14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年03月31日 (火)
■ 家族旅行

GREGORY ALPACA 40L/60Lで旅行支度あっという間に‥この言葉を今まで何度発したことか分かりませんが、あっという間に今日で3月が終わりです。もう一年の4分の1が終わっちゃうんですよね。当たり前ですけど、明日からは4月ですよ‥。さすがに曜日の感覚は辛うじて残っているものの、日にちの感覚が麻痺してしまっているかも‥そう思わせるこの頃です。ですので、子供らは既に春休みなるものに突入しているということも、今ひとつ実感を伴っていませんでした。もっとも、部活に行ったりしているので、ふだんと変わらないじゃん‥というのもあるのですが。

子供らはそれぞれ高校・中学の1年生が終わり、来月からは2年生です。2年生になれば、部活動も先輩としてさらに忙しくなってくることでしょう。既にふだんの週末は二人とも部活動が忙しく、家族全員の予定が合って、みんなでどこかに出掛けるということもほとんど無くなってしまいました。長期休暇の際にも、ますます予定がかみ合わないことが増えてきそうです。ということもあって、この春休みを利用して、旅行できるときにしておこう‥そう考えていたわけです。その日が、やっぱりあっという間にやって来てしまいました‥。

というわけで、実は今晩から家族みんなで旅行に行ってきます。まだ平日じゃん‥なのですが、今週分の仕事は来週ガンバルので許してくださいな。今週分は‥というくらいですから、今晩出かけたら帰ってくるのは土曜日の夜‥。今の時代ですから、旅行先にもネット環境はあるのですが、明日以降の話は帰ってきてからにしますね。行き先ともどもお楽しみに‥。ですので、ここも週末まではお休みということになります。姫も連れて行ってあげたいんだけど、お友達のウチで留守番しててね‥いい子にしてるんだよ~。

2009年03月30日 (月)
■ OAKLEY Bottle Rocket 2.1 BlackChrome

OAKLEY BottleRocket2.1 BlackChrome子供の頃から視力はよかったです。視力検査では、いつも一番下にある胡麻ツブみたいに小さいやつでも、その切れ目がハッキリと見えたものです(ちなみに、あの"C"の字は「ランドルト環」‥というそうな)。だから、当時は一番上にある巨大なやつの切れ目が分からないなどということは想像が付かない事象でした。小さい頃の目のよさは、高校、大学と進んでも基本的には変わることがありませんでした‥。もっともそれは、よほど勉強をしていなかったことの証明‥というのが正解かもしれません。

会社に入った後も6~7年目くらいまでは視力が下がったという自覚はなかったですが、その後は徐々に低下して行き、「ちょっと見辛いな」と感じることが出てきました。そこで、矯正力の弱い眼鏡を作ったのですが、眼鏡無しでも運転免許がクリアできる程度だったので、日常生活で眼鏡をすることはほとんどありませんでした。なので、今まであまり困る局面も無かったのですが、今年に入ってから「目を酷使すると頭が痛くなる」という体験をしました。ところが、昨年ちょっとしたアクシデントがあって眼鏡を紛失してしまったのです。

というわけで新しく眼鏡を作りました。最近は眼鏡の値段も驚くほどに安くなって来ましたが、仕事柄目を酷使することが多いので‥という理屈をこねて、安物から選ぶのは止そうということにしました。で、選んだのがコレ‥OAKLEY Bottle Rocket 2.1 BlackChromeです。本当は、レッドアイコンのLimited versionが欲しかったのですが(目当てはそれか!?)、カミさん曰くこっちのBlackChromeのほうが私の顔にフレームカラーが合っている‥ということで、Limitedではなくこちらになりました。若干重めですが、頭痛も無くなり快適です。

2009年03月29日 (日)
■ 北山田桜まつり

自転車車道走行を促す幟今日は犬仲間といつもの公園で毎年やっている「お花見」をする予定にしていたのです。でも、今週は予想外の寒さで桜の花はあまり咲いておらず、昨日の時点で早々と中止が決定していました。昨日は公園まで散歩に出なかったのですが、話によると異様に寒くて「とてもお花見どころじゃないね‥」ということで、今日の中止が即決定したんだそうです。だから、今日は公園まで散歩に出たのですが、花見をするつもりはなく単にいつもの散歩のつもりで行ったわけです。

公園に着いてみたら、やっぱり桜はほとんど咲いていない。それに風が吹くとかなり寒い‥。こんなところでビール飲んでたら風邪引いちゃうね‥ということで、早々に退散してきました。でも、元々花見をしようということで、みんな他の予定を入れずに空けておいた日曜日だったわけです。それに、吹きっさらしの公園から緑道に下りてきたら日差しが暖かいじゃありませんか。だから、「山田富士公園で桜まつりやってるけど行ってみる?」という提案のもと、全員が山田富士公園に向かったのは言うまでもありません。もちろん、山田富士の桜も全然咲いてない感じでしたが、桜の咲いていない桜まつりってのは何とも変な感じデス。

とはいえ、さすがに人出が多くて山田富士は混んでいましたね。桜の咲いていない桜の下で宴会やってる人ももちろんいましたし。やっていたのは「北山田桜まつり」なんだけど、なぜか一緒に「つづき交通安全フェア2009」というイベントが併催されていて、白バイやパトカーがいて子供と一緒に写真を撮っていたり、ヤマト運輸と佐川急便が安全教室みたいなこともやってました。結局、我々もビールを一本だけ飲んでプレ花見をしてきたのだけれど、花の無い花見って寂しいですね‥。というわけで、今日の写真は桜が咲いていないので、交通安全フェアの幟。あらためて「自転車は車道」とか書かれると新鮮でいい感じだわ~。

2009年03月28日 (土)
■ FINEPIX Z33 WP

FINEPIX Z33 WP先日、センター南の‥いや、センター北の‥どっちでもいいけど、ヤマダ電機でPanasonic LUMIX FT1の現物を見ました。実際に試写したりできるものは、グレーの地味なカラーのものでしたので、お目当てのオレンジはモックのものでしたが、まぁそれなりに雰囲気は掴めました。FT1の印象は、「操作系のボタン類が今ひとつ好きになれない」というのと「意外とデカイ」というものでした。角のあるデザインが、全体を余計に大きく見せているのかもしれないのですが、最近は小さなコンデジを見慣れてしまっているので、やや巨大に見えるのです。防塵・防水・対衝撃‥ですからしょうがないですけどね。

今日、カミさんがレンズのフィルターを買うのにヤマダ電機に行くというので、一緒に行ったついでにコンデジ・コーナーを見ていたら、FINEPIX Z33 WPがありました。これは、FUJIFILMから新しくでた防水モデルなんだけど、これはFT1に比べるとずっと小さい感じです。サイズで言えば、FT1が97.0×57.9×21.8mmなのに対し、Z33は92.0×59.6×20.6mmと‥あれ?数字にするとあまり違いが無いですね‥。でも、手に持った感じなどはZ33のほうが明らかに小さい印象があります。四角四面か、角が取れたデザインかで随分と違うものです。

角が無いというだけではなく、ボディー前面にある出っ張りが丁度よい指の引っかかりになるので、その辺りの持ちやすさというものも「大きさの印象」に影響を与えているのでしょうね。W33は、FT1に比べると機能的に一段下のカテゴリーに属するモデルになるのでしょうか。現在のyodobashi.com価格だと、FT1が42,400円なのに対してZ33が23,900円ですから、値段も結構な差がありますね。FUJIFILM‥どうなんでしょう。上のモデルだと、フィルムシミュレーションという機能が楽しそうなんだけど、Z33にはそれはなし。まぁ、目指すところが違うわけですし、機能てんこ盛りにしちゃうと値段も上るので、結局どこを取るか‥なんですけどね。

2009年03月27日 (金)
■ 花冷え

サクラ咲き始め花金‥今やすっかり死語と化した「花の金曜日」の省略形。日本語俗語辞書によれば、「週休二日制が導入され、土曜休日の企業が増えたことに伴い、金曜日の晩は遊び回る風潮から生まれた言葉で、バブル終焉とともにサラリーマンにもゆとりがなくなり死語となってゆく」といったことが書かれています。確かに最近は「じゃ~飲みに行くかー」というのも無い(いや、昔から無いですが‥)ですし、遊びに行くってドコへ?という感じですが、やっぱり休日の前というのは嬉しいものです。そういった意味では、サザエさん症候群の対極にあるのが花金といったところでしょうか‥。

金曜日だし天気もいいし‥となれば、自転車通勤もさらに楽しくなるというもの。少々の疲れくらいはスグに飛んでしまうほどの条件が揃っているのに加え、気候もよくなってきたので、これからしばらくの間は本当に自転車通勤によい季節なのです。でも、今日は風がとても冷たかった。日差しはすっかり春で暖かいのに、吹く風は冬‥朝出掛けるころはそんな感じだったので、思わずマフラーをしてしまいましたよ。確かに先週と比べると平均気温が5度以上は低いんじゃないかという感じですから、寒いと感じるのも当たり前ですよね。ま、日差しそのものは暖かいので、身体が冷えてしまうということは無いのですが‥。

先週の調子で暖かい日が続けば、きっと一気に咲くだろうと思っていたサクラも、まさに出花を挫かれた‥いや、出鼻を挫かれたという感じで、せいぜい蕾が色づいてきた程度の木がほとんどです。私の通勤路にあるサクラのうち、一番早くに花を咲かせる木でもせいぜい三分咲きといった感じ‥。それが今日の写真です。写真だともっと咲いているように見えますが、全体を見ると二分から三分といったところかな。花冷えとはいうけれど、今週は本当に花冷えの一週間でした。週間予報によれば、来週もさほど暖かくなりそうに無いので、今年のサクラは長持ちするかもしれません‥って、その前に咲いてくれないとね。

2009年03月26日 (木)
■ マイカップ持参

TULLY'Sのカップ私がまだ若かった頃(高校生の頃かな)、大して味の違いも分からないくせに、喫茶店に入ってストレートコーヒーを飲む‥なんてことをやっていたものです。それでも昔は個人経営の喫茶店もあちこちで見かけましたが、今ではすっかりチェーン店に取って代わられてしまった感じでしょうか。チェーン店であるからこそ全国どこでも均質なサービスが受けられる反面、その店に通い詰めたくなる面白味のようなものも無くなってしまったので、どちらがよいのかは微妙ですけどね。

というわけで、今では喫茶店の役割を果たすのはチェーン店になってしまったわけですが、私が主に利用するのはTULLY'Sでしょうか。別に特別なコダワリはないので、TULLY'SだろうとSTARBUCKSだろうと上島珈琲だろうと何でもよいのですが、何故か私の行動範囲にはTULLY'Sが多いので、必然的にTULLY'Sの利用率が高くなるわけです。飲み物としては、STARBUCKSのキャラメルマキアートが好きなんですが、残念ながらTULLY'Sにはキャラメルマキアートはないので、いつもカプチーノを飲んでます。写真もそれ。

黙っていると付けられてしまうカップのフタはいつもナシでお願いしています。無くても困らないのにすぐにゴミになってしまうものだし、何よりカプチーノのクリームがくっついてもったいないから(舐めますけど‥)。でも、それを言ったらこの紙コップだってすぐにゴミになっちゃうからもったいないですよね。ちなみに、TULLY'SにしろSTARBUCKSにしろ、マイカップ持参で行ってもOKというだけでなく、それぞれ値引きしてくれるんですね。コップがもったいないのもあるけど、安いってのはいいな‥今度はマイカップ持参で行ってみようかしら。

2009年03月25日 (水)
■ 8年、59,600km

自動車修理の請求書わが家の車はSUBARU Lancasterという名前。あまり聞かない名前かと思いますが、何のことはないLegacyの派生車種です。とはいえ、Legacyの名前は現行モデルでも残っているけれど、LancasterはOutbackという名前に変わってしまいました。でもコンセプトは同じ。で、普通のLegacyと何が違うかというと、アウトドア向けに若干車高が上がっています。最低地上高が200mmあるので滅多なことでは下まわりを擦ることはありません。キャンプ場の中などでも気を使う必要がないのでとても楽です。

そのLancaster‥新車で購入してから丸8年が経過しました。ここ最近、オイル漏れが目立ってきていたので、2週間ほど前に1年点検に出した際に見ておいてもらったのですが、その時はディーラーに補修部品の在庫が無かったため、日をあらためて修理に出すことにしたのです。オイル漏れがあったのは、左ロッカーカバーだったのですが、他にもATFクーラーホースの交換、Vベルト交換をやったほうがよさそうということで、今日修理に出して全部直してもらいました。今日の写真は修理の結果の請求書です‥。

8年乗って、総走行距離は59,600kmほど‥。特別に少ないということもありませんが、多いということもありません。それでも8年が経過すれば、それなりにガタも出てきたということになるのでしょうか‥。私としては、昨年やっと解決した燃料系トラブル以降、妙な心配事が無くなったこともあって、あらためて「Lancasterはイイなぁ‥」と思っているんですけどね。だから、これからもちょこちょこと今日程度の出費はあるかもしれませんが、まだまだ頑張って走ってもらわなくちゃ困るんです。やっぱり、100,000kmくらいは行かなきゃね。

2009年03月24日 (火)
■ 左右どっち?

歩道上に自転車への注意書き毎日同じ場所を同じように走っていると、赤信号でつかまってしまう交差点というのもほとんど同じ個所になります。センター北にあるNorthport Mall北側の交差点も、そんな毎朝赤信号で止まる交差点なのです。今朝もいつものように赤信号で止まり、何気なく歩道のほうに目をやると何やら目立つ色のものが歩道上にありました。それがこの写真のものなのですが、見てのとおりで歩道を走る自転車に対する注意喚起を目的としたもののようです。いつ頃からこれがあったのか分かりませんが、まだキレイだったこともあり、ここ数日のうちに設置されたのだと思います。

「車道寄りをゆっくり走りましょう」‥読んでそのままですが、この表示は自動車の進行方向に対して左側にある歩道上にあり、自動車の進行方向を見て撮った写真です。つまり、この表示を写真のとおりに見ている「Aさん」が、そのまま前方に自転車で向かおうとした場合、車道寄りを走ると歩道上では「Aさんにとって」右側を走ることになります。ここで「Aさん」と逆方向に自転車で進んできた「Bさん」はどうでしょう?この表示自体はさかさまに見ることになりますが、表示のとおり車道寄りということを守ったとすると、二人はすれ違うときにお互いに車道側に寄ることになります。つまり、タイミングが悪いと正面衝突です‥。

「自転車」対「自転車」の話でもそうですが、「自転車」対「人」でも似たようなことは起きます。我々は子供の頃から「人は右側通行」と教えられます。つまり、「Aさん」が自転車のときと同じ方向に歩いている時、反対側から自転車に乗る「Bさん」がやってきた状況を考えればわかるでしょう。二人がすれ違うとき、運が悪ければ同じように正面衝突です‥。つまり、進行方向によって左右が変わってしまう「車道寄りを」という表現が悪いことに気づくでしょう。この場合は「左側を」と言うべきであり、さらに言えば人間も「左側通行」であるほうが、歩道上に自転車と歩行者が混在している現在の状況においては好ましい結果になると思います。

2009年03月23日 (月)
■ 気の早いレンゲ

もうレンゲが咲いた昨日ほどではないのですが、今朝会社に行く時間も結構風が強くて難儀しました。いつもここに書いているように、自転車の一番の敵は風なのです。いつも背中側から風が吹いているのであれば、敵ではなくてありがた~い味方なのですが、風がそんなに一定の向きに吹いていることはありません。だいたい一直線の道路なんていうものがまずありませんから、どうしても前方向から風を受けることになってしまうのです。

今朝も常に前方から風が吹いているんじゃないかと思わせるほど、風に向かって進んでいる感じがすることが多かったので、体力と脚力をかなり奪われながら会社に向かっていました。それだけでも辛いのですが、時折横から急に吹き付ける風が来ると進路まで乱されてしまい、別の意味で疲れてしまいます。しかし、進路が乱されたおかげで、いつも目に入って来ないものが視界に入ってくる‥というオマケはありました。それが今日の写真です。

そう、これはレンゲソウ。以前、撮り溜めておいた写真ではなくて、正真正銘、今朝撮ってきたものです。道路から一段低くなっている田圃の隅にひっそりと咲いていたものなのですが、いつもはそんなに道路の端を走らないため、視界の陰に入っていて見えなかったようです。昨年実った種が落ちて花が咲いたのだと思いますが、それにしても例年もう少し後に見かけます。いくら目立ちたがりだとしても「ちょっと早いんじゃない?」と思っちゃいますよね‥。

2009年03月22日 (日)
■ よりよい自転車環境のために‥

自転車に乗ろう今日は風が強いだけでなく昼過ぎには雨も降り出したりして、自転車に乗る人たちには最低の一日だったのではないでしょうか。ここで何度か書いていますけど、自転車乗りにとって一番辛いことは強風にあおられることです。まぁ、雨に降られたりするのも、特に冬の季節はキツいのですが、それでも無風の雨よりも晴れの強風のほうが辛いかもしれません。となると、雨の日には基本的に自転車に乗らないことにしている私にとっては、雨よりも風のほうが圧倒的に辛い事象ということになります。

そんなふうに天候によって乗り味が左右されるような乗り物ですが、こんな乗り物でもイイことはたくさんあります。まずは特別な燃料が要らないこと。そして渋滞知らずなこと。一番大きなイイことは、あなたの身体を元気にしてくれること‥。若い人にとってはイイことという実感が無いかもしれませんが、私のような中年以降の世代にとっては、さしたる苦労をせずとも元気にイイというのはそれだけで大きな価値があるものなのです。と、色々と利点を述べたところで、一番凄いところは「乗っていて楽しい」というところに尽きるでしょうか。

そんな素晴らしい自転車ですから、最近は色々なところで注目を集めています。やっと、お役所もその力に気づいたということなのでしょうか、国土交通省と警察庁は、自転車利用と道路に関する意見募集と題して、今後の自転車利用環境を真剣に考えようとしている雰囲気です。これが単にポーズなのか、本気で国民の‥自転車を日々利用している人たちの意見を取り込もうとしているかどうかは分かりませんが、こういった場が設けられているのは自転車乗りにとっては大きなチャンスです。残りわずかな日程ですが、自転車乗りは必ず意見するようにお願いします。

2009年03月21日 (土)
■ ALOHA TABLE@BAY QUATER

ALOHA TABLE@BAY QUATERのランチ今日は三連休の中日‥。連休の中日、かつ一番天気のよい日とあって、あちこちへとお出掛けした人も多かったのではないでしょうか。横浜あたりの人だと、折りしも政府の「点数稼ぎ」である「高速道路上限1000円」を活用して(乗せられて?)、アクアライン経由で千葉に行った人が多かったらしいではありませんか。今日の朝刊に昨日のこととして載っていたので、今日はもっと混んだのでは‥。しかし、とても分かりやすい反応で、某麻生さんも喜んでいるでしょう。私なんかはヒネクレてるので、安いことを理由に高速を使おうなんて思いませんから‥ね。

ま、高速を使ってまで遠くに行く目的も無い‥というのが一番の理由なわけですが、今日は久しぶりに横浜のmyXまで行ってきました。もちろん、高速道路はありませんが、第三京浜の都筑ICも何だか入り口が妙に混雑していたので、第三京浜にも乗らずに行ったのでした。myXではお目当てのものを無事買うことができたのですが、他にも色々あって見ていて飽きません。セール品の中にSnowPeak Gigapower WG Lanternが30%引きで売っていたので、意味もなくランタン・コレクションを増やしてしまいそうになりましたが、何とか我慢して買わずに帰ってくることができましたよ。もう一歩引いてあったらヤバかったかも‥。

てなわけで、お腹も空いたことだし近くのBAY QUATERまでお昼を食べに行きました。今日は姫を一緒に連れて行ったので、姫も入れるテラス席を‥ということで、選んだのはALOHA TABLEというハワイアン・カフェ。みなとみらいが一望できる場所なので、観光で横浜に来たときなんかにいい場所かもしれませんね。まぁ、食べ物は特別珍しいようなものではありませんが。で、私とカミさんが食べたのは週変わりのランチ・プレートなんですが、1000円という値段を考えるといい感じなんではないでしょうか。ランチタイムのフリー・ドリンクにワインがあったのにビックリ。今日は車なので我慢でしたが、今度電車で来たときにまた寄ってみようっと。

2009年03月20日 (金)
■ 薬膳麻辣火鍋

鴻星海鮮酒家にて薬膳麻辣火鍋今日は犬仲間と都内のドッグランにお出掛けする予定にしていたのです。しかし、今日は雨が降るということだったので、ドッグラン行きは中止‥。朝起きた頃は「中止でヨカッタね~」というくらい酷い雨だったのですが、それでも午後からは晴れてくるという予報。出掛ける予定で空けておいた時間がそっくりそのまま急に自由になってしまったわけだし、ドッグランじゃなくて何か美味しいものでも食べに行こう‥ということで、カミさんと麦飯ママ+パパの4人でお台場に行ってきました。

東急目黒線で行くというので、日吉までグリーンラインに乗りました。実はグリーンラインに乗るのは今日が初めて‥。2008年3月30日の開業から1年近く経って、やっと乗ることができました。小さい電車だとは聞いていたけれど、確かに大江戸線のように狭いので朝の混雑時間帯は辛そうですね。で、初モノはグリーンラインだけではなく、実はお台場に行くのも初めて‥。場所は知ってますし横を通過したことくらいはあるけれど、お台場を目的として出掛けたことはなかったのでした。結局、今日は「お上りさん」な感覚を味わいました‥。

お出掛けの目的は美味しそうなものを食べること‥。選んだのはデックス東京ビーチ内の台場小香港にある鴻星海鮮酒家(ほんせんかいせんしゅか)という香港広東料理を食べさせてくれる店。ここで、薬膳麻辣火鍋なるものを食べてきました。写真がそれなのですが、真ん中で仕切られた鍋の左右に赤いスープと白いスープ‥これに牛肉、羊肉、鶏肉、野菜などを入れて食べまくるわけ。あ、もちろんビールも飲んできましたよ(そのための電車なんだから)。しかし、この味は病みつきになりますね。横浜にも支店ができないかしら。

2009年03月19日 (木)
■ 一気に咲くかな?

もうすぐ咲きそう‥今日は夕方に予定されていた東京での会議がキャンセルになりました。東京に行く必要が無ければスーツじゃないので‥もちろん自転車通勤。こんなによい陽気の日に自転車に乗らない手はありません。結局、今週は毎日自転車通勤できました。といっても、今週は明日が春分の日で休みだから、一週間全部とはいっても4日だけなんですが。今年は、昨年よりは自転車通勤増やすぞ~と思っていても、天気とスーツには勝てないわけで、ジテツー率は今日の時点で70%‥これを維持したいところです。

明日は春分の日ですから、一年を冬と夏の半分に分けてみたら、今日で冬は終わり。明日を境にして夏に突入するわけです。夏‥なんて聞くと急に暑い気がしてくるから不思議ですが、今月に入ってからの気温の上昇ぶりを見てみれば、冬も終わったんだなというのも頷けるはず。だって、ひな祭りの頃には最低気温が摂氏1度くらいだったものが、今日は11.9度にまで上昇したのですからね。二週間で10度も上がればそりゃ暖かいでしょう。この陽気が続けば、ジテツーの服装ももう春用に変えなければね‥。

明日は天気が悪くて、明日以降は気温が少し下がり、初夏のような陽気も少し落ち着くということですが、それにしても今朝は暖かかった‥。袖をまくって走っていても全然大丈夫だったし、会社に着いた頃にはかなり汗をかいてしまったほど。これだけ暖かいとサクラも一気に成長しているようで、まだ丸い緑色の蕾だったものが、わずか3日後にはこんなになっていましたよ。この調子だと、来週になればかなり咲きそうな感じです。残念ながら来週の月曜日は雨っぽいので、次回は火曜日‥どれくらい咲いているかな。

2009年03月18日 (水)
■ Widget

Yahoo! Widget私は仕事でパソコンを使用する機会が多いです。多い‥といったレベルの話ではなくて、それこそ朝から晩までパソコンを使って仕事をしています。下手をすると、会議やら研修やらもパソコンの世話になることもあるので、パソコンが無いと全く仕事になりません。まぁ、私と同じ職種の方ならば、大同小異‥どこも似たようなものでしょう。では、他業種の方はパソコンと縁が無いか‥。もちろん、そんなことがあるわけはなく、多かれ少なかれ仕事上でパソコンに触れる方は結構いると思います。

仕事でパソコンを使う‥といっても、私の場合はパソコンが目的なのではなくて単なる道具に過ぎません。仕事の場合だけではなく、家にあるパソコンも単なる道具であり、仕事ではない趣味の目的のために使われているに過ぎません。でも、そんな「単なる道具」であるはずのパソコンも、仕事で使うものと趣味で使うものでは大きな違いがあります。これは例えば、職業運転手の方が仕事で使う車を自ら選ぶことはできないが、プライベートの趣味で乗る車はスポーツカーに乗っている‥そんな感じと似ているでしょうか。

写真は、Yahoo! Widgetsの時計やらカレンダーですが、Widgetには「ちょっと便利なモノ」が結構あったりします。天気予報と時計とカレンダー程度が見えたところで大した差はないとも言えるのですが、パソコンの画面上にいつでもこれが出ているというのは意外と便利なものです。便利だからこそ、Vistaには標準で同じような機能が搭載されているわけですが、会社のパソコンはもちろんXPのまま‥。かといって、フリーウェア類で武装することもできないので、仕事道具のくせになかなか便利になりません。

2009年03月17日 (火)
■ さっさと地デジ移行せよ

アナログテレビを2万円で買取り地デジ推進(2009年3月17日 読売新聞朝刊)「地デジ」‥そもそも何の略だったのかすら忘れつつありますが、(人工衛星ではない)地上にあるアンテナからのデジタル放送だから「地デジ」と呼ぶのでした。現在は、従来からある地上アナログ放送(略して「地アナ」‥とは言わないと思うけど)と地デジが共存している状況ですが、2011年7月24日に予定されている地デジへの完全移行時には、アナログ用のテレビを含む受信機器が一夜にして粗大ごみと化すわけです。今朝の段階で、新聞のテレビ欄には「地上デジタル放送完全移行まであと859日」とありましたので、移行までに残された期間は29ヶ月を切っていることになります。

移行を進める政府は、昨年開催された北京五輪でデジタルテレビ普及に拍車が掛かると目論んでいたわけですが、そんな「取らぬ狸の‥」は空想に終わりました。さらに、ここ最近の景気悪化が追い討ちを掛ける状態になっており、デジタル対応機器の世帯普及率は今年の1月時点で約49%と昨年9月時点の46.9%から2ポイントほどしか上昇していません。4ヶ月で2ポイント‥さすがに移行直前になれば「しかたなく買う」という人も出てくるでしょうが、残り期間を考えると結構な数の世帯でテレビが見られなくなる‥そういった事態になりそうです。

これに対し、与党公明党は地デジ推進策として「国が指定した販売店で地デジ対応テレビを購入する際、不要になるアナログテレビを2万円で買い取る」という案を発表したそうです。時限措置の形をとり、2000万台分の買い取りに4800億円を掛けるとのこと‥。政府はつい先日も大きな無駄遣いをしたばかりなのに、一体何を考えているのでしょう。だいたい、「国が指定した販売店」といったあたりに胡散臭さを感じるので、この計画はボツですね。政府もそろそろ変な推進策を考えるのを止めて、さっさと地デジ移行しちゃいましょ。テレビが見られなくなっても「何だ、テレビなんて無くても困らないじゃん」ということに多くの人が気づきますから‥。

2009年03月16日 (月)
■ まだ蕾‥だけど

桜の蕾先週の金曜日は、全国でトップを切って福岡で桜の開花宣言が出されました。ああ‥もうそんな季節なのね‥と、3月も半ばに差し掛かっているという事実にあらためて驚いてしまったわけです。しかし、それでも金曜日は冷たい風が強く吹いていたので、あと半月ほど先とはいえ、横浜でも桜が咲く頃が近づいてきているという実感はあまり無いな‥という感じでした。

ところが、今日は昨日に引き続き天気がよいというだけでなく、朝のうちは無風状態というほどに風も吹いていなかったので、朝からとても暖かい感じがしました。自転車で恩田川沿いを走っているときなど、あまりの暖かさと風の無いのどかな感じだったこともあり、思わず草むらで昼寝でもしたくなってしまったほど‥。今日のような日は、自転車通勤をしていて本当にヨカッタ‥そう思わせてくれるイイ日なのです。

これだけ暖かいと気の早いサクラもいるかも‥そう思って毎年最初の頃に花を咲かせる木を見てみたのですが、さすがにそこまでは行ってませんでした。それでも、今月に入ったばかりの頃の堅い茶色の蕾に比べれば、写真のようにかなり大きく緑色に成長してましたね。今週は暖かい日が多そうなので、一気に成長が進むかもしれません。今年ももうすぐサクラの季節がやってくる‥一年って本当に早いものです。

2009年03月15日 (日)
■ クリーン・インストール

Windows XP install中ちょうどひと月ほど前に義母のPCを組み立て、ひとまず使える状態にしてカミさんの実家に据え付けてきました。その後、義母がボランティアで使用しているソフトなどを入れていたのですが、以前のPCでは出ていた音声ガイドが出なくなってしまったと言われてたのです。色々と調べてみたところ、音声合成のSAPI 4(Speech API 4)という機能がどうも関係しているらしいことが分かりました。というわけで、SAPI 4のファイルなどを何とか探した上で昨日試してみたのですが、どうにもうまく喋ってくれません。とはいえ、全くダメというわけではなく、他のソフトでは喋ったりと、どうにも変な感じでした。

昨日は半日色々とやって結局ダメだったのですが、家に戻って冷静に考えてみたところで何かのミスをしたとは考えられませんでした。さらにダメ押しは、私のPCに問題の「喋るソフト」を入れてみたところ、何ごとも無かったかのように音声ガイドが出たのです‥。義母のPCとカミさんのPCと私のPCのうち、一番フリーウェア率が高い(つ~か、有料モノはOSだけかも‥)私のPCで何の問題もなく動作してしまったので、何かが足りないということではなくて、原因は分からないのですが(必要な)何かを壊してしまったに違いない‥それ以外に思いつく原因が無い状態にまでなってしまったのです。

というわけで、とりあえず最初から最後まで自分でやろうということで、昨日に引き続き今日もカミさんの実家に行って、Windowsをクリーン・インストールすることにしました。ゼロから最後まで自分でやれば(動かないにしても)納得が行くだろうということで、午前中から作業を始めたところが今日の写真‥Windowsを自分でインストールしたことのある人にはおなじみの画面です。この後、結構な時間を掛けて元どおりになったわけですが、問題の音声は‥ちゃんと出るようになりました。結局何が原因だったのかは分かりませんが、クリーン・インストールによって問題が無くなったというのは事実のようです。

2009年03月14日 (土)
■ 贋物コルク

コルクでないワインコルク私もカミさんも、基本的に月曜日から金曜日までが仕事の人なので、金曜日の夜から日曜日の夜までがゆっくりできる時間帯です。ここ最近、平日は私が特に忙しい日が多く、夕食も家族とは別々に摂っている状態です。なので、週末くらいはみんなで楽しく夕食を摂りたいところなのです。もちろん、私とカミさんはワインなども飲みながら日頃の疲れを癒すというのが、週末の正しい過ごし方。

カミさんも私もワイン好きで、ワインをよく飲むという話はここにも何度も書いていますが、二人とも「いかに安くて旨いものを探すのか」ということを大切なポイントにしています。ですので、安かろう悪かろうではありませんが、「いまひとつピンと来ない味だね‥」というのに当たったとしても、別に何とも思わないわけです。高くてイマイチの場合には悲しくなるでしょうが、高いのは買わないのでそういった気分になることはありません。もちろん、それとは逆に「コレ、結構いい感じだよね‥」という場合には、とっても得をした気分になるわけです。

ですが、せっかく「これ、結構イイ味かも‥」と思ったとしてもニセモノのコルクが使ってあると、点数が半減なのです。その原因として、コルクの価格高騰にあるということは、誰でもが想像できることでしょう。だから、低価格ワインであれば、それ自体は仕方ないとは思うのです。しかし、問題はこの贋物コルクがとても抜きにくいということなのです。抜きにくいということを我慢してまでこのスタイルに固執する気はないので、だったらスクリューキャップにしてもらったほうがまだいいわけです。ちょっぴり寂しいですけどね。

2009年03月13日 (金)
■ もう桜が‥

福岡で桜が開花(2009年3月13日 読売新聞夕刊より)今日は予定されていた東京でのミーティングがキャンセルになったので、嫌いなスーツを着る必要が無くなってラッキーでした。しかし、週間天気予報では今日は雨が降ることになっていたので、どっちにしろ電車か‥と面白くない気分でいたのです‥。それでも予報をよく見たら、雨が降るのはどうも夜の21時頃になってからのようです。今日はあまり遅くまで仕事をするつもりはなかったので、これは自転車で行かない手はありません。

しかし今日は風が強い日でした‥。風が強い時の自転車は辛いのはもちろんのこと、場所によっては危ないという要素も出てくるのが厄介なのですが‥。そんな強風のおかげで、会社に到着した頃にはかなりの汗をかいていました。そりゃもう3月も半ばですからね。汗もかくわけですよ。でも、頭の中で暖かいという意識の方が強くなるせいか、真冬に比べると今ごろのほうが半袖で過ごすのがキツい気がしますね。真冬に札幌から東京に帰ってくると、東京のほうが寒いと感じてしまうのと似ているかもしれません。

夕方になって予報よりも早く雨がパラつき始めました。この後天気は悪くなる一方ということだったので、仕事の残りは家でやることにして、今日は明るいうちにさっさと帰ってきてしまいました。最近、車通りも少なくなった夜遅くに帰宅することが多かったので、人も車も多い時間帯に走っていると、違うトコロを走っているようで可笑しかったです。帰りも結構な汗をかいたので、ジテツーもそろそろ衣替えか‥と思っていたのですが、福岡ではなんと桜が咲きだしたそうですね。そりゃ暖かいわけだ。

2009年03月12日 (木)
■ モルツ・グリーンアロマ

SUNTORY MALT'S Green AROMA今日は会社でお勉強会‥みたいなもの。昨日は休暇を取って、朝から夜遅くまで頑張ったのですが、お勉強会の資料が全く完成しませんでした。みんな、ごめんなさい。先週の週末にダウンしてしまい、2日とも何もできなかったというのが効いてきてしまったわけ。「宿題は早めにやっておきなさいよ‥」とは、子供の頃ずっと言われていたけれど、大人になっても宿題というのはなかなか早めに済ますということができないものです。

というわけで、今週は週明けの月曜から今日使った資料の作成などを含め、全開モードで仕事してたので(いや、いつもほぼ全開モードなんですが‥)、木曜日の今日にしてすでに「金曜日の感覚」になってしまいました。あ~、疲れた‥。とはいえ、まだまだ仕事は山積み状態なので、今日もまた午前様になってしまったのですよ。ま、朝がそんなに早くないので、単にちょこっと後ろ側にズレているだけなんですけどね。

今日は自転車ではなく電車だったので、駅からの道すがらコンビニに寄ってみました。いや、ちょこっと飲んでみたくなっただけなんですけどね。で、目に入ったのが写真のモルツ<グリーンアロマ>‥限定醸造っていう文字を見てしまったら、「こりゃ買わなくちゃ」と思ってしまうタチなので、もちろんお買い上げ。みんなすっかり寝静まってしまい、静かになったダイニングでひとり「お疲れさま~」の乾杯なのでした。で、肝心のお味のほうですが、爽やかな味わいで昼間に飲むビールにいいかも‥。

2009年03月11日 (水)
■ 小ささのジャストサイズ

VAIO type PVAIOというのは、みなさんご存知のとおりSONYブランドのPCの名前です。私は個人的にはSONYシンパですので、「迷ったらSONY」という選択をしちゃうほうです。何で?と言われるとうまく説明ができないのですが、初代walkmanに衝撃を受けた‥といったあたりがSONY信奉者としての始まりのような気がします。とはいえ、初代walkmanを買うことはできなくて、その後に出たRecording walkmanという録音可能なものを持っていたのですけどね‥。

ですが、SONYのPCだけは欲しいと思ったことが皆無でした。VAIOのノートが出た頃、熱狂的なSONY信奉者たちは他のPCからVAIOに乗り換えていたようですが、VAIOのよさというものが私には全く理解できなかった‥。まぁ、私にとってPCといえば単なる仕事道具なので、ある意味仕事道具とは対極の部分に位置していたであろうVAIOに魅力を感じなかっただけなのかもしれませんが。あるいは、当時のVAIOにはSONYらしさというものを私が感じ取れなかっただけなのかもしれません。

しかし‥少し前に出た、VAIO type Pは違いました。これぞSONY!というコダワリが感じられるのです。やっぱり、SONY製品はちっちゃくなきゃ!というわけではないと思うのですが、小さいということはwalkman以来のSONY DNAであることは確かだと思います。ただ、私が思うに、道具として「小ささジャストサイズ」というのがあって、type Pはおそらくちょうどイイところなのだと思うのです。それが、コレいいかも‥と思わせるところなのかなと。だから、これよりももっと小さくなってしまうと、私としては魅力を感じなくなる‥そんな気がします。

2009年03月10日 (火)
■ 小網代の森

大学生ら三浦市初声町の湿地調査・保全を求める調停申請(2009年3月10日 読売新聞朝刊より)今日の読売新聞朝刊の横浜版の隅にちょっと気になる記事が掲載されていました。新聞によると、京浜急行電鉄が三浦市初声町三戸地区にある湿地帯に残土処分場の建設を計画しており、来年度から準備工事に着工することになっていたようです。これに対し、日大や東京海洋大学の学生4名が、京浜急行電鉄、三浦市、国、県を相手どり、計画の見直しや湿地の調査保全を求める調停を横浜簡裁に申し立てた‥とありました。

新聞記事に添えられていた地図では、問題の場所は「小網代の森」に隣接するエリアとして描かれていますが、小網代の森との正確な位置関係などは記事から伺い知ることはできません。しかし、小網代の森に対する少なからぬ影響を危惧した上での調停申請であることは、記事の他の部分から容易に推測することができました。よく分からないのは、所有地を寄付するなどして小網代の森の緑地保全に熱心かと思われた京急が、他方では付近の開発を進めようとしているということ。

小網代の森は、水源から干潟まで完結した水系が残る貴重な自然環境で、多くの人によって支えられています。首都圏からこれほど近いところに、素晴らしい自然が残された場所‥小網代の森を知る誰もがその貴重な自然を守り続けていかねばと誓っているはず。京急にしても、いや、三浦半島を知る京急だからこそ、その大切さを十分に知り尽くしているはずなのです。京急からは「現時点でのコメントは差し控える」というお決まりの回答しか得られていないようですが、計画が見直されるよう願わずにはいられません。

2009年03月09日 (月)
■ NAVIっぽい

NAVI No.302 April,2009 1980年代再び子供の頃から乗り物が好きでした。小学校に入る前後に買ってもらった学研の図鑑は、全12巻あるうちの1巻「むし」と7巻「のりもの」の2冊が極端に痛んでいたことをはっきりと覚えています。乗り物は何でも好きなのですが、とりわけ自動車が好きで、ミニカーのコレクションはかなり持っていたように思います。ですので、車の一部分を見て車種を当てるなんてことは朝メシ前の話でして、そんな子供がそのまま大人になったものですから、大学生になった頃にはそれは朝から晩まで車の本を読んで過ごしたものです。

ちょうどその頃(1984年)に創刊された本が写真のNAVIという雑誌で、自動車を正面から取り上げない(ように見える)変わった自動車雑誌として、よく読んでいました。そのNAVIが今年創刊25周年記念を迎えるとあって、ここ最近の号ではNAVIの歴史を振り返るような特集を組んだりしています。子供の頃からの自動車への情熱はいつまでも続かず、最近の私の中では自動車は選択肢の下のほうに追いやられていたのですが、NAVIの特集に惹きつけられて、ここ最近の3号は続けて購読しています。

ページを繰るにつれ、あまり古すぎない「ちょっと古い車」がたくさん出てくるので、当時の思い出とともに懐かしい感触に浸ることができます。事情が許せば当時憧れた車に乗ってみたい‥そんな夢を思い起こさせる楽しみを再び味わうことができました。ところで、写真のひとつ前の号で特集していた「NAVIっぽいってどういうコト?」ですが、一読者の私が思うNAVIっぽさとは「多様性」に他ならないと思います。アレもありコレもあり何でもアリ‥そんなところがNAVIのよさであり、NAVIっぽいところなんだと思います。

2009年03月08日 (日)
■ ついにダウン

シルクエビス年初からの無理がたたってしまったのか、単に金曜日に飲みすぎたせいかは分かりませんが、ついに今日はダウンしてしまいました。午前中にカミさんと姫の散歩に行くつもりだったのに、頭が痛いというか重いというか‥布団から起き上がることができませんでした。全く何もする気がおきませんし、その前に体が動きません。そのまま、昼過ぎまでしっかりと寝てしまったのです。

昼まで寝たのでスッキリ‥というわけにも行かず、微妙に頭が痛く、体もダルイまま。今日は、色々とやらなきゃいけないこと(悲しいことに仕事‥)もあったのですが、体の調子が悪いのにそんなことはやってられません。それだと明日以降がまた大変だけど、まぁそれは仕方ない。無理をする必要は無いので、明日以降に気持ちを入れ替えてやることにしましょう‥。ということで、今日は体を休めることを優先しました。

ですので、昼御飯のあとは布団に入って読書‥いつの間にか眠ってしまい、起こされたときにはすっかり夜になっていました‥。風呂に入って、晩御飯の時には昨日買ってきたシルクエビスを飲んでご満悦。やっぱり休日というのは字のとおり休む日であって、間違っても仕事なんかしようとしてはいけませんよね‥。と、今日何もできなかったことは忘れて、明日からまた頑張れるように早めに寝ます。おやすみなさ~い。

2009年03月07日 (土)
■ FT1 vs D10

Panasonic LUMIX FT1とCanon PowerShot D10先日、IXY DIGITAL 210 IS の話題を書きましたが、実物を触ってみたら予想以上にいい感じでした。これなら沈胴式のレンズでも我慢できるかも‥と、やや宗旨変えの可能性も出てきましたが、やっぱり防水系モデルのほうが私の使い方には合ってるように思うので、少し様子見を続けていたわけです。OLYMPUSもPENTAXもイマイチな感じだったので、買うまでには至らなかったのですが、ここへ来て防水モデルがいくつか発表されました。

Panasonic LUMIX FT1(写真下のカクカクしたカメラ)は、私が気に入って使っていたCyberShot T-3と似た感じのフォルムのカメラで、このオレンジの色がとてもイイ感じなのです。機能的にも全く文句はありません。若干高価なのは、機能から考えたら仕方のないことか‥。やや気になるのは、LUMIXブランドの経験が無いため、使い勝手的なあたりが果たしてどうなのかと言ったところでしょうか。でも、色といいフォルムといい、現時点でのベストバイといっていいかもしれません。早く現物を見てみたいところです。

もうひとつ‥こちらはCanon PowerShot D10(上の丸っこいやつ)というモデルで、潜水艦をモチーフにしたという丸みを帯びたデザインがちょっとかわいらしいのです。カメラの半分を占めている青い部分は、付け替え可能なカバーになっていて、カモフラージュ柄のカバーが付属しているところが、カモ柄好きの私には堪えられません。ただ、大きな問題はサイズで、本体の厚み(48.8mm)はFT1(23.0mm)の倍以上にもなります‥。なので、現時点ではFT1のほうがやや優勢か。FUJIFILMもFinePix Z33 WPを出してきたし、防水デジカメはもうちょい待ったほうがいいかもね。

2009年03月06日 (金)
■ avantrigger JAVELIN

avantrigger JAVELIN昨日はよく晴れたと思ったのに、今日は冷たい雨‥。雨が降ったら自転車はお休みなんだけど、今日は仕事後に飲み会があるので、晴れたとしても自転車には乗れないのでした。しかし、今日は寒い日でしたねぇ。それでも雪が降った先日に比べれば気温は高いですが、雨の日は洋服が濡れたりするので、それも寒さを感じる要素なんでしょうかね。それとも風邪ひいた?

考えてみたら今月は年度末なんですよね。あとひと月もしたら、初々しく見える人たちがたくさん見られますね。新しいことの始まりのシーズン‥雑誌などにも「今年こそ絶対始める××」のような特集記事が組まれることが多いけれど、自転車関連本でもその手の話題で必ず出てくるのが「自転車通勤を始めよう」ってな記事です。今出ている自転車生活も「自転車で通勤しよう!」が特集記事。記事の中にある通勤用自転車タイプ・チェックをやったら、私に合ってる自転車はミニベロだそうな。こりゃ買わなきゃダメってことかしら?

で、ミニベロが紹介されている中で目を引いたのが、写真の自転車。イラストレーターの上田バロンという人がデザインしたというavantrigger JAVELINという自転車。見てのとおり、無駄にホイールベースが長い自転車で、写真では小さくてよくわからないけれど、リヤはサスペンションが搭載されています。全長1870mm×全幅585mmと、普通自転車の枠(全長1900mm×全幅600mm)ギリギリのサイズ。ハンドルポストの構造上ポジション調整は難しそうだけど、無意味にドロップ化してみると見た目がもっとカッコよくなるかも。

2009年03月05日 (木)
■ もうすぐ春‥

菜の花冬から春に向かう頃は、三寒四温などと言われます。三日寒く、四日温かい‥そういった七日周期の天気の変化を繰り返しながら春になるといわれているわけですが、ここのところの雰囲気はせいぜい五寒二温といった感じで寒い日が優勢って感じでしょうか。天気はきっと周期的に変化しているんだろうけど、何となくバラバラな感じがしなくもありません。

天候の変化が安定していないから‥(ちょっと変に聞こえるけど、変化が規則的に生じていれば、それは「変化の仕方が安定している」となる)‥ここ最近の天気予報もコロコロと変わるのでしょう。週の始め頃には「月曜日を除いてずっと天気が悪い一週間」だったわけですが、今日はいい方向にハズレたので、朝から一日よい天気でした‥。やっぱり、「なごり雪」の後には春が来なくてはね‥。

ということで、今日はジテツー。何となく寒い日が続いているせいで、自転車の掃除が億劫になってしまっており、汚い状態になっています。汚い自転車に乗っていると気分も沈んでしまうので、そろそろ何とかしないとね。タイヤも減ったし、バーテープも擦り切れてきたので、掃除だけじゃなくてメインテナンスも必要なんだよなぁ。春が来る前に気分も見た目も変えなくちゃ。ほら、菜の花も咲いてるし、春はもう目の前ですからね。

2009年03月04日 (水)
■ なごり雪

融け残った昨夜の雪昨夜は雪が結構降るかもしれないという予報があったせいでしょうか、少し遅めの時間に会社を出た頃には、電車の駅の近くも人がまばらでさみしい感じでした。降りしきる雪と、多いところでは2cmくらい歩道に積もった雪が、さみしさに一層拍車を掛けていたように感じられました。でも、最寄駅まで帰ってきてみると、雪の降り方はそこそこだったものの、会社近辺ほどには積もったりしていませんでした。夜半過ぎには雨になるという予報もあったので、しばらく降り続いても雪が積もることは無いのだろうなと思いつつ、床に着きました。

一夜明けた今朝‥家々の屋根などに若干の雪の痕跡を見ることはできましたが、道路には雪の名残は全くなく、「もしかしたら明日はちょっとした銀世界かも‥」などという妄想は打ち砕かれてしまいました。雪に閉ざされることの無い横浜でも、一年に一度くらいは雪景色を見てみたいものなのです。子供っぽい‥と言われようとも、やっぱり雪を見るのは何故かワクワクしますから‥って、え?私だけ?雪が降った後なので、何とも寒々しい朝でしたが、ワクワク感を求めて緑道を歩いて行くと‥ありました、ありました。少しですが雪の名残りがありました。やっぱり何か嬉しい‥。

この時期に降った雪を見ると‥そのまんまですがなごり雪のメロディーが思い浮かびます。♪汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる。季節外れの雪が降ってる。東京で見る雪はこれが最後ねと、さみしそうに君がつぶやく~♪もう、30年以上も前の歌だから、汽車なんてのがそもそも今の東京じゃ「ありえねー」情景だろうし、誰かが書いていたけれど「ケータイが”別れ”というものを奪ってしまった」から、もしかしたらこの歌の心情がやや理解できない人が今後出てくるかもしれません。久しぶりに聞いてみよ‥と、思ってYouTubeを見たら結構いろんな人が歌っているんですね。そりゃ、いい歌だものね‥。

2009年03月03日 (火)
■ みかんと煎餅

多胡麻(TAGOMA) カネフク製菓昨日、あんなに天気がよかったので、今日は予報ほどに悪くならないんじゃないの?などと思っていました。だから、携帯の天気予報などに雪マークが出ていたのを見ても、せいぜいちょっとチラつく程度だろうと思っていたのです。ところがところが‥会社のほうでは夕方近くから雪が降り始め、夜にはそこそこの降り方になってました。雪が降り出したこともあり、今日はさすがに早く帰宅する人が多かったので、気が付いたら周りに誰もいませんでしたよ‥。でも、この雪も夜通し降るわけではなさそうだから、それほど積もらないで済みそうです。とはいえ、さすがに明日の朝は寒いだろうなぁ。

寒い時って妙にコタツが恋しくなります。そんなことありませんかね?私は今、先日やってきた木の椅子に座ってこれを書いているのですが、足元がややスースーするのは椅子生活の欠点です。だから、寒い時には脚に何かを掛けたりしているのですが、やはり健康のためには頭寒足熱が大事。足元は暖かくないといけません。考えてみたら、子供の頃から大人になって結婚するまで、冬はコタツのある生活でした。さらに、私の両親の実家に至っては、私が小さい頃は東京23区にありながら豆炭を使った掘りごたつだったほど。掘りごたつは寝るのがやや難しいのが欠点ですが、あの暖かさには現代のコタツはかないません。

で、コタツに入るとなぜか無性にみかんと煎餅が食べたくなるのです。もちろん他のものでもいいのですが、やはりみかんと煎餅を外すわけには行きません。みかんと煎餅を食べつつお茶をすすり‥寒くなったらコタツに潜ってみたりして。そして、コタツに入りながらゴロッと横になっていると、意味もなくテレビなんか点けちゃったりしますよね。そういえば、テレビ離れが叫ばれて久しいですが、その一因としてコタツ人口の減少があったりしてね‥なわけないか。ところで、お煎餅‥何でもいいのですが、写真のカネフク製菓の多胡麻(たごま)がここ最近のお気に入り‥香ばしくて美味しいですよ。ああ、これ食べながらコタツに入りたくなってきた。

2009年03月02日 (月)
■ 菜種梅雨

毎日雨の週間天気予報(2009年3月2日 読売新聞夕刊より)今日は久しぶりに晴れ渡った感じがします。こういう天気が続いてこそ、横浜あたりでは「冬だな~」と感じるわけですが、この冬はどうにも今日のように快晴で晴れ渡った天気が続きません。そんなに晴れた時間が少ないものかと、いつも見ている気象庁の統計記録を見てみたならば、2009年2月ひと月の横浜の日照時間は122.6時間でした。2008年は213.6時間、2007年は179.9時間、以下、129.5、141.7、227.5、148.4、170.8‥と続くので、今年だけが極端に少ないということはないとしても、かなり少なめであることは間違いないようです。

そんな感じで、冬晴れの天気に恵まれた今日‥晴れた空だけでなく、風もまた冬のように冷たく、強く吹いていました。朝のジテツーは向かい風の中を走ることになったので、進まないし冷たいしで大変でしたよ。今年は北風が少ないかも‥とも、少し前に書いたかと思いますが、こちらもやっと冬を感じるような風になりましたね。冬を感じる‥などとはいっても今日はもう3月なのでした‥。冬らしさを感じるというよりは、春っぽくなってきたね~ということを感じる頃になってきたはずなのに、順番が逆というか、何とも変な感じです。

今日くらい晴れると朝のジテツーはちょっと汗ばんだりするのですが、帰りはまだまだ寒いので、マフラーの暖かさがありがたいですね。しかし、やっと気持ちのいい天気が‥と、思ったのは今日だけ。明日からはまたスッキリしない天気が続くそうで、夕刊の週間予報は一週間ずっと雨ですよ‥。菜種梅雨には少し早い気もするのですけれど。ちなみに、本来の梅雨の語源として「梅の実が熟すころ」というのがあるらしいですが、まだ梅の花が結構咲いてますから、花梅雨ってところでしょうか‥。でも、ちょっと雨は飽きましたね。