14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2006年03月31日 (金)
■ 穀平みそ

穀平みそ「手前味噌」という言葉があります。自分の家で作った味噌の味を自慢することから転じて、自分のことを褒めることを指すわけです‥。それくらい、味噌というものは家庭で作ることが一般的だったこと、家庭ごとに味のバラエティーが豊富だったこと、そういうことを示している言葉なのだと思います。時は変わって現代‥一体、どれくらいの家庭が自分の家の味噌というものを持っているのでしょうか。あらためて調査などするまでもなく、自宅で味噌を作っている家というのは少数派でしょう‥いやいや、絶滅危惧種くらい少ないのではないでしょうか。

わが家ももちろん自家製の味噌などというものはありません。昔は作っていたのに‥などということもありません。ですが、まるで自分の家で作っているかのように、わが家の味になっている味噌はあります。それが写真の穀平みそです。パックに「信州小布施」とあるように、栗で有名な長野県北部の小布施町にある味噌醸造場なのです。穀平みそとのお付き合いは、私がカミさんと結婚した頃からのことになりますから、もうだいぶ長い付き合いになるわけです。自分で所帯を持つようになってから、ずっとこの味噌を食べているので、まるで自分の家の味のようになっているわけです‥。

昔は実際に小布施まで出向いて買っていたものですが、今ではネットで買えるので本当に便利になりました。わざわざ買いに行くのも、それはそれで楽しかったのですけどね‥。そこまでしての味なのか‥と問われると、こればっかりは手前味噌ですから、万人にウケる味なのかどうかは分りません。とりあえず、私とカミさんの評価としては「長野っぽい味がする」というところです。言葉にし辛いのだけど、ひと言でいうなら「素朴」という言葉が一番あっているでしょうか。要は飾らない味なのですよね。暑い夏には、胡瓜にこの味噌を付けてほおばると、何とも言えない北信の味がするのです‥。

2006年03月30日 (木)
■ 花の命は‥

さくらが満開2005-2006シーズンの冬‥特に年末頃の寒さは大変なものでした。全国的に記録的な大雪が降ったために、「平成18年豪雪」と命名されたくらいの凄さでした。にもかかわらず、春が来るのは早かったようで、ここ横浜(と東京都心)では、2日前にあたる28日に桜が満開になったと気象庁が発表しました。横浜も東京都心も1953(昭和28)年の観測開始以来、3番目の早さとのことで、九州よりも早かったのですってね。横浜の桜の満開の記録としては、平年よりも8日、昨年に比べると10日も早いのだとか‥。

寒さにしても、桜の開花時期にしても、最近は天候・気候関係の数字に「記録的な」という接頭語がもれなく付いてくるような感じがしてなりません。私は、冬は冬らしく、夏は夏らしい‥というのが好きなので、暖冬と冷夏の組み合わせというのは少し寂しい感じがしてしまいます。ですが、いくら寒いのや暑いのが好きだとはいっても、厳冬と酷暑があまりにも「記録的な」ものになってしまうと、さすがに好きというレベルを超えてしまいそうです。今年の夏はやはり暑いそうですが、この調子で行くと5月頃には暑くてやってられないと感じる日がやって来るのでしょうか‥。

などと思っていたら、昨日と今日あたりは寒いくらいでした‥。昨日も今日も朝の散歩の時間には、霜がおりていてびっくりしましたし、仕事仲間に聞いたところによると札幌では何と雪が降っているのだとか‥。何とも体調が狂ってしまいますよね。しかし‥桜が咲いた後に気温が低くなると、花がキレイに咲いている時期が長くなるのがいいところです。明後日くらいまでは気温が低いそうなので、まだまだ写真のようなキレイな桜が見られそうです。これで日曜日に天気の崩れが少ないと、桜がキレイに咲いたまま、小中学校の入学式を迎えられそうですね。

2006年03月29日 (水)
■ 早起きさんに変身

姫様、朝の散歩中‥マガモがいるよいつの間にか、3月も終わりになってしまいますね。もうすぐ4月ですよ‥卯月ですよ。もしも、一年を夏と冬のふたつに分けたのならば、春分を過ぎているからもう夏なんですよ!当然ですが、日の出の時間はどんどん早くなり、日の入の時間はどんどん遅くなっているわけです。朝が暗くてねぇ‥なんて、つい最近まで言っていた気がするのですが、今日の横浜の日の出の時間は何と午前5時33分です‥。ズルズルと寝ているうちに、とっくに日が登っているようになってしまったのですよ。これはいけない‥そう思って、今週から少しは早起きするようにしました。

早起きして何をするのかというと、姫様と朝の散歩に出掛けるわけです。冬になって寒くなった頃から、姫様はカミさんと一緒に寝るようになっているのですが、暖かくてキモチいいせいか姫様まで朝寝坊になってしまっているのです‥。それはよくないので、キモチよさそうに寝ているところを半ば強制的に起こして散歩に連れて行ってます。散歩が好きでない犬というのもなかなか珍しいかと思いますが、姫様の場合はその珍しいほうに属しているわけです。朝起こすと「え~、どこに行くですか‥」という顔をして私の方を見るのです。それが、何よりも散歩嫌いの証拠ですよね。

寝起きが悪くて散歩が嫌いとはいっても、出掛けてしまえば姫様もそこそこに歩くわけです‥。まわりを見回してみると、私のように今になってやっと早い時間にシフトした人はきっと少なくて、多くの人はとっくに早い時刻に移行済みのようにも思えます。とはいえ、真夏の暑い頃に比べれば絶対数は少ないので、朝の散歩はまだまだ静かな中を歩くことになります。人や犬に邪魔されることが少ないので、鳥たちも緑道のところを悠々と歩き回ってますよ。写真は朝ごはんを求めて歩きまわっているマガモのつがいたち‥。姫様はマガモの動きがとても気になるのですが、鳥たちは全く知らん顔なのです‥。

2006年03月28日 (火)
■ 10inchチキンフライヤー

チキンフライヤー昨日の私のお願いがかなったのかどうかは分りませんが、雨は今夜から明日の朝にかけての短い間だけ降るようです。今日は自転車で会社に行けたし、明日も何とかなりそうです。一時期、だいぶ下がっていた自転車通勤率もやっと7割台に復活してきましたよ‥。今のところ、数字で見る限りは昨年の割合を維持していますね。この後、ある程度の増減は伴ったとしても、このままの割合を維持して行きたいところです。たかが通勤程度ですが、特別これといった運動をしていない私には自転車通勤が貴重な体力づくりになりますからね。

さて、またまた間が開きましたが、今日はわが家のダッチオーブンたちのご紹介の第8弾目です。8番目に登場するのは、チキンフライヤーです。チキンフライヤーは、今までにもパエリアのときや、フライドチキンのときに話に出てきています。名前のとおり、フライドチキンを作るときなどに活躍する「ちょっと深めの鍋」といったところ。サイズ的には、10inchスキレットや10inchキッチンダッチオーブンと同じ、10-1/4inch族の仲間にあたります。深さがあるだけに色々な調理に応用が効きますし、10-1/4inch族ということでキッチンダッチオーブンの蓋も共用できる優れモノなのです。

ダッチオーブンは、調理の用途に応じてサイズやら形状を選択したいところではあります。しかし、なかなかそういうわけにも行かないとなった場合、私のオススメとしては今日ご紹介したチキンフライヤーか、10inchキッチンダッチオーブンになるでしょう。もちろん、アウトドア中心であれば、12inchキャンプをオススメします。あ、それと、今更な注意点ではあるのですが、ダッチオーブンは蓄熱量がもの凄く多いので、とにかく火傷には注意してください。今日、うっかりしていてダッチオーブンに手のひらが触れてしまいました。ほんのわずかだけど、思いっきり焼いてしまいました‥イタタ。

2006年03月27日 (月)
■ 桜並木

恩田川の桜並木私の現在の自転車通勤路には、ソメイヨシノの桜並木が3ヶ所にあります。そのうちの2ヶ所は、会社の行きと帰りに通る路上にあるので、一日に延べ5ヶ所の桜並木を通過することになります。先週の月曜日には、ちょっと気の早い桜を1本見ただけでしたが、1週間経過して他の桜もだいぶ花を咲かせ始めました。先週の段階では、遠目に見た限りだと冬の景色とさほど変わらない感じだったのに、今週になったら冬の景色が急に春の景色になった感じでしたよ‥。

写真は通勤路上にある桜並木のひとつ‥ひとつとは言っても、この桜並木が始まったばかりのところで、川沿いを離れてしまうのです‥。恩田川沿いを離れる時に渡る、都県境の近くにある都橋の上から上流を眺めてみたところです(正面に少し見えている奇妙な形状の物体は、町田市立体育館)。全体的には、2分から3分咲きの木が多い感じでしたが、先週の気の早いやつも含めて、中には5部咲きくらいになっているものもありました。満開までにはまだ数日を要しそうですが、5分咲きくらいまでのどちらかと言うと咲き始めの感じというのが、「まだまだ先がある感」とも相まって、私は好きですね。

今年もこうして桜の季節があっという間にやって来ました。あれよあれよという間に桜は散ってしまいますから、ここ1週間ほどは気合いを入れて(?)桜の花を楽しみたいものです。しかし、明日と明後日の天気予報には、傘のマークがついているではありませんか‥。夜遅くに少しだけ降ることにして、どうか自転車で行かせてください。というのも、通勤路の桜並木は自転車で走った時だけ通る道にあるからです。みなさんのところには桜並木はありますか?短い間ですが、桜の花を楽しみましょう。あと、今週末は近所でいいのでお花見も行ってみたいところです。

2006年03月26日 (日)
■ サポセン

私のPC(ネットワークに繋がってません)昨日、ムギ君のウチでしこたま飲んでしまったので、例によって途中から記憶喪失です。きっとウトウトしていたに違いない‥。久しぶりに高レベルの二日酔い状態で昼まで寝込んでしまいました。しかも、ムギ君ママのメールの設定をきっちりと終えた記憶も無いから、おそらくメーラーの設定もやっていないはず。あああ、ごめんなさい。この続きは、カミさんに一応チャレンジしてもらうということにしておいて、ダメだったらまた呼んでください‥って、ことにしておこう。もしかしたらマグロ第二弾目が‥以下自粛。ところで、今日は横浜市長選挙の投票日です。体調がイマイチとはいっても、日頃から選挙権を行使せよと言っている手前、棄権するわけにも行かないので、姫様との散歩がてらカミさんと一緒に投票所の小学校まで行ってきました。その後、少し長めの距離をお散歩‥少し体調が戻ってきたかな。

どこかに出掛ける気にはなれないので、その後はパソコンで日記書き‥。と、困ったことにネットワークトラブルが発生!どうやら、DNSに辿りつけないようです。以前も同じようなトラブルが一時頻発していて、その時はしばらく待つと繋がったりとかしてました。結局、ハードウェア障害だったかで、何かの機器を変えて対処してもらった記憶があります。今回も一度は回復したのですが、二度目に繋がらなくなったらもう駄目でした。仕方がないので、サポートセンターがあいているうちに電話をしました。対応してくれたお兄ちゃんが「Windowsのスタート・ボタンを押して、コントロール・パネルを‥」などと言い出したので、すかさず「設定疑ってます?」って聞いちゃいましたよ‥。結局、IPアドレスの再割り当てをやってみたかったらしいのですが、それだったら「IPアドレスの再割り当てを試してみたいのですが、その作業を行うことはできますか?」くらいのことを聞いてくれてもいいのに‥。

2,30分くらい色々とやらされたけど、結局繋がらなかったので、「調べて折り返し電話します」とのこと。結局、ハードウェアのトラブルだったようで、修理担当者に連絡した旨の連絡がありました。うちが使っているプロバイダーのサポートセンターは、対応も丁寧だし結構いい方なんじゃないかと思うのです。でも、もう少しユーザーとの対話を通じて、どこに問題がありそうなのかということを素早く推測する力を身に付けて欲しいですね。昨日までは何の問題も無く繋がっていたものが、何の変更もしていないのに突然使えなくなったわけですから、ネットワーク側の問題をまずは疑って欲しいところです。まぁ、こちらもアピールが足りなかったということで、次回同じようなことがあった場合には、IPアドレスの再割り当てくらいは済ませた上で電話することにしましょう。結局、復旧するまでに何時間掛かったのか判りません(6時間近く直らないので寝てしまった)が、インターネットも今や重要な社会インフラですから、使えない事態が何時間も続くというのは困りものですね。

2006年03月25日 (土)
■ ホンマグロ

ホンマグロ解凍中今日の午後は、ご近所のオトモダチの家にお呼ばれしてきました。下の娘の同級生の男の子のウチなんだけど、シュナウザーの男の子とポメラニアンの女の子がいるのです。シュナウザーのムギ君がアジリティーを始めたのをきっかけに、姫様もミソっかすながらアジリティーに挑戦しているのですよ。そんな感じで、ワンを通じたオトモダチでもあるわけです。そのムギ君のおうちにお邪魔した一番の理由は、「Windows PCの起動が異様に遅いので何とかしてあげて頂戴」とカミさんにお願いされたから。PCは私の専門分野ではないのですが、IT関連企業に勤める身分としては、「判りませ~ん」では済まされないのが辛いところです。もっとも、PCのプロが難儀している問題の解決を依頼されているわけではないので、私にだって何とかできる問題のはず‥。

結局、Cドライブの空き容量が減っていたので、ページファイルを十分に割り振ることができずに立ち上がり動作が遅かったという、「比較的簡単な原因」なのでした。削除できる一時ファイル類を消して、マイドキュメントとページファイルの場所をDドライブに変更して終了‥。ついでにCドライブにチェックディスクとデフラグをかけておきました。PCを購入した時点で、パーティションが切られていた(しかも、CよりもDがずっと大きい)ようなのですが、これって今どきのPCでは普通のことなのでしょうか?昔と違って今は誰でもがPCを使う時代なのだから、パーティションを切っておくというのはユーザーにとって却って迷惑な気がするのです‥。早めに買い換えさせようというメーカーの魂胆なのかもしれないけど、対象ユーザーが普通の人のPCのディスクは、パーティションを分けておく必要は無いと思うのです。

一番の目的はさっさと終了したので、後は飲んで食べての楽しいひととき‥。ムギ君のパパはマグロを扱うお仕事をされている方で、ムギ君一家は「マグロは食い飽きた」という、何とも羨ましい境遇なのです。わが家はもちろんマグロには縁の無い一家ですから、ムギ君パパがPC調整のお礼(?)としてマグロをご馳走してくれました!何とも高額な修理費用ですよね。写真はコチコチに冷凍された状態のホンマグロ。これを解凍する方法にも「美味しくする技」というのがあって、色々と教えてもらいました(せっかくの秘技も活用する場が無いのが残念)。もちろん、お味の方は「ウマー!」でしたよ。しかし、一度でいいからこんな美味しいマグロを食べ飽きてみたいものです。「また、PCが不調にならないかしら‥」などと、不謹慎なことを思ったりして‥。

2006年03月24日 (金)
■ ホトケノザの座

ホトケノザ今週は火曜日が春分の日で祝日だったので、あっという間に金曜日になったような感じがしますね。今朝あたりはまた風が強くて、ピューピューとやかましいくらいでした。風が強い日は、風向きによっては自転車がなかなか進まなかったり、ふいに突風が吹くと大きく煽られて怖い思いをしたりもするのだけれど、だからと言ってそんな程度のことが自転車に乗らない理由になったりはしないのです。ということで、今日も自転車‥フタを開けてみたら、今週は皆勤賞でした。この調子が続いて欲しいのだけど、天気がなかなか安定しないのですよね。

いよいよ咲きだしたサクラをはじめとして、白木蓮やら辛夷などの目立つ花がだいぶ目に付くようになってきました。いずれも木に咲く花ですから、視線がついつい上の方に行ってしまうわけです。しかし、春はどこにも同じようにやってきているわけでして、上の方に行きがちな視線をあえて下の方に移してみると‥小さな花がたくさん咲いているのが目に付きます。しかも、それらの花は大きな花たちに決して引けをとらない美しさです。ただ、ひとつひとつは小さいので、思い切って近づいてみないことにはよく分らなかったりもしますけど‥。

写真は、今一番目立っているかもしれないホトケノザ(仏の座)というシソ科の植物。葉の形が仏様が座っている蓮華座のように見えることから、この名が付けられているようです。葉の形も変わっていますが、花の形も変わっているので、一度見たら忘れない形状なのではないでしょうか。このホトケノザは日当たりのよいところには結構生えているので、すぐに見つけられることでしょう。ところで、春の七草に出てくるホトケノザは、写真のホトケノザとは色も形も似ていないコオニタビラコのことですが、ホトケノザの座を明け渡してしまった理由というのが何とも気になるところではありますね。

2006年03月23日 (木)
■ 封書の透明部分

横浜市長選挙投票の案内昨日の雨は今朝方まで残っていました。姫様と散歩に行く時も急にバラバラと降り出して、傘無しでいたら、私も姫様もちょっぴり「しっとり」としてしまった‥。でも、今日は天気が回復する予報だったので、ポツポツ降る程度の雨は気にせずに今日も自転車で出勤しました。道路が濡れているので、ノロノロと走って行ったのですけどね‥。ところで、今週は火曜日が休日だったので、どうにも曜日の感覚がズレてしまいました。でも、今日は既に木曜日‥明日会社に行けば、また週末の休みがやってくるのですよね。週末と言えば、今度の日曜日は横浜市長選挙の投票日です。

先日、その横浜市長選挙のお知らせが来ました。いつもは、味気ない葉書が私とカミさんのそれぞれにやって来ますが、今回は封書がやって来ました。しかも、あて先の名前に私の名前とカミさんの名前が並べて書いてあります‥つまり、わが家に送られて来た封書はひとつということです。どうも、今回から世帯ごとにまとめて選挙のお知らせを送付するようになったらしいです。料金後納郵便の料金がどのように決まるのかは知らないので、世帯ごとに選挙のお知らせをまとめたことで、コストが下がったのかどうかは分りませんが‥。

しかし、封書を開けると出てきたカラー刷りのパンフレットにはちょっと驚きました。これはちょっと高そう‥しかも、都筑区版と書いてあるからには、区ごとに違うもの(期日前投票の案内の部分が違うみたい)を作っているのは確か。結局、高くついているように思えなくもありません。投票率を上げようという意気込みなのだろうけど、こんなことされなくても‥みんな、投票しに行きましょうね。ちなみに、あて先を読めるようにするために封書に設けてある透明部分を紙製にしてあるのは、分別回収の徹底のためには有難いです。どこぞの巨大電信電話会社も、これは見習って欲しいものです。

2006年03月22日 (水)
■ 渡れない‥

今日は久しぶりに近場の川崎で研修がありました。わが家から川崎に出るには、田園都市線で溝の口まで出て南武線で川崎に行くルートと、横浜まで地下鉄で出て東海道線などで川崎に行くルートのうちのどちらかを使うことになります。東海道線が速い分、横浜ルートの方が時間的には少し早く到着するのですが、駅すぱあとで見た「出発駅から到着駅」までの時間だけでも40分かかるので、前後の歩きの時間を入れると全く無駄なく行っても1時間くらい掛かることになります。

この電車のルートはうちから川崎までの最短距離から比べると、大回りでとっても無駄が多いのです。なので、最短距離の方を自転車で行く方が実ははるかに早い‥。距離にして12km弱‥アップダウンはほぼ皆無なので、自転車を「漕いでいる」時間は30分程度しかありません。今日の夜は雨の予報だったので、電車で行こうか自転車に掛けようか最後まで悩みました。でも、18時前後ならギリギリ何とかなるだろうと自転車で行ったのです(何とかならずに結局帰りは降られてしまったのですが‥)。とにかく川崎に自転車で行くのは久しぶり‥やっぱり自転車は早いですねぇ。

でも、狭くて自動車の多い道路はやっぱり嫌ですね‥。それでも鶴見川の土手の上などは快適なのですが、写真のように橋と交差するところ(写真は末吉橋)はなかなか渡れなくて最悪です。今日は工事をしていたので、この橋の向こう側は走ることができなかったのですが、自動車の流れが途切れるのをずーっと待たされることなく、橋の下側をくぐって向こう側に行けるようにしてくれればいいのに‥。鶴見川ももっと上流の方だと、そういった「自動車の通りと動線が交わらない工夫」がしてあるのですがね。交通量の多い下流域の方でこそ、そういう工夫が欲しいところだと思います。

2006年03月21日 (火)
■ モノクローム

散歩道をセピア色にしてみた今日は春分の日。春分の日というのは、地球の赤道面を宇宙の方にずっと広げて行った時に天空と交わる仮想線(天の赤道)と、天空上の太陽の通り道である黄道の線が交わる二つの点のひとつを太陽が通過する日のことです。言うまでもなく、ふたつの点のもうひとつを太陽が通過する日は、秋分の日。天の赤道と黄道が同じものではなく、二点で交わる円になっている理由というのは、ひとえに地球の地軸が傾いているからに過ぎないのだけれど、この微妙な傾きが四季の生まれる有難い理由なのですよね。

なんてことを思いつつ、春分の日の今日、ちょっぴり寝坊した今朝の散歩を姫様と一緒に‥。休みの日は、もともと散歩をする人も多い近所の緑道ですが、暖かい陽気になってきたので、いつにも増して人が多い感じ。ジョギングする人、犬の散歩をする人‥。私もカメラ片手に春の気配をパチパチと撮って歩きます。途中にある小さなサクラ(ソメイヨシノでは無い種類みたい)もポツポツと咲きはじめてました。で、突然なのですが、愛用のデジカメ(SONY Cyber-shot DSC-T3)にモノクロモードとセピアモードがあるのを思いだして使ってみました。

セピアカラーの写真というのは、モノクロームの写真が古くなって変色したものだから、元はモノクロームの写真です。写真を撮ってからの時間の経過というものが感じられるからか、何とも古めかしい感じの写真になりますね。色が無い写真というのは、色から受ける印象の一切が欠落するわけですから、そこに写っているモノだとか構図がより際立つ写真になるような気がします。モノクロームの景色は、いつも目にしている景色と異なるわけですから、いつもとは全く違う印象を受けることにもなるわけ。ということで、いつもの散歩道をセピアカラーで見てみると‥ふむふむ、やはり違うところに来たみたいに見えるから面白いですね。

2006年03月20日 (月)
■ 風の春休み

サクラが咲いた昨日の風は物凄かったですねぇ。あまりにも風が強くて空が茶色になってましたからね。最初、変な色の空を見たときに「大量スギ花粉襲来!」かと思いましたが、土埃だったのですね‥。もちろん、スギ花粉もいっぱい入っていたのでしょうが‥。そういえば、スギ花粉用の抗アレルギー薬ですが、まだ飲まないで過ごせてます。ほんとに直ったのかな?一夜明けて、今日は昨日の茶色い空が嘘のようにキレイな青空になってました。こんな日は、会社にまっすぐに行かないで、少しだけ回り道しちゃいます。

回り道にはいくつかバリエーションがあるのですが、こういう天気のよい日は川沿いの道をいっぱい走るのが楽しいです。ということで、いつもは渡るだけの鶴見川沿いを精進橋から下流方向へ走ります。1.5kmくらい走ると恩田川との合流点に出るので、今度は恩田川を遡ります。3kmちょっとでいつも走っているところに合流します。回り道といっても、せいぜい2kmくらい余計に走る程度なのですが、いつもと違う道を走るのは気分転換になっていいのです。遠くに小さくだけど、真っ白い富士山も見えたし、雲雀の声を聞きながら走る田圃の中も気持ちがいいのです。

いや~、春到来ですね‥なんてしみじみ感じながら走っていたら‥春の代名詞みたいな花が咲いているのを見つけましたよ。だいぶ暖かくなってきたので、さすがに蕾が大きくなってきたなぁと思っていたのです。でも、花芽が色づくまでにはなっていないので、咲きだすのは来週くらいかなと思ってました。でもね‥中にはこういう気の早いサクラもいるんですね。回りの木は花芽がまだ丸っこいのに、この木だけだいぶ花を咲かせていました。う~ん‥やっぱり、青空の下のサクラって綺麗ですね~。昨日、あれだけ吹き荒れたのだから、風さんにもしばらくお休みしてもらわなくちゃね。

2006年03月19日 (日)
■ カンチブレーキ

カンチブレーキ(TEKTRO製)SURLYのCross-Checkに乗り出してから、早くも3ヶ月半が経過しました。SURLYの前に乗っていたGTのサドルを移植した以外は、購入時のままの「素」の状態で乗っています。先日、会社に行く時にパンクしたことを除けば、何かが壊れたというようなこと(ま、3ヶ月だから当たり前だけど‥)もありません。毎日乗るうちに自転車のポジションにも慣れてきたし、Cross-Checkがだんだんと体の一部になってきているように感じています。

新しい相棒をこいつに決める前は、ディスクブレーキがついている自転車が欲しいとずっと思っていたのです。KONAのSUTRAとか、SCHWINNのSUPER SPORTとか、cannondaleのCyclocross Discとか‥。ディスク付きだと値段が少々お高くなるという事情もあり、ディスク無しのモデルを色々と選んでいるうちに、最終的にこのCross-Checkに行き着いたのが去年の夏の終わり‥。それから、3ヶ月と少し待った後に私のところにやってきたのは昨年の12月に書いたとおりです。

ディスクにはディスクの良さがあるのでしょうが、今ではすっかりこの少々古めかしいカンチブレーキが好きになってしまいました。今時のブレーキに比べれば絶対的な制動力は劣りますが、そういうものだと思って乗ればいいだけなので、利きが悪いというのは私にとってはさしたる欠点ではありません。しかし、欠点が無いわけではなく、マイノリティーであるがゆえに絶対的な種類が少なく、よって選択の幅が狭いのが大きな欠点‥。BOSSさんのREVOLVEに付いているような、クールなカンチブレーキが欲しいのですが‥。

2006年03月18日 (土)
■ クラクション

横浜市営バス(本文のバスとは関係ありません)昨日の朝、私はいつものように会社に行くためにSURLYに乗って、少しばかりの気だるさを感じながら港北ニュータウンの中を走っていました。センター南の先から、横浜上麻生道路(県道12号線)に突き当たるまでは、片道2車線の区役所通りを走って行きます。この辺りはそれほど混雑しているわけではありませんが、朝の時間帯ということもあって、それなりに自動車も走っています。いつも信号にひっかかる「福祉センター北」の交差点の先、葛が谷のエリアに入ったところで、私は思いっきり肝を冷やす事態に遭遇します。

自転車の速度は自動車のソレ程には上がらないですから、車道を走っていると自動車には次々と抜かれることになります。それには慣れっこになっているはずなのですが、今日の抜かれ方はちょっとドッキリしました。車道を走る私の横に、横浜市営バスの独特のカラーが一瞬見えた気がしたのです。しかし、その近さが半端ではないのです。実際にはもっとあったと思うのですが、その瞬間には30cmも無いような近さに感じられました。その近さにギョッとした瞬間に、こともあろうにこのバスの運転手はクラクションを鳴らしたのです。

悪意のある感じの鳴らし方ではないにせよ、ここまで寄っておきながら真横でクラクションを鳴らされると、さすがの私でもかなりビックリものです。「プロのドライバーのくせになっとらん!」‥とは怒ってみても、どこの世界にもしょうもない人間はいるので、こういうのは無くならないでしょう。横浜市営バスのドライバーが、一人残らず技術的にも人間的にも優秀なドライバーになるのを望むのは無理としても、せめて組織として継続的に安全に対する教育をしていって欲しいわけです。乗客の安全はもちろんですが、まわりの安全のことにも気を配って欲しいわけ。あ、ちなみに写真は問題のバスとは関係ありません。

2006年03月17日 (金)
■ 危険運転致死傷罪

サレジオ学院の交通事故に関する要請書(部分)昨年の10月17日、私の家の近くにあるサレジオ学院の前の歩道上で、高校生2名の命を奪い7名を重軽傷に至らしめた大惨事が起きたことを記憶されている方も多いと思います。ひと月ほど前の話になるのですが、この事件の初公判が本年の2月14日に横浜地裁で行われたそうです。事故当時、時速100km/h以上が出ていたのかどうかが争点のひとつになったようですが、罪状認否において被告人は「時速100km/h以上出ていたという記憶はなく、危険運転にはあたらない」と主張したということです。これを聞いて、私はとてつもない不快感に襲われました。

その時の速度が、100km/hだろうが40km/hだろうが、そんな数字には大した意味は無いと思うのです。2名の命を奪い、7名を傷つけた‥この結果を被告人はどう受け止めているのかを是非問いたいのです。折りしも、今日のニュースで「赤信号で停止中の前車をよけて右折しようと、反対車線に時速20km/hではみ出したところ、対向してきたトラックと正面衝突し、相手に全治8日の切り傷を負わせた」という、2003年の11月に札幌市で発生した事故に対し、最高裁が危険運転致傷罪を適用したということを報じているのを目にしました。

札幌のその事故と比べて、サレジオの事故がいかに危険であったかは、小学生の子供にも十分に理解できるレベルのはず。写真は、被害者の方々が「罪の意識のかけらもない被告」に対し、危険運転致死傷罪を適用し、法律上許される最長期の実刑を科すよう、裁判官に要請する文書(の一部)です。趣旨に賛同する人が署名をするようになっている用紙なのですが、もちろん迷うことなく署名させていただきました。危険運転致死傷罪の最高刑が適用されるだけでなく、こういう人には二度とハンドルを握って欲しくないものです。

2006年03月16日 (木)
■ 久しぶりに‥

飲み屋にて‥今日は何ともめまぐるしく天気が変化した一日でしたね。朝のうちは快晴のいい天気だったのに、夜遅い時間にはもの凄い風と雨が吹きつけたりして‥。今日はたまたま久しぶりの仕事仲間に会って飲みに行く予定にしていたので、自転車に乗るのをお休みしたのですが、その予定が無くて天気予報も見なければ、間違いなく自転車で会社に行った日だったことでしょう‥。帰る時には、あまりの風の強さに傘が壊れてしまいましたよ。自転車じゃなくてよかった。

その、久しぶりの仕事仲間が東京に来ることになったので、私の家と彼の宿泊先の中間をとって、渋谷に飲みに行ったのです。渋谷で飲むなんていうのは、本当に久しぶりのこと‥。もちろん、行きつけの店などという洒落たものがあるはずもありませんので、適当に当たりをつけて和風のお店へ‥。適当に入った店ですので、残念ながら料理などは特筆すべきことは無かったです。しかし、静かな店だったのが幸いで、喧騒に邪魔されることなく楽しいひとときを過ごすことができました。

一緒に仕事をしていた頃から5年くらいは経過しており、こんな風に飲みに来たのも何年かぶりなのですが、本当に苦楽を共にしてきた友人でもありますから、ビール1杯目のしょっぱなから盛り上がること盛り上がること‥。お互いに無理を言い合って、「お前にだけは負けない」という変な意地を張り合ってきた相手だからこそ、いつまで経ってもこうやって楽しいひとときを過ごすことができるのですね。「あの時はよく頑張った」‥いつかそう言い会える仲間が増えるように、明日からも頑張らなくちゃ‥そんな気持ちになった、いい夜でした。。

2006年03月15日 (水)
■ 新緑

柳の新芽今日も昼間こそ暖かくなったようですが、朝のうちは寒かったですねぇ。まだ遅めの時間になったままの朝の散歩の時には、公園は霜だらけ、水溜りは氷が張った状態でしたから‥。会社に出掛ける頃には、日差しが暖かくてキモチイイ感じになってきましたが、風はやっぱり冷たかったのです。でも、この「ひんやりとした風と暖かい日差し」の組み合わせというのは、自転車に乗るときの最高の組み合わせと言っていいかもしれません。きっと、あっという間に暑くなってしまうから、この「ひんやり感」を楽しんでおかないとね。

梅の花はひととおり咲いた感じになりましたし、梅以外の花もだいぶ目につくようになってきました‥。今日くらい天気がいいと、春真っ盛りという感じがしますよね。それもそのはず、気象庁発表のさくらの開花予想が当たれば、あと10日もすればこの辺りはさくらが咲くのですから‥。今日は、高知気象台が全国のトップを切ってさくらの開花宣言を出したというニュースをやっていましたが、これは昨年より16日早く、平年よりも8日早いのだとか‥。今シーズンは冬が寒かったので、春が一気に駆け足でやってきた感じが余計にします。

花だけでなくて、木々の新芽も徐々に目につくようになってきました。写真は、通勤路の途中にある柳の木の様子‥眩しい黄緑色と、風に揺れる様が何ともいい感じです‥。美人のたとえとして「柳腰」などといいますが、これを見ていると何となくわからなくもないです(ちょっと難しいか?)。木々の表情としては、秋の紅葉の美しさを挙げる人が多いと思いますが、私は春の新緑にもまた格別な美しさを感じます。写真のような「青空と新緑」の取り合わせを見ると、アウトドア遊びに行きたくてウズウズしてくるから不思議ですよね。まずはお花見からスタートかな?

2006年03月14日 (火)
■ コンビニ決済

LAWSONのLoppi(ロッピー)昨日、今日とまた寒さがぶり返した感じですね‥。陽だまりにいればそこそこに暖かいのですが、風が冷たいので、日が陰ったり汗かいたまましばらく止まっていたりするとテキメンに冷えてくるのです。それでも真冬に比べれば気温はずっと高いはずですが、ここしばらく暖かくなってきて体が油断していたので、そこで寒くなると辛いのですよ‥。「暑さ寒さも彼岸まで」などと言いますから、こういうのももう終わっていい頃になって来たはずなのですが‥。

先日、ネットで購入したあるものの代金を支払うのに、今日の会社帰りにコンビニ決済なるものを初めて利用してきました。決済なんて聞くと、おおごとのように聞こえますが、要は売買取引を完結させるための代金の支払いのこと‥。我々が子供の頃の一般人の決済と言えば、おそらく現金売買だけだったと思いますが、最近であれば決済機能のついたクレジットカードの一枚くらいは、社会人なら誰でも持っているくらい一般的なものになっているはずです。ネット上の取引も一般的になってくると、クレジットカード以外の決済方法も色々と考えられているのですね‥。

今日、使ってみたコンビニ決済というのは、「ネットでお買い物」→「メールで番号が送られてくる」→「コンビニに備え付けの端末で送られてきた番号(と自分の電話番号)を入力」→「伝票が印刷されるのでレジで支払い」という手順のうち、うしろの二つのことをコンビニで行うというものでした。おそらく、どこのコンビニ決済でも似たような手順だと思いますが、カードの情報が漏れて悪用される‥というような心配が無い分、安心して利用できるような気がします。ふだんは「作り過ぎ‥」と、文句をたれているコンビニですが、こういう時は「開いててヨカッタ」と思う次第‥人間って勝手です。

2006年03月13日 (月)
■ 回復系アイテム

SUNTORY POTION Premium Box虎穴のtacknpopさんが、先週の金曜日にポーションを買った話をアップしていました。それに刺激されて、私もポーション探しの旅に出ることにしました。ポーションというのは、誰でもおそらくその名前くらいは聞いたことがあるFINAL FANTASYというゲームの中に出てくる回復系アイテムのこと‥それを飲むと元気が少し回復するというシロモノです。FINAL FANTASY XIIの発売にブツけて、SUNTORYがゲーム中のアイテムを現実の世界に引っ張り出してきたというわけです。

ゲームの中の世界では、ポーションというアイテムはどこの店でも売っているような「ありきたり」のアイテムなのです。しかし、現実の世界では、普通のポーションはともかくプレミアムボックスの方はなかなか売っていないのです。売り切れたと思われる跡は残っているのですが、ブツがなかなか無い‥実はエクスポーション並みのレアアイテム(実際に通常版より値段が高いし)なのか?と思いつつ、5軒目のFamily Martでやっと発見!ふたつあった箱のどちらか迷って手にしたものは写真のタイプ(6種類あるそうな)でした‥あああ、箱の絵のようなトンガッた蓋のが欲しかったのに‥。

といっても、この蓋は単なる飾りの蓋なので、瓶の中の液体をこぼさないようにするという蓋本来の機能が一切ありません‥。本来の蓋は、ただのスクリューキャップで、6種類の形状があるという飾りの蓋は本当に乗っかっているだけ‥何となく騙された感じがしないでもありません。肝心の‥というか、どちらかというとオマケ的な中身の方のお味は‥エルダー、カモミール、セージ、タイム、ヒソップ、フェンネル、マジョラム、マンネンロウ、メボウキ、メリッサと、これでもか!のハーブ入り。こちらの方は、ちょっぴり妖しい雰囲気を醸し出すのに成功してるかも。でも、これを飲んで回復するかは‥怪しいけどね。

2006年03月12日 (日)
■ Hawaiian Print

Hawaiian Printの生地昨日、姫様がトリミングしている最中にカミさんのリクエストにより、鎌倉まで行きました。行き先は、昨日の記事の中でも書きましたけど、SWANYという生地(布)のお店です。何でも手作り大好きな女性には有名な店舗のようで、結構混雑しているのです。店舗に面した道路の反対側に駐車場があるのですが、私のように奥様の趣味の犠牲(?)になった旦那連中が、車の中で退屈そうに待っている姿が好みの生地を真剣に探す奥様方と対照的で可笑しいのです。

車を駐車場に止めた後で、カミさんを追って店内へ行きました。私の場合、洋裁(もちろん和裁も‥)などというものとは無縁ですが、素材としての生地を見ているのは結構楽しいのです。カミさんに言わせると、SWANYには色柄的にも値段的にも思わず買いたくなる生地がたくさんあるそうで、なるほど私のような素人が見ていても意外と飽きないものです。ところで、カミさんの目下の楽しみは姫様の洋服づくり‥ということで、生地探しも姫様が中心なのです。姫様に似合いそうで、かつ安い(コレ重要!)生地はどれだ?

姫様用の生地、娘たち用の生地、カミさん自分用の生地‥あっという間にたくさんお買い上げです‥。私は特に何かが欲しいというわけでもなかったので、今回は特に無し‥。今回は何も買わなかったけど、気になる生地はいくつもあります。その中のひとつがコレ‥。ハワイアンプリントの生地です。今の季節はともかく、真夏の暑い時期にとても似合う柄の生地‥。気に入った柄の生地を買って、さささっとアロハシャツのひとつでも作れたらどんなに楽しいことでしょう。シャツっていうのは作るのが大変らしいので、私はもちろんのこと、カミさんでも作るのは厳しいのだとか‥。誰か作ってくれないかなぁ。

2006年03月11日 (土)
■ シュナカット

トリミングしてさっぱりの姫様今日は昨日とはうって変わってとてもいい天気!前回のトリミングの時に、「次は、ひと月後くらいに来てくださいね~」と言われていたので、今日はサンシャインに行ってきました。10時からの開始なので、8時半に家を出発。途中、下の娘をカミさんの実家に下ろして(今日はお泊まり)から葉山方面を目指します。サンシャインに行く時は、たいてい環状2号を通って「新横浜 → 東戸塚 → 港南台 → 朝比奈 → 逗子ハイランド → 葉山御用邸」と下の道を辿って行くのですが、陽気のせいか今日は車が多かったです。

ということで道路が少し混んでいたので、サンシャインへはちょっとばかり遅れての到着。姫様はさっそくトリミングへ‥。産まれて3週間の仔犬を見せてもらったのですが、ちっちゃくてとにかくカワイイ!3ヶ月くらいの子犬もいて、これまたカワイイ!!姫も小さいので子犬のように見られることが多いのだけど、やっぱり本物の子犬(?)は仕草が違いますよね。いつか、うちにもう一頭やって来ることになったら、子犬の頃から一緒に生活できると楽しそうです‥。姫を預けると手持ち無沙汰になってしまうので、トリミング終了予定の13時半までは、近所で時間つぶし‥今日は、カミさんが鎌倉にあるSWANYという生地屋に行きたいというので、そこで時間つぶしをすることに。

昼食はマクドナルドで質素に済ませ、逗子の魚屋で晩のおかずを買ってから、姫を受け取りにサンシャインに戻りました。季節も春らしくなってきたからか、今回の姫様はすっきりと短めな感じです。前回のトリミングは、毛足の長い部分と短い部分がくっきり分れていて、なかなかゴージャスな感じで好きだったのですが、今回のさっぱりしたのもいい感じです。シュナカットというのは強面になるから嫌う人もいるようですが、シュナをシュナらしく見せるにはやっぱり正統派シュナカットですよ!ということで、私はシュナカットが好きです。姫はチビッコなので、強面くらいの方がちょっとは脅しが効いて(?)いいかもしれないしね。

2006年03月10日 (金)
■ 法定12ヶ月点検

12ヶ月点検‥73,261円今日は一日天気が悪くて寒かったですねぇ。ずっと布団に入ったままでぬくぬくと過ごしたかったくらいですよ‥。さて、先月の24日に自動車を車検に出してから、早くも2週間が経過してしまいました。そこで、今日は有給休暇を取得して車を法定12ヶ月点検に出して来ました。え?自動車を点検に出すくらいで休暇を取るのかって?それはそうなのですが、ディーラーへの持込と引取りをやると、それで2000円浮くのですよ。それに休暇は前倒しのつもりで消化して行かないと年末になって慌てますしね。

ということで、ディーラーが開く朝の9時半に車を届けました。今回は、おそらくブレーキパッドを交換することになるだろうということで、点検費用がいくらになるのかがちょっと怖いところ‥。ところで、今年は車検の年ですから、普通であれば24ヶ月点検なのです。ですが、今日お願いしたのは12ヶ月点検‥どうしてなのでしょうか?24ヶ月点検の方には、車検のときの検査項目が含まれているので、車検に通ったのなら「やらなくても問題なし」ということなのでしょうか。本当のところはよく分らないのですが、24ヶ月点検をやってくれとお願いしても12ヶ月点検しかやってくれないのですよね。

結局、昼前には終了したとの連絡があったのですが、色々とあって受け取りに行くのが夕方になってしまいました。やはり、ブレーキパッドが減りきっていたとのことで、前後ともに交換になってしまいました。ブレーキパッドの部品代が22,400円、工賃が13,800円(それぞれ消費税別)かかったのを含め、12ヶ月点検の総費用は消費税込みで73,261円でした‥ううう、結構高いです。ブレーキパッドの交換は車検ごとにあるわけではないし、仕方がないのですが、タイヤも交換したばかりなので辛いところです。点検の結果、バッテリーもかなり弱っているとのことで、もう少し出費がかさみそうです。

2006年03月09日 (木)
■ うふプリン

キャトル製「うふプリン」先週の土曜日に地下鉄に乗って友人の家に遊びに行ったという話をしました。その友人は私の中学時代からの友人で、何かの機会に時々会っているのです(ここ数年、厄払いで川崎大師に行ったりしています)。土曜日は、自転車の整備をするために彼の家に行ったのですが、その後でうちに泊まりで遊びに来たのです。夕方、センター北の阪急に買い物に行った時に、彼がコレを見つけてうちの子供へのおみやげとして買ってくれました。

阪急へは、イベントか何かでたまたま出店していたようなのですが、もともとこれは目黒区柿の木坂にあるキャトルというお菓子やさんの「うふプリン」というプリン‥。「うふ」というのは、「うふふふ‥」という笑いの「うふ」ではなくて、フランス語での「卵」から来ているそうです。その名前のとおり、卵の殻がそのままプリンの容器になっているのです。なんともまぁキレイに割るものだと感心しますね。卵パックそのもののような容器に入っているのもカワイイ感じです。

自他共に認める酒飲みの私ですが、実はスゥイーツも嫌いではありません。プリンだってもちろん大好きです。味の方は、なめらか~というよりは、結構しっかりとした感じで、どちらかというと昔ながらのプリンという感じ。殻の底の方にはカラメルソースもちゃ~んと入っていますよ。この、うふプリン‥下手するとスプーンひとすくいで全部食べられちゃいますが、この控えめな量がまたいい感じですね。誰ですかぁ?これだったら1パック食べても足りない‥なんて言ってる人は!?

2006年03月08日 (水)
■ 初パンク

サイドウォールが裂けてしまった今日はまた一段と暖かかったですねぇ。まだ冬の装いのままの自転車通勤スタイルでいるのですが、だいぶ汗ばむようになってきたので、春のスタイルに変える日をそろそろ見定める必要がありそうです‥。でも、この時期はまだ急に寒くなったりすることもありますので、結局は着たり脱いだりして調節することになるのですよね。暖かかった今朝は、恩田川に出る前の北八朔あたりで上着を脱ぎました。上着を脱ぐと少し身軽になった感じがしますし、何より涼しくてキモチいいですね‥。

恩田川沿いは、春先に出てくる虫がいっぱい飛んでいたので、ゆっくりと走りました。天気もいいし、暖かいし、ゆっくり走っているしで‥ポワ~ンとしていたのですが、環状4号を越えたあたりでフイに後輪からプシュー音が‥。あああ、こりゃパンクですよ。しかも朝っぱらから‥ツイてない。前回のパンクから4ヶ月ぶりで、SURLYでのパンクとしては初めてです。なぬ?初モノとはおめでたいな‥いやいや、全然めでたくなんかありませんよ!と、怒っても仕方がないので、パンク修理ショップの開店です。天気がよくて暖かいのがせめてもの救いでしたね。

また、前回のように変なものが刺さったのかとタイヤを見たのですが、何も刺さっている気配は無し‥。よく見ると、タイヤのサイドウォールの部分が裂け気味になっているではありませんか。何ともこれはツイてないです‥。これの原因になりそうなものを少し探してみたのですが、結局原因は判らずでした。しかし、MTBよりは華奢なタイヤとはいえ、こんなに簡単にサイドウォールが切れてしまうとは‥。今履いているタイヤが減ったら、少し太くてゴツイのにしようと思っていたのですが、まだ3ヶ月しか経ってないのですよね‥。もったいないからもう少し使うことにします。

2006年03月07日 (火)
■ 花粉症は治る?

花粉症治療に関するポスター昨日、みなさんが「ああ、春だなぁ‥」と感じるのはどんなときですか?という話をしました。私が春を感じるのは、春一番が吹いたときなのですが、みなさんの中には「花粉症の症状が出たとき‥」という方がいらっしゃるかもしれません。日本で一番有名な花粉症といえばご存知スギ花粉症ですよね。日本でスギ花粉症が最初に認知されたのは、それ程古い話ではなくて、1963年か64年頃のことだそうです。私が産まれた頃の話なのですね‥十分に古いか‥。

それ以降スギ花粉症の患者は増え続け、今では国民の10人に1人程度が、一説によると東京近辺では5人に1人の割合でスギ花粉症に罹患しているのだとか‥。スギが植林されている地域の近くよりも、ずっと離れた都会に患者が多く見られることから、スギ花粉症は都会病であるとか、現代病であるとか言われるわけですが、そのメカニズムはよく分っていないというのが実際のところのようです。でも、花粉に接しなければアレルギー反応が出ないわけですから、マスクやメガネをして、なるべく花粉に触れないようにするのが予防の手段のひとつだと言われるのですね‥。

しかし、私はあの格好がどうしてもダメなのです‥あれで生活するのは苦痛です。ということで、処方してもらった薬を飲んで対処しています。今年のスギ花粉はそれ程多いわけではないようですが、さすがにそろそろ飛散が始まったようです‥。既に鼻がグズグズしている人もいるようですが、私は今のところ何ともない感じ‥。「もしかして、体質改善しちゃって直っちゃった?」などという淡い期待をしているのですが、それは無理な望みというものでしょうか‥。とりあえず、目薬と飲み薬を持ち歩いて生活していますが、服用はせずにもう少し様子を見ることにします。使わないで済んだらラッキーですね。

2006年03月06日 (月)
■ 春を感じるとき

今年は梅の花が遅いです姫様との朝の散歩の時間は曇り気味の天気でした。その時は風があまり強く吹いている感じではなかったけど、空の雲は風の強い日の特徴的なツルンとした表面になっていました。会社に行く頃から南風が強くなってきて、暖かいな~と思っていたら今日は春一番だったそうです‥。走っている時に「ああ、これは春一番かもな」と思っていたのですが、やっぱりそうでした。

みなさんが「ああ、春だなぁ‥」と感じるのはどんなときでしょうか。梅の花が咲いたとき?春一番が吹いたとき?桜の花が咲いたとき?人それぞれ春を感じるものって違うかと思いますが、私の場合は「春一番が吹いたとき」でしょうかね。春一番の暖かい南風のせいで、横浜地方気象台の最高気温は摂氏16.2度まで上がったそうです。これは4月上旬くらいの気温なのだとか‥。でも、明日はまた平年並みの気温に戻るそうなので、体調を崩さないようにしないとね。

また、今日は二十四節季の啓蟄‥啓蟄とは冬眠していた虫たちが穴から這い出てくるという意味を持つ言葉です。そんな啓蟄の日に春一番が吹くとは、虫たちも暖かさにつられて余計にゾロゾロと這い出てきてしまうのでしょうか。虫嫌いな人は想像するだけで鳥肌が立ちそうです。私、昔に比べれば苦手にはなったけど、それでも虫はまだ大丈夫なほうです。ですが、これからしばらく川沿いの道にいっぱい飛ぶようになる小さい蚊のような虫は、顔にたくさん当たってキモチワルイからちょっと嫌いかも‥。

2006年03月05日 (日)
■ 地下鉄で‥

電車に乗ってお出かけ今週末はとても天気がよかったですねぇ。日がさしてポカポカといい天気‥なんて感じがしましたけど、今日はともかく昨日は風が少し冷たかったので、意外と気温は上がらなかったようですね。で、昨日の話なのですが、私の友人の家にちょこっと遊びに行きました。遊びに行ったというよりも、自転車の調子が悪いから見てくれと以前からずっと言われていて、その約束をやっと果たせたという感じなのですが‥。

いつもなら車で出掛けるわけですが、今日はみんなで地下鉄に乗って出掛けました。というのも‥その友人の家は横浜の田舎のわが家とは違って横浜の中心部にあるものですから、車で行ったとしても止めておくところが無いのですよね。いや、無いというのは正確ではなくて、駐車場はたくさんあるのだけれど、止めるとバカ高い料金が取られるので、バカらしくて車では行けないというだけのことなのだけど‥。自転車くらいに小さくたためる車があったら便利だろうなぁと真剣に考えてしまいますよ。

ということで、写真は地下鉄の車内‥。横浜市営地下鉄は、地下鉄とはいっても田舎エリアは地上を走る部分もあるために、車内がこんなに明るい時もあるのです。姫様もキャリーバッグに入って初めての電車体験!(ケージやバッグに入っていれば、犬も地下鉄に乗ってOKなのです)見たことの無い乗り物と、聞いたことの無いガタガタと奇妙な音がしたので、姫様もちょっとばかり緊張気味でしたが、何事もなく目的地に到着!みんながカワイイ~って言ってくれるから、電車での移動は結構楽しいかもね。

2006年03月04日 (土)
■ 手に触れるもの

Hppy Hacking KeyboradとELECOM PALVO先週、PC DEPOTでメモリを買った時に目についたマウスを一緒に買ってきました。今まで使っていたマウスは、数年前に秋葉原で自作PCのパーツをまとめて買った時に「とりあえず安いのにしておこう」ということで、格安で売っていたヘンテコなマウスだったのです。さすがにだいぶくたびれた感じになってきていたのと、ホイールの動きがいまひとつだったこともあり、新しいマウスが欲しいと思っていた矢先にPC DEPOTでこれが目に入ってきたのです。

玄人な方はマウスなどに触れずにPCを操作しちゃいますが、私程度のレベルの人間はコレが必要なのです。手に触れるものということもあるでしょうが、いろんな種類があって選ぶのも大変‥機能の差なんてものもよく分りません。なので、私などは「あ、これカワイイ‥しかも高くない!」ってな理由で買ってしまうわけです。メーカーのELECOMのページによれば、新感覚デザインなのだとか。機能中心ではなくて、デザイン中心‥まぁ、そういうのもいいじゃないですか。使い勝手は悪くないですが、私は結構この手のものに鈍感なので、私のレビューは当てにならないです。あ‥でも、変に光ったりしないところは好感が持てますね。

しかし、マウスはともかくとしてキーボードには結構ウルサイ方かもしれません‥選ぶのにも結構時間が掛かりましたし。結局、今使っているキーボードは、Happy Hacking KeybordのLite 2というもの。キーのストローク感などが私にはしっくりくるのです。全体的にサイズが小さいのも嬉しい限り‥。キーの入力音が少々うるさいのが唯一の欠点ですかね。当時は普通のJIS配列を買ってしまったのですが、どうせローマ字入力なんだから英語配列を買えばよかったな‥。でも、今買うのだったら、絶対にこっちの無刻印モデルですね。ううう‥欲しいかも‥今使っているのを会社で使うことにして買っちゃおうかな。

2006年03月03日 (金)
■ 南部美人

ちらしずしと日本酒さぶろう(南部美人)2月の後半から何となくスッキリとしない天気が続いていますね。雨は降らないにしても、いい天気だな~ということが少なかったし、ここ数日に至っては夕方頃に雨が降ってばかり。気分も晴れやかな会社からの帰り道だというのに、ペダルを漕ぐ脚にもいまひとつ力が入らないという感じでした‥。しかし、今朝は久しぶりにいい天気で陽射しもあり、本格的な春到来を思わせる暖かさになる予感がありました。本当に久しぶりに気持ちよく自転車に乗って会社に行けましたね。なのに‥午後から急に曇ってしまい、雨まで降り出す始末でした。

今日、3月3日は桃の節句で雛祭り。わが家はカミさんはもちろんのこと、子供2人も姫もみ~んな女性陣なので、雛祭りには力が入るようです。今日は金曜日でもありますし、ここ数日帰宅が遅めの時間だったので、今日は早めに帰って来ました。雛祭りということで、今晩のご飯は「ちらしずし」なのです。今日、会社の食堂にもちらしずしが出ていましたが、雛祭りとちらしずしの関係というか、由来というのは何なのでしょうかね。まぁ、雛祭りに江戸前すしよりは雰囲気的に似合ってる感じはしますが。(個人的には江戸前の方が食べたいなぁ~)

去年の雛祭りには、白酒の話なぞを書きましたが、今年も結局白酒を入手しないうちにこの日になってしまいました。今日は白酒じゃなきゃ駄目だ‥などということは全く無いのですが、いつものようにワインというよりは日本酒が雰囲気なので、写真の日本酒を飲むことにしました。この「さぶろう」は、いつも行っている吉祥さんが南部美人と一緒に作ったオリジナルなのです。南部美人は、岩手の二戸にあるそうです。日本酒を飲むと、なぜかその土地に行ってみたくなるのですよね‥。私にとって、日本酒は久しぶりにいただくお酒なのですが、やさしい味でなかなかいい感じでした。

2006年03月02日 (木)
■ 日本ブログ協会

BE-PAL 2006年4月号予告スーツも着ないで毎日自転車に乗って会社に行っている私の仕事は、小学生の娘の友人達から見ると何なのか分らないだろうと思います。娘も友人に時々聞かれたりすることがあるそうで、そういう場合には「私の父親はメッセンジャーなんだ」と言っておけと、常日頃から言い聞かせているのですが、まったくもって相手にしてもらえません。で、本当のところは何なのさというと、現在世間では評判がいまひとつよくない「IT関連業種」というものだったりします。いや、カッコよく言うとそうなのだというだけですが‥。

なので、IT関連の話題に疎くならないために、ネットで最近の話題等はできるだけ見るようにしています。月曜日にした電気用品安全法の話題の中に出てきた、小寺信良氏のblog(コデラ ノブログ)の記事なども、時間をみつけて読んでいます。そのコデラ ノブログの昨日の記事「何がしたいのか総務省」を見て、しばらく笑いが止まりませんでした。その記事によると、総務省が日本ブログ協会なるものを設立したのだそうです。小寺信良氏(のギャグ)によれば、この日本ブログ協会はブログの女王として名高い眞鍋かをりの天下り先として作ったもので、総務省の役人どもが”生”眞鍋かをりを見たいがために作ったものなのだと‥。

いや、ホントに何をしたいがためにこんなヘンテコリンな協会を作ったのでしょうか。そりゃあ、私などもこうして毎日ぺちぺちと日記を書いているくらいですから、ブログというものも日本国民にだいぶ浸透したのでしょう‥わが家の小学生の娘だって、何ものかを理解しているかは別としてブログという単語は知っていますしね。だからと言って、役人までがノコノコと出てきて何をやるというのでしょうか。こんなものを作っているゆとりなんて皆無のはずなのに‥きっと、近いうちに袋叩きに合うのではないでしょうか。この協会の職員の仕事というものが、大量にあるブログを読み漁ることだったりしたら、それはそれでちょっと楽しそうなのですけどね‥。