14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2007年04月27日 (金)
■ バイオガソリン

4/27日のガソリン価格今日、4月27日からバイオエタノールの入ったバイオガソリンが首都圏のガソリンスタンドで試験販売されるという記事を読売新聞の朝刊で読みました。そういえば、リニューアルオープンするガソリンスタンドの広告が新聞と一緒に入っていたけれど、そこにもバイオガソリンのことが書いてあったような気がします。ということで、会社の行き帰りにあるガソリンスタンドを観察してみたけれど、どこにもバイオガソリンのことは書いてなかったですね。一部のスタンドだけなのか、ひっそりと売られているのか。それにしても、ガソリンはまだまだ高いですね‥。

バイオガソリンというのは、植物由来のバイオエタノールが使われているわけですが、これが注目される理由には環境問題が背景としてあります。大気中から二酸化炭素を吸収して植物は生育するので、その植物を燃焼することによって生じる二酸化炭素については、大気中の二酸化炭素の総量が変わりません。この考えをもとに「二酸化炭素の排出量には計上しない」というルールを京都議定書において定めたのがバイオガソリンが注目される理由‥。日本でも京都議定書の目標達成計画の中に、2010年までに原油換算で50万キロリットル分を植物由来の燃料で補うことにしているのだそうです。

日本のバイオガソリンは、設備費投資の問題等から、バイオエタノールを直接ガソリンに混合する方式ではなく、バイオエタノールをETBE(エチルターシャリーブチルエーテル:C2H5OC(CH3)3)という物質にいったん変えて、それをガソリンに混合する方式を採用しています。しかし、この方式で50万キロリットルの数値目標達成は難しいそうで、21万キロリットル止まりなのだとか‥。海外だと直接混合の方式を採用している国も多くあるようで、なぜ日本では実現できないのかがよくわかりません。それに、有害物質としてガソリンへの添加がされなくなったMTBE(CH3OC(CH3)3)と同じようなことはないのか‥などが気になるところです。

| Top |