14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年10月31日 (土)
■ いのはな鍼灸指圧院

たまプラーザ駅自分が子供の頃、「肩凝り」というものが一体何なのかは全く理解できませんでした。母親には肩揉みをよくさせられたのですが、自分に経験が無いものですから、うまく肩揉みができたかどうかはよく分かりません‥。その頃から30年余りが経過したわけですが、今では当時の母親の立場になったわけです。肩が凝るということが、どんなことを示しているのかは、改めて説明するまでもなく、よ~く分かっているわけです。

少し前に、肩の背中側であるとか腰のあたりを何となく痛めた感じがしていました。しばらく湿布を貼って過ごしていたら、何となく収まっていたのですが、金曜日に会社で何かの拍子に後ろを向こうと体を捻ったところ、「ピチッ」という音がして背中を痛めてしまった感じがしました。と、いっても「動けなくなった」などという怖いことではなくて、何となくまた腰が重くなってしまった‥そんな感じだったのです。しかし、カミさんに言わせれば「本当に具合が悪くなる前に何とかしたほうがいい‥」ということで、大事をとって治療することにしたのです。

出掛けた先は、以前にカミさんがよく世話になっていた、「いのはな鍼灸指圧院」です。今日の写真は指圧院ではなくて新しくなった「たまプラーザ駅」ですが、いのはな鍼灸指圧院はたまプラーザ駅が最寄駅なのです。私、この歳になって初めて指圧なるものをやってもらったのですが、これが本当に素晴らしいのです。こんなに素晴らしいものなら、もっと早くに経験しておけばよかったと思うほど‥。おかげで背中も腰もすっきりしました。こんなにいいものなら、年に2~3回くらいはお世話になりたいトコロ‥指圧万歳なのでした。

2009年10月30日 (金)
■ 嗚呼愛しき自転車乗り

今日でやっと一週間が終わり‥。忙しい時は一週間が終わるのが早いと感じるけど、忙しすぎると逆に長く感じるのが不思議ですよね。今週は月曜日が雨で電車だったけど、それ以外は全部自転車に乗れました。ジテツー率80%‥これが続くとトータルの割合もじわじわと回復するのですが、今は64%弱くらいなので、一体どこまで上がるかは分かりません。来週は札幌に出張だったりするし、天候不順で雨が降りまくったりするかもしれないし‥。

そんな感じで天気がよければ毎日自転車に乗って生活しているわけですが、自転車の面白いところは自分自身が推進力を生み出すエンジンであるというところ。どうやったら速く走れるか、どうやったら疲れずに長く走れるか‥自転車に乗っていると、ついついそんなことを考えてしまうわけです。”駅までママチャリ”以上の乗り方をしている人であれば、誰しも同じように感じたことはあるはず。それを突き詰めていくと、ロードバイクと呼ばれる「速く、遠くへ走ることを目的とした」自転車に行き着いたりするわけです。私も最近はとんと乗っていないですが、ちゃんとしたロードバイクを1台持っています(乗らなきゃ‥)。

先日、自転車会議という本を買おうかなぁとnorthport mallのアカデミアに行ったのですが、ちょっと痛んだものしかなかったので(折れたり角がツブれたりしている本を買うのは嫌いなのです‥)、また今度の機会にしよう‥そう思ったときに目に留まってしまったのがこの本。「自転車乗り」の中でも「ロードバイク乗り」の生態を笑いと共に書いたもので、ロードバイクってどんなもの?というのを、ロードバイクに乗る人間に焦点を当てて書いています。この本は、バイシクルクラブという月刊誌の連載記事に新たに書き下ろしを加えたものだそうで、バイクラを買っていない自分には十分に楽しめました。軽いノリなので、力を抜きたいときに最適ですね。

2009年10月29日 (木)
■ キャンプでボ~

おやじキャンプ2007@道志なんかも~、嫌になるほど(って、嫌になってるのですが)毎日何もできません。ごはん食べて、寝て、自転車乗る以外は全部仕事という感じの日々が続いています。いや、自転車に乗っているときも「アレをこうするとコレがこうなってうまく行くはず‥」とか、「あ~、それだとココで辻褄が合わなくなって破綻するな‥」なんてことを考えているわけだから、人が生物学的に生きていく上で必要な生理的欲求を満たしている時間以外は基本的に全部仕事をしているようなものです。

別に仕事自体が嫌なわけではないですし、後になれば「大変だったなぁ‥」と遠い目になれる日が来るだろうことはわかっているのですが、現在進行形の今の今は、ちょっと余裕が無さ過ぎるのが辛い‥。気持ちのほうは頑張れるとしても、体力的に持たないというのも悲しいですね~。せめて、週末に寝込まないで済むくらいの体力は残しておこう‥。とまぁ、連日同じように愚痴っぽいことを書いて情けないところですが、こんな状況ゆえ、仕事以外のやりたいこと、やらねばならないことに手が回りません。

こういうときこそ、キャンプに行って焚火の前で日がなボ~ッと過ごすのが人間的にはいい生活なんだろうけど‥週末の予定も色々あったり、月曜早朝から出張の予定が入ってしまったりと、時間が無い状態です。悲しい‥。いや、ほんと、キャンプに行きたいですよ~。ということで、2年前のおやじキャンプの写真でも見て癒されることにしよう‥いや、別におっさんの写真を見て癒されるわけではないですから。とりあえず最低限の装備だけ持って、だけど食料と酒はたんまり持って、行きたいですねぇ‥キャンプ。1泊だけでいいのにね。

2009年10月28日 (水)
■ 寒くなった‥と思うとき(2)

久しぶりの「おでん」私、朝は遅めの時間に家を出ることもあって、昨日や今日のように天気がいいと暖かくて気持ちがいいのです。しかし、夜は日が照っていないこともあって、走り出して暫くの間がキツくなってきました。今日は風もなく穏やかだったので、それほどではなかったですが、冷たい風が吹いたりするとさすがに「長袖にしとけばよかったかな~」と思います。でも‥長袖を着ると今度は「暑いな~」となるわけで、今の時期のウェア選択はどうにも難しい。ま、アームウォーマーは常に持っているので、我慢ができなくなった時には出せばいいだけの話なんですが‥。

今日も会社を出て少しの間は、「いつ長袖に切り替えるかな~」と思いながら走っていたのですが、5分も経つ頃には体も暖まって寒さのことは少し忘れてしまいます。家に着いてシャワーを浴びた後は寒いので、パジャマは長袖‥家の外と中が逆転しているような気がしなくもないです。長袖パジャマを着たら、その後でやっと遅い晩ごはんにありつけます。ここ最近、平日は夜中にひとりでごはんを食べるという寂しい生活をしているわけですが(メタボっちゃいますね~)、ごはん自体はカミさんが作っておいてくれるので、とても有難いです。

写真は今日の‥ではなくて、昨日の晩ごはん。見てのとおり「おでん」です。この秋になって初のおでん。昨日、「寒くなったよね~」を感じるものの話をしましたが、この「おでん」もまさにそのひとつですね。コンビニのおでんを見ても少しはそう感じるけれど、家でつくった「おでん」のほうが、より強く季節を感じます。今回は、冬季限定の「白麒麟」がセットだったので、余計にそう感じるのかもしれませんが‥。これから先はますます鍋料理が美味しい季節です。美味しくて食べすぎちゃうとアレなので、寒さを感じつつ自転車に乗るくらいのほうがカロリー消費が多くていいのかも‥ね。

2009年10月27日 (火)
■ 寒くなった‥と思うとき

ジテツー路の水たまりここのところ、今ひとつ冴えない天気がずっと続いていたので、今日は本当に久しぶりにいい天気になったという感じですよね。気温は全体的に緩やかに下がり続けている感じだけど、今日は本当に日差しが暖かかったので(もっとも最高気温は25度あったらしいけど)、朝の自転車がとても気持ちよく感じられました。自転車通勤にとっては、おそらく1年のうちで一番気持ちのよい時期なのではないかと思います。

それは、少し冷たくなってきた空気が体の熱をほどよく奪ってくれるから‥ではないかと思うのです。春先の「寒い」から「暖かい」に移行する過程でも同じ感じの頃があるはずなのだけれど、「暖かい」から「寒い」に戻る今のほうが、私の感覚的にはキモチイイように思います。夏前だと「これから暑くなってイヤだなぁ」という気分になってしまうのが、今だとそれがない‥というのも大きいかもしれませんね。

夏はとっくに去ってしまったけど、冬が近づいてきた‥あるいは寒くなってきたなと感じるのはどんなときでしょうか。色々なところでそれを感じることがあると思いますが、私の場合、ひとつはコレ‥雨の後のぬかるみがいつまで経っても乾かないのを見ると、「ああ、そろそろ寒い季節がやってきたな」と感じます。自転車通勤時はまだ半袖なのですが(夜はちと寒い)、そろそろ寒い季節用にしないと辛そうです。

2009年10月26日 (月)
■ Pinnacle Rock Gym

PINNACLE ROCK GYM のクライミング壁下部センター北駅にあるnorthport mallは、1階にあるblooming bloomy(ブルーミングブルーミー:通称ブルブル)というスーパーと、3階にあるアカデミアという書店を主に利用しています。その他の店舗も利用しないということは無いのですが、頻度で言えばあまり高くないかもしれません。というのも、ここじゃなきゃ‥というような(私にとっての)魅力的な店舗が無いから。都筑阪急とかセンター南の東急とはひと味違う店があれば嬉しいのですが、あとひと息‥といった感じの店が多いような気がします。

しかし、ついに‥という感じで、他のショッピングモールには存在しなかったユニークな店がついに登場したのです。昨日の午前中、カミさんがアカデミアに行く用事があるというので、私もたまには書店に行きたいと思って一緒について行ったのです。そして、アカデミアでの用事を済ませ、ブルブルに行ってパンを買おうと思ったところで、視界の中に見慣れない色が入ってきたのです。それは、以前トヨタあたりのディーラーになっていた部分。ん?何か新しいものが?‥と思って、ブルブルの階から見下ろしてみると、そこにはクライミング・ジムでおなじみのカラフルなホールドが壁一面に取り付けてあるではないですか!

ついにニュータウン・エリアにクライミングジムが登場!です。Pinnacle Rock Gymというそうな。先週の金曜日にオープンしたばかりのようで、日曜日の昼の段階では誰も壁に張り付いていませんでした。写真はルート壁なんだけど、別の場所にボルダー用の壁もあるらしい。ボルダリングといえば、随分前にシューズを買ったものの、なかなかジムに行けずに悶々としていたのですが、これだけ近所に出来れば会社帰りにも楽に行ける‥かも。でも、Gymの営業時間は夜の10時までなので、今だと全然ダメですね‥22時なんて帰って来れないデスよ。それに、どんなものか試してみたいので、お試し料金があれば嬉しいんだけどなぁ‥。

2009年10月25日 (日)
■ 護衛艦ひゅうが

護衛艦ひゅうがの昇降機からブリッジを見上げる昨日のタイフェス‥麦飯パパとママは用事があって先に帰ってしまったのですが、お腹もいっぱいになったし移動する?ってところでポツポツと雨が降ってきてしまいました。予報は夜中の雨だったのですが、早まったらしい‥まぁ、傘を持っていたので困ることはなかったのですが、ちょっと残念‥。カミさんとみゅーママの行きたいところは山下公園のほうにあるということで、赤レンガから山下公園方面に向かいます。しかし、いつもと何やら雰囲気が違います。象の鼻のところに海上自衛隊のブラスバンドらしき人々もいたし。そして‥

大桟橋にどう見ても軍用艦のような船が接岸されています。何でも海上自衛隊の護衛艦の一般公開なのだとか。そんなことはもちろん知らずにここにやって来たのですが、せっかくの機会だから見てみようということで、急遽予定(もともと存在しないような予定だけど‥)を変更して護衛艦見学ツアーとなりました。大桟橋には二隻が接岸しており、ひとつは戦艦っぽい雰囲気の「駆逐艦こんごう」で、もうひとつは空母っぽい雰囲気の「ヘリコプター搭載護衛艦ひゅうが」です。違いもよく分からず、パッと見に大きそうな感じの「ひゅうが」を見ることにしました。

ひゅうがは、ヘリコプターを格納庫から甲板に出し入れするための昇降機をもっており、これに見学者を乗せて甲板への上げ下ろしをしてくれるのですが、これが何とも楽しいのです。写真は、下げられている昇降機の上から、甲板の穴を通じてブリッジ(艦橋構造物)を見上げたところ。通常はなかなか目にすることのできない護衛艦の中身を見ることができたので、何とも得をした気分になりましたよ。時間の関係上、今回はもう一隻の「駆逐艦こんごう」を見学することはできませんでしたが、同じような機会があるでしょうから、次は見てみたいところ‥なのでした。

2009年10月24日 (土)
■ 第3回タイ・フェスティバルin横浜2009

ソムタム完成間近今日は、いつものハラペコ軍団でお出掛けする予定にしていました。ハラペコ軍団とは‥もちろん、私とカミさん、そして麦飯パパとママのコンビ。そして何と今回はみゅーママも参加なのです。目指すは、赤レンガ倉庫前広場で開催される「第3回タイ・フェスティバルin横浜2009」です。現地に昼前には着かなければ‥ということで、11時より前にこちらを出発しました。今日は天気が今ひとつな感じですが、予報によれば夜遅くから降るということでした。でも、何となく嫌な予感がしたので、小さな折り畳み傘をバッグに忍ばせて出掛けました。

現地にはもちろん昼前に到着しましたが、タイ料理の美味しい香りに全員引き寄せられてしまい、即昼ごはんに突入なのです。5人分の席を何とか確保したら、美味しそうなものをみんなで手分けしつつ買い集め、みんなで少しずつ食べてみます。もちろん、片手にはタイビール。今日はちょっと肌寒いのが悲しいところですが、美味しい料理なので問題無し!です。タイとは言いながら、違うお国もちょっと混ざっているのだけれど、そんなことは気にしない気にしない。辛いのと甘いのと酸っぱいのと‥全部が絶妙に混じったタイ料理を楽しみました。

写真は‥タイ料理のサラダとして有名な青パパイヤを使ったソムタムというサラダ。材料を深めの入れ物で手早く混ぜ、美味しそうに盛り付けてくれました。カメラを構えたらポーズをとってくれたのですが、混ぜる手つきは素早く美しかったですよ。ここに手前の器に入っている蟹(かなり辛い味付け)をひとつふたつ乗せて500円。タイフェスの料理はほとんどが500円玉ひとつで楽しめるのがいいですね。それに5人もいれば、色々なものが楽しめるので、非常に得した気分になります。あとは‥座る場所がもっと多いと言うことないのですけどねぇ‥。

2009年10月23日 (金)
■ 準週間ジテツー賞

今日の空(恩田川にて)今日までに資料を完成させなくてはならないので、昨日の夜も徹夜になりそうな勢いだったのです。しかし、今日の午前中にも作業のための時間を少し取れるので、昨日はあまり無理のない時間に会社を出ました。それが、午前2時半くらい‥って、それは昨日じゃなくて今日ではないかい!?自転車で家に着くまでにおよそ1時間。家に着いてからも何やらかんやらで1時間。つまり、今朝寝たのは午前4時半ちょっと。さすがにいつもの時間には起きられませんでした。

火曜の夜は徹夜だったし、昨日から今朝にかけても2時間睡眠‥。体もそれなりに疲れているはずですが、雨降りじゃなければやっぱり自転車に乗らないわけにはいかない。火曜日にずっと椅子に座り続けていたせいか、若干腰が重いような痛いような感じが続いているのですが、自転車に乗る分には何も気にならないので問題なし。というわけで、今日もMR-4Fで会社に行きました。ここ最近は、これにばかり乗っているので、体のほうもだいぶ慣れてきましたし、普通ペダルにも慣れてきました。

今週は、帰りが遅い日も多くて体力的には結構キツかった一週間でしたが、結局毎日が自転車通勤でした。すごーい。久しぶりのパーフェクトじゃん‥なのですが、火曜日は行きだけ、水曜日は帰りだけ乗ったことと同じなので、走行距離にしてみれば4日分なんですよね。だから、あくまでも「準」週間ジテツー賞なのでした。それにしても、朝晩は涼しくなってきましたね。そろそろ、半袖でのジテツーもやや躊躇するようになってきました。それでも走ればすぐに暑くなるので、もう少しの間は大丈夫そうですけど。

2009年10月22日 (木)
■ 金富士

すすきのの金富士にて最近、忙しい忙しいと言っているのは、新しい仕事が始まったからなのです。しかも、予想外の展開で始まった仕事なので、何かと下準備が大変つ~か。もうすぐ捨てられる運命にあったものが、形を変えて生きながらえることになったのです。リフォームといいましょうか、リサイクルといいましょうか‥。私にしてみれば、最初の最初から設計に携わったものですし、自分の知識を詰め込んで作ったものだから、我が子のようにかわいいわけですよ。

だけど、もうすぐ捨てるものにはお金を掛けないので、中身を知ってる人がいなくなってるので、さぁ大変‥というわけ。札幌の仕事仲間にどんどん覚えてもらって、どんどん進めないと終わらない。というわけで、これから年末に掛けては何度か出張がありそうです。私の出張があると、朝の姫の散歩などもこなさないとならないので、カミさんや子供には超不評なのですが、おみやげ買ってくるから許してちょ頂戴ね‥。

実はひと月ほど前にも札幌に行ったのですが、今日の写真はそのときのもの。すすきのにある金富士という焼き鳥の店で、地元の人に愛されている店。ここの焼き鳥が旨いのですよ~。それと玉子焼きが絶妙。いったい何年ぶりに行ったのかすら忘れてしまうほどに久しぶりだったのですが、以前と同じ味のままでホッとしましたね‥。今回の仕事では、出張ごとに金富士通いを自分に課そうか‥なんて思っています。

2009年10月21日 (水)
■ てつや

常盤薬局「強強打破」武田鉄矢、ちばてつや、筑紫哲也‥三人の共通項を述べよといわれた場合、それは、名前が「てつや」‥って、面白くも何ともありませんね。みなさんに共通の名前である「てつや」と同じ読みながら、徹夜って書くと‥何だか嫌ですねぇ。ええ、昨日は徹夜だったのです。とにかく今週はメチャクチャに忙しいのです。忙しいくらいがいいじゃない‥なんて言う人もいますけど、「心を亡くす」と書いて忙しい‥ですから、忙しすぎは困ります。

さすがに年齢が40台も後半になると、徹夜は楽じゃないですね。ただ起きているだけじゃなくて、頭を使っているというのが余計に疲れるわけです。でも、ただ起きているだけで徹夜というのは不可能(スグ寝ちゃうから)なので、徹夜をするには考え事をしなければならないわけですが‥。何かを考えるのは長続きしないので、そういう時を狙って睡魔という名前の悪魔が音もなく近づいてくるわけです。死んじゃうことはないけれど、寝てはいかん!

というわけで、ドーピング。コンビニの栄養ドリンクコーナーに置いてあった眠気ざましのようなものを買ってみました。その名も強強打破!‥何の飲みものだかよく分からない名前ですが、もうひとつの眠眠打破(こっちは字そのままですね)の強力版だそうな。やばそうな時間になったら‥ということで、草木も眠る丑三つ時を過ぎた頃に飲んでみました。効いてんのか効いてないのか、よく分からなかったけど、寝なかったということは効いていたのでしょうね。

2009年10月20日 (火)
■ speed-drive

schlumpf speed-driveちょっと前のことなのですが、買いそびれていた自転車雑誌をAmazonから何冊か取り寄せました。もちろん読むために取り寄せたのですが、Amazonの箱に入ったまま、しばらくの間「積読」の状態になっていました。見る気力が沸かないというのが半分、他のことが忙しすぎてそれどころじゃないのが半分‥という感じだったのです。さすがに置いとくばかりでは何のために買ったのか!という思いが強くなりまして、次の号が出てしまわないうちにちょこちょこと見出していたのです。

私が買っている自転車雑誌って、いくら隔月程度のものとはいえ4誌にもなるので、「そろそろ、止めようかなぁ‥」と思うキモチが出てきたのも事実。だから、余計に読み出すまでに時間が経過してしまうわけですが。ああ、また今号もあまり刺激がないままに終わってしまうのか‥そう思ったとき、その中の1冊から面白いものを見つけました。それが写真のものなのですが、さすがにクランクに見えますよね‥コレは。おすすめアイテムらしいのですが、どこが違うのでしょ?

こいつは、speed-driveという見たとおりクランクでして、何が面白いのかというと、別途変速機を必要とせずに変速をができる機構を備えているそうな。これならCross Checkの前2段計画もすっきりしたなぁ‥と、思って値段を見たら‥80,850円~だそうで、さすがにこの値段は出せません。ちなみに、変速機構は遊星歯車を使っているそうで、2段の比率は1.65とのこと。今、組んでいるのが1.35程度なので、ちょっと差が大きいかな。それにちょっと重そう。やっぱり、シンプルにギア板2枚のほうがいいですか。

2009年10月19日 (月)
■ エア補充‥タイヤでなくて

昨日もシュールストレミング試食会やら色々とありまして、Cross Checkの改造は進展せず‥。いやぁ、それにしてもシュールストレミングは臭かった。あまりにも変な期待をしすぎたせいで、その場では「そんなに臭くないんじゃない?」ってな感じでしたが、冷静に考えるとやっぱり臭い‥。食べ終わった後もお腹の中で発酵が進行しているんじゃないかと思わせるようなお腹のハリを感じたのもすごいと思わせたし、何よりも時々出る自分のゲップに「ウッ‥」となってしまうほど。やはり人間たるものチャレンジは必要なのですね~(何のことやらよくわからんが‥)。

Cross Checkにはまだ乗れないので、今日もMR-4Fで通勤。今週は天気がよさそうだし、今のところ出張などでスーツ日になる予定もないので、うまく行けば本当に久しぶりの週間ジテツー賞(皆勤賞)になるかもしれません。少しはジテツー率アップするかな。というわけで、ちょっと危ないのは分かっているのですが、タイヤに気を遣いつつ、もうしばらくの間はMR-4Fでの通勤なのです。ところで、MR-4Fの場合にはCross Checkの時には無い毎朝の儀式があります。それは、空気入れ‥。といっても、タイヤの空気ではないのです。自転車でタイヤ以外に空気を入れるところってどこでしょう?

自転車に詳しい人ならご存知かと思いますが、自転車にはサスペンションといって路面からの衝撃を吸収する機構を備えているものがあります。MR-4Fもユニークな折りたたみ機構の一部にサスペンションを組み込むことで路面からの衝撃を吸収しています。そのサスペンションはj金属バネの代わりに空気を使うエアサスと呼ばれる種類。こいつの空気が結構よく抜けるのですよ‥そろそろダメになった?いずれにしろ、MR-4Fに乗るには空気入れが日課。ちなみに、エアサスの空気を入れるためには専用のポンプ(写真)が必要なので、タイヤ用のもので何とかなると思ってはいけませんよ。

2009年10月18日 (日)
■ 世界一の悪臭を食す!

姫がお世話になっている病院の先生‥きっと臭いものが大好きなのです。Mっ気があるのかもしれません。それとも、他人に変なものを食べさせて喜んでいるからSっ気か‥。先日は生のドリアンを食べさせてもらいましたし、ハリーポッターの百味ビーンズがモデルになっているBEAN BOOZLEDも楽しんで食べているようだし、「臭い」とか「不味い」という言葉に妙に反応するタイプなのかもしれません。ま、私も似たようなものだけど‥。

で、その先生が最強(最凶?)の食材を手に入れてきました。それは‥シュールストレミング(写真の缶詰)。名前を聞いたことのある人も結構いると思いますが、食べた人となると少ないと思われます。その貴重な食材をみんなに食べさせてくれるというので、ノコノコと出掛けて行きました。今日はいつものスタイルを止めて、写真たくさんで行きたいと思います。

Oskars製シュールストレミングOskars製のシュールストレミング

シュールストレミングとは主にスウェーデンで食べられているもので、ニシンを塩漬けにして缶詰にし、缶の中で発酵させるという製法をとる発酵食品です。スウェーデン語で、シュールは「酸っぱい」を、ストレミングは「ニシン」を意味するということで、日本語で言えば「酸味ニシン」といったところ。確かに発酵食品は過発酵すると酸味が出たりしますけど‥。シュールストレミングの場合は「悪臭ニシン」と呼んで欲しいほどに強烈な臭いがすると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。缶の中で発酵が続いている証拠に、缶の上部が若干盛り上がっているのが分かるでしょうか?

さぁ!では早速開けて強烈な臭いを堪能しようではありませんか。缶内は発酵のために圧力が高くなっているので、缶を開ける際に中身の汁が飛び散ると言われています。あまりに強烈なので臭いが落ちない‥などと、恐ろしい前評判(?)で全員耳年増になっているので、缶を開ける時は遠巻きに見ようと思っています。開けるのはもちろん先生。と、手術を終えていらした先生は、マスクと頭に被っているものは手術中そのままのもののようです。洋服の防御も済んで(これも術着かしら?)手袋もはめて準備万端です!

厳重装備で開缶作業に望む先生厳重装備で開缶作業に望む先生

先生のお世話になっている患者さん(本人じゃなくて犬たちが‥ですが)にはブロガーもいっぱいいるので、写真を撮るのも順番待ちです。今日はあちこちに悪臭記事が載るのか‥。

缶詰の写真を撮るブロガーのみなさん缶詰の写真を撮るブロガーのみなさん

事前準備や写真撮影にも時間がかかり、参加者の期待(?)は膨らむばかり。ああ‥早くどれだけ臭いのかを嗅いでみたい‥。では、先生に開けていただきましょう!開缶作業は動画でどうぞ。

プシュッという、やや力の無い音と共に中の汁が少し吹き出たようにも見えます。私は風上側にいたので、これを録っている間は臭いという感じがしませんでしたが、缶を開け終わった後にそばに寄って臭いを嗅いでみましたら‥う‥確かに臭いです。発酵と腐敗というのは、人間にとっての善し悪しの違いだけですから、まさに紙一重なのですが、臭いだけ嗅いだだけでは「腐ってる」と思うような臭いです。ニシンはもちろん魚です。その魚が腐った臭いというのはなかなか強烈ですが、まさにそんな感じ‥。

発酵が缶詰の中で進行中というだけあって、缶を開けた後もブクブクと泡立っています。保存状態が悪くて発酵が進みすぎてしまうと、ニシンの身が融けてしまったかのような状態になってしまうこともあるそうですが、先生がしっかりと管理してくれたこともあって、キレイな状態です。ちょっと臭いけど‥。

缶を開けたところはこんな感じです。事前の情報で脅かされすぎていたせいもあって、臭いは臭いのですが、思ったほどではない‥というのが正直な感想。決して「いい香り」ではないことは確かなのですが、「くさや好き」がくさやの臭いをかぐとヨダレが出てしまうように、スウェーデンの「シュールストレミング好き」は、この臭いを嗅いでヨダレを垂らしてしまうのでしょう、きっと‥。

缶を開けたところ缶を開けたところ

笑ってしまうのは、缶を開けた直後からどこからともなくハエが集まってきたこと。そりゃもうたくさん‥。食べ物があれば、どこからともなくハエはやってきますが、その集まり方が尋常ではない感じでした。やっぱり、おなじ「におい」という読み方をするにせよ、「匂い」よりは「臭い」と書くほうが似合っている感じです。

どこからともなくハエが‥どこからともなくハエが寄ってきます

思っているほどには臭くないかも‥ということで、さっそく試食。もちろん、この会主催の先生に最初のひと口を味わっていただかねばなりません。いきなりそのまま食べるのもナニなので、レジオンで買ってきた固いパンに、臭い消しの玉葱のスライスを乗せたものの上にひと切れおいて食べてもらいます。ニシンは半身なのですが、最初だからおそるおそる‥という感じで、小さくちぎって食べました。皮のせいか、箸で切れるような感じではなく手袋をした先生自身が手でちぎって分けました。


皆の視線が集まるなか、先生曰く‥あ!味は大丈夫。美味しい!

ホントかよ~。私も食べ物についてはチャレンジャーなほうなので、二番手を買って食べてみます。パンの上に小さくちぎってもらったものを乗せて‥。鼻をつまんで‥などという失礼なことはせずに、よ~く臭いを嗅いでみましたが、やっぱり臭い。魚を調理した後の内蔵などの残りが、翌日になって発する臭いという感じで、コレは食べ物であるという事前知識が無ければ、絶対に捨ててしまう臭いですよ。

でも、そんな程度のことにはめげずに食べてみましょう。だって、スウェーデンの人はこれを美味しいと言って食べるのでしょう?ということで、臆することなく食べてみたのですが、酸っぱいということではなくて、塩辛いです。塩分控えめ‥なんて、ふざけんな!とばかりの塩辛さ‥。でも十分に食べられる味ですね。

参加者に一巡したあとでも結構残っていたので、再度いただきました。今度は半身全部。

し、し、汁が指についてる~し、し、汁が指についてる~

結局、半身をふたついただいたので、丸一匹+αを食べさせていただいたことになりますか。事前に脅されすぎていたためか、意外と大丈夫だったというのが素直な感想ですね。もっとも塩辛いので、大量に食べられるようなものではありませんし、「これは美味しいから毎年食べましょう!」(毎年8月の第3木曜日が解禁日なのだとか‥)というのともちょっと違う感じです。

話のネタとして食べるというのには値段が張る(このひと缶で5000円だそうです‥先生ゴチソウサマ)のですが、臭いもの好きな人は、やはり一度は体験しておくべき臭いと味だと思いますね。いやぁ、本当に貴重な体験をさせていただいた先生には感謝です。ですが、最強の臭いをもう体験してしまったので、この後のチャレンジは見た目がヤバ気なものに行くしかないのでしょうか‥次の先生の選択はちと怖いかもしれません。

2009年10月17日 (土)
■ TESTACHフロッグ‥つかない

TESTACHフロッグカンチブレーキ相変わらず仕事が忙しくてCross Checkの完成が遅れております。今日も家での仕事に追われて、とても自転車に手を出すゆとりがありませんでしたよ。MR-4Fのタイヤの亀裂もそのままなので、早く買わなくてはと思っているのですが、いつも利用しているサイクルベースあさひでは来月中旬の入荷とのこと‥。Cross Checkが完成してしまえば、ゆっくりでも構わないので、まずはCross Checkの整備を早く終えよう。仕事のほうは来週の水曜日でちょっと一息入れられるので、1日くらい休んで一気に片付けてしまいたいです。

というわけで、今日の作業の話ではなく、先日の話なのですが‥。2007年の4月にブレーキを変えていたのです。TEKTRO製からIRD製に変えた後、ブレーキシューを一度変えて現在に至っています。IRDのブレーキに特別な不満があるわけではないのですが、各種部品の色を黒っぽくしたいという思いがありました。あと、カンチブレーキにはカンチブレーキ専用のシューのほうがやっぱり似合ってるという変なコダワリもありました。なので、TESTACHのフロッグカンチブレーキは、この2点を解消してくれる救世主だったのです。今回のタイミングよりも少し前に買い置きしておいたものです。

先日の整備開始の日に、IRDを外した後に仮装着しようとしたのです。そうしたら、穴が細すぎて台座に入りません。ちょっとキツいなどというレベルではなく、全く入らないと言ってもいいほどにキツい。穴の中がかなり傷だらけになってしまいました。TEKTROもIRDも何も問題が無かったので、TESTACHの問題だと思うのですよね。私の発注ミスなどというのであれば、仕方がないというのもあるのですがそうではない。値段も安くはない(8000円ちょい)ので、クレームしなきゃ‥と思っているのですが、それすらできていません。同じようなことで困っている人いないのかしらん。

2009年10月16日 (金)
■ 人工排気音って‥

ハイブリッド車人口音義務付けへ(2009年10月16日 読売新聞朝刊より)今日の読売新聞朝刊のトップには、2010年度予算の概算要求を各省庁が再提出した‥という記事が載っていました。一般会計の総額が90兆円半ばになる見通しとのことで、概算要求段階では過去最高額になりそうなのだとか。予算編成が遅れていることも影響して、新規国債の発行額が膨らむ恐れもあるとのことです。「公約だから‥」なんて意固地になってないで、金の掛かることは見送るとかすればいいのに。国民全員が公約の実現に期待なんてしてないし、そもそも賛成してないのも多いから。

そんな借金漬けの話題の影に隠れてひっそりと‥というほどではないけれど、やはり一面にこんな記事が載っていました。「HV車 人工音義務付けへ」‥だそうですよ。モーター走行が可能なハイブリッド車(HV)や、これから数が増えるであろう電気自動車(EV)は、モーターのみで走行している時に静かなので、歩いている人が「車に気づかずに危険」という指摘を受けてのことなのだそうです。減税だか何だかで、プリウスが急に増えたことが後押ししたのでしょうかね。モーターのみで走行可能なハイブリッドって、今のところはプリウスだけですよね?

まぁ、視覚障害者の方などは、確かに音が頼りっていうところもあるのは分かりますが、せっかく静かなのに、わざわざ音を出そうっていうのはどういうことなんでしょうかね。一応、エンジン音や排気音を連想させる音になるそうですから、違和感は少ないとは思いますが、変に耳につく電子音だったり、「車、走ってます‥」なんて喋られた日には卒倒しそうですよ‥。そういう車なんだから、人のほうが気づかずに避けてくれなくても、ドライバー側が根気よく待つ‥っていう方にどうして行かないかなぁ。そもそも、こういう危険性がある道路って、住宅地の中の狭い道路なんかの話でしょ?

2009年10月15日 (木)
■ カキムキ

オイスターナイフ(カキムキ)と牡蠣8月のあたまの頃に松原商店街に行って岩牡蠣を買ってきたことがありました。もうだいぶ前のことですが、冬に牡蠣をたくさん買ったか、お歳暮か何かでいただいたことがあって、その時に牡蠣の殻を開けたことはあります。付属していた殻を開ける道具があったはずなのですが、捨ててしまったようで見つかりません。なので、先の尖ったものを使って殻を開けようとしたのですが、ナイフ類ではないのでどうにもうまく殻の隙間に入りません。結構、悪戦苦闘して開けたので、やはりそれなりの道具が無いと厳しいかね~と思っていました。

その後、青葉台の楽々に行ったときにも(プロだから当たり前ですが)専用の道具を使われていて、いとも簡単に牡蠣の殻を開ける様子を見せてもらいました。それを見た私とカミさん‥こりゃ、食いしん坊なわが家だから、専用の道具くらいあってもいいでしょ?そしたら心置きなく殻つき牡蠣を買えるし‥と、咄嗟に思いましたね。それから少しして、かっぱ橋道具街に遊びに行ったのです。目的は特になく、面白いものがあったら買ってこよう!という感じで‥。その時に買ってきたもののひとつが、先日話題にした鬼おろしなのですが、もうひとつが今日の話題のカキムキ(オイスターナイフ)です。

これを買ったのは「つば屋」さんなのですが、牡蠣用の他に、あさり用、アワビ用、ミル貝用、赤貝用‥などがあってビックリ!とりあえず欲しいのは牡蠣用なので、写真のものを買ってきたわけです。その後、牡蠣を食べる機会が無かったのですが、ついにやってきました。ということで、早速使ってみたわけですが、先日の苦労は何?というくらい、あっけなく簡単に殻を開けることができました。先日の苦労は一体何だったのか‥。これならいくらでも開けられますよ‥という感じなので、殻つき牡蠣をいっぱい買ってこなくちゃ。みなさんもご家庭に一本いかがです?

2009年10月14日 (水)
■ タイヤが‥

MR-4Fのタイヤに亀裂が‥最近、時々話題にしているとおり、雨が多かったりインフル騒動で軟禁状態になっていたりして、自転車通勤率が下がる一方なのです。今週も会社に行く日は4日あるわけですが、そのうち昨日と明日はスーツのために自転車に乗ることができません。なので、今日と金曜日に乗れたとしても、今週は50%止まり。少しでも上向きにするためには、一週間の5日のうち4日以上は自転車に乗り続けなければなりません。そう考えてみると、この後にそのペースを保ち続けるのはなかなか厳しそうです。

というわけで、とにかく自転車に乗りたいので、夜に雨が降るという天気予報を無視して今日は自転車に乗って出掛けたのです(降られた‥)。ちなみに、相変わらずCrossCheckは完成しておらず、今日もMF-4Fに乗っての出社でした。しばらく時間がとれず、この先数週間は引き続きMR-4Fでの通勤かも。それはそれでいいのですが、今日、会社に行くときに嫌なものを見てしまいました。何だか分かりますか?写真の左下から右上にかけて写っている数字が書いてあるものは‥MR-4Fのタイヤです。そのタイヤのちょうど写真中央部分ですが、520という数字の2の上側が変でしょう?これ、タイヤに亀裂が入っているのです。うげー。

石か何かで傷をつけてしまったか。いつバーストしても文句を言えないので、早めにタイヤ交換をしなければいけません‥。自転車に少し詳しい人は知っているかと思いますが、MR-4Fに合うタイヤは非常に少ないので、入手自体が大変。価格はやや高いものの、シュワルベのDURANOにするかな‥と思っていたのですが、あさひでは欠品中の模様。純正と同じものという噂のGo-Garneauは価格は手頃なのですが耐久性に難アリという人が多い‥。どれを選ぶか困ってしまうというのも悩みですが、選ぶものが無いのも辛い悩みです。とりあえず、一度くらいはシュワルベを履いてみようは思うのですが、予定外の出費ですよ‥。

2009年10月13日 (火)
■ 天文ガイド

天文ガイド 2009年11月号(通巻549号)土曜日に友人Fが来た話は、昨日の鮎の話でも書きました。ちょくちょくココに出てくるその「友人F」なる人物は、中学校の同級生です(ちなみに昨日の記事にコメントくれた雅も同じ中学校の同級生)。そのFが、「これやる」と、うちに置いていったのが写真の雑誌。「月刊天文ガイド」という名前からして分かるように、天文関連書籍です。そういえば全然関係ない話なのですが、会社に入社早々、研修の休み時間に友人と一緒にCG誌を読んでいたら、「へ~、××さんって、コンピューター・グラフィックの勉強とかしてるんだ‥偉いな~」と、”勉強大好きだけど遊びは苦手”な感じのする秀才クンに嫌味(?)を言われたことを思い出した‥ごめんよ、単なる自動車雑誌だってば。

話が逸れました‥。私もFも(ついでに雅も)中学時代は天文関係に凝っている暗い‥もとい、サイエンス大好き少年たちだったわけです。他のみんなは知らないけど、その頃私は本気で天文学者になりたいと思って過ごしていたもの‥。大人になって、私も含めてみんな天文とは全く違う職業に就いているわけですが、昔のことを思い出したのか、Fは最近天体撮影に凝っているようです。そんなわけで、この天文ガイドなんかも購読しているようなのですが、何かの手違いで同じ号を2冊買ってしまったとかで、そのうちの1冊をくれたわけ‥。「久しぶりに見るとハマるよ~」と言われたけれど、フムフム‥なるほど面白いではないですか。Fの予言どおり、しっかり読んじゃったりしてます。

しかし、結構昔からずっとある本だよな~と思って、雑誌の裏を見てみましたらば‥「昭和40年8月17日第3種郵便物認可」とあります。ほ~、私が生まれて数年で出た雑誌なのですね。写真の2009年11月号が、通算549号ということで600号ももうすぐ‥。それこそ、中学時代はこの天文ガイド(略して「天ガ」)が、毎月の購読誌でしたね。あと、トランジスタ技術(略して「トラ技」)も愛読書‥何だか変な本ばかり読んでいたなぁと思うわけですが、今読んでみてもそれなりに面白い。この歳になって危険なのは望遠鏡の広告ページで、うわっ!ちょっと無理すりゃ、これ買えちゃうんじゃね?と、子供の頃には夢のまた夢だった望遠鏡が少し現実的な値段に見えること‥。う~む‥面白いんだけど、危険な本かもしれない。

2009年10月12日 (月)
■ 鮎の干物

鮎の干物連休はみなさん楽しまれましたか?私の場合は、昨日はみんなと飲みに行ったし、3日ともカミさんと姫と散歩に行けたしで、それなりに楽しく過ごすことができました。とはいえ、昨日も今日もかなりの時間を仕事に割いているわけなので、十分休んだぞ‥というのとはちょっと違うのですが。今日も、これを書いた後に仕事を少しせねば‥という感じでして、でも止めちゃおうかどうしようか決めかねているところ。今日いくら頑張っても完成には至らないので、どこまで出来ているのかということが少し違うだけ。だから、もう止めてしまってもいいんだけどね‥。止めちゃおうかな。

さて、これは土曜日の話。友人Fが遊びに来るというので、七輪ごはんにしようと思ってました。カミさんも私も準備が楽なくせに、意外と豪勢な感じがするので、七輪ごはんはお客様の時にも楽しめます。。ま、それなりに素材を用意するから、実際にも(値段的に)やや豪勢だったりするのですが、大したことはありません。この日は、夕方に雨が降るという予報だったので、果たしてどうなることかと思っていましたが、昼頃は天気がよかったので「できる」方に賭けたところ大丈夫でした。天気は安定していたし風もなくて最高の七輪日和でしたよ。あと、ひと月くらいすると寒くてキツくなるのですが、今年は炬燵でも出してみようかしら。

土曜日は、食材の調達のために、すみれが丘の魚吉という店に行ったのですが、これが正解でした。さすが、このエリアで一番いい魚屋と言われているだけあって、小さな店ながら置いてある魚がどれもすごい。どれもが食べたいと思わせる魚ばかりで、何を買おうか迷ってしまうほどです。今回は、刺身用の秋刀魚と、つぶ貝に牡蠣を買ってきました。それと写真の干物。これ、鮎の干物なのですが分かりますか?たぶん、魚吉のオヤジさんが作ったんじゃないかなぁと思うのですが‥。鮎の干物は初めて食べましたが、意外とイイ感じです。逗子の魚佐次にはなかなか行けませんが、すみれが丘なら簡単に行けていい‥かもね。

2009年10月11日 (日)
■ 飲んで歌って

川柳のもつ煮今日は三連休の真ん中。とてもいい天気になったので、お出掛けの人はさぞ気持ちのいい休日を満喫できたでしょう。この辺りも出掛けている人が多いのでしょう。昨日の昼過ぎに北山田のOKに買い物に行ったのですがガラガラでしたから‥。そんなことがわかるのは、もちろんわが家がこの連休に出掛けていないからでして、これだけ天気がいいとちょっとばかり悔しい感じもします。

じゃあ、お出掛け予定の無い人が集まって飲みにでも行くべ!ということではないのですが、今日は麦飯まま・ぱぱ夫妻とアンディーまま・ぱぱ夫妻と私とカミさんの計6名で飲みに出掛けました。場所はもちろん歩いていけるところということで、センター北。前回、原因不明の腹痛で途中退席になってしまった川柳というやきとん屋に行きました。港北阪急とLEXUSに挟まれたちょっと分かりにくい場所にある店です。

写真は最近始まったらしい、ピリカラもつ煮(そんな名前じゃなかったっけ?)です。体が暖まって美味しいですね~。素揚げ豆腐もサクサクで美味しい。他にも焼き物を片っ端から食べた感じなのですが、さっさと食ってしまって写真を撮り忘れた‥(もつ煮の向こう側にちょっとだけ見える)。すっかり出来上がった酔っ払い6人衆、コート・ダジュールすみれが丘店に行って、歌いまくって帰ってきました。お出掛けナシでも楽しいこともあるじゃん‥ってな感じ。また行きましょうね~。

2009年10月10日 (土)
■ ノーベル平和賞

ノーベル平和賞がバラク・オバマ米大統領に(2009年10月10日 読売新聞朝刊より)最近、新聞にちょくちょくノーベル賞の話題が出ていたので、もうそんな時期なのかと思ってました。日本人がノーベル物理学賞を取ったという話題も一年前の話になってしまったのですね‥。ところで、ノーベル賞って何賞があるんでしたっけ?あまり気にとめたこともなかったので、Wikipediaで見てみたら‥物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞、アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞(経済学賞)の6部門があるのだとか。経済学賞なんてのがあるんですね‥知らんかった。

そのノーベル賞‥今年は日本人受賞者がいないので、大きなニュースにはなっていないです。生理学・医学賞は、「テロメアとテロメラーゼによる染色体保護メカニズム」を明らかにした、エリザベス・ブラックバーン、キャロル・グレイダー、ジャック・ショスタクの3氏に、物理学賞は、「光ファイバーの技術研究」を先駆けて行ったチャールズ・カオと、「CCDの発明」を行ったウィラード・ボイル、ジョージ・スミスの3氏に、化学賞は、「リボソームの構造と機能」を明らかにした、ヴェンカトラマン・ラマクリシュマン、トーマス・スタイツ、アダ・ヨナットの3氏に決まっています。

そして、今日の新聞‥平和賞には、何と現米大統領のバラク・オバマが選ばれたのだそうです。現職大統領というところも驚きですが、平和賞に値すると思われる具体的な実績が出ているとは言えない段階での受賞にびっくりしました。おそらくオバマ大統領が実現しようとしている世界を「実現に向けて後押しする」期待を込めているのだと思いますし、私はそれでもいいと思っています。ついでに、これだけオバマ氏が世界中から注目を浴びるお膳立てをしたジョージ・ブッシュ元大統領もノーベル平和賞の影の功労者かもね‥と、皮肉っておいてあげましょ。

2009年10月09日 (金)
■ 青空

久しぶりに見た青空昨日の午後は晴れたけど、久しぶりに地下鉄終電に乗るほど帰り時間が遅かったので、天気がよくなったな~という実感がわきませんでした。晴れているから星も月も出ているんだけど、横浜の星空では「うわ~、キレイ!」なんてこともないので、やっぱり何となく晴れ晴れとしたキモチにはならないものです。仕事のことが頭を巡ってそんなキモチにはならないというのもあるんだけど‥。

一夜明けた今日。本当に久しぶりに青空を見た気がします。雲ひとつない‥というほどには晴れていないのですが、それでも青い空が見えるというのは爽快です。いや~、キモチいいですね。で、突然話が飛ぶのですが、青い色の街灯に犯罪を防ぐ効果があるとか、駅のホームの電気に青い色を使うことで飛び込み自殺防止になる‥などという科学的に証明されていないようなことがあちこちで行われています。でも、青空の下に立ってみると、そういう効果ってあるんじゃないかな‥と、思えてきます。キモチいいもの。

というわけで、今日は自転車通勤。一体、何日ぶりに自転車に乗った?というくらい、自転車通勤してないです‥。9月25日以来‥かな。おかげで自転車通勤率は急降下‥ま、しょうがないけど。久しぶりに乗ったせいか、台風が夏の気配を持ち去ったせいかわからないけど、今日は気温が下がって本当に秋らしくなってきました。これからは寒くなる一方だけど、自転車にはとてもいい気候になります。涼しくてキモチいいし、こんな青空でキモチいいし、やっぱり秋もいいねぇ~。

2009年10月08日 (木)
■ メーロー

台風18号が落とした枝昨日、夕方になって社内放送が響き渡りました。「台風18号は非常に強い勢力を保ったまま本州を縦断するコースをとっているので、明日の朝は交通機関の乱れに注意して、今日もできるだけ早く帰宅しろ!」‥と。口調はもっと丁寧だし女性が喋っているわけで、こんな乱暴な言い方ではないですけどね。ダイヤの乱れに注意しろって言われても、一体何に注意するんだよ!?‥ってな感じなのですが、とにかく強力な台風が近づいているから用心しろよと言いたかったのでしょう。少なくとも社内放送でこんなことを言うのは数年に一度程度なので、並の台風じゃないな‥ということは分かります。

でも‥そう言われても、そんなに早く帰れませんし、今週はとにかく忙しいですし。とはいえ、急な豪雨になったりしても嫌なので、今週の中では一番早くに帰宅したのです。それが昨夜のこと‥。予報によれば、この近辺は今日の午前中あたりが一番ヤバいらしいとのことでしたが、だからと言って何かができるわけでもなく、無事台風が通り過ぎるのを待つくらいしかありません。朝になる前に強風に伴う音などで起こされるかなと思いながら寝たのですが、起きてみたらすっかり朝になってました。と‥表は意外と静か。確かに雨は降っているけど、大した降りでもない‥。風はさすがに強いけれど、歩けないほどに強い感じでもない‥。

結局、私が家を出る頃には、雲が薄くなっている部分も見えたりして、さすがに風は強いものの雨がちょうど止んでいる間に駅まで行けました。会社側でも傘をささずに済んだので、強烈な台風が来た‥という実感が薄いままに終わってしまいました。よかった。この10年で一番勢力が強いと言われていた今回の台風18号‥メーロー(Melor)という名前で、インドネシア語で「ジャスミン」を意味する言葉だそうです。これが、19号になるとニパルタック(ミクロネシアで有名な戦士の名前)だし、20号だとルピート(フィリピン語で「冷酷な」の意味)だったりと、いかにも凶暴そうな名前‥。18号は優しげな名前だから、力が抜けたのかしら。もっとも、大きな被害が出ている地方もあるわけですから、名前に似合わず凶暴だった‥ということなんでしょうけどね。

2009年10月07日 (水)
■ ナマ録

SONY PCM-M10私はそれほどハマった口ではなかったけれど、中学生の頃はラジオをよく聞いていました。もちろん、ラジオ番組そのものも楽しんでいたけれど、ラジオそのものに入れ込んでいたということもあったと思います。懐かしきラジオ少年‥オタク(当時そんな言葉は無かったが)を名乗れるほどには詳しくなかったけれど、今ではその姿を見ることもあまりなくなってしまったカセットテープにエアチェックしたりして、機械の操作自体も楽しんでいたような気がします。その当時は、ちょっと大振りのラジカセと呼ばれていた「ラジオ+カセットデッキ一体型」の機械を買ってもらい、日夜録音に励んでいたっけ。

当時から「録音マニア」(当時はそう呼んではいなかったと思う)なる人種がいて、野外にカセットデッキを持ち出しては「ナマ録」と称して色々な音を録っては楽しむということをやっていた‥らしいです。私にはそういう経験が無かった‥はず。だって、持ち歩けるほど小さなラジカセではなかったし、音録り用のマイクなんていうものも持って無かったし‥。しかし、そういうことをやってみたいと思っていたことは事実です。音だけ録って何が楽しいの?と思う人も多いでしょうが、視覚以外で感じる風景・情景っていうのは、それはそれで面白いと思うのです。焚火の音なんて飽きずに聞けそうだもんなぁ‥。

時は約30年余を刻み‥そして、現在。通学カバンよりも巨大で、単一電池を6本も8本も飲み込んでいた当時のラジカセを今の技術で作ったら、驚くほど小型化するでしょうね。カセットテープに毛が生えたほどの大きさで作れてしまうかもしれません。デジタル技術も進歩したおかげで、録れる音のクオリティだって進化したことでしょう。そんな長足の進歩を感じると、あの頃はできなかったコトに何となく挑戦したくなってしまうもの。子供らの演奏を記録する‥っていう口実(?)のもとに、最新デジタル機器を手に入れちゃう!‥いいかも。もうすぐ発売のPCM-M10で楽しいナマ録生活‥何を録るのさ?という質問はナシね。

2009年10月06日 (火)
■ SONY Cyber-shot WX1

SONY Cyber-shot DSC-WX1相変わらず、買いもせずにカメラの話題ばかりですみません。今度は、デジイチではなくてコンデジの話です。いい加減にXacti CA8を動画専用カメラとして静止画像の世界から引退させてしまいたい(そしたらほぼ使わなくなっちゃいそうだが)のですが、状況が変わらないままズルズルと時間ばかりが経過しています。”ピン甘”画像コレクションはもういらね~と思っていながら、溜まる一方です。ホント、もう買わなくちゃ‥。我慢して使い続けるのも体に悪い。

カミさんも前からコンデジが欲しい欲しいと言っていたのですが、最近また急に欲しくなったようです。「B級☆麦飯定食」の麦飯ままもコンデジ買いたい~と言っているので、私も二人に触発されて、「やっぱ買おう」と思いをあらたにしている‥そんな感じ。で、カミさんのコンデジを探すためもあって、先週の日曜日は横浜のヨドバシに足を運んでみたわけ。カタログスペックも大事だけど、実際に触れてみて感触を確かめてみるというのも大事ですからね。使っていてイライラするようなカメラを買っても意味無いですから。

そこでカミさんが見つけたのが写真のSONY Cyber-shot WX1という機種。裏面照射型CMOSセンサーという「従来は難しくて量産できなかった」高感度の撮像素子を採用していて、基本性能がグッと高い感じがします。デジカメWatchのインプレッション記事でも結構高評価ですし、なかなかよさそう。ちょっと残念なのがシャッターボタンなどの感触が今ひとつなことですかね。冒険の無いカラーバリエーションも妙に地味だし‥。でも、気持ちのよい写真が撮れるのは間違いなさそう。カミさんのコンデジはこれに決定‥かもね。

2009年10月05日 (月)
■ 薄雨

曇り空昨日の天気とはうって変わり、今日からまた先週のような曇り空‥。天気予報も金曜日までは傘のマークが並んでいますよ。先週も自転車通勤を一切していないので、自転車通勤率は下降の一途をたどるばかりになってしまいました。今日も雨が降るというので、電車で会社に行ったわけですが、今日の時点で63%まで落ち込んでしまいました。今週もずっと自転車に乗れないとなると‥ううむ、あまりそういうことは考えたくありませんね。年間70%はかなり厳しい数字になってしまった気がします。下手すると60%切り?む~、それだけは避けたいところなんですが。

今日は昼過ぎまでは雨も降らずにいたので、昼ごはんの頃には「これは、自転車で来ちゃえばよかったかな‥」とも思っていましたが、夜にはしっかりと降り出してきたので、結局は電車で来て正解ではありました。それにしても‥よく降る感じです。降水量にしたら大した量ではないのかもしれませんが、絶え間なくシトシトと降り続いている感じがしますよね。もっとも、梅雨の頃のような蒸し暑くてジメジメした感じがしないだけ、過ごしやすくて助かりますが‥。いずれにしても雨降りの天気がずっと続くのは辛いところです。早く晴れて欲しい。

考えてみたら、夏前は梅雨があるわけですし、夏の後には「秋の長雨」などといわれる梅雨のような空模様が続く日があります。それが終わってはじめて、秋らしい空の高い晴れの日がやってくるわけですね。夏というのは雨にふちどられた季節‥。この雨が終わって本当に夏が終わったということになるのでしょう。梅雨に比べると固有名詞的な名前で呼ばれることも無い気のする雨ですが、Wikipediaによれば秋霖(しゅうりん)とか「すすき梅雨」などとも言われるとのこと。ススキなら‥薄雨(はくう)あたりが趣があっていいかも。

2009年10月04日 (日)
■ 横浜歩きまくり

みなとみらいにある日本丸先週一杯、昨日まですっきりとしない天気が続いていました。来週もまた、金曜日まではずっと天気が悪いという予報です。まるで梅雨のような天気が続いていますよね。もしかしたら梅雨以上?というくらい、すっきりとしない日々です。しか~し、今日は梅雨の晴れ間と形容するに相応しいほどのよいお天気になりました‥梅雨じゃないけどね。そんな、久しぶりに晴れた今日、横浜のみなとみらいにある日本丸メモリアルパークにて帆船日本丸吹奏楽演奏会2009があったので、行ってきました。

一番の目的はそれだったのですが、今日は久しぶりに天気がいいので、色々と欲張りな予定を立てました。まずは、姫をつれていつもの公園までお散歩。ここで犬仲間とお喋りをしたあとは、伊勢佐木長者町あたりでタイ料理でも食べようと、あまり調べもせずに現地調達ってことで地下鉄・バスの一日乗車券を買って向かいます。しかし、見かけたタイ料理店はみんな休み‥遅い時間の営業のようです。結局、目についたベトナム料理に変更。その後、野毛大道芸で賑わう野毛地域を通過し、日本丸に到着。今日は総帆展帆(そうはんてんぱん)といって、全ての帆が張られる日ということで、ご覧のとおりの雄姿です。

こんなにいい天気といいロケーションでの演奏はさぞ気持ちいいでしょうね~と思いながら演奏を鑑賞。その後はバスに乗って元町まで行き、歩いて山手234番館で行われていた知り合いのイベントに顔を出しました。その後、元町まで降りて中華街をぶらつき、中華街東門前からふたたびバスに乗って横浜駅へ。西口のヨドバシカメラに行って、そろそろヤバげな掃除機を物色したり、カミさんも欲しがっているコンデジを見たりして‥と、ほぼ歩きっぱなしの感じ。やっとセンター北に帰ってきたら、19時近くになってしまいました。いや~、横浜はさすが観光地。人が多いですね‥。たまには楽しいけど、やっぱり疲れますね。

2009年10月03日 (土)
■ 意外と疲れる自宅勤務

冬用ベッドに入る姫娘のインフルエンザ騒動に振り回された一週間が終わりました。毎日熱を測り、Excelファイルに記載して会社に提出という「そこまでやるか?」の作業も今日でやっと終わり。私の身には何も起きてませんから、来週からは普通に出社できるはず。でも、相変わらず秋雨前線停滞という感じ(つ~か、台風?)で、ずっとすっきりしない天気が続くようです。自転車に乗れないじゃん‥って、忙しくてCross Checkの改造が完了していないので、まぁいいか‥なのですが。でも、こう天気悪い日ばかり続いていると、ジテツー率が著しく低下してしまうのが困りものです。今はたぶん65%を切っているでしょう‥。

それにしても今日は変な天気の一日でした‥。昨日は夜更かししたので、朝がやや辛かったのですが、最近見たこともないようなキレイな青空に起こされたと思ったのに、あれよあれよという間に曇って雨まで降り出す始末。姫を散歩に連れ出すタイミングを逸してしまったので、PCを立ち上げてネット上をフラフラしているうちに昼になってしまいました。ああ、今日はもう何もやる気がおきないね‥ということで、(自分の気持ちの中では)何もしない日ということに決定!でもね~、やらにゃあいけないことがたんまりあるんですよ。もち、会社関係のことで‥。でも、今日は止める決意をしたので(という程でもないけど‥)、とにかく何もしません!

年末にはFF XIIIも出るから、さっさとXIIを終えておかなくちゃ‥と、やりかけのFF XIIを始めるも、始めた瞬間に眠くなってしまう始末。家で仕事しているとあまり疲れた気がしていないというのは妄想で、自転車に乗る時間もなくずっと頭を回転させているので、意外にハードワークであるということを実感。自宅勤務は思ったよりも疲れるのです。結局、午後は昼寝タイムになってしまい、夕方までガッツリと寝てしまいました。ああ‥あっという間に一日が終わってしまいました‥。来週はおそらく元の生活に戻れるので、昼間に姫のこんな姿をずっと見ていることも無くなってしまうのですね。そう思うとちょっと寂しいような複雑な気持ちです。

2009年10月02日 (金)
■ 元祖ファストフード

くじら軒で支那そばとチャーシュー飯やっと今週が終わりました。インフルエンザ騒動のせいで今週は自宅軟禁状態になっていたわけですが、私の仕事は自宅でも十分に可能なものなので、結果的に単に自宅で仕事をしているだけの一週間で終わってしまいました。仮に出社しないと仕事にならない職種であれば、強制的に休みになるわけで、そのための特別休暇も出るはずなんだけどなぁ。なんとも私の職種はイケてないのです。使い捨て部品のようにコキ使われる日々‥こんな職場でいいのか!?世間からNew 3Kなどと呼ばれて悔しくないのかぁぁぁ~!?と、疲れるとついグチのひとつも出てしまいますよ。すみません。

まる一週間自宅で仕事をしたのって、入社して以来初めての経験だと思います。初体験‥。会話を交わすことなく黙々と仕事をするのは結構苦痛ですね。メールやチャットがあるとはいえ、声の会話があると無いでは大違い。くだらない話をするだけにしてもね‥。そんな感じでとっても忙しい一週間がやっと終わりました。少なくとも年末までこの調子が続くのかと思うと先が思いやられますが、きっと楽しいこともあるはずだから頑張りましょう。というわけで、今日は金曜日だけど結構遅くまで仕事しました。カミさんも今日はとても忙しかったということで、宿題を残して無理やり仕事を切り上げた頃には21時半を回っていました。

「何食べよう‥」今日はもう外食で簡単に済まそうということになったのですが、なかなか微妙な時間です。車で出たこともあって、寿司とか焼肉のようなアルコール抜きでは苦痛な食べ物は嫌だし、疲れているので出来上がりまで待たされるようなものも辛いし‥ということで、いわゆるファストフードを。とはいえ、マクドナルドやケンタッキーのようなものはちょっとパスだったので、帰り道途中に近い「くじら軒」でもたまには行くかということに。さすがに雨の平日夜とあって、店内は貸切状態でした。待ち状態が無いのでスグにできて、食べ終わったときは22時よりずっと前。ラーメンって、元祖ファストフードだね‥っていうことを実感したのでした。