14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年01月24日 (木)
■ ゴム劣化

Columbia Bugabarn boot昨日の雪は横浜での初雪だったということです。東京都心でも2年ぶりの積雪だったそうですね。昨日の写真にあるように、朝うちを出て行くときにはすでに積もり始めていましたので、ここぞとばかりに防水のブーツをひっぱりだして履いていきました。もう、何年前に買ったのかすらよく覚えていないのですが、ここに越してくるちょっと前か越してきた後か‥それすらよく覚えていないので、かなり昔のことでしょう。それが写真のColumbia Bugabarn Bootなのですが、横浜で買ったのではなかったかな。

昨年は雪が積もるどころか、降ったうちにも入らないほどにチラついた程度でしたよね。だから、このブーツの出番なども昨シーズンには一度もなかったわけです。このブーツはおそらく2005年の春に履いたきりになっていたのではなかったかな‥。というわけで、モノが古いだけではなくて、履くのも久しぶりという状態でした。でも、この靴がある限り、雪が積もっていようと巨大な水溜りがあろうとと鬼に金棒とばかり、足許のことは何も気にせずにいつもの緑道を歩いて駅まで行けたわけです‥。そのおかげで雪景色の写真を何枚か撮ることもできたのですけどね。

そこまではいい具合だったのですが、あざみ野に着いた頃に靴のゴム部分に大きな割れ目を発見し、会社に着くころにはさらに深刻な状況へと変化‥。どうも、ゴムの部分が完全に劣化してしまったようで、ひび割れが拡大する一方なのでした。結局、仕事を終えて(仕事中は別の靴でしたが‥)家に着くころには写真のようにボロボロな状態になり、修理の効くような状態でもないので、泣く泣く捨てることになってしまいました‥。防水ブーツは役立つことも多いので、早めに代わりとなるものを買わないと‥。もちろん、次回はキツすぎずにちょうどいいサイズのものを買わねばなりません。。

| Top |