14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年07月10日 (金)
■ さよならWindows

Googleが無償OSを開発(2009年7月10日 読売新聞朝刊より)現在ではインターネットの存在が当たり前のようになってしまいましたけど、これだけネットに自由に高速に接続できるようになったのはホンの数年前のこと‥そんな感じですよね。私は仕事柄PCに触れる時間が異様に長いわけですが、会社に入った当時はPCも低スペックの遅いものばかりでしたし、ネットも含めて今のようなことになるとは想像もできなかったですね‥って、そんな低レベルだから、いつまで経っても偉くなれないんですね。ま、とにかく今は便利になりました。便利になっただけではなくて、一般家庭にかなり普及しましたし、我々くらいの世代より下はPCの無いウチの方が少数派かもしれません。

そんなふうに、PC自体がとても身近な存在になってきているわけですが、若い世代はPCよりも携帯に行ってしまい、意外とPCを持っていない‥などという話も聞いたりします。それはなぜか?携帯ひとつで全てが済んでしまうので、必要性を感じない‥そんな感じのことが言われています。確かに画面の広い携帯程度にしか思えないのであれば、PCはいらないと思うでしょうね。あと、私が思うに携帯の軽さになれてしまうとPCは重いという印象が強いのもPC敬遠の理由のひとつなんじゃないかと思っています。ここで言う「重さ」は、重量としての重さもさることながら、ソフトの「重さ」がひとつの鍵なんじゃないかと思っているのです。

一般的には、OSを始めとしたソフトウェアがある程度インストール済みのPCを購入することがほとんどだと思いますが、その場合に入っているOSはWindowsですよね‥PC用OSのデファクトスタンダード。私のPCにもWindows XPが入っていますが、こいつが重い。OSの全機能に対して、私が使っている機能は半分にも満たないはずですが、機能がいっぱいついている分、値段も高い‥。と、そこへGoogleがクロムOSなる無償OSを来年に出す予定であるというニュースが出てきました。このクロムOSは、ネットに接続可能になるまでに数秒で済むという軽量さが売りだそうで、ネットブック用OSとして一気にブレイクする可能性もありそう。LinuxベースのOSだそうですが、私も次はWindowsとサヨナラするつもりなので、ちょっぴり興味が沸くところです。

| Top |