14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年07月01日 (水)
■ SNOW PEAK 三大発明 その3

snow peakのソリッドステーク40とペグハンマーPRO.Cちょっと間が開いてしまいましたが、SNOW PEAKの「三大発明」を勝手に決めてしまおうという企画の最終回となる第3回目です。まずは、過去2回のおさらいをしましょう。三大発明のひとつ目としては、「THEオリジナルマルチスタンドAD」を、そしてふたつ目としては、「焚火台」を選びました。で、今回のみっつ目‥それが今日の写真です。写真には二種類のものが写っていますが、このうち右のほうにある黒い物体が今日の主役です。この黒い物体が、SNOW PEAK史上最大の発明である‥と、私が認定するソリッドステークという名前のペグです。キャンプをしない人は、これが何のために使われるのか分からないと思いますが、これはテントやタープを地面にしっかりと固定するための杭なのです。

この一見何の変哲もないような棒のどこがすごい発明なのか?それは、SNOW PEAK自らが「それまでのペグの常識を一変する」と謳っていることからも分かるように、かつて市場に流通していたペグとは比べ物にならない強靭さと素晴らしい機能を併せ持っていたからです。私が最初にこのペグを見た時、今までの常識を破るその形状に驚きました。他のメーカーのペグは、たいていがV字型の断面を持っているのですが、ソリッドステークは丸い断面です。パッと見には釘の化け物のようにも見える感じ。そして、鍛造(金属を叩いて強度を出す製造法)で作られたことによる恐ろしいまでの強度。最近のカタログには載っていませんが、最初の頃はアスファルトの地面に打ち込んだ写真(本社の駐車場だそうな)まで掲載されていました。

それほどの固い地面であっても、このソリッドステークはすんなりと食い込んでガッチリとロープを固定してくれます。また、ペグを抜き取る時は、上部の丸い穴にハンマー後ろ側の尖った部分を差し込むことで、非常に簡単に抜くことができるのです。つまり、固い地面にも簡単に打ち込むことができ、抜くときにも苦労することはない‥これほど使い勝手のよいペグは、もちろんソリッドステーク以外にはありません。ただし、注意点がひとつだけあります。単なる丸い棒なので、従来からあるタイプのペグ形状に比べると抜けやすかったりします。なので、風に煽られがちなタープには、ソリッドステーク40と呼ばれている若干長いタイプがオススメです。砂浜のようにペグの効かないところでもない限り問題が出ることもなく、強力にキャンプをサポートしてくれます。

Later | Top |