14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年12月31日 (木)
■ 締めのタラバまでバタバタ

生タラバ解凍中泣いても笑っても今日で2009年が終わりですね。みなさん、今年1年はどんな年だったでしょうか?私は‥今年は何だか忙しかったですねぇ。今やっているプロジェクトの下準備みたいなことを今年の頭頃にやっていたのですが、検討だけで「よもや始まらないだろう」と踏んでいたプロジェクトが開始になり、そのあとはご覧の状況です。もう、ホント忙しい。昨日も夕方からちょっとだけ会社のシステムに入って仕事したし、今日もこのあとホンのちょっとだけやると思うし‥。ま、もう少しすると軌道に乗ってくるはずだから、あと少しの辛抱‥と、思いたいです。しかし、年末年始がこんなに大忙しの年は初めてですね~。最初で最後にしたいところです。

プライベートのほうでは、これまたここには書けないようなことが色々とあって大変だったのですが、そちらもだいぶ落ち着いてきた感じです。来年は今年のようにバタバタづくしではなく、少しは心穏やかに過ごせると思います。あと!公私に忙しすぎてキャンプに1回しか行けなかったのは、今年の大いなる反省点です。来年こそはこれを何とかしたい‥し・な・け・れ・ば・い・け・ない!!ただ、自分の家の子供も大きくなってくると、小さな子供の喚き声とかが辛くなってくるので(歳取ったってことかね~)、キャンプ場が混雑する連休を避けて予定を組まなくてはならないかも。そうなると、自分はいいんだけど、一緒に行ってくれるみんなと予定をあわせるのが大変なんですよね‥。ま、それは来年に考えることにしよう。

さてさて、今日はこれから2009年の締めの炬燵七輪です!カミさんが「年内配達」を謳った「生タラバ」(とはいえ、もちろん冷凍モノ‥ボイルしていないというだけ)を今日のために買ったおいたのです。しかし、天候の問題だとかで北海道から横浜までの配送が予定より遅れてしまい、昨日到着するはずが今日の午後になるかも‥と言われる始末。冷凍されているから、直前に届いても仕方ないし‥と、ヤキモキしていたのですが、今日の午前中に何とか届き、ぎりぎりセーフ。最後のタラバまで、何ともバタバタな2009年でしたが、残りあと半日くらいはゆったり過ごそうと思います。みなさまにおかれましても、よいお年をお過ごしください。では、来年もまたよろしくお願いしま~す。

2009年12月30日 (水)
■ 年賀状

2010年年賀状今年の会社の勤務日は一応昨日で終わり。今日からは会社が制定した休日です。今年は例年のように、年末に有給休暇を消化するということもままならず、今年のうちに取得しないと消滅してしまう休暇が12.5日も残りました。これに、今年は勤務20年ということで、2日のオマケが付くので、14.5日‥これを捨ててしまったことになります。ガックリ‥。ま、そんなことを今更ウダウダ言っても何にもならないので、忙しいなりにどうしてもやっておかねばならないことをやりましょう。

ということで、今日は年賀状書き。年末の「大掃除」っぽいことなどは、基本的にみんなに任せて(というか、今年は大掃除っぽいことも無し‥という感じ)、年賀状の作成は私の役目。といっても、何も凝ったものではなくて、写真1枚に文章をズラズラと小さな字で書き並べるだけという、ここ数年来続いているスタイルを今年もまた続けるだけなのですが。最近では、新聞紙面も活字が大きくなっているので、今となっては8ポイントだと結構小さく感じるのは確かですけどね。ま、読んでくれてもくれなくてもいいのです。

年賀状の作成には、OpenOfficeとフリーのフォントを組み合わせて使っているので、特別なソフトは不要です。最近のお気に入りは「しねきゃぷしょん」という映画字幕風のちょっとレトロな雰囲気が漂うフォント。炬燵の「燵」の字と、熱燗の「燗」の字が対応していなかったけど、後で調べたら「燵」の増えてました。シマッタ!宛名のほうは、カミさんのPCに入っている住所管理ソフトでやっているけど、こちらもいずれフリーのソフトにバトンタッチかな。いやはや便利になりました。年賀状も何とか書き終えて、やっと年末らしい雰囲気になってきました。あと、1日で今年も終わりなんですね~。

2009年12月29日 (火)
■ Mini-ITX

J&W MINIX™ 785G-SP128MBわが家には今のところ3台のPCがあります。1台はずーっと前に買ったノートブックのタイプで、現在は子供用マシンということになっているけれど、旧式すぎて遅くて使い物にならないので、実際には使っていないのが実態。あとの2台はカミさんのマシンと私のマシン。どちらもNorthwoodのP4を使ったものだけれど、カミさんのマシンは私の最初の自作機に乗っていた2.4GHzのCPUを使っており、私のはP4の最後期にあたるHT 3.06GHzのCPUを使っています。メモリは共に1GBで、最近のマシンに比べると性能的にもだいぶ見劣りするようになってきました。動かないほど遅いということはありませんが、サクサク動作しないな~と感じることは時々あります。

Webとメール程度の用途にしかPCを使わない私とは違って、カミさんは自宅で仕事をすることが時々あります。同じWebでも、見るよりは見せる立場のほうのことをやるわけですから、私のように単にブラウザーが動けばいいというわけではなく、PhotoShopに始まって、IllstratorであるとかDreamweaverであるとか、名前は知っているけど私では使いこなせない‥というソフトを使いこなしています。いずれも独学でやっているところが凄いのですが、Illstratorあたりは私のほうが羨ましく思うくらいに使い込んでいるようです‥。そんなわけで、P4 2.4GHzでは辛いこともしばしば出てきており、来年にはPCを新調したいと言い出しました。

カミさんのPCも私のPCも、カミさんの実家のPCも自作機と呼ばれるタイプなので、自作機にアレルギーが無いせいか、次も自作機で価格性能比を高めて欲しいという要望のようです。しかし、リビングに置くものですから、なるべく小さいマシンが欲しいとのこと‥。そんな要望を満たすべく久しぶりに色々と調べていたら、無性にPCを組み立ててみたくなりました。カミさんはIntel系CPUを使ったPCが欲しいということで、オーソドックスなものになりそうですが、小さなPCにして欲しいということで、Mini-ITXのマザーで組んでみたいと思います。調べているうちに、私も次期PCをMini-ITXマザーで組んでみたくなりました。しばらく‥パーツ調査の楽しみが尽きない感じです。

2009年12月28日 (月)
■ 牛丼弁当

すき家の「牛丼1.5盛」一週間ほど前にご近所の犬仲間とセンター北で忘年会と称した飲み会をしました。麦飯パパとママと、アンディのパパとママと、じゅんこママと、私とカミさんの計7人。全員、飲んで騒ぐのが好きなので、飲み会を開催するための口実が欲しいわけですが(私だけ?)、年末は「忘年会」という素晴らしい口実があるので、飲みに行ったわけです。さんざん食べて飲んでの帰り道、何を思ったかアンディ・パパが請地の交差点にある「すき家」で牛丼を買ってくれたのです。そういえばそんなものもあったのね‥と、今更ながらに気づいたのですが、お持ち帰りできる牛丼弁当なんてものがあった。

その日は「もう何も食べられません‥」というほどに食べまくったわけではなかったので、家に帰ったあとにおみやげの牛丼を平らげてしまいました。「あ~、なんだか久しぶりに食べた牛丼は妙に美味しい」‥そんな気がして、妙に新鮮でした。その日以来、何とも牛丼が気になって仕方ないのです。天皇誕生日の前日である22日には、カミさんとそのお友達で青葉台の楽々に行っているというので、(自分の職場の忘年会は仕事を理由に欠席しつつ)仕事を少し早めに切り上げて合流したのですが、その帰りにもついつい牛丼を買ってしまいました。その日は、肉がやや多めという「1.5盛」というやつを買いました。

そして今日、カミさんと娘の3人で夕食を食べつくしてしまったので、自分の食べるものを帰りに調達してこいというお達しがカミさんからありました。もちろん、帰宅途中に食べて帰ってもいいわけですが、カミさんのメールには「すき家ででも何か買ってきて‥」とあったわけ。そう言われちゃうともう頭から牛丼が離れません。その結果、やはり帰り道のすき家にて「肉1.5盛牛丼弁当」を買ってしまいました。どうせ一人で食べるわけですから、店内で食べてから帰ってくればいいのですが、それでも思わず牛丼弁当にしてしまいます。テイクアウトの牛丼を自分の家で食べる‥何故?に答えられないのですが、しばらく流行りそうです。

2009年12月27日 (日)
■ 七輪新調

七輪本舗の「お卓の七輪」港北ニュータウンの地に引っ越してきて、ほどなく買った金属製の七輪。確か、センター南のオリンピックあたりで買ったような記憶があります。それともツブれてしまったアルペンだったしら‥。いずれにしろ、10年選手くらいにはなっているわけで、中の部分などはちょっと朽ちてきてしまった感じでした。まぁ、使っているときに壊れてしまったところで、何もかもがお手上げになってしまうほどに重要なものではないので、「そろそろ新調できたらいいね~」程度にカミさんとは話していたのです。今の日本では、七輪は生活必需品ではなく完全に趣味の品になってきてしまったので、それがかえって「どれを選んだらいいんだろ?」といった悩みに繋がっていたことは言うまでもありません。

それでも、大別すると「丸いもの」か「四角いもの」かという区分と、「金属製」か「非金属製」かという区分程度に分類できてしまうので、選択肢がありすぎて全く絞れない‥というほどではありません。今年の夏に、カミさんとかっぱ橋商店街に行った際に、色々な七輪が置いてある店を見つけたとき、ステンレス製のモダンなデザインのものや、小ぶりながら南部鉄器の火鉢のようなものがあって「ウチで使うならこれもいいかも」なんて思っていたのです。非金属系の七輪だと、ちょっとブツけたりしてすぐに割れてしまうんじゃないかと想像したりして。その点、金属製であれば少々手荒に扱ったところで、頑丈なんじゃないかなぁと思ってました。ところが‥金属製のものには大きな弱点があるのです。それは、熱が逃げやすい‥ということ。

それも暑い夏の時期は大したハンデにはならないのですが、寒い冬となると話は別。キャンプなどをする人であれば、この違いが大きいということが分かるはず。なので、今年から炬燵七輪にチャレンジし始めたわが家としては、金属製の「放熱性能のよい」七輪は外して考える必要がありました。その後、色々と悩んだ末にやってきたのが写真の七輪。七輪界ではかなり有名だと思うのですが、七輪本舗さんの「お卓の七輪」という名前の七輪です。これよりもオーソドックスな形状の「お外で七輪」のどちらにしようか迷ったのですが、常用している炭に結構大きなものが入っていたりすることもあり、開口部が若干大きな(でも七輪全体では少し小さい)ものを選びました。それが吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、なが~く使って行きたいと思います。

2009年12月26日 (土)
■ クジ運

UNIQLOのFLANNELシャツもう年末へのカウントダウンといった感じになってきました‥世間では。昨日あたりは「今年で最後です。来年もよろしく。」といった挨拶をされる方が多くて、純粋に「うへ~、もう年末かよ‥」と思ってしまったほど。今年の私は相変わらず世間とズレた感じの年末になっており、今日も色々と忙しい用事が目白押しの中にあって、「仕事」という用事が筆頭にあります。もう、いい加減勘弁して欲しいところなんですが、みんなが休みに入りだした今のうちにコソコソやっておくと、来年になってきっと楽になるので頑張るわけです。

とはいえ、ウチのことも色々とやらねばならないわけですが、大掃除だとかスモークづくりなど、毎年の恒例行事は今年は一切パスなのです。年賀状もパス‥というわけには行かないので、それは書かねばならないのですが、もう少し後にしよう。今日は、少し前に予約しておいた姫のトリミングの日です。さすがに、それはパスというわけには行かないので、11時の予約時間に合わせて姫を藤が丘まで連れて行きました。その帰りに、カミさんが「ユニクロに買い物に行きたい」というので、私も何か買うものはないかな‥と、店内を見て回ったのです。

冬用の長袖シャツがかなりボロになってきているので、何かいいものがあれば‥と思ったら、フランネルのシャツが990円で在庫処分してました。990円なら惜しくないということで、ちょっぴり遊んでみたのが写真の2枚。身頃の左右で生地を使い分けているなど、地味モノ好きな人は決して手を出さないようなものを購入。カミさんもズボンなどを購入したので、UNIQLO創業60周年記念の「くじ」を引いてくださいとのこと。そこで、カミさんが引いたら、何と1万円当選!商品券などではなく、1万円札をくれた!カミさん曰く、今年はクジ運がいい‥らしい。え~っ!じゃあ、年末ジャンボも買っておいてもらえばヨカッタですよ~。

2009年12月25日 (金)
■ 金銭感覚

鳩山首相元秘書起訴(2009年12月25日 読売新聞朝刊より)2009年のサラリーマンの平均小遣いは4万から5万の間くらいだそうです。わが家の場合は「小遣い制」をとっていないのですが、昼食も外食ではなくて通常は弁当持参ですから、月額にしたら平均より少ないはずです。会社帰りに飲みに行くことも稀ですので(札幌に行ったら毎晩飲んでるけど‥)、用途といえば雑誌類の購入やら、会社の売店で買うちょっとしたお菓子類くらいですかねぇ。ただ、小遣い帳をつけている‥なんてことはしていませんし、レシートが残っているなんてこともありませんので、いわゆる「使途不明金」っていうことになるのでしょうか。

さて、今日の読売新聞朝刊トップを始めとして紙面を賑わせたニュースがこれ。鳩山首相の偽装献金問題に絡み、元秘書二人がそれぞれ在宅起訴と略式起訴されたということです。首相は緊急記者会見を開いて陳謝したとのことですが、写真にあるように辞任は否定したそうな。民主党が野党だった時代に、与党だった自民党のカネの問題に対して、「秘書の罪は政治家自身がかぶるべし!」みたいなことを言っていたそうですが、自分の言葉が自分に跳ね返ってきたことになったわけ。結局、自民党の議員のように「秘書がやっていたことで‥」と、自分の責任ではないと言いたいようだが、それってどう?

まぁ、偽装献金も相当にヤバいと思うのですが、一連のニュースの中で驚いたのが母親から毎月1500万円にもなる資金援助を受けていたということ。資産家ってすごいですねー。いくら庶民感覚で‥などとキレイごとを並べ立てられたところで、そりゃ無理ですよ。私だって、毎月そんな小遣いもらってたら金銭感覚麻痺しますってば‥。しまいには「いくら真実を正直に話しても、この種の問題は、ご理解をいただけないと思う」と、「所詮、庶民には理解できるわけがない!」と開き直ったそうな。結局、いくらキレイごとを言っていても、偉くなった政治家は金まみれになっているということなんですね。

2009年12月24日 (木)
■ エアサスペンション

MR-4Fのエアサス12月の上旬から中旬にかけて一気に寒くなってきたのですが、ここ最近は少し横ばいの感じです。あまり風が強く吹いていないので、日ざしがあると小春日和の暖かい感じになりますね。こんな天気の日は、外で太陽にあたりながら暖かい飲みものを飲んでぼんやりしたいもの‥私の好きなシチュエーションのひとつです。それとは逆に、真夏の暑い日に照りつける日ざしを避けて、木陰で冷たいビールを飲んでぼんやりする‥のもいいけれど。(どっちもボーッとする‥っていうところが共通なんだけど。)

今日もそんな感じのいい天気なので、自転車通勤です。今年は11月頃にしばらく自転車通勤記録を付け忘れてしまっていたので、最終的な自転車通勤率がわからないのですが、終盤は出張も多かったのでおそらく60%を切ってしまっていると思います。さすがに50%は切っていないとは思いますが‥。まぁ、それはそれで仕方ないことだし、だからどうしたということもないですが。問題は、いつまで経ってもCross Checkができあがらないこと。なので、今日もMR-4Fなのですが、こいつのちょっと面倒なところはエアサスが付いていることです。構造上、エアサスは空気が抜けやすいので、頻繁にエア注入しないと駄目なのです。

写真がそれなのですが、こいつはポジティブ側(左上赤いツマミの左下の銀色のキャップ)とネガティブ側(中央右の銀色のキャップ)のエア注入口があり、両方に空気を入れてエア圧調整をします。調整をちょっとさぼってしまうと初期縮み量が増えて、自転車のジオメトリーまで変わってしまう(サドル位置が下がる感じになる)のです。だから、可能であれば毎日調整したいところ。MR-4Fもだいぶくたびれて来たので、そろそろ本格的にいじってやらないとなぁ‥と、思っていたら、何と帰りがけにパンク。急激なパンクでなかったので、空気を入れながら騙し騙し帰ってきたけど、タイヤ込みで変えないと‥一緒にエアサスも新調しちゃおうか?

2009年12月23日 (水)
■ XENIUS BRUT ROSADO

今年のクリスマス用(?)メニュー今日は天皇誕生日ということで、日本全国的に祝日‥らしい。ま、「祝日‥らしい」とは言っても、会社に行くことはなく一応は休んでいるわけですが。だから、祝日と平日との区別なく会社に行ってお仕事をされている方は、本当にお疲れさま‥と、声を掛けてあげたいところです(私に言われたところで嬉しいわけもないが‥)。とりあえず、休みの日の基本ということで、カミさんと姫と近所の公園へ行きました。そして、いつものように、いつもの犬仲間と楽しく談笑。ああ、やっぱり休日というのはいいものです。今日は天気もよくて暖かいので余計に気持ちがいい感じ。

午前中はまったりしたので、午後はスイッチを切り替えて仕事‥の前に、買い物に行かねばなりません。仕事も大切ですが、ふだんの生活基盤があってこその仕事ですから、生活を犠牲にしてまで仕事をするのは本末転倒(とはいえ、終えなくちゃいけない仕事なんだよね~)。ということで、大手を振って(?)吉祥へ行きました(そこかよ!)。吉祥も何となくクリスマス+年末の雰囲気が漂っています。で、XENIUS BRUT ROSADO(ロゼ)が本数限定で売っていたので思わずお買い上げしてきました。ロゼでない、XENIUS BRUTは時々飲んでいる好きなスパークリングですが、そのれのロゼとあれば飲んでみないわけにはいきません。

帰ってきて仕事をしたら、あっという間に夜。今日は毎年クリスマスの頃に食べている鶏でした。ここ数年はスキレットで焼いているわけですが、来年はツーバーナーを出してキャンプダッチで丸ごと焼くかね~、などと早くも来年の年末のことを話したり。で、肝心のXENIUSは。ちょっと美味しそうなスパークリングのときは、いただきもののRosenthalのパピルス・シャンパンフルートで飲むのですが、泡立ちのよいこのグラスで飲むと、さらに美味しく感じられることを差し引いてもいい感じです。一般的にロゼというとやや甘い印象を持ちますが、これはすっきりした辛口。現地でも大人気で、日本になかなか回ってこないというのも分かりますね。

2009年12月22日 (火)
■ 寒いのはキライでしゅ

2009年冬至の日の出姫でしゅ。最近、母しゃんは姫を置いて先に寝ちゃうのでしゅよ。母しゃんが言うには、「姫は早く寝ちゃうとひとりでお水も飲みに行けないし、チッコも行けないでしょ。だから父さんが帰ってきてから一緒に連れてきてもらいなさい」っていうことなんだけど‥。そういえば、姫がリビングでひとりで寝ていると、夜遅~くに父しゃんが帰って来ましゅね。父しゃんは夜遅くに帰ってきてごはんを食べてるので、姫もおなかがすいちゃうんでしゅよ。姫にもくれないと、父しゃん、またお腹が大きくなっちゃいましゅからね。

ごはん食べて、すぐ寝ればいいのに、父しゃんったらパソコンなんかつけて何か見てましゅ。「疲れた~」とか言ってないで、姫みたいにスグに寝ちゃえばいいのに。でも、父しゃんが忙しいおかげで、姫も朝はゆっくり寝ていられましゅ。父しゃん、ずっと遅ければいいのに‥なんて言ってたら、母しゃんに怒られた。でもね~、姫が母しゃんと父しゃんに朝起こされたときって、お外が暗いんでしゅよ。夜みたいなんでしゅよ。姫は暗いところがキライなんでしゅよ。そんなこと、母しゃんと父しゃんなら知っているはずなんでしゅけどね~。

と、思ったら、今日は「冬至」っていって、一年のうちでお日様が出ている時間がいちばん短い日なんでしゅって。父しゃんが教えてくれました。どうりで、朝、父しゃんが姫のことを無理やり散歩に連れて出るときも暗い感じがするんでしゅね。今日がいちばんお日様が見えない日なら、明日からはどんどんあったかくなってくるの?って、父しゃんに聞いたら、ちょっと違うんでしゅって。姫には難しくてよく分かりませんでした。姫は寒いのがイチバン嫌いなんでしゅから、早く暖かくなってくれないと困るんでしゅよ。

2009年12月21日 (月)
■ 青空とヒートテック

恩田川沿いにて~青空札幌から横浜に帰ってきて、なんだかスゲー寒いじゃん‥と、思ったこの週末。いや、もちろん実際の気温で比べたりしたら勝つ(負ける?)に決まっているのだけど、それでもこちらの感覚で言えば、横浜だって結構寒いのですよ。だから、今日の自転車通勤スタイルは、さらに冬仕様にしてみました。それは、ユニクロのヒートテックワッフルタイツをズボンの下に履く‥というもの。先日、カモ柄のものが売っていたので、ふたつ買っておいたのです。

私の自転車通勤スタイルは、自転車用に汗をかいてもいい服(冬でも少し暖かいと汗かきます)を着ているので、上下ともに自転車専用です。といっても、いわゆる自転車用ウェアではなく、普通の服。ズボンは裾をチェーンで汚さないように捲り上げているのですが、見た目のバランスから両足とも同じようにしています。なので、脛の部分が剥き出しになっていますから、あまりに寒いと辛いです。昨冬の自転車通勤では、タイツ的なものは結局履かずに済んでしまったのですが、今年は早くも履いてしまった‥と。

ヒートテックは暖かいということですが、このタイツは‥どうでしょう。特別に暖かい感じはしないけれど、ズボンの下に一枚あるのと無いのとでは大違いです。特に脛が剥き出しになっていないのが大きい感じ。別に今まで我慢していたわけではないのですが、「あ~、やっぱり暖かい‥次からは履いて行こう」って思いました。と、暖かさを感じつつの自転車通勤‥。どうです?この青空。背中から太陽に暖めてもらい、脚をヒートテックに暖めてもらい、キレイな青空を見て‥冬の自転車は意外といいものなのです。

2009年12月20日 (日)
■ 急に冬

霜柱一週間くらい前までは、少しは寒くなってきたとはいえ「やっと冬が来た感じになってきたか‥」くらいに構えてました。先週は、水曜日から金曜日まで寒い札幌にいたので、横浜に戻ったら「やっぱりこっちは暖かいな‥」と感じるに違いないと思っていました。ところが、横浜に帰ってきての週末‥昨日、今日と姫を連れてカミさんと散歩に出てびっくり。公園が霜柱だらけなのです。札幌に行く前は、霜柱どころか霜の気配もなかった感じなのに。

カミさんに聞いてみたところ、私が札幌に出掛けた水曜日頃から急に寒くなったそうです。気象庁の気温データを見ても、確かにここ数日の降下具合が著しいという感じがしますね。冬に冬らしいのは歓迎なのですが、どうしてまぁ、こうも急激なのでしょう。体のほうがついて行けないじゃないですか‥ね。昨日の夜はご近所の犬仲間と忘年会だったのですが、センター北まで行くのに寒いこと寒いこと。年末年始までまだまだ気が抜けないので、こんなところで風邪なんか引いてられませんから。

とりあえず、明日まではぐ~んと寒いようなので、特に明日の自転車通勤は寒くなりすぎないように注意せねばなりません。その後、火曜日からは少し寒さも緩むということですが、さすがにもう「いつ冬が来るの?」などといった疑問もわかないことでしょう。でも、冬が安定すれば横浜は天候も晴天で安定するため、朝の自転車は意外と暖かかったりするわけですが‥。そうはいいつつ、冬はそれなりに寒いですから、明日から気を引き締めて過ごすことにしましょう。

2009年12月19日 (土)
■ 2000万円

政府マニフェスト修正?(2009年12月19日 読売新聞朝刊より)民主党に政権交代して3ヶ月くらい経過するんでしたっけ?最初の頃は自民党とは異なる改革路線を次々と打ち出していた感じでしたから、色々と物議を醸し出すことはあったとしても、期待の声も大きかったのではないでしょうか。最近はややそういった目新しさにも慣れてしまったのか、新鮮味は薄れてきたのも事実です。

それだけではなく、色々な問題が出てきて(どれとどれが問題‥とは言いませんが)支持率も低下の一途だとか。あまりひどいと、政権「再」交代になっちゃったりしますよ。まぁ、難しい問題だらけなのは分かりますが、あんまり難しくなさそうな問題はさっさとカタをつけて進めて欲しいんですよね‥。そんな、進めたいのに進まないといった問題があるそうです。それが今日の新聞に載っていた記事。写真右側の「子ども手当」について。

なんでも、マニフェストで子ども手当を子どものいる全世帯に配る‥みたいなことを言っちゃったので、それが自分たちの足かせになっているらしい。予算は圧縮したいけど、所得制限つけて支給率が下がると公約違反になっちゃうし‥とかで、悩んでいるのですと。で、国民に何とか理解を得てもらおうと、2000万円の所得制限で調整中とか‥。バカじゃないでしょうか、この人たち。そもそも何のために実施するものなのかを考えれば明白でしょうに。

2009年12月18日 (金)
■ しばらくさようなら

飛行機の中からの夜景今回の出張は2泊3日。これくらいのスケジュールが出張にはちょうどいい感じです。キャンプに2泊3日は少し物足りないのですが、出張にはこれくらいの「やや物足りない感」が残ったほうがいいように思います。というのも、出張では一日中会議なので、夕方になると「もう勘弁‥」になってしまうから。今回は、もっと遅くまで会議したりだとか、後輩と飲み屋でもずっと仕事の議論(あまりに細かい話なので第三者は何の話か一切分かりません)をしたりだとかでクタクタ。

それでもとりあえず予定はひととおり消化できました。帰りに軽く一杯ひっかけて帰るのですが、いつもは空いている店が忘年会シーズンだかで予約がすごい。2人なんで入ることはできましたが、世の中の季節感とのズレを感じてしまいました。そうだよね~、来週はうちも忘年会があったような‥出られないと思うけど。飲み屋から外に出たら、雪が降り始めていました。今年の札幌は雪の降り始めが遅いようでしたが、さすがにこの週末以降は雪景色になりそうな感じです。

でも、先日書いたとおり今回の出張が一応最後なので、雪のシーズンに行くことは無いだろうなぁ‥。まぁ、最後の最後に雪に見送られた感じなので、ホンの少しは冬の北海道っぽさを味わったかな。電車で千歳に向かうにつれ、雪は降り方が強くなっている感じで、千歳の滑走路はたくさんは積もっていないものの、白くなっていました。いつもより、1本遅い飛行機で羽田まで‥離陸した直後にぐっすり寝てしまい、気づいたときには千葉上空でした。北海道も飛行機もしばらくさよなら‥次はいつになるかね~。

2009年12月17日 (木)
■ おめざめですか

おめざめですか飛行機に乗ることって、出張の際の羽田-札幌便くらいしかありません。今年の春に沖縄に行ったときは乗りましたけど、その往復以外は全部、羽田と札幌(新千歳)の往復のみ。羽田と新千歳の間は、飛行機に乗っている時間はせいぜい1時間半くらい。JAL国内便だと羽田起点は、羽田-石垣間が最長っぽくて、出発時間と到着時間の差が3時間半。国内線の路線を把握しているわけではありませんが、日本国内だと長くても3時間台といったところでしょうか。

春に行った沖縄では羽田と那覇の間が3時間くらいでしたので、羽田-新千歳間に慣れている感覚からすると、「やっぱり遠いのね~」という感じがします。3時間同じ席にずっと座っているのも何かと退屈ですから、本を読んだりするわけですが、やがてそれにも飽きてしまう。だから、何かの飲み物を配ってくれる機内サービスも、暇つぶしのひとつとして役立つかも‥という気がします。その機内サービス‥寝てしまっているときは、起こされるわけではなくてこんなカードが前席の背もたれのところに貼ってあります。

「おめざめですか」と‥。これは、JALのものだけれど、ANAも同じような感じ。他社も同じようなものがあるでしょう。羽田と新千歳間は時間的には短いのですが、最近は睡眠不足解消のために寝るようにしてます。というか、本や新聞を読んでいると眠くなってしまっていつの間にか寝てしまっているだけなんですが。だもので、最近はこの「おめざめですか」カードと仲良し(?)です。たかだかコーヒー1杯ですから、損した~!ということもなく、そのままです。カードももったいないから貼らなくていいんだけどね。

2009年12月16日 (水)
■ 今年最後の札幌

JAL503 7772007年にセンター南・北から羽田行きの直通バスが開通して以来、空港に行くのがとても楽になりました。それまでは、いったん新横浜まで地下鉄で行き、そこから空港バスに乗っていました。帰りは逆。それが、地下鉄に乗らずにバスだけで空港へ行けるようになったわけです。これは大きい。当然、時間のロスが少ないですから、6時台の飛行機にも乗れるようになりました。というわけで、今日もJAL 503便(6時50分発)の777に乗って札幌へ‥。

ここのところ、隔週で札幌に出張に行ってましたが、今回でとりあえず今年は最後。いえ‥今回のプロジェクトでは、とりあえず今回で出張が一段落ということになっているので、しばらく札幌は無いかな‥という感じです。まぁ、実際のところはどうなるか分かりませんけどね。いずれにしても今年は最後の出張であることは間違いありません。しばらく飛行機ともさよならなので、景色を楽しもうかと思ったけど、前回と違って雲に覆われていて地表が見えないところがほとんどでした。

東北は全域が雲に覆われているような感じでしたが、北海道に入るあたりから少し雲が減り、苫小牧や千歳のあたりは雲ひとつない晴天になりました。こちらもさすがに雪がうっすら積もっている感じの場所もありましたが、12月半ばとは思えない雪のなさでした。前回の出張‥つまり2週間前頃が、平年の根雪になる日って言ってたので、今年の札幌は雪が遅いようです。もうちょっと雪景色だったらなぁと思いましたが、スキーに来ているわけじゃないのだから、どっちでもいいか。

2009年12月15日 (火)
■ 痛ぇー

MR-4Fこれは昨日の話。写真はもうちょっと前のもの。もうちょっと前とは言っても12月に入ってからのものです。何だか田圃が青々しているように見えますが、雑草が生えているので実際に青々しています。と、田圃の話がしたいわけじゃないのだった‥。相変わらず自転車に乗れていません。今週も明日から出張なので昨日1日だけで終わってしまいました。ホント、近年稀に見る低ジテツー率。来年は回復できるかしら?

Cross Checkの整備も途中で投げ出したままになっていて、チェーンとブレーキが未装着の状態のまま玄関に置いてあります。埃かぶった状態になってきました‥。とりあえず、写真のMR-4Fがあるので、少ない自転車通勤の日はこれで走っているのですが。そんな自転車と縁のない生活が続いているせいかどうかは分かりませんが、昨日、自転車でコケました。いわゆる立ちゴケというやつ。ビンディング使っているわけでもないのに‥情けない。

状況はこう。会社の門に近づいたので走りながら社員証をポケットから取り出したところ、一緒に入れていたモノを道路に落としてしまったのです。戻って自転車に乗ったまま拾おうと下を向いて手を出したところ、激重のメッセンジャーバッグが背中から滑り落ちてモノを拾っている手のほうに来た。その衝撃でハンドルの向きが変わり、地面に足をついているほうと反対側に重心が行ってしまった‥。後はなす術もなく倒れるだけ。しこたま膝を打ちました‥痛ぇ~。

2009年12月14日 (月)
■ 冬らしく‥

今日の朝の空週末の土曜日は何かあった?と思うほどに暖かかったですが、夜になって炬燵七輪をやっている頃から風が出始めて徐々に気温が下がっていくのが分かりました。日曜日はさらにグッと下がって、土曜日とは最高気温が5度違ったようです。まぁ、それでも平年よりは全般的に気温が高いのでしょうかね。といった感じで、12月ももう半ばになろうというのに、寒さを感じることがあまり無いように思います。

とはいえ、先月に比べれば確実に寒くなっているということもあり、今日は自転車通勤のスタイルを変えました。変える‥なんてエラソーに言うほどのものではなく、季節の切り替わりの頃に着ている上着をちょっと中綿が入った感じの「もうちょっと寒いとき用」にするだけ‥。ホンの少しのことなのですが、これが意外と違うように感じるのです。写真は今朝の通勤時のものですが、こんな感じで日差しがあまりない日は、体感温度も低くなりがちなので、暖かいのにしてよかったと思いましたよ。

それに、今日は会社帰りの頃は風は強めだわ、冷たい北風だわ‥で、なんだかんだ言っても「いよいよ冬が来た」という実感がわきましたね。去年はこの風を感じたことがほとんど無かった(もちろん、実際にはあったのでしょうが‥)ように思うのですが、今日の帰りは北風の中をずっと風に向かって進んでいるように感じて、去年とは違うかも‥と、思いました。さてさて、今冬は一体どうなるでしょう。あまりに極端なのも困りますが、冬は冬らしく寒くなって欲しいとも思うのです。

2009年12月13日 (日)
■ おうち肉まん

肉まんと復刻ラガー〈明治〉今日は昨日に比べると気温が上がらない1日でしたが、それでも例年に比べると暖かいのでしょうかね?午前中はカミさんと姫と一緒に散歩に出たのですが、風さえ吹いていなければそんなに寒いという感じがしませんでしたからね。とはいえ、暖かいな~という程ではないので、姫はすでに「お散歩はキライです」モード。犬なのに散歩がキライでどうする?という感じなのですが、姫は寒いのが極端に苦手なので、これからしばらくは外で歩かなくなってしまうことも時々ありそうです。それでもお友達に会いに週末の散歩はできるだけ出掛けたいですが。

散歩から帰って午後イチは、お知り合いの家にちょっとお邪魔させてもらったのですが、その足でセンター北に寄って買い物をしてから帰ってきました。帰り道の途中、「この辺りもだいぶ景色が変わったねー」などと、カミさんと話しながら歩いていたのですが、何ごとも少しずつ変わって行くのね‥と、妙に納得しながら家に着きました。その後、昨日の続きを少しでも進めておきたいので、カミさんにはごめんなさいして仕事の続きをやりました。自分でも納得して、カミさんにも協力してやってもらっているので、自分のパフォーマンスがいい感じに発揮されているようです。人間、気持ちひとつでこれほどまでに変わるのか?という感じ。

そんな感じで家のことはカミさんに任せっきりになってしまっているのですが、仕事を頑張っている人へのご褒美(?)ということで、今日の夕食は手作りの「肉まん」なのでした。この肉まん‥粉をこねる作業は機械なのですが、その他全ては手作業です。今日は、この手作り肉まんと共にブルブルで買ってきたキリンの復刻ラガー〈明治〉をいただきました。ビールはともかくとして、肉まんを食べると冬になったな~と感じますね。他にもカミさん作の美味しいものはたくさんあるのですが、冬はやっぱり「おうち肉まん」なのです。ここ最近、「おうち肉まん」をあまり食べられていないような気がするので、早めにまた作ってもらいましょ。

2009年12月12日 (土)
■ ふろふき大根

ふろふき大根とこんにゃくいやぁ‥今週はあまりの忙しさに死ぬかと思いました。マジで。というか、自分で自分を追い込んでしまっていて、ちょっと追い詰められていたのです。でも、ふとしたキッカケで、自分を追い込むことをやめることができたので、急に気持ちが楽になりました。体は辛いですが、気持ちにゆとりがあるのと無いのとでは大違いです。でも、やらねばならない仕事を少しでも消化するために、カミさんと娘たちが買い物に行っている間は、会社のシステムに入って少しずつモノづくりです。モノができて行くのはとっても楽しいので、しばし辛い気持ちとはサヨナラできますね。

とはいえ、今日は一応休日なので、仕事ばっかりやっていたのでは社会人失格です。だから、午後少しだけ仕事はしましたけど、夕方になったらすっぱり止めて週末のお楽しみを‥ということで、今日も炬燵七輪なのでした。今日は朝のうちこそ昨日の雨で濡れていて寒々しい雰囲気でしたが、午後には気温が随分と上がったようで暖かい1日だったのですね。さすがに炬燵が無いと寒いでしょうが、風も弱いせいか冬という感じがしないほどに暖かかったです。もちろん、年明けにでもなればグッと寒くなるのでしょうが、これなら冬の間ずっと七輪を楽しめるんじゃないかと思ってしまうほど‥。

今日のメイン(という程の量は無いけど)は、タラバの焼蟹だったのですが、寒い時期は体を温めるために鍋もの的なものもよかろうということで、焼き物とは別に「ふろふき大根」と「こんにゃく」を煮たものをカミさんが作ってくれました。どっちも味噌をつけて食べると美味しいもの‥という感じの組み合わせです。写真のちょい左上の鍋がそれなのですが、これが大正解!おでんなども美味しいですが、寒いときは熱いものをフーフー言いながら食べるのがよいようです。この後、焼蟹を食べて、いただきものの焼酎(赤兎馬)をいただいて‥幸せ一杯。やはり、美味しいものを食べられる生活に勝るものは無い‥って感じですかね。

2009年12月11日 (金)
■ 蕎麦不作

「そばの里 ときわ」の「重ねせいろ」みなさんは、「蕎麦」と「饂飩」のどっちが好きですか?食べ方によっても違うだろうし、本場の旨いやつを食べ比べたら、甲乙つけがたいものがあります。私ももちろん、蕎麦も饂飩も両方とも好きですが、どっちかを取れと言われたら迷わず蕎麦を選びますね。その理由は、昨日書いたように学生時代に長野に行きまくっていたということと無関係ではないと思います。何といっても長野の蕎麦は全国的に有名ですからね。

写真はこれまた先週の日曜日(平日はネタ収集ができないもので‥)のものなのですが、会社にカレンダーを取りに行ったついでに寄ったそばの里ときわの「重ねせいろ」です。リンク先の説明にもあるように、長野県大町産の玄蕎麦(殻つきの蕎麦の実)を自家製粉して打っています。つなぎが多くてへにゃへにゃした蕎麦ではなく、蕎麦本来のがっしりとした味わいを楽しむことができるのでオススメです‥って、日々自転車で横を通っているのですが、実は初めて食べました。もっと早くに行ってみればよかった。

ところで、今年は蕎麦が大不作だそうですね。長野では蕎麦の種まきの季節となる7月下旬に雨が多かったことが原因だそうですが、北海道も例年の半分しか収穫量が無いということで、蕎麦店は外国産を使用するか、値上げをするかの選択に迫られているということです。外国産を使うと蕎麦がまずくなるとは思いませんが(本当のところは全く分かりません)、やっぱり蕎麦と言ったら長野‥なのですよね。少なくとも私の中では。なんて書いていたら、長野に蕎麦を食べに行きたくなってしまいました。

2009年12月10日 (木)
■ サクラが‥

サクラが‥私は大学生時代の、それも第二学年の冬に初めてスキーなるものを経験し、一気にのめりこんでいったわけですが、それも社会人何年目かくらいになると足が遠のいてしまいました。横浜あたりからだと、スキーに行くのもひと仕事っていうのもあるのですが、私にスキーの楽しさを教えてくれた人を亡くしてしまったのも大きいかな‥確か下の娘が生まれる頃だったから、もう14年以上も前のことです。とはいえ、たまには滑ってみたいと思うときもあるのですけどね。

だもので、最近は「雪だより」にもとんと疎くなってしまっているのですが、スキー場には雪が降ってないそうですね。これこそが地球温暖化の証拠である!と、言えるのか言えないのかはよく分かりませんが、少なくとも私が毎冬になると足繁く長野北部のスキー場に通っていた頃に比べると、ひと月ほど遅くなってしまっている感じ。スキー人口もスノボ人工も減少の一途を辿っているそうだから、気候変動との相乗効果(?)で営業を中止するスキー場も増えていくのでしょうか。

そんな暖かい冬を象徴するものかどうかは分かりませんが、それがこの写真です。これは、先週の日曜日に撮ったものなのですが、サクラが咲いている模様です。ちょっと小さくて見づらいですが、白っぽくポツポツとあるのがサクラの花。冬に咲く種類のサクラがあるのは知ってますが、この樹は春のいわゆるサクラの季節にも咲いている樹のような‥。来春のサクラの季節になれば、この樹が冬のサクラなのか春のサクラなのかがはっきりするでしょう。どの樹なのか覚えておかないと‥。

2009年12月09日 (水)
■ 忙しすぎ‥

緑道のせせらぎに積もる落ち葉仕事が忙しすぎてゆっくりしている時間も無い日々が相変わらず続いています。忙しい時って、もっと時間が欲しい‥と思うのですが、それほどまでに1日があっという間に過ぎて行きます。12月になったと思ったら、今日でもう3分の1が経過したような感じですし。例年、これくらいの時期になると、今年の年末は何日から休暇にしちゃおうかな~、などと休み前の「ちょっとしたウキウキ感」みたいなものがあるのだけれど、今年は一切無し。

なんでこんな忙しいかな~と、文句のひとつやふたつも言いたくなってしまうわけですが、言ったところではじまらないのが困ったところ。それでも言わせろー!い・そ・が・し・す・ぎ!!今年は入社20年目の特別休暇がもらえることになっているのですが、もらったところで使えない。特別休暇ではなく、年次有給休暇にしたって12日か13日くらい残っているはず。この調子だと、月末に1日取れればいいくらいか‥と。それでも下手すりゃ家で仕事になるし。

むか~しは、取得しなかった有給休暇って会社が買い取ってくれたなんて話を聞くのですが、いい時代だったんですね。その後、部下の休暇取得状況が上司の査定に響くことになって一時は休め休めとうるさかった上司も、査定と関係なくなった瞬間にだんまりですよ。休みとってゆっくりどこかに行きたいなぁと思っても、それはかなわないので、駅までは緑道を歩いてプチハイキング(プチすぎ‥)。プチじゃないハイキングにでも行きたいところなんですけどね~。

2009年12月08日 (火)
■ COP15 COPENHAGEN

COP15始まる(2009年12月8日 読売新聞朝刊より)今日の読売新聞朝刊の一面。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が、昨日7日にデンマークのコペンハーゲンで始まったということがニュースになっていました。COP15では、京都議定書(KYOTO PROTOCOL)に続く2013年以降の温暖化対策について話し合う場だそうです。約190カ国の代表が集まっているそうで、Wikipediaの国の一覧によれば、一覧に掲載されている国は全部で203カ国なので、かなりの数の国が参加していることになります。

議長国であるデンマークのラスムセン首相(写真右端)は、「強く、野心的で、公正かつすぐに実行に移せる合意を目指したい」と演説したそうです。力強いメッセージであるとは感じますが、実際に国際間合意としてうまくまとまるかどうかは非常に難しい‥。また、身近なところでは、鳩山首相が「温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減」ということを日本の目標として掲げたわけですが、この一見実行不可能では?と見られている数字がCOP15の結果にどう影響を与えるのかが気になるところです。

さすがに最近では、地球規模で削減しなければならない‥ということについては認識が揃ってきているように思いますが、誰がどれくらい削減を受け持つのか?というところで激しい綱引きになっている。「総論賛成、各論反対」の典型例のようなことになってしまった‥そう見ることも可能だと思います。COP15がどんな形で終わるのかはまだ分かりませんが、その結果がどうであれ、私たちは温室効果ガスの削減に努めなければならない。削減の努力があまり実感できないところがややもどかしいのですが‥。

2009年12月07日 (月)
■ 1日でも多く!

通勤途中にて‥落ち葉の中で先週は知り合いに不幸がありまして、その関係で会社帰りに直接寄るために月曜日はスーツを着て会社に行きました。火曜日から金曜日までは、今年のラスト前の札幌出張で横浜にいませんでした。というわけで、先週もまた全く自転車通勤をしない一週間として終わってしまったわけ。週末が明けて今週‥今週はたぶん一週間自転車通勤ができるはず‥なのですが、週間予報では既に週の後半があまりいい天気ではなさそうなので、乗れて3日‥でしょうか?

ということで、出張が多いためにここのところ自転車通勤率が上向くどころか下降の一途をたどっています。先週は0%だったわけだし、先々週も確か1日しか自転車に乗れなかったはずなので20%‥祝日を加味すれば25%ということになるけれど大差ないか。いずれにしろ、一時期からずっと単調減少の状態が続いているので、そろそろ50%も前半台に落ち込んでいるのは確実な情勢になってきました。まぁ、それでも3000kmは超えているとは思うけど、5000km台には行きたいところなので全く足りていない感じです。

これだけ自転車に乗らない日が続くと、「乗っていないのが当たり前」の世界に落ち込んでしまうところが怖いですね‥。確かに電車通勤なら「ボケーッ」としていても大した問題は起きませんが、自転車通勤ではそうは行きません。体を使い、回りの状況に気を配り、大げさに言えば五感を総動員して‥いや、少なくとも味覚は使ってなさそうだから四感かな‥走るわけです。そうやって、色々な意味での体のバランスが取れるので、自転車(通勤)は止められません。今年も残り少なくなってきましたが、1日でも多くペダルを漕ぎたいところです。

2009年12月06日 (日)
■ カメラが撮るもの

昨日と同じ紅葉なのですが‥昨日は久しぶりに早寝をして体力が回復した‥気がします。FFだってドラクエだって、宿に泊まって寝ればしっかり体力回復しますものね。ちゃんと寝るのは大事なのです‥。昨日は昼頃から雨が降って天気の悪い1日でしたが、今日は昨日とは打って変わってよい天気でした。日差しはあっても寒いんじゃ‥なんて思った私が大間違い。昨日と同じ格好で姫と散歩に出たら暑い!北風ピューピュー吹いて寒すぎるのも辛いけど、あまりに暖かいのも心配になってしまいます。

さて、今日は昨日の曇天が嘘のような晴天になったわけですが、2日連続で同じ公園に散歩に出たこともあり、昨日の写真と同じような構図で同じ被写体を撮ってみました。昨日の写真に比べると被写体の紅葉への寄りが若干弱いのですが、写っている方向やおおよその被写体は昨日のものと同じです。なんか‥見事に違う写真ですね。ちょうど逆光になってしまって露光云々といった問題もあるとはいえ、これが同じ樹を撮ったものであるとは誰が思うでしょうか。私ですら「違う樹撮ったかな‥」と思いますし。

これは、写真がそれだけ「本質を切り取っていない」‥あるいは「本質を切り取れない」ことの表れではないでしょうか。確かに写真はそのときの「モノの一面」を切り取ってくれるでしょうが、それが「そのモノが持つ本質的なもの」であると思っては大きな間違いである‥と。天気の違いがどんな違いになるのかと、ちょっと思い付いて撮ってみただけなのですが、ここまで違うとは驚きでした。今後は、そういうことを頭に描いた上で写真を撮ってみたいと思います‥。早くデジイチで撮り比べてみたいトコロ‥なのです。

2009年12月05日 (土)
■ そうだ 京都、行こう。

近所の公園の紅葉昨日はカミさんも帰宅が遅かったということで、私が家に着いた23時半頃は全員起きてました。洗濯物を出して風呂から出たら、「やっと帰ってきた感」に包まれました。冷やしておいてもらったワインを飲んで、カミさんとひとしきり仕事関係の話題で盛り上がります。子供が小さい頃はカミさんも専業主婦化していましたが、今はフルタイム・ワーカーですので、仕事関係の話でも色々と盛り上がる内容はあるのです。眠いといいつつ、結構夜更かししてしまいました。

一夜明けた今日‥今日は何も仕事をしないし、何も考えないで過ごすことにします。本当は気合を入れて仕事をしたいところですが、メリハリつけないと駄目なので、今日は敢えて何もせず‥を誓います。今日はイマイチの天気らしいけど、午前中は雨の心配は無いということで、ご飯を食べた後はカミさんと一緒に姫の散歩に出掛けました。すると、先週はあと一歩の感じだった紅葉が、見事に進んでいました。夏の間は他の木々と同じ色合いで区別が付かなかったのが、驚くほどの違いになっているのです。

前にも書いたかもしれないのですが、紅葉って晴れの日よりもむしろ曇りの日のほうがよく似合う気がします。青空がバックになるとコントラストがきつ過ぎるからだと思うのですが、曇天のほうがやわらかい感じがして好きです。で、この色合いを見るとつい思い出されてしまうのが、結構古い「そうだ 京都、行こう。」という、JR東海のキャッチ・コピー。どこへ?‥という明確な目的地は無いのですが、紅葉を見ると中学校の修学旅行以来行ったことが無い京都へ何故か行きたくなってしまうのですよね。

2009年12月04日 (金)
■ ライブカレー

Live Curry出張帰りに使っている飛行機はだいたい20時くらいの便です。なので、札幌で一杯引っ掛けてから‥とか、新千歳空港で空弁を食べたりするので、こっちに帰ってきてから晩メシという感じではないのです。でも、第一ターミナルの到着ロビーを出ると、鼻をくすぐるカレーの香りがずっと前から気になっていました。立ち食いではないけれど、バスの待ち時間にささっとかき込む程度のスピード感の店っぽいので、特別に美味しいってわけでもなさそう。

それでも、この店はずっと前から気になっていたのです。第一ターミナルに全ての航空会社が入っていた頃からあったのではないかしら。第二ターミナルが完成して、ANAがそちらに移ってからは、カレーの香りにそそられる‥ということも無かったように思うのです。しかし、JALの利用が強制されるようになってからは、第一ターミナルを利用するようになったので、札幌から戻ってくると到着ロビーに漂うカレーの香りに胃袋が反応するというわけ‥。だから、いつかは食べてみようと思っていました。カレー大好きだしね。

今日も向こうで少し飲んでから帰ってきたのですが、今日は千歳での「ちょっと一杯セット」は我慢して来ました。3泊4日の疲れから、離陸直後から着陸直前まで爆睡したので、羽田に到着した頃にはちょっとスッキリ。一緒に行った後輩はバスとの連絡がよく、私だけ30分ほど空港で待つハメになってしまいました。時間もあるし小腹も空いたし‥ということで、食べてみましたLive Curry(ライブカレー)。食べたかったチキン卵が売り切れだったので、同じ値段のポークを選択‥650円也。長年の念願が叶ってよかったです。味はもちろん値段相応ってことで‥でも、時々食べたくなるんだろうなぁ。

2009年12月03日 (木)
■ ちょっと一杯セット

ちょっと一杯セット出張中は、当たり前ですが全て外食です。朝も昼も夜も。若い頃は朝食抜きに近いようなことも多かったですが、今はガッツリ食べています。時々、二日酔いっぽくてイマイチ食欲無し‥ということもあるけれど、食券は事前購入しちゃっているので食べてます。味噌汁飲むとやっぱり落ち着くしね。昼はみんなと仕事場近くの店に行きますが、おやじ連中が多いのでソバ屋に行くことが多いです。

夜はもちろん「ついでに一杯」になりますから‥いや、正確に言うと飲むほうが主体かもしれませんが、最近では魚にするか焼き鳥にするか‥くらいの選択しかしてませんね~。たまにはラーメンでも食べようか‥と、思うときもあるのですが、やっぱり飲み屋に入ってしまう。かといって、飲んで食べた後にさらにラーメンを食べよう‥ということもさすがにやらなくなりました。

その代わり‥というわけでもないのですが、ホテルに帰る途中でコンビニに寄って、ちょっと一杯セットをつい買ってしまうということはしばしば。今日の写真は前回の出張帰りに新千歳空港で買った「ちょっと一杯セット」ですが、ホテルに帰って着替えてから、新聞を読みつつ一杯‥っていうのはよくやってます。この一杯の前に風呂に入る余裕があるとさらにいい感じですが、風呂は明日の朝にしよう‥になりますね。

2009年12月02日 (水)
■ ホテル選びの優先順位

ホテルの室内出張中はホテル住まいです。今回も狸小路のドーミーイン札幌アネックスにお世話になっています。もう何年も札幌出張時の常宿になっているホテルで、何といっても風呂がいい。でも、アネックスの風呂は、先月から男湯と女湯が入れ替わってしまい、イマイチになってしまいました。何が駄目ってインテリアが落ち着かないのです。サウナもミストサウナでぬるいし‥。だもので、狸小路をはさんで向かいにある本館の風呂にわざわざ入りに行っています。

そろそろ違うホテルでも試してみるかなぁ‥とも思うのですが、次回の出張のあとはしばらく出張が無いだろうから、新しいホテルを探してみる気にもなれず、おそらくこのままでしょうね。ホテル選びの基準は何かというと、第一優先は風呂です。いつでも入れる大きな風呂があること。各部屋に申し訳程度についている小さな風呂は、もう入る気になれません。サウナが付いていればなおよし。二番目は、和食の朝食が食べられること。ここのホテルは両者が合格点なのです。

ホテルでのプライベート・スペースとなる部屋については、それほどのコダワリはありません。どうせ寝るだけのところなので、ゆったりしている必要もないし、同じ程度の価格帯のホテルであれば大した違いはないし。あ、エアコンが駄目なので、切れることは重要ですね。これから真冬にかけて、エアコンで暖房をかけないと部屋の中が寒くなるのですが、少なくとも寝る間は切ります。でも、いまどきのホテルならエアコンを切ることくらいはできますよね。だから、部屋はどこでも大差ないですかね。