14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年07月15日 (水)
■ 日陰

恩田川沿いの道の木陰今週は週明けから三連チャンでいい天気です。そりゃ、昨日梅雨が明けたくらいですから、天気がいいのも当たり前‥って感じですが、いやはや急に暑くなったような気がするから不思議なものです。でも、月曜日から昼間の最高気温が摂氏30度を超えてますからね、暑く感じても仕方ないわけ。もう少しすると、最高気温が35度を超えるような日も出てくるわけで、それを考えるとややゲッソリしなくもない‥。昨日、「私は夏好きだから暑いのはへっちゃら」みたいなことを書きましたけど、やっぱり暑すぎるのは快適ではないのです。

この暑い時期は、自転車通勤が一年中でもっとも辛い時期でもあります。少し涼しくなってから走る夜の時間は全然問題ないのですが、問題は朝の時間。家を出る時間が遅めだということも災いして、日差しが強烈になり始めた頃が自転車タイム‥それはそれは暑い。ヘルメットが黒いっていうことも悪いのでしょうが、会社に着くころには帽子の生地で濡れていないところが無いくらい。そんなに暑いなら帽子はかぶらないほうが‥と思うかもしれませんが、帽子をかぶらないと今度は汗がしたたってくるので、それはそれで不快なのです。

ということで、太陽に焼かれながらの自転車通勤となる夏、何よりも一番嬉しいのは「日陰」です。だから、日陰の少ないエリアに日陰があると、ついつい一息入れたくなってしまいますね。それが、写真のような木陰だったりすると、人工物による日陰よりもさらに涼しく感じられて、体も気持ちも安らぎます。こういう木陰がたくさんあると、暑い日の自転車もかなり楽になるので、中高木の並木が増えると嬉しいですね。冬の間は寒々しくて嫌いな日陰ですが、この時期の日陰は暑さをやわらげてくれるので、とってもありがたいのです。

| Top |