14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年07月31日 (木)
■ フィフティーフィフティー

田圃の横にて今年はここ数年の中では出張が多く(とは言っても、都内ばかりなんだけど‥)、そのあおりを食らって自転車通勤率が低迷しているというようなことをここにも何度か書いています。しかし、年初の頃は多かった出張回数が減ってきたところに加え、今月の「好天続き」のおかげで自転車通勤率が徐々に上向いてきました。もちろん今までのハンデがありますので、そう簡単には上昇しないのですが‥。

とはいえ、確実に自転車に乗れていれば少しずつでも自転車率は回復するわけです。そうやって亀の歩みながら自転車通勤率を上げていった結果、本日やっと50%まで復元することができました。とはいえ、50%を超えたわけではなくちょうどキッカリ50%なので、明日以降の状況はこのまま上昇傾向を続けることができるのか、また転落方向に向かってしまうのかは全く分かりません。まさに分水嶺状態‥。

といったところで、自転車にはよく乗れている(ただし、通勤時のみ)わけですが、ここ数日ギシギシと耳障りな音が出るようになってしまいました。通勤途中に自転車を停めて調べてみたところ、どうもペダル付近から音が出てきているということまで分かりました。この週末に見てみようと思いますが、修理に手間取った結果、自転車率低下‥という事態は避けたいところです(その時は、MR-4Fに乗ればいいんだけど)。

2008年07月30日 (水)
■ 局地豪雨

神戸都賀川の増水事故を受けての記事(2008年7月30日 読売新聞朝刊より)昨日の午後の夕立は物凄かったですね‥。横浜地方気象台の記録では、1時間あたりの最大雨量が30mmを記録したということですが、都筑あたりはもっと凄かったのではないかしら‥。会社付近でも少し先がかすんで見えるほどに強い雨が降っていました。おまけに落雷の影響かと思いますが電気の瞬停もあったらしく、会社の館内放送で停電のことをしきりに言ってました。

ここ数日、西日本方面でも局地的な豪雨が相次いだそうですが、28日には神戸市灘区の都賀川(とががわ)で急激な増水による死者まで出てしまいました。何でも10分間のうちに水位が1.3m上昇したということですが、増水する様子を見た人たちの話によれば、逃げ遅れても仕方のないほどに水位が急上昇したらしいです。何とも痛ましい事故ですが、亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

最近になって局地的な豪雨が増えた原因のひとつとして、全体的に気温が高くなったことで空気の飽和水蒸気中圧が高くなったということが挙げられるそうです。都市のヒートアイランド化がそれに拍車を掛け、川をコンクリートで覆いつくして水の流れをよくしたことも仇になっている‥そんな人災的な側面もあるように感じます。だからといって、これを機会に親水公園を無くす‥そんな変な方向には行かないで欲しいと思います。

2008年07月29日 (火)
■ 夏野菜・焼き野菜

夏野菜チーズ焼き今からちょうどひと月ほど前、トマトジュースの話とからめて野菜の話題を出しました。野菜を食べるのはとても大切なのだけど、現代人は十分な野菜をなかなか摂れずにいる‥そんな話でした。野菜をしっかり摂れない理由には色々なものがあると思うのですが、その理由のひとつには生野菜のサラダを食べるということがあると言われているようです。サラダだと野菜の嵩がはってしまうため、必要量を摂るまでに至らない。逆に言えば、外食などでサラダを食べようとしても、おかわり自由のサラダバーでもないかぎり、サラダの量が大したことない‥そんなところでしょうか。

生野菜サラダの欠点を補うためには、火を通して温野菜にすることで嵩が減るため、結果的に多くの野菜を食べることができる‥などと言われています。確かにそのとおり。そのとおりなのですが、温野菜というとシャキッとした歯ごたえがなくなってしまうので、食べたという実感が減少してしまうのではという思い込みがあります。あとは、温野菜というと何となく中華料理を想像してしまい、どれを食べても中華料理風の雰囲気から抜け出せないのではないか‥という思い込みもあります。どちらも単なるイメージ上の問題なので、そんなことは無いはずなのですが、どうにも生野菜のサラダから抜け出せない‥。

そんなときは、写真の食べ方を是非試しあれ。これは、夏野菜のチーズ焼き。わが家ではスキレットを使い出してからは超定番の料理で、夏野菜が豊富な間は誰かしら食べたいと言い出すので、よく食べています。写真は、トマト、ナス、ズッキーニのトリオですが、ゴーヤとかオクラとかを放り込んでもなかなか楽しいかもしれませんね。ズッキーニとナスはオリーブオイルであらかじめ火を通して塩、胡椒で味付けしておくとより美味しいですが、面倒だったら切って並べてチーズかけてオーブンで焼いちゃえ!‥ってな感じ。茹で系の温野菜に比べると甘味が強く、それがチーズの塩味と絶妙に合って、いくらでも食べられちゃう感じです。

2008年07月28日 (月)
■ 結局‥燃料系

自動車修理の納品請求書先日の「今年もまた突然やってきたエンジン停止」のために、一週間ほどSUBARU R2と一緒の生活を送ってました。一週間といっても、平日は自動車に乗ることもないので、週末の土日に乗る程度ですが‥。とりあえず、R2に数日乗ってみての感想‥とにかく小さい、頑張って走ってる感に満ちていて乗ってて楽しい、やっぱりうるさい、燃費は全然よくない‥と言ったところでしょうか。トータルとしての維持費は安いのだろうけど、走りのパフォーマンスを考えるとこの程度の燃費では不満ですね。

数日の間のR2との生活も終わりを迎え、Lancasterが帰ってきました。「燃料系がおかしいと思うよ‥」と、私はずっと主張していたのですが、結局それは正解だったようで、フュエルポンプに問題があったようです。フュエルポンプ自体の交換は比較的早くに終わっていたようですが、少し様子を見させて欲しいと言われたので、そのまま預かってもらってました。その結果、エアコントロールバルブにもやや問題があり、アイドリングが安定しないときがあるので交換させて欲しいとのことで、交換してもらいました。

ということで、今日の写真は請求書の金額部分‥。何故か10%割り引いてくれるというので、最終的な支払いは消費税を含めて55,557円でした。新車で購入して7年とちょっとが経過したので、そろそろこの程度の故障も仕方ないかな‥とは思いますが、やっぱり不意の出費は痛いところです。ま、昼間の暑い時間帯に急にエンストすることもなくなると思えば、ありがたい限りですが‥って、止まらないの普通ですからね。これで、今年のキャンプも安心!‥だといいのですが、ちゃんと帰ってこれたら本当に安心できそうです。

2008年07月27日 (日)
■ 冷やしうどん

冷やしうどん朝起きたら強烈な二日酔い‥おまけに記憶喪失ですよ。前回の飲み会で反省したばかりなのに、ついつい飲み過ぎてしまいます。今度こそは気をつけよう‥(と、毎回思っている気がしますが)。今日はカミさんの実家に行かなければならないのですが、無理をいって少し時間を遅らせてもらいました。いやはや、何とも情けない限り‥もう若者じゃないのだから、歳相応の飲み方をしないとね。

上の娘はコンクールの手伝いで部活にどうしても行かなければならなかったので、実家には行けませんでした。また、今日の夕方に修理の済んだ車をディーラーまで引き取りに行く必要があったので、夕食は実家でとらずに帰ってきてウチで食べることにしました。何となく昨日の疲れもある(って、私だけですが‥)ので、夕食はさっぱりとしたものが食べたいな‥と、漠然と思っていたのです。「そば」とか「うどんと」かね。

というわけで、今日の夕食は冷やしうどんを食べることにしました。写真がそれなのですが、冷たいうどんにめかぶとオクラと茗荷をのせて、黄身がトロトロの温泉たまごを潰して麺に絡めながら食べます。冷たいうどんは口当たりもよく、めかぶとオクラのヌルヌル感も相まってどんどんお腹に入ってしまいます。で、食べ始めてから、5分も経たずに全員のどんぶりは空‥。これだけ食欲旺盛なら、夏バテなんかとも無縁で行ける?

2008年07月26日 (土)
■ 岩牡蠣

岩牡蠣今週は梅雨があけた後で暑かったということもあり、何となく体全体がだるい感じでした。なので、色々とやらなければならないことがあるにもかかわらず、朝から何もする気が起きませんでしたよ‥。体がだるい上に気力もわかないので、とにかくゴロゴロしていたいという感じです。暑いのが苦手なカミさんも、仕事の疲れに暑さも重なって、やる気を失っているようでした。

ということで、昼食後はふたりでシエスタ・タイム。貧乏性の人間にとっては、午睡って何となくもったいないような気がしてなかなかできないのですが、疲れがたまりまくっている時は背に腹はかえられません。でも、午睡って体のためにはとってもいいらしいですね。もちろん本格的に寝る必要は無いのだけれど、ホンの10分程度眠るだけで効果を発揮するのだとか。会社に午睡用のチビ枕でも持って行こうかしら。

午睡後、どうしてもやる必要のあった家の片付けを急いで済ませ、ご近所犬仲間と「鮮きた」へ食事に行きました。鮮きたは初めて入ったけど、こじんまりした感じのいい店でした。飲むのと食べるのと喋るのに夢中になってしまい、気がついたら写真は岩牡蠣のこれだけ‥。それにしても牡蠣は美味しいですよね。子どもの頃、生牡蠣なんてありえない食べ物だったけれど、今じゃあ生牡蠣が食べられないというのがありえないです。

2008年07月25日 (金)
■ 暑い日の自転車

川和町のひまわり今週は月曜日が海の日だったので、1週間がホンの少しだけ短い感じがしますね。学校は夏休みに入っているようですが、子どもらは部活のためにいつもと変わらず出掛けて行きますので、夏休みの季節なんだ‥というような感じも受けません。どうりで連日暑いと思ったら、もうそんな時期なのね‥という感じ。何ともメリハリの無い生活をただ送っているようでイケマセン。

しかし、今年の梅雨は出だしの感じはよかったものの、後半はあまり雨が降ったように思いませんが、全体的な降水量としてはどうなったのかも気になるところです。そんな風に、梅雨までもがメリハリの無いままに梅雨明けになってしまったところが私の感覚にまで影響を与えている‥なんてことはないか。それでも、梅雨が明けたらやはり気温がググーっと上昇傾向になってきました。今日は暑くて、会社に向かう頃にはすでに摂氏30度くらいあったようですからね‥。

もちろん、天気がよいので自転車通勤です。火曜日は東京に行くためにやむなく電車でしたけど、水曜日以降は自転車。太陽に照らされ続けて走っていると、暑さに強い私でもさすがに全身汗ダグ‥。日陰の無い恩田川沿いあたりを走っていると笑っちゃうくらいの暑さと汗です。それでも電車通勤よりはずっと楽しいし、運動不足解消にもひと役かってます。ただ、帰ってきてからの発泡酒も思わず進んでしまうので、メリットも相殺って感じなんでしょうか‥。

2008年07月24日 (木)
■ 串打ち三年裂き八年焼きは一生

鰻今日‥7月24日は土用の丑の日なのだそうです。で、土用の丑の日といえば何をさしおいてもやっぱり鰻!鰻好きの私ももちろん食べましたよ‥って、今日の写真は実は昨夜のものなのでした。ここ最近、忙しい日々が続いており、夜おそ~くに帰っているのですが、昨日も夜中近くに帰宅してこんな感じで食べておりました。本当は、丸々1匹食べたいところですが、家族4人が1匹ずつだとやや高いので、半額で済むようにと一人当たり1/2匹です。

というわけで、土用の丑の日‥みなさん、鰻食べました?生まれてこの方、ウン十年も鰻が苦手だったという、さとちんさんも食べているくらいですから、日本全国やはりそれなりに需要はあったということでしょうかね。でも、先日の産地偽装が響いているらしく、ニュース等では「仕入れ値上昇、客足減少」ということを報じていました。逆に老舗の鰻店などでは、安心感からかよく売れているとも‥。ちなみに土用の丑の日‥仕掛け人は平賀源内で、江戸時代中期頃から始まった風習だという説が有力なのだそうですね。

まぁ、確かに鰻を食べると元気が出そうな気がしますし、第一食欲がいまひとつな時にも食べやすいので、土用の丑の日=鰻が定着したのも頷けます。。というわけで、今年の土用の丑の日は、偽装事件のおかげ(?)で、日本の食生活における鰻の重要性がハッキリした年でした。ところで、鰻の調理は「串打ち三年裂き八年焼きは一生」と言われており、とても奥が深いのだとか‥。パックに入って売られている鰻ばかりではなくて、鰻一筋の職人さんが焼いてくれたトビっきり旨い鰻というのも、たまには食べてみたいものですよね‥。

2008年07月23日 (水)
■ 子供のゲーム

子どもゲーム(読売新聞の連載:2008年7月23日朝刊より)新聞には今日も嫌な事件が載っていました。ついひと月ほど前に大きな事件がありましたし、先日も驚かされる事件がありました。そのような凶悪な事件が起きたとき、度々ゲームのことが取り上げられます。暴力描写の多いゲームをよくやっていたとか、ゲームをすると人が変わったようになったとか‥。「ゲームは悪いものである」という刷り込みに躍起になっているのでは?と勘繰りたくなるマスコミの論調は多いですし、子供を持つ親に対していたずらに不安を煽っているだけではないかと思ってしまいます。

私が子供の頃には、携帯ゲームはもとよりテレビゲームすら無かったような時代ですので、同じゲームとはいってもボードゲームがいいところでした。つまり、ゲームは手段であって、結局は友達と遊んでいるに過ぎなかったと。なんて書いていると、私がテレビゲーム類を否定するのかと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。高校時代はゲーセン通いもしましたし、だいたい、いまだにテレビゲームで時々遊んでいる(FF XII も終わってない)くらいですから、ゲームそのものに関してはどちらかというと肯定派です。残虐なゲームも一方的に悪いかどうかは微妙だと思います。

写真は、読売新聞で連載されている「子どもとゲーム」についての記事ですが、色々な例を取り上げて読者に考えさせようとしています。若干、ゲーム不利‥という感じでしょうか。さて、上で私はどちらかと言えばゲーム肯定派とは書きましたが、小さな子供のゲームだけは反対です。小さな子供はゲーム以外に体を使う遊びをたくさんやっておかなくては‥ゲームなんかで遊んでる暇無いと思います。どうして?と言われてもうまく説明できませんが、ゲームには色々な意味で体験が少なすぎると思うのです。危なくないし、痛くない‥そういった、マイナス視されそうな要素も含めて体験が少なすぎると思うのです。

2008年07月22日 (火)
■ 大暑

大暑の日‥朝から暑かった今日は、二十四節気のうちの「大暑」だそうです。よい天気が続いて気温が上がり続けるので、一年のうちで一番暑い頃なのだとか。なので、暑さに負けてバテないように、鰻を食べて精力付けて‥って、ことなんですね。ん~、じゃあ暑気払いを兼ねて鰻食べて、ついでに一杯行きますか~!などという話は全く無くて、そんな暇あるなら仕事しろ!ってな感じ。もっとも、調子に乗って飲みすぎた結果、却って具合悪くなってしまいそうなので、おとなしく帰ってきたほうが無難かも‥。

というわけで、今日は大暑‥今日は東京方面に行く用事があったので、自転車ではなく徒歩プラス電車で会社に行きました。徒歩は朝から日差しが強くて暑かった。もっとも、自転車だったらさらに暑く感じたかもしれません。昼前に移動したときも日差しが強く、「今日の最高気温は高そうだ~」と思ったのですが、横浜あたりはそれほど高くはならなかったようです。ちなみに西日本のほうは猛暑日だったらしく、香川県では摂氏37.5度を記録したところもあるのだとか。昨年の日本新記録の塗り替えが今年もあったりするのでしょうか‥。

仕事のほうは早めに切り上げて残暑の中を帰ってきたのですが、帰りの電車の中で乗客同士のトラブル。暑くてイライラする気持ちもわかるけど‥と思ったら、トラブル起こしている本人‥以前も全く同じようなトラブルを起こして周囲に顰蹙を買っていた人物と同一人物でした。そんなにしょっちゅう乗る電車じゃないのに、同じトラブルメーカーに二度も遭遇するとはツイてない。この人、毎日こんな感じでトラブル撒き散らしてんのかしら?よく、暖かくなってくると変な人が‥って、言いますが、暑くなるとさらに変な人が増えるみたいです。

2008年07月21日 (月)
■ スリークオーター

ウオッシュスリークオーターカーゴ(ユニクロ製)今日は「海の日」‥そもそも、どうして海の日が国民の祝日になったのかは忘れてしまいましたが、とにかく祝日なのです。週末の土曜日、日曜日の二日を使った週休二日が基本の人であれば、この週末はだいたい三連休になっていたはず。そのような方は、この休みを利用してどちらかへ出掛けられたでしょうか。ちょうど梅雨明けも重なったことですし、キャンプなどに行けた人はさぞ楽しいお休みを満喫されたことでしょう。わが家の場合は、特別なことも無いままに、連休が過ぎ去ってしまったことは、昨日、一昨日の記事を見ていただければ想像がつくかと思います。

どこかへ遊びに出掛けることもなく、仕事のような仕事でないようなことに時間を費やして連休は終わってしまうわけですが、それはそれで充実感のようなものはあります。とりあえず、作るものは作ったのでホッとしているだけかもしれませんが‥。もっと突っ込むべき点も多々ありますし、自分としてもデキ具合にあまりよい点数をあげられないのですが、とりあえず今後の改善に期待することにしましょう。今は素直に「何とか形になった」ことを喜ぶことにします‥。という感じでボロボロな週末に思えるかもしれませんが、ボロボロにならない程度に外出して息抜きをしています。

一番の息抜きは買い物に出掛けたこと。とは言え、買ったものがユニクロの洋服類ですから、ワクワクするようなものではありませんが‥。でも、自転車用のスリークオーターパンツを安価で購入できたのは良かったと言えるでしょう。今日の写真が自転車用に使用するつもりのスリークオーターパンツなのですが、膝下まであるパンツなので、今ごろの暑い時期からかなり寒くなる頃まで使えるのではないかと期待しています。明日、とりあえず試して‥と行きたいところなのですが、明日は電車で出社しなければなりませんので、実力診断は明後日のお楽しみということにしておきます。

2008年07月20日 (日)
■ KFC

KFCとMONTEPULCIANO D'ABRUZZO 2007週末の休みにも子供たちの部活動があるというのが一番大きいのですが、3連休の今週末はどこかに出掛ける予定もなく、自宅でゴロゴロ‥。と、行きたいところなのですが、仕事のような仕事でないような作業に追われ、体は使っていないものの頭の中では「あ~でもない、こ~でもない、時間がない~」という感じで作業が捗らないままに時間だけを浪費している空しい週末を送っております。

昨日、「暑くなると15分くらいエンジン停止」でディーラーに引き取られて行ったLancasterですが、昨日のうちにディーラーから電話が掛かってきて「フュエルポンプの故障と診断した」とのこと‥。だから、車検後の整備(車検だけは自分でやってます)の時からずっと、燃料系統の故障だと思うんですけど‥と、ずっと言っていたではありませんか。ただ、交換の結果、他の部分に不具合があることも考えられるので、少し時間をくれと言われました。ちゃんと直るのであれば、1週間でも1ヶ月(は、困るな‥)でも時間はあげますので‥。

といった感じで、今日は午前中から1日中作業‥。夕方から昨日のリベンジということで、美容院へ行ってさっぱりしてきましたよ。家族三人分もやってもらったら、時間が遅くなってしまったので、わが家には珍しく夕食は外食で済ませました。でも‥ややボリューム不足だったので、KFCでちょっぴり追加。KFCって、やたら味が濃くてすぐに飽きるのですが、時々食べたくなってしまうのはどうしてなんでしょうね?こうして貴重な連休の中日も何となく終わってしまったのでした。

2008年07月19日 (土)
■ SUBARU R2

SUBARU R2今日は姫をトリミングに出した後、その足で私とカミさんが美容院に行くというスケジュールになっていました。姫を置いて美容院に行ってみると、予約時のミスで今日は切ってもらえないということに‥。姫のほうが終わるまで、買い物にでも行きますか‥ということで、ウチのほうに向かうこと5分‥。一年ぶりにエンジン停止(正確には昨年はこの日を皮切りに5回止まってる)の症状が再発。もう、私もカミさんも何が起きたのかスグに分かるので、道路の端に車を寄せて停車‥。とても狭い道路で止まってしまったので、止まってしまった車をさらに押して道路の端ギリギリまで寄せます。それでも横を通る車はとても通りづらそう‥申し訳なし。今までで一番迷惑な場所で発生してしまいました。

今日は暑くなりそうだし、いい加減何とかさせようと、ディーラーのサービス担当に電話して事情を説明し、救助に来てもらうことにしました。いつもどおり15分くらいしたらエンジンが掛かるようになったので、すぐ横にある自動車学校の駐車場に止めてもらえることになり、そこまで自走。暑いし、昼も近くなってきたので、少し早めの昼食を摂りに近くのファミレスへ行きました。待つこと1時間半ほど‥牽引できるようにと、新型フォレスター(たぶん試乗車)と、代車のR2の二台体制でサービスの人がやってきました。車はとりあえず引き取るので、申し訳ないが今日はR2で帰ってくださいとのこと。こっちとしては代車があれば困らないので、今日からR2が急遽わが家の自動車になりました。

私が小さい頃、家族4人でSUBARU 360に乗っていたので軽自動車のだいたいのサイズ感は知っています。当時に比べると軽自動車枠は随分と大振りになったのですが、それにしても軽はカワイイです。室内サイズは本当にミニマムだし、あちこちの造りもチャチ‥よく言えば簡素。それでも自動車ってコレでいいんじゃない?と思わせるような感覚になります。ただ、軽自動車って意外と燃費がよくないので、給油した時に嬉しくなるということはあまりなさそう。ま、ガソリン代を究極にケチりたいのであれば、自動車は止めて自転車にすればいいわけで‥荷物は運べませんけどね。というわけで、週末はR2で過ごします。明日の夕方、家族全員で出掛ける用事があるので、その時の子供らの反応がやや楽しみです。

2008年07月18日 (金)
■ 濡れタオル

BARIGOの気圧・気温・湿度計今年に入って有給休暇をほとんど取得していません。もっと計画的に休んでいかないと、昨年のように年末になって休暇を捨てる破目に陥ってしまうわけですが、今年も既にその気配が濃厚になってきました。確か、年末までが期限の休暇(一年だけは持ち越せる)が、まだ18日もあったような気がします。夏休みに5日、年末に5日使えたとしてもあと8日あります。というわけで、急遽休暇を取得してみることにしました。何とも計画性の無い休暇の取り方が、やはり年末を暗示しているようではありますが‥。

というわけで、今日は一日自由な生活‥。子供らは学校だし、カミさんも仕事だし、たまには自転車に乗って少し遠くまでお出かけするかな‥と、なるはずだったのですが、昨日急ぎの仕事が発生してしまい、今日は有給休暇でありながらその続きをしているという「ふだんの日と何も変わらない」という状態になってしまいました。休暇取得解除の申請すら面倒くさくて放置。唯一の違いは、自宅にいて仕事をしていたという点だけでしょうか。仕事をするなら会社に行けばいいのですが、姫と一緒にいてやれば姫も安心するし、相手をしてあげられるしね。って、姫はもっぱら寝てるんですけど‥。

わが家は風通しのいい方なので、夏でも比較的涼しく過ごすことができるのですが、さすがに昼さがりの頃はやや暑いです。写真は私の横に置いてあるBARIGOの気圧・気温・湿度計ですが、若干高めに出る気温計で摂氏32度ちょっと‥。網戸から入ってくる風を扇風機で少し補ってやれば、今日くらいなら何ともないですね。でも‥濡らしたタオルで腕や首筋などを拭うと、気化熱が奪われてグッと涼しくなります。ホンの少しの工夫で涼しくなりますので、エアコンつけたいな~と思った時は濡れタオルで豪快に拭きましょう!でも、女性の場合は顔を豪快に拭けないのがちと可哀想ですが‥。

2008年07月17日 (木)
■ 蓮の花

蓮の花一時、スーツで電車な日が多かったりしたこともあってジリジリと下がる一方だったジテツー率ですが、今月はようやくジリジリと上げる方向になっています‥でも、50%はまだしばらく先の感じ。ジテツー率上昇ということは、同時に雨が少ないということも暗示しているのですが、気象庁の統計情報を見てみますと確かに今月の降水量は少ないようです。植物や夏の渇水対策のためにはもう少し降ってくれたほうがいいのでしょうが、降りすぎて災害になるのは困りますしね‥。どうしたものやら。

というわけで、今週はずっと自転車に乗って会社に行くことができているのですが、いつの間にか子供らの夏休みも間近になってきているわけで、なるほど暑さも徐々に本番になってきました。昨日の記事にも書いたとおり、昨日から新しいヘルメットをかぶっていますが、見た目のとおりで穴だらけのモデルに比べると通気性にやや難ありという感じは否めません。ヘルメットの下には後ろ半分がメッシュ地の野球帽をかぶっているので、いずれにしろ直接風は当たらないのですが、それでもやはり風の通りは若干悪い感じです。まぁ、問題は全く無いのです。

暑い中を走っていると頭から体から汗が噴出してきますが、走って風を受けていれば結構涼しい感じがするものです。その分、信号待ちで止まったりすると、どっと汗が流れ出る感じになっちゃいますけどね。水分をこまめにとりつつ走っていると、道路脇に蓮の花が咲いているのが目に止まりました。これ、畑の横に毎年咲くのですが、今年もキレイに割きましたよ。サイズが大きな花はどことなく大味な感じで好きではないのですが、蓮だけは別で繊細さを感じます。花びらの丸みが何とも言えずイイのです‥って、止まっていると汗が出てくるのですが、ついつい見入ってしまいますね。

2008年07月16日 (水)
■ 自転車用ヘルメット

TSG EVOLUTION Graphic design 'Burning skull'先日施行された改正道交法では、13歳未満の子供が自転車に乗る場合、ヘルメット着用の努力義務が大人たちに課せられたかと思います。道交法が改正される前でも、幼児用シートに乗っている小さな子供(おそらく未就学児童程度)が、ヘルメットをかぶる姿を見る機会が増えてきたような気がしていたので、いい傾向だなと思っていました。改正道交法施行後に増えたかどうかは正直言ってよく分からないのですが、増えることはあっても減りはしないだろうという気はします。

しかし、その子供を乗せている大人のほうはヘルメット姿を見かけることはまずありません。たかが自転車だし、髪型が乱れそうだし、かぶったり持ち歩いたりするのが何より面倒そうだし‥と、いったあたりが大人にヘルメットが普及しない理由でしょうか。中には、かぶりたいとは思っているのだけれど、どうにもデザインが受け入れられないという人もいるでしょう。確かに自転車用ヘルメットの多くは、そもそも競技での使用を想定しているがために、色、形ともに何となく派手な印象を受けるものが多いです。私が普段使っているもの(OGK Alecules) もそうですし、もうひとつのもの(Selev MATRIX)も同様に、色も形もやや派手です。

で、OGK Aleculesは5年も使用して強度的にもだいぶヤバそうになってきたので、買い替えました。私自身も普段づかいのヘルメットにロードレーサー風のものを使うのが何となく嫌になってきたので、形としてはとてもシンプルなTSGのEvolutionというモデルを買ってみました。形状にしても色にしてもあまり目立ちませんが、強度のほうはバッチリな印象です。ただ、あまりにおとなしいのはつまらないので、「燃える髑髏」のイラスト入りを選んでみました。なかなかクールな感じでしょ?中学や高校では、自転車通学の生徒にカッコ悪いヘルメットを強要するところも多いですが、こんなヘルメットなら喜んでかぶる男子生徒もいそうですけどね‥。

2008年07月15日 (火)
■ 飽食の時代

日本国内の漁船が一斉休漁(2008年7月15日 読売新聞朝刊より)世界的に原油価格の高騰が続いています。価格高騰の原因として、投機マネーの流入が値上がりの悪循環を招いているということが挙げられているわけですが、資金の出所は一体どこなのだ?ということはよく分かりません。金持ちの資金が単に動いているのか、米国のサブプライム問題のように様々な資金が流入して金額が巨大になっているのか。いずれにしろ、世界中に大きな影響を与えていることには違いありません。

原油価格の高騰を直接的に感じとることができるのが、ガソリンを始めとした燃料代の値上がりです。3年ほど前に「ガソリン高いっ~」と言っていた頃はハイオクが135円ですから、高いとはいっても今よりも1リッターあたり50円以上も安いわけです。今日、会社帰りに見た値段は187円でしたので、3年弱で40%近くも値上がりした計算になります。いくら物価が上昇傾向にあるとしても、3年前の私はここまで高くなるとは思っていませんでした。しかし‥漁船の燃料に使用するA重油は、ここ半年程度で50%近くも上昇したそうです。

そのあおりを受けて、日本全国の漁船が一斉ストライキともいえる一斉休漁を行ったという記事が今日の朝刊に載っていました。その数、約20万隻にも及ぶのだとか‥。1日程度の休漁であれば、食卓への影響は無いという見方がされているようだけど、この問題の本質はそういうことではないでしょう。原油高騰がこのまま続くようであれば、いずれ価格にはねかえって来ることになるでしょうが、下手をすると魚が食べられないということにもなりかねません。今、そこにある食料危機‥ついに飽食の時代は終わろうとしています。

2008年07月14日 (月)
■ カヤック

カヤック(BE-PAL No.326 2008年8月号より)昨日の夜は異様に寝苦しかったです‥。もちろん、気温が高いのと風が無いというダブルパンチによって、暑さがより強調されて寝苦しかったわけです。その証拠に実際に朝起きたときにTシャツが汗でぐっしょりしてましたもの‥。それでも、夕食を食べ終わった頃には「ああ、少し涼しい風が出てきたかなぁ~」なんて言ってたのですが、寝る頃にはモワ~っとした感じで不快指数100でしたよ。もしかして、みなさんエアコンつけて寝たりしてました?

昨夜はそんな感じで、疲れを取るために寝てるんだか寝て一層疲れが増してるんだか分からない感じになってしまいましたが、昨夜の気温を見て納得‥。というのも、昨日から今朝に掛けての最低気温は、日の出の頃にやっと摂氏25度を割った程度なので、事実上の熱帯夜といっても差し支えないくらいだったからです。そのお陰で、今朝の通勤は暑くてやや辛かったです。恩田川ってお世辞にもキレイな川とは言えないのですが、今日ばかりは水中を泳ぐ鯉と、水面を漂うカルガモが羨ましかったデスよ。

だから‥ではないのですが、今月号のBE-PALで特集されているカヌーとカヤックに興味深々なのです。同じアウトドアでも、水関係の遊びはあまり経験がなく、山登りの延長で沢登りをちょっぴりカジった程度なのですが、こんな暑い時期だったらカヤックで水と戯れるのも楽しいだろうなぁと思ってしまいます。でもね‥このカヤックって、なかなかお高いんですよ。自転車ほどに使えるわけでもないので、自分で購入して‥っていうのは無理ですね。ああ~、でも一度くらいはやってみたいですね~。

2008年07月13日 (日)
■ 柄モノ

今日買ってきた蝶柄のシャツとサーフボード柄のシャツ昨日ほどではなかったですが、今日もかなり暑かったですね‥。暑さもこの程度が最高だとかなり楽なのですが、まだ7月半ばですから、これから8月後半くらいまではもっと暑い日があるということですよね。いつも書いているように、私は暑いのには滅法強いので、汗がダラダラ出るくらいはどうってことないのですが、あまり暑い日が続くようだと姫がちょっと心配なのです。洗面所のCFの上に、ちょっぴり濡らしたタオルでも敷いておいたら、その上で寝てくれないかな‥。

さて、今日も娘らは部活でいなくなってしまったので、私とカミさんと姫で留守番‥。昼前にずっとサボっていたカミさんの自転車の整備をやって、その後自転車で出かけるつもりでいたのですが、結局歩いてセンター北まで買い物に行くことにしました。日差しが強くても緑道の木陰はそれなりに快適なのですが、緑道を外れて住宅街を歩くととたんに汗が噴出します。やっぱり緑が多いというのは、多少なりとも気温を下げる役割があるので重要ですよね。一軒家に一本、巨木の植樹でも義務づけりゃあいいのに‥と、思ってしまいます。

今日も阪急に行ったのですが、バーゲン開始の頃に行った際に目をつけておいた蝶の柄のシャツが安くなっていたので、思わず買ってしまいました。個人的には、蝶じゃなくて蛾とか蜂とかの「もっと変な柄」が好みなのですが、そんな柄のシャツを作ったところで需要が少なすぎて売れない‥ということで見かけません。ので、蝶柄で我慢(?)なのです。ついでに、サーフボート柄のも可愛かったので買ってしまいました。我ながら妙な柄モノが好きだなぁという感じなのですが、ついついこういった柄のものを買ってしまうのですよね‥。

2008年07月12日 (土)
■ MIRROR TOOL

KTC MIRROR TOOL今日は暑かったですねぇ‥。浜松では摂氏37.3度を記録したのだとか。横浜の最高気温は33.3度でしたので、浜松に比べればずっと涼しかったことになるのですが、やはり30度を超えてくると一味違う暑さになってきます。これからふた月ちょっとの間、こんな日が多いのかと思うとゲンナリとしてしまいますが、涼しくなる工夫をして過ごしたいところです。もちろん、エアコンはなるべく使わずに‥ね。

さて、今日は上の娘の通学のために購入したBianchi Primavera-Lのために買った前カゴ(本当は後ろカゴにしたかったのだけど、どうしても前がいいというので仕方なく‥)やらライトやらの取り付けをしました。自転車に使う工具はヘキサゴンレンチが一番多いのだけれど、カゴ用の台座を取り付ける部分はボルトとナットを使うようになっており、かつモンキーレンチでは狭すぎてうまく作業ができなかったので、自動車用に買ってあった工具を引っ張り出してきました。

それが写真の工具ですが、これはKTCのMIRROR TOOLというシリーズで、鏡面仕上げのとてもキレイなものです。結構昔に買ったものなので、今は後継のneprosというシリーズに変わってしまったようですね。さすがに自動車用と自転車用に使われる部品はサイズが異なりますので、使えるものは10mmと12mmのメガネレンチだけでしたが、やはり工具がイイと作業が捗りますね。活躍する機会は少ないんだけど、自転車にも使える小さなサイズのものを少し買おうかしら‥。

2008年07月11日 (金)
■ カツ丼

カツ丼弁当わが家の高校生と中学生の娘どものために、カミさんは毎日お弁当を作っています。二人分作るのであれば、あと一人や二人分が増えたところで大した差はないということで、私もカミさんもお弁当を会社に持って行ってます。だから、ふだんの食事を外食にすることはほとんどありません。

だからその分、週末は外食で‥ということも実はあまりなくて、外食する分をちょっとイイ食材にして自分の家で食べるのがわが家のスタイルなのです。とはいえ、カミさんも仕事を始めてからは平日の疲れが溜まっているので、休みの日くらいは少し楽をしたくなりますから、土日の昼くらいは買ってきて済ませてしまうことも時々あります。

そんな時、私が選ぶのが写真のポークロースカツ弁当‥。たまには違うものも食べようと思うのですが、選んでいるうちについついコレになってしまうのですよね~。同じカツ丼系でも、他のヒレカツのものでもなくて、和風のものでもなくて、この卵でとじてあるオーソドックスなカツがやっぱりイチバンです。って、見ているうちにまた食べたくなってきました。

2008年07月10日 (木)
■ オタク

フロイラインREVOLTECH 綾波レイ自称、秋葉原オタクの皆さん!」2006年の自民党総裁選候補者街頭演説において、麻生太郎氏が演説の冒頭で発した言葉としてあまりにも有名になったフレーズです。オタク、ヲタク、××ヲタ‥Wikipediaの解説によれば、「オタク」という言葉が示す意味というのは、根源的には学者やマニアと大して変わらないものの、一般的な基準からは外れているようなものを趣味とする人のことを指している‥だそうです。また、アマチュア無線やオーディオ等の電子機器愛好家同士の会話として使われていた、「お宅の‥」という、ある意味正しい言葉の使い方に端を発しているという説が有力なのだとか‥。つまり、オタクのルーツは電子機器愛好家と言えなくもないようです。

そして、今やすっかり「オタクの街」として定着した感のある秋葉原ですが、アマチュア無線、オーディオ、パソコン等の電子機器類を昔から扱っていたのは秋葉原ですから、オタクの街と化したわけではなくて、昔からオタクの街だったというわけです。世の中の変化に伴って、オタクな人たちの趣味・嗜好が単に変化してきているだけであって、それが街の風景に投影されているだけに過ぎないということなのでしょう。そういう意味では、秋葉原はオタクの姿を映す鏡のようなものなのかもしれませんね。それにしても秋葉原の街は変わりました。かつての佇まいを見せる部分もまだまだあるけれど、昔を知るものにとっては隔世の感があるわけです。

私が秋葉原によく行っていた中三の頃は、今のPCの先祖であるマイコン(My Computerの略)がちょうど出てきた頃で、NECのTK80やTK80BS、HITACHIのH68/TR、パナファコムのLKIT-16、TOSHIBAのEX-5など‥高価で全く手の出ない電子機器を見て回ったものです。一日歩き回って、小さな部品を数個買って帰る‥そんなことをよくやっていましたね。というわけで、私もオタクのルーツ的な趣味を少年時代に持っていたわけですが、いつしか秋葉原に行くこともなくなり、その後のオタクの変化について行くこともなく今に至る‥と。まぁ、機構研究という名目で、綾波レイのフィギュアを買っているくらいですので、周回遅れにならない程度に追随してるかもしれませんけどね‥。

2008年07月09日 (水)
■ アレ駄目、コレ駄目

歩道に注意書きが‥「それをしてはいけない」とか、「あれは駄目だ」とか、禁止事項を並べ立てるのは子供の教育によくない‥そういったことをよく見聞きすることがあります。だからといって、子供の好きにさせるというのはもっとよくないと思います。人間として社会の中で他人とうまくやって行くためにも、守らなければならない暗黙のルールのようなものは数多くあると思いますが、そういったものは自然と身につく‥などということは、あるわけ無いのです。やはり、どこかで誰かに教えてもらわないと、身につかないと思います。

では、そういったことは誰に教えてもらうのでしょうか?誰もが教育を受ける機会を与えられている義務教育の場でしょうか?それとも塾?‥そんなわけありませんよね。最も身近な年長者‥基本的には、親がその役割を果たすべきだと思います。それなのに、子供を叱らない親の何と多いことか。少し前のことですが、こんな光景を目にしました。キレイに並べてある洋服を小さな弟がいたずらして崩してしまったのを見て、それを元に戻そうとしていたお姉ちゃん(といっても幼稚園児くらい)に対し、「お店の人が直すから放っておきなさい」と言って止めさせた父親‥こんな大人を親に持ってしまった子供は不幸だと思いましたよ。

写真のようなものって、そういった他者との関係をわきまえない、自己中心で自分勝手な大人が増えてきた結果なのかもしれないと、最近思うようになってきました。問題が生じるのは私ではなく、あなたのせい‥。駄目とも書いてないので分からなかった‥。そういう人は、書いてあってもロクに読みもしないのだから、まともに取り合わないほうがいいと思うのです。税金使ってこんなもの貼ったところで本当に見て欲しい人間の目には入っていないわけですから、やるだけ無駄です。それに、あれも駄目、これも駄目っていろんなものを増やしていったら、そのうち保険の約款みたいになっちゃいますよ。

2008年07月08日 (火)
■ 磨くのは内面

外見を磨くサービスが人気(2008年7月8日 読売新聞朝刊)人は見た目が9割‥なんていう新書が結構売れているらしいです。タイトルの強烈さに比べて中身のインパクトが弱いなど、Amazonあたりではかなりの酷評のようですが、その本の言いたいところは非言語コミュニケーションについてのことだということらしいです(私自身読んでいないので批評できません)。一方、「人は見かけによらない」というような諺もあれば、実体験としてそう感じることも多々あり、どちらかが一方的に正しい(あるいは間違っている)というように、白黒がハッキリするような問題では無いことは確かだと思います。

しかし、「外見を魅せてコミュニケーション強化に役立てろ!」というような記事(読売新聞)を、ここ最近立て続けに読んだ気がして、若干の違和感を覚えました。というのも、そういった色々な意味での「見た目」を専門家にアドバイスしてもらい「金で解決」するという内容だったからです。結局、世の中お金ですか‥っていう部分もそうなんだけど、第三者によって解決してもらうという「他人任せ」な部分も大いに違和感を感じるところなのです。とはいえ、そもそも自分の意思をもってそういうことをお願いするわけですから、全部が全部他人任せということはないのですが‥。

確かに、見た目も重要なファクターであること自体を否定するつもりはありませんが、見た目が悪いとダメといったことを煽るような記事はいかがなものかと思いました。先日、日本中を震撼させた秋葉原の無差別殺傷事件の犯人は、自分の見た目に対するコンプレックスが強かったといいます。それは、ある意味普通の感覚であると私などは思うのですが、見た目が重要といった考え方が支配的になってしまうのはどうなのかなぁと思ってしまうのです。見かけを磨く、あるいは気にすることよりも先に、内面をもっと磨いたほうがいいんじゃないかと思ってしまうケースが多いように感じます。

2008年07月07日 (月)
■ 想定寿命‥短すぎ

TL-LD100のスイッチ破損最近、自転車の歩道走行であるとか子供の二人乗せの問題など、自転車にまつわる道交法の問題が色々と話題になる機会が増えてきたかと思います。もちろん、それらの問題は引き続き解決に向けての様々な施策などが必要かとは思いますが、もうひとつ早急に何とかしたいもののひとつに自転車の灯火の問題があります。灯火の問題というのは、夜間にライトを点灯していない自転車が多いことがもたらす危険性についてですが、一時期に比べればだいぶ少なくなってきたとはいえ、まだまだ多くの無灯火自転車を見かけます。

ただ、徐々に改善が見られる前照灯に比べると、尾灯の普及率は非常に低いかと思います。もちろん、道交法上は自光式のものではなくて、いわゆる反射板(リフレクター)を用いてもよいことにはなっていますが、曲がったままになっている自転車も多く、機能しているとは必ずしも言えない状態です。また、道交法的には問題が無いとは言っても、今後車道走行が増える(増えて欲しい)ことを考えると、反射板ではなくて自光式(光を発するタイプ)が普及して欲しいところ。これは、自転車の立場からも自動車の立場からも言えることかと思います。他にも赤く光るタイプのものを前に装着する例なども指導が必要なもののひとつでしょう。

私の場合、尾灯としては現時点で最も強力と思われるCATEYEのTL-LD1100を使っていたのですが、ちょっと前にスイッチが壊れました。今は細い棒で突いてしのいでいる状態ですが、我慢するのも辛くなってきたのでCATEYEに相談してみました。その結果、スイッチのゴムの交換は不可能であることと、保証書も無いので交換等には応じられないということになってしまいました‥。百歩譲って私の扱いが悪いにしても、一年未満でこの状態では想定寿命が短すぎると言わざるを得ないと思います。私のような自転車の半マニアならいざしらず、一般の人に尾灯も普及させようと思った場合、まだまだ課題は多そうです‥。

2008年07月06日 (日)
■ 楊貴妃のフルーツ

生のライチ昨日に引き続き今日もやや暑かったですね。それでも最高気温や摂氏30度をホンのちょっと超えただけですから、一番暑い時期に比べれば大したことないという感じでしょうか‥。今日は上の娘は部活動で朝から学校に行ってましたし、下の娘とカミさんも楽器屋に出掛けてしまったので、昼間は姫と留守番でした。やることもないので‥というわけではありませんが、早く終えてしまいたい仕事をちょっとこなしたりして、少しでも来週を楽にしようとする作戦です。

夕方に友人がウチにやってくるという連絡がありました。その友人は、私との共通の友人の単身赴任先である沖縄までこの週末に遊びに行っていたので、もしかしたら美味しいものが‥などと、やましい考えが頭をよぎりました。その考えは見事に的中(!)し、沖縄土産のフルーツをたくさん貰いました。マンゴー、パッションフルーツ、スナックパイナップルなど‥。どれもこれも、甘い香りが漂って美味しそうなのですが、私的にヒットだったのは写真のものです。これ見て分かりますよね‥ライチです。

ライチなんていうフルーツは、私が小さい頃には見たことも無い果物だったと思います。最近では珍しくなくなったとはいえ、この辺りで売っているライチは、全てが冷凍モノかもしれません。今日、お土産にもらったライチは、葉っぱが付いていることからもわかるように、冷凍していない生のライチなのです。さっそく冷やして食べてみましたが、しっかりとした甘さの感じや瑞々しさが冷凍モノとは比べ物になりません。ライチは鮮度が落ちるのがとても早いそうですが、楊貴妃が愛したフルーツ‥一度くらいは生で食べてみるといいですよ。

2008年07月05日 (土)
■ パッドシーツ

金魚柄パッドシーツ先週あたりまでは結構涼しい感じの日もあって楽チンでしたけど、何やら急に気温が上がってすっかり夏らしくなってきましたねぇ。気温が高いのはどうってことないのだけれど、湿度も高いとやや辛いですが‥。昨年、国内最高気温の記録を更新した熊谷では、屋外温度計の目盛りを昨年の40度から50度までに増やしたというニュースがありましたけど、今年の夏はどうなりますやら‥。嬉しくない記録更新は無しにして欲しいところですよね。

まぁ、暑い日は冷やした(第三の)ビールが旨いですから、涼しすぎる夏っていうのも寂しい感じがします。そういえば、ビールのお供に欠かせない枝豆ですが、今日買い物に行った時に冷凍枝豆の種類が減ってました。いつもは数種類あるのに、今日は一種類しかなかったですよ。先日の遺伝子組み換え大豆の話などの影響なのでしょうか‥日常生活への影響が少しずつ出てきているのかもしれません。何とも嫌ですね。まぁ、食べられるうちは‥ということで、今日は枝豆と蚕豆を買ってきました。

あと、パッドシーツが擦り切れてしまったので、久しぶりにコーナンへ行って新しいものを買ってきました。いつもは無地を買っているのですが、見た目で涼しさを演出しようかと、金魚柄のものを買ってきましたよ。この柄を見てから寝れば、体感温度も2度ほどダウン!?‥というわけにも行かないでしょうが、模様ひとつでグッと季節感が出てくるというのも面白いです。ところで、金魚って一年中売ってると思いますが、どうして夏を感じるのでしょう?金魚すくいなどのイメージでしょうかね‥。

2008年07月04日 (金)
■ サマータイム

遠くの空に入道雲今日の午後は横浜で仕事がありました。横浜駅西口に行ったのは久しぶり‥さすがに横浜あたりだと真昼間でも人が溢れていて、街全体に活気がある感じです。ビジネス街とは雰囲気が全く違うこともあって、受ける感じが全く違うというのも影響しているかも‥。人ごみが凄いところに出掛けるのはあまり好きではないけれど、色々なものを見て歩くのもちょっとした刺激になるので、たまには悪くないかな‥と思いましたよ。おっと‥今日は遊びで横浜に来たのではなくて、仕事で来たのでした。

仕事のほうは17時くらいに終わったのですが、この時間から帰社して仕事を続けると、帰宅する頃には日付が変わってしまいそうなので、今日の仕事はもう止めようということになりました。横浜なら家まであまり時間が掛からないし、こんなに早い時間に仕事を切り上げるのも稀なので、昼メシ抜きで出てきた先輩に付き合ってビール一杯飲んで帰ることにしました。「ちょいと一杯のつもりで飲んで~♪」という植木等の歌(古い~)があったけれど、そんなことにはならず、日が出ているうちに最寄駅に降り立つことができましたよ。

というわけで、帰りも明るかったので、緑道を通って帰ってきました。遠くの空には入道雲も見えて、夏の雰囲気を漂わせています‥そういえば、今日は暑かったものね。ところで、ここ最近は環境問題がさかんに議論されており、サマータイムの導入是非なんていうことも世間を賑わせています。もしもサマータイムが実施されたことで、こうして明るい時間に帰ってこられることが増えるのであれば、サマータイムも悪くないかも‥って、思うのですが、サマータイムが始まったところで、いつもはきっと真っ暗になってからの帰宅なんですよね‥。

2008年07月03日 (木)
■ カレー

いのししカレー食べ物の好き嫌いって多少の差はあれ、ありますよね。ありますよね‥って、書いておきながら、私の場合は食べ物で嫌いなものって思い浮かばないのですが、世の中のあらゆる食材を食べつくしたわけではないですから、嫌いなものってきっとあると思います。もちろん、見た目がちょっと‥っていうのはいくつか思いつくけど、食べてしまえば食べられちゃうんだろうなぁ‥。あ、でもそれは好き嫌いとはちょっと違うかもしれませんね。

では、嫌いなものではなくて、好きな食べ物というのはどうでしょう?好きな食べ物が無いっていう人はさすがにいないと思いますが、一番好きな食べ物は何か?と言われると、ひとつに絞れないという人は多いかもしれませんね。私の場合、一番好きな食べ物は何をおいてもカレーです。カレーライス、カレーうどん、カレーパン‥およそカレーと付くものは全部好きですね。ボーイスカウトのキャンプで毎回食べていたせいかどうかは分かりませんが、カレーは特別に好きですね。

私はそれくらいのカレー好きですから、毎食カレーでも毎日カレーでもきっと平気です。だいたい、同じカレーと名が付くものでも味のバラエティーは様々ですから、食べたことのないようなカレーを見ると興味深々です‥。というわけで、ひと月ほど前に金沢に行った際に、お土産を売っている店で目についたこんなカレーを衝動買いしてしまいました。なんてことを書いていたら、やっぱりカレーが食べたくなってきましたヨ。

2008年07月02日 (水)
■ 読ませるな!

必要の無い標識改正道交法が施行されてから、ひと月が経過しました。自転車に関するものとしては、そもそも大きな変更というものはなく、何を今更‥的な当たり前のことばかりだったと思います。もっとも、その当たり前なことを出来ていない大人たちが多すぎるところに最大の問題があるわけですが‥。いずれにしろ、自転車に関係することも何かが変わったはずなのですが、実感としてあるでしょうか。何かが変わらなくてはいけないはずなのに、相変わらず自転車は車両の一員だという意識のない人たちで溢れえっているのです。

では、逆に車両の一員として車道を走れば、それで万事が丸く収まるかというとそうでもない‥。受け入れ側の車道のほうにも問題はたくさんあります。自転車走行の安全性の確保がしっかりとなされていないのはその最たるものです。一方、自動車を運転するドライバーに対する配慮が無さ過ぎるのも気になるところです。例えば写真のようなもの。これって道交法上、どのようなものに位置づけられるのか分からないのですが、道路標識並みにしっかりとしたものですし、勝手に設置しているわけではないでしょうから、標識に準じたものと考えるのが妥当なところでしょう。

これの問題は、その効果に懐疑的な程度ならまだしも、危険性を高めるだけだということにあります。歩行者に注意を向けさせたいのであれば、視線がそちらに行くようにしなければならないのに、視線の移動を妨げる場所に設置し、なおかつ「読ませる」ものになっているのが問題。こういったドライバーの気を散らすものばかりが設置されている車道っていかがなものでしょうか?ドライバーには運転に集中できる環境を提供することが大切であって、そういったことの積み重ねが自転車の安全な車道走行にも繋がるはず‥。とにかく、このような「読ませる」ものの設置は本当に止めて欲しい限りです。