14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年09月30日 (水)
■ キャンプ実体験

Snowpeak焚火台Lで焚火週末あたりからインフルエンザに罹っていた下の娘ですが、医者から言われていた「直ったとみなしてよい条件」を無事クリアし、今日の午後から学校に行きました。うちでゴロゴロして過ごさないといけないのも飽きてしまったようです。娘は平常生活に戻ったのに、私は週末まで自宅待機(軟禁)状態。仕事は家でやっているので、仕事が溜まってしまって困るということはないのですが、ずっとうちでやっているのは具合が悪くなりそうです。自転車に乗りたい‥でも、ずっと天気が悪いので、うちで仕事をしていても変わらない?

軟禁とは言ってますが、会社にさえ行かなければいいので、家を出ることはできます。でも、家の中にほぼ閉じこもっている状態になっているので、気分転換に外に遊びに行きたいな~と思ってしまいます。そうですよ‥今年はキャンプに全然行けてないわけでして、それなりに予定を立てておかないとシーズンオフになってしまうではありませんか。今日で9月も終わりですから、気がついたときには年末になっていた‥となっても、不思議はないのです。いやいや、それだけは何としても避けたいところ。とても仕事が忙しいのではありますが、何が何でもキャンプに行きましょう。

というわけで、まずは手始めに昨年の最終キャンプの写真でも引っ張り出してテンション高めることにします。これは、2008年11月1日のキャンプの模様ですが、昨年はあまり寒くなくて落ち葉も少なめでしたね。でも秋なので空気に何となく透明感が感じられます。焚火もとっても暖かそうです‥。って、写真をずっと眺めていたら、心なしか煙の香りもしてきた気がしますし、目がしょぼしょぼしてきた感じもします。うお~、やっぱりキャンプいいかも。あー、そんなバーチャル体験ではなくて、実体験がしたい‥。おやじ軍団よ!一昨年のようにたとえ1泊でもいいので、寒くて静かなキャンプに行こうではありませんか。

2009年09月29日 (火)
■ PENTAX K-x

PENTAX K-x 受注生産のカラーモデル一時期、カメラー、カメラーってここでも騒いでいましたが、いつの間にかすっかり熱が冷めて‥ということではないのです。色々とモノを買うのを我慢して軍資金用意‥という耐える時間なのです。もちろん、最右翼がPENTAX K-7という状況に今のところは変わりないのですが、もっと魅力的なモデルが出てきたら変更することもやぶさかではありあません。それこそ、SIGMA SD15が暗さに強くなってきたりしたら、妙なへそ曲がりが顔を出さないとも限りません。ま、繰り返しになりますが、今のところはK-7優位な状況に変化はありません。

というわけで、新たなカメラ調査は滞っているわけでして、ここ最近はデジカメ関連サイトに行くことを怠っていました。そんな状態だったのですが、数日前に久しぶりにデジカメニュースを見てびっくりしました。PENTAX K-xなるモデルが出ているではありませんか。このK-x‥PENTAXデジタル一眼ではエントリーモデルに位置づけられていたK-mの後継機種ということだそうです。もちろん、K-7に比べれば機能面では劣るわけですが、値段が安いというのは魅力的ですね。レンズはともかく、ボディーのほうは最初はこっちでもいいかな‥とも思ってしまいますね。

それと、K-7にはないK-xの魅力として、写真のように物凄い数のカラーバリエーションが用意されていること。ユニクロのフリースってわけには行かないので、さすがに受注生産なのですが、ボディー20色とグリップ5色の組み合わせで100種類の中から好みの色が選べるとのこと。最近、入門機のカラー化が増えてきたと思っていたら、一気に100色とは大胆です。レンズが基本的に黒なので、グリップも黒にするほうが締まる感じですが、それでも20色から選べるというのは面白いです。専用サイトで色具合を試せるので、派手好きの人は試してみると楽しいかもしれませんよ。

2009年09月28日 (月)
■ 出社禁止

インフルエンザ治療薬 Relenzaインフルエンザ疑惑その後。昨日の夕方の時点で熱が上がっていたので、こりゃダメっぽな~という雰囲気‥。時間がちょうど切り替わりの悪いタイミングだったので、病院に行くとしたら20時から診療が始まる横浜市北部夜間急病センターしかありませんでした。ところが、ここに行ってインフルエンザが確定したとしても処方してもらえるのは1日分の薬だけということで、結局翌日にも医者に掛からねばならない‥。だったら、明日になって行っても同じなんじゃないの?ということにしました。

というのも、ここ最近休日昼間の繁盛ぶり(?)を見ているので、夜も結構待たされるのではないかと思ったからです。また、解熱剤で若干熱も下がっており、娘自身も「そんなに調子は悪くない」と言っていたので、明日の朝でも十分でしょうと。もしかしたら、熱が下がった‥となるかもしれないし。しかし、一夜明けてみても38度ほどあります。こりゃ確定じゃろ。今日はカミさんが医者に連れて行ってくれたのですが、熱の具合やら回りの状況などから医者はA型と判断。ええ、検査代がもったいないので、検査自体はパスしましたよ。

というわけで、処方されたのは写真のリレンザ。初めて知りましたが、リレンザって吸入薬なんですね。上のほうに見えるグリーンの物体が専用の吸入器の一部なのですが、ドライパウダー状の薬を吸入することで、感染部位である上気道へ薬剤が効率的に投与されることになり、即効性が出るのだそうです。面白い薬もあるんだね~なんて珍しがっているどころではなく、私は今日から出社禁止ですよ‥。弱毒性のインフルエンザですらこれですから、強毒性に変異した日にゃあもっと大変なことになっちゃうんでしょうなぁ‥。

2009年09月27日 (日)
■ インフルエンザ疑惑

総合感冒薬PLと解熱・鎮痛薬SG顆粒昨日は大学研究室のOB会のようなもので箱根に1泊旅行に行ってました。教授は既に退官しているのですが、先日イギリスで話してきたという教授の研究成果について、講義をしていただきました。参加者はあまり多くなかったのですが、教授も含めて「浴衣姿」というアットホームな雰囲気のなか、楽しい講義を聞かせていただきました。その後は食事に飲み会に、6時間以上も教授を含めて先輩、後輩と色々な話題に花を咲かせました。硬軟含めて様々な話題が出ましたが、酔いにまかせて結構硬い話題も多かったような気がします。日本の政治はこの先どうなるか?とかね‥。

たまにはこういう刺激もいいね~と思いつつ後輩と帰路に着いた後でカミさんから電話が‥。何でも下の娘が熱を出してインフルエンザ疑惑とのこと。カミさんは今日も休日出勤だったので、昼前に帰った私が娘を連れて休日診療をしていた近所の内科まで行きました。しかし、今朝からの発熱となると検査をしても陽性になることはないということで、結局、インフルエンザ疑惑は疑惑のまま‥。処方していただいた薬も総合感冒薬のPLと解熱・鎮痛薬のSG顆粒という、通常の風邪薬セットといった感じのものだけでした。

その後、ちょっと熱が上がったり下がったりしていますが、インフルエンザかどうかは微妙なところですね。というのも、下の娘は無理が続くとこうして時々熱を出すことがあるのです。でも、そんなときは、一晩しっかり寝るとケロっと直ってしまうのがいつものことなので、今回も同じように明日になったら何事も無かったかのようになっているかもしれませんし、明日の朝になっても熱があるかもしれません。もしも、明日の朝も熱があるようだったら、インフルエンザ確定でしょうか。そうしたら私は出社禁止なので、自宅勤務ですね‥。

2009年09月26日 (土)
■ 鬼おろし

鬼おろし大根おろし‥秋刀魚の季節には欠かせないものですよね。もちろん秋刀魚だけでなく、焼魚のつけあわせにも相性がいいですし、大根おろしにシラスをふって、うずらの卵の黄身を落として食べる‥なんていうのも美味しいです(実家でよく食べた)。他にも、大根おろしにジンギスカンのタレをかけてラムの焼肉を食べるとか、豚肉と豆もやしで作るみぞれ鍋にも大根おろしは欠かせません。文字どおり大根をおろし金でおろすだけの簡単なものですが、活躍の場は結構あると思います。

大根おろしを作るためには「おろし金」が必要です。うちで使っている大根おろし用のおろし金は、プラスチック製のもので、スライサーなどと複数枚のセットになっているものです。直径1cm程度の穴がいっぱい開いていて、穴の周りにギザギザが付いている感じのもの‥。デパートの実演販売などで売っていたようなものだったか‥コレ一台で何でもできる!といった触れ込みで売ってるやつですね。今ではそんな売り方していないかもしれないですが‥。もう20年近くも前に買ったようなものですが、ダメになるようなものでもないので今日までずっと使っています。

そのプラスチック製のおろし金に強力なライバルが現れました。それが今日の話題の「鬼おろし」です。写真のような竹製のものが最も多いようですが、中にはプラスチック製のものもあるみたい。でも、竹でできている鬼おろしのほうが雰囲気ありますね‥。ご覧のとおり、鋸の歯のような形状の竹板が、刃先を交互にずらすようにして荒い間隔で並べられたものです。これで大根をおろすのは少し力がいるのですが、できた大根おろしはそのまま盛り付け可能で、水分(=栄養分)を捨てずに済むのと、食感がなかなかよいという特徴があります。そんなわけで、古いおろし金は引退に追い込まれそうです。

2009年09月25日 (金)
■ 高校授業料間接給付

「高校無償化は間接方式で」(2009年9月25日 読売新聞夕刊より)今日は金曜日。今週は終わるのが早かったな~っていうのは当たり前の話でして、今週の仕事デイは昨日と今日の2日しかなかったのです。早く感じないほうがおかしい。ただ、たった2日なので、今週はあまり仕事が進まなかった‥。とはいえ、金曜日は早く帰ろうということで、会社を早めに出てきてしまいました。うちに着いたら21時半回っているんですけどね‥。で、晩ごはんを食べる前に夕刊トップのこんな記事が目についてしまいました。「高校授業料の無償化は間接方式を採用する」という意向だそうです。

わが家のふたりの娘は上が高校生で下が中学生。これから金食い虫に拍車が掛かる時期ですから、高校の実質無償化といった仕組みは有難いです。この話題は注目なので、食事前にざっと目を通してみたのですが‥「高校授業料の実質無償化について、都道府県などを通じて保護者に授業料相当額を給付する間接方式を採用する考えを表明」とありました。現金が保護者に直接流れる制度は、いくつかの理由から避けたいのだと‥。ん~?「保護者に授業料相当額を給付」って結局、現金が手元に入る?

もちろん、そんなことはなくて、「高校の授業料(の一部)を保護者に代わって国が納付することで、保護者に対して実質的に授業料を交付した効果を持たせる」‥ですよね。「間接」で分かれよ!ということなのでしょうが、新聞の記事はいまいちだな。ニホンゴ難しいね~。授業料などを払えないわけじゃないのに払わないダメ保護者が相当数いるということですから、保護者に現金(=親の小遣い)が渡らないこの方式は「当たり前」の発想ですよね。八ツ場ダムでだいぶスベっている政府ですが、こっちは少しだけマトモもかも‥。

2009年09月24日 (木)
■ 細い=速い

MR-4F休憩中ずいぶんとゆっくりした感じもするし、あっという間だった気もするし、シルバーウィークの5日間が終わり、今日から社会復帰です。先週、実は札幌に1週間出張に行っていたので、12日から24日まで自転車通勤が無かったわけ。実に13日間も自転車で会社に行ってなかったことになるのですが、これだけの長期間、自転車で会社に行かなかったのはとても久しぶりのような気がします。もしかすると初‥かも。今年は事実上夏休み無しだし、年末年始もこんなに長い休みになることもないですし‥。

その2週間ぶりになる自転車通勤‥。秋晴れの下、気持ちよく新しいCross Checkで颯爽と‥と、行きたかったところなのですが、ご覧のように今日はMR-4Fでの通勤。結局、シルバーウィーク中に部品交換を完了することができませんでした。完成しなかった理由は、単に私が不熱心だったというだけで、部品が足りないとか何か問題があったというわけではありません。ただ、例のチェーンリングが外せないの件は、結局ショップに持ち込みました。センター北駅近くのBIKE PLUSで、あっさり分離成功‥やはりプロは違います。

というわけで、新生Cross Checkのお披露目はもう少し先‥。ちなみに、部品の装着自体はほぼ終わっています。見た目の変化は予想以上に大きい感じですが、目立つ変更ポイントのひとつがタイヤの違いです。45CのFIRE CROSSもカッコよかったけど、35CのLOCUSTも軽快感があってよさげです。早く乗ってみたい。その35Cよりもさらに細いのがMR-4Fのタイヤですが、やはり舗装路は速いです。カミさん曰く、「会社出てから家に着くまでが絶対に早い」とのこと。本人、そこまでの違いを感じていないのですが、結構変わるものですね。

2009年09月23日 (水)
■ MUHOUW

ムーハウのパッペップラードゥック(鯰フライのココナツ・レッドカレー炒め)今日でシルバーウィークも終わり。みなさんはどんな休日を過ごされましたか?キャンプに行った人はお天気に恵まれて楽しかったことでしょう‥でも、どこも混んでいたでしょうね。わが家のシルバーウィークは、学生時代の友人と楽しく飲み食いした昨日が唯一のお出掛けという感じで、近場で過ごしていました。今日は連休最終日なので、明日に疲れを残さないよう、家で大人しくして終わりかな~と思っていたのです。とりあえず、天気もよいので姫と一緒にいつもの公園までお散歩。明日からまた仕事で嫌だね~なんて話をしていたら、休みの締めくくりに美味しいものでも食べに行く?という話が出ました。ご一緒してくれるのは、私とカミさんに負けず劣らずの食いしん坊夫妻の麦飯ママとパパです。

タイ料理食いタイ!ということで、目指すは何故か武蔵小杉。カミさんは「車の方が楽かしら?」‥って言うけど、車で行ったら飲み物困るじゃん‥。ということで、もちろん電車で向かいます。今ではグリーンラインで日吉まで行けるようになったので、武蔵小杉は実はとても近いのです。さて、本日の目的地は‥武蔵小杉にあるMUHOUW(ムーハウ)というタイ料理店。もちろん、初めて来る店なのですが、ネットで検索掛けて麦飯ママが見つけたお店です。麦飯ママの鼻は素晴らしく利くのですよ‥旨いもの探知能力はさすがなのです。武蔵小杉駅北口から東側に歩くこと10分弱、二郎武蔵小杉店の横にあるMOUHOUWに到着‥手作り感満載な店舗を見た瞬間、これは旨いに違いないと感じましたね。店に着いたのは13時くらいだったので、ちょうどランチ客が引けた後だったのか、我々の他に客はいませんでした。

昼どきは定食風のメニューでしたが、みんなで色々つまみたいので、一品モノが並ぶ夜のメニューを見せてもらいます(無理言ってすみません)。ちょうど切れてしまっていたシンハーをわざわざ買いに出てくれたりなど、お店の人はとても親切!食べたものは5品。写真のパッペップラードゥック(鯰フライのココナツ・レッドカレー炒め)に、パッブンファイデーン(空芯菜炒め)サイウアー(田舎風ブタ肉の薬草入りソーセージ)パッタイ(タイの焼きそば)、そしてクイッティオセンレックトムヤムクン(トムヤムクンラーメン)‥最後のデザートはさつまいも入りココナツミルク。どれも美味しいのですが、カレー好きには写真の鯰の炒め物がイチ押しかも。また行きたい店ですね。次回は、タッカテントート(イナゴと薬草のフライ)も是非食べてみたいところ。港北ニュータウンにもこんな本格的なタイ料理店があればいいのにね~。

2009年09月22日 (火)
■ 友人と会う

緑道の脇の彼岸花朝晩がだいぶ涼しくなって過ごしやすくなってきました。そりゃ、もう9月も終わりが近づいていますもんね‥。緑道脇にも彼岸花がキレイに咲きだしました。今年の夏は暑くてどうにもならないという時が無かったですから、夏バテで食事が喉を通らないなんてこともなかった(いや、暑くても私はそんなことは無いんですが‥)ので、これから食べ物が美味しくなる季節はお腹の成長がちと怖かったりするわけです‥。さて、連休も後半に突入ですが、観光地あたりはどうなっているのでしょうかね。家で大人しく過ごしているわが家には縁の無い話なので、どうでもいいといえばそれまでなのですが‥。

今日は、学生時代の友人の家にお呼ばれしてまして、昼過ぎに相鉄線沿線までお出掛けなのです。それまでは特に用事もないのですが、そんなときは姫を連れて近所の公園まで散歩。明け方に雨が降ったようで、朝起きたときに道路が濡れていました。公園の草地も少しは濡れているだろうと思いましたが、案の定姫の足は泥んこ状態です。まぁ、今日は姫をシャンプーする予定だったので、汚れは構わないのですが、それにしてもキタナイ。家に帰って姫を洗い、キレイに乾かしてあげたら、姫はお昼寝です。シャンプーすると疲れるのか、とっても気持ちよさそうに寝てます。姫が寝たところで、カミさんと下の娘でお出掛け‥。

今日の目的地は相鉄線の緑園都市。私は仕事の関係で相鉄線に時々乗ることもあるのですが、カミさんは引越し以来初めて相鉄線に乗ったそうな‥14年ぶりくらい?快速のボックスシートに友人と座りながら、変わったところ、変わっていないところなど、沿線の風景を楽しむうちに駅に到着。集合時間ちょうどに到着する電車に全員乗っていたのは笑ってしまいましたが‥。久しぶりに会うメンバーもいて、楽しい会話とともに時間はあっという間に過ぎてしまいます。人数もそこそこだったけど、一体何本のワインを開けたことやら‥。相変わらず、アルコールが抜けると同時に話題の記憶まで飛んでいってしまいましたが、楽しかったよね‥ということを覚えておけばOKでしょう。

2009年09月21日 (月)
■ ドリアン

ドリアンの皮姫がお世話になっているのは牛久保東ペットクリニック。以前、別の先生がやっているときは、あまりいい噂を聞かなかったので、行く機会もありませんでした。でも、今の先生はとてもいい先生で安心して姫を任せられるのです。その先生のBLOGにある日、ドリアンを輸入したから食べたい人はどうぞ~!と書いてありました。何故にドリアン?なのですが、そこは「果物の王」といわれるドリアン‥ちょっと食べてみたいなぁと、スグに思いましたよ。でも、最近、姫を連れて行ってないしなぁ‥と思うと、ドリアンを食べるためだけにクリニックに行くのもちょっと‥と、思っていたのです。

今日も自転車と格闘していたところ、夕方になって、午後少しだけ仕事に行っていたカミさんから‥「今から麦飯ママとドリアン試食に行くけど来ない~?」との電話が。先生のところは、わが家から歩いて行けるほどの距離にあるので、歩いて牛久保東ペットクリニックまで‥。私が到着すると、麦飯パパもいました。早速、クリニックの中へ‥心なしか、動物臭とは違う香り‥いや、臭いが。ドリアン・キャンディーを食べたことはあるので、どんな臭いがするかは知っていましたが、ホンモノを嗅いでみるのとはちょっと違いますね。麦飯ママは早くも腰が引けた状態に‥。先生は奥から色々と出してくるのでした。

そのひとつが写真のドリアンの皮。このトゲトゲの物体を目にしたことのある人もいるでしょうが、ここは食べるところではないです。食べるところはもっとツルンとした物体でした。臭い臭いと言われるドリアンですが、じっくり嗅いでみると、臭いのキツイ青葱にニンニクの香りを追加したといった感じ。果物らしからぬ臭いですが、食べ物じゃないというほどでもない。肝心のお味は‥甘いのですが、アテモヤのようにただ甘いだけとも違い、とても複雑な甘さです。うまく説明できないのですが、酒飲みの好きな甘さだと思います。当然、私とカミさんは「うわっ、これ美味しい!」との感想‥。結論として、先生も酒飲みであると確信した次第です。

2009年09月20日 (日)
■ 外れない‥

チェーンリングがクランクから外れない‥春がゴールデンウィークなら、秋はシルバーウィークと呼ぶそうで‥。今年から秋の今頃にも大型連休を無理やり作るようになったのかは知りませんが、昨日の土曜日から5連休という人が多いのではないでしょうか。私も昨日からの5連休なのですが、カミさんは連休中に仕事の日があり、子供らも部活やら何やらで忙しいようで、泊まりで出掛けるような予定はありませんし、日帰りで遊びに出掛ける予定も組んでいません。人がうじゃうじゃいる観光地に行っても疲れるだけですし‥。

それよりも私には大事な仕事があるのです。そう‥自転車の改造です。午前中は姫の散歩に近所の公園に行ったりしていたので、作業は午後から始めました。どのみち、1日で終わるとは思っていませんし‥。というわけで、部品も全部出して準備万端にした上で作業開始なのです。しか~し、この日があるからと掃除もサボっていたので、あちこちが異様に汚い‥。水拭きとパーツクリーナーなどを併用しながら、掃除しながらの分解になりました。ワイヤーも全交換なので、面倒なところは全部切っちゃいます。あっという間に‥までは行かないけど、ほどなくフレームだけになってしまいました。

今回は駆動系も制動系も全部変わるのですが、まずは駆動系。リア側がギア9枚から1枚になってしまうのですが、位置決めのためにはフロント側のギア交換が先なのです。クランクを外してみて初めてトリプル用のクランクだったことが判明(変な出っ張りだと思っていたが)。次にギア板の取り外しに掛かるのですが、予想どおり手こずり、最後の1本が外れない。少しは緩んだのですが、そこから先がどうしてもダメ。CRC5-56も全く効かず‥。タイヤとか、別にできるところから手を付けたりしたのですが、結局こいつが外れずに時間オーバー。明日も外れないようなら自転車屋行きですね。なんで、こんなに外しにくい形状にするかな~。

2009年09月19日 (土)
■ PS3+PSP=10円

PC DEPOT 9月2日 PS3+PSPで10円わが家からそう遠くないセンター南にPC DEPOTがあります。店名のとおりですが、PC関係の部品を中心としたデジタルものが、それなりの価格で入手できます。この辺りでPC関連モノの買い物をする際には、ここに行けばとりあえず何かある‥という感じでしょうかね。そりゃ、秋葉原には負けますが、秋葉原に行くのには時間が掛かりますからね。PC DEPOTなら自転車でもすぐです。

そのPC DEPOTですが、毎週末に新聞広告が入ってきます。毎週、さほど大きな違いがあるわけではないのですが、ついつい探して眺めてしまいます。いや‥実際には違いがあるのだろうけど、私が気になるものが無い‥が、正しいのかもしれません。そのPC DEPOTの今日の広告を見ていて、久しぶりに驚きました。それが今日の写真。SONY PS3とPSPを合わせて10円だそうです。明日、各店舗2名限定で開店前に整理券配布なのだとか‥。これって、整理券を2枚配って終わりということ?今から並ばないともう無理?

まぁ、100円PCなどと呼ばれたネットブックの場合と同じく、NTTかEMと契約しない限りは10円でPCを購入する権利も生じないようですが‥。でも、選択肢のひとつにEM‥これってもしかして外でも使えるものかしら?外出先で自由に接続できることになったら、それはそれで楽なのだろうなぁと想像できます。じゃあ、頑張って並んじゃいますか~。でも‥当たったら当たったで、毎月いくらか払っていかないとならないのですよね。じゃあ、それが無駄にならないようにネットブックも買って‥と、なってしまうと10円では済みませんね。

2009年09月18日 (金)
■ 変速機

「自転車がブーム」なんだそうです。先日、珍しく朝のニュースなんかを見ていたところ、そんな話題を提供していました。もっとも、話題の対象の自転車は、駅前の一等地に自転車置き場を構え、みんなの共同所有物としての自転車をそこで管理するという話でしたが‥。まぁ、何がきっかけで自転車がブームになってもいいのですが、乗っている自転車が20kg前後もの重量があるママチャリ系の自転車では、自転車の本当の魅力には触れていないかもしれません。だいたい、他所の人と共用って嫌じゃないですか?人の靴履いたときのような、自分の体に合ってない感じがして‥。

それに変速機も内蔵(後ろのギアがひとつに見える)の3段程度が多いので、楽に自転車に乗りたいと思う人にとっては変速段数のハンデとなり、さらには重量のハンデと部品精度のハンデ(安かろう悪かろう‥ですよ)が重なって、今までの自転車のイメージを結局は打破できなくて終わっちゃうのですよね。やはり、自分用の自転車‥それも、変速段数、重量、部品精度のハンデが少しでも少ない自転車に乗ることで、自転車はこんなにいい乗り物だったのか!と、驚くことに間違いありません。変速段数とか部品精度って言われても分からないし‥という人は、重量を目安にするといいと思います。TOKYO BIKEのTOKYO BIKE26(530mm)で11.3kgだそうで、これくらいまで軽いとかなり軽快感がありますね。

変速段数は多いほうが楽に乗れるということは前にも書きましたが、私の場合、今回は段数の減少です。18段変速から2段変速‥。リアに使っていたM952のXTRは使わなくなってしまうわけですが、そのうち何かに流用するかもしれないのでとっておこう。唯一の変速機となるフロント側なので、グレードアップしようと思ったのですが、やっぱり「脱SHIMANO」で行こうとFSAを選択。もしかしたら、変速性能が落ちているかもしれませんが、そもそも2段化するのですから、そういうことはあまり気にしないでOKでしょう。SHIMANOでないことが重要なので‥。というわけで、変速性能のハンデを負う改造になるのですが、それでママチャリ並の性能に!?いやいや、さすがにそんなことはならないので大丈夫でしょう。

2009年09月17日 (木)
■ ブレーキレバー

CANE CREEK 200TT Lever昨日書いたとおり、Cross Checkの次のハンドルはブルホーンバーに変わります。ハンドルの違いは自転車の見た目の印象をかなり左右するので、ブルホーン化によってどんな感じに変わるのかを、実は一番楽しみにしています。タイヤが細身になって、リアのギア周りがすっきりして(ディレイラーもどきがあるので見た目はあまり変わらないかも?)、軽快感が増すんじゃないかと想像しているのですが、さてさてどうなりますやら‥。ああ、早く週末にならないかなぁ。

昨日も書いたし、上にも書きましたが、ハンドル形状の変化は実は今回の影の目玉なのです。そのきっかけはブレーキレバーを交換することにあったので、ブレーキレバーも相応しいものを選ぶことになりました。ブルホーンに一番似合うブレーキレバーは角の先端‥つまりハンドルの最前部に取り付けるタイプのブルホーンバー専用ブレーキ。これにも大きく分けると二種類あって、ブレーキワイヤーを通す穴がハンドルに開いている必要があるものと、ワイヤー全体をハンドルに沿わせるために穴が開いていなくてもよいもの‥です。

RITCHEYのブルホーンバーは穴の無いタイプなので、対応レバーとして選んだのが写真のCANE CREEK TT200レバーです。ちょっと古いタイプの方が、軽量化のため(?)の穴開け加工がしてあってカッコいいのですが、それはしょうがない‥。いずれにしろ、専用レバーでキマリ度満点になる‥はず。今回は私はやらないですが、バーコン(変速機)をブルホーンバーの先端に装着して、ブレーキとしてはエイドアームなどと呼ばれているドロップ用の補助ブレーキレバーを同様に先端部分に装着‥っていう手段もあるようですよ。

2009年09月16日 (水)
■ ブルホーン

RITCHEY Prologue Baseバー今週末は何とか自転車改造するぞ~!と意気込んでおります。何せ、タイヤにギアにチェーンにあれやこれや‥と交換するものが多いので、とても1日で完了するは思えないので。ハブのグリスアップまでは手を出さないつもりでいるのだけれど、そんなのまでやりだしてしまったらキリがないので、今回はあくまでも購入部品の交換を行うだけにしておきたいのです。でも、まだ買うものが残ってるなぁ‥チェーンリングナットレンチと、フレームのペイントが剥げているところ用に自動車のタッチアップペイントなんかを買っておかないと。作業を始めてからモノが無いことに気づくと悲しいですからね‥。

というわけで、交換部品紹介シリーズの第5弾。今日のは何でしょう?自転車に乗る人であればすぐに分かるものですが、自転車にあまり興味のない人には一瞬何だか分からないかもしれませんね。これは自転車のハンドルです。ブルホーンバーという名前で呼ばれているもので、ハンドルの形状を示す名前です。雄牛(ブル)の角(ホーン)のように見えるのでブルホーンというわけ。今まで使っていたものはドロップバーという名前で、最近はロードバイクが増えていることもあり、よく目にする形状だと思います。今回、特にハンドルを変える必要はなかったのですが、色々と考えているうちに結局ハンドルも変えることにしてしまいました。

現状の不満はブレーキレバーの形状‥正確にはブラケット部分の形状が嫌いだったのです。カンパ系のブラケット形状が好きなので、TEKTROやCANE CREEKに変えるという選択肢もあったのですが、変速レバーをドロップバー末端からダウンチューブ側に移動することもあり、ドロップにこだわる必要が無くなってしまいました。どのみちバー下を持つような乗り方もあまりしない自転車ですので、だったらいっそのことイメージチェンジのためにもブルホーン化してみるか‥と。同じブルホーンでも微妙な形状違いがあって悩ましいのですが、ちょっとだけ肩が下がっているこいつ(RITCHEY Plogogue Baseバー)を選びました。自分の自転車をブルホーンにするのは初めてなんですが、どんな感じになりますかねぇ。

2009年09月15日 (火)
■ 携帯ストラップ

myXで買った携帯ストラップ私が携帯電話を持つようになって、これで何台目になるでしょうか?たぶん、5台目か6台目になると思うのですが、最初の携帯から一貫してストレートタイプを使っています。折りたたみタイプはどうしても好きになれないので、今後もストレートが出たタイミングをうまく見計らって買い換えて行くしかないのでしょう‥でも、許せないデザインだったら買わないけど。そんな感じでストレート・モデルばかり使うという変なこだわりと、携帯ストラップは付けないというこだわりも続いています。いや、正確には同じ携帯が知り合いとカブったときがあるので、そのときは名札代わりにつけてましたが‥。

だいたい、携帯ストラップの何が嫌かというと、単純に邪魔だから‥なのです。そんな私ですから、大量のストラップをジャラジャラいわせている人を見ると、よくイライラしないな~と感心してしまうのですが、特に女性はいっぱいつけている人が多いですよね。うちの上の娘なども、量は少ないものの巨大なぬいぐるみなどが携帯ストラップとしてついていて、そうなるともう見た目が邪魔。ま、巨大とは言っても、Softbankモバイルの「お父さんBIGストラップ」(全高30cm)には全くかなわないサイズですが‥。って、逆にここまでデカいのをつけている人は違う意味でスゴイと思いますけどね。

そんな感じで今の携帯もずっとストラップ無しで過ごしてきたのですが、先日ついにその掟(大げさ)を破ってしまいました。つまり、携帯ストラップを買ってしまったのです。それが今日の写真。何だかよくわからない物体ですが、これが何だか分かりますか?これはカブトガニの姿を模したもので、木でできています。これ、先日myXに行ったときに見つけたものなのですが、こんなものの題材にカブトガニを選んだところが気に入ってしまったのです。写真だとよく見えませんが、背中の微妙な凹凸もイイ感じです。少なくともカブトガニ博物館のストラップよりはずっといい感じがするでしょ?(博物館は行ってみたい‥)

2009年09月14日 (月)
■ リンゴが教えてくれたこと

リンゴが教えてくれたこと 木村秋則著 日本経済新聞出版社 ISBN978-4-532-26046-0最近は機会が少なくて助かっていますが、仕事で都内に出張する場合は自転車では行けず、スーツを着て電車に乗ります。電車通勤はヒマなので、考え事をするか本を読むかくらいしかありません。でも、私の場合は考え事を電車の中でするのは苦手です‥うるさいから。だから本を読むことになるのですが、読みやすさを考えると文庫本サイズや新書サイズくらいでしょうか。私の場合は新書を読むことが多いのですが、電車通勤に備えて面白そうな本を時々買っています。写真の木村秋則さんの本は、結構前に買っていたのだけれど、電車通勤の機会があまりなくて読めずにいました。

ここ最近、雨の日があったりスーツの日があったりと、電車通勤の日が続いたので読んでみたのですが、食べ物のことについて考えさせられる本です。木村さんはBE-PALで連載をしていますし、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀にも出演されたことがあるので、どこかで見た方もいらっしゃるでしょう。タイトルどおりで、リンゴ栽培を津軽地方で営む方なのですが、木村さんがすごいのは「絶対に不可能だ」と言われ続けてきた完全無農薬・無肥料のリンゴ栽培に成功したことです。しかし、もっとすごいのは苦労に苦労を重ねつつ、そこへ到達するまでの信念と執念でしょう。本ではサラっと書いていますが、並大抵の苦労ではなかったはず。

自然栽培というのは、野菜などが本来持っている力を発揮できる環境を用意してやることで可能になるものだそうです。もちろん、手間が掛かることもあるそうですが、コストとしての農薬や肥料が 無くなるわけですから、売り上げは低くても利益率が高くて十分勝負になる‥と、木村さんは言います。また、木村さんは新JAS法に基づく有機栽培に若干懐疑的なのですが、「有機野菜ってこんなにいい!」といった宣伝を見ている私にとっては新鮮な驚きでした。有機栽培そのものは悪くないのですが、肥料がダメだと全てがダメになってしまうのだそう‥。これからの日本の農業に必要なものは何だろう?‥そんなことを考えさせてくれる良書でした。

2009年09月13日 (日)
■ 水辺の祭典2009

水辺の祭典2009今日は今回で3回目になる水辺の祭典が近所の徳生公園(とくしょうこうえん)で開催されました。今回で3回目となる水辺の祭典ですが、本当は昨日の土曜日に実施されるはずだったのです。しかし、昨日は雨の予報‥姫と散歩に出た朝のうちは曇り空でしたし、天気予報も昼前に小雨が降るという感じだったので、ちょっとお天気が心配だけどやるのかな~と思っていたのです。そうしたら10時頃から酷い降り方になってきました‥。うわぁ、予報大ハズレ‥こりゃ、さすがに無理でしょう。

そう思ったら、ほどなく翌日に順延というお知らせが回ってきました。「もっと早く決定しろ」などの抗議の電話で、本部はテンテコ舞いだったそうですが、本当にお疲れさまなのです。水辺の祭典は夜の部のイベントもあるので、できれば土曜日のうちに終わらせてしまいたいという気持ちが働くのは仕方のないことです。昨日は夜も酷い降りになったので、順延は結局大正解だったのですが‥。そして翌日の今日‥朝のうちこそ地面も濡れていて冴えない天気でしたが、昼前頃からは日もさして暑いほどの天気になりました。

写真はちょうど開会式の直前の模様です。舞台は日向なのですが、観客席はいい具合に日陰になっていて、日差しが強くても大丈夫‥なのでした。舞台の向こう側は数々の模擬店があります。順延になってしまったので、もしかしたら減ってしまった?いずれにしろ、今日は夕方に出掛ける用事があったので、ビール片手に焼き鳥食べて‥というわけには行かなかったのが残念です。今年は別件の作業もあって気が抜けなかったのですが、こういったイベントはやっぱりビール片手に焼き鳥片手にうろうろしたいところですね。

2009年09月12日 (土)
■ TIMBUK2 classic messenger XS

TIMBUK2 classic messenger XS私が初めて自転車に乗って会社まで行ってみたのは、確か1997年くらいのことだったと思います。会社の服装規定として、ビジネスカジュアルなどと名づけられた意味不明なドレスコードが定められているわけですが、スーツではないので自転車通勤向きなのでした。自転車通勤を始めてしばらくの間は、荷物といえば汗拭きタオルに水筒程度でしたので、大き目のウエストバッグとかスリムなリュック程度で済んでいる期間が長かったです。

その後、だんだんと自転車通勤が本格化するに従い、着替えも一式持つようになりましたし、お弁当や朝淹れたコーヒーや、時々PCまで運ぶようになり、大きなバッグでないと入らないようになりました。そこで選んだのが、背中の蒸れがデイパック系よりは少ないと思われたメッセンジャーバッグです。私が選んだのは入手も容易で価格もリーズナブルなTIMBUK2のclassic messengerというもの。これのLサイズが日々の荷物運搬道具になっています。ほぼ毎日使っているので、だいぶくたびれてきましたけど、もっと使い込んでいい雰囲気にしなくちゃ!

その後、サイズ違いのclassic messengerが増殖し、カモ柄のMサイズ、本当に何でも入りそうなXLサイズ‥と、荷物の多少に応じて使い分けられるようになったのです。カミさんもMサイズとSサイズを持っているので、XSサイズを揃えればclassic messengerコンプリート!なのです。というわけで‥ではないのですが、結局XSサイズを買ってしまいました。自転車通勤に使うには小さすぎるものですが、徒歩で出掛ける際のバッグとして活躍してます。TIMBUK2は季節ごとに色違いのものを出してくるので、「この色イイっ!」と思った瞬間に買わないとダメですよ。

2009年09月11日 (金)
■ CITROEN C3 picasso

CITROEN C3 picassoちょっと前にRENAULT Kangooの話題を出しました。全長4035mm×全幅1675mm×全高1810mmという取り回しのよさそうなサイズが受けているせいなのか、最近ホントによく見かけるようになりました‥って、近所の同じ車を見ているだけかもしれませんが。道具に徹したシンプルな感じの中にもちょっとした洒落っ気があるところがイイのですよね‥。などと思いながら久しぶりにRENAULTのHPを見たら、何とNew Kangooがついに日本にも導入になったのですね。う~む‥同じKangooでも私にとっては今度のはまるで駄目な印象です‥。私の価値観が世間とズレて来てるのかもしれないけど何ともイケてない。

何というか、トヨタあたりの名前も分からないような無個性1BOXになってしまったところが何とも‥。それでも後ろ姿が正方形に見える(実際、全幅と全高が同じ)あたりにちょっとかわいらしさを感じるけど、そのサイズが1830mmと来てはデカすぎて乗ってられんよ‥と思います。ああ、これでKangooのセンも無くなったか(そもそも買う予定ないけど)。では、Kangooの代わりに‥ではありませんが、別の魅力的なモデルということで取り上げるのが写真のCITROEN C3 picassoです。こちらは昨年デビューしたCITROENの小型MPVで、フランスのメディアはNISSAN CUBEのようだと言っているのだとか(CUBEは現地で人気だそうですよ)。

確かに塊感のあるところなどはCUBEっぽくも感じますが、決定的に違うのが上質感。値段が違うんだから当たり前‥とも言えるのだろうけど、どうして日本の小型車というのは「安っぽさ」との決別ができないのでしょうか。かつて、「いつかはクラウン」というコピーがありましたが、出世魚よろしくどんどん大きな車に乗り換えていくというのは、もう時代に合ってないと思うのです。その点、CITROENは小型車にも力が入っている‥。この秋にデビューする「でこっぱち」だって、個性的でいい感じ。C3のサイズって日本に丁度いい気がするんだけど、C4以上しか輸入しないCITROENジャポン(プジョー・シトロエン・ジャポン)はイケてないのです。

2009年09月10日 (木)
■ KFC

KFCう~、なんだか今週は突然忙しくなりました‥仕事が。今月に入って次のプロジェクトが開始になったのだけど、こいつがちょっと大きめなので、あれこれとやらねばならないことがたくさんあるのです。その他にも色々あって、昨日のうちに済ませておくはずだった(今日使うから)資料づくりが完了せず、何とかカタチになったのが今日の午前3時半‥。ゴメンナサイして先延ばしに出来るものではあるのですが、「今日で完成にしたい」とみんなに公言した手前、それもちょっと‥ということで頑張りました。

今朝できた資料を説明するために今日は都内へ‥。午前中に2時間しゃべり続けたらさすがに疲れました。戻ってくる電車ではたまらず睡眠タイム。こっちに戻ってきてからは、一息つく間もなくアレコレとやることが沸いてきます。夕方には1時間ほど電話会議をやって、夜には若手と仕様決めの議論をしたりとクタクタな感じ。ま、色々な意味で面白い仕事が始まったので、それと引き換えに少しくらいの辛さは受け流さないとね‥。そんな感じで今日も帰りが少し遅くなってしまいました。

今日はカミさんも仕事が忙しかったらしく、いつもよりずっと遅い時間に会社を出たようです。夕食を作る元気まで奪われてしまった‥ということで、今日は「買い食い」なのでした。そこで子供らが選んだものが写真のケンタッキーフライドチキン。これが夕食代わりになることは、わが家では一年に数回あるかないか‥という程度の頻度ですが、それはもちろんカミさんも私も忙しい時‥。すっかり「激務=KFC」という図式になってしまいました。何ともイメージ悪ぅ~なのですが、たま~に食べると美味しいんですよね。

2009年09月09日 (水)
■ 12月17日

FF XIIIは12月17日発売(2009年9月9日 読売新聞朝刊より)昔々‥私がまだ学生の頃、生意気にも家庭教師なんていうアルバイトをやってました。中学生の子供の数学を教えてたんだけど、何故かそこのオトーサンに気に入られてしまい、晩飯をご馳走になったということもあったっけ。結局、兄弟を教えることになったのですが、ヤツらは今頃どんなオッサンになっていることやら‥。当時、勉強を終えた後に彼らがゲームに興じるのを何度か見せてもらったことがあるのだけれど、やっていたのはおそらくドラクエ系だったと思います。彼らの熱中ぶりに比べ「ロールプレイング」って、そんなに面白そうじゃないなぁと思った記憶があります。私の場合はゲームといえばゲーセンでしたし、シューティング系ゲームのほうが好きでしたからね。

そんな私がロールプレイングをやるようになったのは、すっかり大人になった後です。今からちょうど10年前くらいのことでしょうか‥。一緒に仕事をやっていた仲間たちが大層盛り上がっているのを見て「そんなに面白いのならちょっとやってみようかな‥」と思ったのがきっかけだったと思います。それは商業的にも成功をおさめ、一般の人にもその名を知らしめることになったファイナルファンタジーVIIIでした。やってみると確かに面白い。シリーズの中でVIIIはやや独特の地位を占めているようで、ファンにとっては賛否両論の作品だそうですが、私としては初めてやってみたのがVIIIということもあり、結構好きなゲームです。

その後、IX、X、X-2(途中で挫折‥未クリア)、XII(忙しくてまだ途中)‥と(XIはMMORGなのでやってない)、ファイナルファンタジー・シリーズだけを遊んできたわけですが、シリーズの次作であるXIIIの発売日が12月17日に決定したという記事が今日の読売新聞朝刊に載っていました。たかがゲームとはいえ、ビッグタイトルですから一般紙の記事にもなるんですね。さて、シリーズ最新作となるXIIIですが、写真の中にもあるように今回からハードウェアとしてPS3が必要です。「うわ~、そりゃちょっと厳しいな‥」と、ずっと前に先輩と話していたのですが、つい先日一段階値段の下がったPS3が出ましたから‥欲しいかも‥なのです。ま、その前にXIIを終わらせないといけませんね。

2009年09月08日 (火)
■ 炭の保管箱

炭の保管箱今年の夏はロクに休みを取らない‥いえ、取れないうちに夏が終わってしまいました。夏のキャンプも行けないままに秋になってしまいました。夏休みはよそのガキども‥いえ、お子様たちがキャンプ場で大はしゃぎなものですから、涼しくなってキャンプ場が少し静かになってからのほうがいいのだ‥と強がってはみますが、やっぱり夏のキャンプというのは楽しいものです。暑い時期だからこそビールも美味しいしね。キャンプ場のシーズンオフまではもう少し時間がありますから、最低でも1回‥できれば2回くらい行けたら嬉しいのですが。今年は近年になく忙しいものですから、どうなることやら。

というわけで今年は春のGWに一度キャンプに行っただけで、その後は行けてない状況が続いています。この状況は体に悪いので、少しでもキャンプ場に行った雰囲気に近づこうということで、週末ごとにできるだけ七輪ごはんを食べるようにしています。炭が時々爆ぜる音。燃え続けているときの香り。周囲に振りまかれる熱。キャンプ場とは比べ物にならない弱々しさですが、ガスの炎では決して味わうことのできない趣が七輪にはあります。まぁ、七輪もそうなのですが炭そのものが酷いと、雰囲気は半減、楽しさも半減になってしまいますけどね‥。だから、「炭にはコダワリを持つこと」(とは、高善商店のオヤジさんから言われたこと)が必要なのです。

コダワリを持てとは言っても、値段の高いものを買えと言っているわけではありません。ふだん使いに備長炭なんてもったいないですから‥。というわけで、写真は私と高善商店のオヤジさんオススメの炭でして、岩手の西塚商店の商品。これは、「野外徳用木炭」というもので、5kgで1000円なのです。形は一定ではありませんし、大きさももちろんバラバラですが、何といってもキレイに燃えてくれるところがいいです。安いこともやはりありがたい。唯一の欠点はダンボール箱に無造作に入っているので、家の中のあちこちを汚すんじゃないかと心配になることですが、炭保管ケースを用意すれば問題ありませんし、これなら家の中で保管してもまったく問題はありません。

2009年09月07日 (月)
■ 変速比

eNVy EXO 46TとVO2 34Tとチタンコグ17T私のジテツーの相棒であるSURLYのCross Checkは、ノーマル状態だとフロント側が2枚ギアでリア側が9枚ギアです。すなわち、2×9で18段変速あるということになります。どうして自転車には何段ものギアが存在しているのかという理由は、非力な人間の力をいかに効率よく使えるかということに対する解答なのです。だから、段数が多いほど使う力の無駄使いも減り、自転車をよりスムーズに走らせることが可能になるはず‥なのです。でも、ロードバイクで長距離を走るような場合ならいざ知らず、ジテツー用の自転車で「効率第一」なんて言うのは飽きました。もっと自由が欲しい!

だから、わざと太くてデコボコなタイヤを履いたり、18段変速なのにたった2段だけを使って走ったりと、およそ非効率なことを追求してきました。まぁ、ホントのシングル(変速無し)まで行かずに、保険のように2段止まりにしているところが「追求不足だろ!」と罵られるかもしれませんが‥。しかし、偽の2段ではなくて、本当の2段変速になる日がついにやって来たわけです。今度は、どんなに段数が欲しい思っても、HighとLowのふたつだけになってしまうのです。多段変速によって人間の非力さをカバーするのではなく、人間が変速比(フロント側ギアとリア側ギアの歯数比)に合わせられなくてはならないのです。さようなら、効率第一主義。

私のジテツー通勤路には坂が多いこともあり、フロント側2枚ギア構成による2段として各ギアのキャラクターがはっきりするようにしてみました。もっとも、変速機を使いながら2段変速にするには、フロント側を変速するしか無いと思いますので、誰がやってもこうなりそうですが‥。結局、選んだ歯数はフロント側の大きいほうを46T(凸部の数が46‥凹部でも同じだけど)として、小さいほうを34Tにしました。一方、リア側は17Tです。つまり、変速比としては2.71と2.00の組み合わせ。まぁ、この歯数の組み合わせ自体が「在庫のあるもの」の中から選んだだけなので、実際にどんな感じになるのかは乗ってみてのお楽しみ‥なんですけどね。

2009年09月06日 (日)
■ MAXXIS LOCUST

MAXXIS LOCUST昨日‥待ちに待った残りの部品がサイクルベースあさひのネットワーキング店から届きました。リムなどの巨大な部品は購入していないので、比較的小さめの箱には入っていますが、それでも20×25×50cm程度の大きさがあります。この箱の中にそれなりにギッシリと入っているわけですから、かなりの部品点数になることが分かるでしょう。一個数百円のものから、高いもので数千円程度ですが、合計になると金額もそれなりで、ちょうど20品目で6万3千円程度‥。自転車買えるじゃん‥という声も聞こえてきそうですが、まぁ今回はそれなりの規模で色々と変えますので‥ね。

部品交換にもそれなりの時間が掛かってしまいそうなので、月末の連休の頃にボチボチやろうかと思います。予め教えてしまうと面白くないのだけれど、部品だけで見る姿と全部が組みあがった後の姿というのもだいぶ印象が違うはずだから、交換部品のいくつかを何度かに分けてお見せしましょう。まず最初はタイヤ‥。過去2回に渡ってPanaracerのFireCrossという、Cross Checkに装着可能な最大幅である45C(だいたい45mmのこと)のタイヤを使っていたのですが、さすがに同じタイヤも飽きてきたので変えたくなっていました。だいたい、ギリギリのサイズということで、フレームに当たって音がする(もちろん塗装がハゲる)ことがあるのが、今ひとつカッコ悪さを感じていたのです。ちょっと楽をしたくなってきた‥というのもあります。

というわけで、最初の狙いはKENDAのSmall Block Eightだったのですが、問屋在庫が無いとかで変更を余儀なくされました。Panaracerのバスタークロスっていう選択肢も考えたのだけど、FireCrossの細い版といった風情のトレッドだし、今ひとつ色気の無い外観なので止めました。径700Cで幅が45C未満‥26inchのMTB用などに比べると選択肢があまり無いので、悩みようも無いのかもしれませんが、結局、今まで使ったことのないMAXXISというメーカーのLOCUSTというモデルに決定。こちらは在庫があったようで、無事送られてきました。45Cを見慣れていた目からすると、35Cは随分と華奢な感じがしますね。ちなみに、LOCUSTとはイナゴのことで、タイヤサイドのロゴにもイナゴがいたりします。なぜにイナゴ?ですが、海外の製品というのは、ときどきこういった不思議なネーミングをしますよね。結構面白くて好きですけど‥。

2009年09月05日 (土)
■ 焼茄子

焼茄子今日はカミさんが1日仕事なのですと‥。朝、カミさんを仕事場まで送って行ったついでにちょっとだけ買い物を済ませ、私も自宅で仕事のような仕事でないようなことをします。来週はアレコレ忙しくなりそうなので、片付けられるものは出来るだけ早めに片付けないと‥。と、言ってもカミさんの仕事が終わる頃まで頑張ってみても、まだまだだいぶ残ってます。明日もやらないと、来週が辛そう‥。

今日はとても天気がいいので、夕食はもちろん七輪ごはん。カミさんが仕事を終えてから支度を始めたこともあるけれど、最近暗くなる時間がめっきり早くなってきたので、始める頃にはもう真っ暗なのです。当然、夏の暑さももうどこかに行ってしまい、秋が感じられるようになってきました‥。今日の焼き物は秋刀魚にラムに鶏肉に‥って感じでいつもと変わり映えはしないのですが、炭火が美味しさを引き出すので飽きることはありません。

その七輪‥最近流行っているのが写真の焼茄子です(この写真は先週のものです‥しかも、かなりピンボケ)。ガスレンジなどと違って、炭は熾し始めの頃は火力があまり安定していないので、肉などを焼く前には野菜を焼くのが丁度いいのです。ということで、今日も最初は焼茄子。茄子はほとんどが水分で、栄養分も豊富とは言えない野菜だということですが、どうしてどうして‥ホクホクに焼きあがった茄子は他の野菜に負けない美味しさなのです。

2009年09月04日 (金)
■ Wレバー

私が日々乗っている自転車は、SURLYのCross Checkです。こいつは本当にゴキゲンな自転車なのですが、もっとゴキゲンにすべく改造計画を立てていることは、ここ最近何度か書かせていただきました。最初、シングルスピード化しようと考えていたものの、シングルスピードよりも登坂性能(って、本来は人間のほうが重要)と巡航性能を高いレベルで実現するために、ディングルスピード(二段変速)化する方向に決めたのが先月の末頃のこと。その頃と前後して、改造に必要なパーツを物色していたのです。基本はもちろんサイクルベースあさひのネットショップですが、ここで全ての調達は難しいです。

Cross Checkの変速レバーは、バーコンと呼ばれるハンドルの先端に付けるレバーです。しかし、今回はディングルスピード化するにあたり、とりあえずリアディレイラーを変速する必要がなくなりました。でも、フロント側は変速機構を残すために変速レバーを全て取り払うわけには行かないのです。いずれ、どんな姿になったかをお見せできる日が来るわけですが、とりあえずバーコンは使えない状態に変わります。となると、今までのバーコンによる変速に頼らないものを探さなければなりません。でも、豊富な選択肢があるわけではない‥結果的にWレバーに落ち着くわけです。

Wレバー‥文字どおり変速レバーがふたつなのでW(Double)レバーなのですが、フロント側の変速だけが必要なので、Wでなくてシングルレバーでも無理ではないのです。ただ、シングルレバーだと右側用だけで売られているわけですから、一般的にフロントを変速するための左側に流用するのは簡単なことではなさそう。ま、その前にシングルレバーには存在しないこの色で決めてしまったわけですが‥。といった感じで徐々に部品が集結しつつあります。この後は、大手のあさひから部品が一気にやって来るだけなので、もう少しで改造に取り掛かれるわけ。完成が楽しみですね~。

2009年09月03日 (木)
■ 披露山公園

披露山公園今日はカミさんが鎌倉方面に行く用事があるということでした。私もロクに夏休みを取っていませんので、今日は休暇を取って一緒に遊びに行くことにしていました。遊びに行くとはいえ、最終目的の場所と時間が決まっているため、完全に自由というわけには行きません。つまり、目的地からはあまり遠くには行けないので、逗子の魚佐次に行って魚を買ってくることと、小坪のめしやっちゃん(テラス席はワンOK)で昼ごはんを食べるということだけ決めて家を出たのでした。行きは首都高を使って幸浦まで行ったため、全体的に前倒しで予定を消化する‥そんな感じで順調に進んでいたのです。

だから、小坪に到着したのも11時くらい‥。昼を食べるにも「まだお腹が空いていない」という感じですし、だいたい「めしやっちゃん」は11時半に開店ですから、まだ時間に余裕がありました。どうしようか?‥そうだ、披露山に行こう‥。今から20年以上前の学生時代には、みんなで車に分乗して無意味に湘南エリアに遊びに行ったものです。その目的地のひとつに、小坪の披露山公園がありました。眼下に逗子マリーナと江ノ島を望み、遠く富士山までが見える絶景の公園。しかし、今となっては正確な場所が思い出せません。う~む‥こっちだったはず。そう思って昔の記憶を何となく手繰り寄せてみたら、披露山公園にたどり着きました。昔のことは意外と覚えているものなのですねぇ。

今日の写真がその披露山公園‥。右側にある展望台と左側奥にあるサル山(ドーム状に見える屋根がソレです)は、第二次世界大戦のときに海軍の高射砲の砲座があったところなんですと。公園脇の解説盤を昔も読んだかもしれませんが、すっかり忘れていますね。20年ぶりといった感じで訪れた披露山公園‥当時とそのまま同じような感じでした。昔にタイムスリップしたようで、とても懐かしい感覚を覚えましたよ。ただ、今日は生憎のお天気だったので、富士山がよく見えて‥というわけには行かなかったのが残念‥天気のよい日にまた来てみましょう。ちなみに、ホイチョイの「彼女が水着に着替えたら」に確かここが登場します。どんな場面だったっけ‥また見てみたくなりましたよ。

2009年09月02日 (水)
■ ミスト

サングラスに霧雨の水滴8月末に一瞬残暑のようなものがあったけど、その後は曇りがちの涼しい日が続いている感じですね‥。それでもまだ曇りならいいのですが、今週は台風が来て雨が降ったり、昨日は会社の飲み会があったり(ついでに雨も降ったけど)と、電車通勤の連続でした。今日はさすがに自転車で行こうと思っていましたが、どうにも天気がすっきりしません。一応、weathernewsは一日中曇りの予報を出しているけれど、いつ降りだしてもおかしくない感じの空模様です。だいたい、昨日も会社近辺は結構雨が降ったしね‥。

それでも雨が降っていなければ、ジテツー率向上のために自転車でGO!なのです。飲み会の余波で若干疲れてはいますが、自転車に乗っちまえばこっちのもの。と、今にも雨が降り出しそうな天気のもと、家を出てみると‥何と降ってるじゃん。自宅付近に比べると会社近辺のほうが雨が降っていることが格段に多いので(理由は今ひとつはっきりせず)、このまま行くと雨の区域に突入する可能性も高い‥でも、まだ家を出た瞬間だから、今なら引き返せる‥いや、昨日も一昨日も電車だったから、ここで回復しておかないと‥。ほんの一瞬は迷いますが、ひとたび自転車に跨れば、前進あるのみです。

雨は僅かに降ってはいるものの、これは霧雨と呼ばれるタイプ‥drizzle‥misty rainなのです。幸い、路面を濡らすほどには降っていないので、跳ね上げを気にしてスピードを落とす必要は無し。そのまま快調にセンター南を過ぎ、川和町を過ぎ‥会社に徐々に近づくと、やっぱり雨が強くなってくる‥。ま、相変わらず霧雨レベルではあるのですが‥。今日の写真は恩田川のいつもの休憩ポイント付近でのもの。サングラスについた水滴が霧雨のレベルを語っています。体にも霧雨がまとわりついてきます。「この辺り‥ミストが濃いわ」‥って、感じ。会社のほうはそういうエリアだったのか。そういえば、Final Fantasy XII‥全然やってない。

2009年09月01日 (火)
■ 電動歯ブラシ

音波式電動歯ブラシ(OMRON Mediclean HT-B550)つい一週間ほど前のこと‥。寝る前に歯を磨こうと思って洗面所に行ったところ、いつも使っている電動歯ブラシが突如動かなくなりました。例によっていつものように若干の酔っ払い状態でいたので、ん?何かの勘違いか?と一瞬思ったのですが、何度スイッチを押してもスグに止まってしまいます。じきにウンともスンとも言わなくなってしまいました。電動歯ブラシが壊れてしまった‥みたい。それでも翌朝になれば、昨晩のアレは何だったの?という感じで、いつの間にか復活しているということを少しだけ期待していたのですが、一晩経ってもやっぱり壊れたままでした。みんなに聞くと、前日はちゃんと動いていたとのこと‥う~む、私が壊したということじゃないと思うけど。

一体、どれくらい前から電動歯ブラシを使っていたことでしょうか。全く思い出せないほどに前のことのような気がします。少なくとも2年とか3年とかの感じではなく、5年以上は前のこと‥そんな感じです(こういうのが意外と違ったりする‥)。違う見方をすれば、それほど長い間「存在しているのが当たり前」といった感じで生活してきたわけですから、たかが電動歯ブラシとはいえ壊れたときの「いつもと何かが違う変な感じ」というのは大きかったです。手を動かさないと歯磨きができない‥単なる歯ブラシに成り下がった電動歯ブラシは、持ち手の部分が奇妙に太く感じられて、歯磨きをしている感じがどうもしない。その違和感を例えれば、止まっているエレベーターを歩くような妙な感じ‥と言えばよいでしょうか。

というわけで、わが家に新しくやって来た電動歯ブラシが今日の写真のもの。今まで使っていたのは、パナソニック(買った当時は、ナショナル)のドルツだったので、今度もドルツで‥というのが順当な選択肢なんだろうけど、ちょっと趣向を変えて(?)オムロンのメディクリーンという電動歯ブラシにしてみました。というのは、3D加速度センサーがついていて、ブラシの持ち方に応じて磨き方(動作)を変えるという技を持っており、ガジェット好きの心をちょっぴりくすぐるものがあったので‥。家電Watchにレビュー記事まで載っていたりしますが、買ったのはちょっとだけ安いHT-B550のほう。レビューでは、HT-B551(ちょっと高いほう)の「タイマーはイマイチ」となってますが、わが家の評価は「あった方がよかったかも‥」でした。ケチらなきゃよかった?

| Top |