14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2005年12月31日 (土)
■ ロースハムできあがり

ロースハムのできあがり今日で2005年も終わりです。歳をとると、時間があっという間に過ぎたように感じるといいますが、本当にあっという間の一年間でした‥ということは、私もだいぶ歳をとったということになるのでしょうかね。みなさんの2005年はどんな一年だったでしょうか?悔いの残る一年だったでしょうか。充実した一年だったでしょうか。私の場合は‥どんなだったかな。ミニチュア・シュナウザーの姫が家族の一員として増えたことが色々な意味で大きな環境の変化だったと思います。その他は‥特別なことは無く、割と平穏無事な一年だったと思います。来年は、仕事もプライベートももう少しチャレンジのある年にしたいかな。

話は変わって昨日の燻製のメイン。昨日、一日を費やして完成したのは、これなのでした‥。何だかわかりますか?そう、ロースハムです。先週の金曜日に塩、砂糖、野菜(セロリ、ニンジン、玉葱、ニンニク)、スパイス(白胡椒、ナツメグ、オレガノ、コリアンダー、ローレル、セージ、オールスパイス)をまぶして一週間ほど冷蔵庫に寝かせておいたものを、塩抜きして、冷蔵庫で一晩寝かせて、温熱乾燥3時間、サクラとヒッコリーをミックスしたスモークチップを使って燻すこと3時間、鍋一杯のお湯(摂氏70度)で茹でること2時間、冷やして、風乾すること1時間、さらに冷蔵庫で一晩寝かせてやっと出来上がるのです。ハムというのは、意外と手がかかっているのですよね。いずれ、ロースハムとは比べ物にならないくらい手の掛かる生ハム作りにも一度はチャレンジしてみたいものです。

さて、今日は友人たちが家族ともどもわが家にやって来て、昼すぎあたりから忘年会に突入するので、ネットへのアクセスも今年はこれで終わりにします。「14番目の焚火おやじ」にいらしていただいたみなさま、本当にありがとうございました。こうして万年三日坊主な私が地道にブログを続けて来られたのも、みなさまに読んでいただいているからこそです。来年もおやじの地味な毎日を綴る日々に変わりはないのですが、一生懸命頑張りますので、引き続き遊びにいらしてください。また、気が向いたら、一言残してやっていただけると嬉しいです。では、今年はお世話になりました。来年もまたよろしくお願いします。

2005年12月30日 (金)
■ smoked cheese

「三角チーズ」をスモーク中今年も残すところ、今日と明日の2日だけになってしまいました。 明日はわが家で年末恒例のお楽しみ忘年会があるため、掃除だ、後片付けだ‥の年末関連作業は今日のうちに終えておく必要があります。とはいっても、大掃除系の仕事は昨日の風呂掃除をもって一段落したので、今日は掃除からは解放されました。ということで、今日の仕事はこれまた年末恒例のスモークなのでした‥なんて、実は今日のスモークのために大掃除は昨日で終える必要があったのですケド。

スモークというのは、つまりは燻製のことです。煙で食材を「燻る」ことで保存性を高めるという、昔からある調理法の一種です。燻製のはじまりは、焚火のそばに干されて自然に煙がかかった肉や魚の保存性が高まるということに昔の人が気づいたことだそうです。何ともまぁ、焚火おやじたる私にこそ相応しい食べ物ではありませんか。そんな燻製を作るのが、年末の私の楽しみのひとつになっています。ということで、先日話題にした豚肉は、実は今日の燻製の材料なのでした。しかし、それだけでは寂しいので、一緒に別の食材もスモークに掛けるのです。

そのひとつがコレ‥何だかわかりますか?三角チーズの愛称で呼ばれているプロセス・チーズですが、これが煙を掛けることで意外と美味しくなるのです。包装をはがして燻すだけという手軽さからは、想像できない美味しさとのギャップがまた楽しいのです。そんな燻製の素晴らしさに私を引き込んでくれたのは、片山三彦さんが著されたホームメイド・スモークを楽しむという本です。スモークは、ダッチオーブンよりも少しだけ面倒ですが、その分満足度も大きいです。とはいえ、誰にでもできますから、一度試してみませんか?

2005年12月29日 (木)
■ 灯油高騰

日本船燈製石油ストーブいい天気が続いていて気分がいいですね。でも、新年は天気が悪くて、初日の出も期待薄なのですって。ここ最近、毎日のように日の出の太陽を見ていますし、「初日の出」などと言っても一日程度違うだけで今日の太陽と大して変わらないじゃない‥とは思うのですが、初日の出が拝めないというと何故か損したような気分になってしまうのです。元日はともかく、翌日も天気が今ひとつだそうで、来年の箱根駅伝は大変そう‥。

今年の冬は、暖冬の予報が外れて寒い日々が続いているので、家族全員が厚着をして寒さに耐えている我が家でも、さすがにストーブを点ける日が増えてきました(点けないで済む日もあったりするんですよ!)。わが家のストーブは、ニッセン(日本船燈株式会社)のゴールドフレームです。「油用停泊灯」という船舶の石油ランプをモチーフにしたストーブなのですが、真鍮の雰囲気がとてもいい感じのストーブなのです。

これは灯油ストーブなので、つまり燃料が灯油なのですが、最近の灯油の価格高騰には閉口してしまいます。先日、近所のガソリンスタンドでは、18リッターの価格が1260円と出ていました‥。こんな調子で値上がりされたのでは、たまったものではありません。とりあえず、あと18リッターほど買い置きがあるので、今日は買うのを控えたのですが、これ以上高騰してしまうと「ああ、この前買っておけばよかったな‥」ということになってしまいます。ガソリン同様、価格が落ち着かないのは勘弁してほしいですね。

2005年12月28日 (水)
■ 大掃除第二弾

窓ガラス掃除のあとは景色もキレイ今日は一日中、雲も無くいいお天気の日でした。こういう日は、窓ガラスの掃除にうってつけの日と言ってよいでしょう。風がもう少し弱ければ、日陰に行ってもそれほど寒い感じがしなくて済むのですが、この時期は寒くない方がどうかしていますから、それくらいは我慢しなければいけません。それと、今日は昼過ぎに出掛けなければならなかったので、掃除は午前中に何とか目処を付けなければなりませんでした。

ということで、(少し寝坊したので)ちょっぴり遅い朝ごはんを食べて、新聞をざっと読み終えたら、雑巾片手に窓ガラス掃除の開始です。ガラスを綺麗にするのには、新聞紙を濡らして拭くのがいいのだとか、ビルの窓ガラス掃除のようにハンディー・モップで拭いた水分を自動車のワイパーのようなゴムで取り去るのがいいのだとか、いろいろなやり方があるとは思います。私の場合は、薄めに希釈した洗剤を吹きかけて雑巾で拭き取るという方法‥特別に何らかの工夫があるでもなく、昔ながらの非常にオーソドックスな方法です。

マンションの場合には、窓ガラスの数が一軒家に比べれば普通はずっと少ないわけですが、両開きのサッシを2枚と数えれば11枚あります。子供部屋の窓は、子供が自分で拭くと言ってますので、私のノルマは7枚だけです。たった7枚のことなのですが、ちゃんとキレイにしようと思うとそれなりに大変なのですよね‥。しかし、しっかり頑張れば、写真のように窓ガラスが無いほどに(コレ、窓を閉めて撮ってます)外の景色もキレイに見えるわけですから、頑張り甲斐があるというもの。みなさんは大掃除進んでますか?

2005年12月27日 (火)
■ 大掃除第一弾

SHARP:EC-AC2今朝、姫様と公園に散歩に出掛けたら、池の凍り方が今年イチバンでした。面積で言ったら、もう95%は凍っていたといっていいくらいでした。ホンのわずかな水面に水鳥が争うように泳いでいましたから‥。それにしても寒そうに見えるのですが、水鳥というのはあんなに冷たい水につかって寒くないのでしょうかね。百歩譲って羽の生えているところはいいとしても、足なんて寒そうですよね。冷え症の水鳥がいたら、キツいでしょうね‥。

今日から休みなので、一年の疲れを取るためにゆったりのんびり‥などとしたいところなのですが、残念ながらそうも行きません。リフォームが完了したばかりの昨年末ならいざ知らず、今年は普通に一年を過ごしたわけですから、家の汚れもそれなりにたまっているわけです。なので、面倒ではあるのですが、大掃除をしないわけには行きません。面倒とはいっても、家事の中で何か選べと言われれば掃除は好きな方ではありますので、大掃除にしても苦痛が伴うようなことはありません。

ということで、まずは掃除機がけから。わが家の掃除機は、サイクロン・タイプと呼ばれるもの。これまた排気がキレイという説と、実は汚いという説のふたつがあるのですが、どっちが本当なのでしょうか。いずれにしても、このタイプは毎回吸い取ったゴミは捨てることになるので、紙パックの中にゴミを大事に貯めておくタイプと違って、吸い取ったゴミはすぐにさよならです。始めたのが遅かったのと、いつもの10倍くらいの丁寧さで掃除機がけをしたら、今日はそれと自転車掃除だけで終わってしまいました。拭き掃除系は明日以降ですね‥。

2005年12月26日 (月)
■ 219分の154

通勤途中:恩田川沿いの道本年もいよいよ最終週になりました。みなさんは何日で仕事納めでしょうか。私は今日が一応の仕事収めでした。「一応」というのは、家から会社のシステムに入って仕事が出来てしまうのと、実際に年末に何度か会社のシステムに入る必要があるので、本当の仕事納めでは無いからです。しかし、出社するのは今日で終わりなので、気分的には今日で仕事納め‥という感じなのです。

出社するのが事実上の最後ということは、本年の自転車通勤も今日で最後ということになるわけです。では、今年の自転車通勤を振り返ってみましょう。今年は、いつもと同じようにオフィスに向かうとか、出張などの理由で自分の家の外に出て仕事をした日数が全部で219日でした。そのうち、自転車に乗って行くことが出来た日数が154日でした。つまり、自転車通勤率というものを出してみると、219分の154‥0.70319‥ほぼ70%の自転車率だったことが分ります。

自転車通勤率を1月から月別で並べてみると‥1月:84%、2月:74%、3月:55%、4月:63%、5月:76%、6月:38%、7月:78%、8月:65%、9月:83%、10月:71%、11月:95%、12月:71%と、6月が突出して低く、11月がそれとは逆に突出して高いことが分ります。6月が低い要因というのは、天候のためというのが実は少なくて、研修や飲み会が理由のことが多かったのです。つまり、それが無ければここまでは低くなかったということですね。ということで、来年は今年の数字を上回ることはできるでしょうか‥。

2005年12月25日 (日)
■ 読む年賀状

年賀状印刷中クリスマスは何かいいことありましたか?私は‥今日、カミさんの実家に行く前に立ち寄ったmyXで、安く売ってた靴をゲットしてきました。最近、ちと欲しかったメーカーの靴ゆえ、ちょっぴり幸せな気分に浸ることができましたとさ。しかし、私には靴を買ってしばらく仕舞い込む癖があるので、「ちゃんと履けよ!」とカミさんに釘を刺されましたよ。だってね~、スグに履いちゃったらもったいないじゃないですかねぇ‥と、今日のを追加して実は三足目です。←結構な貧乏性‥

などと、クリスマスに浮かれていると、スグにお正月が来ちゃいますよ!クリスマスは今日で終わりということで、明日からは正月に備えて大掃除などに精を出さねばね。と、その前に年賀状は終わりましたでしょうか?今年は、24日までに出せば日本全国どこへでも元旦に配達してくれるということでした。もう24日は過ぎちゃいましたけど、少しでも早い方がいいですからね。というわけで、私も今日になってしまいましたが何とか出し終えることができました。

私の年賀状のスタイルは、ここ数年固定していまして、一枚の写真を添えて前年にあったことをまとめた文章を書いています。来年用の年賀状はもちろん戌年に掛けて姫様の話です。それと、肉筆でその人に向けた文章をひとつ、ふたつ‥。何のことは無い‥私のブログのスタイルと実は同じようなものですね。でも、文章スタイルの年賀状はそこそこにウケがいいのか、昨年あたりからは似たスタイルの人がちらほら出てきました。私もそれをいただくと面白いですよ。みなさんも年賀状のネタに窮した時には「一年を振り返った文章スタイル」をどうぞ。

2005年12月24日 (土)
■ Les Doucinieres

Les Doucinieres♪昔となりのお洒落なお姉さんは~、クリスマスの日私に言った~♪いやぁ、Yumingの「恋人がサンタクロース」は名曲ですねぇ。と、今日はクリスマスイブですね‥。みなさん、家族と一緒に、または恋人と、あるいはちょっと寂しいけど独りで‥楽しい夜を過ごされていますでしょうか?無宗教な私でも、クリスマス=プレゼントがもらえる‥という、まるでパブロフの犬のような条件反射で妙に嬉しくなってしまうのですよね。

とは言っても、この歳になってしまうとプレゼントがどうしたということも一切無いので、寂しい限りですね。え?お前の場合は、繰上げで自転車をプレゼントしてもらっただろうって?あ、まぁ確かにそれはあるかもしれません。でも‥プレゼントというのは誰かにもらうからこそ嬉しいというものでして、自分の稼いだ金で買ったところで嬉しさは半減してしまいますよね‥。やっぱり、プレゼントはもらうに限るので、誰か私にもう一台自転車をプレゼントしてくださいっ!

などというのは期待薄なので、せめておいしいものでも食べて過ごしましょうかね。というわけで、今日はローストチキンを食べました。今日の鶏は結構大きかったということで、10inchスキレットとチキンフライヤーを使って同時に一気に焼き上げました。料理のお供は、Les Doucinieres(レ・ドゥシニエール)というロゼのスパークリング。これまた吉祥さんで薦められたものですが、値段の割にとってもおいしかったですよ。ということで、プレゼントは無くともクリスマスというのはやっぱりいいものですよね~。美味しいお酒のせいだろ?‥そうかもしれません。

2005年12月23日 (金)
■ 牛肉よりも

豚の肩ロースBSE(牛海綿状脳症)騒動から2年の歳月を経て、米国産牛肉の輸入が再開されました。これを安全性が保障されたと素直に喜ぶ人も多ければ、検査体制の不備等に疑問を抱く人も依然としてかなり多いわけで、一体どちらの言う事を信用すればいいのかが分らないことろです。とりあえず、「より安全な方を選択すべし」ということで、米国産牛肉を食べる機会というものはまだしばらく無いでしょうね。もしかしたらずっと無いかもしれないし‥。

もともと牛肉そのものにあまり縁が無い生活をしていましたから、米国産牛肉が輸入禁止措置になったからといって、食生活に違いが出たなどということもありませんでした。仕事で外出した時などに、たま~に食べる吉野家の牛丼が選択肢から外れたというくらいでしたからね。わが家の場合、牛肉よりはむしろ豚肉か鶏肉の方が好きでよく食べているかもしれませんね。なので、BSEよりもむしろ鳥インフルエンザなどの方が気にかかります。

ということで、写真はもちろん牛肉ではなくて豚肉です。これは、豚の肩ロースの部分です。肩ロースとは、運動量の多い肩の部分と背中にあたるロースの中間の部位の肉で、ロースの肉のきめ細かさに加えて、豚肉特有のコクがある部分なのだとか‥。ロースの脂肪の部分を嫌う人とかがよくいますけど、こんなに美味しいものをもったいないですよねぇ。で、一体コレが何に変身するのかというのは‥もう少し先にならないとわからないのでした。

2005年12月22日 (木)
■ 長袖ジャージ風シャツ

ダブルフェイスハーフジップT今日は冬至‥。冬至といえば、1000000人のキャンドルナイトなのですが、今日はちょっとできませんでした。ということで、わが家のキャンドルナイトは別の日にやろうかと思います。で、冬至ということは太陽の高さの折り返し点ということですね。暑さ寒さはちょっと遅れてやって来るわけですが、太陽の高さだけで言えば、今日からは春に向かうわけです。そう思うと、何だかあったかい感じがしてきませんか?(無理か‥)

気分がいよいよ年末になって来ました。これから、お正月までの間は、年賀状書きだ、大掃除だ、その他諸々で妙に忙しい日々が続きそうな予感です。今日も余っている有給休暇を消化するために、会社をお休みしたのですが、午前中は買い物をこなすために姫様とカミさんとセンター南まで出かたのでした。せっかく出かけたのだし、いつもどおりのUNIQLOチェックです。そこで見つけたのが写真のシャツなのでした‥。

寒い時期の自転車通勤の時に着ている、かなりくたびれた長袖Tシャツをずっと変えたい変えたいと思っていたので、これはラッキーな発見でした。UNIQLOのダブルフェイスハーフジップTというのが、このシャツの正体‥見た目だけではなく、1500円という単価はとても魅力的でした。ということで、今後はこのシャツを着て会社に行くことになりました。さっきうちで試着してみたのですが、全体的に多少細身に出来ているようです。ホンのちょっとSURLYのウールジャージっぽくて(全然違うけど‥)いい感じですね。

2005年12月21日 (水)
■ クリスマス・イルミネーション

クリスマス・イルミネーション12月になると、あちこちにクリスマス・イルミネーションが目立つようになってきますね。クリスマスというのは、もともとキリストの誕生を祝う日ということで、キリスト教徒にとっては大切な日だそうです。日本において、キリスト教徒が近年増加している‥なんてことは全く聞かないですが、イルミネーションは確実に増加している気がします。キリストを一神教の神としてではなく、八百万の神のうちの単なるひとつの神として見ているから、クリスマス・イルミネーションにも違和感が無いということなのでしょうか。

ま、そんなことは恐らく何も考えてなくて、単にキレイだからという理由でクリスマスの飾りをしている人が多いというのが事実だと思います。わが家にしたって、昨年末までは私の背丈より少し高いクリスマス・ツリーが飾られていましたから‥。しかし、今年は姫様のケージがあるために、ツリーを飾る場所がありませんので、クリスマスっぽいものはな~んにもありません。それにしても、クリスマス・イルミネーションを施しているお宅は多いですよね。会社の帰りがけに通過するあたりなんて、何でも日本全国的に有名なところらしいですよ。

ところで、このクリスマス・イルミネーションを飾ることによって、電気代がどれくらいになるかって知ってます?もちろん、イルミネーションの量とか、点灯している時間によってもかなり違うのでしょうが‥。うちの近所にイルミネーションの量がとても多い家が何軒かありまして、そのうちの一軒が娘の友人のお知りあいの家なのだそうです。その友人いわく、二ヶ月の電気代が10万円くらいとのことで‥。イルミネーション以外に普段の必要な分も含まれているわけですが、それにしても高いですよね。

2005年12月20日 (火)
■ 冬の楽しみ

丹沢がくっきり今日も昨日に引き続き、隣の公園の池が凍っていましたよ。凍っている部分は昨日よりは狭いものの、それでも3分の2くらいは凍ってました。しかし、このまま凍り続けたからといって、そのうち天然のスケートリンクに‥なんて、なるわけがありませんよね。でも、こう寒い日が続くと「一度くらい全部凍らないかなぁ」などと、妙な期待をしてしまいます。その公園の池の全面が凍ったことは、たぶん今までまだ一度も無いと思うのです‥。

冬の寒さというのは、自転車通勤にとっても辛いところなのですが、それでもいいことがいくつかあります。風邪が流行る季節ですので、電車の中はケホケホと咳をする人がたくさんいるかと思いますが、そういう電車に乗らなくて済むことがひとつ。夏のように汗まみれになることが無い(それでも汗はかくのですよ)から、一生懸命走ってみる気になれる‥ので、体重維持が容易(ホントかな?)というのがひとつ。そして空気が澄んでいるので、景色を楽しめるというのがひとつ。

空気が澄んでいると、通勤途上のところどころから丹沢の山並みと、丹沢にだいぶ隠れてしまっているのだけれど、富士山を見ることができます。山好きな私にとって、青空の向こうに見える丹沢を眺めながら自転車に乗れるのは楽しさ倍増です。写真のように、今の季節は小さいながらもくっきりと見えるのですが、これが他の季節になると全く見えないこともあります。いかに冬の空というものが、ゴミや水分が少なく澄んでいるということでしょうか。また、上を見ながら走るわけには行かないのですが、夜空の星もとてもキレイで楽しいです。

2005年12月19日 (月)
■ 池も凍る‥

公園の池も凍りました毎日書いていて嫌になってしまいますが、寒いですね~。日本各地で記録的な大雪になっているそうですし、名古屋でも58年ぶりの大雪に見舞われたとか‥。関東南部では雪は降っていないものの、東京都心も最低気温が摂氏零下0.8度になって、この冬イチバンの冷え込みを記録したのだそうです‥。一方、横浜地方気象台では零下の気温は記録していないようですが、うちの近所はきっと都心なんかよりも寒かったはずですよ~。

というのも、うちの隣の公園の池が凍っていたのですよ。それもかなりの面積が凍っていたのです。面積にして、3分の2から4分の3くらいは凍っていたかもしれませんね。確かにここ数日の冷え込みで、池の端の方が少し凍っていることはありましたが、こんなに広い面積が凍ったのはこの冬初めてのことですし、それどころかここ数年来、これほどの広さまで凍ったことは無かったように思います。写真が小さくてよく分らないかもしれませんが、向こう岸の左手の方にある白い看板の一部が、池に綺麗に映っている辺りが凍ってないところです。

今年は暖冬だ‥などと予想されていましたけど、早くも予想がハズレてしまいましたね。何でも、予報の修正版が出るとか出ないとか‥予報担当者も頭が痛いところでしょう。で、今までの流れからいって、予報が修正されてしばらくすると、また逆のことが起きたりしてね‥。いやいや、気象予報というのはとてつもなく難しいものなのですよ。少しくらいハズレたからといって、目くじら立てて怒ってはいけません。が、それにしても寒いですね~。明日は今日よりはマシかしら。

2005年12月18日 (日)
■ お散歩コート

姫様も厚着今日は一日木枯しが吹いて寒かったのです。一日中陽射しがあって家の中は暖かかったのですが、外に出るとピューピューと音を立てて吹く風が服を突き抜けるように冷たかったのです。今日は、私以外のみんなが外に出かける用事があったので、私と姫様とうちで留守番でした。でも、今日みたいな寒い日は外に出ないでウチでぬくぬく(とは言っても、暖房をしてないウチは意外と寒いのだけど)しているのがいいですね~。

結局、今日は朝と午後の散歩(夏だったら考えられない午後二時台~三時台)以外には、夕方に買い物に一瞬出かけただけでした。朝は、散歩のついでに昨日レンタルショップで借りてきた「交渉人 真下正義」(面白かったよ!)のDVDを返しに行ったのですが、風が強くて大変でした。陽が差していてこれなんだから、天気が悪かったら散歩に行くのも嫌になりそうです。私でも寒いのだから、体の小さな姫様はすぐに冷え切っちゃって、体がブルブルブル‥。

犬なんだから多少の寒さは‥なのですが、あまりにも冷えちゃうのでカミさんが少し厚手のフリースで姫様の散歩着を作ってくれました。さすがにこれくらいあれば、姫様もそれほど寒くなさそうです。犬用なのに何故かフードがついているのが姫様の気に入らないところ。ブルブルってしたり階段を下ったりすると、フードが頭にかかって視界が無くなって怖いんですよ(姫様談)。ま、父ちゃんのベストと同じ柄でおそろいなんだから、文句言わないで着てなさいってば!

2005年12月17日 (土)
■ 負けたっ‥

Coleman 2006 winter model昨日の忘年会は、前回の「フルコース」事件があったので、気をつけようと思っていました。ひどく酔っ払わないように、ペースを抑えて行こうと思ってました。しかし、思っているだけではどうにもなりません。結局、昨日も途中から記憶喪失状態です。しかし、フルコースにはならずに地下鉄できちんと帰ってきた模様です。地下鉄の回数券には帰りの記録があるので、地下鉄のある時間に帰ってきたということは間違いなさそうです。

4日前の記事に書いたとおり、Colemanのガソリンランタンの限定モデルを見て、ちょっとばかりColemanらしからぬカラーにすっかりやられてしまっていました。気がついたら、ネット上を探しまくっていました。気がついたら、購入ボタンを押してしまっていました。その、2006イヤーズモデルがついにわが家にやってきたというわけです。ああ、やっぱり誘惑に負けてしまったわけですね(ま、最初からこんなふうになりそうでしたが‥)。

とにかく今まで日本で売られてきたColemanランタンには存在しなかったカラーなので、単なる見た目のインパクト先行型かもしれません。特にタンクのこの水色は、やはりちょっぴり新鮮なのです。点灯するとどんな感じになりますかね?私は、限定品だから使わずに大事にとっておく‥なんていうもったいないことはしませんよ。キャンプにも持って行ってガンガン働いてもらいましょうね。

2005年12月16日 (金)
■ 碧落

雲ひとつない青い空今朝、リビングのカーテンを開けて外を見ると、家々の屋根が真っ白でした。姫様の散歩に出ようと玄関を出て駐車場の車を見ると、フロントガラスが真っ白でした。その正体は雪がうっすらと積もったのかと錯覚するほどの霜でした。まだまだ寒気がやって来ているそうだから、しばらくこの寒さが続くのでしょうね。

最近は朝が遅いことや、寒くて辛いということもあって、姫様の散歩はもっぱら家の回りの歩道を歩いて終わらせることが多くなってしまいました。今朝も寒いので、家の回りを一周して終わりです。風が無いので、突き刺すような寒さは無いものの、スーッと寒さが染み入ってくる感じがします。道行く車の排気も真っ白、私の息も真っ白、姫様のお出しになったものからも真っ白な湯気が‥。

今日は忘年会第二弾なので、自転車に乗らずに電車で行きました。駅までは公園の中を通っていったのですが、何と池に氷が張っていましたよ。寒いわけですよね。日陰の部分は霜で一面真っ白‥陰って普通は黒いけど、今日の陰は白かったです。風が無かったせいか、空もどこまでも澄み切ったような青い色。どこまでも高くまで続いていそうな空だけど、雲ができる対流圏の厚みはたかが10km程度しかありません。自転車で会社に行くよりも近いのですね‥。

2005年12月15日 (木)
■ 捨てられて‥

ここ数日、真冬並みの寒気が日本上空に入り込んでいるために、北陸地方を中心として大雪に見舞われているようですね。スキーやボードを楽しまれる方にとっては、嬉しい年末年始になるのではないでしょうか。一方、雪国が生活圏の方々は、大雪によって色々と大変なこともあるでしょうが、スキー場関係者もいるわけで複雑な思いでしょうかね‥。冬型の天候が強まっているせいで、ここ太平洋側の横浜では連日好天が続いていますが、やはり寒いですね‥。うう、さぶ~。

真冬になると、視界に入る緑色がぐっと減ってしまい、枯野の茶系色ばかりが目に入ってきます。道端のエノコログサもすっかり枯れてしまいました。と、その中に鮮やかな赤い色が…。おそらく、どこからか盗まれてきて、捨てられた自転車のようです。人を、あるいは荷物を運ぶために作られた自転車ですから、自転車本人にとっても、その役目を果たせずにこんな場所で朽ち果てて行くのは本望ではないでしょう。しかし、おそらく‥まわりの枯れ草と同じようにゆっくりと茶色く錆びて行くのでしょうね。

自転車にしろ何にしろ、モノが捨てられている光景というものは見るに忍びないものがあります。捨てられる前はどうだったのかと思いを馳せ、このモノを使っていた人は果たして幸福だったのだろうか‥と。このモノは、その人に使われて幸福だったのだろうか‥と。どうして捨てられてしまったのか‥と。消費社会はモノを捨てるのが当たり前の社会なのかもしれませんが、せめて自分はモノを大切に使って行きたいと思うのです。捨てるためにモノを買うようなことが無いようにしたいと思うのです。そう心がけてはいても、思うように行かないことが少なからずあるのが辛いところですが‥。

2005年12月14日 (水)
■ ここにいるよ~

自転車のテールライトを明るいもの(TL-LD1000)にしました今日、会社に行く時に近所でFONDRIEST(フォンドリエスト)というイタリアン・バイクに乗る人が私の前を走っていました。外見からは、私と同年代の方とお見受けしましたが、信号無視する輩が多い信号も(当たり前なのですが)きっちり止まっていらしたので、ちょっと声を掛けてみました。というのも、彼のFONDRIESTのフロントに装着されていたハブダイナモが気になったからです。その方は私のコンパクトドライブが気になったようですが‥。

とは言っても、特別に新しい情報が得られたかというと、そこまでのことは無かったのです。しかし、「とにかく明るい」ということと「昔ながらのダイナモから想像する重さは微塵も無い」ということについては、使用者の方から直接聞く意見として、やはり貴重なものでした。通勤自転車のライトの究極は、やはりハブダイナモなのかもしれません。とりあえず、フロント側は今すぐどうのという問題はありませんので、もうちょい考えることにしましょう。今の問題はリヤ側のライトなのです。

先週の記事に書いたとおり、以前のものは足に触れて不便でした。なので、違うものに変えようと思った矢先にちょうど(?)故障して点灯しなくなりました。足に触れようとも、点いていれば安心ですが、いざ故障となると不安がありますね。ということで、新しく購入したものは恐らく現在最強のフラッシングライトであるTL-LD1000というモデルです。これくらい明るければ、誰からも存在を認識してもらえますよね(左側の赤い光)。やはり夜は目立たないといけませんからね‥。

2005年12月13日 (火)
■ シーズンズランタン

Coleman lantern limited edition of 2006 winter今日はカミさんが家を留守にする時間が長いということで、私は有給休暇を取得して家にいました。家にいたところで何だかんだとやることがあるので、暇なようで意外と忙しいのです。しかし、12月ならではのことは何もできないままに終わってしまいました。もう12月も半ばだというのに、こなさなければいけないことが多すぎて嫌になっちゃいますね~。ま、明日から頑張ります。毎日「明日から頑張ろう」と思っているような気もしますが‥。

先週の日曜日にみなとみらいにあるA&Fに行った時に、フィールドライフの2005冬号が置いてあるのを見つけました。そういえば、うちにはまだ送ってきてないなと思って、もらってきた(FREE MAGAZINEなので)のです‥もらってきた日の晩にうちに届いたりしたのは、まぁよしとしましょう‥。そのフィールドライフも版を重ねるごとに立派になって行って、結構読み応えがあるのです。で、今号をパラパラとまくっていると私の目にグサッと刺さってきたのが、コレでした‥。

昨シーズンから、イヤーズモデルを出し始めたColemanですが、正直言って昨シーズンは「こりゃ、駄目だろう」と思ったものです。しかし、二年目の今シーズンのモデルは「シアーズ・モデル」にも似たブルーのタンクがかわいらしいのです。ちょっとイイかも‥と思って本文を読んでいると、「予想通りの大人気で、すでに残りはあとわずか」なんて、嫌なことが書いてありますよ。う~む‥限定グッズにも弱い私‥この可愛さに負けずにいられるのでしょうか。

2005年12月12日 (月)
■ ETC

ETC : Electronic Toll Collection system高速道路や自動車専用道路の料金所に、赤と白の遮断機のような機械とともに、紫色のバックに白の抜き文字で"ETC"という表示がお目見えしたのが平成13年の3月30日のこと。みなさんの中にもすでにETCを利用されている方も多くいらっしゃるかもしれません。一般運用が開始されてから4年と8ヶ月を経て、やっとわが家にもETCがやってきました。確かにETCゲートを通る車をだいぶ見るようになったと思っていたら、もう半数くらいが利用しているそうですね。

ETCというのは、Electronic Toll Collection systemの頭文字をとったもので、日本語に訳せば「電子式通行料徴収方式」とでも言ったらいいのでしょうかね。ETCカードを車載器に入れた自動車が、ETC車線を通過すると車載器と料金所のアンテナの間で料金の支払いに必要な情報が無線によって交信され、自動的に料金の支払いが行われるシステムということです‥。何やら難しいことをやっているわけですが、「金を払っている」という意識が希薄になることがこのシステムの欠点と言えるかもしれません。

今までETCを導入しなかったのは、一番使う第三京浜の回数券の方がETCよりもはるかにお得だったことが理由でした。しかし、高額ハイウェイカード(ハイカ)にしても回数券にしても、偽造対策ということで使えなくなってしまい、それに代わるものが無くなったこと‥ETC普及促進のために前払割引などというものがある(20日で終わるそうですが)ので、それを使って車載器の代金に充てることで、導入の運びとなりました。使ってみると便利な反面、ハイカなどと同じく不正利用に葬られる運命にならないといいですが‥。

2005年12月11日 (日)
■ みなとみらい

ぽかぽか陽気の昨日とは違って、今日は寒い一日でしたね。お昼頃の時間でも、摂氏7度くらいしかなかったみたいですしね。何より、陽射しの全く無い曇りの天気というのは、一段と寒い感じがするものです。今日は、最近中古のマンションを買った知り合いが、リフォームのためにキッチンやらお風呂やらを選ぶのにちょいと付き合うために、みなとみらいまで行ってきました。

キッチンを選んでいる間、姫様と回りを散歩‥。でもね、あまりにも寒いので、すぐに近くの建物に逃げ込んでしまいましたよ。そこは、モンベルやらA&Fやらがあって、物欲グッズ満載です。なんでここにこんなものが‥という無印のオカリナだとか、A&Fに置いてあったGSIの28カップ用のパーコレーターだとか、ちょっと気を許したら買ってしまいそうなものがたくさん‥。ふ~、あぶない、あぶない。何とか衝動買いの危険から逃げることができました。

その次は、ランドマーク・タワーの34FにあるTOTOのショールームへ。ここはとにかく眺望がいいのですが、今日は生憎の天候なので、景色の綺麗さも半減といった感じでした。全部決まった後は、ランドマークプラザでちょいとお買い物。私はショルダーバッグにおとなしく入っている姫様と店舗の外で待ってました。ボーナス後でクリスマス前なので、買い物の人が凄かったです。久しぶりにこういうところに来ると、疲れはしますけどその分楽しさもありますね。

2005年12月10日 (土)
■ カッコイイ姫

バッサリ切ってサッパリしたよ今日は、ボサボサ姫とさよならする日です。もうちょっと早く行きたかったのだけど、色々とあって結局今日になってしまいました。ということで、今日は姫様のトリミングのためにサンシャインパラダイスまで出かけてきました。天気がとてもよいので、絶好のドライブ日和でもあります。車の中は陽射しもあってぽかぽかです。珈琲を飲みながら、しばしドライブ‥途中、逗子のあたりで少し混んでいたけれど、約束の時間よりも少し早く到着しました。

サンシャインに行ったら、今日は姫様のお兄ちゃん(名前忘れちゃった‥)がいたのです。ちょっとの間、一緒に遊ばせてもらったのですが、さすが兄と妹の間柄といいましょうか、他のシュナよりもずっと姫様に似ているのです。姫様のお兄ちゃんは、男の子の割りにとってもやさしい感じの子だったのですが、それはお父さん似なのだそうです。ということは、姫様も見た目はお父さん似ということなのですね。人間の場合は、兄弟姉妹を見比べる機会というのも多々ありますが、犬の場合ってそういうのはあまり無いような気がするので、ちょいと面白かったです。

トリミングの間は葉山マリーナに行って少し遅い昼ごはん。今日は風が強くて波も高かったのですが、空気が澄んでいて遠くまでよく見渡せました。二時間ほどしてサンシャインに戻ってみると、姫様は最後の仕上げのところでした。もう寒いので、体の方はあまり鋏を入れませんでしたが、顔まわりはきれいサッパリです。昨日のボサボサとは打って変わってカッコイイ姫様のできあがり。ボサボサなのもある意味かわいいのですが、こんなふうに精悍なのもシュナっぽくてとってもかわいいのです。さて、いつまでこんなカッコイイ状態が続きますやら。

2005年12月09日 (金)
■ ボサボサ姫

毛が伸びてボサボサ一年のうちで一番日の出の時間が遅い時にだいぶ近づいてきました。今朝の日の出は午前6時38分‥一番遅い時間までは、あと13分です。日の出の時刻に合わせるように、朝起きる時間も見事に遅くなってきました。夏の暑いころは、朝の5時半くらいには起きていた気がするのだけど、今や6時半がいいところです。起床時間が1時間も遅いとなると、出かけるまでの時間が忙しくていけません。

しかし、こうして見ると姫様の毛もだいぶ伸びたなぁという感じですね。前回、トリミングに出かけたのはしらす丼を食べに行った9月30日のことですから、もうすぐ2ヶ月半が経過しようとしているわけです。前回はバリカンを使ってサマーカットにしてもらったはずだから、この長さが姫様の2ヶ月分の伸びる長さと思えばいいということですよね。それが早いのか遅いのかよく分りませんが‥。

そもそも犬の毛というものは、人間の毛と同じように黙っているとどんどん伸びてくるものなのだということを知りませんでした。私が子供の頃に飼っていた犬は、年に二回ほど毛が生え変わるタイプだったので、犬の毛というものは全部そうなのだと思ってました。でも、姫様の場合には、そういう生え変わり方ではなくて人間の場合に近いようです。毛がごっそり生え変わるタイプも大変なのですが、こうして伸びるのも違った意味で大変かもしれませんね。

2005年12月08日 (木)
■ 1st day with SURLY

SURLY Cross-Checkで会社に行った昨日は有給休暇で会社を休んでいたのです。なので、SURLYに乗って会社の往復をしたのは今日が最初の日でした。自転車通勤そのものは、8年前に始めてからだいぶ年月が経過していますので、今さら珍しいことや変わったことはありません。ですが、考えてみたら先週まで乗っていたアバランチでずっと自転車通勤をしていたわけで、アバランチ以外の自転車で通勤をするというのは今日が初めてのことなのでした。ちょっぴり新鮮なキモチ。

このCross-Checkは完成車なので、ペダル以外(自転車ってペダル別売というのが多いのです)は全て揃っています。ということで、ペダルはアバランチにつけていたWELGOをそのまま使用することにしました。さらに、サドルも慣れた細身のやつに変えました。後は灯火類も移植して、ひとまず通勤仕様の完成です。今日は天気もよくて、(SURLYでの)自転車通勤初日としては最高の日だったと言えるでしょう。朝、家を出て快調に漕ぎ始めます‥。とにかく新しいので、滑るように走ります。キモチいいですね~。

新しくて快調ではあるのですが、アバランチは8年掛けてもはや自分の体と一体化していた感がありますので、それに比べるとどうにもまだ慣れません。アバランチと同じように体と一体化するためには、やはり数ヶ月は掛かるかもしれませんね。バーエンド・シフターも初めて使ってみましたが、こちらは違和感あまり無し。自転車を降りる時に時々足に引っかかっちゃうのが慣れていない証拠ではありますが‥。ひとつ困ったのは‥シートポストに付けたフラッシングライト(LD600)が縦向きにできなかったので、腿の裏に触れることです。これは早急に対策せねばキモチ悪いですね。

2005年12月07日 (水)
■ SURLYがやってきた

SURLY Cross-Check先月末の記事に書いたとおり、今までずっと乗ってきたGTのアバランチというMTBは、私の元を去って別の人に可愛がってもらうことになりました。そして、新しい自転車が私の元にやってきました。実は、8月26日轍屋さんへ行ったのは、この自転車を注文しに行ったというわけだったのです。それから待つこと3ヶ月‥入荷しましたとの連絡があったのが先月の29日のことでした。29日の帰りがけに轍屋さんに寄って「ご対面」してきたのですが、色々あってやっと今週の月曜日に受け取ってきました。

3ヶ月待たせた挙句、やっと私のもとに来たのはSURLYのCross-Checkという自転車です。自転車のカテゴリーに当てはめると、シクロクロスが一番近いかと思いますが、SURLYのブローシャには「Think of the Cross-Check like an army jeep」なんて書いてありますよ。やれ、ロードだ、MTBだ、シクロクロスだ‥そういう既成概念にとらわれないところがSURLYのいいところと言っていいかもしれません。だいたい、SURLYという名前が「無愛想な」という意味ですし、Cross-Checkという名前もチェスの「チェック(王手)を受けた後、逆にチェックし返してメイト(詰み)にする」という技の名前だそうです。何ともクールではありませんか。

細身のフレームは、4130というポピュラーなクロモリ鋼ですが、乗り味についてはまだよく分りません。ただし、やはりというか、アルミ製のアバランチよりも若干重量級な感じがしますね。あまりにも待ったので、ちょっと前に欲しいと思っていた「KONAのSUTRAにすればよかったか‥」などと、一瞬思ったこともありましたが、こうして来てみると待ってた甲斐があった‥と思います。本当は、フレーム買いにして部品はお気に入りのものを組んで‥と行きたかったのですが、部品が選べない分完成車の方が安いですから、まずはここからスタートです。当面の目標は、SHIMANOの文字を無くすことですかね。ということで、SURLYが私の自転車通勤の相棒になりました‥どうぞよろしく。とりあえず一緒に頑張って行こうぜいっ!

2005年12月06日 (火)
■ 有効期限

パスネット今朝、いつもどおりに自転車通勤のスタイルになって、いざ出かけようとしたら外が妙に暗いことに気づきました。ベランダから外を見ると、道行く人々が雨傘を差しているはありませんか‥。若干雲が多めだったけど、朝の散歩の時は雨が降る気配なんてなかったのに。夏の暑いときならいざ知らず、この寒い中を雨に濡れながら自転車を漕ぐほどの気合いもありません。ということで、今日は久しぶりに悪天候が理由の電車通勤でした。でも、雨が降っているのが珍しくわが家の近辺だけだったのが悲しかった。

私は電車に乗ることも非常に少ないので、最近は回数券を買っていました。電車に乗る都度切符を買ってもいいのだけれど、回数券なら10枚分の料金で11枚分使えてちょっとお得なので回数券を買っていました。先週の金曜日も飲み会のために電車で行ったのですが、その時に持っていた最後の回数券が有効期限ギリギリだったのです。いくら購入時にお得だとはいえ、期限を切らせてしまっては意味がありません。なので、回数券がちょうど無くなっていた今日は、生まれて初めてパスネットなるものを買ってみたのでした。

パスネットは私鉄各社共通回数券のようなものだから、それはそれで便利なのです。しかし、回数券と違って有効期限が無いことの代わりなのか、特典なども一切ありません‥。有効期限が無いといっても、鉄道会社には前もって現金が入ってくるのだし、いくら超低金利の時代とはいえ少しくらい特典を付けてもいいんじゃないかと思うのですけどねぇ。それを言ったら、そもそも普通の回数券に有効期限があることの理由というのは何なのでしょうかね?何かの法律とかで決まっているのかしら。回数券やパスネットに有効期限が無いからといって、鉄道会社の方は何も損することは無いと思うのですけどね‥。

2005年12月05日 (月)
■ 宵の明星

宵の明星今日の朝は寒かったですよ~。6時半過ぎに姫様と一緒に外に出たら、強い風がピューピュー吹いてましたから。風が強いだけではなくて、とっても冷たい風でしたから。そう思ったら、朝のうちの横浜の最低気温は摂氏3度だったそうですよ。どうりで寒いわけですよね。明日の朝の最低気温の予想も今日と同じくらいですから、今朝くらい寒いかもしれませんねぇ。私も姫様も風を通しにくい素材の上着でも着ないと、風の強い冬の日は辛そうです。

昨日の晩は箱根で雪が降るという天気予報でしたが、実際には降ったのでしょうかね。箱根はわかりませんが、丹沢の山には結構雪が降ったようです。今朝、会社に行く時に山がよく見える道を通って行ったのですが、だいぶ真っ白になっているのが見えましたから。冬場は空気がキレイなせいで、とにかく遠くまでくっきりと見えるのがキモチいいです。寒いのは辛いけど、透明感のある空気も寒さのおかげと思えば少しは我慢強くなれますかね‥。

今日は用事があったので、会社をいつもよりもずっと早く出てきました。一日ずっといい天気だったので、雲の無い空はキレイなグラデーション‥いつもは気が付くと真っ暗になっているので、こんなに綺麗な空を見るのは久しぶりのことかもしれません。そんな空をふと見上げると、三日月と宵の明星(金星:Venus)が彩りを添えていました。明るいなと思ったら、12月9日に最大光度のマイナス4.7等級まで明るくなるそうです。もうしばらく、夕方の空に一際明るく輝くのですね。

2005年12月04日 (日)
■ 自転車置場

わが家の自転車置き場何ともまぁ、今日は寒かったですね。寒い寒いと思っていたら、全国的に結構雪が降ってたりするそうで、そりゃ寒いわけだ。さすがに横浜あたりでは降りはしないようですが、箱根あたりは降るかも‥みたいなことを言ってましたね。今日の最高気温なんて、摂氏10度行ってないのですよ。昨日、髪を切りに行ったのですが、冬だろうと寒かろうと相変わらずマルガリーマンなので、もう帽子が手放せません。

さて、今日は駐輪場の話。自転車に普通の人以上の楽しさを見出している人にとって、頭痛のタネは自転車置場のこと。世の中の多くの人は、自転車なんてどうでもいい人であって、そんな自転車を大事にしない人たちの自転車と一緒の駐輪場というのは、あまり居心地がよくありません。マンション住まいの私の場合、敷地内に自転車用の駐輪場があるけれど、そこには止めずに自分の家まで持って来てました。玄関から自転車を持ち上げて、子供部屋を通過して北側のベランダに置いてました。

でも、そんな不便な生活も昨年にさよならしました。うちのリフォームをした際に、玄関を広くして自転車を置けるようにしてみたのです。こんなふうに壁に二台掛かるようにしてみたのですが、これはさすがに便利です。雨が降っても雪が降っても濡れないですし、いたずらされる心配もありません。家族にはちと不評ですが、私にとってこれはリフォームの一番の収穫だったのは間違いありませんね。ここでしばらく快適な暮らしをしていたアバランチ君も、そろそろこことさよならです。新しい自転車が納まると、見た目もだいぶ変わりますかね‥。

2005年12月03日 (土)
■ ナナちゃん

姫様だいぶ毛が伸びましたどんなに酔っ払っていようとも、いつもと同じように朝はやって来るので、辛くてもちゃんと起きて姫様と散歩に行かねばなりません。しかし、朝起きてみると雨とは違うものが降っています。よく見てみると、少しばかり霙(みぞれ)が混じった感じではありませんか。「姫~、雨が降ってるから、お散歩は後にしようね‥」(内心、少々ラッキー!)ということで、今日のお散歩は朝ごはんが終わってからになりました。でも、その後に学習発表会を見に小学校に行かねばならないので、朝は結構忙しかったのです。

小学校に行った後は、Tさん(うちの娘と同じクラスに息子さんがいる)のお宅にちょっとお邪魔して、Tさんが最近飼い始めたアビシニアンのナナちゃんに会ってきました。アビシニアンというのは、イギリスの猫なのだそうですが、これがとってもステキな猫なのです‥。私は昔から犬好きで、猫科はどちらかというと苦手な方なのですが、ナナちゃんはとっても愛くるしいので、猫でも全然問題ないです。まだ小さいということもあると思うのですが、人見知りせずに寄ってくるところなどもとってもカワイイのです。

姫様はうちで留守番だったので、ナナちゃんには会ってないのですが、ナナちゃんが小さい今のうちに会わせておけば、仲良くなったりしないかな(さすがに無理かぁ)。まぁそれはいいとして、家族の一員に犬や猫がいる生活というのは、やっぱりいいものですね。大変なこともあるにはあるけど、それ以上にいいことがいっぱいあると思うのです。だから、ちょっと酔っ払ったくらいで散歩に行く時間に起きるのが億劫‥なんて言ってはいけませんね~。

2005年12月02日 (金)
■ ピンク色

SUUNTO vector 日本限定モデル今日は会社の忘年会の第一弾目でした。忘年会の前には、久しぶりにボーリングなんてものもやってみたのですが、2ゲーム投げて330‥久々にやった割には結構いいスコアといっていいですかね。忘年会の方は結構飲んでしまい、帰りの電車の中で寝入ってしまうという、こちらも久々の「飲み会フルコース」状態‥。いい歳こいて、飲みすぎはいけませんね。第二弾はこんなことにならないようにしなければね‥。

先日、myXから送られてきたセールの広告で知ったのですが、SUUNTOのVectorにこんな新色が出たそうです。Vectorは以前から欲しい時計のひとつだったのですが、もし買うとしたら黄色か赤色のどちらかだと考えてました。どちらの色にしても、以前は数字が黒くなるタイプの液晶だったので、もう一歩買いたい気持ちが盛り上がらなかったのです。しかし、この広告にある新色のVectorは、文字盤が黒のタイプで、しかもピンク色なのです。

これは欲しいかもしれない‥。最近、ピンク色がマイブーム(古っ‥)なのです。濃いピンクはちょっとダメなのですが、ちょうどこれくらいの薄目のピンク色が最近のお気に入りなのです。液晶の色が欲しかった方の逆転カラーになったものですから、それも物欲を刺激する要素なのです。さらに「日本限定モデル」という文字が、購買欲に一層拍車をかけます。何でも1000本限定なのだとか‥。ああ、そういった「欲しくなる条件」が全て揃ってますよ。困ったなぁ。