14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年05月25日 (日)
■ ツリーハウス

完成間近のツリーハウス益子を後にして向かった先は、栃木県内のとあるキャンプ場です。わが家のホームドクターならぬホームカーペンターの昭吾さんが、ツリーハウスを作ったというので、それを見るためにやって来たのでした。キャンプ場に到着すると、ツリーハウスが杉木立の中に突然現れて、訪れた人を出迎えてくれます。真新しいせいで回りに対して余計に目立つのですが、まるで家が浮いているようです。

弧を描くように回りこむ階段を登ると、すぐに樹上の住人になれるのです。回りが木々に囲まれているので、遠くまで見渡せるようなことはないけれど、それがかえって森の中に住んでいるかのような印象を与えます。まぁ、眼下はキャンプサイトなので、混雑シーズンになればテントが視界の中に入ってきてしまうのですが、それでも樹上からの眺めというのはマンションの部屋から外を見たときとは全く異なったものです。

ツリーハウス完成祝いを兼ねた夕食は、大人たちだけ(子供らは部活のため留守番)でやや豪華に!食事の後は場所をツリーハウスに移して、暖炉の前でお酒と楽しいお喋りタイムなのでした。そう、このツリーハウスには昭吾さん手作りの暖炉もあって、焚き火も楽しめるのです。他にも、杉の幹が建物の中を貫いていたりなど、雰囲気も満点。こんなところで毎週末を過ごすことができたら、どんなにステキなことでしょう。

| Top |