14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年10月03日 (金)
■ 長靴最高

snowpeak NOASOBI ラバーニーブーツ私が横浜に引っ越してきたばかりの頃は、家の回りは空き地だらけでした。坂を下ったところにあるバス停まで視界を遮るものがほとんどなく、親父がバス停まで歩いて行くのが見えたほどです。今からは考えられないほどに雪が積もって、当時電話の無かったウチに、父親から「キョウハカエレヌ」といった電報が届いたこともあったのだとか‥。そんな事情もあったでしょうし、当時は今ほどに道路もよくなかったかというのもあるけれど、私の父親は天気が悪い時には黒いゴム長靴を履いて出掛けていたものでした。私の父親だけが特殊なわけではなく、昔はそういう人も多かったと思います。

現代では道路もよくなったし、交通網も発達したしで、都会のサラリーマンは雨にあまり濡れずに済んでいる場合も多いでしょう。時代が変わったこともあり、黒いゴム長靴などを履いているサラリーマンを見かけることも無くなりました。サラリーマンでは見かけなくなったものの、女性では逆にゴム長靴を履いている人を見かけることが多くなってきた気がします。昔からの長靴チックなものを履いている人ももちろんいるけれど、最近よく見るのはAIGLEのもの。阪急にAIGLEがあるせいかもしれませんが、乗馬靴あたりで有名なのも関係あるかもしれません。いずれにしろ、状況によっては長靴がカッコイイと受け取られつつあるのかもしれません。

アウトドア好きの私ですので、長靴は当然カッコイイと思っています。だけど、さすがにフィット感とは無縁のものしか持っていないので、そこが履くのを躊躇させる点であることは否めないのです‥。写真はsnow peakのNOASOBI ラバーニーブーツですが、17,640円という値段はさすがにちょっと躊躇してしまうかな‥。それに何より、普段履くにはちょっと長すぎる感じがします。フィット感はどうなのかが気になるところですが、どう考えても普通の靴にはかなうはずないし‥。というわけで、長靴は履いてみたいのですが、普段履きにはもう少し短いものがいいです。先日壊れてしまったものの跡継ぎに、ColombiaのBUGA SLIPあたりが欲しいところです。

| Top |