14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2005年11月30日 (水)
■ さよならアバランチ

1997年製 GT avalanche今日で11月が終わりです。今月を振り返ってみると、驚いたことに飲み会のあった22日以外は全て自転車に乗って会社に行ってました。今月は全部で20日間会社に行ったわけだから、19÷20=0.95ということで、実にジテツー率が95%にも達したわけです。我ながら、この数字にはちょっとばかりびっくりしました。しかし、ここまで来るとちょっと惜しいことをしたなぁという気になってしまいますね。だって、唯一電車通勤だった22日もいい天気だったもの。飲み会さえなければ、今月は100%だったのですよね‥。なかなかこういうチャンスは無いので、惜しかったなぁと。

その自転車通勤の相棒である自転車は、GTのアバランチ(avalanche)という名前のMTBです。アバランチって「雪崩」という意味ですが、どうにも米国人のセンスっちゅ~ものはよくわからんのです。1997年の春に買ったもので、消費税抜きの価格が112500円でした。今から考えると、当時としては随分と奮発したものだなという感じですね。その頃はまだサスペンションなどというものは高嶺の花ですから、前後サスなしの「フルリジッド」と呼ばれるタイプです。よく言えば、シンプルな造り。そんなアバランチ君ともサヨナラする時が近づいてきました。

その理由は、もうすぐ新しい違う自転車がやって来るからなのです。壊れちゃったから‥などという理由では無くて、私が単に違う自転車に乗りたくなってしまったからなのですが‥。いつもそうなんだけど、決して後悔はしていないのだけど、何かとサヨナラする直前になるとどうにも特別な感情が出てしまうのです。それが何なのかをうまく説明はできないのですが‥自分の想い出を捨ててしまうような感じがするせいなのかもしれません。もう少し、一緒に会社に行くことはできるのですが‥。せめてサヨナラの前にはいつもよりもキレイにしてあげようと思うのです。

2005年11月29日 (火)
■ double shot

CATEYE HL-EL710 RC 'double shot'今日の朝は変なお天気でした。最低気温は摂氏14度以上もあったようですし、南西方向からの生暖く強い風が絶えず吹き続けていました。何だか一気に真冬の一番寒い時期を通り越し、春が近づいて急に暖かい強い風が吹いた日のようでした。なので、今日はかなり汗をかいてしまいましたし、指きりミトンも今日はずっと指先を出した状態のままでした‥。しかし、こんな変な天気は今日一日で終わり、明日の朝はまたぐっと冷え込むようですね。そりゃ、冬はまだまだこれからですものね。

今日、会社帰りに青葉台の轍屋さんに寄ってきました。だいぶ前の記事にも書いたのですが、自転車のライトに対する不満が最近また高まってきたので、自転車用のライトについて色々と聞いてきたのです。私は現在HL-EL300というAA-cell(単三型電池)4本のLEDライトを使っているわけですが、同じような仕様のライトは結局明るさも似たり寄ったりというところだそうです。最近、会社の帰りの通勤路としても朝会社に行く時に通っている恩田川沿いの道を少し走っているので、そのことを伝えました。

「そりゃ、明るいのが欲しいよね‥」ということで、店長の鏑木さんが最近ご自分用に購入されたCATEYEのHL-EL710RC‥通称"double shot"を見せてくれたのです(写真は先日のサイクルショーでのもの)。私が今持っているHL-EL300と比較点灯してくれました。その明るさたるや‥く・く・比べ物になりません‥。こりゃええわ!アフターパーツの供給についても、メーカーの方でちゃんと始めたようなので、そろそろ真剣に検討してもいいかも。3-LEDタイプの"triple shot"というのもあるのですが、私にはこちらの2-LEDタイプで十分のような気もします。サイズが小さいのもグッドですが、あとはお値段ですかね‥。

2005年11月28日 (月)
■ 指きりミトン普及推進委員会

指きりタイプのミトン - ユニクロ製先週は霜が降りるほどに寒かったですが、今週は少し寒さがゆるんだ感じですね。ゆるんだとは言っても依然として寒いですし、だいたい風邪ひいちゃって本調子ではないので、自転車に乗るときの格好は冬装備のままです。しかし、今日くらいの気温があると汗をだいぶかいてしまうのですよね。もちろん、手袋の中も汗をかいてくるので、写真のように指先を出して走ります。

これが、いちいち自転車を止めて手袋を脱いで‥などという面倒なこと無しに走りながらでもできるところがいいのです。走っているうちにまた寒くなれば、これまた自転車に乗りながら逆にミトンに変身させればよいのです。この手袋は先シーズンに購入し、そのよさを以前も記事にしているのですが、久しぶりにまたそのよさを再確認しているところです。これはもう普及推進委員会を立ち上げて日本全国に普及させるしかありません!ということで、今日から私が委員長です‥どうぞよろしく。

ちょっと悩みがこの手袋の名称なのです。販売元のユニクロでは、フィンガーカットグローブと呼んでいるのですが、どうにもピンと来ない名前です。この手袋は、ふたつの形状に変身するわけですが、その様が伝わらない。だからといって「変身グローブ」では、小さい男の子が好きな「なんとかレンジャー」の変身アイテムのひとつみたいだし‥。とういうことをああだこうだと悩んだ末に「指きりミトン」としてみましたが(なんだか発想が貧困だなぁ~)。もっといい名称を思い付いた方は是非教えてください。今ならもれなく副委員長のポストが空いてますよ。

2005年11月27日 (日)
■ PLENITUDE 2005

PLENITUDE 2005 Domaine de la Lampeze昨日は久しぶりに私の学生時代の友人一家がわが家にやって来ました。ありがたいことに、色々なお客様がわが家に遊びにいらしてくださるので、散らかっていたわが家の中も定期的にキレイに片付けられて一石二鳥ってな感じです。今回も家の中がちょうどとっちらかって来た頃だったので、これはチャンスとばかりに掃除機がけにも力が入ります。「いつもの三倍は頑張って掛けておりま~す♪」と、どこかで聞いたようなセリフを口にしながら部屋の隅まで掃除機を走らせます。うう~む、キレイになったわい。

てな感じで、昨日は朝から頑張って、夕方からもワイワイやっていたので、今日の朝は姫様の散歩に一度出た後に、姫様含めてカミさんと二度寝してしまいました。子供らも疲れきっているのか、全然起きてこないので、ゆ~っくり寝れましたとさ。たまにはこういう日があってもいいですよね。遅い朝ごはんを食べて、ちょいと用事を済ませに外出したら、あっという間に夕方になってしまったので、カミさんと外で待ち合わせて買い物へ‥。晩ごはんのおかずを何にしようと悩んだのですが、今日の気分はワイン系だったので、鶏の骨付きもも肉でも焼きますか‥と。

いつもの吉祥さんへお酒の調達に行ったら、すっかりわが家の定番となったランブルスコが6本6300円(消費税込)コーナーにあったので速攻で購入。ついでに試飲コーナーに出ていたPLENITUDE 2005(Beaujolais nouveau)の白!が美味しかったので買ってきました。今年のヌーボーはとても美味しいと言われてますが‥確かに美味しいですね~(とは言え、例年に比べてどうなのかはよく分からんですが‥)。このPLENITUDE‥吉祥さんの楽天ショップで見ると、大人気のワインのようですね。こりゃ、明日の会社帰りにもう一本買ってこいということですかね。

2005年11月26日 (土)
■ 朝靄

朝靄今週は水曜日がお休みだったので、一週間が楽ちんでした。ここ2日くらい、ちょっと風邪っぽい感じで喉がイガイガしていたのですが、今朝起きてもまだちょっとイガイガした感じが残っています。鼻水もちょっと出るし‥。あまりにも薄着で過ごしすぎたツケ(夜寝るときもずっと薄い布団だったのです)かなと。昨夜はそれを見かねたカミさんが冬の布団を出してきて、無理矢理それに寝かされました。おお~、さすがに厚い布団はあったかいな(当たり前だって‥)。

というわけで、今日は少し朝寝坊。明るくなるのが遅いので、放っておけば姫様もなかなか起きてこないのです。休みの日なら散歩に出るのが少しくらい遅くても困らないし、朝の時間は急ぎの用事などはないので、今朝は7時くらいに散歩に出かけました。今日も天気がいいし、気持ちがいいですね~。これで喉のイガイガが無ければさらに気分がいいのだけど、平日のように「早くしなくちゃ」というせせこましさが無いからまぁいいでしょう。いつもとちょっと違うコースを歩いて、気分転換しようね~(←姫様にはメイワクかも)。

晩秋から冬にかけて、この辺りにも靄や霧がかかることがあります。今までで一番すごかったのは、地表近くだけ濃い霧に覆われてしまい、うちのベランダから見た風景がまるで雲海を見ているようだった時。その頃はデジカメなんて持っていなかったので、写真には残っていないのだけど、今度見た時は写真に撮っておこうと思います。今日はそこまで濃い霧が出たわけではないけれど、ホンのちょっと朝靄にかすむ中を歩いてきました。朝靄の中を歩いていると、いつもと同じ風景が少しだけ幻想的に見えるから不思議ですね。

2005年11月25日 (金)
■ おでん

おでんのダイコン昨日からちょいと風邪っぽいのです。昔から「馬鹿は風邪をひかない」などと言いますから、少なくとも私も馬鹿ではないことが証明されたということでしょうかね‥。でも、ほんの少しばかり体調がすぐれないという程度ですから、会社を休むほどではありませんし、自転車に乗るのを休むほどでもありません。それどころか、自転車に乗っている最中は、そんなこともすっかり忘れて楽しくペダルを漕げるので、きっと大したことは無いということでしょう。ということは、私はやっぱり軽い馬鹿程度?

風邪っぽい時とか、体調がすぐれない時というのは、暖かくて栄養のあるものを食べて十分に睡眠を取るのがイチバンです。というわけで‥ということは無いのですが、今日の晩ごはんのおかずは今シーズン初の「おでん」でした。おでん種でイチバン好きなものって何でしょう?私の場合は‥うう~む、あれもこれも好きなので、なかなかひとつに絞ることができません。昆布もはんぺんもつみれも好きだし、がんもどきも玉子もちくわぶも外せません。しかし、強いてひとつに絞るとすれば、写真のコイツ‥大根にとどめを刺すでしょうか。

大根は「おろし」にしても煮ても生でも何でもおいしいですよね。昔から大根には咳を鎮め、痰を切る作用があると言われてきたそうです。ということは、ちょっと風邪っぽい今日の私にもぴったりの食材ということになりますかね。もっとも、そのような薬効の恩恵を受けるには、おろしたてを生で食べるのが一番いいらしいですが‥。大根をはじめとして、色々な具が楽しめて体も暖まるおでんは、晩秋のキャンプの定番でもあります。以前、キャンプ場のおやじさんにもらった「熊の肉」を入れたおでんがとても美味しかったことを思い出しました‥。

2005年11月24日 (木)
■ シクロクロス

GIANT cyclocross frameGIANTという自転車メーカーがあります。台湾の自転車メーカーですが、生産台数はおそらくダントツで世界一を誇る「名前負けしていない」文字通りの「巨大」自転車メーカーです。大量生産によるコスト削減で、低価格で高品質な自転車を提供しています。ちょっとした自転車屋であれば間違いなく置いてあり、一部のマニア向けでは無い比較的一般的な自転車といえるでしょう。GIANTのロゴのついている自転車を見たことのある人は多いはずです。

実はわが家にもGIANTの自転車が一台あります。カミさんに買ってあげた(という名目で半分自分のものでもある)、MR-4Fという折りたたみ自転車です。我等が自転車通勤の祖である疋田さんが乗られている自転車と同じですね。今のモデルとは違って、黒にイエロー・ロゴの割とかっちょいいカラーリングなのです。そのMR-4Fはまだいいとして、GIANTの自転車はカラーリングがちょいとダサい(死語?)と感じるものが多いのです。どことなく垢抜けない感じとでもいいましょうか‥。

今月のあたまに東京国際自転車展に行った時、GIANTのブースでCD-ROMをもらってきました。その中に写真のシクロクロス・フレームが載っていたのですが、GIANTのフレームは下手なデザインは止めてこれくらいシンプルにした方がかっこいいのになと思いましたよ。知らない方のために、シクロクロスというのは簡単に言うとロードバイクのタイヤをデコボコのタイヤに変えて、不整地を走る自転車競技です。競技に出るつもりはありませんが、毎日砂利道を走る私に向いている自転車だよなぁと最近思うのです。

2005年11月23日 (水)
■ カサカサッ

落ち葉の中で今日は勤労感謝の日なので、会社がお休みなのです。勤労感謝の日は祝日なので、もちろん学校もお休みなのです。ですが、今日は一日うちにいるだけで終わってしまいました。というのも、上の娘が後期の中間試験の最中なので‥。先週末は数学を教えながら(あまりの出来なさに)頭痛がしてたのだけど、今日の理科もどんぐりの背比べ状態‥義務教育なのだからもうちょっと頑張ってくれよぅ~と思うのですが。

休日は朝だけでなくて、夕方の姫様の散歩も私が行くことが多いです。今日のように家の中にずっと閉じこもっている日は、姫様の散歩が人間にとってもよい気分転換になるし、朝の散歩と違って時間に追われる感じもないので、とても楽しいのです。寒くなってきて、日が暮れる時刻も早くなってきたので、今日は15時半くらいには散歩に出かけました。この時間ならまだ寒くはないのだけれど、カミさんが姫様のために編んでいた服が完成したので、オトモダチへのお披露目も兼ねて着て出かけました。

姫様の主な散歩コースは、くさぶえのみちという名前がついています。信号が無くて自動車などに邪魔されないステキな散歩コースなので、犬も人もたくさん歩いてます。もちろん緑も多いので、四季おりおりの風景も楽しめるわけ。今の時期はもちろん紅葉と枯葉がキレイです。姫様と一緒に私の大好きな枯葉歩き!カサカサ‥クシャカシャと枯葉の上を歩くと晩秋の楽しい音がするのです。気分転換するために、朝の散歩では行けないところまで行ってきました。枯葉の中を歩いたせいで、姫様の足は枯葉だらけになっちゃったけどね。

2005年11月22日 (火)
■ 初霜

霜が降りた今日は昔の仕事仲間との飲み会があるのです。場所は会社の最寄駅からひとつとなりの駅の近くにある焼肉屋で、我々が「ホルセン」と呼んでいる店なのです。というわけで、今日は天気がよかったのですが、自転車ではなく電車で会社に行きました。会社に行くのに電車に乗るというのはとても久しぶりな気がすると思ったら、何と事故で電車が遅れた先月の21日以来のことでした。ひと月休みなく自転車通勤が続いていたのですね。われながらスゴイ!

今日の日の出時刻は、6時23分‥当たり前だけどますます遅くなって、散歩に出るのもそれに引きずられて遅くなります。昨日、今日と、寒いのも家を出るのが億劫になってしまう原因です。しかし、姫様のためを思えばそれくらいどうってことないやいっ!‥と、朝の散歩に出かけます。でもやっぱり「うう~、寒いぞぉ~」。風が吹いていないのが幸いですが、これで北風が強かったりしたら引き返したくなってしまいますよ。寒い寒いと言いつついつもの公園に来ると、昨日とちょっと景色が違うのです‥。

「あ、霜が降りている!」おそらく、この冬の初霜です。霜というのは、気体である水蒸気が昇華していきなり氷の結晶になってできるのですが、霜が降りるためには、風が弱いことと気温が摂氏4度以下であることが条件だとか‥。「あれ?氷ができるのは摂氏0度ではなかったっけ‥」と思ったあなたは正しい!気温というのは、地上1.5mの高さで計測するので、こういうことになるそうです。ということは、今日の公園の最低気温は4度程度だったということですね。横浜地方気象台の最低気温が5.1度でしたから、やっぱりこちらの方がちょっと寒いということですね。

2005年11月21日 (月)
■ 鍋物指数

酒たんぽ今日も寒かったですね~。横浜の最低気温は、摂氏5.4度とおそらくこの冬一番の冷え込み。関東地方の各地でもこの冬の最低気温(12月上旬並み)を記録したのだそうです。雪国などに住んでいる方からすれば、「そんな程度じゃ全然寒く無いよ」ということになるのでしょうが、こちらは晴れて陽射しがある時は暖かいので、そのギャップを感じてしまうのです。小さな姫様はすぐに冷えてしまうので、散歩から帰ってくる頃にはブルブル震えてしまうくらいです。やっぱり寒いよね~。

今日の読売新聞の夕刊に載っていたのを見て知ったのですが、日本気象協会が「鍋物指数」などという数字を公表しているそうです。それによると、今日、明日の関東の数値は70(0~100:数字が大きいほど鍋物に適した気候)とのこと‥。気温、風速、湿度の三要素からはじき出すものだそうで、「気温が低く」て「風が強く」て「空気が乾燥」しているほど、鍋物指数が高くなるのだとか‥。確かに寒い風がピューピューと吹く中を歩いたりしていると、暖か~い鍋物が恋しくなりますものね。私は最近、味噌味系の鍋物が食べたくなることが多くて、実は昨日の夕食も「ほうとう」だったりします。

ところで、鍋物の時のお酒は何を飲みますか?私(とカミさん)の場合、先日の記事に出てきた白麒麟などの発泡酒を飲むことも多いですが、鍋と言えばやはりダントツで日本酒が似合いますよね。わが家は最近ちょっぴり日本酒にハマっているのですが、熱燗にするのにお酒を徳利に入れて電子レンジでチンするだけ‥ううむ、色気が無くていかんです。ここはやはり写真の酒たんぽに出動していただかなくてはいけませんね。明後日は勤労感謝の日‥お休みの方も多いでしょうから、明日の夜は鍋で一杯なんていかがです?

2005年11月20日 (日)
■ 強度と方角

わが家のカーテン私はマンション住まいです。マンション住まいの身にとって、今世間を騒がせている構造計算偽造問題は人ごとではありません。うちはおそらく大丈夫だろうと思っていますが、自分のマンションの構造計算書を見たことはありませんし、仮に見せてもらったところでどれくらいのものかを判断する力はありません。つまり、専門家同士にしかわからない世界で不正が行われたわけですから、より一層罪は重いと思うのです。建築確認の仕事が自治体から民間に開放されたことを原因とみる人もいるようですが、私はそういうことでは無いと思うのです。官か民かが問題ではなく、人間として越えてはいけない一線を越えたことに問題があると思います。

私を含めた建築の素人には、構造計算の詳しいことは分りません。分かるのはせいぜい壁厚がどれくらいなのかと、床厚がどれくらいなのかという程度(しかも数値の是非は分らない)です。今回問題になったマンションは、そういうものも最近の一般的な数値と同じものだったのでしょうかね。素人で分ることといえば、せいぜい間取りがどうなのかとか、方角がどうなのか‥という構造計算とは関係のない世界でしょうか。専門家にしか分らない部分は置いといて、もし、マンションなどの購入を考えているのであれば、床厚や壁厚がどの程度なのかを気にすることの他に、リビングがどの方角に面しているのかを気にすることをお薦めします。

わが家の場合、リビングは南東の方角を向いています。一般的には南向きの間取りがよいとされていますので、買う時には東を向きすぎかなと思っていたのです。ですが、実際には真南を向いているよりは今のわが家のように多少東向きになっている方がよいと思います。何といってもこれからの季節が暖かくてよいです。写真は、その南東向きのリビングに朝日が射している様子(カーテンに日が当たっているのが分りますか?)ですが、この調子で日が入ってきますので、晴れていれば真冬でも結構暖かくなります。構造計算等の難しい事は分りませんが、方角くらいは素人でも簡単に分りますからね‥。

2005年11月19日 (土)
■ 朴葉の香り

朴の葉先週、実家のパソコンのセキュリティ・ソフトの更新サービスを延長しようと操作していたら、新しいバージョンに入れ替えないと駄目だと言われたので、仕方がないので購入してダウンロードしました。しかし、いざ導入の段階になって「32bit版のWindowsじゃないから導入できない」などと抜かします。「え~!?それくらい事前に検査しろよ~」と怒っても後の祭り。仕方がないので、これをいい機会にと、だいぶくたびれていたパソコンを新調させました。そのセットアップに今日は行ってきました。昔に比べれば楽になったけど、依然としてその手の作業は面倒です。

さて、話は全く変わるのですが、近所の公園と緑道も落ち葉が目立ち始めてきました。落葉樹全ての葉が落ち切るまでにはもう少し時間が掛かると思いますが。そんな落ち葉の中にひときわ目立つ大きな葉があります。写真のように、姫様と比べてもとっても大きい葉っぱ(まぁ、姫様が小さいってのもあるのですが)‥朴の葉です。朴の葉は大きいので、散り行くさまもなかなかダイナミックな感じがします。近所にある木はそれほど大きくないのだけれど、大きな朴の木の下だと大量の巨大な葉っぱに驚くかもね。

で、朴の葉と言えば、「朴葉みそ」が真っ先に思い浮かびますが、「朴葉寿司」とか「朴葉もち」などというものもあるのですね。朴葉みその時は落ち葉を使うのですが、朴葉寿司と朴葉もちには青い葉を使うようです。香りがよくて、殺菌作用があるのがその理由とか。大きくてものが包みやすいのも昔から利用されてきた理由なのでしょうね。東北地方には、これでおにぎりを包むところもあるらしいです。しかし、朴の葉はよい香りがするというのは知りませんでした。さすがに落ち葉じゃ香りませんよね。来年になったら若い葉の匂いをかいでみよう‥でも、半年先の話なんで、忘れちゃいそうだけど。

2005年11月18日 (金)
■ 冬装備

冬用の自転車スタイル一昨日も書きましたけど、ホント寒くなってきましたね~。一昨日が摂氏7.8度で驚いていたのですが、今朝なんて摂氏6.1度まで下がったそうですよ。とはいえ、今朝は久しぶりに寝坊をしてしまったので、姫様の散歩もカミさん任せ‥ということで、いつもの散歩時間の頃にどれくらい寒かったのかどうかはいまひとつ分りませんが‥。こんなところでも、一番寒い頃は公園の池も凍りますので、まだまだ気温は下がるということですよね。さむ~い。

今週に入ってから、一段と冬っぽくなってきたので、通勤スタイルもとうとう冬の格好になりました。上は長袖Tシャツに薄いウィンドブレーカーっぽいジャケットで、下はいつもの七分丈パンツの下に自転車用の長いタイツ(写真の黒いやつ)を、手袋もフリースのフィンガーカット・グローブにして完全に冬仕様。年が明けてもう少し寒くなると、上に羽織るものが中綿入りの暖かいやつになります。これでも、歩いている人たちの格好よりはずっと薄着ですよね。その証拠に、朝の家を出る時、あるいは夜の会社を出る時にとても寒いと感じますからね。

これからは、特に夜の走り出しが寒いのです。ちょっと気合いが必要。それでも走り出して10分もすれば体が温かくなってくるので、それまでの我慢なのですが。1時間経って会社、あるいは家に着く頃には「暑~い」になり、ヘルメットの下とか背中側には結構な汗をかきます。でも、風の当たる体の前半分は冷え切ってしまうのですよね‥特に夜はすごい。しかし、そのままお風呂に入ると、これが最高にキモチいいんです。寒いのはちょっと辛いけど、お風呂が気持ちいいので、それで帳消しってことですかね。

2005年11月17日 (木)
■ 12inchグリルパン

12inchグリルパン気が付いたら(って、気が付かなくても)11月の半ばになってしまいましたね。今週に入ってから急に寒くなって来た感じがしてますけど、だってもう師走はすぐそこ‥寒くなってあたりまえですよね。なんだか急に年末を意識しちゃったのは、NHK紅白歌合戦の司会が「みのもんた」と「山根基世アナ」に決定というニュースを見たからかな。でもさ、今日のお昼に見たニュースでは「中居正広」と「仲間由紀恵」が最有力候補だって言ってたんだよ‥なんだか油っこくなっちゃった感じですよね。

さて、まただいぶ開いてしまったけど、今日はわが家のダッチオーブンのご紹介‥第5弾になりますね。今日ご紹介するのは、12インチのグリルパンです。たいていのダッチオーブンは、素材や料理に応じて「焼く」「煮る」「蒸す」「揚げる」などなど、自由自在に調理法を駆使できるわけですが、こいつの場合はちょっと特殊です。何といっても名前が”グリル”パンですから、「焼き」専門の鍋と言えるでしょう。グリルパンを特徴づけているのは、鍋底にあるスジスジです。写真では良く分らないかもしれませんが、スジの部分が出っ張ってます。

このスジは何のためにあるか?まずは、先日の料理の写真を見ていただけると分ると思うのですが、肉に鍋底のスジが当たって焦げ目になった黒いスジができています。スジ状の焦げ目を入れて、それっぽく見せるため‥などではもちろんなくて、余分な油を落とすために肉が鍋に密着しないようになっているのです。このために、おいしさもグンとアップするわけですね。あまり出番のある鍋ではないのですが、肉料理には欠かせない鍋です。こいつを使えば、つい先日に公正取引委員会から排除命令が出されてしまった、どこぞのファミレスの「成型肉」を焼いても格別に美味しいかもしれませんね。

2005年11月16日 (水)
■ ざくろの効能

ざくろ今日は天気がよかったけど、寒かったですね~。朝も寒い寒いと思ったていたら、今日の最低気温(横浜)は摂氏7.8度まで下がったそうですよ。どうりで寒いわけだ。会社の帰りも風が強くて冷たかったです‥ひょっとして、木枯し第一号だったのではないかしら?今年は秋がやってくるのが随分ゆっくりだなと思っていましたけど、反対に冬は急激にやって来たような感じですね。週間天気予報によれば、今週は気温が低めの日が続くようですから、油断して風邪なんか引かないようにしなくちゃね。

先日、近所の方から「ざくろ」をいただきました。ざくろなんて、随分と久しぶりに食べたように思うのですが、たまに食べてみるととても美味しいですね。ただし、食べられるところはホンの少しですから、本当に「晩秋を味わう」といった感じで、空腹の足しになるようなものではありませんが‥。ざくろも先日の記事にした柿と同様に、子供の頃の思い出の味でもあります。この、ざくろ‥種子に女性ホルモンであるエストロゲンに似た成分を含んでいるため、原産地のイランでは大事にされている植物だとか。日本でも、特に女性にとって価値がある食品として、様々な製品になって出回っているようです。

しかし‥その手の甘い話は基本的には怪しい。そう思っていたら‥国民生活センターが、ざくろの効能を謳った健康志向食品を対象に行ったテスト結果がありました。その結果、広告で言われているようなエストロゲン(と類似の成分)を含んでいるという事実は無く(検出限界以下だった)、過度の期待は改めるべき‥とか。最近、薬事法違反で話題になっているアガリスクやらメシマコブほどではないにしても、誇大広告はいけません。やはり、健康のためを思うのであれば、何かひとつのものを大量に摂取するのではなく、色々なものをバランスよく食べるのが一番いいってことですよね。

2005年11月15日 (火)
■ うがいのススメ

うがいをしよう最近、会社で咳をする人が急に増えてように思います。気温がぐっと下がってきたせいで、風邪をひいてしまった人が増えたのでしょう。先日、会社で希望者にインフルエンザワクチンを接種していました。カミさんには怒られるのだけど、私は今年も予防接種をしませんでした。なぜかと言われると専門的な知識を持っているわけではないのでうまく説明できないのですが、必要だと思っていないのが第一の理由。さらに、インフルエンザには型があり、型が一致しないと予防接種も効果(予防率)が低いというのも理由。実際、昨年の予防率が低かったことを報告するニュースを最近見ました。

では、インフルエンザに罹患しにくくするためにはどうすればよいか‥。やはり、丈夫な体を作ることに尽きるでしょう。よく食べて、よく眠る。あと、うがいは効果的だそうです。写真にはうがい薬も写っていますが、むしろ水だけのうがいの方がいいとか。うがいなら特別な努力も要らないので、今すぐに始められますしね。先日、上の娘が二種混合ワクチンの接種のために近所の内科に行ったのですが、インフルエンザワクチンの問い合わせがたくさんあったそうです。でも、9月くらいですでに予約分が一杯になったとか。この辺りだけの話だと思いますけど、何か変ですよね‥。

そもそも、インフルエンザワクチンの接種って、昔からそんなに一般的でしたっけ?ワクチンが不足するほどに予防接種なんてしてましたっけ?ワクチンさえ接種しておけば、罹患しないとか、罹患しても症状が軽くて済む‥と思いこまされているだけではないのかな。もちろん、効く場合もあるとは思いますが、やはり順番が違うと思うのです。健康に気を配り、丈夫な体を作ることが、増大する一方の医療費に歯止めをかける一歩にもなるのではないでしょうか。一応、専門家の意見として小児科医として著名な毛利子来さんのページにあるインフルエンザ100の質問と回答をご紹介しておきます。あ、それと、人間への大流行が懸念されている鳥インフルエンザには効きませんので。

2005年11月14日 (月)
■ 雪だより

高層雲にけむる太陽毎日お天気の話題で恐縮ですが、自転車人は天気が気になるのです。やはり、雨降る中を走るよりも、雨に濡れないで走る方がいいですからね。先週の予報では、今日の天気には傘のマークが付いていましたが、週末になったら傘のマークが外れました。今日は電車で会社に行くことになるかと思っていたのですが、雨は降らずにもちそうなので、もちろん自転車にまたがります。最近、いい調子で自転車通勤な日々が続いています。

とはいえ、晴れてはいないので、体がすぐには暖まりません。七分丈のパンツも少々寒くなってきました。指先は結構寒さに強い方なのですが、足先はそんなに強くないです。なので、今日あたりは足先が「そろそろ防寒対策が要るかな」という感じになってきました。風を切って走っていると、それなりに冷えるのです。朝ごはんを食べている頃は、それでも陽射しがあったのですが、自転車に乗る頃には写真のように高層雲に霞む太陽になってしまいました。

この太陽を見ていたら、突然キモチがゲレンデに飛んだのです‥。そうだ、これはリフトから眺めた太陽だ‥よ~く見ると、太陽の手前に無数の雪が飛んで見える‥わけはないです。いつも遊びにいらしてくださるまいくろさんが、昨日こんな話題を出されていたのに影響されて、そんなふうに見えてしまったのかも。私の場合、もう何年もゲレンデとはご無沙汰だけど、昔はよくスキーに行きました。今頃になると、各地からの雪だよりを心待ちにしたものですね。先週の9日に札幌で雪が舞ったというニュースがあったけど、今シーズンの雪はどうなるでしょうか‥。

2005年11月13日 (日)
■ 零余子

むかごを茹でてみた今日もよく晴れわたったいい天気ですね。こんな日は、お弁当を持って三浦半島あたりにでもハイキングに出かけたい気分ですが、色々とあって出かけるわけには行かないのです。「落ち葉の中を歩いたら楽しいだろうなぁ」と言ってるだけで今日も一日が終わってしまいそうです。今日みたいに暖かい日ならば、チビっちゃの姫様も寒くならずに楽しく一緒に山歩きができるのにね‥。

これからの時期のハイキングは、今日のような天気であれば、寒くもないし広葉樹の葉が落ちて見晴らしもよくなるので、楽しさ満点です。ポカポカの陽射しをあびながら、小さなコンロでお茶でも沸かして飲んだら幸せになれることでしょうねぇ。ああ、いいなぁ。そして、今の時期のハイキングの楽しみのひとつは「むかご採り」です。むかごというのは、自然薯などの山芋の葉の付け根にできるちいさな「お芋」みたいなものです。「零余子」と書いて「むかご」と読みます。

自然薯掘りはとても大変だそうですが、むかご採りはとっても簡単です。黄色く色づいた細長いハートの形の葉っぱを探せば、意外と簡単に見つかると思いますよ。結構あちこちにあるから、うちの近所でもちょっと探せば見つかるかもしれませんが、さすがに採られちゃっているかな‥。ということで、むかご採りには行けないので、野菜売り場にあったものを買ってきました。軽く茹でて塩をちょっとふって、野趣溢れるむかごをいただきましょう。知らなかったのだけど、生で食べてもいいのですって。そういや、根っこの方だって生のまま食べられますもんね。

2005年11月12日 (土)
■ 昭和33年

ALWAYS三丁目の夕日今朝起きたら雨が降っていたのですが、間もなく晴れてよい天気になりました。今日は土曜日ですが、上の娘は授業があります。それは授業参観があるから。娘は私が行くのを嫌がっていたけれど、そんなの気にしない気にしない。見学したのは社会の授業。今日は歴史で平城京のことをやっていましたよ。朱雀門に羅生門‥何ともまぁ懐かしいですね。高校の日本史の授業は好きだったけど、細かいことまではやっぱり覚えてないです。歳をとるって嫌ですねぇ。

先日、近所の文教堂(本屋)に姫様と行ったときに映画の予告を映していました。小さな液晶テレビに釘づけになってしまったその映画は、ALWAYS三丁目の夕日という、昭和33年の東京を舞台に人々の日々の生活をおもしろおかしく、そしてちょっぴり涙のテイストを織り込んで描かれた物語‥。STAR WARS episode IIIは、結局映画館で観ずに終わってしまったけれど、この映画はちょっと観てみたいかも‥と思いました。割引券ももらったし。

昭和33年‥東京タワーの完成はこの年のことだそうです。昭和38年生まれの私はもちろん影も形も無い頃のことですが、今から47年前といえば「結構昔のこと」だなと感じますよね。しかし、生まれてないとはいえ、私は紛れもなくその頃の世代の人間です。今では妙に古臭く見える街並みも「こんなところもあったよな」と実体験として思いだせるわけですからね‥。そんな、かろうじて現在と時のつながりを実感できる昭和33年も、未来の中学生の歴史の授業の中では‥「1958年、東京タワー完成」という歴史上の小さな出来事として語られるのでしょうかね。

2005年11月11日 (金)
■ 小さな八百屋

野菜の無人販売所みなさんの家の近く、あるいは通勤途中などに畑はありますか?あまり無いですかね。うちの近所もさすがに畑はほとんど無いのですが、自転車での通勤路には田圃も畑も(この辺りの割には)結構あります。そのほとんどは田圃なのですが、梨畑が少しあって、その他の野菜の畑も少しあります。田圃の方は、年に一度の米の収穫が終わってしまうと、見た目も寂しくなってしまうのですが、畑の方はほとんど一年中何かが栽培されている感じです。

畑があるところには、たいていこれがありますね。そう、無人販売所です。私の通勤路にもいくつか無人販売所がありますが、写真の販売所は田園都市線の田奈駅のすぐ近くのものです。日当たりがいいところなので覆いがしてありますが、茄子、里芋、大根、柿(左下にちょっと覗いてますね)、長葱などが売ってます。花なんかも飾ってあって、きっとバアちゃんが朝早くから収穫したものを丁寧に並べているのでしょう。さながら小さな八百屋さんといった風情でしょうか。

こういうところで買った野菜は、収穫したばかりだから新鮮でおいしいです。でも、そこそこの街中にある畑だから、車の排気ガスとかは問題にならないのかしら?とも思うけど、少なくとも作っているところが見えるという安心感はあります。どこまで本当なのかは分りませんが、こんな記事を見てしまうと国産のものを食べようと思いますし、無人販売なら安いし美味しい。カミさんに柿を買ってきてと頼まれたので、来週買ってこようかと思います。でも、大根とか長葱は会社に持って入ると怪しいので許してね‥。

2005年11月10日 (木)
■ お灸

脱穀後のクズを燃やす朝、明るくなるのが遅くなってきました。さすがにね、真っ暗だと起きる気がしないですものね。今日の横浜の日の出の時刻は午前6時11分‥これからまだ40分も遅くなるのですね。日の出る時間がそんなに遅くなったら、私が行っている姫様の朝の散歩も週末だけになってしまうかなぁ。今だって既にお日様が出るか出ないかのうちに散歩に出てますが、日の出直前の時間は一番寒い時間帯でもあるから、日が射さないうちに戻ってくるのも辛いかなと。

今週に入ってから毎朝天気がいいので、自転車を漕ぐ足取りも軽やかに‥と行きたいところなのですが、週末が近づいてくると疲労も蓄積されてきます。毎日たった36kmの道のりだから、大したことは無いはずなのですがね‥。足がちょいと疲れたなと思いながら、いつもの通勤路‥。天日干しされた稲の姿は田圃から消えましたが、稲刈り後の切り株からまた稲が伸びて、まるで春先の田圃のようにも見えます。そんな中、あちこちに脱穀後のカスが山になっています。中には火が点けられて煙の出ているものも(左向きにたなびく煙が見えます?)。

こうして見ると、何だか田圃に巨大なお灸を据えているみたい。お灸は昔の人には身近な存在だったのでしょうね。私のじいちゃんも自分でお灸を据えてたもの‥。松尾芭蕉だって、足三里(膝のちょい下あたり)にお灸をしながら奥の細道を旅したそうですし。私も「お灸の技」を会得して、足三里に灸でも据えたら少しは楽になるかしら。今の時代にお灸なんて、ちょっぴりアナクロっぽくて、かえってカッコいいかもね。あ、そうそう。「お灸を据える」といえば、きつ~く叱られることを意味するけれど、そっちのお灸は昨日のゴミ捨て連中に据えてやらなきゃいけませんね。

2005年11月09日 (水)
■ 誰のせい?

道端で宴会?ここ数日、暖かめの日が続いていましたが、今日はちょっと寒くなりましたね。気が付けば、道行く人々の服装も随分と冬っぽい装いになってきました。モーターサイクルの人たちなどは、既にダウンジャケットなんて着込んでいる人もいますしね。今朝は、女子高生がマフラーをしている姿が目立ちました。もうそんなに寒いかなぁ?って、あれはファッションの一部ということなのでしょう。その前に、首まわりなんかより、足回りの方が寒くないのかしら‥。

今日もいつもの田園地帯を気持ち良く走っていると、田圃のわきに何かが散乱しているのが目に止まりました。近づいてみると‥写真のように酒類の空き缶やら空き瓶などなどなど。中にはまだ中身がだいぶ入っている瓶もあったりします。種類はそれこそ様々‥。昨日の夜に若者が騒いだのでしょうかね。まぁ、車通りの無いところだし、人家からも離れているので、多少羽目を外していてもうるさいということは無かったかもしれません(あったかもしれないけどね)。でもね‥このゴミは何?君達、自分の家でもこの程度なわけ?

嘆かわしいことだけど、ここまで酷くないにせよ、コンビニの回りなどでもこんな光景をよく目にします。残念だけど、人間としての質を疑わないわけには行きませんよね。どうしてこうなっちゃうのでしょうか。ここを立ち去る時に、あるいは酔いから醒めた時に、多少なりとも心が痛んでいないのであれば、それはその人が小さい頃の、それこそ「躾」がなっていないのだと思います。若者に非があるとすれば、それは大人にも非があることと同じ。どうか大人は若者の、そして子供たちのよい手本を示しながら生きてください‥。

2005年11月08日 (火)
■ 干し柿

柿がおいしそう昨日に引き続き今日もよいお天気でした。これから、太平洋側は晴れで日本海側は雨や雪という、いわゆる「西高東低の冬型の気圧配置」という言葉を天気予報でよく耳にするようになることでしょう。夏に木陰が恋しくなるのと逆で、日なたが恋しい、お日様にあたっているのが心地よい季節になってきたわけです。連日、太陽が顔をのぞかせる地域でさえこうですから、雪国の人たちは時たま顔を出す太陽がさぞありがたく感じられることでしょうね‥。

今日もいつものように「気持ちイイな~♪」とテレテレ走ってました。気持ちのいい青空の色に引き立てられるようにあちこちで目立っているのは柿の実です。目立って見えるのが、その色のせいなのか大きさのせいなのか分りませんが、柿の木ってとてもたくさん植えられているように感じるのです。でも、それは気のせいでしょうかね‥。いやいや、やはり気のせいなどではなくて、たくさん植えられているように思えます。というのも、柿は栄養価が高くて体のためにいい果物だから。ホラ、昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」っていうでしょ。

その割には、柿は不遇をかこつことになっているイメージがあります。あちこちでたくさん見かけるから、有難がられていないのではないか?という誤ったイメージを抱いているだけなのでしょうかね。私が子供の頃は、たくさんなっている柿の実をひとつ失敬‥じゃなくて、分けていただいて、美味しいおやつに‥などということもありましたが、今どきの子供はそういうことも無いのだろうなぁ。などと書いていたら、バアちゃんが好きだった干し柿がちょっぴり食べたくなってきましたよ。

2005年11月07日 (月)
■ 立冬

色づくけやきの葉昨日の昼過ぎからパラつきはじめた雨は、夜半ごろには強く降ったりしていましたが、夜明け頃にはすっかり上がっていました。会社に出かける頃は、雲ひとつないキレイな青空に‥。いよいよ、晩秋の雰囲気が‥などと思っていたら、今日は二十四節季の「立冬」なのですね。暦の上では、立冬の今日から立春の前日までが冬なのだとか‥いよいよ冬がやって来たというわけです。そろそろストーブを出さなくてはね。

暦の上では冬の始まりとのことですが、いい天気のお陰で東京都心では摂氏24度近くまで気温があがり、9月下旬の暖かさだったそうですね。横浜は若干低めの21度程度だったようですが、それでも暖かいですよね。どうりで、羽織った上着の袖をまくって半袖でいても、かなり汗ばんでしまうわけです。天気予報によれば、明日も比較的気温が高いようで、いわゆる「小春日和」というやつでしょうかね。でも、暖かいなぁと気を許していると、急に寒くなって風邪を引いたりするので、油断は禁物です。

暖かいといっても確実に気温は下がってきていますから、写真のように通勤路上の欅の葉もいい感じに色づいてきました。いわゆる「紅葉」のキレイな赤や黄色ではなく枯葉の茶色といった風情ですが、これがまた何ともいい感じなのです。もう少し寒くなってくれば、この葉も一気に散りだして、やわらかい陽射しが降り注ぐようになりますね。道端の落ち葉の上をサクサク音をさせながら走るのも楽しいものです。あ、でもね‥葉っぱが湿っていると、滑りやすいですから気をつけてくださいね。

2005年11月06日 (日)
■ ハンドラー

ナビ君、ショー出場中今日が週間天気予報に顔を出し始めてから、ずっと傘のマークが付いていて憂鬱でした。しかし、ずっと雨の予報になっていた昨日だって、すっかり外れていい天気でしたし、今日の予報にしても傘マークはあるものの、昼過ぎくらいまでは何とか持ちこたえそうな感じがしました。というわけで、3日に書いた記事の中で言っている「週末に出かけるつもりでいた用事」というのに出かけてきました。

場所は秋谷にあるサンシャインパラダイス‥。今日は、ここにシュナウザー達が集まって、楽しいことがあるのだとか。いつもお世話になっているKさんのところのレイン姉ちゃんも来るということで、わが家を7時ちょっと過ぎに出ました。曇り空で天気が冴えないせいか、道路が空いていたので、予定の時刻よりもずっと早く到着。来る前はどうしようかと悩んでいたのですが、姫様も朝イチバンにあった呼びこみレースに出場!姫様は誰が見ても、みそっかすのようなチビッちゃだけど、もちろんハンデなんてありません。でも、5位!(って、秘密だけど出走数が少ないの)

その後は、シュナ達のマッチショー(ドッグショーの一種)でした。和気あいあいとした中にも緊張感があって、見ているこちらも心の中で「頑張れー!」と応援してみたり。写真は、お友達のナビ君。どうです、かっこいいもんでしょ?こうして犬のかっこいい晴れ姿を見せるのがハンドラーと言われる人達なのですが、驚いたことにハンドラーというものもひとつの独立した仕事として成り立っているのだとか。犬と人間の付き合いは古くからあって、長い歴史を持つと言いますが、まだまだ知らないことばかりです‥。

2005年11月05日 (土)
■ HONDAの自転車

HONDA RN01先月の25日の記事に書いたように、今年は東京国際自転車展のチケットを入手できたので、今日は下の娘と一緒に会場の東京ビッグサイトまで行って来ました。子供と一緒なので、さすがに自転車ではなくて電車で行きました。以前も思ったけど、新橋からのゆりかもめって高いですねぇ。先進システムのせいなのか、建設費高騰のあおりなのか、いろいろと理由はあるのだろうけど、公共交通はもっと安くならなきゃ駄目だよね。

高いなぁといいつつ、見慣れない景色に娘とキャーキャー騒ぎつつ、10時半頃に会場に到着しました。とりあえず、何はともあれIVE emotionさんのブースへ!っと、速攻でSZのカーボンヨーク(の強化版)を使ったMTBのフレームが目に入ってきました(げ~、写真撮るのを忘れちまったよ)。何だかちょっとカッコいい感じでした。ちょうどそこへ代表の廣瀬さんがいらして、あれやこれやとお話をさせていただきました。IVE emotionのTyrellは、私のイチオシのブランドなのです。ちょっぴりイイ自転車を手に入れたいぞと思っている皆さん!ぜひ、ご贔屓に。

その後、とりあえず会場を一回り。バイクデザイナーズ・ミーティングのゼロヨン・レースで久々にZさんに再会(スタッフお疲れ様です!)し、BMXの大技に親子で口をあんぐりしたりと、今回は展示物でもある商品よりも、イベントの方を楽しんで来たかもしれません。というか、展示系にはさほど驚きが無かったのかも‥。なーんて言っても、欲しいのものはいっぱいあるのですよね。欲しいなんていうレベルとはちょっと違うのが、写真のHONDA RN01‥見た目はもう自転車というよりはモーターサイクルですが、DH系の人には欲しくてタマラン一台なのでしょうね。こいつのチビ版(20inchとか)が出たら、すごく欲しいかも‥でも高いだろうなぁ‥。

2005年11月04日 (金)
■ プシュ~

タイヤに突き刺さったドリルビット今日ではなくて、1日のことなのですが‥。会社帰りにいつもの通り慣れた道を走っていると、突然後輪の方から、プツン‥‥パシュッ‥‥パシュッ‥‥パシュッ‥と規則正しい空気音が。自転車に乗りなれた人であれば、一瞬にして何が起きたのかが分ることでしょう。「あぁ~、パンクだよ~」ここ最近、全くと言っていいくらいにパンクとはご無沙汰していたのですが、久しぶりのパンクですよ。しかも、これは何か刺さった音です。

スグに自転車を路肩に止めて、歩道に自転車をあげました。ラッキーなことに、そこがちょうどナトリウムランプの街灯の下だったので、夜のパンク修理場所としては合格です。パンクして自転車をスグに止めましたから、後輪からはシュ~~という空気の漏れる音がまだしています。音のするところを見てみると‥な・なんと、ドリルビットが突き刺さっているではありませんか。まぁ、以前パンクした時の、どこからどう見ても焼き鳥の竹串が突き刺さっていた時ほどのオドロキはありませんでしたが、何でまたこんなものが道路に落ちているの?という別の驚きはありましたね‥。

パンク修理なんて、もう何度もやって十分に慣れていますけど、やらなくて済むものならばやりたくない作業のひとつです。なので「ヨシッ!」と自分に気合いを入れて、一気にやってしまいましょう。私の場合、パンク修理はイージーパッチという虫さされのパッチのようなものをパンクの個所に貼る方式‥最も簡単。パッチを貼ったらタイヤを元に戻して空気を入れれば終わりなのですが、今回は歩いて50mくらいのところにガソリンスタンドが‥ラッキー!空気入れは自動車のを貸してもらって一気に充填完了でした。やっぱ、自動車用のバルブからの変換アダプターって、持っているといいかも(今のはアダプター不要な米式)。

2005年11月03日 (木)
■ ドッグカフェ

お友達と‥左からトラッキー、ジュニ、ショコラ、姫先月の25日の記事に書いたように、今日から東京国際自転車展が東京ビッグサイトにて始まりました。初日の今日はサトエリの参加するスペシャル・イベントもあるので、行くなら今日にしようと思っていたのです。しかし、週末に出かけるつもりでいた用事が、天候のせいで駄目になってしまうかもしれないので、そこで会う約束をしていたカミさんのネットのワン友達に急遽会いに行くことになりました。もちろんワン友達と会うわけですから、姫様も堂々と入れるドッグカフェへ‥。

いつものとおり、お金の掛かる自動車専用道路には一切乗らず(ケチくさ~)に国道16号をひたすら南へ‥。本当に久しぶりに通る横須賀の街並みを越えて、ちょっと大回りして観音崎などを通って、やって来たのは久里浜にほど近いショコラズわんカフェ!ドッグカフェというものに今日初めて入ったのだけれど、犬たちと一緒に飲食店に入れるのっていいですね。カフェとはいってもボリュームたっぷりのおいしいランチもあって、おなかを満たすために行っても全く問題無いのです。いや、ごちそうさま。

で、姫様が会いに行ったのは、ブラック・アンド・シルバーのトラッキーちゃん(写真一番左)でした。10ヶ月の女の子で、お髭も眉毛も真っ白でキレイ!ショコラズわんカフェの看板犬でもある、ショコラちゃん(姫様の左)とジュニくん(ショコラちゃんの左)も一緒に遊んでくれました~(しかし、姫様小さい‥)。ジュニくんは、もしかしたら姫様と血縁関係にあるかもということで、顔立ちが結構似ているのが印象的でした。姫様も同じシュナウザーのオトモダチに会えて楽しかったかな?ところで今日も思ったけど、やっぱり多頭ってイイね~。

2005年11月02日 (水)
■ 犬の名前
テーブル下に陣取る姫様昨日のことになるのですが、11月1日というのは「犬の日」なのだそうです。11月1日は「1」がみっつ並ぶので「ワン・ワン・ワン」だからなのだとか‥。それを言ったら、1月11日だって「犬の日」だし、11月11日もワン・ワン・ワワンだけど、これを犬の日ということにしてもいいと思うのです‥。まぁ、そんな細かいことはどうでもよくて、とにかく11月1日が犬の日なのだそうです。

その犬の日の昨日、ネットのNEWSで見て知ったのですが、どうぶつ健保のanicom(アニコム)が、「アニコムどうぶつ健保」に加入している一歳未満の犬について、犬の名前人気ランキングを発表したそうです。それによれば、一位から十位までの人気の名前は、順番に「チョコ、モモ、マロン、サクラ、ハナ、ココ、リン、ナナ、ソラ、モカ」だったそうです。全体的に二文字の呼びやすい響きの名前に人気があるのだとか。確かに聞いたことのあるような名前もいくつかありますね‥。最近の名前の流行りというのは、こういうものなのでしょうね。

そもそも名前というのは、犬に限らず人間であっても時代の流行りのようなものがあると思いますが、このランキングを見ると日本語の名前というのが少ないですね。桜と花と空くらいでしょうか‥なんて言ったら、昔からの犬の名前の代表選手である「ポチ」っていうのも何語か怪しいところですよね‥。その点、わが家の「姫」の場合は、ランキングは別として正真正銘の日本語の名前と言っていいと思うのです‥。しかし、姫様の場合は見た目がちょっと日本っぽくないというのが問題でしょうか‥まぁ、確かに元は独逸の犬なのですから、そこは仕方ないのです。ということは、独逸っぽい名前にするべきだった?

2005年11月01日 (火)
■ 5つのS

5Sとは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけ今朝は昨日とうって変わって雲ひとつないいい天気でした。雲が無いと放射冷却のせいで気温もググッと下がり、横浜地方気象台の数値ながら午前6時の気温は摂氏9.9度だったそうです。横浜で最低気温が10度を下回ったのは、この秋最初のことですね。おそらくわが家の近くはもっと気温が低かったはず。どうりで今朝の散歩は寒かったわけです。気温が下がっても太陽が顔を出しているので、自転車に乗る頃はとてもキモチがいいです。暖かい日差しにちょっぴり冷たい風の組み合わせ‥。これから年末いっぱいくらいまでであれば、晴れた日の朝の通勤は景色もよいし楽しいものです。

今日もいつものように平成19年開業を目指す横浜環状鉄道の工事現場の横を通ります。地上部分の高架もだいぶ出来てきました。工事現場には、墜落事故追放だとか安全第一だとか、色々なことが書いてあります。その中に‥「5S運動を実施しよう!整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」と書いてある横断幕が‥ん?「しつけ」とは何でしょう?まさか「躾」のしつけ?礼儀作法の躾?躾って家庭において大人が子供に身につけさせるものだと思っていましたが、今は工事現場で躾がしてもらえるのでしょうかね。いやいや、きっと違う意味を持つ専門用語なのでしょう‥。

と、思って調べて見ると、何とこれが本当に「躾」から来ているということがわかりました。「決められたことを決められたとおりに正しく実行できる」ということを「しつけ」と言っているらしいのですが、ちょっと無理があると思うのは私だけでしょうか‥。整理と整頓も似た意味だし、清掃の結果、清潔だって付いてくるように思えます。5Sの定義上、それらは微妙に違うそうだけど、微妙に変えてまで分けなくてはいけないものなのかしら。それらが大事では無いとは思わないし、5S活動というものが成果を出すというのも分るけど、「5つのS」と敢えてまとめなくてもいいと思うんだけど‥。日本人って好きだよね、こういうの。

| Top |