14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2010年12月01日 (水)
■ 青色イルミネーション

センター北駅前のイルミネーションRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/7

なんと、今日から 12 月‥師走ですよ、師走。2010 年も最後の月に突入です。年初の予想どおり、今年もまた「あっという間」の一年でしたねぇ。最近‥「あっという間と感じるのが加速して、早くあっという間に定年にならんかな」などと、お疲れおやじモードに突入しちゃったりするのですが、さすがに定年はまだ先だなぁ‥。まぁ、このご時世ですから、定年まで働かせてもらえるかどうかすら分かりませんけどね。って、バカなことばかり言ってないで、できることを地道に頑張らないと‥イケマセン。

さてさて、12 月に入ると、主にクリスマス向けなのだと思いますが、あちこちでイルミネーションを見かけることが多くなります。家一軒まるごと電飾‥みたいな、凄いイルミネーションは、少なくとも私の行動範囲では一時期より減ったと思います。でも、ちょっとしたイルミネーションを飾ってる家は多いです。公共のエリアや店舗などでも、イルミネーションを飾ってあるのを多く見かけますし。これらのイルミネーション‥「光害」やら「エネルギー」の観点からは、マイナス面が強調されちゃうわけですが、見てて「キレイ~」と感じることを考えると、プラス面も考慮してしかるべきだろうな‥と、思います。

ただし、最近のイルミネーションは、青色を多用する傾向が強いように思うのです。それはもちろん青色 LED の発明と切っても切れない面があると言っていい。青色は珍しい → 他の色よりも高価 → 高級感の醸成‥という三段活用をしたかったのだと思いますが、さすがに青色 LED も生活に普通に溶け込んできましたので、個人的には「いい加減、青色は飽きた」という印象です。青色は気持ちを静める(鎮める?)色だそうで、そのせいでウキウキ感が減退しちゃうのでしょうか。LED は何色でも作れるわけですから、そろそろ電球色 LED でやってくれないかな~と思ったりします。古臭いかもしれませんけど‥。

Later | Top |