏至に始まった「電気を消して、ろうそくを灯し、いろいろなことに思いを馳せて、スローな夜をおくろう」というコンセプトのイベントのようなものです。わが家も初回に参加したきりなので、2年ぶりに今回は参加してみようと思います。今年の特徴は、6月18日の土曜日から夏至当日の21日まで、合計で4日間の幅があること。もちろん、21日当日が一番のメインなのでしょうが、平日の夜だとどうにも忙しくて…という人たちへの配慮でしょう。こういうちょっとした気配りも、このイベントの趣旨に沿っているようで好感が持てますね。

というわけで、ろうそくを使ったランタン。私が子供の頃は、台風シーズンの停電に備えて、どこの家庭にも普通にろうそくがあったと思いますが、今では仏壇のある家くらいにしか無いのではないかしら。ましてや、ろうそく用のランタンともなれば、さらに少ないかもしれません。これは、FORREST HILLというNew zealandのものですが、アウトドアショップならどこでも置いてあるような小さなかわいいランタンです。無印良品などで売っているタブキャンドルが使えるので、専用品が手に入らないと使えないというような心配もありません。見た目もカワイイので、キャンドルナイトに限らずに、時々活躍しています。では、電気を消してろうそくを灯しましょう…くれぐれも火事には注意してくださいね。

2005年06月13日 (月)
■ 白物家電

三菱電機のエアコン霧ヶ峰先週の時点で、今週の天気はそれは酷いものでした。梅雨に相応しく連日「傘マーク」がついていたと思います。しかし、いざ今週になってみると、今日は雨が降る気配無し、明日も今のところは雨が降らずに済みそうです。ということで、今日は久しぶり(中5日)の自転車通勤でした。いやぁ、自転車で走るのは楽しいなぁとニヤけながら走っていると、スクーターと自転車の事故直後の現場に遭遇しました。両者とも怪我は無い様子でしたが、気をつけましょうね(もちろん自分も)。しかし、かわいそうに自転車の前輪はポテチ状態になってました。

わが家は昨年随分と長い期間を掛けてリフォームしました。リフォームの話は別の機会にゆずるとして、リビングに唯一あったエアコンをリフォームの途中で移設してしまったので、リビングにはエアコンの類が一切無い状態になってました。元々エアコンを使うことはさほど多くないのですが、そうは言っても全く無いというのは厳しい場合もあるでしょう。平日、会社に行ってる私はいい(でも、寒いのよ~)として、基本的に家にずっといるカミさんはかわいそうですから、リビングにエアコンを付けることにしました。先月のうちに取り付けると、値段の面で色々な特典があったので、どうせ買うものだし、と購入に踏み切ったわけです。

うちがエアコンに求める性能は…「とりあえず涼しくなればOK」という、業界人の様々な努力を無視しきったような判断基準です。今年のウリなんて全く知りませんし。なので、どれでもいいのですが、せめて知り合いの役にでも立とう(?)と、大学時代の友人F氏と関連のあるこいつを購入。しかし、以前のに比べて室外機のサイズが巨大なのにビックリ!日本の住宅事情を考慮して小型化だけは努力しておくれよ~。あと、白物家電とはよく言いますが、本当に白いのばっかりで、何とも寂しい限りです。中には色に拘ったものも出てたようですが、まだまだ少数派ですし、それに高い。便利な機能(私は少しも便利だなんて思ってないけど)なんて要らないから、デザインで納得できるものが欲しいです。もちろん、そんなに高くない値段だと嬉しいですね。え、それは贅沢?

2005年06月12日 (日)
■ Cocomo pina colada

Cocomo(ココナッツ・リキュール)昨日、カミさんと姫と歩いて買い物に出かけた帰りに、DEEP BLUEを借りてきました。最近、あちこちで話題になっているのを見ていたので、ちょっと見てみたかったのです。夜にみんなで観ましたが、生きて行くということはどういうことなのかを考えさせてくれる素晴らしいものでした。作り物ではない事実、真実は時として残酷だけど、何よりも心を打つものがあります。今朝は娘二人と三人で姫の朝の散歩に出かけたのだけれど、DVDを借りたことをすっかり忘れていて、朝食時になってやっと思い出した始末。まぁ、返却時間はまだ猶予があったので、朝食後にひと休みしてから自転車に乗って出かけました。

昨日の天気予報では、今日は雨が降りそう(降水確率50%)だったけれど、朝になってみたらすっかり晴れてましたね。晴れているどころかとっても暑い一日になりそうな雰囲気が朝のうちから漂ってました。DVDを返したら、せっかく自転車に乗って出てきたのだからと、ちょいとばかり遠回りして帰ります。と、いってもわずか数km程度の遠回りですが。気候がよいせいか、朝の散歩をする人達が大勢いました。名前が分らないのだけれど、とてもキレイな花が咲いていてカメラを持って出なかったことを後悔しました。その後、うちの用事を少し済ませて、午後はカミさんの実家に遊びに行きました。今日は昼前に家を出てしまったので、それほど感じなかったのかもしれませんが、やはり今日は結構暑くなったようですね。横浜の今日の最高気温は摂氏29.5度まで行ったとか。30度を超えた地域もあったでしょうね。

さて、暑くなってくると気になる匂いがあります。それはココナッツのあの独特の甘い香りです。ちょっと前から暑くなったらココナッツのお酒が飲みたい飲みたいと騒いでいて、暑くなった時に備えてコレを買っておきました。Cocomoという名のラムベースのココナッツリキュールです。今日は暑くなった(らしい)ので、早速飲んでみることにします。作ってみたのは、ピニャ・コラーダという名の、Cocomoとパイナップル・ジュースと牛乳を同じ分量混ぜるカクテル。本当はシェーカーで振らなければならないのだけれど、シェーカーを出すのが面倒でステアで済ませたら大失敗…そりゃ、パイナップルと牛乳だもん、うまく行かないさ。ということで、ちゃんとシェーカーを出して振ってみると、今度は…おお~、いい感じに夏だ~!やっぱり、何ごとも面倒くさがってはいけませんね。

2005年06月11日 (土)
■ ライフウィズドッグス

ライフ ウィズ ドッグス シェルパ斉藤 著昨日、関東甲信越と九州北部が梅雨入りしたという発表があったようですね。平年よりも2日遅れで、昨年よりも4日遅れなのだとか。ついにやって来たか…という感じですね。これからしばらくの間は、今まで以上に天気予報に敏感になって生活しないとなぁ。ところで、火曜日あたりからイマイチだったのですが、どうにも喉の調子がよろしくありません。体がだるいとか鼻水が出るとか、そういう症状は一切無いのですが、咳が出て喉が痛いのです。この週末で何とか直ってくれるといいのですが。

今週は都内での研修のおかげで、電車に乗っている時間が結構ありました。ぼけ~っと外の景色を見ていてもいいのですが、かつて新玉川線と呼ばれた(2000年8月6日より路線名を田園都市線と統一)地下部分から、東京メトロ半蔵門線の間はずっと地下を走るので、外の景色が何もありません。なので、研修帰りに本屋に立ち寄ってこんな本を買ってきました。私の好きな(エイ)出版の文庫本ですから、ずっと前にチェック済みだったのですが、この本は敢えて買わないでいました。どうしてかって?それは、これを読んでしまうときっと犬が飼いたくなることが目に見えていたから…。ですが、うちにはもう犬がいるわけですから、変な心配が要らなくなったので、買ったというわけ。著者のシェルパ斉藤さんは、私と同年代のバックパッカーでアウトドア作家の方です。BE-PALなどでいつも彼の文章を読ませてもらっていますが、私は彼と波長が合う感じがしていつも心地よい読後感を味わっています。

その斉藤さんの家(八ヶ岳山麓に自分で立てた家!)に、サンポという名前の黒ラブラドールがやって来るところから話が始まり、犬たちとの微笑ましい日々を綴ったものが、この本の中身です。やっぱり廣瀬さんの写真はいいなぁ(でも表紙を含めてほとんどはシェルパ斉藤さん自身のものです)などと思いつつ読んでいたら、引き込まれるように一気に読み終わってしまいました。いやぁ、相変わらず何とも気持ちのよい読後感です。やっぱり犬っていいですよね~。ああ、やっぱり犬を飼う前には読まなくてよかったな…と思ったのですが、今度は違う「困った」がひとつ。サンポにはニホという仲間(ニホは昨年の9月24日に急逝してしまったのですが…)がいて、犬が犬と一緒にいることのよさについてもたくさん書いてあるのです…。そう、ニホ姉にサンポ妹がやってきたように、うちの姫姉にも妹が来たらいいなぁ…なんて思ってしまいました。ああ、困った。

2005年06月10日 (金)
■ Java 10th birthday!

Javaの10歳を祝う風船今日は研修の最終日。さらに金曜日と来れば、気分も晴れやかというものでしょう。ですが、お天気がよろしくないです。何でも台風4号が近づいており、明日の朝には関東地方の南岸をかすめるようにして東海上に抜けるという予想進路が出ています。梅雨の季節になってきたこともあり、この先一週間の天気予報には常に傘のマークが付いている毎日が続いています。日々自転車に乗って暮らす人達にとっては、憂鬱な季節の始まりですね。

実は今回の研修は、Javaプログラミングの基礎編みたいなものだったのです。いい年したおやじがJavaの勉強なんて笑ってしまいますが、それはIT技術者として育ってきた環境が違うのですから仕方ありません。講師のお姉さんが言ってましたが、今年はJavaがこの世に生まれてから10歳の誕生日を迎える年なのだそうです。ということでこんな風船をもらったりして…。ところで、10歳といえば、なんとまぁ、下の娘と同い年ではありませんか。人間で10歳と言えば、まだまだ子供なわけですが、ソフトウェアの10歳となるとどうなのでしょう。これだけの普及ぶりを見ると、壮年期に差し掛かった…という感じなのでしょうかね。

あっという間の3日間でした。3日間で勉強できることなんて、たかが知れていますが、Javaの片鱗には触れることができた…と思いたいです。Javaのいいところのひとつは、自分の家のPCで実際に色々とできることでしょうかね。最近のものだから、オープンソースの優れものも色々とある(期待)のだろうし、やる気と時間さえあれば大丈夫でしょう。一方、私の普段の仕事は大型コンピューターの、しかも恐竜なんて揶揄されている古くからあるもの(とは言っても、結構進化してるんですよ)が相手ですから、なかなかJavaのようには行かない部分もあります。でも、逆にそれを知っている強みもあるわけで、新しい知識を加えて鬼に金棒!と行きたいところです(願望)。ま、とりあえず一週間空けて後続コースもあるので、頑張りますね~。

2005年06月09日 (木)
■ ヒミコ

未来型水上バス「ヒミコ」昨日は自転車で行こうかなぁなどと書きましたけど、今日もやはり電車です。本当に自転車で行ってもいいのだけれど、置き場所に少し困ってしまうことと、汗で濡れた服を着替える場所もわからないので止めました。川崎で研修がある時は、家から近いことと、割と大きい公営の駐輪場(1日置いて100円です)が川崎駅西口にあるので、晴れている限りは迷わず自転車なのですけどね。東京の研修にも一度くらいは自転車で行ってみたいなぁ。

さて、今日の昼休みは隅田川沿いを歩いて昨日よりももう少し遠くまで行ってみました。水辺を歩くと、汚いなりに潮の香りが漂ってますね。朝にはいまいちだった天気も昼には天気が良くなってきたので、近所のサラリーマンがスーパー堤防にたくさん出てコンビニ弁当を食べています。こんな場所でも外で食べると気持ちがいいでしょうね。しかし、食べ終わったゴミは持って帰って欲しいですねぇ。ゴミ箱があるにはあるのですが、入りきらないゴミがあたりに散乱していて、とても見苦しいのです。

隅田川には水上バスが走って(?)いるのですが、何だか奇妙な形の船がやって来ました。それが写真の船なのですが、これは宇宙戦艦大和で有名な松本零士氏プロデュースによる未来型水上バスのヒミコという名前の船だそうです。言われてみると、確かに松本零士テイストが溢れているような感じがしますね。船に乗る機会というのは、ふだんの生活ではなかなか無いので、たまに乗った時には妙にウキウキしてしまいます。ちなみに、水上バスには子供料金を払うことで自転車を乗せられるらしいのですが、ヒミコにも乗れるのでしょうか。下の娘と自転車に乗って遊びに来てみようかしら。

2005年06月08日 (水)
■ 都会は寒い

今日から金曜日までの3日間、都心の方にある会場で研修を受けることになりました。時々出かける都内の事業所に行く時には、「内心仕方ない思い」でスーツを着ていくのですが、今日は研修なのでカジュアル・ウェアで出かけてしまいます。研修は社内の研修ではなく、社外の人向けに開催されているところに社内の人間も一緒に出させてもらうタイプのものなのです。今までの経験上、社外の人は割とラフな格好で出席される方が多いので、それにまぎれてしまおうってわけ。でも、いつもの格好よりは少し地味な感じの色にしてみました…あまり浮いてしまうのもナニなので。

というわけで、今日は都心方面に向かう電車に乗り込んだわけですが、目的地に早く到着する急行には乗らずに各駅停車に乗って行きました。降車駅に着くまでの間に2回ほど急行に抜かれる電車だったのですが、急行と違ってギュウギュウづめになることがないので、本も読めて快適です。やっぱり、四方八方からグイグイ押されて乗る満員電車って、乗るものじゃないです。急行との時間差なんてたかが知れているわけですから、ホンのちょっとだけ早起きすれば済む話なのですよね。とはいえ、各駅停車にも不満はあります。それは冷房。乗ってから30分近くになってくると、寒くて寒くて辛くなります。辺りを見回すと、やっぱりご丁寧にスーツの上着を羽織ったサラリーマンだらけ。もちろんネクタイ付き。この調子では、いつになっても冷房は弱くならないし、男共は上着を脱ぎませんよ。寒いのは電車の中だけかと思ったら、研修会場まで激寒です…ううう、寒い。みんな平気な顔してるけど、寒くないのかな。

お昼は早めに食事が終わったのですが、部屋の中は寒いですし、たまに来た都会ですから、外を少し散歩してみました。写真は散歩中に立ち寄った隅田川に掛かる永代橋です。こういった由緒ある建築物は、由来を記した看板なども建っており、見て回るのも楽しそうです。もちろん、自転車であれば行動範囲がグッと広がってさらに楽しいことでしょうね。私の住んでいる新興住宅地とは違い、東京都内のしかも23区内は歴史的建造物も多いでしょうから、こういうのを見て回るのが好きな人は時間がいくらあっても足りないでしょうね。帰り道にフラフラと散策するのに、明日は自転車に乗って行ってしまおうかなぁ…でも、自動車が多すぎるのが少し難点ではあります。距離そのものは大したこと無いのですがね。

2005年06月07日 (火)
■ 梅ジン

ジンで梅酒今朝は何と朝の5時に起床。5時15分には、姫のお散歩に出かけるという驚異的な早起きでした。上の娘が今朝は色々とあって忙しいというので、私が代わりに散歩に出たのでした。今の時期は早朝とはいってもとっくに日が登っているような時間ですし、何より涼しくて爽やかなのがよいです。ジョギングで体を鍛えているような人達も結構いるんですよ。でもね、今はいいんだけど冬の暗くて寒い時期になったらどうするんだろうと、ちょっと心配になったりして。

先日の記事に書きましたが、今年は久しぶりにホワイトリカー以外のアルコールで作る「変わり梅酒」が飲みたくなりました。そう思って、かみさんにお願いして購入しておいてもらった梅が今日届いたのです。ということで、さっそく作ってみました。もちろん、今回もジンの梅酒…梅ジン(おいしそうじゃない名前だな)を作ります。ジンと氷砂糖は先週末に購入済みなので、材料は全て揃っています。なので、梅を洗ってヘタを取り、氷砂糖と共に瓶に入れ、ジンを注ぐだけという簡単さ。

大事なことは前回も書きましたが、氷砂糖を少なめにすることです。梅酒用の瓶についていたレシピによれば、梅の実1kgに対して、氷砂糖が500gから800gくらいとあります。思い切って250gにしようと思ったら、「少なすぎる」との声が…。なので、もうちょいということで300gにしました。あとは冷暗所に置いて時々混ぜてあげればよいです。梅は3ヶ月くらいの「ちょっと早いかな」と思う時に出してしまって大丈夫…というか、ちょっと早めの方がジンの味が生きてきます。梅酒は熟成がゆっくりなので、時間の経過と共においしくなって行くといいますが、熟成するより前にいつも無くなってしまうのが問題なのです。早くできないかな~。(←すでにそわそわしてる)

2005年06月06日 (月)
■ 栗の花火

栗の花と蜜蜂先週は天気の冴えない日が多かったですが、今日はいい天気になりましたね。6月は一年で一番太陽が高くなる月ですから、晴れればやはりそれなりに暑いですね。止まって体に風が当たらなくなると、じわ~っと汗が出てくる感じになってきました。先月までは割りと爽やかな感じだったのが、今日は少しジメっとした感じでしたしね。でも、湿度はあまり変わってないんですよ。気のせいかなぁ。

今の時期になると、栗の花が咲きだします。他の木に紛れてしまって何の木なのかよく分らなかった栗の木も、今の時期から栗のイガが落ちてしまうまでは、ひと目で栗の木だと分るようになります。遠くから眺めてもすぐにそれと分る、まるで花火大会の大きな花火のようにも見えるのは栗の雄花です。雌花が実になるわけですが、雄花の根元あたりにあるらしいですね。この写真ではちょっと見えないですが…。写真の中央にいるのは蜜蜂なのですが、朝っぱらから本当に忙しそうに蜜を集めていました。後肢には花粉をいっぱい付けてます。あれって以前から不思議だったのですが、自分から積極的に集めているのでしょうかね。花粉が勝手に肢に付着するような構造になっているのかな?

蜂といえば、ダッチオーブン仲間のGさんは、趣味でニホンミツバチを飼っている人生の先輩なので、今度聞いてみることにしましょう。とりあえずネットで蜜蜂のことを色々と調べてみると、蜜集めや花粉集めは蜂になってから12日くらいすると始めるそうで、大変な重労働らしいです。重労働なんて…蜂に聞けないのにどうやって調べたのかな。また、40日程度の蜜蜂の一生で集めることができるハチミツの量は、小さなスプーン一杯程度らしいということも分かりました。蜜蜂も大変なのですねぇ~。

2005年06月05日 (日)
■ BODY TECH

ユニクロの広告今日は遊びに行ったりせずにうちのことを色々とやって終わった一日でした。時々チェックしておかないと、とんでもないことになっている子供らの算数と数学の出来具合を確認したり(サボっているので、出来が最低…)。姫用具チェックにあざみ野のペット・フォレストに行ってみたり(めちゃくちゃ混んでました)。港北東急で行われているクラフトフェスタに出展している「ふるかわ なおみ」さん(実は高校時代の部活仲間)に久しぶりに会いに行ってみたり。

最初に安いズボンを探しにユニクロに行ってみたのですが、新しいシリーズのウェアを出すということで、広告が一新されてました。その「BODY TECH」は、ユニクロが今年の夏に賭けている(?)ユニクロ初のスポーツ・ウェアで、雰囲気だけが漂うウェアとは違い、本当にスポーツを科学したウェアだそうです。一番スポーツしてるコンプレッション・タイプは9日の発売だそうなので、まだ店頭では見つけることができませんでしたが、HPの写真であるとか、この写真とか、ちょっと見たところでは期待が持てるものでした。

実際にどんな感じのものであるかは、来週末になると多少はっきりするかもしれません。まさか、パンツにパッドがついているとは思わないですが、この写真ですからね。ちゃんとした自転車を出しているところに期待が持てるわけです。さすがに今中さんも「知らないうちに(InterMaxが)使われていた」ということは無いでしょうし、自転車で全く使えないということも無いんじゃないかと…。ですが、もう一歩頑張ってシャツはフロントジップとバックポケットを追加、パンツはパッドを追加すれば立派な自転車用ですからね。それがユニクロ価格で出てくると、私のような「裕福でない自転車人」には最高のプレゼントだと思うのです。どうです?ユニクロさん、ひとつ出してみませんか?

2005年06月04日 (土)
■ トマト味、塩味

トマトとバジルの冷製パスタ今日はカミさんと下の娘と三人で菊名の春木さんのところまで髪を切りに行きました。春木さんは、カミさんが結婚する前からずっとお世話になっている美容師さんです。私ももう何年も春木さんに髪を切ってもらってますが、おやじな私の髪型をいつもちょっとカッコよく仕上げてくれます(本人がカッコよくないところが何とも…)。だいぶ伸びていたのが、短くなってサッパリしました。

その後、旅行中で留守宅になっているカミさんの実家へ行って、植物に水やり。ついでに、増えまくっている紫蘇とバジルをもらってきました。上の娘と私はパスタ好きなので、「何食べたい~?」と聞かれると、よくパスタをリクエストします(例によって私はカレーもリクエストしますけど…)。パスタはパスタでもトマト味のパスタが大好きなので、「トマト味のパスタが食べたい!」というのがいつものリクエスト。ちなみに下の娘とカミさんはどちらかと言うと塩味系のパスタの方が好きなようです。

というわけで、今日の晩ごはんはトマト味好きと塩味好き両方の好みを満たす「トマトとバジルの冷製パスタ」になりました。暑い日がやってくるのはもうちょっと先かなと思わせる天気が続いてますが、暑い時には冷たいパスタがさっぱりしていていいですよね。カミさんいわく、「おいしい塩(おみやげにもらったのです)を使うと味がまろやかになってさらにおいしい」とのことなのですが、鈍感な私にはどれもこれもおいしいです。味に鈍感だと、よい料理人にはなれないですよね…ということで、私はやっぱり「食べる専門」で行った方がよさそうです。

2005年06月03日 (金)
■ 69パーセント

私の通勤用自転車(GT avalanche)今日は朝起きた後に何も考えずに電車で行く服装に着替えました。昨日の最後の天気予報では、今日も雨降りの天気だったから…。今日は一ヶ月ぶりの紙ゴミの日なので、ダンボールやら何やらを朝ご飯の前に出しに行きました。外に出たら、降っているはずの雨が全く降っていないではありませんか!家に戻って、今日の予報と現況を見てみると…雨の予報は一番高い時間帯の確率で20%だし、現況(レーダー画像)に至っては降っているところが見当たりません。「これは自転車で行くしかないでしょう。」急遽予定変更で着替えます。

やはり、電車よりも自転車の方がはるかに気楽かつ楽しいです。電車の時は回数券で行っているのですが、自転車だと電車の時と比べて往復で800円が浮くのでさらに嬉しい感じがします(ちょっとしみったれた話ですが…)。ただし、今日は天気があまりよくないので、晴れやかな感じが無くまるで梅雨のような感じです。気の早い話ですが、梅雨なんてさっさと終わって暑くならないかなぁと、夏好きの私などは思ってしまいます。ところで、大人はみんな夏が嫌いですよね。暑いから?暑いとはいっても、冷房の中で快適に過ごしている人が多いじゃないですかね。どうして夏が嫌いなのかなぁ…などと考えているうちに会社に到着。

何だかんだ忙しくしていると、あっという間に夕方です。今日は金曜日なので、仕事は早めに切り上げて会社を後にします。帰りも自転車で帰ってこれた(雨が降ると会社に置いてくることもある)ので、今年の今日までの自転車通勤率は69%になりました。今年は何とかこれ以上の数字を維持したいところですが、どうなりますかね…。今晩、家で飲むワインを求めて吉祥さん経由で帰ることにしました。ということで、いつもよりちょいと遠回りをして恩田川、鶴見川を走る走る。久々に走る道を楽しみ、最後は見慣れた景色へ…。結局、今日のお酒は先日飲んだランブルスコにしました。1280円…回数券との差額である480円で飲んだのと同じことになるのかしら。だとしたら、だいぶ得した感じですよね…。

2005年06月02日 (木)
■ ヤギを飼いたい

都会のヤギ今日も雨…。お天気のことは言っても仕方が無いのは十分に分っているつもり。でも、週のうちのせめて3日は自転車に乗って通勤したいなぁと思います。自転車のかわりに電車に乗る雨の日は、それでもひとつだけいいことがあって、通勤途中に雑誌(私の読書は雑誌がほとんど)が読めること。ということで、雨の多い今週の通勤は、買ってはいたけど隅々まで目を通していない雑誌がオトモダチです。電車3日目にあたる今日の友は、BE-PAL 6月号。

BE-PALは、毎月遊び心をくすぐってくれる楽しい雑誌なのですが、6月号で一番そそられた記事は、「ヤギを飼おう」っていう話でした。記事の中では、生協の「名古屋生活クラブ」が「シンボルスタッフ」としてのヤギを都会の住宅地で飼育している話が載っています。餌として使える乳牛用の干し草はコストが安いし、ほとんどの草が餌となるということなので、隣の公園に生い茂っている赤詰草なんてさぞやご馳走になるでしょう。ヤギ小屋の掃除だってちょっとした工夫で大変ではないらしいです。犬よりコストも手間もかからない…などと紹介してあります。子ヤギの値段だって、平均で4万円くらいなのですって。

もちろんヤギを飼う目的というのは、ヤギ乳にあるわけでして、ヤギチーズの作り方などという記事を読んだところに、「ヤギ飼いたい!」の本当の動機であったりするわけです。まぁ、どう逆立ちしたところでマンション住まいの私がヤギを飼うなどということは出来ないわけですから、リタイアして地面の上に住めるようになった時にでも考えることにして、それまでは全国山羊ネットワークのページでも見ながらお勉強しておきましょう。ところで、昼間の猫の瞳は縦長ですが、ヤギのそれは横長ですよね。烏賊の目に似てるなぁなどと思うのは私だけでしょうか。

2005年06月01日 (水)
■ 麦秋

麦秋の麦今日は晴れたので自転車に乗れました。早起き生活は何となく続いていて、今日も5時台に起床。朝っぱらから家の中の片付けなどをちょっとしてから朝ごはんを食べました。朝ごはんを食べ終わっても時間にゆとりがあったので、出かける前にチェーンの掃除も済ませました。ここしばらく自転車の整備を怠っていたので、「チェーンをキレイにしないとなぁ」と乗る度に思っていたのです。全体的に何となく埃っぽいのを拭きとって、チェーンもキレイにしたところで出発です。

通勤途上の田圃で田植えが始まったというのは先日した話ですが、田圃のうちのわずかな面積ですが、何ヶ所かは麦が植えられているところがあります。その麦は、今頃がちょうど刈り取りの時期になるわけで、その姿を秋の稲と重ね合わせて「麦秋」と呼ぶのでしょう…きっと。秋とは言っても今の時期ですから、もちろん麦秋は俳句の世界では夏の季語になるわけです。そういえば、昨年の今頃に栃木県の方へキャンプに行ったのですが、見渡す限りの麦畑がこの写真のようになっており、麦秋という言葉が自然に浮かぶような景色だったのを思い出しました。ちなみに栃木は麦の産地として有名なのだとか。

麦というのは、世界中で一番多く栽培されている穀物なのだそうですね。種類も色々とあるらしいですが、私が知っているのはせいぜい大麦、小麦、ライ麦くらいのものでしょうか…ハト麦とかもそう?大麦といったらビール。小麦といったら発泡酒とパン。ライ麦もパン。ハト麦は爽健美茶!?ついでに、仙台に行ったら牛タンとセットの麦めしは…何麦かしら?などという程度の貧困な発想しかありません。そうそう、もうひとつ思い出しました。春小麦、冬小麦、小麦カレンダー…地理の授業で必ず出てきてましたよね。何でだかよくわからないけど、嫌いな系統の問題だった気がします。

| Top |