14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2005年07月31日 (日)
■ 夏野菜

夏野菜のチーズ焼き今日で7月が終わり、明日からは8月…私の月がやってきます。夏休みがあった子供の頃は、7月が終わる頃になるとやっと「学校に行かない日々」が体に馴染んでいた気がします。8月の声が聞こえると楽しみなキャンプも目の前だし、夏休み感一杯な気がしてきて妙に嬉しかったですね。大人になってからは子供の頃のような長い夏休みはありませんが、それでも毎年一週間は夏休みを取っていますから、子供にとっても大人にとってもやっぱり夏休みは楽しみなわけです。

夏は暑さ(と、場合によっては冷房の寒さ)で、冬は寒さで体調を崩しがちなので、この時期の雑誌には「夏バテを防止するには」だとか「風邪から身を守るには」などという特集記事を見かけることが多くなりますよね。夏バテ防止のためには「きちんと食べよう」というようなこともよく書いてあります。食が進まない時のメニューには何を選んだらよいか?などという記事が誌面を飾るわけです。私の場合、残念なことに(?)食が進まないということが無いわけでして、そのような特集記事のお世話になることが全くありません。むしろ、どうしたら食いすぎずに済むかが気になってしまいます。

楽しくおいしい食生活のためには、やはり旬のものをいただくのが一番ではないでしょうか。ということで、今わが家でひそかに流行っているのが、写真のメニュー。たっぷり夏野菜のチーズ焼きです。入っている野菜は、トマトにズッキーニに茄子にパプリカ。これに塩、胡椒で味をつけて、たっぷりのピザ用チーズを乗せてオーブンで焼き上げたものです。凝った味付けなんて一切していませんが、太陽の光をたっぷり浴びて育った夏野菜の旨みが出て野菜好きにはたまらないおいしさですよ。お手軽な割には見た目のボリュームと食べた感じもいいので、キャンプの時にも作ってみようかな…って、思ってます。

2005年07月30日 (土)
■ お友達来ないかな~

お友達に会ったよ翌日が休みの日は、目覚まし時計をセットして寝ることはありません。最近は目覚まし無しでも目が覚めるので、平日もセットしなくてもいいのですが、さすにが保険の意味でセットしています。今日は、その保険が効かなかったわけで、少しばかり寝坊してしまいました。と言っても、6時よりは前なのですけどね(本当にジジイ化してきたかも)。で、今日は上の娘は部活が休みで、下の娘はラジオ体操が無しでした。ということは、朝ご飯の仕度に追われることもないわけです(もちろんカミさんが)。なので、姫様の朝の散歩は私とカミさんとで一緒に行きました。子供は行かないと言ってます…きっと二人で録画しておいたTV番組を見たいに違いない。

しっかし、今日は湿度が高いですねぇ。3日前のカラッとした天気が嘘のように、湿度が高いです。まるで、3日前まで避暑地の高原に行っていたのが、今日は熱帯の湿地帯にでも来てしまったかのようです。日が射していないだけマシなのかと思ったけど、日が射して気温が上がれば相対的に湿度は下がってくるわけだから、その方が実はいいのかもしれないなと思ってみたり。やはり、気温が高くても湿度の低い方がキモチはいいでしょうね。まぁ、気温が低くて湿度が高い日は、低温サウナにでも入っている気分になって我慢しよう。

朝の散歩の時間は、犬がそれほど多くないのですよね。それと、朝の時間に犬を散歩させている人は、どちらかというとお歳を召された方が多い(う~む、ということは、私もお歳を召された方に分類されてしまうということか)。それに何故か大きな犬ばかりなので、姫様もちょっとつまらないのです。「お友達が来ないかな~」と、何度も後ろを振り返り振り返りの散歩になってしまいます。いつしか歩くのも嫌になってしまい、道端に寝そべってしまうのではないかというくらい、やる気が減退してきました…。そこへ救世主登場!お友達のC君がやって来ました。お友達が来れば姫様も楽しくて元気復活。でもね、家とは反対の方向に歩きすぎてしまい、帰りは抱っこになってしまいました。

2005年07月29日 (金)
■ 原動機付自転車って

早渕川の車止めいつの間にか7月ももうすぐ終わってしまいますね。この調子だと、あっと言う間に年末になってしまうな…。大人になればなるほど時間の経過が早い(しかし、会社にいる間は経過が遅い)気がするのはどうしてなのでしょうね。この調子で自覚が無いものですから、気づいた頃には有給休暇をきちんと取得できるかどうかが危なくなってきます。ということで、今日は会社を休むことにしました。私も何年か前までは、年末になると「休んだことにして実は仕事してる」という状態になっていましたが、そういうことはもう止めることにしました。みなさんもきちんと休暇を取ってくださいね。

なんて、偉そうなことを言っておきながら、今日の午前中はちょっとだけ会社の仕事をしてしまいました。ごめんなさい。今日の午後は、最近ずっと放っぽりっぱなしだった通勤号をキレイにしたのですが、最も大切なチェーンの給脂は特に丁寧にしましたよ。おかげさまで買ってきたばかりのようなキレイな自転車(相変わらず大げさ)になりました。自転車をキレイにしたら、乗ってみたくなるのが人情ってものでしょう。というわけで、切らしていたワインの調達に吉祥さんまで自転車に乗って行くことにしました。道連れは下の娘。今日のコースは、いつもと違う早渕川沿いの道です。

川沿いの道は、自動車が通れないようになっている場所が少なくないと思います。そのような道であれば、自動車は当然としてエンジンの付いている全ての乗り物が通行を禁止されているのが普通ではないでしょうか。早渕川の場合も川沿いの道は歩行者と自転車の通行のみが許されています。ところが…スクーターをはじめとする原動機付き自転車の通行が酷かったのでしょう。こんな面倒な車止めがつけられていましたが、開いた口が塞がらないほどの酷さです。わずかな不心得者がみんなの利便性を奪う…これって犯罪ですよ。とりあえず何とか払えてしまう程度の罰金を、払うのに困るくらいうんと高くしてください。それから、原動機付「自転車」という名称も止めましょう。決して自転車ではありませんから。

2005年07月28日 (木)
■ 低血圧

血圧計測定結果今日も一日とてもいい天気でしたね。昨日ほどの湿度の低さは無いですが、それでも会社の行き帰りの自転車は爽快でした。うだるような暑さも少しばかり恋しい(って、スグ来るよ!)ですが、昨日や今日のような感じの日々が続く夏というものいいかもしれないですね。夏本番はまだまだこれからですが、田圃の上には早くもそれほど赤くない赤とんぼが群れを作って飛んでいます。暦の上だと、次に来る二十四節季は立秋ですからね。あっという間に本当の秋が来てしまいそう。

みなさん、血圧って時々測ったりしてますか?昨日、会社の健康管理室で測ってみたら、最高血圧が100mmHgをホンの少しですが切ってました。二回測ってみて二回とも99mmHgだったので、この数字はある程度信用しても大丈夫かしら。最高血圧が100mmHgを切ると、低血圧に分類されるそうですが、ということはこれって立派な低血圧?確かに、学生時代は朝が弱かったので、母親からも妹からも「低血圧野郎」のレッテルを貼られてはいたのですが…。でも、昨年の健康診断の時は「高血圧の疑いアリ、要経過観察」(上が130mmHg近くで下が90mmHg近くだった)なんて言われちゃったのですよね。

運動してるのに許せん…と思っていたのですが、医師の友人Fに言わせると「お前の場合は、酒止めればあっさりと下がるよ」ということでした。なので、休前日以外の平日はきっぱり飲酒を止めてみたところ、こんなところまで下がったというわけです。私の体ってば、何て単純なのだ…じゃなくて、医者の言うことはよく聞かないとね。でも、今度は低血圧で悩むのか?しかし、今朝などは4:30に自然に目が覚めてしまったくらいですからね、実際には低血圧で困るということも無いでしょう。ということで、酒飲みで高血圧気味の方、休肝日をきちんと設けてアルコールの総量を減らしてみると、私のようにグッと下がるかもしれませんよ。

2005年07月27日 (水)
■ 湿度の低い夏

台風7号が去って強烈な陽射し朝、姫様と散歩している時はまだパラパラと雨が降ってきたりしていたのです。「あら、予報より悪い?」などと思っていたのですが、会社に行く頃になって急速に天気が回復してきました。天気がよくなって行く時の変化を見ているのは楽しいです。雲間に青空が覗いたと思ったら、みるみるその青い色が広がって、やがて一面の青空に変わって行く…。この天候の変化に遭遇する時間が、一日の始まりである朝の時間帯だと、より一層楽しい気分になれますよね。ということで、今日はいつもより気分よく一日がスタートしました。

台風一過ということもありますが、それにしても今日は朝から強烈な陽射しです。ここまではっきりと「夏だっ!」という感じの天気だと、何とも可笑しいくらいストレートに夏が表現されているようで、こっちまで思わず笑みがもれてしまいます。ニヤけながら自転車に乗るおやじ…ハタから見るとかなり危ない人に見えていたことでしょう。バンヤン(台風7号)が汚れを一気に押し流してくれたせいなのか、川の水がいつにも増してキレイに見えます。春から夏にかけては、湿気のせいで見えなくなっている丹沢の山々も、まるで真冬のようにハッキリと見えています(これはどうもフェーン現象のなせる業だったようです)。

今日はフェーン現象のせいもあって、関東エリアの気温はまさに「うなぎのぼり」の状態。山梨の身延では、摂氏37.3度を記録したのですと。ここ横浜でも、摂氏35.2度まで上がったということでした。暑いことには違いないのですが、今日の暑さはキモチのいい暑さではありませんでしたか?フェーン現象が加担した暑さだったので、空気が乾いていませんでしたか?同じ気温でも湿度が低いと不快感がずっと下がりますね。今の時間になっても湿度が低い(今、メーター読みで44%弱)ので、温度も下がってきた夜はますます快適です。温度は高いが湿度が低い夏、温度は低いが湿度が高い夏…一体、どっちの夏がキモチいいでしょうね。

2005年07月26日 (火)
■ COOL BIZ その後

夏場のスーツは…バンヤンという名の台風7号がすぐ近くにいるはずなのですが何とも外が静かです。気圧計は下限いっぱいの980hPaくらいまで下がっているので、台風の目の近くにいるということなのでしょうかね。会社の行き帰りは、幸運にも風雨とも大したことはありませんでした。明朝には晴れるようですから、今日一日家の中でクサっていた姫様の散歩にも行けそうですし、自転車にも乗れそうです。今日と違ってグッと暑くなりそうですが、少しくらい暑くたって窓開けて風を通したいですよね。今は天候のために仕方なくエアコンを弱めにつけていますが、エアコンはやっぱり好きじゃないな。

COOL BIZなスタイルで過ごそうというのが始まったのは、6月の衣替えのことですから、そろそろ2ヶ月が経過しようとしているわけです。みなさんの回りには浸透しているでしょうか。写真は昨日のもの(晴れてますもんね)ですが、昨日は仕事でお客様先に行く用事ができたため、ウンヶ月ぶりにスーツなどを着たわけです。もちろん、上着は無し、ネクタイも無しですが、カバンにネクタイを入れて持って行ってしまったところが情けない…。そうは言ってもですね、割とお堅い業種の方がお客様だったりすると、こっちも結構保守的になってしまいます。無言のプレッシャーというかね。この状況を「会社のお偉いさん」に打破してもらいたいですよ、ホント…。首相がいくらガンバっても、会社の中にはなかなか浸透してこないものね。

COOL BIZ本来の意義というのは、「冷房温度を上げて、それでも大丈夫なように、涼しい服装をしようよ」ということだったと思うのです。それが何だか服装の話題ばかりが先行しちゃっているようで、そのことにケチを付ける業界団体が現れてきたりとか…何とも違う方向に走っちゃってるなぁというのが正直な感想です。その服装にしても、ネクタイとシャツばかりに目が行ってるけど、このズボンも相当に暑いですよ。革靴なんかは最悪かもしれないです。さて、もう一度本来の目的を思い出しましょう。服装を変えることではなくて、冷房温度を上げて電気の使用量を減らすことです。そうですよね…うちのエアコンももう止めました。外の方が却って涼しくなってきたみたいですしね。

2005年07月25日 (月)
■ 子供のウソ

SPEEDOの競泳用帽子今朝、昨日家の中に干したままになっていた洗濯物をたたんでいました。すると、洗濯物の山の中からカミさんのものと思われる写真の水泳帽子が出てきました。私も同じものを使っているので、もしかしたら私のものかもしれない…。ですが、私もカミさんもここしばらくプールには行っていません。もちろん、真っ先に疑惑の目が向けられたのが、土曜日にプールに行った下の娘であることは言うまでもありません。下の娘に問いただすと、「そんなのは知らない、自分のは青いべつのものだ」(だから片付けるのは自分では無い)と主張します。

色々と問いただしてみたところで、「それはウソである」ということが徐々に明確になって行く以外のことはありませんでした。ここ最近、ウソ付き野郎になっているっぽいこともあり、カミさんの血管がブチ切れるまでにさほどの時間は必要ありませんでした。ひとしきりかなり激しく怒られた後に、今度は私が怒る番です。子供を叱るのに、両親のどちらかが引いておかないと、子供は逃げるところが無くて辛い…などということを言う人もいたりします。しかし、それは時と場合によることであって、悪いものは悪いのだと「理屈でないこと」を叱る時に、そんな悠長なことは言ってられません。

子供を叱らない親がいます。叱られてばかりで子供が萎縮しないように子供の自由にさせていると公言しているような親がいます。それって子育て放棄ですか?叱られないで立派な大人に成長するような人なんていないでしょう?子供はだんだん悪いこともするようになります。それを見つけて叱るのは、誰でもない親の責任だと思うのです。その責任を放棄してきて、悪いのは学校の先生だ…なんて、それこそ無責任な発言をする人たち…お願いですから、悪い冗談は止めてください。小学校中学年あたりになると、子供も下手ながらウソを平気で言うようになったりするので、ここは一発しっかりと叱っておかないと駄目です。「ウソつきは人殺しの始まり」…我が家ではこういうふうに言っています(もちろん「泥棒の始まり」の方も教えてますけどね)。

2005年07月24日 (日)
■ 無印良品の自転車

無印良品24型クロモリ自転車今日はカミさんの弟、つまり私の義弟の息子の誕生日のお祝いのために、カミさんの実家に行くことになっていました。なので、誕生日のプレゼントを購入するために、午前中に久しぶりにセンター南まで買い物に出かけました。姫様はうちの家族の一員ですから、もちろん一緒にお出かけです。姫様はおとなしいので、肩掛けバッグの中にじっとしていてくれます。なので、買い物に出かける時なども一緒にお出かけするのが我が家では普通のスタイルなのです。

せっかく買い物に出かけたので…というわけでもないのですが、ちょっと気になる店もいくつか回ってみたりして、「あ~、これ欲しいかも」などと言ったりして楽しみます。そうは言っても、どうしても欲しいというほどのものは無いですから、実際に購入するには至らないのですけどね。そんなふうに、あちこちの店を眺めている時に、私の目に飛び込んできたのが写真の自転車です。無印良品がプロデュースするこの自転車、クロームモリブデン鋼(通称、クロモリ)という鉄製のパイプを使用した細身のフレームが特徴です。写真からは少々分りにくいかと思うのですが、タイヤ・サイズが24インチという、ちょっぴり小さい自転車であるというのも特徴のひとつです。

実物を見て、私自身びっくりしたのは、8段変速の変速機にシマノのTIAGRAというグレードのものを採用していることでした。この手の自転車では、かなり奮発した選択と言ってよいでしょう。んで、気になるお値段は消費税込みで25000円と、無印良品の他の自転車に比べても結構高いです。重量は13kgとちょっと重たいのも残念ですが、値段を考えるとこれ以上を望むのは酷でしょう。少し触ってみたところで残念だったのが、ブレーキ・レバーのタッチ…これが安物感満載なのです。ブレーキは乗り物の機能で重要な位置を占めるものですから、ここの部分にはもうちょっと凝って欲しかった。そうすれば、オススメ度がさらにアップすることでしょう。小さめの自転車ということもありますが、この自転車はちょっとお洒落な女性に是非乗っていただきたいですね。

2005年07月23日 (土)
■ Salt and Pepper

姫様の御召物今日の地震はびっくりしましたねぇ。その時間にはちょうどカミさんと姫様と近所を散歩していました。公園の木がわさわさと音を立てて揺れてましたし、公園の中を流れる川の水がちょっと溜まったところでは、底から泡がポコポコたくさん出てきていましたよ。大きな被害は無かったようですが、電車などが止まってしまったりと、多少の影響は出ているようですね。いつかは来るとは分っていても、こいつだけはご遠慮願いたいものです。

さて、写真は何だかよく分らないと思いますが、姫様の背中付近の拡大写真です。姫様のカラーは"Salt and Pepper"と言われているものですが、それって「塩と胡椒」ですよ!なんとも色気の無い名前とでも言いましょうか。まぁ、胡椒好きな私には合っている名前と思えば、それはそれで味わい深いものがありますね。シュナウザーは成長するにつれて毛の色がだんだんと白っぽくなってくるなどとよく言われます。姫様も白い毛が無くて黒っぽい毛ばかりの気がしていたのですが、トリミングして短い毛にしてみたら、白っぽいのも目に付くようになってきました(って、白髪かよ…って感じですが)。

この白い毛は、毛全体が白い色になっているのではなくて、一本の毛の中に色ムラがあって、白っぽかったり黒っぽかったりするようです。でも、写真のところの毛は短いので、それもよく分らなかったりしますけど。ま、ワタクシ的には胡椒が好きなので、あまり白っぽくならずに今くらいの方がいいかな…なんて思ってしまいます(何のコッチャ)。ところでですね、散歩の途中で耳にした大ニュース!なんと、うちのマンションって犬は2頭まで飼っていいのですと!じゃあ、早速2頭目を…と、行きたいところですが、ブラッシングとかが丁寧に出来なくなっちゃうのが悩みどころですね。まぁ、じっくり考えてみましょ。

2005年07月22日 (金)
■ みどりうに

栗の実が大きくなってきたここ数日、涼しい日が続いていて楽チンですね。夏生まれで夏好きの私でも、涼しいのは楽チンなので大歓迎です。でもね…暑い日が無いのは駄目ですよ。何たって夏なのですからね。相変わらず週末限定アルコールな日々が続いていますので、週末が暑いというのが理想ですねぇ…。と、思って週間天気予報を見てみると。あれ?何だか雲と傘の絵ばかりが見えますが。相変わらず天気の予想というのは難しいものですね。

先日見た栗の花(の雌花の方)は、もうこんなになってきました。あっという間に大きくなりますよね。まるで、余所のうちの子供のようです。これが美味しい栗になるには、あと3ヶ月くらいは掛かりますか。実は、栗も子供の時から好きなんですよねぇ。今と違って、たまにしか食べられない天津甘栗とか、取れたてを茹でて食べるのだとか、モンブランも大好きだし、マロングラッセも美味しいし、栗羊羹だって外せないし、小布施の栗落雁も味わい深いです。栗のお菓子って、たくさんありそうですよね。

で、これを見て思うのは、実は栗ではなくて海栗。ほ~ほ~、確かにウニは海の栗とも書きますから、これ見てウニのことを想像するのも変ではないわけですね。海にいるウニに、もしも緑色の種類がいたら、きっとこんな感じなのでしょう。ウニのシーズンというのは、今頃でしたっけね?以前は仕事で毎週のように行っていた北海道もご無沙汰になってしまいましたが、たまには出張で出かけてウニでもおいしく食べたいものですねぇ。もちろんおいしい栗も食べたいわけですけどね。

2005年07月21日 (木)
■ 自動車通学

スクールゾーンの表示今朝、姫様の散歩から帰ってくると、珍しく下の娘が起きていました。正確に言うと、自分のベッドからは出てきたけど和室でゴロゴロしていた。なぜかというと、今日から学校が夏休みになった代わりにラジオ体操がしばらくあるので、いつもより少し早く起きないと駄目ということらしい。この近所の小中学校は昨年度から二期制になったため、夏休み前に通信簿をもらって来ないのですよ。なので、私のような鈍感さだと、昨日のうちに気づかないわけです。

朝、会社に行く時は確かにいつもと景色が違っていました。学校に向かう小中学生の姿が無い。その代わりにいつもと反対方向に向かう小学生の姿が目立ちました。もしかして夏休み初日の朝っぱらから塾通い?そんなに塾ばっかり行ってて、いいことってあるのかなぁ…と、こっちは朝から要らぬ心配。子供の姿が少ないのはいいとして、車の量までいつもより少ないのですけど、これって何故?今日、たまたま少ないように感じただけかもしれないけれど、まさか自動車で子供の送り迎えをする人が多いなんてことは無いですよね。通勤路途上の小学校では自動車で送ってもらう子供の姿をよく見かけるけど、そんなのはごくごく一部の話ですよね…。

歩いて何時間もかかるようなところとか、遠くの私学に通っているなら別として、首都圏の人口の多い地域なら小中学校ってそんなに遠いところには無いでしょうに…。よほど特殊な事情でも無い限り、自動車で送って行ったりしては駄目ですよ。自動車に乗って行くことに対して、子供が意思をもって拒否なんかするわけないですから、やっぱり親の方がダメダメなのだということでしょうね。本当の親ならば、子供にとって何が大事なのかをきちんと示して教えて欲しいものですね。な~んて心配をしたところで、こんなことはあり得ない杞憂なんでしょうけどね。

2005年07月20日 (水)
■ 避暑地のフレンチトースト

フレンチトースト(今日の朝食)今朝は昨日とうってかわって涼しい朝でした。窓を開け放って寝たら、ちょっと寒いくらいでしたしね。例によって、横浜地方気象台の最低気温は摂氏23.5度だったとか。うう?たったそれぽっちの違いですか。もっと差があるように感じましたけど…。今朝のように気温が低めで湿度も低めの朝に散歩なんぞしていると、「気分は避暑地」といった感じでしょうか。そういえば、ひぐらしが鳴いているのも聞きましたしね。ますます避暑地気分満点ですよね。そう思って見れば、いつもの景色もどことなく違って見えてくる…というのはさすがに無理がありますか。

では、朝食にちょっと趣向を凝らしてフレンチトーストなどで避暑地気分を盛り上げてみましょう。な~んてことを考えたわけはなくて、たまたま今日の朝食がフレンチトーストだったというだけです。卵と牛乳が主役のこのパン…スキレットで綺麗に焼き上げます(もちろんカミさんが)。メイプルシロップをたっぷりかけていただきまーす!ほどよい甘さが何とも言えませんよね。元気がすぐに湧いてきそうで、実は昔っからフレンチトーストが好きだったりします。ところで、「フレンチトーストだ、フレンチトーストだ」と言ってて気づいたのですが、どうして「フレンチ」なのでしょう?

ちょこっと調べてみたのですが、「よく分っていない」というのが真相のようですね。そんなこと言ったらダッチオーブンの由来だって「よく分ってない」と書いてあるところもあるし…。ふと思ったのだけど、商売人なんかが「それっぽさ」を出すために、余所の国の名前を付けてみる…なんてあたりが真相だったりするのかもしれないですね。多少の嘘っぽさも「知らない国」の衣を纏えば「そういうのもあるかも」なんて思わせてしまう力を発揮するかもしれないし。などと思ったのは、今から20年以上も前のHOT DOGというスキー映画の中に出てくる「チャイニーズ・ダウンヒル」という「速けりゃ勝ち!」なスキー・レースが何故に「チャイニーズ」なのか?などと考えてしまったからなのですが。

2005年07月19日 (火)
■ 制服変更

BODY TECHドライメッシュ・ハーフジップT昨晩は暑かったですねー。梅雨明けしたと思ったら、いきなり熱帯夜ですよ。横浜地方気象台のデータでは、昨夜の21時から今朝の9時までの間での最低気温が摂氏25.4度だったそうです。でも待てよ…いつも横浜の繁華街の方から地下鉄で帰ってくると、駅から外に出たときに「やっぱりこっちはイナカだから涼しいなぁ(or 寒いなぁ)」などと感じるわけでして、ということはこの辺りは熱帯夜ではなかったということなのかな?でも、今朝も5時半に目が覚めた時には、Tシャツが汗でかなり濡れていたのですがねぇ。

私はどちらかと言えば汗をかく量が少なめな方だと思うのですが、それでも一時間も自転車に乗っていれば汗が出ないというわけには行きません。真冬だってうっすらと汗をかくほどですから、今の季節は推して知るべし…ですよね。なので、夏も冬も職場で過ごす洋服はバッグに詰めて背負っています。つまり、自転車に乗る時の格好は、仕事着とは別の専用のものを着ているわけです。この前の冬はズボンだけは同じものをはいていたのですが、おしりのところがすぐに擦れて白っぽくなってしまうので、今度の冬は兼用しないつもりです…ちと話が逸れました。専用のものなどと言っても、単に違うものを着るというだけですので、特別なものではありません。そう、得意のUNIQLO製のものです。

今回、自転車通勤用の「制服」として購入したのは、先日「スポーツを科学したウェア」として大々的に売り出した「BODY TECH」の一番フツウっぽいメッシュタイプというやつ。これのハーフジップ・タイプのものがuniqlo.comで値下げになっていたので、買ってみました。こいつのどこが「科学した」ところなのかと調べてみたら、「効率よく汗を逃がすための通気機能」と「接触冷感機能」が今までのドライ・ウェアに無い新しい機能みたいです。確かに汗をかいても寝ている時に着ていた綿のTシャツのようなベタつきはありませんね。見た目の感じも、以前のような「安かろう、ダサかろう」に比べるとだいぶ進化したのではないでしょうかね。綿Tシャツが持っている「ユルユル感」と肌ざわりは捨て難いのですが、自転車通勤の制服にはこちらの方が少しだけ勝っているようです。

2005年07月18日 (月)
■ 梅雨明け

姫様の定位置今日で三連休は終わり。明日からは元通りの生活ですね。みなさん、連休はどこかにお出かけしましたか?台風5号が来ているせいで八重山の方は大変なお天気になっているようですが、この辺りは昨日の朝方の雨を除けばずっとよいお天気でしたから、海の方なんてさぞ混雑したでしょうね。今日は朝の散歩の時間から「こりゃ、暑くなるぞ」というのがよく分りましたし、午前中から陽射しも強くてムシムシと暑かったです。風はあるものの、高温多湿で「爽やか」という言葉とは無縁の風ですね。もう、温暖湿潤気候バンザイって感じ(?)ですよ。

この感じだともういいかげんに「梅雨明け」の発表があるだろうと思っていたら、やっと出ました…梅雨明けしたと「みられる」と気象庁が今日の午前10時に発表したというニュース。関東甲信、東海、近畿、中国の各地方で、一気に梅雨が明けて夏に突入です。昨年より5日遅く、平年よりも2日早いということですが、心配の降水量の方はどうだったのでしょう。最近は「渇水だ、渇水だ」とあまり言ってなかったように思うので、国土交通省の川の防災情報のページを見て確認してみました。それによると、7月の降水でだいぶ回復したところが多かったようです。だいぶ回復したとは言っても、限りあるものですから水は大切に使いましょう。あ~、でも暑いので、外のプールに入りたいなぁ。

我が家はリビングが南東向きなので、午後2時にでもなれば日光が射し込まなくなって、暑さが少し和らぎます。これが西向きの家だと、今の時間から日光に照りつけられるわけですから、大変ですね。今のところ、今日の横浜の最高気温は13時に記録した摂氏31.2度だそうです。今日くらいの風(4~6m/sってところ?)が吹いていれば、家中の窓を開け放って風の通り道にいると、夏らしさを味わいながらいい感じに過ごせますね。カミさんに言わせれば、私は「じっとしてるから」耐えられるのだ…ということです。だって、腰痛がねぇ…。写真は姫様の定位置なのですが、ここって風が澱むところだから暑いはずなんだけどなぁ。風の通り道に出してやってもいつの間にかここに来てしまう。で、暑いのでハァハァしてるのです。ちょっとおバカ。でもカワイイ。

2005年07月17日 (日)
■ チーズリゾット

今日の夕食みなさまにはご心配をお掛けしましたが、大人しくしていたお陰で腰の方はだいぶよくなってきました。明日も休みですから、気をつけて静かにしていればほとんど元通りになりそうです。いや、ホントに今週末が三連休でよかったですよ。今日の午後から夜にかけて、上の娘は友達と遊びに行くことにしたようですし、下の娘はカミさんの実家で「お姫様生活」((C) 本人)を送っているでしょうから、予定どおり(?)、私とカミさんと姫様が取り残された感じになってしまいました。

天気も悪くないですし、腰の調子も上向きですから、黙って家の中にいるのもだんだんと辛くなってきました。ということで、これまた予定どおり(?)私とカミさんと姫様で南町田のグランベリーモールまで遊びに行ってきました。しかし、さすがに休日は混んでますね。犬もた~くさんいましたし。シュナ君たちにも何頭か会いましたよ。今日、グランベリーモールに出かけたのは、姫様のライフジャケットを見るためだったのですが、残念ながら大きいサイズのものしかありませんでした。なので、姫様に似合う色だけをチェックして終わり。結局、食材を多少調達して帰ってきたのでした。

今日の夕食はカミさんと二人きりでしたので、何を食べるのかも自由に決められます(いや、普段から自由に決められますが、4人だと量の問題もありますから、色々と制約が生じるという方が正しいかな)。今日は、カミさんが安い生ハムを見つけてきたので、それに合いそうな感じのものを…ということで、久々のチーズリゾットになりました。チーズはヨーロッパのお土産にいただいたパルミジャーノ・レッジャーノのブロックを必要量だけおろして使ってますので、それはそれはおいしいですよ。生ハムはルビー・グレープフルーツにまいて、それにサラダ、ロゼのスパークリングが今日の夕食でした。まぁ、たまには子供抜きの夕食というのもいいものですね。

2005年07月16日 (土)
■ グキッ

姫様お昼寝中今日から三連休ですね。天気はそれほどすっきりしないみたいですが、この辺りは雨は降らないようなので、外で遊ぶのもマル。しかし、上の娘が今日、明日と部活があるので、キャンプに行くわけにも行きません。なので、下の娘も明日からカミさんの実家に泊まりで遊びに行ってしまうのだと。う~む、つまらないからカミさんと姫様と一緒にどこかに遊びに行きますかね。グランベリー・モールでも行って、姫様のライフ・ジャケットでも買ってこようかな。シュナは水遊びが大好きなのだそうで、キャンプに行ったら川で思いっきり遊ばせるのだ。

三連休だし遊び気分マンマンなのだけど、うちでゴロゴロして終わってしまいそうです。というのも、実は木曜日に会社で腰を痛めてしまったのです。朝、会社の更衣室で着替えている時に、体を左に捻った状態で咳をしたらグキッと…。痛みがひどいというほどのことは無いのですが、何となく腰に違和感が。これってもしかしてギックリ腰の軽いやつ?こういう腰痛の経験は無いので、何ともよく分りません。昨日も一日中、何となくスッキリしない感じではいたのですが、とりあえず普通に生活できていました。ところが今朝のこと、洗濯物を干す手伝いのためにちょっと前かがみの姿勢になったら…さらに痛めてしまったようです。激痛ってことは無いのだけれど、知らず知らずのうちに姿勢を固定しちゃうような感じ。今日はカミさんの持ってるコルセットを無理やり装着して過ごしました(とてもお見せできない姿です)。

さきほど、カミさんと姫様と買い物に出かけたのだけれど、やはりイマイチ自由でない感じがつきまといますね。変な姿勢になるとやっぱり痛いし…。自転車のおかげで足腰はそこそこに鍛えられているつもりだったけど、一発の咳でこんなことになっちゃうなんて悲しいなぁ。会社の女性には「年寄りになってきた証拠ですよ~」なんてからかわれてしまうし。寝ているのがイチバンいいのだろうけど、そんな退屈なことずっと続けてられないし、座っている分には姿勢が固定されて問題なさそうなので、本読んでネットサーフィンでもしておとなしく過ごすことにします。考えようによっちゃあ、三連休だからゆっくり養生できるしね。一月後のキャンプ本番までには完治させなくては!

2005年07月15日 (金)
■ 夏休みの予定

いつものキャンプ場にて九州南部が梅雨明けした(とみられる)そうですね。平年よりも2日遅いとか。神奈川県の週間予報によれば、来週は晴れの日が多いようですから、この辺りもそろそろ梅雨明け間近なのかもしれません。いよいよ夏本番ですか!蝉の声が聞こえるようになって、より一層の夏らしさを演出してくれるでしょうね。ミーンミンミン…♪真夏の暑い時期になったら、晩酌をちょいと解禁しようかなぁ(実は、今週はちと解禁ぎみでしたが…)。夕方になったら、茹だったばかりのアツアツ枝豆に冷えたビールをもって縁側へ。いつの間にかキレイな夕焼けになったねぇなんて言ってると、どこからともなく風鈴の音がチリンチリン♪…などと空想に浸ってみます。

今週は久しぶりに帰りが遅目の日が多かったのですが、今日は残照の中を帰って来ることができました。遅い時間だとガラガラに空いている道路も、今日みたいな早い時刻だと滅茶苦茶混んでますよ。よほど狭い道路でなければ自転車にとって自動車の渋滞は何の関係もありませんし、それどころか自転車の方がはるかに速いです。自転車の方が速くて申し訳ありませんね~。しかし、早い時間で困ったことがひとつ。蚊みたいな虫が半端でなく多いのですよ。おまけに蚊柱みたいなのまであちこちにあるし。あらかじめ見えれば避けようもあるのですが、そこまでは見えない程度の暗さになってくると蚊柱に突っ込んで初めてわかる…ということになります。ハァハァ言いながら走るのはご法度ですね。

さて、小中学生はいよいよ夏休みがカウントダウン状態になりました。夏休みになったら「何をして遊ぼうか」とか「どこに行けるかな」とか、頭の中がすでに夏休み一色になっているはず。夏休みの宿題も休み明け前に終了するような予定だけは出来ているはずですが、何故かこの予定だけは守れない。一方、大人の夏休みはどうでしょう?予定は立てましたか?遊びに行く場所は決めましたか?我が家の場合、例年ですと妙高高原へキャンプに出かけるのですが、今年はいつも行っている道志に行くことにしました。姫様がキャンプ・デビューなので、まずは行き慣れた場所(妙高もかなり行き慣れてるけど)にしましょうということになったのです。目下の楽しみは川遊びがちゃんとできるようになるか…なのですが、どうなりますかね。

2005年07月14日 (木)
■ ヘクソカズラ

屁糞蔓の花今日も雨…。昨日のような霧雨ではあるのだけれど、姫様の散歩は中止にします。雨降りなど関係なくお散歩に出かける犬もいるみたいですが、姫様もそのうち天候に関係なく散歩に行くようになるのかなぁ。会社に出かける頃になっても、降ってるような降ってないようなで、はっきりしない天気です。しかし、今日は時間が経過するにつれ、降水確率も低下して行くので、今日もまた自転車で出社。降っている量は大したことないのだけれど、道路は完全に濡れているので、今日はゆっくりした速度で歩道走行をメインにしました。ついでに、いつもとは全く違う道を選んでみたりして。キョロキョロしてたこともあるけど、とにかくゆっくり走っていたら会社に到着するのに1時間半も掛かってしまった…遅っ!

先日買った野の花図鑑をパラパラと眺めていて、「へ~、こんな花が咲くんだ」と思っていたのが、写真の花…。これが物凄い名前で「屁糞蔓(ヘクソカズラ)」と言うのだそうな。蔓というのは、つる性植物の総称だからいいとして、屁糞とは一体どういうことよ?と思ってしまいますよね。この名前は、図鑑を見るよりも前から知り合いに聞いて知っていたのですが、その時は図鑑などには載っていない俗称だとばかり思っていました。でも、この名前のまま図鑑に載っていたのでちょっとびっくり。図鑑の解説によれば、葉や茎をもむと強烈な悪臭が出ることが、その名前の由来なのだそうです。「どんな物凄い臭いが?」と恐る恐る、半分ワクワクしながら葉を一枚取って千切って鼻に近づけてみます。ん?青臭さは強いと思うけど、屁とか糞とまで言い切るのはちょっと可哀想な気がする程度の臭いです。ドクダミとかと違って、手に残る臭いも無いような感じ。こんな可愛いらしい花が咲くのに、ちょっと可哀想な名前ですよね。

「名は体を表す」といいます。その通りだという意見もあれば、そうではないという意見もあるでしょう。ですが、いずれにしても名と体には深い結び付きがあることには間違いなく、好むと好まざるにかかわらず、両者は結び付けられて組で扱われることになるのです。そんなことを考えると、子供の名前などは本人にもまわりのみんなにも好かれるような名前を選んであげたいものですね。もちろん、名付け親である自分も好きなものを…。幸い我が家の子供たちは自分の名前を気に入ってくれているので、親としては嬉しい限りです。姫様の名前はブリーダーさんが付けてくれていたものなのだけど、我が家のみんなが気に入った名前なので、それもまた嬉しい限り。名前と言えば、だいぶ前に「名前に問題あり」ということで、出生届を役所が受理しない事件がありましたね…。親が考え抜いて名付けたものなのだから、それを役所というか役人がとやかく言うこともないと思うけど、自分の親ではなくてよかったなとは思いますね。ちなみに屁糞蔓…別名にサオトメカズラ(と、ヤイトバナ)という可愛らしい名前もあるそうです。ちょっとだけよかったね。

2005年07月13日 (水)
■ ムダ毛お手入れ

厚刃1枚刃カミソリ先週末は夏を思わせるような陽気だったのに、今日あたりは梅雨空に逆戻りして気温も低かったですね。昨夜の時点でだいぶ涼しかったので、窓を閉めて寝たのですが、問題ないどころかそれでも涼しかったくらい。今朝の散歩の時点ではちょっとばかり雨が降りそうな感じだったですが、とりあえずは降っていなかったので自転車で出かけるつもりで用意も済ませました。で、いざ家を出ようとしたら…霧雨が降っているではありませんか。「今から着替えるのも面倒だからいいや」と、そのまま出ましたが、例によって会社に近づくと天気がどんどん下り坂…。先週の悪夢の再来かと一瞬嫌な感じはしましたが、何とか大丈夫でした。したたらない程度にはシットリしちゃいましたけどね。

ちょっと物騒な写真でごめんなさい。暑い時期になってくると、電車の車内吊り広告などで「Vゾーンのムダ毛お手入れはコレでバッチリ!」なんていう感じのものを見かけたりしますよね。私が読むこともない女性誌の広告ではありますが、「最近の話題は何かいな?」なんて見ていると、一緒に目に飛び込んできてしまうわけです。知らない人も多いかと思いますが、ロードレースという自転車の競技にちょっとでも興味があったりする人もムダ毛のお手入れが気になってくるのがこの季節。もちろん、女性のように「デリケートなVゾーン」が気になるわけではなくて、脚の毛…主にスネ毛がお手入れの対象になるわけです。そこで登場するのが写真のカミソリです。これは「ヒゲの濃い方用」として売られているもの。100円ショップで2個入りで売られていました。

何故、自転車乗りにスネ毛が敵視されるのか?選手のレベルになると、マッサージの時に邪魔なのだ等々色々と言われていますが、実際のところは私には分りません。ただ、自転車選手でもない私のような者にとって、スネ毛のお手入れをする理由というのは、「選手みたいでカッコいい」というところではないでしょうか。マッサージなんてしませんしね…。ですが、実際にスネ毛を剃ってみて分る効能…それは「涼しいこと」なのです。余程毛深い人でもなければそんなこと…と思うかもしれませんが、さほど毛深く無い私でも十分に涼しさを体感できます。もちろん、涼しいことだけが動機ではなくて、「カッコいい」と思うところが真の理由らしかったりしますけどね。ところで、ツルツルの脛をしている若者を最近見かけることが多いのですが、彼らも自転車選手に憧れているのでしょうか。それほどに自転車競技がメジャーになっている感じはしないのですが…。

2005年07月12日 (火)
■ 潜水艦を操舵せよ!

ミツワモデル ラジコン潜水艦今日はかみさんがお出かけなので、休暇をとって姫様とお留守番なのでした。姫様もお出かけであれば自転車にでも乗って私も出かけたいところですが、買っただけで目を通せていない雑誌もあるので、今日は姫様と一緒に家の中でまったりと過ごすことにしましょう。しかし、姫様はよく寝るなぁ。時々起きてきてはボールで遊んだりしているけど、そのうちに飽きてその辺に横になっていると、いつのまにかウトウトして眠ってしまう。それを見ている私も眠くなってしまいそう…。もう少しすると、学校が終わった子供たちの元気な声が聞こえてきて、ウトウトどころじゃなくなっちゃうね。

ラジコンっていうおもちゃ(と言っていいのかな)がありますよね。そう、Radio Controlのこと…無線で操縦できる、車とか飛行機とか、そういうやつね。今や小さな子供のおもちゃもラジコン化しているけれど、私が子供の頃はリモコンと呼んでいた有線式のものの方が多かったような気がします。ラジコンそのものが少なくて、かつ高価なものであったということも、持ってる子供が少なかった理由のひとつでしょう。もちろん、私も自分のものを持っていたはずもなく、友人の自動車でちょこっと遊ばせてもらうのがいいところでした(そりゃ楽しかったですよ)。結局、大きくなっても自分でラジコンを買って遊ぶほどにはならなかったけど、ラジコンに対しては今でも何となく「特別なおもちゃ」という印象が強いです。

で、今月号のBE-PALに綴じられていた通販カタログを見ていたら、出てきましたよ写真のラジコン。ミツワモデル製の潜水艦のラジコンです。何たって潜水艦ですよ!非日常な感じ満点と言いましょうか、潜水艦の実物なんてあまりお目にかからないですし、ましてや水中で動いているところを実際に目にすることなんて普通は無いでしょう。そんな非日常を自分の手で操舵できると来た。手のひらサイズの小ささながら、動きがなかなか本格的らしいです。本格的な動きが楽しめるとは言っても、そこら辺の池で遊んだのではどう動いているのかサッパリ分らないであろうところも、万人向けで無い感じが漂ってます。これはもう、水遊び好きなあの方にぜひ操舵していただくしかありませんね。

2005年07月11日 (月)
■ ひまわり

太陽に向くひまわり昨日は昼間が夏だっただけでなく、夜も蒸し蒸ししてましたね。一体何度くらいあったのかと、昨夜から今朝にかけての気温の推移(ただし、横浜地方気象台のデータ)を調べてみたら、摂氏25度以上がずっと続いていました。一瞬だけ今朝の5時のデータが摂氏24度台(それでも24.7度)になっていたので、「この一瞬で熱帯夜扱いにならないのか…」と残念に(?)思ってしまいました…って、5時と言えば今日の起床時刻ではありませんか。姫様との朝の散歩の最中に見かけたサラリーマン諸氏もぐったりした顔が多かったです。まだまだ夏はこれからですよ。

今日は一日天気がよいとの予報でしたので、もちろんのことですが自転車です。私は夏生まれで基本的には暑さには強いわけです。なので、「暑くてもうダメ…」なんてことはこれっぽっちも無いのですが、そうはいってもさすがに「暑くなってきたな~」と感じるようになってきました。暑さを感じる要素というのは、気温が高いということがもちろんイチバンの要素なのですが、聞こえてくる音だとか、目に見えるものなどによって「より一層夏が感じられる」ということはあります。暑さに弱い人にとっては、傷口に塩でも塗るような感じがするのでしょうかね。

熱帯夜が連続するくらいになると、さすがに私もぐったりしてしまいますが、私にとっては「音の夏」も「目の夏」もどちらも結構心地よいものがあったりします。「うひょ~、これは夏だ~、暑いぞ~」と感じるものがあれば、「こりゃ仕事上がりのビールが美味そうだ♪」というワンパターンな思考回路にスイッチが入って楽しい気分になってきたりする便利な脳みそなのです。今日の夏を感じた音とモノ。田圃のまわりの草地から聞こえてくるバッタの鳴き声、それに元気に咲くひまわりの花!ひまわりの花もよく観察すると、元気なヤツ、くたびれているヤツ、若いの、年寄りの…と、人間でも観察しているようで面白いです。やっぱり私としては、こいつのように太陽に顔を向けて咲く元気なやつがひまわりっぽくて一番好きですね。

2005年07月10日 (日)
■ キレイサッパリ

姫様おめかし後今日は暑かったですね~って、今も暑いですが。暑いとはいっても、今日の横浜の最高気温は摂氏30.2度とのことでした。「え~っ!真夏になったらどうしよう…。」と、咄嗟に考えてしまう程の「数字の上ではそこまで暑くない」一日でしたね。今日は逗子の方に行ったのですが、海の方はもっと暑かったように感じましたね。陽射しがとてもきつかったもの。海にはダイビングの練習をやっている初心者ダイバーがいるわ、たくさんのサーファーが波を待っているわで、すっかり夏の景色になっていました。

金曜日に姫様のトリミングに失敗してしまったということは昨日書いたとおりですが、ボサボサを解消するというのよりもむしろ暑い日をいかに涼しく過ごすかを考えてのトリミングのつもりだったのです。なので、もうすぐ連日が暑い日になる(現に今日は暑かったわけだし…)前には短くすっきり切らなければなりません。結局、姫を育ててくれたブリーダーさんのところに行って切ってもらうことにしました。ということで、今日は湘南国際村の方に行ってきたわけです。

というわけで、「御髪上げ(みぐしあげ)」後の姿がコレ。何ともまぁ、ゴージャスな感じというか、ずいぶんとお姉さんになった感じですよ。モコモコの姿はぬいぐるみみたいでとってもかわいかったのですが、シュナ・カットもやっぱり似合いますね。おなかの方と足にはちょっと長めに毛が残してあって、女の子らしい感じになっています。また、この写真からは分りませんが、姫様は顔が細面なので正面顔もとっても美人さんなのですよ(かなり親バカ)。お散歩に出かけたら、お友達のみんなはびっくりしちゃうかな?

2005年07月09日 (土)
■ 歩け歩け

姫様歩く歩く今朝はプチ寝坊で6時起床…って、寝坊とは言わないか。ほんの少しだけど雨が降っていたので、朝の散歩は無しにしました。あれ、姫様は昨日キレイになっているはずなのに、以前と変わらぬボサボサぶりではありませんか…。実は昨日のメインは歯石取りであって、トリミングはついでにするということだったのです。姫様は用心深い性格(悪く言えば臆病)なのですが、それだけではなくて(秘密ですけど)実は頑固なのです。昨日は出張トリマーさんの到着が遅れてしまい、気が急いていたのもあるのでしょうが、あまり好きでないらしい(←姫様に聞かないと分らないけど)爪きりを急に始められちゃったのが失敗だったそう。普段はおとなしいシャンプーも嫌がってしょうがなかったとか。

結局、トリミングは時間の関係から無しになってしまったので、「姫様全然変わってないのですが…」ということになってしまったのです。まぁ、一番の目的の歯石取りの方は何とか無事に済んだそうなのでよしとしましょう。しかし、姫様がかなり抵抗して大変だったことに対して、「そういう言い方しなくてもいいんじゃないの?」というようなことを色々と言われたそうで、カミさんはかなり憤慨してました。姫様もよほど嫌だったのか、目が充血しちゃってかわいそう。疲れすぎてしまったのか、昨日の夜は何となく元気がないみたいでした…。爪きりくらい自分でできるようになろうと、先日ペットフォレストで買ってきたのだけれど、姫様やらせてくれるかなぁ。

嫌なことは一晩寝れば忘れられる?朝になったら目の充血もすっかりおさまり、いつもの姫様に戻っているようでした。よかった。朝ご飯の頃には雨もあがって地面も乾いてきましたし、陽射しが無くて涼しいので今日はご飯の後にお散歩へ。最近、少しずつ散歩の距離が伸びて来たので、今日は試しに嫌になるまで歩かせてみようと思いました。最初の頃と違って、歩く速度がダントツに速くなってきましたね。私が早歩きしても大丈夫なくらいです。それに驚いたことに、今日はいつまでも歩きます。溜まったストレスを散歩にぶつけて…なんてこともないでしょうが、今までの姫様からは考えられないような長距離。途中でひと休みしたものの、たぶん4km近く歩いたのではないでしょうか。やっと散歩も好きになってきたみたいです。これもよかった。

2005年07月08日 (金)
■ 水もしたたる…

雨で濡れてしまった家を出た時と目的地とで「天気が全然違うじゃない!」という経験はありませんか。距離的に遠くに行ったのであればまだしも、天気予報上のエリアとしては一緒の場所なのに、天気が違うという経験はありませんか。私の住む神奈川県の場合、天気予報でのエリアは「神奈川県東部」と「神奈川県西部」に別れるでしょうか。東部に分類されるのは、神奈川県の中央部を流れる相模川より東側(単純だなぁ)で、相模川のあちら側(私は東側に住んでいる)が西部に分類されると思えばいいと思います。地形的な特徴を述べれば、東側は割りと平坦な地形が広がり、西側は丹沢山塊や箱根に代表される山岳地帯と言えると思います。

私の家も職場も、天気予報の上では両方とも神奈川県東部に分類されると思います。つまり、同じ予報を見ればOKということ。しかし…何故か実際の天候が異なることが多いのです。どのように異なるのか。私の家の近辺は天気がいいのに、会社の近くに行くと天気が悪い…この組み合わせが殆どなのです。これとは逆にうちの近所の天気が悪くて会社の近所がいい天気…これは稀。おそらく、前者対後者は、9:1くらいの割合なのではないかな。それくらい、いつものことになると、「会社の方がきっと天気が悪いからなぁ」という予想を無意識のうちに立ててしまうようになります。今日ももちろんそうでした。でも、朝のうちはせいぜい霧雨程度かなと思っていたのです。

今日の18時以降の降水確率は50%だったので、自転車に乗って行けば降られるだろうと思いました。でも、週末だし自転車に乗って行く方を選んだのです。ところがっ、朝の時点で既に予想違い…会社に近づくほどに天候が徐々に悪くなってきます。朝はたいして降らないだろうし、降ったとしてもせいぜい霧雨だろうと思っていたのに、会社に近づくほどに降りが強くなってきました。最後はもう「これって土砂降り?」というほどにザーザー降り。予想もしない降りに、会社についた頃にはパンツまで濡れてしまってましたよ。さすがにパンツの予備を持っていなかったので、濡れパンツの上にズボンを穿いたりして。ちょ~っと冷たいけど我慢するしかありませんよね。雨に降られたおかげで「水もしたたるいい男」になれたでしょうか…って、それって若さの表現であるわけでしょ。つ~ことは、用法間違ってますよ!

2005年07月07日 (木)
■ 姫様御髪上げ前

姫様ボサボサ自転車人の多くは天気予報に敏感です。中には天候などを全く気にもとめない人がいるけれど、多くの人は雨降りの予報を聞けば「じゃあ止めようかな」と思ったりします。私も天気が気になるひとり。真冬の頃は結構無頓着でいられるのだけれど、さすがに今の梅雨の時期は降水確率とにらめっこです。今朝見た予報だと、12時から18時の間が50%で18時以降が30%でした。私の場合、電車にするか…と思う境界がだいたい30~40%くらいです。今日の場合は18時以降が問題なしだったので、迷わず自転車…やたっ。予報どおり夕方は凄い降りになったし、おまけに落雷が結構あったみたい。会社近辺では停電が発生しました。帰りはこれまた予報どおりに雨が止んで、少し涼しくなったところを帰ってこられました。雷が鳴ったということは、梅雨明け近しということなのでしょうかね。

さてさて、姫様が来てそろそろ一月半が経過したでしょうか。だいぶ「おぐし」も伸びてきて、わが家に来たばかりの時に比べると、かなりボサボサな感じになってきました。ブラシで手入れをしていても、すぐに毛玉はできちゃうし、なんとな~く見た目もボロくなってきた感じ…。なので、そろそろキレイにしてあげますか…という話になってます。というか、実はそれが明日に予定されているらしいのです!もう明日のことなのに、どんなふうにカットしようかということが全く決まっていないのです…。相変わらずわが家らしい「行きあたりばったり」炸裂です。姫様はミニチュア・シュナウザーです。ドイツの犬です。Schnauzerと書くから、ドイツ語読みすればシュナウツァーとなり、「口髭」という意味があります。シュナウザーを知らない人にも「口髭があって爺さんか仙人みたいな犬(姫様スミマセンっ)」というと、だいたいイメージがわくようです。

そんなシュナウザーの特徴である口髭をばっさりと切ってしまうようなことは、私としてはしたくない。姫様は生まれてから一度も体にバリカンを当てられておらず、全て鋏だけでカットしてもらってきたそうです。なので、キレイにブラッシングしてあげると本当にフワフワなぬいぐるみのようになるのですが、これから暑くなることと、来月はキャンプ犬としてのデビューも控えていますので、カミさんも「少し短くしてあげよう」と決意したみたい。となると、口髭だけ長いのもちょっと変かも…というのが悩みどころなのですよね。シュナウザーなんだから、一回くらいはショードッグのようなカットにしてみようかと思ったり、それじゃあちょっと怖い感じになっちゃうかもよと心配してみたり…ああ、悩みは尽きず。さて、「御髪上げ(みぐしあげ)」後は一体どんなふうになりますやら。

2005年07月06日 (水)
■ あざみ野経由喜多方行き

東武鉄道の路線図(部分)昨日の帰りは早めだったので、雨の降りは弱いうちに帰宅できました。家についた直後にザーッ…ふー助かったって感じ。今朝は少々降っていたので、昨日のことを思い出して電車にしました。ですが、今日は失敗。雨なんて朝のうちの一瞬だけだったじゃないですか。まぁ、こういうこともあるのは仕方ないですね。電車だと一日あたり800円掛かるので、何となく「もったいない」気がしてしまうのですが、それも仕方ない。しかし、ここ13日の間に4日しか自転車通勤が無いのはいかんです。体が鈍ってしまう…ということで、今朝はひとつ隣の駅まで歩いてみました。会社まで自転車に比べれば、隣の駅までの徒歩なんてたかが知れているのですが、意外と汗をかくものです。きっと、自転車に比べると風が当たらないからなのでしょうね。

というわけで、今日は電車通勤。電車通勤時にお世話になる電車は、横浜市営地下鉄と東急田園都市線です。東京メトロ半蔵門線と東部鉄道伊勢崎線が直通したことにより、2003年3月から私の利用範囲にも東部鉄道の車両が乗り入れてくるようになりました。相互乗り入れがあるとは言え、東武鉄道の沿線は行動範囲ではありませんので、車内広告などもちょっと感じが違って面白いです。中でも「非日常」を感じられるのが、電車の路線図です。今日はたまたま東武鉄道の車両に乗りましたので、路線図を見てみると…東部鉄道ではなくて、やはり他社路線の部分ではあるのですが、何と路線図の端に喜多方の文字が。喜多方って、あの喜多方ラーメンのところですよね。JRの巨大な路線図ならともかく、私鉄の小さいサイズのやつですよ。何て遠くまで載っているのだ!

今日は会社に行きたくないから、喜多方に行ってラーメンでも食いに行くかな…なんて大胆なことができてしまうということなのですね。いや、本当に行こうと思ったらこの路線じゃなくても行けるわけですけど。喜多方には二度ほど行ったことがあります。一度目は上の娘が生まれるちょっと前、二度目は下の娘が幼稚園に入った後だったような気がします。二度目の時は長野から仙台へ行く時の通過点だったのですが、白布峠から白布温泉への下りで車のブレーキが効かなくなったっけ。もちろん二回とも喜多方ラーメンを食べました。東京あたりに行けば、いわゆる「ご当地ラーメン」だってどこの何だって食べられるような時代ですが、やはりその土地の雰囲気と共に味わうのが一番の贅沢ですよね。何だか北の方へ行ってみたくなりました。

2005年07月05日 (火)
■ おやき

いろは堂のおやき今朝起きると携帯にTBが付いたとの知らせが入ってました。リンクをたどると「プチ肥満サラリーマンの皆さんお元気ですかぁ?」と来た。どうも、「サラリーマン」と「肥満」で検索した結果、引っかかったここにTB爆撃してきたらしいです。そりゃ、私も腹回りに多少のゆとり(?)はあるけどさ。どうも、自分のところのアクセスを上げるためにTBを打ちまくっているようで感じの悪い、内容も好きでないblogだったので、先方にコメントなど入れずに削除しちゃいました。TBの仕組み自体は素晴らしいと思うけど、変な活用の仕方をしている人が多いように感じますね。今後も変なところからTBされたら容赦なく削除します。感じの悪い人の広告塔になる気はないですからね。なんて、朝から気分を害してしまったけど、今日は自転車で行けたので概ねマル。

さて、話題を変えて、今日は「おやき」の話です。おやきというのは食べ物で、知らない人に誤解を恐れずに説明するとすれば、「甘くないまんじゅう」というのが、遠からず近からず…というところではないでしょうか(甘いのもあるのですが…)。信州を代表する郷土食として紹介されることが多いと思いますが、私が思うに恐らく北信エリアが発祥の食べ物だと推測するのです…真相やいかに。郷土食とは言っても家庭の数だけ味があると言われるように、粉の練り方、具の種類と味付け、それに焼き方それぞれが微妙に違ったりするようです。私がおやきに最初に出会ったのは、学生の頃にスキーに行っていた頃のことだと思います。当時食べたものは、おそらく「蒸し上げ」と呼ばれる方法で作られたもので、本当に「でかいまんじゅう」といった風情の白っぽいものでした。

それはそれでまぁ美味しかったのですが、ずっと後になって写真のおやきに出会ったのです。長野市と白馬村の中間地点にある鬼無里(「きなさ」と読みます。ステキな名前でしょ。)というところを通った時に、たまたま見かけたお店で食べたのです。そのお店はいろは堂という名前なのですが、今ではかなり有名になっていると思うので、知っている人も多いかもしれません。ここのおやきは、おやきの名に恥じぬようしっかりと焼いたもので、その香ばしさが特徴です。ひと口食べて大ファンになってしまいました。具(写真は野沢菜)も色々と用意されているのですが、旬のものを使った「期間限定品」がやっぱり美味しいですね。メールオーダーのページを見ていたら、また「舞茸」が食べたくなってしまいました。

2005年07月04日 (月)
■ 水溜りの想いで

水溜りに雨の輪昨日の夕方から予報どおり雨が降りました。今日も一日雨降りということで、「電車通勤」「月曜日の朝」と、会社に行くのが嫌になる要素が2つもできてしまいましたよ。週末はゆっくりしたはずなのに、何となく体もだるい感じがして、ますます会社に行くのが億劫になってしまいます。こんな日は、ゆっくり出かけるに限るとばかり、上の娘と下の娘を見送ってから家を出ます。こういうときは、遅刻というシステムが存在しない職場に感謝です。とはいっても、普段に比べてせいぜい30分くらい遅いという程度ですがね…十分遅いかな。

それほど急ぐ必要も無いわけですから、朝っぱらから寄り道…気分が乗らない日はコレに限ります。寄り道とはいっても何らかの目的があるわけではなくて、単に水溜りに雨粒がつくる模様をボケーッと観察したりしているだけですが。水溜りを見ていたら、小さい頃の失敗を思い出しました。小さい頃、雨の日は長靴を履いてわざわざ水溜りの中を歩いたものです。大きい水溜りになればなるほど、わくわくしたものです。ある時、側溝を流れる水の中を歩いていました。長靴の高さスレスレの深さがあり、スリル満点でした。ところが、少し行くと急に地面が無くなった感じがして、股のあたりまで一気に水没。蓋のようなものが外れた深い部分があったのですが、水が濁っていたので気づかなかったのです。もちろん、こっぴどく叱られました。

そんな楽しみはいつしか無くなってしまいましたが、雨降りの日を楽しめるくらいの気持ちと時間のゆとりが欲しいですね。一度やってみたいのが、雨降りの日をわざと狙って行くキャンプ。タープの下に陣取って、やさしく降る雨(←コレ重要!)をぼんやりと見て観察するのです。暑くもなく寒くもない今ごろがよさそう。小さな焚火をたいて、コーヒーを飲んで、一枚の布に全幅の信頼をおいて雨を眺めて過ごすのです。雨を狙って行ってるのだから、「雨が降っていやだな~」なんて、これっぽっちも思わないはず。問題があるとすれば、そんなキャンプにはきっと誰も行きたがらないこと。あと5年もすれば、みんなキャンプは卒業しちゃって一人で行けたりしないかな。

2005年07月03日 (日)
■ THE WAVE IS FOREVER

UNIQLOのTシャツと帽子今日も昨日に引き続き「まったりな一日」でした。 子供らにも今日はダラダラするよと宣言しておいたので、みんなその気(?)な一日でした。そうは言ってもわが家の毎日は姫様の早朝散歩で始まるので、一日は長いわけです。今日の散歩当番は上の娘に任せてしまいましたが、帰ってきた後の足洗いは私の役割です。その後のブラッシングも私の役割。姫様は結構毛足が長いので、放っておくとスグに毛玉ができてしまいます。それを解くのは、面倒ではあるのですが、キレイになるのは気持ちいいものです。

まったりDAYとはいっても、それほど寝坊をしているわけではないので、いろいろなことをする時間があるわけです。子供の数学系の勉強を監視したり、部屋の片付けを監視したりと子供のことを少し面倒見るのも大事なことではあります。昨日、自分のblogページを少しいじくって写真を入れてみたところ、色の感じがちょっと合わない感じになってしまったため、他の個所の色も写真に合わせてちょこっと調整してみたり(変じゃないですか?)。cssも昨日今日と見ていたら、だいぶ感じが分ってきたので、時々写真を変えて雰囲気を変えたりするかもしれません。

そうこうしているうちに夕方近くになってきました。子供らはDVDを借りて見たいというし、カミさんはユニクロに行って洋服を買いたいというので、ちょこっとだけお出かけです。ユニクロでは注目の「BODY TECH」に欲しい黒色が無かったので、その代わりにこんなのを買ってきました。ニューヨーク在住のジャマイカ生まれのカメラマン…ナイジェル・スコットが監督したショート・フィルム「THE WAVE IS FOREVER」をテーマにしたコレクションだそうです。ここ最近ずっと、サーフィンに惹かれるものがあるので、一連の商品群を見たときにビビッと来てしまいました。ユニクロならではの低価格も嬉しい限りですね。残念ながら会社に行く時にTシャツは着られないので、来週末を楽しみにしておきます。あ~、海に行きたいなぁ。

2005年07月02日 (土)
■ ケメックス

ケメックスのコーヒーメーカー今日は梅雨の中休み。気温もそれほど上がらずに、湿度も昨日までよりもずっと低目で結構快適でしたね。朝は珍しく娘が起きてこなかったので、私ひとりで姫様とお散歩しました。カミさんのお友達に鍛えられて、姫様もずいぶんとたくさん歩くようになったよと聞かされていたもので、いつもよりずっとずっと遠くまで行ってみました。確かに今までよりも活発に歩いている気がしなくもありません。でも、一気に欲張ってしまったら、やっぱり疲れてしまったみたい。結局、今までの2倍を歩いたかどうか…という程度だったでしょうかね。

今日は、特に出かける用事等もなかったので、一日うちでゆっくりと過ごすことができました。娘たちの方がそれぞれ出かけたりして、午後は私とカミさんと姫様だけだったので、とても静かで余計にゆっくりできた感じがあります。ゆっくり出来たからというわけではないですが、コーヒーもたくさん淹れてゆるゆると飲んでみたりして。みなさんはいわゆるティータイムには何を飲むでしょうか。私はコーヒー党なので、コーヒーを飲むことが多いですね。コーヒー党などと言っても、これにはあまり拘りは無くて、この豆じゃないとダメだ…なんてことはありません。でもね、そうは言っても時間のある時にはインスタントはご遠慮願いますかね。

そこそこ量を飲みますので、豆はあらかじめ挽いてもらっています。で、肝心の淹れ方はペーパードリップです。ペーパードリップは、手軽に淹れられるというのが美点でしょう。手軽とは言ってもおいしい一杯を淹れようとすると結構奥が深いものがありそうですよね。ま、難しいことは考えずにサッと淹れてガブガブと飲みましょう。ドリップの相棒は、ケメックスのコーヒーメーカーです。これ、結構有名ですから見たことのある人は多いと思いますが、1941年(!)にMoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネント・コレクションに選ばれたということを知る人は少ないかもしれません。それどころか、これが化学室生まれらしい…などと聞くと、理系育ちの私には急に親しみを感じるものになるから不思議ですよね。