14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2010年12月31日 (金)
■ 年末スモーク

スモークRICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/189

いよいよ 2010 年も今日で終わり。泣いても笑っても明日になると 2011 年になってしまうわけでして‥。いやぁ、今年もやっぱり一年が経つのが恐ろしいほどに早かったです。一年、365 日もあったはずなのに、あっ!‥と、思ったらもう大晦日ですよ。今年のうちにやっておかなければならないことが、まだまだ山のようにあるのですが‥いくら大晦日とはいっても時間は限られていますから、大事なことだけに絞ってやらなければなりません。それこそ掃除なんていつでもできますから年明けでもいいじゃない‥なのですが、今年の塵は今年のうちに払っとけ‥でもありますから、少しくらいはやるのです。

でも‥今日やらねばならないことで一番大事なのは‥燻製づくりでしょう。25 日にも書きましたけど、毎年年末に続けてきた燻製づくりが昨年末は仕事のためにお休みになってしまったのです。ということで、今日は二年ぶりの燻製づくりですから、そりゃ気合も入るというもの。日程的には昨日できればよかったのですが、雨が降るという予報だったので、一日伸ばして今日にしたのです。結果から言えば今日の天気は最高で、これぞ「燻製日和」という一日になりました。燻製日和とは‥気温が低いこと、天気がいいこと、そして風が無いこと‥この 3 つの条件が高度に満たされていることなのですが、今日は完璧な燻製日和でした。

そんなわけで、今日の写真は‥「燻製なう」な状況です。ご覧のとおり、網に載っているのは牡蠣ですが、網の下にちょっと見えるのは豚バラです‥つまり、これは 25 日の記事になっている豚バラがベーコンになろうとしているところ。この他には、いつもの三角チーズがスモークされました。結局、とりたてて変わった素材ではなく定番素材が燻製になったのですが、定番素材だからこそ「いつもとの違い」を敏感に感じとれるでしょう。とはいえ‥燻製は少し置いて落ち着けてから食べるものなので、今日のデキが分かるのは年が明けてから‥。二年ぶりの燻製はたぶん成功した気がしますが‥結果は来年ですね。とにかく今年はありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします!

2010年12月30日 (木)
■ 年賀状

来年用の年賀状RICOH GX200 24mm ISO100 F2.5 1/30

「年賀状は 12 月 25 日までにお出しください」‥そんな郵便局のチラシがポストに入っていたのは一週間ほど前のことでしたかね。別に 25 日より後に出したからといって、配達してくれないなどということはありませんが、25 日までに出しておけば、来年の 1 月 1 日には確実に日本全国に届けてくれるということのようです。なので、できれば 25 日には出したいな~とは思っていたのです。でもね‥なかなかそうは行かないのですよ。早く年賀状も書かねば‥と、毎日思ってはいたのですが、「明日にしよう」と先送りにしているうちに、気がついたらもう新年になりそうな勢いです。さすがにヤバい。

とはいえ‥年賀状というものは、そもそも年が明けてから書くのが正統なのだ!元旦と書いたり、1 月 1 日と書くでしょう?と、開き直ってみたりして。そんなことを言っても何にもならないわけですが、結局今年も今日になってしまった理由付けをあれこれと探してみたりするわけです。実際にはこれっぽっちの理由も無いのですけどね‥。ということで、今日はやっと年賀状を書いて出すことができました。昨日の夜になって文章を考え始め、いざ書こうと思ったところで OpenOffice のバージョンアップなんかをやったりして、今やらなくてもいいでしょう?ということに時間を使ってみたりしつつ。

一般的に、酔っ払いの文章は酷いので、今朝になって再度校正したりしつつ‥昼過ぎにやっとセンター南の本局まで行って出してきました。25 日じゃなくて 30 日なので‥遠いところの方は到着がちょっと遅くなるかもしれません。でも‥郵便局も一律 25 日までと言うのではなくて、このエリアからこのエリアまで届けるのであれば ×× 日までに出すように‥などときめ細かく言って欲しいですよね。そうすれば、出す側ももうちょっと柔軟に動けるのに‥なんて言ってみたりしますが、実際のところは今日と同じで一気に仕上げないと無理なところでしょう。今年はもう仕方ないので、来年くらいはもう少し「ゆとり」を持ちたいところです。(毎年思ってる気がしますけど‥)

2010年12月29日 (水)
■ ハンバーグ

自家製ハンバーグRICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/36

カレーライスにハンバーグ。子供の好きな料理の双璧といった感じですが、それは昔の子供のことでしょうか。今の子供は食べ物のバリエーションも多いから、もっと違うものが人気だったりするのでしょうかね‥。ま、私が子供の頃は当たり前のようにどっちも好きでしたが‥。もちろん、大人になっても嫌いになることはなく、特にカレーに至っては毎日食べても OK という感じだったりします。カレーは丼モノみたいなものですから、昼食のときにガッと食べるのにもちょうどよい感じですので、外に出たときなどにもよく食べたりしますね。

一方、ハンバーグのほうはカレーに比べると外で食べることは少ないでしょうか。夕食を外食にした時など、たま~に食べることはありますが、カレーに比べるとずっと少ない気がします。逆に家での食事には、カレーよりもハンバーグの出番のほうが多いかもしれません。ということで、今日の夕食はハンバーグ。今日は髪を切りに出掛けたので、その帰りにセンター南の生活クラブによって買ってきた肉がハンバーグに化けました。カミさん曰く、ハンバーグにする肉としては、この近辺だと生活クラブの肉が一番美味しいのだとか。いえ、私にはどれでも美味しいのですけど‥。

今日のハンバーグは大きいので、12inch グリルパンで焼いたのだそうですが、なるほど「焼きスジ」のようなものがついてます。なんか、このスジがついていると単なるハンバーグも急に高級になったように思えるのは気のせいでしょうか‥。そういえば、美味しいハンバーグといえば、子供の頃に連れて行ってもらったハングリータイガーは衝撃的でしたねぇ。今、ハングリータイガーに行っても昔のような驚きは無いだろうけど、せっかく近所にもあることだし久しぶりに行ってみたい気もします。もちろん‥注文するのはハンバーグですが、ダブルで行きたいところ‥って、そりゃ食べすぎですか。

2010年12月28日 (火)
■ 仕事納め

朝、駅までの道RICOH GX200 24mm ISO64 F4.6 1/250

今年は昨年末のような恐ろしいほどの忙しさは無いのですが、それでも暇というには程遠いです。やることは後から後から湧き上がってくるし、湧き上がってくるスピードほどには捌けて行かない‥つまり、黙っていると溜まっていく一方なので、「これは止めておこう」と捨てるネタもたくさんあるような状態です。今は、年末のうちに‥ある程度の目処を立てておきたい、可能な限り作れるところまで作ってしまいたい‥そういう仕事があるので、やっぱり時間が欲しいのです。貧乏暇無し‥っとね。

会社カレンダー上は、昨日で仕事納めということにしておいたのですが、カミさんも今日は仕事に行くというので、私も会社に行って仕事をすることにしました。さすがに今日あたりは休みに入る人も出てきたのか、いつもより若干人が少ない感じですね。札幌の仕事仲間も休みに入っている人が結構いるから、仕事で使っている掲示板のようなものやメールも静か‥。勢い、割り込みが全く入らずに自分の仕事に没頭できますから、それなりにいい調子で仕事も捗ります。けど、終わるまでは無理。

カミさんも明日からは休みに入るので、今日のところは早めに切り上げて帰るとのこと‥。私も「もうちょっとやりたいんだけど‥」というのを我慢して、帰ることにしました。あ~、年明けの仕事始めまでには完成させておきたかったなぁ‥なのですが、予想以上にちょいと手間取ってしまいました。歳とってくるとね‥ちゃんとしたものを作ろうなんて思うから、「年寄りは遅い‥」なんて言われちゃうわけですが、手抜きもできないんだよねー。ま、今日は一応の仕事納めなので‥後は来年にしよう‥かな。

2010年12月27日 (月)
■ 鶏の風干し@鶏和酎

鶏和酎の「風干し」RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/2

昨年の年末は忙しすぎて忘年会に行った記憶もほとんどないのですが、今年はありがたいことに、そこそこ忘年会に行けているのです。会社の忘年会(これは面白くない‥ことも多い)、ご近所さんの忘年会、オトモダチの忘年会‥。会社以外の忘年会は、付き合いの範囲がちょっと違うというだけで、基本的には同じようなものなのですが、なぜか会社の忘年会に比べると格段に面白いわけです。いや‥会社の忘年会もそれはそれで楽しいわけですが、大人数で騒いでいるだけ‥という印象は免れないのです。その分、素直に面白かった‥で終わらないところが残念なのですよね‥。

一方、気の合った人との忘年会は、面白いことばかりですから「つまらない」とか「飽きる」ということがありません。むしろ、面白すぎて「え~、もうお開きの時間ですか?」と思うことが多いわけ‥。今日は週明けの月曜日だったわけですが、そんな面白すぎるに違いない忘年会が予定されていました。人数も全員で 4 人という厳選少人数。喋り足りなくてストレスが溜まってしまった‥という人数でないことも確かです。そんな「楽しみな」忘年会でしたから、いつもに比べると早めな時間なのだけど、さっさと会社を後にしてきました。とりあえず今日で仕事納め!なことも相まって、楽しさ倍増‥といったところ。

昨年は青葉台での忘年会でしたが、今年はセンター北で開催。先日、犬仲間と一緒に行った「鶏和酎」(とりあえず)という変わった名前の焼き鳥の店に行きました。センター北で本格的に焼き鳥が食べられる店は少ないと思うのですが、鶏和酎は結構イイ感じなのです。写真は「鶏の風干し」という「おつまみ」で、歯ごたえはスルメとかアタリメといった感じ‥。しかし、当たり前だけど、鶏ですから残る味が違うのです。さらに、山葵柚子こしょうマヨネーズの美味しさと相まって、これだけでも食べて得した気分になりますね。次回の忘年会‥いえ、それだと一年先なので「何でも飲み会」の際には、こいつを真っ先に頼むことにしましょう。

2010年12月26日 (日)
■ 上大岡で‥G麺7

G麺7 らーめん正油RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/18

この週末は金曜日に休暇を取得したので、久しぶりの 4 連休でした。4 連休ではありましたが、初日の 23 日は一日中完全に仕事。24 日も午前中に仕事。25 日は午後仕事‥そして今日も朝ちょっと仕事‥と、フタを開けてみると、時間は短いとはいえ仕事をしていたわけでして、あまり褒められた生活ではなかった感じですね。いや‥実は褒められた生活なのかしら?以前は、日本人は働き過ぎだといわれましたが、今は休み過ぎといわれることもあったりして、私は一体どっちなんだ?と分からなくなってしまうわけでして‥。

で、今日も特に用事がなければ、おそらく一日中仕事の日‥になってしまっていたと思うのですが、今日はラッキー(?)なことに外出する用事があったので、仕事は朝起きてからの 1 時間ほどだけで済みました。ま、今日できなかった分、明日以降にやらねばならないわけでして、決してやることが減ったりはしないので、何とも言えませんけどね~。さて、今日の用事というのは、私が子供の頃を過ごした上大岡で活動している団体からお声が掛かりまして、少しでも恩返しができれば‥ということで行ってきたのです。とはいえ、私にできることなんてたかが知れてるんですけどね‥。

向こうに行かねばならない時間が午後イチという感じだったので、昼飯をウチで食べていくにはちょっと速すぎる時間でした。だったら途中で昼を食べて行くか‥と。ホントは横浜あたりで昼食を食べようと思っていたのですが、財布を忘れて出てしまうというアクシデントがあって横浜に寄る時間までは無くなってしまった。というわけで、行ったのは上大岡の「G麺7」です。駅からはちょっと離れた場所にあるのですが、有名店ゆえか店内は常に満席という感じでしたね。で、私が食べたのは「らーめん正油」‥奇をてらわない正統派という感じで、定期的に食べたくなる味だと思いました。

2010年12月25日 (土)
■ 豚バラブロック

スモーク仕込み中RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/52

ここ何年か年末恒例の行事にしていた「燻製づくり」ですが、昨年末はあまりの仕事の忙しさに「やりたいのだけれど全く時間が無い」ということで、泣く泣く諦めたのでした。私自身がイチバン残念だったのですが、娘らとしても自家製ベーコンで味わうカルボナーラが食べられなかったのは残念だったようで、「カルボナーラが食べたい」と、しきりと言ってましたね。仕事が若干落ち着いたときには、すでに夏前という感じだったので、真夏の暑い時期に燻製をする気になどなれず(やる気になっても暑い時期の燻製は大変)、結局、いつもの年末になってしまいました。去年は結果的にサボってしまったし、今年はやらにゃあいかんだろう‥と。

で、昨日カミさんと出掛けた帰りに北山田の OK に寄ってベーコン用のバラブロックを買おうとしたのですが、いつもブロックが置いてあるところには影も形も無い‥という感じでした。近くにいた店員の方に聞いてみると、ブロックはもうなくてスライスだけとのこと‥。スライスで燻製はできませんので、明日また出直しかぁ‥と諦めたのです。待てよ‥山田神社のところの肉屋なら置いてあったりしないかしら?キン肉マンのように「肉」とだけ書いてある「肉の浅見」さんに寄ってみるも、やはりブロックは無し。この付近の人々は、どうも今の時期になると豚バラブロックが急に買いたくなるらしく(角煮でも作る?)、確実に手に入れるためには予約すべし!ということで、お願いして帰ってきたのは昨日のこと。

で、今日になって無事に入手できましたよ‥豚バラブロック。1kg 程度ということで頼んでおいたのですが、思ったよりも値段が安かったので、もっと頼んでおきゃよかった‥。来年こそはもっと違う肉も‥って、毎年思うのですが、いざその時になると結局コレになってしまうわけです‥というわけで、今年も超定番のベーコンを作ります。直前になって牡蠣とかも追加するかもしれませんが、アレは下準備の時間はあまり要らないので後からでも何とかなるでしょう。もちろんプロセスチーズは必ずやりますけどね‥。今年は塩漬けの開始がちょっと遅めだったので、30 日か 31 日に燻煙することになると思いますが、一年サボってしまいましたからね‥ちゃんと美味しい燻製ができるかどうかは‥出来てからのお楽しみ‥ですね。

2010年12月24日 (金)
■ HANABI

HANABI の「ラーメン」680円RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/52

昨日、カミさんがペンキ塗りをしている間、私が何をしていたかというと仕事をしてました。どうしても早めに作ってしまいたいものがあるのでね‥。仕事とはいっても、会社の PC を持ち帰ってきて、自宅から会社のネットに繋げてやっていたのであって、会社に行ったわけではありません。結局、朝から夜まで仕事になっちゃって、平日よりも長時間の仕事になってしまったくせに、まだ準備段階をクリアしたのみ‥。これからが本番だというのに、この調子では年末のうちにあと何回か休日出勤をせねばならないかも。ま、楽しい事だからいいけどね。休日出勤とはいっても会社的には休日取得中なのだから、会社は社員の無償奉仕によって助けられているということを忘れないように。

そんなわけで今日も会社‥ではなくて、カミさんの用事に付き合うために休暇を取得していたので、カミさんと一緒に車でお出掛けです。カミさんの用事が済むまでの間、ボケーっとしているのもバカなので、PC を持参してお茶しながらまたまた仕事してました。今日はネットに繋がらないので、オフラインの作業を実施‥何たる仕事バカっつ~か、半分趣味になってますがな。困ったことだ。そんなこんなでカミさんの用事が終わった頃にはすでにお昼どき。昨日、今日とずっと頭が仕事に毒されているので、何を食べようかが思いつきません。美味しい蕎麦は食べたいんだけれど、下調べもしてこなかったしなぁ‥と思っていたら突然閃きました。「由比ガ浜の HANABI に行こう!」‥そうだそうだ、次にこのあたりでお昼を食べるときになったら入ってみたいと思っているラーメン店があったのでした。

ということで、13 時ちょっと前に店に到着。まずはベーシックなものを食すべし!の法則にしたがい「らーめん」(680 円)を注文。無料サービスの「麺大盛り」もお願いしました。で、出来上がってきたところが今日の写真。どちらかと言えば「つけ麺」が有名なようですが、個人的にはこちらのタイプのほうが好きなので。味は魚介系で自家製麺もいい感じです。チャーシューもメンマも大きめなのは嬉しいですねー。ホールの白胡椒と黒胡椒が置いてあるのがちょっと面白いと思いました。ラーメン店にありがちな「洒落っ気ゼロの店内」とは違い、ラーメンが出てくるのを待つまでの間も居心地のよさをどことなく感じる店内です。つけ麺はあまり好きでないのですが、次は「つけ麺を食べてみたい」と思わせる店でしたね~。

2010年12月23日 (木)
■ ペンキ塗り

塗りなおしたウッドデッキRICOH GX200 24mm ISO64 F8.1 1/410

わが家はマンション‥。いわゆる集合住宅というやつですが、集合住宅の最大のメリットは、建物自体のメインテナンスを個人レベルで実施する必要が無いということに尽きると思います。防犯という点でもメリットがあるのかもしれませんが、防犯はそもそも起きるか起きないかは分からない事項です。一方、確実に劣化する建物のメインテナンスのほうは避けて通れない事項‥つまり、既に起きてしまったこと(建物の傷み)に対処(修繕)しなければならないわけで、メインテナンス抜きに住環境を語ることはできません。一軒家は多くの人の憧れの的ですが、このメインテナンスがとっても大変。私も「小さいのでいいから一軒家がいいなぁ」と思うこともありますが、メインテナンスのことを考えると億劫になってしまいます。ま、その前にお金のほうが何ともなりませんが‥。

では、マンションならメインテナンスに何も気を使わなくても大丈夫か?というと、そうでもないです。というのは、マンション全体‥つまり、所有者全員がメインテナンスを実施するのは共有部分であって、人が住んでいる占有部分についてはやっぱり自分でメインテナンスしなければなりません。自分の分は自分で何とかしなさい‥というわけ。うちのマンションも数年前に大規模修繕工事があって、共有部分のメインテナンスをしました。その際、一旦ベランダのウッドデッキを撤去したのですが、それもだいぶ痛んでいてメインテナンスが必要な状態だったのです。ペンキを塗りなおさないとね~と言いつつ、数年が経過‥。いい加減にしびれを切らしたカミさんが、仕事関係で外装木部用の塗料を入手してきました。

PARA paints TIMBER CARE WS34RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/55

それが上の写真の PARA paints TIMBER CARE という輸入塗料。100% 水性アクリル塗料なので、塗膜に開いたミクロの穴が木の呼吸を助け、塗膜の剥がれも無い‥なんて謳い文句の塗料なのだとか。それはともかくとして、以前使っていたガーデニング用塗料に比べると「非常に塗りやすい」というのがカミさんの弁(私は塗ってないのです‥笑)。そうやって今日カミさんが塗りなおしてくれたのが最初の写真なのですが、色が白なので以前のグレーよりも家の中がさらに明るくなりましたね。ようやくウッドデッキが帰ってきて、ベランダに出るのも楽しく(?)なった感じです‥。この塗料、二度塗り以上で五年の耐久性が出るそうで、次のペンキ塗りは‥だいぶ先でよさそうです。

2010年12月22日 (水)
■ ハンノキ

公園の「榛の木(ハンノキ)」RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/760

先日、pen の No.280 「オトナの大学。」に載っていたのですが、大人になると時間の経過を速く感じる理由のひとつとして、「体の代謝が落ちていること」があるのだそうです。代謝が落ちることで、その分、体内時計の進み具合が遅いくなるということなのでしょう。その理屈は比較的分かりやすい‥例えば、実際の時間としては 60 秒が経過していても、自分の体内時計の時間が例えば 40 秒しか経過していなかったらどうなるか。「え?もう 1 分も経ったわけ?」となると‥。これが、大人になると時間があっという間に経過していると感じる理由の「ひとつ」なのだそうです。

う~ん‥そういえば、最近は昔に比べるとふだんの体温も下がったと思うのですよ。子供の頃なら 36.5 度とかフツーにあったのですが、今はたぶん 36 度くらいですから‥。つまりは、基礎代謝が落ちているということなのでしょう。これは、脂肪を減らして筋肉増やさねばいけません。というわけで(?)、あっという間に今日は冬至‥もうすぐ今年もホントに終わってしまうわけです。その、2010 年の冬至‥不気味なほどに暖かかったですね。今朝、家を出たときに「これって春先ですか?」と思ってしまったほどでしたから。まぁ、週末にはまた寒くなって冬らしくなるそうですけど‥。

急に暖かくなったので花が‥というわけではないですが、近所の公園にはハンノキの雄花の赤い色が目立つようになってきました。花なんてどこにも咲いてないじゃない?と、思うかもしれませんが、そもそも花の姿には色々とあるわけで‥。暖かい時期に咲く花ばかりではないですし、人目を引く花ばかりでもない‥そんな地味な花の中でも、写真のハンノキの花(雄花)は比較的目立ちます。さすがに写真では小さすぎてよく分かりませんが、枝先に穂のような赤っぽい花がたくさん咲いています。葉っぱが落ちたら皆同じ‥ではないので、観察してみると結構面白いですよ。

2010年12月21日 (火)
■ 組織とは何か

JR西前社長無罪を主張(2010年12月21日 読売新聞夕刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/60

JR 福知山線脱線事故からもう 5 年以上も経過しているのですね。事故の起きた 2005 年当時、その様子をうつした空撮映像か何かを最初に見た時に、「一体何が起きているのかが分からない」と思ったことを覚えています。それ程にこの事故は衝撃的でした。新聞によると、この事故によって 106 名の乗客の方と、運転手を合わせた計 107 名が亡くなられたとのことです。あらためてお悔やみを申し上げます。そして、この事故が起きた当時の前社長が業務上過失致死傷で在宅起訴され、その初公判が今日あったそうです。その初公判で被告たる前社長は「当時の自分の立場では、事故発生の可能性を予見できず、従って無罪である」といった趣旨のことを罪状認否で述べたそうです。別の言葉で悪い言い方をすれば、「俺よりもっと現場に近い誰かが悪いのだ‥」と。

組織の問題の責任は全てトップの責任である‥私はそこまでのことを言うつもりは毛頭ありません。巨大組織であればなおさらのこと、組織の末端までくまなく目が届き、全てを把握しなければならないのが当たり前である‥そんな、無理難題を押し付ける気もありません。しかし、問題の事故現場は誰もが「危ないとは思っていなかった場所」ではなく、少なくとも運転手の間では「危険個所である」といった認識があったという報道を以前ネットだか新聞で見た気がします。つまり、ある人(例えば前社長)にとっては青天の霹靂であったとしても、別の人にとって(例えば運転手)は「やっぱり起きてしまったか‥」ということだったかもしれないわけです。その「危険だと思う」という情報がどこかで止まってしまったわけで、前社長は自ら「私は裸の王様だったのです」と公言してしまったようなものだと思います。

おそらく前社長一人の責任ではないです。JR 西日本という組織の責任でしょう。しかし、人が組織をつくり、組織が人を作るのです。たとえ、長い年月を掛けて組織が社長を JR 西色に染め上げてしまったとしても、その組織を変えることが結局できなかった前社長にも責任の一端はあるはず。もちろん、社長まで声を届けることができなかった現場や中間レイヤーにも責任の一端はある‥。とはいえ、洋の東西を問わず「上にモノを申し上げにくい」のは誰とて同じものではないでしょうか。この事件の本質は、上に立つ者が下の者の声を真摯に受け止められない組織は死ぬ‥というところにあると思うのです。そういう意味では、司法がこの事件をどう結論づけるのかは非常に興味のあるところです。誰かを有罪にして、あるいは無罪にして終わる‥と、いう話ではない。どこまで本質に迫った判断が出るか、注目したいところです。

2010年12月20日 (月)
■ 911陰謀説

9・11テロの超不都合な真実 菊川征司著 徳間書店 5次元文庫 ISBN978-4-19-906032-8RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/90

2001 年 9 月 11 日といえば‥アメリカ人にとっては、心の奥底に刻み込まれた忘れることのできない日ではないでしょうか。一方、多くの日本人にとっては、「そういえば、そんなこともあったね」といった程度の記憶になりつつあるかもしれません。私の場合‥その衝撃的な映像を見たのが、札幌のススキノで飲んでいる時だったので、むしろそちらのほう(ススキノのスナックで飲んでいた)が印象に深く残っている事件といってもいいかもしれません。その夜は、テレビで(おそらく朝まで)繰り返し映像が流され、キャスターなり評論家なりが色々なことを喋りまくっていたはず‥。

あの事件は、一般的にはウサマ・ビンラディン率いるアルカーイダのテロであるということになってはいますが、それ以外にも「ある種の陰謀」に基づくものであるという説が多く出されているのを聞いたことがある人も多いことでしょう。私も YouTube なんかで色々と見たことはありますし、ネット上でそんな論調の記事も色々と見たことがあります。で、先日のことなのですが、Amazon あたりで本を探しているときに偶然この本が目に止まりました。ちょっと面白そうだから読んでみっか‥そんな軽い気持ちで買ってみました。先日、JAXAi に行ったときに入った丸善に置いてあったので‥。

まぁ、確かにあの事件には「どうにも納得の行かない」事象などが数多く指摘されているわけで、何だか怪しいぞ‥なるものもたくさんあります。また、この本でも指摘しているように、あの事件で金儲けをした人も数多くいるのは間違いないと思います。とはいえ‥この事件をごく一握りの人間が操っている‥というあたりはかなり眉唾モノです。まぁ、私も現実にこの目で見たり、この耳で聞いたりしたわけではなく、間接的に得た情報ばかりなので、何が真実か‥なんて、わかりっこないわけですが。とりあえず、この本は壮大なフィクションだと思って読んでみればそれなりに面白い‥かもしれません。

2010年12月19日 (日)
■ カードも相互乗り入れ

鉄道系 IC カード相互利用へ(2010 年 12 月 19 日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/143

平日、連日遅い日続きだったので、体がだるくてたまりません。今日も朝起きたはいいんだけど、朝ごはんを食べた後に日向で雑誌なんか読んでいたらもういけません。眠くてどうにもならず、読んではうたた寝して、また読んではうたた寝‥の繰り返しをしていたら昼になってしまいました。こんな日は、もちろんな~んもする気なし‥。それでも買い物だけは出なければならないので、昼過ぎに一回外出しましたけど、後は家の中で過ごします。それにしても寒いので、脚に毛布巻いて過ごしてましたが、夕方からはストーブの世話に‥。今日は早く寝よう。

さて、今日の写真は今日の新聞のトップ。JR 各社と全国の私鉄などが発行している鉄道系の IC カードを完全に相互利用可能にする方針を決めたそうな。利用開始は 2013 年春を目指しているとのこと。まだ、2 年も先の話ですし、私の場合はふだんの活動範囲が PASMO と Suica でカバーされたエリアに限定されていますので、「実現が待ち遠しい~」というほどのものではないのですけどね。とはいえ、時々出張で出掛ける札幌は「Suica は使えるのに何で PASMO はダメなわけ~?」という疎外感を味わうことなく済むようになりますし、カードが使えればやっぱり便利かも‥。

ただ、現時点でも Suica ユーザーは他社との相互利用が結構進んでいるので、Suica を持っている人にはさほど何かが変わるというわけではなさそうです。ちなみに‥Suica という名前は Super Urban Intelligent CArd から来ているそうなんだけど、「スイスイ行ける IC カード」という意味も持たせているのだとか(Wikipedia より)。それにしても‥全国に 10 種類あるという鉄道系カードですが、ほとんどが Suica と同じ「××カ」という 3 文字の似たり寄ったりの名前で、まるでパチモンの寄せ集めみたいですなぁ‥。その点、福岡市交通局の「はやかけん」っつ~のは個性的な名前で好感が持てます。

2010年12月18日 (土)
■ RAW 現像マシン

日経 WinPC 2011 年 1 月号RICOH GX200 24mm ISO109 F2.5 1/30

自称プロカメラマンのAパパは、もちろんプロのカメラマンではありませんが、散歩の時はいつもカメラを持ち歩いていて、みんなの写真を撮ってくれます‥ほぼ犬メインだけど。でも、とってもいい写真を撮ってくれるので、私も会社のオンライン名簿の写真には、Aパパが撮ってくれた姫と一緒の写真を使わせてもらってます。何たって自称プロであるからして、メインのカメラは Canon EOS-1Ds Mark III なんていうバケモノ。大きな声じゃ言えないけれど、最近、Image Monster も飼って(?)いるらしい‥。そんなAパパの目下の悩みは、モニターとプリンターの色ズレなんだそうな。

といっても、RAW ファイルを PC でゴリゴリやっているわけでもないそうで‥「え~。RAW でやらなきゃ!PC 作ってあげるからさ」(もちろん一杯奢り付きで!)「それって、20 万くらいで作れる?」「え~。それじゃあモニターも買えないんじゃ‥」なんていう話をしていたのは先週のこと。翌日、ネットでちょっと見てみたら、EIZO FlexScan SX2262W なんていういいのがあるじゃないですか。さらに調べると、最近発売になった FORIS FS2331 もカラーマッチングツールの EasyPIX に対応していて自称プロには丁度いいかも(笑)。モニターと EasyPIX を合わせて 5 万円台前半‥。こりゃ、20 万円もあれば楽勝で行けそうですよ。

Aパパは別に PC ゲームをやろうっていうんじゃないから、グラフィック性能は追求する必要なし。だけど、CPU のコア(スレッド)数を上げて、メモリを十分積んで‥という方向は目指さなきゃいけませんよね。Intel にコダワリが無けりゃあ、AMD Phenom II X6 1055T と J&W MINIX 890GX-USB3 を組み合わせて作ってみたいところ‥(自分の趣味かよ!)。いや、USB3 にもこだわらなければ、J&W MINIX 6150SE-UC3 が安くていいかもしれないですね。HD5x シリーズの安いグラボだって、890GX の HD4290 よりはパフォーマンス上だろうし‥。というわけで、20 万なんて行かずにできそうですが、Aパパどうしましょうかねぇ?

2010年12月17日 (金)
■ おはよう冬

欅RICOH GX200 24mm ISO64 F6.5 1/410

気象庁の気象データなんかを見ていると、今月に入ってから若干の上下はあるにしても気温がゆるやかに下降線をたどっていることが分かります。つまりは寒くなっているということ。それでもお昼頃であれば日差しが暖かさを感じさせてくれるわけですが、朝晩はそうも行きません。今日も姫を連れて朝の散歩に出たところ‥寒っ!風がないからいいようなものの、これで北風ピューピュー吹いてたら、速攻で引き上げたくなる感じです。明るくなる時間もだんだん遅くなってきたし、朝の散歩は辛くなりますね。

今週は帰りが遅かったのと、今日も間違いなく遅くなりそうだったので、朝もゆっくりでいいや‥と、いつもよりもさらに時間遅めな感じで家を出ました。なのですが、遅い出社でも今日は寒い‥。薄着してるので余計にそう感じるのかもしれませんが、やっぱり寒いです。と、思ったら、この冬一番の冷え込みということで、最低気温が摂氏 3.5 度。これは、横浜地方気象台の数字だから、このあたりはあと 1, 2 度くらいは低くてもおかしくないかも。というのも、落ち葉が霜で覆われてたし、場所によっては霜柱も立ってましたので‥。

いよいよ冬本番。冬よ、おはよう!という感じですが、考えてみりゃ今年もあと二週間ですからね‥。これから 3 月くらいまではちょっぴり寒さが辛いこともありそうです。とはいえ、横浜は冬型の気圧配置になれば今日のようにいい天気が続きますので、自転車ツーキニストにとっては意外といい季節。今日は来週のジテツー再開に向けて、休暇をとって自転車整備に費やすはずだったのですが、やっぱり出勤になってしまった上に帰りは終電のひとつ前という有様。いつもながら予定どおりには行かないものです‥。

2010年12月16日 (木)
■ 置くな!だけじゃなくて‥

自転車等放置禁止区域RICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/217

自転車が壊れたままなのです‥。wiggle で何買おう‥なんて悩んでおりますが、仕事のほうが何とも忙しくて部品を選ぶにあたっての調査なんていうものが全く出来ません。が‥とりあえず SRAM 化が浮上中。MR-4F も「バイバイ SHIMANO」を実現したいのでね。ま、さすがに今年の正月はゆっくり休めるだろうから、その時にでも色々と調べればいいや‥といった具合で、気楽に考えてます。それよりもまずは SURLY を復活させねば!でもね~、外は何だか寒くてね‥。なんて相変わらず言ってるものだから、今日もまた電車です。すみません。

ところで、自転車といえばフツーの人はせいぜい「最寄り駅までの交通手段」くらいしか考えてないわけで、駅からは電車に乗り換えるタイプの通勤・通学がほとんどでしょう。だから、最寄り駅に自転車を置きたいわけですが、昔と違って駅の周りの道路を「みんなで仲良く自転車置き場として利用する」なんてことができなくなりました。確かに狭い場所に自転車を置いてしまうと困るのですが、広い場所だったらうまく使えるんじゃない?と、思います。でも、役所のお偉いさんには自転車が汚いものにしか見えないので、自転車がとまっている風景を見るのは耐えられないようです。

だからこんな看板が立つわけですが、休日になればこの回りも「違法駐車」(笑)だらけですよ。平日は駄目だけど休日は大目に見てます‥ということなんでしょうか。平日こそ忙しくて大変だから、自転車乗ってきてもいいじゃない‥と、思うんですけどね。だいたい、駐輪場に停めなさいって割には駐輪場が遠いですよね。センター北は比較的新しいですからまだ近いほうなのかもしれませんが、毎日使うにはもうちょっと近いと嬉しいと思います。私は駅に自転車を停めることはありませんから困ることはありませんけど、行政はもっと自転車に便利な街づくりを推進して欲しいものです。

2010年12月15日 (水)
■ DHA

〆鯖作り中RICOH GX200 24mm ISO77 F2.5 1/30

ちょっと前に小鰭(こはだ)の話を書きました。カミさんは小鰭は食べたいとは思わないそうで、そうなるとウチの食卓に小鰭が出ることはありません。まぁ、あまり食べ方のバリエーションがある魚でもない感じなので、時々食べたいなぁ~と思うくらいがちょうどよい感じなのかもしれませんが‥。小鰭以外にも魚には色々な種類があるわけでして、そこらのスーパーあたりで売っている魚のことを考えても、肉よりは魚のほうがバリエーション豊富に置いてありますよね。下手すると肉は牛・豚・鶏の三種類しか置いてなかったりしますから。

まぁ、種類が多いからといって片っ端から順番に食べるというようなことは無いわけで、気がついたらいつも同じものを食べていた‥という程度だと思います。ところで、みなさんはどの魚が好きですかね?ニュースなどでは鮪の漁獲量削減が云々などという話題がよく出ていますが、そんなニュースがやっぱり気になるほどに鮪はたくさん売ってますし、実際みなさんよく買われてますよね。手巻き寿司なんかをやるときは、ウチも鮪を買うことはありますが、それ以外の時には鮪に手を出すことはまず無いです。「この値段出して食べたいか?」‥と思うと、手が引っ込むので。

ま、つまりはそれほど好きじゃない‥のでしょう。一方、ウチの中では私だけかもしれませんが、青魚であるとか、寿司では光物と言われるタイプの魚は大好きですね‥(鮪も青魚系らしいですけど)。一番好きなのは‥たぶん、鯖でしょう。煮ても焼いても美味しいですし、特に〆鯖なんて最高。DHA も多くて体にいいですしね‥って、鯖の缶詰は DHA 大量らしいですよ。私も酒のつまみがわりに鯖缶を時々食べてますけど、「缶汁も DHA を大量に含むので捨てずに使う」などと書いてあるサイトを発見しました。こりゃ、次からは最後まで飲み干さないといけませんかね。(笑)

2010年12月14日 (火)
■ 枯葉・落ち葉

くさぶえのみち‥冬景色RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/68

昨日から今日にかけて横浜地方の天気は雨でした。当たり前と言えばそれまでなのですけれど、冬の雨というのは雨が降ってものすごく冷えるときと、暖かくなるときのふたつのパターンがあります。昨日と今日の雨は、「昨日は寒く」て「今日は暖かい」‥そんな感じでした。ですから、どちらも冬の雨っぽい‥わけです。そりゃ、必ず寒いか暖かいかのどちらかに当てはまりますから、当たり前なのですけど‥ね。で、天気予報によれば明日からはちょっと寒くなるようですが、気温の高い低いにかかわらず、ここへ来て「さすがに冬になったね~」という感じが強くなってきたような気がします。

そう思うのは‥落葉樹の葉がだいぶ落ちて、緑道の風景などが「冬らしくなってきた」ことにあると思います。電車通勤のときに駅までの通勤路になっている緑道(くさぶえのみち)も、落葉樹の葉がすっかりと落ちた感じになってきてまして、空が広くなった感じがするのと同時に、写真のようにいつもは水が流れている「せせらぎ」がすっかり枯葉で覆われてしまいました。これぞ冬景色‥という感じでして、色彩的にはちょっと寂しい感じではありますが、私としてはこの感じも好きです。子供の頃だったら、この葉っぱの中にズンズン入っていって、深いところにハマって終わり‥でしたけど。

以前、同じことを書いているはずですが、結局のところは私が落葉樹好きなところに行き着くのですよね。春に新芽が出て、夏は鬱蒼と茂り、秋は美しい紅葉、そして冬は枯葉と落ち葉‥これほど四季を感じさせてくれるものがあるでしょうか。とかく寂しい感じのする冬景色ですが、落ち葉の積もったこの風景は大好きです。とかく嫌われ者の落ち葉ですが、こんなに美しいのにどうして嫌うの?という気がしてなりません。ま、キレイに片付けようと思ったら大変ですが‥。、片付けた後に、焚き火と焼き芋のご褒美があるとしたら‥一躍人気者になりそうですよね。

2010年12月13日 (月)
■ 壊れ‥た

MR-4F と通勤途中RICOH GX200 24mm ISO64 F5.7 1/153

何だか先週末くらいからだいぶ寒くなってきましたね‥。今日も一日雨が降って寒かったですし。ここ数年の 12 月の気温の変化を見ていると、12 月半ばからもう一段グッと気温が下がってくる感じなので、油断して風邪などひかないようにしたいところです。そう思って天気予報を見たら、明後日あたりからはやっぱり気温が下がってくるみたい。私は既に外に出る際には手袋と帽子を忘れないようにしているのですが、これ以上寒くなったらどうしましょうかね‥。カイロでも持つか。

さて、今日は雨なので電車で会社に行きましたが、実は先週の月曜日に MR-4F が壊れてしまったのです。最近、調子がイマイチな感じだなーと思っていたリアのエアサスが、完全に縮んだまま戻らなくなってしまいました。荷重を抜けば伸びる‥なんていう生やさしい状態ではなくて、引っ張っても伸びない感じでペシャンコになったままなのです。なので、サドルが低くなったままになってしまい、座った状態になると違和感アリアリです。違和感だけならともかく、リア側に荷重が掛かりすぎるのも困った状態。残念ながら、乗れる状態ではなくなってしまいました。

というわけで、リアサスの交換が必須になってしまったのですが、これを機会に 20inch 車に乗り換えちゃう?などとよからぬ思いが頭をよぎります。というのも‥ロックアウト機構付きのエアサスとなると、20,000 円超えになっちゃう感じなので。でもねぇ~、20inch ならきっと BRUNO になるだろうから、CrossCheck とカブるといえばカブるかもしれない。だったら、やっぱり MR-4F ドロップ化かなぁ。なんて思ってググッっていたら、wiggle なる英国の通販サイトを発見。ん、多少回復したとはいえ円が強い状況だからか‥安いじゃん!ちょっと悪い妄想にでも浸ってみよう。(笑)

2010年12月12日 (日)
■ 今シーズン初肉饅

自家製肉まんRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/17

今週は忘年会ウイークでした。水曜日にはお客様の忘年会に誘っていただいて、横浜にて飲み会。一次会、二次会、三次会まで行ってしまい、ヘロヘロの状態で帰宅‥。金曜日は会社の忘年会だったのですが、こっちは水曜日の反省もあって二次会まで(ま、それ以上の時間は無理だったけど)。その二次会は、チームの後輩を含めて 3 人で行ったのですが、仕事系のマジ話で盛り上がってしまいました。仕事を忘れてバカ騒ぎするだけではなく、たまにはマジメ系の忘年会も悪くないかも‥なんて、思ってしまいましたね。そんな感じで平日に忘年会が 2 回あったわけです。

毎年、ご近所の犬仲間とは、忘年会だ、新年会だ、たまには飲みに行くんだ‥といった感じで何かと理由をつけて一緒に飲みに行っているのですが、今年のシメとなる忘年会が昨日ありました。そんな感じで、私としては今週が忘年会ウイークでして、胃腸酷使週間が過ぎて今日はホッとしているところ。みんなで飲みに行くのはとっても楽しいですから、ついつい飲みすぎてしまって翌日になって反省‥という、とても反省しているとは思えないようなことを毎回繰り返しているわけですが、今年は最初以外はそうならずに済みました。その上、今日の朝はじっくりと寝て体力回復。

ということで、今日は買い物以外はどこへも行かないことにしてウチで大人しくしてました。自転車整備もしないとな~と、ずっと思っているのですが、それも来週以降の仕事に回して(来年に回さないように‥)今日はひたすら休み。ウチにずっといることに決めておいたので、カミさんが晩ごはんに手間がちょっとかかる自家製肉饅を作ってくれました。今シーズン初!写真にはちゃんと写ってないのですが、もうもうと湯気が出ていてとても美味しそう。外で食べる肉饅とは違って、具が薄味なのがメチャ美味しいんですよ~。今年のうちにもう一回くらいは食べておきたいところ‥です。

2010年12月11日 (土)
■ ノーベル平和賞

ノーベル平和賞 劉暁波氏出席できず(2010年12月11日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F7.2 1/570

2010 年のノーベル賞受賞式が、日本時間の 10 日午後 4:30 より行われたのだそうです。今年のノーベル賞には、日本人から化学賞に根岸英一氏と鈴木章氏が選ばれましたので、テレビのニュースなどでは受賞式の模様がずいぶんと流されたのではないでしょうか。資源の乏しい日本は、知財で何とか世界に貢献していかねばならないと言われてますので、こうしたニュースは嬉しい限りです。ノーベル賞の対象となったクロスカップリング反応の技術は、製薬業界を始めとして製造の分野に数多く利用されているものなのだとか‥。我々も直接ノーベル賞の恩恵を受けているのですね。

ノーベル賞は、その国際的な影響力からか、近年では選考に異議を唱える声などもあがるそうで、秘密裏と言われる選考方法には疑問を呈する声があることも事実なようです。ノーベル賞は、6 つの部門によって構成されていますが、中でもノーベル平和賞は色々と物議をかもすことが多いです。昨年は、現アメリカ大統領のバラク・オバマ氏がノーベル平和賞を受賞したわけですが、何らかの実績を残したとは言いがたい段階での受賞には、政治的な意図を持たせているのでは?という声も多かったかと思います。その、問題の平和賞‥今年は、中国の民主活動家である劉暁波氏に贈られたわけですが、当の本人は「国家政権転覆扇動罪」で服役中の身なのだそうで、何がしかの意図が感じられなくもない。

だいたい、中国政権は民主化活動には敏感ですから、劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞したこと自体にも猛反発し、関係者の代理出席を認めないばかりか各国に授賞式のボイコットを訴える始末‥。世界経済を握りながら大人になりきれない中国政府に対し、失笑を禁じえないのは私だけではないでしょう。職場に中国人が時々来るので、この事態を一体どう受け止めているのかを聞いてみたいところですが、なかなか敏感な話題ですからね‥難しいでしょう。私が思うに、「これは変だ」と思っている中国人も非常に多いと思うのですよね。それを感じとれない中国政府が何だかな~なのです。まぁ、上層部が大衆の思いとズレているのは、何も中国に限った話ではないですけどね‥。

2010年12月10日 (金)
■ サンタクロース

自然派の贈りもの(BE-PAL 2011年1月号より)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/36

♪昔、隣のお洒落なお姉さんは~、クリスマスの日、私に言った~♪ 松任谷由美の「恋人がサンタクロース」は、1980 年(昭和 50 年) 12 月 1 日にリリースされた SURF & SNOW の中の 1 曲‥Yuming 教信者の私の中では、ベストな曲と言っていいほどに好きな歌です。ホイチョイの「私をスキーに連れてって」の中でも使われていた曲なので、誰でも一度は耳にしたことのある曲ではないでしょうか。学生時代、スキーにはオヤジの車で出掛けていたわけですが、そのときに聴くと盛り上がるわけですよ。特に、スキー場からは一番遠い都内あたりで聴いたほうが、より効果的。

「恋人がサンタクロース」の歌詞はネット上に公開されているので、知らない人は見てみるといいと思います。「サンタは絵本の中にいるだけじゃなくて、ホントにいるんだよ。あなたも大人になったらわかるから」‥と、隣のお姉さんに教わった少女が大人になり、「私にも(お姉さんの言ってたことが)明日になったらわかるはず」‥なんていうお話です。大人こそサンタを信じているんだよ‥そんなメッセージなのですかね。もっとも、サンタは白い髭を生やしたお爺さん風情なのではなくて、ずっとずっと若い今で言うとイケメン系の男性のことのようですが‥。もちろん赤い帽子もかぶっちゃいないだろうし。

で、サンタクロースといえばプレゼント!ですよね。「恋人がサンタクロース」の主人公の少女時代と一緒で、今やサンタが本当にいるとは信じていない子供ばかりになってしまったかもしれませんが、これまた歌と一緒で大人こそサンタを信じて、サンタの代わりになってプレゼントを大事な人に贈ればいいんじゃないかしら。今日の写真は BE-PAL の 1 月号ですが、プレゼント特集の中に Sinn 103.B.SA.AUTO が!さすがにプレゼントとしておいそれと買える値段ではありませんが、「Sinn だー!」って最近騒いでいるので笑ってしまった。いやぁ、私にもサンタが来てくれませんかねぇ~、信じてるんですけどっ。(笑)

2010年12月09日 (木)
■ Nikon D3s

Nikon D3sRICOH GX200 24mm ISO64 F9.1 1/52

みんながみんなそうかどうかは分かりませんが、何かを買ったりする際に「贔屓にしているメーカー」というのがあったりしないでしょうか。あるいはブランドでも同じですが‥。使いやすい、カッコいい、機能が優れている、デザインが好き、ステータスを感じる‥好きな理由は様々だと思いますが、メーカーなりブランドなりのアイデンティティに共感する部分があると、そういう感覚を持つようになるかと思います。それとは逆に、何となく好きじゃない、惹かれるものがない‥酷いのになると絶対に買わない‥といった感覚を持ってしまうメーカーなり、ブランドなりもあるでしょう。

私の場合、カメラ関係で言うと、Nikon が後者のメーカーでした。その理由が何なのかは分かりませんが、中学校の頃からそうだった。今がどうなのかは知りませんが(おそらく同じ傾向でしょうが)、当時の Nikon はものすごく高価なカメラでした。普通の中学生が小遣いやお年玉を貯めたところで買えるシロモノではなかったかと思います。なので、実際のところは高嶺の花に「憧れていた」ということなのです。今は絶対に買えないけど、いつかは Nikon ‥そんなふうに思っていたのに、同級生の嫌いな奴が Nikon を持っていた。それで嫌いになってしまった‥と、おそらくその程度の理由だったと思います。

まぁ、ものの好き嫌いなんてその程度の理由だったりするわけですが、その程度の理由で嫌われたメーカーはたまったものではないですよね。というわけで(?)、先日、横浜のヨドバシに行った時に、今までは全く見ることの無かった Nikon のコーナーでプロ向けのハイエンド機を触ってみました。それが写真の D3s なわけですが、当たり前ですけど凄いですね‥コイツ。音からして全然違うわけでして、値段ももちろんプロ級。こんなのが使いこなせるようになったら写真も楽しいんだろうな~なんて思いながら、やっぱり Nikon は私が買うカメラの中には入らなさそうな気がしました(もちろん、D3s 以外ですが)。何ででしょうね‥。

2010年12月08日 (水)
■ あかつき

あかつき軌道投入失敗(2010年12月8日 読売新聞夕刊より)RICOH GX200 24mm ISO77 F2.5 1/30

惑星とは‥恒星の周りを回っている天体のことを言うわけですが、その定義には統一的なものがあるわけではなく、色々な議論があるようです。その例を示すものとして、我々が子供の頃には、太陽系の惑星といえば「すいきんちかもくどってんかいめい(水・金・地・火・木・土・天・海・冥)」の 9 個であると覚えたわけですが、2006 年に開催された国際天文学連合総会において、冥王星は惑星の仲間から外されてしまったことが挙げられるでしょうか。つまり、現在の定義によれば、太陽系惑星は全部で 8 個になります。

地球ももちろん太陽系惑星のひとつですが、惑星の中でも地球より太陽に近い軌道を回っているものを内惑星、地球に比べて太陽から遠い軌道を回っているものを外惑星と呼んで区分しています。実際に 3 つの玉を用意して、太陽・地球・他の惑星のみっつに見立てて動かしてみると分かるのですが、地球から見た内惑星は太陽からある程度の距離までしか離れることができず、夜中に内惑星を見ることはできません。地球のひとつ内側を回る金星が、明けの明星・宵の明星と言われて親しまれているのは、そんな内惑星ならではの特徴によるものなのです。

その金星を調査するために 5 月 21 日に打ち上げられた金星探査機「あかつき」が、金星の周回軌道に乗るための主エンジン噴射を行ったのが昨日の朝。しかし、予定よりも短い時間しか噴射できなかったことで、金星の周回軌道に乗れなかったという悲しいニュースが入ってきました。軌道投入失敗とはいえ 6 年後に 2 回再投入のチャンスはあるそうです。はやぶさの例もありますから、何とか 6 年後のチャンスで成功して欲しいとは思うのですが、実際にはなかなか難しいのだとか‥。今、日の出前には金星が東の空に美しく輝いていますが、どことなく悲しげな美しさに見えてしまうのでした。

2010年12月07日 (火)
■ 大学

pen No.280 2010 総力特集「オトナの大学。」RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/84

大学‥日本の最高学府にあたる教育と研究の最高機関。こんな私ですが、大学には六年間通ってました。いや‥高校卒業直後に、一年間代々木大学に行ってたので、都合七年間になりますか‥って、それはまぁ冗談ですが。六年間大学に行っていたのは、単位を落としまくって留年していたからではなくて、学部を卒業した後に博士課程前期(修士)の二年間をさらに大学で過ごしたのが理由です。それほどに勉強が好きで熱心だった‥なんてことはあまりにも嘘くさくて言うのが憚られるほどですが、勉強がしたくなければ進学するわけはないので、少なくともキライではなかった模様です。

ですが‥キライではなかったとはいえ、全部の勉強が好きだったわけではないです。興味のある分野、知的好奇心をくすぐられる科目はもちろん限られているわけです。だから、自分のやりたい勉強だけをつまみ食いしているオトナから、好き嫌いせずに勉強できるうちはやっておけとか言われるのは心外だったのですが、自分がいざオトナになってみると「思う存分勉強ができるって幸せだなぁ‥」などと、試験勉強で死にそうになったことなんてすっかり忘れて言ってしまうわけです。オトナって嫌ですねぇ‥。でも、とりあえずそのための時間があるっていうのは羨ましい。

というわけで、優秀な成績からはほど遠く、成績が加山雄三(可が山のようにあるのに優が三つしかない)だった私でも、こういう「取っ付きやすそう!」と思える本にはついつい飛びついてしまったりします。とはいえ‥買っただけでまだほとんど読んでないあたりが、学生時代をそのまま引きずっている気がしなくもないですが‥。まだまだ仕事が忙しいだけで、会社のために身を削っているような感じですが、もうちょっと自由な時間が増えてくれれば勉強もしちゃうのになぁ~と思うわけ。ほとんど何の役にも立たないかもしれない知識でも、新しいことを知るのってワクワクしますものね。

2010年12月06日 (月)
■ SIGMA DP2s

SIGMA DP2s カタログRICOH GX200 24mm ISO64 F9.1 1/203

腕時計欲しい欲しい病のほうは相変わらずですが、だからといってカメラ欲しい欲しい病が治ったわけではないのです。だいたい‥この二つの病気は「治るあてのない病」であって、欲しいものを買ったとしてもそれは一時的に症状が治まっただけに過ぎないのです。世間では、これを一般的に「泥沼にはまる」という表現をしたりします。泥沼にはまらないためには、沼に近づかないようにするしかないのですが、人間って見ただけでいつの間にかどんどん近づいてしまうという悪い癖がありますからね。

とりあえず、今のところは RICOH GX200 を持ち歩いて生活しているわけで、カメラの無い生活というわけではありません。その GX200 ですが、ちょこっとピントの調子が悪いときがある以外は(って、それは故障だと思うのですが‥)、まぁ文句のないコンパクト・デジカメと言っていいと思います。なのですが、GR と GXR に挟まれてカメラ好きの人から支持されていない感じがするのがちょっと残念ですかね。いいカメラなのに何だか物足りない気がする‥きっと、強烈な個性も無いかわりに大きな欠点も無い‥そんな優等生ぶりがそう感じさせるのだと思うのです。

もともと個性なりアクの強いものが好きな性格なので、コンパクト機にしてももっと異彩を放っているものがいいなぁ‥なんて思ってしまったり。なので、デジイチはいずれ買うにしても、コンパクト機も変なのが欲しくなってしまっている今日このごろです。そして‥個性的な一台といったら、SIGMA の DP シリーズを挙げないわけには行かないでしょう。コンパクト機と呼ぶのは申し訳ない機種ですが、サイズは GX200 とさほど変わらぬコンパクトさ‥。泥沼に近づくべからず!と言っておきながら、どんどん近づいている気がするのは気のせいでしょうか。

2010年12月05日 (日)
■ 麺場 浜虎 塩鶏そば

麺場 浜虎 塩鶏そばRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/14

今日は、姫の写真を撮ってもらいに本牧まで行ってきました。かつて、マイカル本牧と呼ばれていた(というか、今もそう呼ばれているのかしら?)場所にあるベイタウン本牧 5 番街の 4F ‥モトマチドッグ本牧で、お知り合いが犬の出張撮影をしているということなので行ってみたわけ。しかし‥本牧のあたりは寂れてしまいましたね。かつては磯子方面に向かう道沿いに、結構な数の、それなりに名前を聞いたことのある商品を扱うような店舗があったと思うのですが、今では全て空き状態になっており、「テナント募集」の張り紙が見えるだけ‥です。まぁ、お世辞にも場所がよいとは言えない(交通の便が悪い)ですからねぇ。

で、撮影にはご近所のアンディさんと一緒に行ったのですが、出掛けたのがちょうど昼時だったこともあり、人間の食事を済ませてから行こうということにしました‥。先週の日曜日にも横浜駅に行ったのですが、その時に行ったラーメン屋に今日も行きたいというカミさんの意見により決定。場所は、横浜駅周辺の店舗としては、やや外れた位置にある鶴屋町 1 丁目‥。自動車で横を通り過ぎたくらいでは、それがラーメン店であるとは分からないかもしれない地味目の店‥「麺場 浜虎」という名前のラーメン店っぽくない店舗ですが、個人的には派手な看板やら幟だらけの店舗はどうも‥なので、好感が持てます。

なぜカミさんが二週続けて同じラーメン店に来たいと思ったのか。それは、先週食べたのが XO 醤入りという「醤そば」だったのですが、そのときに隣にいたカップルが食べていた塩味のやつがとても美味しそうに見えたから‥だそうです。というわけで、今日はカミさんも私も「塩鶏そば」を選びました。680 円の醤そばに対して、塩鶏そばは 830 円とやや高め。玉子入りというのを勘案しても、ちょっと高いかな?という感じです。塩系のラーメンって、食べた後にたいてい「やっぱり醤油にしとけばよかった」と後悔することが多いのですが、これはそんなことも無かったですね。でも、私としては醤そばのほうが好み‥かも。

2010年12月04日 (土)
■ 小鰭

RICOH GX200 24mm ISO92 F2.5 1/30

今日は上の娘の誕生日。恐ろしいことに(?)今年で満 18 歳になりました。まだまだ小さくて可愛かったのが、つい昨日のような感じがするんですけどねぇ~。それが今や‥こりゃ、私もカミさんも歳をとるわけですよ。だいたい、自分が 18 歳の時って‥もちろん随分と昔のことなんだけど、小学生くらいのもっと小さい頃が自分の想い出の中でもセピア色になっているとしたら、18 歳の頃はまだまだ十分にカラーなのです‥総天然色。その頃には、同じ部活の仲間として既にカミさんとは知り合いだったわけでして‥それを考えると怖い感じがするのです。娘ももうそんな歳になったのか‥とね。

誕生日くらいは食べたいものをどうぞ!ということで、上の娘のリクエストに従うことにしたところ、うちで作る(とはいってもカミさんが‥ですが)「肉まん」が食べたかったらしいのです。しかし、今日は朝から色々とありまして、ダメ押しとして夕方にはカミさんが会社に行って仕事をせねばならなかったこともあり、仕事から帰ってきたのは 20 時半‥。当然、そこから肉まんを作り出したりしたら、食べるのが夜中になってしまいますので、仕方なく外食に行こうという話になりました。で、好きなものを食べていいというと、寿司が食べたいと言います。先日、上の娘抜きで寿司に行ったのをどうも恨んで(?)いるらしい。ということで、センター北のびっくり寿司へ行きました。

全体的にちょっと値上がりしたことも影響してか、くら寿司あたりに流れちゃうのでしょう。でも、混んでないのは嬉しい。私は板さんとちょっとした話をしつつ頼みながら食べたいので、回転寿司はどうにも嫌なのです。車で行ったため、残念ながらお酒は抜きだったので‥4 人でも安めでした。そんなわけで今日の写真は、私の好きな小鰭(こはだ)です。小鰭は鰶(このしろ)の幼名ですが、「”この城”を食う」という語感から武士階級には忌み嫌われた魚だそうな。それどころか、切腹前に最後に食した魚だったりして切腹魚なんていう有難くない名前まで付けられていたのだとか‥。つまり、武士はこんな旨い魚を(食べられたとしても)生涯で一度しか食べられなかったわけで‥武士に生まれなくてよかった‥と、しみじみ思ってしまうのです。

2010年12月03日 (金)
■ 葉っぱ星

RICOH GX200 24mm ISO64 F3.2 1/45

横浜近辺にお住まいの方、今朝の雨は大丈夫でしたか?ちょうど会社や学校に行く時間にひどいことになってしまった方も多かったのではないでしょうか。今日のわが家は、カミさんが一番最初、次に上の娘、下の娘‥そして最後に私‥という順番で家を出ました。カミさんが出て行く時も結構強い降り方をしていたのですが、それからしばらく後に「何なのこれは!!!」という程の物凄い土砂降り。家の外を見ると、視界が真っ白でちょっと先が見えないほどでした。ここまで凄い降り方は初めてかも~。

さすがにこれはちょっと出られない感じ‥地下鉄が止まってるという情報が友人から入ったこともあり、上の娘は家を出るのを見合わせていました。そうしたら、ホンの少し待っただけで止んでしまうほどに弱い降りになりました。さっきの降り方は何?というほどの「瞬間集中豪雨」でしたね。あの瞬間に外を歩いていたりした人はどうなっちゃったでしょう‥ご愁傷様ですとしか言いようがありません。結局、最後に私が家を出るころには、おおかた雨も止んでしまって晴れ間さえ見える始末。今朝の天気は一体何だったの?という感じでした。

雨も止んだし自転車で‥とも思ったのですが、会社の近辺は雨が降っている感じだったので、今日は電車で行くことに‥。あれだけ降ったらきっとすごいことになっているだろうと、駅まではいつもどおり緑道を行きましたら‥予想どおりで、公園の池がすごいことになってました。緑道の水溜りも凄かったですが、枯葉が雨で流されて面白い模様を描いたりしてて、見ているだけで楽しいです。写真はそのひとつ‥どうしてこんなふうに集まるのか分かりませんが、見ようによっては(裏返しの)プレアデス星団のよう。まさに「葉っぱの星」ですね。

2010年12月02日 (木)
■ マルタイ「九州発」シリーズ

マルタイの「九州発」シリーズRICOH GX200 24mm ISO77 F2.5 1/30

今では自分でも信じられないことなのですが、私が子供の頃は全般的に麺類が好きではありませんでした。「好きではない」という消極的(?)なものではなく、キライだった‥と言ったほうがより近いかもしれません。妹は麺類好きでしたが、私はどうにも‥でした。唯一、夏場に食べる冷やし中華だけは好きだった記憶があります。逆に一番キライだったのは、同じく夏場に食べる素麺だったかと思います。どうしてそんなに麺類好きではなかったのか‥今となっては信じられないので分かりませんが、今ほどに美味しいものが無かったということなのかもしれません。

今はもう麺類大好き!もちろん、昔と同じでゴハンものも大好きですけどね‥。子供の頃の反動なのか、今では外で食べる昼食はまず麺類が筆頭メニューです。外食に限らず、ウチで食べるご飯でもパスタを筆頭にして麺類をよく食べていると思います。娘ら‥特に下の娘は「食いしん坊盛り」ですので、食料庫にはカップ麺も欠かせないのです。小腹が空いてカップ麺でも食べるかなぁと思うと、何もなかったりすることがあるので、OK で買い物をする際にはたいていカップ麺を数個仕入れておきます。自分としては定番があるわけではなく、購入時の気まぐれで目についたものを買ってくる‥という感じ。

で、先日も同様に OK で買い物をした際に、マルタイのカップ麺三兄弟を発見しました。それが写真のもの。ご覧のとおりで、博多ラーメン、熊本ラーメン、鹿児島ラーメンと全てが九州のラーメンです。まぁ、マルタイが福岡の会社ですので、至極順当な品揃え‥という感じですが。マルタイといえば棒ラーメンが有名かと思いますが、最近は食べた記憶が無いのです。その棒ラーメン‥写真のカップ麺と同じシリーズで、他に長崎と宮崎があるようで、今度、ぜひ食べてみたいですなぁ。ちなみに‥この 3 種類の中では、90 秒でできあがり!の、博多ラーメンが個人的には一番好みでした。