14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年07月25日 (土)
■ ボランティア

生ビール私が住んでいるマンションでは、毎年、夏と冬に自治会のイベントがあります。自治会イベントですので、自分たちで企画から事前準備、当日の作業から後片付けまで、一切のことをやります。基本的には自治会役員が中心になって動きますが、特に当日の作業は多くの人手が必要になるので、ボランティアによる運営のお手伝いが欠かせません。なぜか私とカミさんは、ボランティアとして毎度働いているわけですが、年に2回のイベントがあるとして、裏方としてイベントを見てきたのはもう何回目になるのでしょう。その、ボランティアとして働くイベントのひとつが今日ありました。カミさんと私は有無をいわさずもちろん参加ですが、今日は‥いや、今日「も」が正しいのですが、下の娘にも手伝ってもらうことにしました。中学生くらいにもなれば力も十分にあり、大人と一緒になってイベントの手伝いくらいはできるので、イベントの趣旨(住民の相互交流を図る)からしても、参加する意義はあるわけです。

というわけで、写真はボランティアのご褒美の一杯。まぁ、これのためにお手伝いをしていると言っても過言ではないわけですが‥。それはともかく今回のイベントは結構ドタバタでした。まず、風が非常に強かったのにテントの風対策ができていなかった。今までは雨が降ったとしても風に悩まされることが無かったので盲点でした。自治会の人も「雨のことは考えていたんだけど‥」と、言ってましたが、確かにそうですよね。じゃあ、次回は準備しよう‥では、もしもの事故があった時にシャレにならんので、何か対策を打たねばなりません。と、ここで何故かわが家のソリッドステークが大活躍!テントの風上側をペグダウンしただけで、ビクともしなくなりました。ソリッドステーク恐るべし‥。しかし、ペグダウンひとつにしてもロープワークが自在にできないと、困りますね‥。誰かに教えてできるようになってもらわないと、いつまで経っても私がやってるのでは意味が無いからなぁ。ま、とりあえず、次回のイベントの時には何らかの風対策がされることでしょう。

それから、焼きソバを焼く人がいない‥配膳の準備がイマイチ‥それはもう色々。とにかくボランティアの数が足りない感じなのです。いつもならビールを飲む役(?)と焼きソバを作る役を交互に変わりながら、ゆる~く楽しめたのだけど、今年は最初から最後までほとんどずっと料理し続けてました。そんな感じで、私にはゆとりが全く無くて分からなかったのですが、娘もカミさんも心無い年寄り役員に嫌味を言われまくったそうで、かな~り憤慨してましたね。そりゃ、好きで役員やっているわけじゃないのは分かるけど、今は持ち回りですから。ボランティアに感謝のひとつもできないようじゃ、誰も手伝ってくれなくなっちゃいますよ。聞くところによると、ボランティアがあまりいなくても何とかなると思っていた人もいたそうで‥それ無理ですから。ということで、あまりにも頭にきたので、イベント後にボランティア仲間4人でセンター北までお疲れさま会へ‥。こういう仕打ちを受けるとなぁ‥次回はボランティア止めようかと本気で思ってしまいますね。

| Top |