14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2005年11月30日 (水)
■ さよならアバランチ

1997年製 GT avalanche今日で11月が終わりです。今月を振り返ってみると、驚いたことに飲み会のあった22日以外は全て自転車に乗って会社に行ってました。今月は全部で20日間会社に行ったわけだから、19÷20=0.95ということで、実にジテツー率が95%にも達したわけです。我ながら、この数字にはちょっとばかりびっくりしました。しかし、ここまで来るとちょっと惜しいことをしたなぁという気になってしまいますね。だって、唯一電車通勤だった22日もいい天気だったもの。飲み会さえなければ、今月は100%だったのですよね‥。なかなかこういうチャンスは無いので、惜しかったなぁと。

その自転車通勤の相棒である自転車は、GTのアバランチ(avalanche)という名前のMTBです。アバランチって「雪崩」という意味ですが、どうにも米国人のセンスっちゅ~ものはよくわからんのです。1997年の春に買ったもので、消費税抜きの価格が112500円でした。今から考えると、当時としては随分と奮発したものだなという感じですね。その頃はまだサスペンションなどというものは高嶺の花ですから、前後サスなしの「フルリジッド」と呼ばれるタイプです。よく言えば、シンプルな造り。そんなアバランチ君ともサヨナラする時が近づいてきました。

その理由は、もうすぐ新しい違う自転車がやって来るからなのです。壊れちゃったから‥などという理由では無くて、私が単に違う自転車に乗りたくなってしまったからなのですが‥。いつもそうなんだけど、決して後悔はしていないのだけど、何かとサヨナラする直前になるとどうにも特別な感情が出てしまうのです。それが何なのかをうまく説明はできないのですが‥自分の想い出を捨ててしまうような感じがするせいなのかもしれません。もう少し、一緒に会社に行くことはできるのですが‥。せめてサヨナラの前にはいつもよりもキレイにしてあげようと思うのです。

| Top |