14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2010年01月06日 (水)
■ 青空と蝋梅

蝋梅年が明けてからおだやかな天気が続いています。大晦日の強風は何だったのか?と思うほどに風が無いですし、しかも天気がよいと来ています。なので、自転車通勤がとても快適です。仕事のほうはあいかわらず忙しい状況が続いているので、会社を出るのが「日が変わってから」というような感じなのですが(なので、これもリアル日記じゃなくて遅れて書いてます)、夜も風が無い感じなので非常に楽です。自転車に乗っている人はよく分かると思いますが、風の強い日に自転車で走るのは、大変疲れるのですよね。

夜の寒い時間でさえ快適なんですから、朝の通勤なんて天国ですよ。あ‥もっともそれは私の出社時間が遅いからであって、日の出とともに家を出るような感じだと寒くて辛いかも‥です。とにかく、私が朝自転車で走っている頃は、日差しの暖かさを感じられるくらいになっていますので、無風に近いような状態だとホントに気持ちいいです。恩田川の川沿いを走っているあたりは、背中側から暖められて走るのでホンワカしていい感じ‥。思わずペダルをゆっくり回してユルユルと走ってしまいます。

ゆっくり走っていると色々なものに目が行くのですが、今日気が付いたのが写真の蝋梅(ろうばい)。昨日も一昨日も咲いていたはずなのに、全く気が付きませんでしたよ。年末はそれこそパンクした24日が自転車での最終出勤だったので、そのときはさすがに咲いてなかったと思いますが‥。本格的に冬が来ると殺風景になりますが、そんな中で周囲に暖かさを振りまいているような感じです。薄い黄色の花と、ジャスミンを思わせるほのかな香りが何とも言えません‥。青空との色合いの対比もいい感じですね。

| Top |