14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2010年11月30日 (火)
■ SEIKO BRIGHTZ Ananta SAEK003

SEIKO BRIGHTZ Ananta SAEK003RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/7

さぁ、今週は「時計週間」ということにしておきましょうか?(笑)つい、一週間ほど前に「Sinn 103 meisterbund II」というドイツ製クロノグラフの話題を出しました。日本向けのスペシャル・モデルで限定 80 本の販売。限定モノに弱い私には、世界中で 80 本しか存在しない‥なんていうのは、コロッと逝ってしまう「殺し文句」なのです。で、殺されないように(=買ってしまわないように)写真をわざと白黒なんかにしているのですが、赤色がうまく使われた文字盤に非常にソソられるわけです。個人的には黄色の差し色が好きだと思っていますし、黄色に惹かれることが多いのですが、最後は赤にやられる(=選んじゃう)ことが多い。

で、Sinn のほかにもカッコいいメカニカルウオッチは存在しないだろうか‥と、買えるアテもないのに買うつもりになって探したりしています。傍から見るとおかしな趣味(?)ではありますが、こうやって欲しいものを探している時は非常に楽しいものです。みなさんも経験あるでしょう?そんなことないですかね‥。で、一昨日、横浜のヨドバシでカミさんが時計を買った時に、ついでに色々と見たのですが、SEIKO のコーナーでちょいと足が止まる。「国産のやつはどうもデザインがチャチな感じがして‥」などと、失礼な先入観いっぱいだったのですが、どうしてどうして‥最近の時計はなかなかカッコいいのもあるじゃないですか。

そのひとつ‥写真の SEIKO BRIGHTZ Ananta SAEK003 というモデルは、針に赤を使ったりしてカッコいい(写真は白黒にしてます)。まぁ、meisterbund II に比べれば赤の使い方が大人しすぎるので、ちょっと地味という気もしますが、なかなかの存在感です。それに、高けりゃいいってものでもないですが‥結構お高い‥ああ~、買えん。他にも SEIKO BRIGHTZ PHOENIX SAGK015 という「ダイヤルが漆塗り」という真っ黒モデルもカッコいい。これで赤がうまく使ってあったらノックアウトだったかも‥ですが、金というのがもう一歩か。でも、カッコいいですよ。今や、Made in Japan のほうが正確に動作する‥かもしれないし、意外と狙い目なのかも?

2010年11月29日 (月)
■ 名前って‥難しい

常用漢字が増える「呪」「怨」も(2010年11月29日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/570

うちのカミさんの名前‥ここに書くのはさすがに控えますが、漢字ではなくて「ひらがな」です。それは、カミさんの両親が「ひらがな」にしたかったからではなくて、本当は漢字にしたかったのだけれども、カミさんが生まれた当時は人名として使える字に含まれていなかったというのが理由だそうな。何故、人名として使えない字なのか、その正確な理由は分からないのですが、漢字の意味を調べてみると、中には必ずしもよい方向に捉えることができない意味もあったりして、それが人名に使えない文字とされていた理由なのか?と、思ってしまいました。だとすると、昔の日本人はよくよく考えていたのかな‥とも思ってしまうのです。とはいえ、そんなに珍しいような名前でもないのですが。

それに比べて今の日本人はどうしちゃったのでしょう?現在の戸籍法では、常用漢字は人名として使用できる漢字に含まれているそうですが、その常用漢字として、2004 年に一旦はパブリック・コメントにより採用が見送られた「とても人名として相応しいとは思えない」字が、このたび復活するのだとか。写真の下にあるような文字がその一部。自分の名前の一部としては使って欲しくない文字が並んでいるとは思いませんか。古来、日本人は言葉にさえ魂が宿ると信じてきたわけだから、人々が忌み嫌うような名前を子供につけようなどとは思わなかったはずなのに、言葉の意味は軽んじられ、「悪魔」などという名前を付けようとしたお騒がせな親が出てきたことは記憶に新しいと思います(その親は今どう思っているか是非聞きたいところだけど‥)。

国は不適切な名前の基準を示しておらず、出生届けの受理判断は自治体に丸投げしている状態。その状態で、こんな文字を追加しようと思った意図は何なのか?とはいえ、認められている文字を使った名前を、役所が不受理にする権限は無いと私は思います。せいぜい「こういう意味に捉えられるから考えなおしては?」と促すのが精一杯ではないかと思うのです。むしろ、音の響きがよいからといって、早世(そうせい)と書いて「さよ」と読ませたりするほうが親としては罪深い気もしますし、役所も素通しでは?つまり、漢字の表面的な意味だけを捉えて騒ぐようでは、子“供”やら障“害”者と同じ「言葉狩り」に通じるものも感じるのです。ここはやはり、名づけ親側が賢くなって「変な名前はつけまい」と思いとどまるような、親予備軍への教育が必要なんでしょう。

2010年11月28日 (日)
■ CITIZEN クロスシー

CITIZEN XCH38-8934RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/5

昨日はそこそこいい調子で飲んだので、今日はちょっぴり朝寝坊。二人の娘らは、起こさないでおくとずっと寝ていたりするのだけれど、上の娘はさすがに「ヤバい」と思っているのか、私とカミさんが起きた時間には、既に起きて勉強(?)してました。ま、その調子で第一志望に行っておくれ。第一志望に受かればきっといいことあるからね。逆に下の娘はあまり無理をしないことにしたので、余裕ぶっこいて寝まくってます。油断しすぎて落ちないように。ま、落ちたら落ちたで自分のせいだから。

今日はとりたてて用事があるというわけではないのですが、カミさんの実家に行くことにしてました。カミさんが午前中に出掛けていたので、午後になって一緒にカミさんの実家へ‥。途中、横浜に寄って昼食を食べるついでに、ヨドバシに行ってみました。ヨドバシに行く用事が特にあったわけではないのですが、カメラ見たりとか、時計みたりとかしたかったので。ま、カメラはともかく時計は専門店ではないので、それこそ数日前に話題にした Sinn meisterbund II が売っているわけはないのですが‥。

予想どおり、Sinn はほとんど無し。やはり時計専門店に行かないとダメですね‥なんて思っていたら、カミさんが「時計買おうかなぁ」と言い出しました。ですが、今日急に言い出したわけではなくて、しばらく前から時計が欲しいと言ってたのです。ということで、今日は結局買ってしまいました。それが写真の CITIZEN XC (クロスシー) というタイプ。XC は電池交換要らずのエコ・ドライブなので、カミさんのようにたまにしか使わない人でも「あ‥止まってる」ということにならずに便利だと思います。

2010年11月27日 (土)
■ 風除け

七輪の風除けRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/9

だいぶ冬らしい感じの気候になってきました。紅葉も最終ステージといった感じで、もうしばらくすると落葉樹はすっかり冬の佇まいになるでしょう。それもそのはず‥来週になると 12 月になってしまうのですから。師走ですよ師走!年末はすぐそこという感じで、「あ~、今年ももう終わってしまうのか感」が徐々に近づいてきているのが分かりますね。来月になると週末には飲み会だとか、違う飲み会だとか、別の飲み会だとか‥要するに色々と用事(飲み会ばっかじゃん!)が入ったりするので、七輪もしばらくの間はおあずけの気配です。ということで、今日の晩ごはんは、七輪を出しての焼き物‥なのでした。

かつて、冬の間は七輪の出番は無かったのですが、炬燵を導入してから冬の間も可能になりました。しかし、寒い時期の七輪にはもうひとつ大きな問題がありました。それは「風」です。冬の季節‥昼間はぽかぽかと暖かくて静かな日でも、夜になると風が出ることが多い。もちろん、風は冷たいし、七輪の熱を奪います。いくら炭の力が凄くても、風がぴゅーぴゅー吹いているのでは、焼き物なんてできないのです。なので、夜になったら風が吹きそうか、吹いたとしてどの程度の強さなのか‥を予想することが大事です。予想はなかなか難しいですが、昼間から風が強いような日は避けるのが賢明です。もちろん、昼間が静かだとしても、天気予報で北風が強くなる‥なんて言ってたらやめたほうがいいでしょう。

風の弱い日にうまく当たっても、無風というのは稀です。たとえ僅かな風でも、風は熱を奪います。ということで、炬燵七輪用に風除けを造りました。既成サイズの板を 4 枚買って、一枚を切って底面と天板にした(サイズの関係上、天板は小さい)だけのチャチなものなのですし、雑に作ったら若干歪んでしまったりと、情けない造りです(笑)。さらに、いつも使う真鍮釘の合うサイズが無かったもので、銅釘なんかにしちゃったものだから、一本ブチ曲げてしまったし‥。ま、用途が用途なので、細かいことは気にしないことにしましょう。ということで、写真はその風除けに覆われた七輪です。これだけのものですが、あるのと無いのとは大違いですね。収納場所の問題がありますが、炬燵七輪の強い味方として活躍してくれるでしょう。

2010年11月26日 (金)
■ JAXA i

JAXA i の LE-7A エンジンRICOH GX200 24mm ISO154 F3.6 1/26

今日はカミさんの用事に合わせて休暇を取得。今月に入って 3 日も休暇を取っているわけですが、このペースで休暇を取得できたとしても、年末には一週間分近くの有給休暇を捨てる羽目になります。まぁ、年末は少し多めに取れるかと思うので、5 日未満には持って行けるかな‥。昨年ほどの酷さは無いと思うので、少しはマシといったところでしょうかね。で、今日は出掛けたついでに東京まで行ってきました。お目当ては、丸の内の OAZO 内にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)の広報施設である情報センター JAXA i です。写真は JAXA i の内部でして、被写体になっている機械ちっくなものは、LE-7A というロケットエンジンで、地上燃焼試験に使ったホンモノです。

ここでも時々話題にしておりますが、天文関係のことは大好きですので、宇宙開発関係の話なども好きなのです。なのですが、JAXA の広報施設が東京駅の目の前にあるということは、割と最近まで知りませんでした。私と同じように、最近になって東京のど真ん中にこんな施設があるのを知った方も多いことと思います。それがなぜ‥最近になって知るようになったのか‥みなさんもご存知のとおり、民主党の事業仕分け第 2 弾によって、JAXA i の廃止が決まったからです。無くなってしまうのであれば、その前に一度くらい見ておかなくては‥とね。何たって無料ですし。場所は東京駅丸の内北口にほど近い「丸の内 OAZO」というビルの 2F にあり、地下通路直結で行くことができます。

私のように考えた人は多かったのでしょう。廃止決定後には、それ以前に比べて来場者が 4 倍になったといいます(この日も、子供からお年寄りまでそれなりに来場者がいましたよ)。つまり、皮肉にも民主党が JAXA i の PR をした‥というわけ。確かに素晴らしい一等地にありますので、年間 9600 万円という費用も止む無し‥なのでしょうか。ただ、最近は「はやぶさ帰還」で有名になったとはいえ、まだまだ知名度が低い宇宙開発‥広報活動という点からも、「もっとたくさんの人に見てもらう」という何らかの努力は必要ではないでしょうか。民間でないと、そのあたりの貪欲さが出ないのでしょうか‥。でも、そうやって国民から広く支えられれば、ナントカ副大臣あたりに「廃止だ」なんて言われずに済んだかもしれないのに‥。

2010年11月25日 (木)
■ 昭和45年11月25日

昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃(中川右介著 幻冬舎新書 ISBN978-4-344-98185-0RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/60

昭和 45 年 11 月 25 日‥西暦で言えば 1970 年 11 月 25 日‥。今からちょうど 40 年前にあたる、40 年前の今日‥みなさんは何をしていたか覚えていらっしゃるでしょうか。もちろん、満年齢が 40 歳に満たない方は、そもそも生まれてないわけですから、覚えているとか覚えていないなどというレベルではないでしょう。私は 1963 年 8 月(昭和 38 年 8 月)生まれですから、1970 年 11 月といえば満 7 歳になってから 3 ヶ月少々が過ぎたという程度です。すなわち、ちょうど小学一年生になった年‥。小学一年生‥入学直後のことは少々覚えているのですが、入学から半年後のことは全く覚えていません。

その‥今日からちょうど 40 年前に当たる今日‥日本を代表する作家が大きな事件を起こします。当時、ノーベル文学賞を取るとまで言われていた作家が、私設軍隊を率いて自衛隊市ヶ谷駐屯地にて自衛隊総監を人質にとり、自衛隊の決起・クーデターを促すもこれに失敗し、同志一名と共に割腹自殺を遂げた事件がありました。その事件の首謀者は、日本人の多くの方が名前だけは聞いたことがあるであろう三島由紀夫氏だったこと‥さらに、彼の私設軍隊が「盾の会」という名前だったことから、この 40 年前のクーデター未遂事件は、三島事件とか盾の会事件などと呼ばれているそうです。

40 年前の事件当時、日本中が大騒ぎになったそうです。今の時代ではあり得ないほど、人々は三島を語り、あるいは敢えて黙したのだそうです。その、長いようで短い 11 月 25 日を、三島氏以外の人々が語った言葉で綴っているのが写真の本です。他人の言葉によって三島由紀夫氏本人を浮かび上がらせる‥古典的な手法なのかもしれませんが、私としては非常に面白い内容でして、最後まで一気に読めました。最初に書いたとおり、私は三島由紀夫氏のリアルな記憶は全くありませんが、40 年前に自決などせずに今の時代まで生きておられたら、一体何を口にするかは非常に興味のあるところです。

2010年11月24日 (水)
■ 年末調整‥を完全自動に!

保険料払込証明書RICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/270

サラリーマンのみなさ~ん、年末調整の書類は出し終わりましたかー?私、年末調整書類を出すのをすっかり忘れていて、今日やっと会社のしかるべき部署に送付したばかり。もちろん、期限的に問題は全くないので、今日出したところで何かが起きるというわけではないのですが‥。で、この年末調整の時期に合わせて、あちこちから写真のような「保険料払込証明書」なるものが送付されてきます。私の場合、給与引き落としで保険料を払っているものがほとんどなので、このような証明書が送られてくることはあまり無いのですが、こういうのをいくつも受け取っている方も多いのではないでしょうか。

で、年に一度の年末調整ですし、大した作業じゃないといえばそれまでですが、この年末調整という作業って「めんどくせ~なぁ‥」と毎年思ってしまいます。大事な作業なので、面倒なんて思ったこともないという方も、これまた大勢いらっしゃるとは思いますが、私はものぐさなものですから、毎年この書類を出すのが面倒でイケマセン。それを言ったら、書類を出す側ではなくて受け取る側の方が「果てしなく面倒くさい」と思うのですが、税務署職員の方‥年末調整の書類を審査したりする作業(そんなことやらんのか?)って、激しく面倒じゃないですか?書類のチェックなんて、時間掛けてやる仕事じゃないですよね。

ということで、私は毎年年末になるといっつも思うのです‥。納税者番号制度でもさっさと始めていただいて、この手の情報は勝手に集計して勝手に処理していただけたらいいなぁ‥とね。もちろん、申請が紙ベースからオンラインに変わる‥なんていう「システム化した意味がない」仕組みだったら要りません。そうではなくて、保険の契約などをした際に納税者番号を教えておけば、後は国と保険会社の間でよろしくやってくれる‥というレベルを期待します。納税者番号制度などというと、プライバシー云々と反対の声ばかり聞こえてきそうですが、真の「ワンストップ・サービス」が提供されるなら、私は大歓迎なんですけど‥。

2010年11月23日 (火)
■ Sinn 103 meisterbund II

Sinn 103 meisterbund IIRICOH GX200 24mm ISO154 F3.6 1/3

先日、わが家に遊びにきてくださった R さんご夫妻は、ここではちょっと披露できないネタも多いのですが、あらゆる話がメッチャ面白くて素敵なご夫妻です。その R さん曰く、「K さん(私のこと)は、いっつも欲しい欲しいばっかり言っていて、ブログを読んでいる人たちは、一体いつになったら買うんだよ~?と、ヤキモキしてますよ」‥なのだそうです。かつては物欲大魔王の異名をとった私ですから、私が欲しいと思うものが無くなった日には、それはきっと私が死んでしまった日に違いありません。それくらい、アレも欲しい、コレも欲しい‥と、欲しいものを挙げていったらキリが無い状態なのです。

それでも、最近は私もだいぶ歳をとってきましたので、若い頃に比べれば欲しいものが減っているなぁ‥と、自分では思うのですが(笑)。いや‥歳をとって本当に手に入れられるものなのかどうか、手に入れたからといってそれだけで満足しちゃうんじゃないか、などを冷静に判断できるようになった証拠なのだ‥要は大人になったのだと、よい方向に考えておきましょう。実際のところは、欲しいとは思っていても、後々のことを考えると何でもかんでも買っちゃうわけには行かないわけなので、買いたいけど買えない‥というのが本音なんですけどね。じゃ、とりあえず今年は年末ジャンボでも行っときますかね‥一等でも当たっちゃえば、当面、欲しいものを買いこめるでしょうし。

その数ある欲しいものの中で、いくつあってもきっと満足しないものがあります。それは‥時計と鞄と靴。面白いことに、時計の中でも「ちょっと簡単には手が出せないな~」と思う値段のものが定期的に欲しくなるのです。それは機械式の時計でして、いわゆる有名どころでは安くても 10 万円台から、高いのになるとそれこそキリがない‥というほどに高いのまであります。さすがに、キリの方(ピンの方‥か)を買いたいとまでは思わないのですが、100 回くらい背伸びすれば買えるんじゃないかしら‥と思う、やや現実的な値段のものはちょっと無理して買いたくなります。で、今欲しいと思っているのが、写真の Sinn 103 meisterbund II でして、税込み価格で ¥309,750 です。日本限定 80 本というのが、これまた購買欲をソソるわけですが、悩んでいるうちに売り切れるだろうから‥安心(?)なのでした。

2010年11月22日 (月)
■ いい夫婦の日

沖縄みやげのお猪口RICOH GX200 24mm ISO109 F2.5 1/30

夫婦とは‥ネットの goo 辞書によれば「婚姻関係にある男女の一組」のことを言うそうです。婚姻とは‥同じく goo 辞書によれば、「結婚すること。夫婦となること。」の他に、「男女の継続的な性的結合と経済的協力を伴う同棲関係で、社会的に承認されたもの。法律上、両性の合意と婚姻の届け出によって成立する。」という意味があるそうな。さて、今日、11 月 22 日は「いい夫婦の日」だそうで、goo 辞書での言葉の定義を字面どおり捉えれば、婚姻届を受理されている方だけが本日の対象となるらしいです。ま‥この際そんな細かいことはどうでもよくて、私などは「二人で支えあっている人たちの日」でもいいんじゃね?と思うわけ。

だいたい‥夫婦の日って何だか胡散臭いですよね。そもそも、いい夫婦の日というのは 1988 年に財団法人余暇開発センターが「夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイルを提案」した結果、11 月 22 日を「いい夫婦の日」とすることを提唱したのが始まりだとか。「感謝と愛をバラに込めて贈りましょう」などというキャンペーンテーマに至っては、花屋の組織と結託してんのかい!と、毒づきたくもなるというものです。それに‥パートナー・オブ・ザ・イヤー 2010 というのが、これまたブッたまげた!何だかとても怖いんですが‥(汗)。な~んて‥外野が悪口を言ったところで、二人で支えあっていればよいわけですから、大きなお世話!ですよね。

翻って自分はどうなのさ?となると、う~ん。私は感謝してますけど、カミさんはどうなかなぁ‥。で、話は飛ぶのですが、さだまさしの関白宣言(古ぅ~)という歌の三番‥に、自分の嫁さんに対して「俺より先に死んではいけない」と言う部分があります。これ、私の父方の祖父母が地で行ってたのですが、祖父が亡くなって一週間後に祖母も他界しました。祖母は入院して認知症もかなり進んでいたので、祖父が亡くなったことは知らなかったはずなのですが‥もう同時と言ってもいいほど一緒に亡くなりました。私は若いながら「夫婦っていいなぁ」と感じたことが昨日のことのように思い出されます。

2010年11月21日 (日)
■ ゴロゴロ日曜日

人間の晩ごはんを眺めている姫RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/3

昨日はね‥あまりにおかしな話が連続して飛び出すので、ホントに笑い死ぬかと思いました。笑い死ぬ代わりにいつものように酔いつぶれてしまった‥という、オチなのですが。いや、ホントに楽しかったです。さすがに飲みすぎ~という感じでしたので、今朝は思いっきり朝寝坊。目が覚めては寝て、ちょっと寝ては覚める‥の繰り返しだったのですが、結局 11 時近くまで寝てしまいました。いや~、こんな朝寝坊は久しぶりです。朝寝坊すると、たいていは損した気になるのですが、今日はそれもなく。

寝坊して起きて驚いたことは、下の娘が片付けから洗濯物干しから、一切の家事を済ませていたこと‥。ん?一体、何があったのだ?正気か?と、思ってしまうほどでしたが、本人曰く「やることが無くて暇だったので‥」だそうな。確かに定期テストが終わったばかりで取り急ぎやることも無し‥とはいえ、上の娘なら考えられないような役立ちっぷり。こりゃ、来週から朝寝坊三昧ですな‥などと、しょうもないことを考えてしまったりして。そんな感じで今日はもう半分ツブれてしまった感じのスタートでした。

結局、今日はどこへも出掛ける気になれず、家の中でゴロゴロする(と言っても、寝てはないですけど)一日になりました。実を言うと、本屋くらいには行きたかったのですが、ネットをふらふらしていたら夕方近くになってしまったので、「今日は姫のお風呂だし、今から出掛けちゃうとなぁ‥」と諦めたのです。そんな感じで、今日はどこへも出掛けずに終わってしまいました。せっかくの休みがぁ~、なんて思いますが、明日一日仕事をすれば明後日はまた休みですし、ゴロゴロ日曜日もたまにはいいもんです。

2010年11月20日 (土)
■ 大掃除

家の掃除RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/60

一昨日書いたように、ここ最近何となく気の早い「年末気分」になっています。年末といえば大掃除!というのは皆さまも異論の無い(?)ところかと思いますので、今日は大掃除をすることにしました。というのはウソでして、今日は夜にキャンプ仲間が遊びに来てくれるので、失礼のないように‥ということで、午前中のうちから掃除をしたのです。家事には様々な種類がありますが、水周り以外の掃除は私の得意分野なのです。だから、カミさんも私に掃除をやらせてくれるわけでして、掃除機がけは休日の私の大事な仕事のひとつになっていたりします。ま、イチバン楽な家事ともいえるので、あまり偉そうには言えないですが。

で、これまた一昨日も書いたように、昨年の年末は忙しさのあまり仕事以外のことがまったくできなかったわけです。つまり、年末恒例の大掃除もできなかったわけでして、大掃除直後の「いつもよりサッパリした感」を昨年末には味わっていない。じゃあ、今日は昨年末の分を取り返すべく、いつもよりちょっと念入りに掃除機がけをしてみようということにしました。なんて‥ちょっと大げさに言ってみただけで、隅とか端とかの「いつもは手を掛けない」ところを念入りに掃除するだけなんですが。可能であれば毎回同じことをやればいいのでしょうが、意外と時間が掛かってしまうので、気合が入らないとやる気にならないのも事実なのですよね‥。

ということで、端っこを念入りに吸出し中。ふつう、壁と床の境の部分には、巾木(はばき)と呼ばれる帯状の部材を貼ります。巾木には、壁の仕上げ面を守るという役割があるのですが、わが家には巾木がありません。いくら同系色の巾木を選んだところで、「別のモノが付いてる感」は払拭できないので、巾木そのものをつけずにサッパリとした感じを出したつもり。ま、リフォーム代をケチった‥というのが正直なところかもしれませんが。で、巾木が無いので、その隙間部分に結構な量の埃が溜まるのですよね。一体、どこにこんな埃があるのだ?と不思議に思うほどに掃除機の中が埃で一杯になりましたが、おかげさまで「いつもよりサッパリした感」を味わうことができました。

2010年11月19日 (金)
■ LADA NIVA

LADA NIVARICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/133

今日は前から予定してあった用事があったため、有給休暇を取得して会社はお休み。休みなんだけど、自宅で仕事をちょこっとやったりして、休みなんだか休みじゃないんだかよく分からない感じだったりして‥。用事は午後の早い時間だったのですが、30 分も掛からずに終了‥何とも拍子抜け。帰りがけに northport の ACADEMIA に寄り道したところ、BE-PAL を買い忘れていたことに気づく。最近、定期的に買っている雑誌はコレだけになってしまったのですが、いつも発売日を忘れていて後から気づいてばかりいます。まぁ、ひと月飛んでしまっても困るようなものではないので、買い忘れてもどうってことないですが。

というわけで、BE-PAL を買ってきてパラパラと見ていたところ、写真のコイツを見つけたのでした。あ~、そういえばこんな車あったよね‥の、LADA NIVA です。Wikipedia によれば、1977 年に製造を開始したそうなので、30 年以上も前の設計ということになります。そんな昔の車なのですが、驚いたことに現在でも製造されている!これだけ長い期間製造されているわけですから、改良が続けられています。最新型では BOSCH 製のインジェクションを搭載しているそうで、古い車だからメカ類も古すぎて使い物にならない‥なんてことはなさそうです。古めかしさがウケて‥かどうかは分かりませんが、ドイツあたりでは結構な人気なのだそうですよ。ホントかどうかは知りませんけど‥。

私も歳を取ったせいか、最近の自動車はどうにも好きになれないものばかりで、古めかしい自動車のほうが心惹かれるのですよね。何ていうのかなぁ‥自動車って、もっとワクワクする乗り物のはずなのに、最近のモデルはそれが無いんですよね。特に日本車は‥。そんなワガママな私の気持ちに、この LADA NIVA はグサッと刺さるのでありました。先日話題にした RANGE ROVER evoque は、最新型としてはカッコいいわけですが、もしかするとコイツのカッコよさには負けるかも‥なんて思ってしまいます。しかも、こいつのサイズなら駐車場も全く問題なし!なんだけど‥最大の問題はミッションが 5MT なこと。カミさんも免許取るときには MT を運転したはずだから大丈夫なはずなんですけどね‥ダメ出し食らうだろうなぁ。

2010年11月18日 (木)
■ 気の早い年末気分

桜の落ち葉と MR-4FRICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/125

今週はさほどの量ではないとはいえ、ちょくちょく雨降りの天気だった気がするので、今日は何だか久しぶりに晴れたような感じがします。そんな印象を強く感じさせてくれたのは、家を出て自転車で走り出した瞬間に「寒っ!」と思ったこと。気象庁発表の統計情報を見てみると、実際には今日から急に寒くなったというわけではないのですが、日が照って暖かそうなのに顔に当たる風が急に冷たく感じられたものですから、昨日までとは違う?と思ってしまいました。上着の布地を通して肌に当たる風もちょっと冷たいし‥。でも、そろそろ上着も真冬仕様でしょうかね。

考えてみれば 11 月も後半ですから、寒いと感じるようになるのも当たり前かもしれません。まぁ、今日は寒いと感じたとしても、しばらくの間は気温が上がったり下がったりという感じなのでしょうね。ちなみに、今シーズンの冬は‥気象庁によれば平年並みの気候だそうですが、最近は暖冬傾向が続いていますから、「平年並み」の感じ方さえアヤシイ限りです。自分の感覚なんて、とてもとてもアテになりませんから。ま、いずれにしろ、この後はだんだんと冬型の天気が安定するようになってくるはずですから、自転車通勤も続くでしょうか‥と、思ったら来月は飲み会続きですね。

いやぁ~、それにしても早い。もうすぐ 12 月ですよ。すぐに年末年始ですよ‥って、ちょっと気が早すぎるのでは?と、思われるかもしれません。思い返してみますと、昨年の今頃から始まって今年の春までは仕事でボロボロの状態が続いてましたので、昨年の年末は年末らしいことも全くできませんでしたし、本当にヒドかった。だから、今年は昨年に味わえなかった分も含めて(?)年末年始気分を二倍味わってみよう‥なんて思っちゃうわけ。なので、まだまだ 11 月が終わるまでには日がありますが、キモチの上だけでも「今年ももう終わりだねぇ」なんて思いながら、自転車通勤を楽しんでおるわけです。

2010年11月17日 (水)
■ 所得制限見送り

子ども手当て所得制限見送りへ(2010年11月17日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/64

「鉄は熱いうちに打て」という諺‥になるんですかね。鉄というのは熱して鍛えることで、色々と有益な道具などに変化することから、これを人に転じて「若くて考え方などが柔軟なうちに、しっかりと教育しなければならない」であるとか、「好機(熱いうち)を逃さずに、しっかり対処(打て)しなければならない」といった意味で使われているかと思います。元々は、英国が発祥の言葉で‥"Strike while the iron is hot." から来ているそうなのですが、これを単に「そのまんま和訳」しただけじゃん!と言ったところです。で、オリジナルはさらに「熱くなるまで打ち続けろ」といったニュアンスが続くそうですが、実際のところはどうなんでしょ?ちなみに、私はてっきり「鍛冶職人が発した言葉に違いない」‥などと思い込んでました。

個人的には「好機を逃すなよ!」的な意味でこの言葉を使うことが多いのですが、今日の朝刊一面を見たときに逆の意味でこの言葉を思い出してしまいました。「ほ~ら、さっさとやらんから、(熱かった)鉄が固まっちゃったじゃん」‥と。同じ話ばっかりしてるけど、一体いつになったら決まるの?‥とも。朝刊一面とはいえ枠としてはさほど大きくなく、情報量としても大したことないのですが‥。「子ども手当」を来年度も継続するにあたり、3 歳未満の子どもについては月額 2 万円への増額、受給対象世帯に一定の所得制限を設ける案は導入を見送る‥という方針で行こうと考えているらしいです。そもそも、この制度を導入するにあたって、所得制限をどうする云々‥って、同じようなこと言ってませんでしたっけ?

一瞬、デジャブかと思ってしまいましたが、夢じゃないですよね。受給対象の世帯からも「おかしな制度だ」とさんざん批判されていますし、海外に子供がいる外国人が受給できるのに、日本国内に子供がいる海外勤務の日本人は受給できない‥などという「誰が考えてもおかしい」制度だったから、そういった変な部分を直して行くんじゃないのですか?まぁ、私としては即刻止めていただきたい制度ですが、それでもまだ続けるというなら、受給対象は「サラリーマンの平均年間所得」あたりをまずは所得制限のボーダーにしたらどうですか?全員が受給できないと「手当創設の理念にそぐわない」なんて、たわけたことを言っている方がいるそうですが、「だったらそもそも理念がおかしいのだ」と言って差し上げましょう。

2010年11月16日 (火)
■ 野宿入門

野宿入門(かとうちあき著・草思社 ISBN978-4-7942-1776-9)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/48

先月の終わり頃だったと思うのですが、カミさんと阪急に行ってカミさんの用事を待つ間、3F の Book1st をふらふらしておりました。最近は、本屋と言えば northport-mall 3F の ACADEMIA ばかりに行っているので、Book1st に行くのは久しぶりのことだったのです。どちらの書店もそれなりの規模ですし、小さな書店でもない限りは「どこも大した違いはない」とは思っているのですが、雰囲気はそれなりに違います。そう考えてみると、駅前にマトモな書店が無かった時代にお世話になっていた城山の文教堂も雰囲気が違いますので、大型店舗とはいえどもそれなりの個性があるのでしょうね。微妙な違いなんでしょうが。

Book1st での待ち時間が予想以上になってしまったので‥というわけではないのですが、変なタイトルの本が目に止まりました。それが、今日の写真の「野宿入門」です。サブタイトルが「ちょっと自由になる生き方」とあります‥。私自身、「自由でない」と心の底で感じているのかどうかは分かりませんが、ちょっと惹かれるものがありました。で、さらに私の関心を引いたのが、著者がどうも女性らしいことと、その女性が「野宿野郎」などというミニコミ誌の発行人・編集長らしいということ‥。むさくるしい野郎が書いている本ではなく、きっとカワイイ(何たって、私より 17 歳も若い)女性が野宿について語っているらしい本。こりゃ読んでみないわけには行かんでしょ。「楽しい。ただそれだけです。」いいじゃん、楽しいって素晴らしいことよ。

で、読んでみました。「楽しい。ただそれだけです。」いいじゃないですか、それだけで‥。ビックリ仰天の連続というわけでもなく、それスゲーと感心してしまうことが溢れているわけでもないです。でも‥何だかホンワカとした暖かさを感じてしまう野宿にまつわる話題の数々。だいたい‥みなさん、野宿なんてしたことあります?テント泊‥まぁ、野宿の亜流にしてもいいですが、テント無しの野外での睡眠を、ここでは野宿と呼んであげたい。私は幸いにも(?)野宿の経験がありますが、この本を読んで無性に野宿がしたくなりました。それも、家の近所の公園で野宿をすると新しい発見があって楽しい‥そうな。ほぉー。というわけで、もしも近所の公園で野宿をしている私を見かけても、決して棒でつついたりしないでくださいね。(笑

2010年11月15日 (月)
■ 23.4°

姫@リビングRICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/133

今日は‥会社に行くのを止めて、ウチで仕事をすることにしました。決して、昨日の夜に飲みすぎちゃって「何だかだるいなぁ~」と感じたわけでは無いのですが(と、書くと‥そうですと言ってるようなものですが)。ま、いずれにしろ、特別なことが無い限り私の仕事は自宅でもできることなので、気が向かないとき(なのか、気が向いたときなのかは不明ですが)は、自宅にて仕事をしても OK です。そうそう‥今日は朝のうちはとってもいい天気だったのに、夕方から雨降りという予報だったのも会社に行くのを躊躇させた理由のひとつだったのですけどね。

突然ですが、日常生活の中で角度を使った表現というものが時々出てきます。「360°遮るものが無い視界」といえば素晴らしい景色のことですし、「180°反対の意見」といえば真っ向から対立している様子を表しています。でも、いずれにしてもこういった角度的に区切りのいい数字がほとんどでしょう。あとはせいぜい、三角定規の「90°・45°・45°」と、もうひとつの「90°・60°・30°」くらいの感じでしょうか。「進行方向を右へ 90°曲がったところ」あたりも時々使いますね。でも、いずれも区切りがよい。一方、23.4°のように何とも中途半端な角度はあまり出てこないですよね。

この 23.4°‥地球の地軸の傾き(公転面の法線からの角度)というのをご存知の方もいらっしゃるでしょう。この傾きのおかげで日本には四季がある‥というのを聞いたことがある方も多いと思います。この中途半端な角度は、結構絶妙な傾き具合なのではないかしら?と、私などは思うわけです。というのは、冬が近づいてくると、だんだんと太陽の南中高度(お昼のときの太陽の高さ)が低くなることで、家の中まで日向になって暖めてくれる‥その具合がよろしいから。写真はダイニング・テーブルの下でして、姫の日中の寝場所でもあるのですが、日が差し込んで何とも暖かそうでしょ?

2010年11月14日 (日)
■ Harris Tweed

Harris Tweed のジャケットRICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/90

今日は‥子供の頃から大人になるまでやっていたボーイスカウトの記念行事に出ることにしていました。いわゆる、「○×年記念」的なオメデタイ席に呼ばれたので、ノコノコと出掛けてきたというわけ。とはいえ、単に遊びに行けばいいというわけではなく、祝辞の一環として「昔の話をして現役スカウトとリーダーを刺激せよ!」というリクエストをいただきました。うわっ、それは責任重大!!なのですが、ま、それは何とかなるでしょう。だって、実際にあった話をすればいいだけなのですから、ストーリーを考えなくては‥という問題は無いわけです。ま、いかに面白く話せるか‥は、別問題ですけどね。

で、みんなの前で話をするよりも困ったことは、一体何を着て行くのか?ということです。ボーイスカウトには制服がありますので、普通はそれを着て行けばいいわけですが、私はもうスカウト登録を止めて何年も経過していますので、そもそも制服を着る資格がないわけです。では、現役当時の制服(は、今の制服とは違うのです)ならいいかとも思いましたが、現役当時の制服はさすがに捨ててしまっている‥。唯一、帽子だけは捨てられずに残してあるのですが、それは自宅に置いてあるのでそれを取ってから現地に向かうのもちょっと面倒くさい‥。結局、制服系は諦めました。

ということで、ちょっとは「ちゃんとした格好」で、制服にも負けないような洋服(いや‥和服でもいいのですが)はないものかと。なのですが、最近ではスーツ以外にそういう洋服って無いんですよね‥。でも、持っているスーツは仕事っぽいものなので、それも何だか変な感じ‥。洋服なんて何でもいいじゃん‥とは言っても、それなりの歳になると、あまり変な格好もできませんしね‥。そうして結局選んだのは‥たぶん、カミさんと結婚した頃に買ったと思われるツイードのジャケットとスラックスの組み合わせ。Harris Tweed のちゃんとしたやつじゃん!も、驚きでしたが 20 年ほども昔のものが着れたのは驚きでした。

2010年11月13日 (土)
■ 紅葉葉楓と GX

紅葉葉楓RICOH GX200 24mm ISO64 F5.7 1/290

今週は、私ではなくてカミさんが出張でずっと出掛けていたのですが、昨日になってやっと帰ってきました。やっと帰ってきたと思ったら、今日は仕事関係で結婚式に呼ばれているだとかで、午前中から出掛けてしまいました。なので、一緒にどこかに出掛けるでもなく、私といえば家に閉じこもってました。仕事であったり、他のことであったり‥色々とやることはあるにはあるのだけれど、そのどれもに手をつける気になれず、今日はネットとオトモダチ。その甲斐あって、色々と面白いものを見つけたりもしたのだけれど、悲しいものも見つけたりして‥。その悲しいもののひつは‥楽しげな機能拡張が GR にはファームウェア・アップの形で提供されているのに、GX には一向にその気配が無いこと‥。GX ユーザーも無視しないで欲しいのです。

最近、GX が変な動作をすることが気になったり、光量が不足気味なときの性能がイマイチなのがあらためて気になったりと、ガッカリなことが多いような気がして悲しい気分になっていたのです。それに追い討ちをかけるような GR の厚遇ぶり‥そりゃ、GR は名機かもしれませんけど‥って、自分で書いてて情けないですね。日々の写真は、ほぼ 24mm だけで済ましているところが「GR でもよかったじゃん」と思ってしまうイチバンの理由なのですが、それを言ったら GX が可哀想。悪いのは私の腕が無いことにあるわけで、GR を持ってても GXR を持ってても、きっと同じことを言っているでしょう。もっともっとたくさんの写真を撮って、GX を体の一部にしなければダメですよね。なので、外に出るときはとにかく GX を忘れないようにしています。

というわけで、今日の写真は水曜日の通勤途中に写したものですが、まだまだ「これは一体ナニ?」的な写真ですよね。こんな程度では、DP1x がイイかもとか、K-5 買っちゃうかー、なんて恥ずかしい限りかもしれません。でも、単なる素人の写真ですから、何を撮ってもいいじゃない‥と開き直ったり。ちなみに‥被写体は紅葉葉楓(モミジバフウ)だと思いますが、最近はさすがにキレイな紅葉が目立ってきました。文句は言いましたけど GX にもだいぶ慣れてきたので、癖を知りつつもっといい写真が撮れれば‥なのです。でも~、それはそれとして、やっぱり DP1x なんかも持ってみたいと思ってしまうわけ‥。とはいえ、思い切ってポチッと行ってしまうには、まだ少々高い‥それでも欲しいデジカメなのでして、いつかは持ってみたいと思っているのです。

2010年11月12日 (金)
■ インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチン接種後の注意事項RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/760

今年もインフルエンザの季節になってきました。昨年、新型インフルエンザが猛威をふるったことは記憶に新しいかと思います。昨年は、ウチの下の娘も新型に罹患したらしく(検査せずに状況から推測)リレンザのお世話になりました。家族にインフルエンザ罹患者が出た場合、何はともあれ一週間の出社停止になってしまうという大変な目に遭ったことが思い出されます‥。もちろん、強毒性の鳥インフルエンザであれば慎重になってしかるべきなんだろうけど、「リスク回避」という大義名分ばかりが振りかざされているせいで、本当の危険が迫ったときにそれを察知する感度を鈍くしているんじゃなかろうかと思ってしまいます。そんなにオドオドしながら生きてて何が楽しいの?‥と、話が逸れました。

そんなリスク回避の一環として、この季節になるとウチの会社では希望者にインフルエンザワクチンの接種をしてくれます。インフルエンザワクチンを接種したからといって、インフルエンザに罹らなくなるわけではないというのはよく知られていることかと思います。それでも接種する人が多いのは、罹患してしまったときに重篤化せずに済むという効果があると言われている(実際に効果はあるそうです)からでしょうか。そのせいか、ウチの会社の人々には「接種をするのが当たり前」的な発言をする人が多いです。そういう人に言わせれば、「自分は接種を受けないのが当たり前」と思っている私などは、インフルエンザウィルスそのもののように思えてしまうでしょう。近寄らないで!‥みたいな感じに。

ただし、さすがに私もワクチン接種そのものを否定はしません。カゼをひきやすい人などは、接種を受けていいんじゃないかと思っています。問題は「接種を受けないのは人に非ず」といった雰囲気や、世論形成が行われてしまうこと。罹患してしまったのにウィルスを撒き散らす行為をするのは非難されても、予防接種をしないだけで非難されてはたまりません。ということで、私は自分がワクチン接種をする必要を感じない派でして、社会人になってワクチン接種を受けたことはありませんでした。しかし‥今年は自分を曲げてついに受けてしまいました(泣)。「娘が W 受験で仕方なく」が理由なのですが、問診をしてくれた医師にそれを告げると「そういう人は多いですね~」とのこと。オトーサンは子供(特に娘)には勝てません‥ね。(笑)

2010年11月11日 (木)
■ 博多長浜豚骨ラーメン もえぎの

ラーメン@もえぎのRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/17

今年に入ってからは顕著なのですが、わが家の娘らは平日も休日も忙しくて家にいません。もちろん、夜になれば帰ってくるので、朝から晩まで出掛けている‥というだけなのですが。ですので、休日の昼食は外食になるため、私とカミさんも休日の昼食を外食にする機会がとても増えました。何を食べるかは‥まぁ色々ですが、ラーメンになることが多いですかね。サッと食べられて、(アレコレと追加のトッピングなどをしなければ)そこそこリーズナブルなお値段で、同じラーメンという言葉ではとてもひと括りにすることなどできない多彩な味まで楽しめる‥そりゃ、ラーメンにハマる人が多いのも頷けるというものです。

以前からずっと気になっていたのですが、藤が丘と青葉台の中間あたりにある「もえぎ野公園」の横に博多長浜ラーメンの店があります。以前、一緒のチームで働いていた同僚と深夜の会社帰りにラーメンを時々食べたりしたのですが、その同僚が「あの店は臭くてダメ」と拒絶していたので、その頃は食べる機会がありませんでした(当時はラーメンを食べ歩くこともほとんど無かったので)。しかし、最近は休日にカミさんとラーメンを食べる機会が増えたこともあり、「そうだ!あの店に行こう」と思い出したわけです。その店は‥博多長浜豚骨ラーメン「もえぎの」です。以前は、御天というチェーン店(?)だったのですが、御天から独立して今の店になったらしいです。で、先週の土曜日‥その「もえぎの」にカミさんと行ってきました。

その日は 14 時半近くという遅い時間に行ったため、駐車場も店内も空いてましたね。それにしても、店舗に近づくにつれ強烈な豚骨臭が一帯に漂っています。「うわ~、なんかヨダレ出るね~」などと私などは思ってしまいますが、豚骨臭がダメな人は絶対に近所に住むことはできないでしょう。で、カウンターに座って基本のラーメン(600 円)を注文‥もちろん麺はバリカタで!ほどなく出されたトコロが写真ですが、脂に覆われているせいか湯気はゼロ。しか~し、メッチャ熱いので火傷に注意です。麺は今まで食べたラーメンで最も細かったほどで、もうちょっと太めでもいいかもと感じました。ですが、スープはクリーミーで旨っ‥ウン年越しの願いがかなった瞬間でした。トンコツ臭が嗅ぎたくなったら、また来たいお店ですね。

2010年11月10日 (水)
■ 石挽きそば 蕎真

RICOH GX200 24mm ISO148 F2.9 1/130

「○○派」対「××派」であるとか「××好き」対「××嫌い」といった感じで対立軸をつくり、両方の派閥でいがみ合う構図って、日本人は好きですよね‥って、日本人に限らず人間の性みたいなものなのかしら。政治の世界にしたって、そんな感じですものね。そんな感じの分け方としてよく出てくるものに「蕎麦派」対「饂飩派」というのがあると思います。麺類っていう括りで言えば、パスタ派だって、それこそラーメン派だってあっていいはずなのですし、下手すると蕎麦好きよりもラーメン好きのほうが絶対数が多いんじゃないかと思えてしまうのですが、何故か「蕎麦」対「饂飩」で常に語られるような気がします。

私個人としては、「どっちだって旨いんだし、無理矢理分けて争うのはバカみたい」と思うのですけどね‥。で、人はそんな私を優柔不断と呼んだりするわけだ‥困ったものです。とはいうものの、死ぬ前の最後の一杯としてどちらか一方を選べ‥と言われたら、迷わず蕎麦を選ぶと思うので、私も蕎麦派に分類されるのかもしれません。でもね‥四国の美味しい饂飩が身近にあれば、饂飩ばっかり食うようになるかもしれないし、単にたまたま蕎麦ばっかり食べているということに違いないです。それこそ、最近はラーメンのほうが圧倒的に回数が多いから、蕎麦でも饂飩でもないラーメン派なのだ!かもしれないし。ま、何でもいいんですよ。

最近はラーメンばかりですが、無性に「蕎麦が食べたい」と思うときがあります。その症状が‥今月の 1 日に出たというわけ。久しぶりに食べる蕎麦だし、せっかくなら美味しい蕎麦が食べたい。でも、さほど知っているわけでもないので、人様の「オススメ」に従うわけ。で、選んだのが‥綱島と大倉山の間の綱島街道沿いにある「石挽きそば 蕎真」です。昼食にはやや遅めの時間に行ったので、1 日 10 食限定の「手挽きそば」(写真)が 1 食分しか残っておらず、カミさんと分けることに。オススメだけあって美味でしたが、つゆは普通の蕎麦のほうが合ってるかもね‥というのが、私とカミさんの評。でも‥味も店も上品な感じなので、また行きたいのです。

2010年11月09日 (火)
■ IS03

au IS03RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/133

先月の 28 日に現在使っている携帯の INFOBAR 2 を洗濯機で洗濯してしまって以降、およそ 10 日ほど経過しました。速攻で救出した(とはいえ、5 分以上は洗われていたように思います)のと、しっかりと乾くまで電源を入れてみようなどという手荒なマネはしないというのが功を奏してか、とりあえず使えるレベルには復活しています。でも、音声通話には若干不安な症状が残っていて、カミさんに言わせると「繋がらないことがある」ということなのです。基地局からの呼び出しに対する反応が鈍い‥ということなのでしょうか。私が使っていて感じる問題点として、メールがなかなか送受信できない‥という現象が出る場合もあります。

とはいえ、とりあえず使えているんだからいいじゃないか‥とも思うのですが、カミさん的には「我慢できねー」というレベルらしいのです。それほど短気な人じゃないはずなんですけどねぇ。ということで、早く修理に出せよ~といわれているのですが、どうせならホラ‥新しいモノに手を出してみたいじゃないですか。そんなこともあって iPhone 4 が欲しいな~、だったのですが、やはり家族の中で一人だけキャリアを変えるというのは色々と問題も多いわけです。au に変える前は SoftBank だったので、そのままだったら迷わず iPhone なのですが。それにね‥欲しい白はまだ出てこないし、なんかこう流行りモノに飛びつく自分にダメ出しをしてみたくなるわけでして。

なので、他キャリアに対して遅れをとっている au が、満を持して出す新しいスマートフォンならいいんじゃないか‥なんて思いまして。それが写真の IS03 で、今月末に発売になるらしい。IS03 は、いわゆるガラケーと呼ばれている日本独自の機能を充実させたスマートフォンだそうで、携帯機能を駆使しているユーザーの声に応えられる機能満載なのだとか‥。でも、よく考えたらガラケー機能は無くても全く困らない私ですので、来月末に出るらしい SIRIUS αでも構わないわけなのです。液晶画面が IS03 のほうがキレイらしいのと、もうスグ出ることで有望ですが、もうちょい研究してみたいところです。

2010年11月08日 (月)
■ RANGE ROVER evoque

RANGE ROVER evoqueRICOH GX200 24mm ISO74 F2.5 1/30

さてさて‥昨日に引き続き、今日も「とりあえず欲しい自動車を考える」妄想タイムに突入してみたいと思います。いきなりの質問ですが、自動車を買うことになったとき、みなさんの選択の基準となるものは何でしょうか?まぁ、順当なところとしては「用途に合ったもの」がイチバンの理由でしょう。4 人家族で旅行するために購入する車が 2 人乗りでは意味がないですしね。その次は何でしょうか。値段とか経済性とか‥近親者にメーカー勤務の人がいるから基本的にメーカー縛りがある‥などという選択基準なんかも意外とあったりするかもしれません。ま、10 人いれば 10 種類の基準があるでしょう。もちろん、それぞれの基準に優劣なんてないですし、自分の基準に忠実に選んでいただければいいだけの話です。

私の場合、やはりイチバンの基準は使用目的と合致しているかどうか‥ですが、その次は昨日も書いたとおりで「独創的な機構を備えている」とか、「とにかくカッコイイ!」というあたりでしょうかね。男子たるもの「カッコイイか否か」は、自分の存在価値にかかわる非常に重要な基準なのです。え?考えがオヤジくさすぎる?いいんです‥もう立派なオヤジですから。で、私の場合で言えば‥。最初の基準となる使用目的は‥ちょっとしたラフロードで音を上げないこと‥ですので、ロードクリアランスがあって、4WD で、キャンプのためにそれなりの積載能力がある‥ということでしょうか。で、その次は上に書いたように独創的かどうか、あるいはカッコイイかどうか‥です。とにかくカッコイイと思えない車を買って、それに乗るなんて耐えられないので、スタイルに関してはカミさんの意見は無視‥します。俺が法なのだ!というわけ。

そう考えると、今、新車で買える日本車にはピンと来るものが無い‥カッコイイと思えるものが無いのです。唯一、X-TRAIL は新しいディーゼルに興味がありますが、いかんせんスタイルに新鮮味が無い。最近のヌメヌメした車に比べると、エッジ感のあるボディは好感度持てますが、やや古臭さを拭えないのです。ということで、最近は外車に注目なのですが、現時点で最高にカッコイイのが写真の RANGE ROVER evoque です。RANGE ROVER は特に古いタイプが好きですが、ちょっとデカ過ぎるのが難点と思ってます。で、最初はこの evoque も巨大だとばかり思っていたら‥何と!小さいんですよ。エンジンだって 2L ですよ。値段も RANGE ROVER にしては破格‥らしい。これこそ買わない手はない‥なのですが、やっぱり車幅がウチの駐車場には NG だと思います。あ~、でも、こいつは絶対に乗りたいカッコよさ‥なのですよねー。ほすぃ~。

2010年11月07日 (日)
■ Audi A4 allroad quattro

Audi A4 allroad quattroRICOH GX200 24mm ISO84 F2.5 1/30

ここにも何度か登場していますが、わが家の車は‥SUBARU Lancaster 3.0 です。今の Outback の前の前‥の型と言えばいいのでしょうかね‥ちょっとポッテリしてるやつ。世界広しといえども、ポルシェとスバルしか作っていない、水平対向 6 気筒エンジンを持つ自動車です。私は大学で機械工学を専攻していたから‥というのも半分あるとは思いますが、メカメカしいものが大好き!だから、水平対向 6 気筒のようにメカ的にも特徴のあるものが気になって仕方ありません。キャンプに行くからこその Legacy だけれども、その中でも特徴的なメカであるからこそ、今の車を選んだわけです。

だから‥購入の動機としては、メカニカルな部分が大きかったと言えます。ただ、10 年近く Lancaster に乗ってみて分かったことは、オフロード系までのゴツさはないクロスオーバ的な 4WD は、私のライフスタイルに非常に合っている‥ということでした。なので、今の Lancaster は‥だいぶくたびれてきたとはいえ、普通に走ってくれますし、見た目がちょっとボロくなった以外は取り立てて不満な点はありません(暑い時期のエンストも直ったし)。なのですが、くるみパパが VOLVO XC60 を買ってからというもの‥「そろそろウチもかなぁ」などと思ってしまうことしきり‥です。

で、別に買うアテもないのに、色々と調べてみては「これはいい!あれはダメ!」なんてやっているわけです‥。そんなことをやってたら、コレに行き着いたのが‥Audi A4 Allroad Quattro です。初代の Allroad Quattro はカッコよかったよなぁ‥ということを思い出しました。その Allroad の三代目にあたるものが‥出たそうじゃありませんか。日本では 250 台の限定モデルなのだそうです。おおっ!これは買わねば‥なんて思ってしまうほどですが、なんと‥Audi Japan が輸入するのは色も決まっているのですと。左ハンドルのモデルで構わないので、色くらい選ばせろ!と思ってしまいますよね。

2010年11月06日 (土)
■ 魳と熱燗

魳の塩焼きRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/26

先月の半ば以降、何とな~く天気のスッキリしない日が続いていたのですが、今月に入ってようやく天気のいい日が増えてきた気がします。今日も暖かいので「やっと本格的な秋が来た?」と錯覚しそうな感じですね。まぁ、あちこちで紅葉が目立つようになってきたから、まだまだ秋であることに違いないのですが。天気がよいので、どこかに‥それこそキャンプに行きたいね~と思ってしまうのですが、今日はカミさんが下の娘の学校の用事だとかで出掛けられず。姫のトリミングもあるので、午後からどこかに行く‥という感じでもなく。

結局、今日は買い物をしただけで終わり‥という感じの一日になってしまいました。ですが、今日は天気がよくて暖かいので、夜は七輪を出して焼き物をすることにして、出掛けられなかった無念(?)を帳消しにしようという作戦。陽がさしていて昼間が暖かかったのと、風がほとんどない感じだったので、今日はまだ炬燵の出番は無しで済みました。さすがに月末くらいになると、炬燵無しでは寒くて辛いような気がしますが、あと一回くらいは大丈夫かな。炬燵七輪も楽しいんだけど、準備と後片付けがちょっと大変なのがね‥。特に後片付けは酔っ払った後だから面倒くさいのです。

まだ暖かいとはいっても夏の暑さは遠い昔‥ですし、そろそろ暖かい飲み物が恋しくなってくる季節でもありますので、今日は熱燗にしてみることにしました。ということで、夕方に吉祥へ行って緑川正宗を購入。緑川正宗は、大正時代に造られていた風味を再現した熱燗専用酒だそうで、リーズナブルなお値段なのに大変美味しい(安いから余計に美味しく感じる‥のかも)。魳(カマス)の塩焼きを食べながら熱燗をいただく‥久しぶりの熱燗が美味しくて、ついつい飲みすぎてしまいました。気が付けば、一升瓶が空きそうになるほどの勢い‥また買ってこなくちゃ。

2010年11月05日 (金)
■ 革命

尖閣ビデオ流出(2010年11月5日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/90

今日の朝刊トップには、ブッたまげました。テレビのニュースなどは見ていないのですが、テレビ界では今日一日この話題で持ちきりだったそうです。まぁ、そりゃそうでしょうね。全面公開を求める国民の声や、野党の要求を無視して、政府与党が「公開はしない」ことに決めていた「お宝映像」が、こともあろうに YouTube で全世界に向けてバラまかれてしまったわけですから。流出騒ぎを受けてコメントを求められた要人らは一様に「自分が見たものと似ている」とか「事実関係を調査中」とか、対応に苦慮していたようですが、誰が最初に流出を認めたのでしょうね。まだ、誰も認めてない?

私はもちろん、ほとんどの日本国民は流出前の段階でこれを目にしていないわけですから、ホンモノかニセモノか(こんな手の込んだ捏造ブツを作るとは思えないですが)真実は分かりませんが、間違いなくホンモノが流出したのでしょう。今回の一件に限らず、情報漏洩事件は後を絶ちません。私企業に至っては日常茶飯事な事件ですし、政府関係でもつい先日テロ関係の機密情報が流出したらしいということで大騒ぎになったばかり‥。一体、情報管理はどうなっているのだ!という声があちこちから上がっていますが、情報漏洩問題におけるイチバンの弱点というのは内部の仕業による流出です。

例によって石原都知事などは「内部告発だろうが結構なこと」と歓迎ムードですが、仙谷官房長官は「威信に掛けて徹底的に調べる」などと言っているそうです。これ‥私も現場に近い内部の人間のやったことだと思っていますが、犯罪だとか内部告発だ‥などという言葉はこの事件を語る上で適当でないと思います。倒閣を狙った「革命」または「無血クーデター」に近いものなんじゃないかと思いますが‥。それほど、上層部のやり方に現場が納得していないわけです。決して褒められた手段ではないにせよ、政府の要人の方々は、そこのところをよ~く自覚されたほうがいいと思います。

2010年11月04日 (木)
■ FJ クルーザー

RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/36

大学時代の同級生でキャンプ仲間のくるみパパは、わが家と同じ SUBARU Lancaster に乗ってました。ウチが Lancaster を買うよりも少し前に買っていたので、Lancaster の先輩だったわけ。なので、ウチよりも先に使用年数が経過しているわけで、ちょっと前から新しい車を買うなら何がいいかなぁ‥なんて言ってました。そのまま乗っていれば、そろそろ車検の時期を迎えていたのではないかと思うのですが、次回の車検時にはエンジン周りの定期交換部品(たぶんタイミングベルト)が予定されているので、車検費用が掛かりますよ‥と、ディーラーに脅されていたらしいのです。

もちろん、部品を交換してそのまま乗り続けるという選択肢もゼロではないわけですが、くるみパパは別の車に乗りたかったらしい。ということで、何を買ったのかと思ったら‥VOLVO XC60 を買った‥という情報が入ってきました。まぢですか?まぁ、VOLVO 好きなのは分かっているので、その辺りだろうなぁとは思ってはいたのですが。実際には中古を買ったとのことですが、新車みたいにキレイなので、事実上新車みたいなものでしょう。で、納車の日にブツを見せてくれたのですが、XC60 のトランクは Lancaster より狭いですね。あんなに図体がでかいのに‥。

そんなわけで、ウチの Lancaster にも同じような時がそのうちやって来ます。さすがにだいぶくたびれてきたけど、機能的には問題ないので、お金を掛けてそのまま乗るかもしれません(先立つものも無いし)。だけど、もし買い換えられるとすれば‥なんてことを考えるのは楽しい。でもさぁ‥なんか丁度いい感じの車が無いんだよねー。費用も車庫も無視すれば、やっぱり Land Rover Defender なんだけど、現実の可能性はゼロでしょう。意外とリーズナブルらしい FJ クルーザー(写真)も、国内販売が始まるという噂で持ちきりだけど‥やっぱりデカすぎる。もうちょい日本サイズでゴツいやつがあれば‥。

2010年11月03日 (水)
■ 石器時代

石器時代のユッケジャン(のラーメン版)RICOH GX200 24mm ISO154 F3.6 1/6

韓国のアイドルグループ「少女時代」のジェシカさん(21)が「好きな日本食は焼き肉」という発言をしたことが韓国で波紋を呼んでいるそうな。「焼き肉はプルコギから生まれたのに、それを日本食と呼ぶとは売国行為」と非難されているらしい‥。私は韓国料理に詳しいほうではないですが、ググってみたところではプルコギはプルコギであり、焼き肉は焼き肉である‥というような気もします。逆の立場で言ってみると、「韓国料理で好きなものは ”うどん” で~す」と言っているのと等しいとのことなのですが、それって単なる言いがかりじゃねーの?と思ってしまうのは私だけでしょうか。

まぁ、そんな感じで、個人的には韓国料理は全く詳しくないのです。色々な名前を聞いてそれがどんな料理なのかがピンと来ない。もちろん食べれば美味しいですし、唐辛子だって大好き。スーパーでキムチを見かければ、いつも食べたいなぁ~と思っている。なのですが、「今日は何食べる~?」と聞かれたときに真っ先に出てくる料理ではないのです。中華料理もどっちかというとそんな感じ‥。食べりゃあ美味しいと感じるものの、食べたい~の上位にはなぜか来ないのが韓国料理。しかし‥今日は韓国料理に行ってきたのです。場所はセンター北の石器時代。この名前を聞いて「はじめ人間ギャートルズ」を思い出してしまったのは私だけでしょうか(知らんて‥そんな古い番組)。

なんで今日は急に韓国料理なのか?それは、姫の散歩に行ったときに麦飯パパから石器時代でラーメン食べたら旨かった‥という情報を聞いたからに他なりません。今日は「都筑区民まつり」なので、センター北に行けば色々なものを食べられるチャンスはありますが、人も多そうですし、カミさんと二人で並んで食べるのもなーということで、麦飯パパ情報を頼りに石器時代に行きました。しかし‥メニューを見てもラーメンなんて無いじゃん!聞いてみると、ユッケジャンをラーメンにできるということで、それを注文。なるほどスープは美味しい感じだけど、麺は‥?これ、美味しい麺で食べたら確かにウマイと思いますね。ってなことを後で麦飯ママに言ったら‥「え~、ごはんのほうが美味しいって」だって。パパに騙された?(笑)

2010年11月02日 (火)
■ Tom Yum Crisp

Tom Yum Crisp - Cashew NutsRICOH GX200 24mm ISO154 F3.6 1/3

今日の新聞の記事を賑わせたのは、裁判員裁判初の死刑求刑事件に対して無期懲役の判決が下されたというもの。裁判員裁判の判決は「量刑が重めに出される」という傾向にあるというのが専門家の評価だそうですが、死刑判決は抑止される方向に出るのではないかとも言われています。しかし、今回の事件については、職業裁判官だけで審理したとしても同じ結果だったであろうという予想もあるようで、妥当な結果だったと見る向きも多いようです。今日は、この話題について考えてみたかったのですが、私にはやはり結論が出せない難しい話です。自分に同じ役が回ってこないことを祈って話題を変えましょう。

ということで、いきなり話題が 180 度変わって「美味しいもの」の話題‥やっぱり楽しい話題は美味しい話題に限ります‥なんて。先月の 24 日に赤レンガ倉庫で開催されていたタイ・フェスティバルに行ってきた‥という話をしました。タイフェスではステージで色々な催しモノもやっているのですが、残念ながらお目当てはそれではなくて食べ物です。タイと言ってもタイ料理オンリーではなく、インドやベトナムやらもあるわけですが、実店舗の出店といった風情ですから、ここでなきゃ食べられない‥というものは基本的には無いはず。なので、美味しいことには違いないのですが、私としては「サラカヤシ」を買いに行くイベント‥といった感じのイメージです。

その場で食べられるもの以外にも、服飾関係やら食材も売っているのですが、カレーやら何やらといったインスタント系の食材もついでに買ってきます。今回もカレーを買ってきたのはもちろんですが、ちょっと目についたスナックを買ってきました。それが写真(わざと変な写真を選んでます)の "Tom Yum Crisp" というもの。これはカシューナッツなのですが、これとは別にシュリンプとフィッシュっていうのもありました。で、申し訳ないのですが、中身の写真を撮る前に全部食ってしまった‥。いやね、劇ウマなので即完食!だったのです。レモングラスの風味がいい感じでね‥トムヤム好きの人はハマるに違いない。カシューナッツ以外のも見つけ次第買わなくちゃ!なのです。

2010年11月01日 (月)
■ 立石

秋谷・立石海岸の日暮れRICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/310

今日の午前中はちょいと私用がありまして、今日も会社を休みました‥。ここ最近、有給休暇をいい調子に取っている感じがしますけど、これでもまだ年末までに 2 桁の「年末が取得期限」の休暇が残っているはず。昨年はものすごい日数をドブに捨ててしまったので、今年はチマチマと取得しつつ昨年のようなことは無しにしたいと思います。てなわけで、今年後半は若干ゆとりのある会社生活ですが、前半までのハードワークの反動とでもいいますか、モチベーションがいまひとつ上がらないというのが実際のところ。せめて年末までは少しゆっくりと過ごすことに‥したいと思います。

で、今日の予定は 13 時ちょい過ぎくらいには終わったので、これまた今日は別途用事のあったカミさんと合流して昼食を食べに行きました。今日は蕎麦が食べたいということで、ガイドブック片手に蕎麦を食べに行きました。昼食には遅い時間になってしまったので、蕎麦だけを食べてきましたけど、とても美味しかった‥ま、その蕎麦自体の話はまたいずれ。蕎麦を食べた後は‥買い物でもして帰宅してもよかったのですが、ここ最近のグズついた天気がうそのような青空になったので、海のほうでも行きますか‥ということで、いつものコースですが逗子まで魚の買い付けに。ほら、単なる買い物ですから。

雲が無くなったので、綺麗な日没の風景でも見えるかもね‥ということで、ちょっとだけ足を伸ばして立石まで行ってみました。車が若干多かったので、立石駐車場に到着したときはちょうど日没直後になってしまったのですが、富士山も見えてキレイでしたねぇ‥。写真はその時のものですが、ホワイトバランスをわざと崩して撮ってみました。ちょっと面白い。しかし、このサイズならあまり気になりませんけど、この暗さになってしまうと GX200 はもうダメっぽいです。等倍ではとても見られない写真になってしまいます。個人的には暗めの風景を撮りたいことも多いので、SD1 はやっぱり無理かもなぁ‥。それでもあのセンサーは味わってみたいので、GX200 の代わりに DP1x でも買おうかしら‥なんて。

| Top |