14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年05月03日 (土)
■ どうせ降るなら‥

テントとタープを張って一段落GW前の天気予報では、GW期間中は初日の4月26日と最終日の5月6日にやや崩れるという感じでした。昨年のGWも最終日が雨だったので、雨が確実に降りそうであれば、1日早い撤収も視野に入れて行動するつもりでいました。しかし、一昨日あたりに予報が変わり、3日に雨が降り、5日も若干雨がぱらつくといった感じの予報に変わりました。

こういう時には外れて欲しい天気予報が見事に的中し、今朝起きると強い降りではないもののパラパラと雨が降っています。今日、一緒に行く予定にしていたオトモダチが、息子殿の急な発熱によって残念ながら不参加になってしまうというアクシデントもありましたが、気を取り直して予定よりやや遅めの朝5時半過ぎに横浜を発ちました。あいにくの天候のせいか、道路はガラガラ‥もちろん渋滞も皆無でしたので、何と朝の8時前にはキャンプ場に到着してしまうという快挙(?)達成です。

キャンプ場でも雨は降っていましたが、設営の頃には弱めの降りだったため、雨具は着ましたがあまり苦労することなく、一通りの準備は完了。昼からはご覧のようにタープの隅で焚き火をたいて、宴会開始という余裕の状況でした(この頃は一時雨が止んでましたね)。まぁ、キャンプなどの外遊びに雨はつきものですが、可能であれば遠慮願いたいところではあります。しかし、天気ばかりは自由にならないので、こればっかりは上手に付き合っていくしかありません。でもね‥どうせ雨が降るならやっぱり撤収の時よりは設営の時のほうが楽でいいですね。

| Top |