14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年07月18日 (土)
■ ハイブリッド

初代インサイト物凄い勢いでハイブリッド車が売れているそうです。ホンダの2代目インサイトは発売後に販売台数1位を記録したし、後発で出てきたトヨタの3代目プリウスに至っては、発売後1ヶ月間の受注が18万台にもなったのだとか‥(今は何台だ?)。顧客の手元に届き始めたということだと思うけど、最近3代目プリウスを目にする機会が急に増えてきたことからも「売れている」ということが実感されます。でもね~、そんなに爆発的に売れちゃうと、今後あちこちで同じ車に遭遇するわけで、そういうのって嫌じゃないのかしら。私の場合、みんなと同じということに危機感を持つほうだから‥って、私が特殊なだけか‥。

とはいえ、私だってLegacy Lancasterなんかに乗っているわけで、車に詳しくない人から見れば普通のツーリングワゴンとアウトバックの見分けはつかないだろうから、それって人と同じじゃん?と言われて終わりかもしれないけどね。「エンジンが水平対抗6気筒で全然違う」とか、「過給機なんて野蛮なものがついてないNAのほうがアナログ的で美しい」などと言ったところで、所詮は車好きの間でしか分からない差でしかないだろうから。インサイトやプリウスにしたって、パッと見にはどれも同じなんだけど、実はモーターが超強力なモデルがあって‥なんてことになっているかもしれないし。いや、そんな変なものは作ってないか。

それにしても、ハイブリッド、ハイブリッドと騒がしいですね。ホンダとトヨタ以外が気の毒になるくらい、ハイブリッドの話ばかりでやや食傷気味なのです。時代の流れとしては仕方のないことなんだろうけど、自動車が家電製品のようになって行く感じがして、電子”未”制御時代の車を知る身としては何だかつまらない感じがしてしまうわけ‥。今後、ハイブリッド率が高くなってくれば、それなりに面白い車も出てくるのだろうけど、今のハイブリッドはまだ欲しいとは思えないですね。どうしても‥ってことになれば、写真の初代インサイトとか、由良拓也氏デザインのAERO PRIUS YURASTYLEとか、「ちょっぴり変なもの」‥に目が行ってしまうのでした。

| Top |