14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2011年01月31日 (月)
■ 100%

通勤途中にてRICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/290

早いもので今日で 1 月も終わり。つい先日、正月になったばっかりのように感じるのに、既に 2011 年の 1/12 が終了してしまったというわけ‥早い。さて、2011 年の自転車通勤は、1 年と 2 ヶ月ぶりに復活した SURLY CrossCheck に活躍してもらっているわけですが、ひと月が経過したということで 2011 年の自転車通勤を占ってみましょうかね。ま、占うとは言っても、水晶の玉を覗いたりするわけじゃないですが‥。

1 月の自転車通勤ですが、札幌に出張に行っていた先々週の 4 日間を除くと、パーフェクトでした!つまり、有給休暇を取得して休んだ 1 月 4 日と、出張期間の 18 日~ 21 日以外の平日は全て、CrossCheck に乗って会社まで行ったということになります。その日数は 14 日。私の通勤路は往復で 36km ありますので、14 日自転車に乗ると 504km 以上は走ったということになるわけです。塵も積もれば‥で、毎日乗ってりゃあ距離もそれなりに増えると。

逆に自転車通勤ばかりだったので、今月はまだ通勤のために電車に一度も乗っていません。電車の乗り方忘れちゃうな~、などという心配はありませんが、ホントに乗ってないですね。さすがにこの状況が 1 年続くとは思えませんし、もちろんあり得ないわけですが、しょっぱながこれだけ好調だと、今年 1 年の間に自転車通勤で 5,000km を突破するのは夢ではなさそうです。ここ 2 年ほど自転車通勤が低調だったので、今年はガンバりたいところです。

2011年01月30日 (日)
■ 樽酒

鏡割り準備中RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/104

毎年、この時期になると餅つき大会があるのです。去年はインフルエンザやらノロウィルスやらの大流行のため、餅つきは実施しなかったので、2 年ぶりの持ちつき大会‥なのですよね。一応、餅つきのお手伝いを毎年やっているので、今日も朝からお手伝いに行きました。でも、お手伝いは当日だけのサポートですから、事前準備から忙しい役員さんと違ってとっても楽なんですけどね‥。

で、その餅つき大会の目玉のひとつがコレ‥樽酒なのです。樽酒の手前に紅白のテープが巻かれた木槌が置いてあるのが分かると思いますが、やっぱり樽酒といえば「鏡割り」なのです。小槌で蓋を叩いて割るというアレです。でも、あれって「いきなり木槌で蓋を割っている」というわけじゃないんですね。ちょっと考えてみれば、蓋以外もブチ壊したら大変なことになるというのは分かるので、そりゃそうだよな‥と思うわけですが。

というわけで、鏡割りのためにあらかじめ蓋を外す作業をやっているのが写真です。この作業は酒屋さんがやってくれるのですが、見ていると結構大変そうです。でも、そんな準備を経てちゃんと鏡割りをやるからこそ、美味しい樽酒が飲めるわけでして、瓶に入っているお酒を飲むのとは、ひと味もふた味も違うのです。こいつが美味しいのだ‥と、いうことに皆が気づいたので、スグに無くなっちゃうのが残念なんですけどね~。

2011年01月29日 (土)
■ 休肝日

ESTRATEGO REAL 箱買い!RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/73

年末年始‥というには、もう日が経ちすぎた感じですが、年末年始は、忘年会だ、大晦日だ、正月だ、新年会だ‥と、何かとお酒を飲む機会が多いですよね。私も何だかんだ言って飲み会があったような気がしますし、「そんな飲んでませんから‥」と言っても誰も認めてくれない程度(?)に飲んでます。いえ‥たくさん飲んでます‥すみません。もちろん、どれだけ飲んだのかなんてことを量っているわけはないのですが、一体どれくらいなんでしょうねぇ‥。

飲み会のときに飲みすぎてるから‥というわけではないのですが、今年の目標は「平日は休肝日」なのです。平日と言っても、金曜日は除く‥ですけどね。それでも月曜日から木曜日までの 4 日間が休肝日。もちろん、金曜日を含む 3 日間は飲んでもいい日‥です。あ、これは「自宅での飲酒は無し」という意味ですから~。会社系の飲み会があるのは、もちろん平日ですから、「いえ、今日は休肝日ですから飲みません」などとヤボなことは言いません。ま、飲み会自体があまり無いのでね。

というわけで、今月の平日は「札幌出張の期間」と「カミさんの誕生日」以外は飲んでないかも。しばらくすると、ハラ周りが締まってデブ度が低下することが期待されます。ガンバレ!オレ。さて、写真はどうみてもワインですが、もちろんそのとおりで ESTRATEGO REAL です。吉祥で「絶対に箱買いすべき!」なんていうポップが踊っていたので、箱買いしてきちゃいました(先週末)。自宅にストックがあると、どんどん飲んじゃう‥という危険性(?)もなく、週末に少しずつ減ってます。ビバ!休肝日。

2011年01月28日 (金)
■ 遺伝子組み換え生物

デング熱対策に遺伝子組み換えの蚊を利用(2011 年 1 月 28 日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/290

早いもので、もう 1 月も終わろうかという勢いです。今月は、祝日があったり、先週は札幌に行ったりで、丸々一週間(5 日連続)を自転車で通勤したのは今週が始めてでした。やはり、5 日連続で自転車に乗ると、それなりに疲労が蓄積してるな~と感じますねぇ。とはいえ、新しい自転車もだいぶ体に馴染んできましたし、もう少し時間が経てば、疲れも最小になってくることでしょう。さすがに「疲れ知らずだぜー!」なんてトコロまでは行かないでしょうけど。

さて、今日の話題は読売新聞朝刊に載っていた写真の記事。熱帯地方に多い病気である「デング熱」は、ワクチンも予防薬も無く、有効な治療法も無い厄介な病気で、世界中で毎年 12,000 人が命を落としているそうです。デング熱対策ということで、デング熱を媒介する蚊の幼虫が成長できないように、遺伝子操作を施した雄の蚊を試験的にマレーシアの森林に放ったのだとか‥。その遺伝子操作された雄の蚊を開発したのは、英企業のオクシテックという会社だそうな‥。

有効な治療法・予防法が存在しない病気を何とかしたい‥という気持ちはもちろん分かるのですが、それを遺伝子操作した生物に託すというのは‥ちょっと納得が行きません。何か人間にとって困ったことが起きるかもしれない‥というレベルではなく、間違いなくヤバいことが起きると思います。ヤパいことが起きてしまった場合にどうするか‥ということまで考えていてくれるのでしょうかね‥。そこまで考えているとは思えないので、これに対応する術を各人が備えなければならないのでしょうかね。

2011年01月27日 (木)
■ カラオケ

REBECCA FRIENDS の PVRICOH GX200 24mm ISO135 F2.5 1/30

カラオケというのは日本発のものである‥というのは、よく聞く話ですが、その日本発のカラオケをみなさんはどれくらい楽しんでいるでしょうか?私の場合、カラオケは嫌いではありませんが、積極的に行くほどに好き‥というわけでもない。でも、嫌いなわけではないので、行けば何がしか歌いますけどねー。って、先週も札幌で歌ったような気が‥。それこそ、札幌に毎週のように行っていた時期は、毎週のようにカラオケにも行っていたような気がします。さすがに今では不可能な生活ですが‥。

歌を歌うこと自体は好きですが、問題は私が歌いたい曲が基本的に女性ボーカルの曲‥ということ。リアルな私をご存知の方は、私の声が「全く女性ボーカル向けでない」ということが分かるかと思います。というのは、私の声はキーが低すぎるのですよ‥とにかくキー調整が難しい。とはいえ、低いからこそ「電話で話されるとゾクっとする」などと、仕事仲間の女性にも言われたりするんです‥おお!でも‥その後に「××さんの声 "は" いいんですけどね~」というオマケが必ず付くんですけど‥。ガクッ

そんな私ですが、今なぜか REBECCA の FRIENDS にハマってます(古ぅ~)。通勤の行き帰りに自転車に乗りつつ歌ってる‥オッサンが女性ボーカルの歌を歌っているのも不気味なので、人気の無いところ限定にしていますが‥。でも、音楽がついてないのはつまらないですね。最近、会社の先輩が「ひとりカラオケ」に凝っているそうで、私もやってみちゃおうかなーなんて思うわけです。でもねぇ~、歌というのは「みんな一緒」だから面白いのですよね‥誰かカラオケ行くって言わないかなぁ。

ところで‥新しい "FRIENDS" もちょっとイイ感じですね!

2011年01月26日 (水)
■ 蝋梅

蝋梅の花RICOH GX200 24mm ISO84 F5.7 1/440

今週、ちょこっと雨が降ったりした日もありましたけど。年明け以来、横浜は天気のよい日が続いています。もちろん、雨が降らないだけで曇っている日もありますが、今日のように澄み切った青空が広がる日も多い。こんな天気のよい日の朝は「あ~、天気がいいって何と気持ちのよいことか!」と思ってしまうわけでして、自転車に乗るのが殊更に楽しいわけです。ただ、行きはよいよい帰りは怖い‥で、夜がちょっと寒いのがキツいのですが。

とはいえ、冬の自転車通勤は思っているほどには苦痛ではありません。だいたい、天気はいいですし、汗ダクになる夏の通勤に比べるとずっと快適とも言えます。これは、自転車通勤を続けている人であれば分かるはず。そういえば、2011 年に入ってからは、札幌に出張に行っていた時を除けば全部自転車に乗れてますので、今のところジテツー率 100% を達成していることになります。そして、現時点での週間天気予報を見る限り、ジテツー率 100% の状態のまま 2 月に突入できそうです。しめしめ。

さて、この楽しい冬の自転車通勤ですが、今年も通勤路上に蝋梅が咲いておりまして(そりゃ普通は毎年咲くわな‥)、とてもよい香りを楽しんでいます。他の花にもよい香りのするものはたくさんありますが、私の通勤路で遭遇する花の中では、この蝋梅がダントツにいい香り(ジャスミンのような香り)を振りまいていると言えるのです。他に目立った花も咲いていない季節であること、天気がよい日が多くて青空と花の色の対比がキレイなこと‥あたりも高得点でしょう。もちろん、私が好きな花のひとつでもあります。

2011年01月25日 (火)
■ 一輪

バラを買いましたRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/5

年が明けて‥って、それはもう既にひと月も近く前の話になってしまいますが。去年ほどではないにせよ、今年に入っても何だか忙しい感じが続いています。このご時世にあって忙しいのは有り難いわけですが、何事にも限度が‥。ま、そうはいってもね、人並みな生活はできていると思うので、文句は言っちゃいけません。それほど忙しい忙しいとは言っていても、今日ばっかりは早く帰ってこなければなりません。それは‥今日はカミさんの○×歳の誕生日なもので‥。

なんて、伏字にしたところで「カミさんとは同級生だった」などという話を書いているので隠していることにならないわけですが、まぁ、直接書かないってことで‥。最近、毎日遅いので、せめて誕生日くらいは早めに帰ろうと、早い時間に会社を出てきました。会社を早く出るのにはもうひとつ理由があって、センター北の都筑阪急が開いている時間に帰ってこなければならないため。都筑阪急は 20 時までなので、遅くとも閉店 10 分前くらいには阪急に入りたい‥って、それを早いとは言わない?

都筑阪急での買い物は‥写真の花です。花束じゃなくて、一輪ですけど。ここ何年か、カミさんの誕生日にバラの生花を一輪だけ買って帰ることにしているのです。花束にしちゃうと高いし、食えない高い花束よりも旨いワインでも買ったほうが確実に感謝される‥っていうオチだし。でも、上の娘に言わせると、一輪のほうがカッコイイらしいですよ。みなさんもいかが?てなわけで、このままハンドルに乗せて家までひとっ走り。明るい時間で人に見られたらちょっとだけ照れくさいかも‥。

2011年01月24日 (月)
■ 「人間」対「コンピューター」

コンピュータvsプロ棋士 名人に勝てる日はいるか(PHP 新書 岡嶋裕史著 ISBN978-4-569-79435-8)RICOH GX200 24mm ISO84 F2.5 1/30

今日の会社帰り‥なぜか雨に降られてしまったのですが、もちろん自転車での通勤でした。今年に入ってからは‥まだ大して日数が経過していませんが、今のところは自転車通勤率(ジテツー率) 100% を保っています。ジテツー率が高いというのは、それはそれで嬉しい限りなのですが、ジテツー率が高いと困ることもあるのです。それは、通勤時間を使って本を読むことができない‥と、いうこと。ま、その分、モノを考える時間を捻り出せているので、どちらかが悪いとも言えないのですが‥。

一方、先週はほとんど札幌に行っていたこともあり、いつものように自転車に乗れない分、仕事場への行き帰りに本を読むことができました。特に飛行機に乗っている時間は、たとえ羽田⇔千歳間とはいえ、ふだんより時間は長め。その、読書タイムのお供に持って行ったのが、写真の「コンピュータ vs プロ棋士」という本でした。これは、昨年の 10 月‥コンピュータが清水女流王将に勝ったという記録とともに、コンピュータがどうやって次の一手を決めるのか‥といった話が書いてあります。

IT 業界のはしくれとして生きるもの(って、私のこと)にとって、コンピュータがどうやって「あまたある手」から、最適と思われる手を捻り出すのか‥という話は大変面白かったです。それと、この本でとても気を使っているな‥と、感じたのは、コンピュータとはいってもその背後にはプログラマー(デザイナー)としての人間が存在しているのだ‥ということを繰り返し書いていたこと。これは大事なことだと思うのです。でもそれは、人間が超えられてしまうわけはない‥という驕りに近い感覚なのかもしれませんけどね。

2011年01月23日 (日)
■ 北郎の硬め麺は‥

北郎のラーメン(豚増し小)RICOH GX200 24mm ISO135 F2.5 1/30

昨日やってた仕事は昨日のうちに終わらず‥夜中までやったんですけどねー。なんて、エラそうに言ってますけど、酒片手に飲みながらやっているわけですから、「やっているつもり」のことが全然できていなかったりして、効率の悪さは折り紙つきです。ま、半分遊びでやっているようなものですから、うまく行かないとしても誰からも叱られたりはしないわけですが‥。仕事とは言ってますけど、仕事をしていることにはなってませんしね。

だからといって、際限なくやっているのはアホなので、今日は少し手抜きをしようかな‥と。というわけで、姫を連れ出してみんなと散歩に行こうということにしました‥というか、みんながいつも行っているところに、姫がくっついて行くだけなのですが。今日は、帰りがけにみんなでお茶タイムを設けたりして、楽しい散歩になりました。帰ってきた後は、姫をそのまま風呂に直行させて、昼間の暖かいうちに姫シャンプー。

姫のシャンプーが終わったら昼になってしまったので、久しぶりに北郎に行ってみました。ですが、相変わらず量が多い。もちろんそれは分かっているので、カミさんも私も小を頼むわけですが、今日はついでに「麺硬め」などというのをお願いしてみたのです。そしたら硬ぇ~。何となくゴム製の麺でも食ってるんじゃなかろうかという感じの硬さ。ま、これが北郎‥と思えばそれまでなのですが、たまに食べたくなるのですが、食べると「しばらく要らねぇ‥」と思う不思議な食べ物です。

2011年01月22日 (土)
■ ほんものトムヤムクン

タイ料理用セット(?)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/34

夏でも冬でも、横浜と札幌の気温差というのはだいたい 10 度くらいあります。10 度も差があると思うと、雲泥の差なわけですが、でも不思議なことに冬はこっちに帰ってくると「横浜は寒い」と必ず思います。昨日の夜も例外とならずに「札幌よりも寒いんじゃないのか?」と思ってしまったほど。気温的には絶対にこっちのほうが暖かいはずなので、この感覚は何なのかを調べてみたいところです。

さて、今日は土曜日‥。朝はじゃっかん遅くまで寝坊したものの、仕事の続きをやりたいことがあって、今日は結局朝から夜中まで仕事。やっておかないと絶対にダメ‥というタイプの仕事ではないのだけれど、こういうものをやっておくか否かが後にボディーブローのように効いてくるので、投げ出さずにやってみることにします。しかし、しょうもない罠にはまったりしつつ、気がついたら夜中過ぎ‥いけませんね。

今日はカミさんが新大久保で入手してきたというタイ料理の野菜(?)類を使った本格トムヤムクンを食べさせてくれました。ちょっとした違いなんだろうけど、決定的な違いにもなるのが「現地の食材を使っているか否か」だったりしますよね。その意味では、今日のトムヤムクンは本格的だった‥はず。本格的でないとすれば、現地の人が作ったものではない‥というところ。カミさん作も美味しいんだけど、現地のホンモノをやっぱり味わってみたいところです。

2011年01月21日 (金)
■ ただいまー

わが家に到着RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/10

てなわけで、長い長い 3 泊の札幌出張も無事終わり、今日は帰宅の途に着いたわけです。いやー、マジ長かったです。でも、仕事もアフターも充実した出張‥と、言って差し支えないかな。何たって、札幌は半年ぶりの出張ですからね。予算が許せば最低でも四半期ごとに出張に行くのですが、最近は会社も超貧乏でして、出張に行かせてもらえないのです。「お前らが行く必要あるんかい!?」という連中ばっかり出張しているという変な会社なんですが。

私以外の人の多く‥特に「お前は行かんくてよいだろ?」という人に限って、昼過ぎに向こうに到着して、帰りはこっちに夕方に帰ってくる‥という予定を組むわけですが、「もっと仕事してこいよ!」と思う私は変でしょうか。たまにしか行けないのだから、始発で行って最終で帰って来い!と、私なら言いたくなりますけどね。とはいえ、最終便で帰ってくる予定にしてしまうと、羽田に到着してからの交通にやや不安がありますので、実際にはもう少し早い帰宅。

というわけで‥今日は、20 時 40 分千歳発の飛行機にて横浜まで帰ってきました。センター北・南行きの最終バスにも無事乗れて、ウチに到着したのが何とか今日のうち‥という感じでした。あ~、出張が終わってしまった。キツかったけど楽しい出張でもありました。次回は‥私としては、2 ヶ月に 1 度くらいは行きたいのですが、次はいけても雪が消えた後くらいかもしれませんねー。昔みたいに、ついでにスキー‥なんていうのもたまにはやってみたい‥ところ。無理だろうけど。

2011年01月20日 (木)
■ 雪まつり

大通公園からテレビ塔RICOH GX200 24mm ISO64 F4.4 1/290

今日で札幌滞在 3 日目。今回の出張は色々と盛りだくさんなので、3 泊としたのですが、3 泊はやはり長い。いや‥3 日に渡って飲みに行けるというのは何とも幸せなのですけどね。とはいえ、やはり 3 泊になるとだいぶ疲れる‥。しかし、最近は会社がとてもケチなので、必要な出張に行かせてくれないのですよね。だから、たまに行ける出張は「盛りだくさん」にしないと仕事のほうが困ってしまうわけ。

そんな感じで、一昨日も昨日もだいぶ根を詰めて仕事をしているので、夜になると私も相方もグッタリな状態になってしまいます。でも、そんなグッタリな状態から一杯飲めば、元気回復して「明日も頑張るぞ~」と元どおり!‥というわけには残念ながら行かないんだな。それこそ、今から 10 ウン年前であれば昼も夜も元気だったわけですが、今はさすがに疲労は蓄積する一方なんですねー。

せめて雪まつりでも見て気分転換を‥というわけには行きません。雪まつりはまだまだ先ですから‥。しかし、大通公園では雪像製作が始まってましたね。今年は昨年に比べると雪がずっと多いようなので、今年の雪まつりはいい感じになるんじゃないでしょうかね。う~む‥どうせ雪まつり期間中に出張があるとしたら、昨年よりも今年のほうがずっとよかったんじゃないかと思いますね。世の中‥うまく行かないものです。

2011年01月19日 (水)
■ ススキノ

すすきの交差点にてRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/21

私が仕事で初めて札幌に行ったのは‥確か、1990 年のことだったと思います。つまり、20 年前の話。そのときは、千歳空港が今よりも古くて、JR の駅としては今の南千歳が千歳空港駅で、長い長い陸橋を歩いて行きましたっけかね。その最初の出張で止まったホテルは、ススキノの南外れあたりにあったのではなかったかな。どちらかというと、中島公園の近くというか‥。

その「初札幌」は、休日夜の移動だったのですが、一緒に行った会社の先輩と「まずは一杯」の店としてススキノの「ごくごくフツー」の居酒屋に行ったのをよく覚えています。ごくごくフツーどころか、チェーン店といった感じの店で、こっちの飲み屋だったら普通はパスするでしょ?と、いった感じの店だったように思います。今でも場所は覚えてますが、さすがに店は変わってる。

そういうフツーの店でも「札幌は美味しいねー」なんですよね。まぁ、確かにそれは事実でして、こっちでも食べられるであろう同じようなものが、札幌では美味しいわけです。でも、それも最近は慣れてきちゃったのか、以前のような感動は減ってきたような気がします。でもね‥やっぱりススキノは私にとって特別な場所。あ、もちろん、美味しい食べ物という意味ですからね(笑)。

2011年01月18日 (火)
■ 雪の札幌へ

千歳空港にてRICOH GX200 24mm ISO64 F7.2 1/310

さて、昨日書いたとおり、今日から金曜日までは出張です。私が出張というと‥普通は北海道の札幌。札幌以外の場所に出張に行くことは稀で、出張に行く場合はほぼ 100% 札幌です。これが、ごくごく近所‥ということでなくてよかったなぁとつくづく思うわけ。だって‥ですよ、ちょっとした旅行気分を味わうことができますし、何よりも食べ物が美味しいのです。

昨年の秋に行った福岡もとてもよかったのですが、やっぱり私は慣れ親しんだ札幌に行くと落ち着きますね。ま、それは行き慣れているから‥というのが一番大きいような気はしますが。ということで、今日も慣れたバスに乗って、慣れた飛行機に乗って‥千歳に到着しました。この写真は、千歳に到着した直後に撮ったものですが、時間は午前 8 時半です。

この後、JR に乗って仕事仲間の待つ街中まで‥。ふだん、横浜で生活をしているのに比べて、格段に早い時間に移動しているので、仕事場に到着するのも横浜でのいつもの時間よりもメチャクチャ早かったりします。ということで、今日から金曜日までの 4 日間‥色々と盛りだくさんで大変なのですが、ガッツリ頑張ろうかと思いますー!

2011年01月17日 (月)
■ 若作り?

P.S.FA のワイシャツとネクタイRICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/133

昨日と今日、横浜では最低気温が氷点下になりました。最低気温が氷点下に下がるのは、この冬初ですね。で、昨日の朝は姫の散歩をサボってしまったので確認できてないのですが、今朝は近所の池に氷が張ってました。今日は風が無かったので、氷ができやすかったのではないかと思います。昨シーズンは池に氷が張ることなんて無かったような気がするのですが、今シーズンは寒いということなんでしょうかね。夏は夏らしい、冬は冬らしいのが好きなので、寒いのはいいんですけどね。

さて、この寒い時期なんですが、明日から金曜日まで寒いところに出張なのです。寒いところというのは、よく出張に出掛けている札幌なのですが、前回行ったのは確か 7 月のこと。だから、ちょうど半年ぶりの出張ということになります。聞くところによると、今はメチャクチャに寒いそうで、冬らしい寒さ(?)を満喫できそうです。昨冬の札幌も結構行ったけど、昨シーズンはそれほど寒い感じがしなかったですからね‥。明日はちょいと気合を入れていかないと、風邪が再発してしまいそう。

出張に行くときはいつもと違ってスーツ・スタイルです。スーツを着ない生活がメインになってからというもの、すっかりスーツ嫌いになってしまったのですが、着なければならない時は諦めるしかないわけでして‥。少しでも気分よくスーツが着られるようにと、新しいワイシャツとネクタイを買ってみました。最近、この手のものは年齢を省みずに Perfect Suit FActory で買っているのですが、今回もセン南の P.S.FA に行ってきました。敢えて「ちょっと若い?」ものを選んで、若作りしてみたりして‥。

と、いうことで‥明日から金曜日までの話題は週末に書きますね(最近、いつもそうだけど)。

2011年01月16日 (日)
■ Modified CrossCheck (Part2)

昨日に引き続き、SURLY CrossCheck の交換パーツ紹介です。まだまだあります。

TESTACH フロッグ・カンチRICOH GX200 24mm ISO64 F5.7 1/111

今日のトップバッターはブレーキです。ブレーキ本体は一度 IRD のカンチ・ブレーキに変更しているので、オリジナルを含めると 3 つ目です。今度は、TESTACH のフロッグ・カンチというモデル。IRD のように V ブレーキ用のシューを使う調整が楽なタイプに比べ、こちらはカンチ用シューを使用する「融通が利かないタイプ」です。最近は、カンチ・シューでも角度調整ができるタイプのものも出たようですが、潔さが感じられないので、もちろん古くからある調整機構皆無のカンチ専用シューを選びました。BBB 製です。相変わらずカンチのセッティングは面倒ですが、まぁそれも味のうち。このフロッグ・カンチ‥最初、ブレーキ台座に合わなかったので、問い合わせたところ、製造上の問題ということで変えてもらいました。それはそれで有難かったのですが、ワイヤー長の調節機構が加わった新しいタイプのものに変わってしまったのは残念(ごめんなさい写真に隠れている側なので見えません)‥シンプルさが最高だったのですが。パーツだけ売ってもらおうかな。

BAZOOKA B-211RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/217

さていよいよディングルスピード化(2 段変速化)の部品群に入って行きましょう。最初はリアスプロケットの変更です。CrossCheck のオリジナルは、9 速のフリーがついています。通常、ディングルスピードと呼ばれるタイプの自転車は、リア・シングルのものを 2 枚化して 2 段変速にするらしいのですが、それだと変速比に大きな差を出すのが難しいので、私の場合はフロント 2 枚にしたのです。まぁ、そもそもこちらのタイプをリア 2 枚にするのは厳しそうですけどね‥。というわけで、リアは 9 枚あったものが 1 枚に‥。このための部品が売られていて、こいつは BAZOOKA B-211 という名前のもの。チェーンの両側の「元はギアのあった場所」が同じ太さの黒い物体になっています(埃だらけでちょっと汚い)。よく見ると写真上側のほうに黒い線のように溝が映っているのが分かるかと思いますが、この部分は何枚かのスペーサーで構成されています。スペーサーの入れる場所を調整することでチェーンラインをあわせることができるというわけ。あと、スプロケットは B-211 に入っているものは 16T とちょっと苦しそうなので、チタン製の 17T を別途購入して装着しています。ほぼ何も見えないところですが、チタンコグ‥結構かっこいいですよ。

PAUL MEVLINRICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/153

そして、フロント・ディングル化の立役者となるのがチェーンテンショナーです。通常は、リアディレイラー(変速機)がその役割を果たすわけですが、リア側の変速は不要になってしまったのでディレイラーはさよなら。フロントの歯数差を吸収するための機構として選んだのが、この PARL Melvin です。こいつは、myX で「傷が付いてるから安くして~」と、半ば無理矢理 15% オフにしてもらっちゃったやつ。樹脂製のプーリーはかわいくないので、KCNC のジョッキーホイール・ディレイラープーリー 10T の赤を付けてみました(写真だとやや陰になっていて赤い色が見えにくいですが)。チェーンテンショナーは、存在感のあまり無い部品なのですが、とても重要な部品なのです。あと、チェーンには KMC の X9 を選びました。ちょっとゴージャス感を出すために‥というわけでもないですが、色はゴールドを選択してみました。高価そうに見える‥なんてことは一切ありませんね。

eNVy EXO 46T / VO2 34TRICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/153

今回の心臓部‥フロントの 2 枚ギアです。アウターは eNVy EXO 46T で、インナーは eNVy VO2 34T です。これを SUGINO のトルクスタイプのアルミボルトで止めてみました。ここにも赤を採用。変速は、FSA Gossamer のコンパクト・ドライブ用をチョイス。なんか、メチャクチャなパーツ選択という感じですが、歯数と在庫状況から選んだらこんな感じになってしまいました。乗らずに 1 年以上も放置することが前もって分かっていれば、パーツ入庫を待ったのですが‥。なので、よく見るとギアの色が違う‥なんてことにも気づきますが、まぁ、それは気にしないということで。さて、肝心のギア比ですが、予想としては「私の通勤路用には若干キツめだが、ギリギリ何とかなる感じ」というものだったのですが、全くもって予想どおりでした。通勤路中の最もキツい坂を何とか登り切れる‥という感じでした。これで、リアがもう 1T 大きいと丁度よさそうと思っていたのですが、18T というのは無かったのですよね。変速はやや唐突感のあるものですが、別に変速性能の向上を狙うなんてことは、これっぽっちも思ってないので問題ないです。

SUNTOUR W レバーRICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/310

そして、フロントの FSA を変速するのは‥旧車パーツ店で入手した SUNTOUR の W レバーのブラックです。W レバーなのですが、リア側は使わないので未装着。軽量化を狙うヒルクライマーの風情になりました。これはまぁ特別に説明の必要もないものですが、7 日乗っただけではまだ「手を伸ばした先にコレがある」という状態まで体が慣れていませんね。操作そのものは「2 ポジション」ですし、微妙な調整一切不要なものなので、どうってことはありません。

他には‥ブレーキワイヤーにはユネックスというメーカーのものを使ったのですが、アウターが「シフター用のようにワイヤが縦方向に入っている」タイプのもので、キツいカーブは辛かったですね。カーボンだかケブラー繊維でも入っていそうな見た目はカッコいいのですが。あ、それと、せっかくなのでロードに合わせてフロント・レフトにしました。これは、左側のブレーキレバーを握ると前側のブレーキが効くというセッティングですが、私はこっちのほうが乗りやすい。ブレーキはカンチなので、ロード用のキャリパーのようにフロントレフトのほうがワイヤーの取り回しがいい‥ということも無いのですけどね。

以上が今回の変更パーツの全て。で、肝心の乗った印象などですが、パーツが新しいせいもあって漕ぎにダイレクト感がありますね。3 日目くらいまではパーツのアタリが取れてなかったこともあり、全体的にやや硬さが感じられたのですが、今はもう馴染んだ感じです。ブルホーンは独特のポジションになりますが、なかなか面白いです。前後方向がもう少し短い感じのほうが見た目もよさそうなんですけどね。最大の目玉のフロント 2 段によるディングルスピードは‥ま、これは前からわかっていたことですが、横浜のように坂が結構ある地域では有効だと思います。登れないところは押せばいい‥なのですが、押してばっかりになってしまうのも悲しいですから‥。次にチェーンを変えるときには、リア 18T を探してみたいところではありますが。

というわけで、今回のパーツ変更はまずます成功でしょう。ま、ジテツー初心者の方に薦めるクロスバイクが 1 台くらい買えちゃう金額を投入してしまったので、成功じゃないと困るんですが‥(笑)。今回の変更で、脱 SHIMANO は一層進みました。残りは前後ハブと BB だけですから、あとわずか‥です。さて、次回の目標は何にしましょうか。やはり、ちょいと間抜け感漂うシルバーのクランクをブラック化する(これは単にアルマイト加工してもらうだけでもいいや)のと、実は一番やりたいのがメカニカル・ディスク化です!そこまでするかぁ?という気もしますけどね。ちょっとやってみたい‥一体、いくら掛かりますかね~。

2011年01月15日 (土)
■ Modified CrossCheck (Part1)

SURLY CrossCheck 改造後RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/176

この正月に中途半端な状態で放置してあった SURLY CrossCheck をようやく完成させることができました。2009 年の 9 月のシルバーウィーク中に取り掛かったものの、その後の仕事のあまりの忙しさで気合を入れて完成させることができませんでした。CrossCheck に乗れない代わりに MR-4F で自転車通勤できてしまうところが、「来週でいいやぁ~」と先延ばしにする理由を与えてしまい、実に 1 年と 2 ヶ月は CrossCheck に乗っていなかった状態が続いたことになります。しかし、その MR-4F も昨年の 12 月頭にリヤサスが壊れてしまったので、今度はそちらも直さなければいけないのですが‥。それもまた時間が掛かりそう。

ということで、正月明けから通勤に 250km ほど走りましたので、その感想なども含めてパーツ紹介です。いつもとは違って写真多めですし、今日と明日の 2 回に分けて行きます。とはいえ、装着前のパーツ単体の話題は 2009 年に既にしているので、繰り返しになるのはご容赦ください。

ブルホーン化(正面上側から見る)RICOH GX200 24mm ISO64 F5.7 1/73

今回の改造の最大のポイントは、ディングルスピード化(2 段変速化)にあるわけですが、それと並んで大きな変更がハンドルを変えたことでした。以前のハンドル(完成車の部品として使われていた)は、Salsa Moto Ace Bell-Lap という、ちょっと面白い形状のドロップバーで、ドロップ部が下に行くほど幅広になる形状のもの。前方から見ると、やや「ハの字」になっている感じで、ドロップ部のアナトミック形状と相まって結構好きな感じでしたね。ただ、私には若干サイズが大ぶりだったこともあり、せっかくだからイメージチェンジ‥ということで選んだのが、RITCHEY PRO プロローグ・アルミ・ベースバー。幅 400mm のサイズはコンパクトで丁度いい感じ。また、バーテープには、SILVA COBRA の White/Black を選択。何だかコブラというよりは、アゲハチョウの 2 齢幼虫やら蚕っぽく見えて仕方がないのは私だけでしょうか‥。

CANE CREEK 200TT ブレーキレバーRICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/233

ブレーキレバーには、やはり専用のものが一番似合うということで、CANE CREEK 200TT をチョイスしました。さすがにブルホーン専用ですから、カッコよさはバッチリです。見た目はやや華奢な感じですが、握り具合に不安があるというようなことはありません。ま、そもそもガッシリと握るものではありませんが。それと、私はやりませんでしたが、ブルホーン化に際してバー先端にバーエンド・シフターを装着する人って結構いますよね。あれをやると、このブレーキは付けられないわけですが、補助レバーではないちゃんとしたブレーキレバーで、かつ、バーエンド・シフターも装着可能なものがあると嬉しいのですがねぇ‥。

DIXNA アキレスRICOH GX200 24mm ISO64 F5.7 1/125

次は、CrossCheck 完成が遅れた原因のひとつといえるステム。当初、ブルホーン化してもステムは元のままでもいいかなぁと思っていたのです‥が、それは甘かった。ステムが長いためにハンドルが遠くて乗りづらそうです。見た目も何とも間延びした感じで変に見える。だから、オリジナルのステム(メーカー等不明)を DIXNA アキレス(60mm) に変えました。6 度のライズで装着してます。ハンドル側のパーツの色が選べるのですが、この赤は何故か選べずに別途購入したものです。なので、最初についていたシルバーのパーツが余ってる。ちょっと色気を出して、DIACOMPE のコラムスペーサーも同色にしてみました。本当はね~、ヘッドパーツも変えちゃったりなんてしてみたいところですが、それはまたいずれ‥。

MAXXIS LOCUST CX 700×35cRICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/143

そしてタイヤはこいつ‥MAXXIS の LOCUST CX 700×35c です。今回最も軽くなったパーツのひとつがこいつだと思います。FireCross が 600g あったのに対して、こいつは 400g ですから、前後合わせて 400g の軽量化。こりゃ効きますね。初めてマンションの階段を降ろす際に「軽い~♪」と思いましたもん。ブロックが小さいので、ゴツゴツ感や音は小さいです。最初は「何か重いなぁ‥」と感じたのですが、それはあまりに久しぶりに CrossCheck に乗ったためのようで、すぐに感じなくなりました。ただ、コンパウンドが柔らかめだそうで、減りも早そうです。35c という幅は細すぎず太すぎずで、見た目のバランスなんかもいいですね。チューブもついでに MAXXIS のロングバルブのやつに変えましたが、さすがにちょっと長すぎたかしら?

ということで、part 2 へと続きます。

2011年01月14日 (金)
■ 験を担ぐ

今日のごはん(の一部)RICOH GX200 24mm ISO80 F2.5 1/30

今週は月曜日が「成人の日」で祝日だったから、いつもより会社に行くのが 1 日短いわけですが、だから楽だ‥という感じが全然しませんでした。ひとつは先週末にひいてしまったカゼの後遺症というか、咳がまだ引かないのがやや辛いこと。体もややダルい感じがするし‥。もうひとつは、何とも仕事が忙しい感じで、連日帰宅が夜中になってしまっていること‥の二点。さすがに金曜日くらいは早く帰ってきなさい‥ということで、今日は早めに帰宅。それでも目標時刻よりも 1 時間近く後になってやっと会社を後にすることができたのですが‥。

さて、明日はいよいよセンター試験。正確には「大学入試センター試験」と呼ぶそうで、我々が現役時代に受けた「大学共通第 1 次学力試験」が変わったものです。当初、共通 1 次試験は国公立大学のための試験だったので、試験科目も共通的なものだったのですが、今のセンター試験は私学も結構参加しているそうで、人によっては受験科目がひとつだけ‥なんていうパターンもあるそうですね。5 教科 7 科目もこなさなければならなかった私は何だったのか?という気もしますが、まぁ、何らかの知識の肥しにでもなっていると思うようにしましょ。

というわけで、今日は久しぶりに家族全員で夕食。カミさんもやや仕事が忙しいそうで、おかずの一部は買ってきたものもあったりしますが、明日の試験のために験を担いで(?)「とんかつ」と、「根気が続く」というのを期待した根菜類の汁物だそうです。試験を受けるのは娘本人ですし、最終的に親に出来ることなんて何もないようなものなので、せめて食べ物くらいは楽しく食べようかと‥。とうわけで、大学受験がいよいよスタート。全部に受かる必要はないけれど、何とか志望校に入れると(色々な意味で)いいんですけどねー。

2011年01月13日 (木)
■ 二次電池

eneloop 5 周年記念モデルRICOH GX200 24mm ISO125 F2.5 1/30

現代の生活は、電気と縁が切れないものになっています。ちょっと見回してみても家の中のものは電気が無いとダメなものばかりだし、私は大嫌いなんだけど、オール電化住宅なんていうのもよく宣伝されてるし、近いうちに電気自動車の割合も増えて行くことでしょう。何でみんな電気で動くものばかりなのか?それはもう圧倒的に「お手軽だから」という理由でしょうね。規格化され、普及している家庭用 100V コンセントにプラグを差し込むだけで準備完了になるのですから。それと、電気で動く電子部品だらけになっている‥というのも理由でしょうね。

でも、便利だからといって全部が全部家庭のコンセントに繋がったままでは不便です。だって外に出られないじゃないですか。仮に外に出られたとしても行動半径は異様に狭いわけで、ほら‥エヴァンゲリオンだってとても不便そうですもんね(違)。そこで電池の出番です。コードで繋がっていなくても電気を供給できる仕組み。中でも中身が無くなったら電気を入れて、再度使用可能になる電池が便利です。電気工学の世界では、二次電池と呼ばれている充電式電池のおかげで、家の外での電気製品の利用もより便利になってきたといえるでしょう。

私も二次電池を毎日利用しています。用途は自転車用の前後ライトで、これだけで単 3 型が 6 本です。特に 3W LED を使っている ANTAREX CP-NRX25 は、1 週間持たずに暗くなって充電したくなるほどなのですが、電池にとってはもっと電気を使ってから充電したほうがよいのだとか‥。この「電気の追加」がもう少し性能よくなってくれると嬉しいのですけどねぇ‥。というわけで、写真は先日秋葉原に行ったときに見つけた「発売 5 周年」を記念して少し前に販売された eneloop tones glitter です。性能は変わらないんだけど、色がキレイなのでついつい買ってしまいました。

2011年01月12日 (水)
■ 宇宙は何でできているのか

宇宙は何でできているのか 村山斉著 幻冬舎新書 ISBN978-4-344-98188-1RICOH GX200 24mm ISO92 F2.5 1/30

私が子供の頃、天文学者になりたいと一時期真剣に思っていた時があったこともあり、宇宙モノの読み物を読むのは好きです。もちろん、お伽噺とは違ってノンフィクションのものに限るのですが‥。だから、昨年地球に帰ってきた「はやぶさ」の本もさっそく読んでみたりしました。「はやぶさ」帰還は、民主党が科学技術関連予算を切り捨てようとした頃と重なったこともあって、マスコミなどの騒ぎっぷりが凄かったですし、宇宙のことなんて普段は全く興味の無い人も、「はやぶさ」については色々と見聞きしたのではないでしょうかね。

さて、写真の本。「宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎」というモロにストレートな宇宙モノです。素粒子‥なんて書いてある本を手にとる人ってそんなに多くなさそうな気がするのですが、どこの本屋でも意外や売り上げランキングの上位のほうにあるらしい。私もこれを昨年の 12 月始めの頃に買ったのですが、9 月末が第一刷のところ、11 月頭で第六刷となってました。理系離れが叫ばれて久しいわけですが、日本人もやっと科学に目覚めてきたのか!?いや‥さすがにそんなことは無いでしょうか‥私くらいの中年にウケてるんですかね?

この本は、IPMU(東京大学数物連携宇宙研究機構)の機構長を務める村山斉さんが書かれたものですが、極小の世界を探る素粒子物理学が、我々の住む宇宙とどう結びついてくるのかを平易な文章で解説してくれています。ひとつの事項を深く掘り下げるのではなく、多くの事項を俯瞰しているので、色々なことのつながりが見えてくる気がします。この「分かったような気になる」というところが危険(?)なところなのですけどね(笑)。私は「どこかで見聞きした話」がほとんどだったのですが、高校生くらいの年代に読ませてみたい本です。でも、うちの娘らは‥読まないだろうなぁ。

2011年01月11日 (火)
■ タイツ

ヒートテックのタイツRICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/36

何だか寒くなって来ましたねぇ。横浜なんて雪国に比べたら暖かいじゃん‥とは思うのですが、寒いと感じてしまうものはしょうがない。でも、札幌の人だって東京に出張してくると「寒い気がする」って言いますもん。「天気もいいし、日が照っているのだから暖かいはず」といった心理的なものが体感温度を押し下げる方向に働いてしまうのかもしれませんね。あとは、私も札幌に行くのであれば、こちらにいる時より暖かい格好をして行きますから、物理的な違いがあるのも間違いないでしょう。

先週末にカゼを引いてしまったという話は書きましたけど、そのせいか寒い感じが抜けなくていけません。咳もまだ出ているので完治したというわけではないのでしょう。こういう時こそ用心しなければ‥ということで、暖かい格好をしとります。写真のこいつがそれ‥UNIQLO の HEATTECH タイツ。でも、そのためにコレを買ったわけではなくて、冬場の自転車通勤用に使っているものなんですけどね。会社に着いて着替えをするときに脱いでいたのを、そのまま穿き続けてるというわけ。

当たり前なんだけど暖かい‥つーか、やや暑いほどですね。考えてみれば、HEATTECH ではないけれど、昭和のおじさんたちは冬になるとこういうのを穿いてましたよねぇ。自分も十分におじさんですから、これからはこういうモノのお世話になりなさい‥っていうことでしょうか。何だかイケてないと思うのですが、変に格好つけてもしょうがないですし‥別に人様(特に女子)に見られる危険性(?)も無いものですし。来週は寒いところに出張に行くことになったし、もう 1 着くらい買っておくかー。

2011年01月10日 (月)
■ 神頼み

永谷天満宮RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/55

今日は三連休の最終日。休みが 3 日続くと楽でいいですねぇ。今日は天気がよいのですが、風が結構強くて寒い日です。寒いので外に出る気がおきない‥そんな感じのする一日でしたね。昨日の ANDY パパによる写真撮影が今日のような風の強い日でなくてホントよかったです。寒いのですが、ちょっとした買い物には出なければならなかったのと、今日はちょびっと仕事もやりたかったので、早い時間に出ようということになりました。

それはそうと、今週末はセンター試験。今年の志望者数は、558,984 人で昨年に比べると 1% 増の数字なのだとか‥。この 1 年、2 年‥あるいはそれ以上、頑張ってきた若者諸君!是非、自分の実力を出し切れるよう頑張って欲しいところです。わが家にもセンター試験を受験する若者がひとりいるわけですが、ここまで来てしまったら後は神頼み‥ということで、出掛けたついでに‥と言ったらバチが当たってしまいますが、買い物の前に娘らの合格祈願に行くことにしました。

この辺りで合格祈願に一番なのはどこだろう?神様を値踏みするわけではありませんが、より強力そうな神様に‥と思ってしまうのが親心というもの。そこで選んだのが上永谷にある「永谷天満宮」です。ここは、大宰府で有名な菅原道真公が自分の姿を鏡に映して彫った日本で 3 体しかない木像の 1 体が奉られているそうです。そんなところが意外に近いところにあるなんて知りませんでしたよ。ということで、お参りしてきました。これで合格間違い無し!と、言って欲しいところなんですが。

2011年01月09日 (日)
■ 新年会

麦飯パパ焼酎コレクション(?)RICOH GX200 24mm ISO92 F2.5 1/30

「犬って寒いのが好きなんですよね?」というのは、未だによく質問される犬に対するステレオタイプな考え方のひとつだと思います。これは、童謡「雪」の二番に出てくる「犬は喜び庭駆けまはり、猫は火燵(こたつ)で丸くなる」(Wikipedia より)という歌詞に問題があると思うのですよ。ま、確かに犬の多くは「暑いよりは寒いほうが得意」という感じなのでしょうが、姫の場合はどっちかというと逆。「寒いのは大キライ、暑いほうがまだマシ」なのですよ。だから、この時期のお散歩は、全然行きたくないのです。いえ‥今に限らず、一年中散歩は行きたくないのですが‥。

だから、「姫は来ないよね~」と、いつも皆に言われているわけ。そんな感じで、特に寒い時期になるとあまりにも姫が散歩に出てこないので、「写真撮るから来てね~」と、ANDY パパに催促されてました。なので、今日は姫を連れて近所の公園までお散歩。無事(?)、ANDY パパに写真を撮ってもらった後に、ANDY さんと、麦、飯ちゃんと一緒に帰ってくる途中で麦飯パパが「美味しい芋焼酎があるよ~」と楽しそうに囁くではありませんか。え~、じゃあ牡蠣スモーク持って行っちゃいますか?ということで、今日の午後は麦飯家にて急遽新年会となったのでした。お邪魔しまーす!

麦飯家は昨年にリフォームをしたのですが、完成後を見てないんだよね‥などと言いつつ、さっそく見せていただいたリフォーム後のリビング脇のスペースは、まるで「飲み屋仕様」のようでカッコよかったです。こりゃ、お酒もはかどっちゃいますねー。で、写真手前の甕が、本日の餌食(?)である「甕壷黒麹仕込み正春」です。つ~か、甕はともかく背後に林立する焼酎の一升瓶は何?というほうに目が行っちゃいますよね‥。いやぁ、それにしても美味しく楽しい新年会(?)でした。ごちそうさまでした。シメの丼モノもごちそうさまでした。>ANDY パパ。じゃあ、次回は新年「歌会始め」ってことですかねー。

2011年01月08日 (土)
■ 非バカの証明

RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/64

一昨日の帰り道‥何だか妙に寒い感じがしたのです。いえ‥実際に寒かったのですけどね。そして、昨日も何とも寒いなぁ~とずっと思っていたのですよ。もしかして、ちょっと風邪っぽいのかしら?と‥。いえ‥実際に寒い日だったのですけどね。それでも昨日は早めに帰宅して早めに寝たので‥それで終わりになるはずだったのです。でも‥そういえば、そういう時は暑くなるほどに布団を掛けて寝ないといけないのでした。朝起きたら‥風邪っぴきでした。

症状としては何となくダルい感じと鼻水。ま、鼻水は花粉のせいというのもあるかもしれないけど、元気!いつもと変わねぇ~、フツー。と言えるほどには元気ではない感じ。すかさずカミさんが「医者に行ってこいー!」というわけで、有馬の菅野耳鼻咽喉科に行ってきました。菅野先生は、子供らがまだ小さい頃からお世話になっている先生なのですが、パソコンでの予約なんかも結構前から取り組んでいたりなど、診療そのもの以外の部分も充実してます。もちろん、診療もバッチリ!風邪の時は絶対に菅野先生です。内科なんかにゃ絶対に行きません。

私、花粉症モチなので、正月明け頃には毎年菅野先生のお世話になっているのですよね。ですから、今日はそれもついでに‥という感じでした。鼻やってもらって、喉見てもらって‥「あ、風邪引いてるね」だそうで、一発で分かっちゃうんですね~。というわけで、治療してもらって、薬を処方してもらって帰ってきました。連休は特にどこかに出掛ける用事があるわけではないので、おとなしくしていることにします。ちなみに、昔から「バカは風邪を引かない」と言いますので、「バカに非ず」ということが証明された‥と、喜んでおきましょう。

2011年01月07日 (金)
■ バカ自転車増加

通勤途中にて‥RICOH GX200 24mm ISO64 F4.6 1/217

昨年の 12 月の最初の頃に MR-4F のリヤサスが逝ってしまい、それ以降、昨年の間は忘年会なども多かったため、一時的に電車通勤に切り替えてました。部品交換が途中の状態のままで、実に 1 年も玄関に放置したままになっていた SURLY CrossCheck をやっとのことで完成させたのが、年が明けた後の 4 日のこと。というわけで、5 日からは自転車生活を再開しておりますが、自転車通勤自体が 1 ヶ月ぶり、CrossCheck での通勤に至っては、およそ 1 年半ぶり‥ということになります。

自転車通勤の無い期間がこれくらい空いてしまうと、自転車筋は確実に落ちてしまっているとは思いますが、全体的に新しくなった CrossCheck(詳細は近いうちにいずれ)に体が慣れていないこともあって余計に疲れます。いくら MR-4F が普通の自転車の感覚に近いとはいえ、やはり 700c の自転車に比べると小さく、突然大きな自転車に変わったように感じます。何だか自分が自転車通勤初心者になってしまったかのようなギコチなさが可笑しい。まぁ、「初心忘れるべからず」と昔の人が言ったくらいですから、たまにはこういう感覚もいいのかもしれませんけどね。

ところで、先日 asahi.com に「ブレーキ無し自転車」の話題が載ってましたけど、一般誌でも問題になるくらい増えてきちゃったのですね。困ったものです。今日も私を勢いよく抜いていったと思ったら、歴史博物館前の信号をスピードを落とす気配も見せずに左折していったバカロード乗りがいましたけど、あまりにもバカすぎて哀れです。自転車も免許制度云々なんて話が出ては消え、出ては消え‥ですが、自動車免許持ってるヤツにはバシバシ切符が切れるような制度にしちゃえばいいのに。で、バシバシ取り締まってもらう。反則金は高めでお願いします。何たって交差点は危険ですから。

2011年01月06日 (木)
■ カルボナーラ

わが家のカルボナーラRICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/42

2011 年の仕事が始まって、まだ、たった 2 日目なのに、既に午前様生活スタートなの?という感じで幸先のよいスタートを切っております(泣)。朝、会社に向かう時間は比較的遅めなので、既に陽が登って暖かいのですが、帰りはちょっと寒いですね。今日は、北風がやや強かったので、風上に向かって走るのが結構キツかったです。風が強いとそれに逆らうのに結構力が要るので、意外と体力を使うのですが、それにも増して体感温度が下がるのも辛い。家に帰ると冷え冷えです‥。

というわけで、この季節の晩ごはんは暖かくて、体力をしっかり回復できそうなものに限ります‥。今日の写真は、そんなメニューのひとつに入れてもいいんじゃないかというカルボナーラです(食べたのは一昨日)。Wikipedia によれば、このカルボナーラがイタリアに広まったのは、第二次世界大戦の後なのだとか‥。定番中の定番で、長い歴史があるものなのかと思ったら、意外とそうでもないのですね。ま、美味しいものは長く食べ続けられるはずだから、これから歴史を作るということで‥。

さらに‥Wiki の説明によれば、生クリームとベーコンを使うソースは「日本風にアレンジ」した色彩が強いのだとか‥へぇ。もちろん、このベーコンは年末にスモークしたやつでして、自家製ベーコンの使い道として子供らが一番喜ぶのがコイツなのです。というわけで、丸 2 年ぶりに食べる自家製ベーコンを使ったカルボナーラの出来は如何に?‥あ~、やっぱウマいです。自分で作ったベーコンだと、数倍美味しくなる気がしますね~。今年はスモーク時間を短めにしたので、出来上がりを少々心配していたのですが、まぁまぁの出来で安心しました。

2011年01月05日 (水)
■ 3D

ニンテンドー3DS 6歳以下は長時間使用を避けるよう要請(2011年1月5日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/55

今日から新年の仕事始めでした。年明け早々に仕事がてんこ盛りでびっくり仰天でしたが、ま、幸先のよいスタートなのだ‥と、思っておくことにしましょう。というわけで、いきなり年明けから午前様未遂という感じでしたが、今週は 3 日行けばまた 3 連休なので、かなり楽だと言えるでしょうね。とはいえ、元日以降はモニターを眺める時間が非常に限られていたので、久しぶりに朝から晩までモニターと睨めっこしていたら、さすがに目がショボショボです。視力はこれ以上低下させたくないので、意識的に遠くを見たりするようにせねば‥。

さて、今日の話題はそんな「目」に関するもの。写真は今朝の読売新聞朝刊の記事ですが、裸眼で 3D 映像を見ることができるニンテンドー 3DS について、ニンテンドー自らが「6 歳以下の子供は 3D モードでの長時間使用を避けるよう」購入者に向けて警告しているということが明らかになったというニュースです。これが読売のスッパ抜きなのかどうか分かりませんが、今のところ Nintendo の HP には何のメッセージも出ていません。これが本当なのだとしたら、いくら正月をはさんでしまったとはいえ、ちょっと後手に回ってるんじゃないか?という印象が拭えませんね。

だいたい、TV にしろ映画にしろ、3D だ 3D だ‥と「なんとかのひとつ覚え」のように宣伝してますけど、あれは単に企業が消費者から金をブンどるために打ち上げているものに過ぎませんから、賢い消費者の方は自分の目を犠牲にしてまで企業に貢ぐ必要は無いと思うのです。ましてや、これからが伸び盛りな自分の可愛い子供まで人体実験の被験者として捧げるとは‥。ただ‥回りのみんなが持ってしまうと、買わないでいるのもなかなか難しいので、「うちは買わないの」という賢い親が増えてくれることを祈るだけなのですが。ホント‥今の 3D は目をダメにすると思いますよ。

2011年01月04日 (火)
■ アキハバラ

T-ZONE 閉店RICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/64

今日で年末年始の休みも終わり。私もカミさんも明日が新年初出社なので、つまり今日までが休み。上の娘は年末年始もなく塾に通っていたのですが、下の娘も今日から塾が始まるそうで、昼間の時間は私とカミさんだけになってしまいました(姫はいるけど)。休みを満喫!ということで、ウチでゴロゴロしててもいいのですが、年末年始は飲み食いばかりで体も鈍っているため、どこかに出掛けようか?ということになりました。といっても、今朝も朝寝坊したし、上の娘の自転車のパンクを直したりしていたので、家を出るのは昼近くになってしまったわけですが‥。

どこ行こうかしら?車でどこかに行くにしては遅すぎるし、かといってセンター北あたりではいつもと変わり映えがしない‥。ということで選んだのはアキハバラ。もうすぐ Sandy Bridge と呼ばれている Intel の新しい CPU が出てくるので、今のタイミングでカミさん用 PC を新しくするという選択肢も無いのですが、A パパの PC を新調するっていう話もあるし、久しぶりにアキハバラでもぶらぶらしようということにしました。今日はスタートが遅かったので、昼をだいぶ過ぎてから現地に着いたのですが、まずは腹ごしらえということで、アキハバラに行くとよく食べている九州じゃんがらラーメンにて「ぼんしゃん」をいただきます。

その後、近辺の PC ショップを見て回るわけですが、今まで結構世話になっていた T-ZONE がツブれていた(ニュースでは知ってたけど)のを自分の目であらためて見ると、何とも悲しい気持ちになりましたね。T-ZONE は品揃えが結構充実していたと思うので、この一店舗が無くなっただけでも、「見るものが減ってしまったなー」という感じなのです。ま、こればかりは仕方のないことですので、T-ZONE 以外の店を色々と見てまわり、新しい情報を仕入れてきました。Silverstone の FT03 も現物が出回り始めていたので、見てこられましたが‥ウチにはデカイですね。やっぱり、私の次期マシン用のケースは‥SG03 がよさそう。

2011年01月03日 (月)
■ SONY PFR-V1

SONY PFR-V1RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/18

今日で三が日も終わり‥。明日から仕事始めという人も大勢いることでしょう。私は年末年始は少しはゆっくりしようと思い、明日まで休みです。とはいえ、この機会に何かをやるか!!などというモチベーションはわかず、せいぜい本を読んでゆったりしているくらい。あ‥でも今日は昨年‥じゃなかった‥一昨年から乗れていない SURLY CrossCheck を明後日から乗れるようにしたのでした。大方の部品交換は一昨年(!)のうち済ませてあったのですが、ワイヤー類やチェーンの装着をしないままに一年以上が経過してしまいました。その間は、MR-4F でしのいでいたものの、昨年 12 月にエアサスがお亡くなりになって乗れなくなったので、いい加減に何とかしなくちゃ‥と。で、後はハンドルのバーテープを巻いて、灯火類を着ければ終了。

ま、そんな感じで CrossCheck には目処が立ったのですが、今日の話題は自転車とは全く関係のないもの‥。大晦日に泊まりでウチに来ていた義母を送りがてら、元日にセンター北までカミさんと下の娘と一緒に行ったのです。特に用事があったということもないのですが、何となく‥ね。で、目的が無いものだから、ぶらぶらと電気屋に行ったり本屋に行ったりしたのですが、電気屋で思いがけないブツを発見!それが今日の写真なのですが、これだと何だかよく分かりませんよね。これは、SONY PFR-V1 というスピーカーなのですが、ヘッドフォンのように頭に装着するものなのです。でもヘッドフォンとは違う。SONY は、これをパーソナルフィールドスピーカーなどと呼んでいるのですが、つまりはスピーカーなのです。

ヘッドフォンもスピーカーも同じじゃないの?と思う人もいることでしょう。音が出る意味では似たようなものかと思いますが、音の定位感(音源がどこにあると感じられるか)が全く違う‥。というのは、ヘッドフォンの場合は耳の真横で音が鳴るのに対し、スピーカー、すなわちこいつは耳の前方で音が鳴るように配置しているので、基本的に音が前方から聞こえてくるわけです。すなわち、自然な定位感が得られるというわけ。という機能面もさることながら、球状のスピーカーが宙に浮いた感じになる「見た目」が非常に楽しいのです。いかにも SONY らしさが感じられて、ふだんから音楽を聴きまくっているわけではない私でも、「これで音楽聴いたら楽しそうだ!」と思わせるものがあります。これを機会に音楽にでもハマってみますかねぇ‥。

2011年01月02日 (日)
■ 三角チーズ

三角チーズのスモークRICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/36

例年‥三が日の朝は寝坊気味にしているので、「朝起きて TV をすぐに点ける」という年に何度も無いことをやると、既に選手はとっくに走り出していることばかりでした。しかし、今年の年末年始はやや大人しく静かに過ごしていますので、朝も少々早めに目を覚ましたりして‥(って、実際には目覚まし時計に起こされているのですが)。なので、今年は 1 区の選手がスタートするところから観ることができました。いやぁ~、それにしても今年もやりましたね、東洋大。「山の神」の異名をもつ柏原選手は昨年不調の年だったそうで、どうなるかと心配されていたそうですが、今年も決めてきました。素晴らしい。

てなわけで、三が日の 2 日と 3 日は、箱根駅伝が気になって仕方ないわけですが、私の実家とカミさんの実家に行くのが恒例になっていますので、全区間を TV の前で過ごすというわけには行きません。結局、3 区と 8 区あたりは全く観ていないことも多いのですが、個人的には 5 区と 6 区が観られればいいや‥という感じではあります。さて、そんなわけで今年も箱根駅伝が始まりました。つまり、今日は 1 月 2 日。全く関係ありませんけど、昨年の大晦日に作った燻製も、2 日ほど経ってちょっと落ち着いてきているはず。燻製は、作りたてはちょっと煙の刺激が強いので、少し置いて食べたほうが美味しい。

今日の写真は、これまた燻製の定番になっている三角チーズです。チーズの燻製は、下準備のようなものが一切ありませんので、最も手軽にできる燻製といって差し支えありません。包みを剥いて煙に当てるだけですので、失敗のしようも無いくらいに簡単。しかし、簡単であるからこそ、この変わりようには驚くわけです。「え~、あれがこんなに美味しくなっちゃうの?」とね‥。さてさて、今回の出来具合はどうかな?と、今日の夜になって食べてみました‥フンガー!んまいっ!!これを食べると「もっと凝ったの作らねば」と、いつも思うんですよねー。思うだけじゃなくて、作らなくちゃ。ところで‥三角チーズって三角形から来てるかと思いますが、正確には扇形チーズですよね‥って、そんなことはどうでもいいや‥と思うほどに美味しい。