14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2011年06月30日 (木)
■ もっと自転車通勤!

自転車通勤増える(2011年6月30日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F3.2 1/143

今週は天気の関係で月曜日こそ電車で行ったものの、火曜日からは自転車通勤になっています。いや、それにしても暑いですなぁ。今年は電気が足りなくてエアコンで涼しくならないという強迫観念があるせいか、余計に暑い気がしてしまいます‥って、実際に暑いわけですが。中京地方は特に暑いようで、名古屋では 113 年ぶりに 6 月の最高気温を更新したそうですね。今年の夏の記録更新は、ここまでにしておいて欲しいという気がします。名古屋ほどではないにしても、横浜もそれなりに暑いですから、自転車通勤時の汗も、かなりのものになってきました。それでもね‥8 月あたりに比べればまだまだという感じではあります。これからが夏本番ですものね。

さて、今日の話題はそんな「自転車通勤」について。写真は今日の読売新聞朝刊の記事なのですけれども、「東日本大震災以降に自転車通勤が増えている」のだそうです。震災以前にも、地球温暖化対策の一環として「自動車ではなく自転車を!」であるとか、「そもそも健康にもよいぞ!」ということで、それなりに自転車ツーキニストが増えていたかと思うのですが、震災以降は「いざという時のアシにもなる」といった動機で自転車通勤をする人がさらに増えているのだとか。会社の私の周りとか、自転車通勤時の行き帰りに「自転車が増えたなぁ」という実感は無いのですが、都内では自転車ツーキニストが増えているのですかね?今度、平日に休暇をとったときにでも、自転車に乗って都内に行ってみようかしら。

新聞の記事は、ゴールドウインのケースが紹介されているのですが、自転車通勤者用のシャワー室があるんですって。これは羨ましいです。自転車ツーキニストの大きな悩みのひとつとして、夏場の汗をどうするか?という問題が避けて通れないので、それを根本から解決するシャワーを会社が用意してくれるというのはすばらしいと思います。スポーツ用品メーカーだからという部分もあるかと思いますが、自転車通勤を後押しする企業が少しでも増えて行ってくれると嬉しいです。「自転車に乗って会社に行く」という生活スタイル‥こういう選択ができることが、多様性(ダイバーシティー)の考え方にも繋がるんじゃないかと思うのですが、自転車通勤ってホントにいいですよ。さぁ、今日も自転車乗って会社へ GO!‥なのです。暑いけど。

2011年06月29日 (水)
■ 原発好きな人々

東電それでも原発を選ぶ(2011年6月29日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F4.6 1/42 EV-0.3

昨日に引き続き、今日も暑い一日でした‥。横浜の最高気温は午後 0 時 44 分に記録した摂氏 34.8 度。東京は午後 1 時 10 分の摂氏 35.1 度が最高だったそうで、6 月の猛暑日は記録が残っている中では今日が 3 度目なのだとか。もうちょっと涼しいと助かるのですが、こればかりは言っても始まらない。しかし、暑い暑いとは言っても、例年よりは弱いとは言っても、会社に行けば冷房が効いていますので、「暑いとか何ぬかしてんだよ!」という感じですよね。スーパークールビズも「羨ましくもあるけど日本人には無理だろう」といったあたりが海外の見方のようですが、この暑いのにスーツの上着まで着込んで出勤しているサラリーマンを今朝見た限りでは、やっぱり日本人は何も変わらないのかも‥と悲観的になってしまいました。

そんな今日の読売新聞一面。おそらく他社の新聞もこのニュースを一面で取り上げているかと思いますが、昨日行われた東京電力などの株主総会の結果が載っていました。昨日は東京電力の他に中部電力と九州電力も株主総会があったそうですが、いずれの電力会社でも過去最多となる株主が出席し、最長の総会となった模様です。やはり‥というか、当たり前だと思いますが、福島第一原発の事故の衝撃は大きく、(例年出されてはいるようなのですが)脱原発を定款に入れるよう求める株主提案も賛成票が議決権ベースで 8% に達したそうです(東京電力の場合)。しかし、さすがに可決するようなことにはなりませんでした。これは東電に限らず、中部電も九電も同様‥今日、株主総会が行われた関西電力でも反対多数で否決されたそうです。

つまり、(消極的であるとしても)原発容認派がまだまだ多数であるということが分かったわけです。もちろん、これは電力株を持っている株主たちの割合であって、非株主を含めると変わってくる可能性はありますが、いずれにしても原発は必要悪と考えているのが多くの日本人の意見ということです。さすがに否決されるだろうとは思っていましたが、賛成票が 8% という数字はちょっと少なくて個人的にはがっかりでした。今すぐ原発から手を引くことは現実的ではないとしても、中長期的には脱原発を果たす必要はあると思いますので、そういった可能性が見えてこなかったのは至極残念な限りです。バカは死んでも直らないなどと言いますが、日本人が全員死んでしまうまで、この国は原発と縁を切れないということなのでしょうか。

2011年06月28日 (火)
■ DVI が‥

Catalyst Control CenterRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/26 EV+1.0

先週の木曜日についに壊れた私の PC ですが、その後の頑張りによって何とか元の状態に戻りました。いえ‥使っていたソフトウェアは大方が結果的にリリースアップした感じですので、以前よりも環境的には進化したかもしれませんね。ベンチマークソフトの数字の上では、処理パフォーマンスがホンの少し落ちているっぽいですが、ごくたまに「ん、やっぱり鈍い」と感じるときがあるものの、思ったほどのパフォーマンス低下が無くてひとまずホッとしているところです。ワットチェッカー等は持っていないので定量的なところは分からないのですが、先週まで使っていた Pentium 4 に比べれば、消費電力もそこそこ落ちているのではないかと思います。

新しくなって快適になるのであれば(今回はそんなに変わってませんけども)、たまには壊れてもいいかも‥なんて、思ってもみないことを言ってみたりして。いやいや‥言葉にすると現実になっちゃうから止めましょう。とりあえず、Windows XP の終了まではよろしく頑張ってくれたまえ!‥と、いう感じです。さ~て、これで万事 OK かと思いきや、ひとつだけ残念なことが‥。最近の CPU は、CPU と GPU を統合する傾向がより進んでおり、さらに GPU の性能が以前に比べるとだいぶ上がってきているようです。今回購入したものも、グラフィック性能は(この手の製品の中では)高いほうだと言われています。最初から基本性能が高いので、デジタル出力も最初っから備わっているという感じなのです。が、肝心のデジタル出力が NG でした。

製品の初期不良の可能性はあるのですが、私のディスプレイが相性問題で評判のあまりよろしくない EIZO FlexScan L465 であること、ドライバー・レベルではサポートがあるもののマザーボードとしてはサポート外の Windows XP を使用していること、全く映らないのではなくてアナログなら普通に表示されること、またバラして色々とやるのが面倒になってきたこと‥などから、若干残念ではありますがアナログ接続で使えばいいや‥と、諦めの境地です。DVI ケーブルを繋いでみると、Catalyst Control Center は写真のように「接続されていること」を認識してるんですけどね。画面はノイズ画面が出たり、真っ黒だったり‥そんな感じで使い物になりません。なんだか‥デジタルっていいんだか面倒なんだか、時々分からなくなります。

2011年06月27日 (月)
■ 原発列島を行く

原発列島を行く(鎌田慧著 集英社新書 ISBN4-08-720116-3)RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/26

相変わらずフクシマは一進一退を繰り返しているように見えます。放射性物質の放出を止め、冷温停止に至るための重要なステップと見られている循環注水冷却が今日から開始したものの、開始後わずか一時間半で漏水により停止してしまったそうです。安定稼動に至るまでにトラブルを繰り返した汚染水浄化システムといい、循環注水冷却システムといい、なかなか思うように動いてくれないことに原発の難しさの一端を垣間見る気がします。ちょっと疑問に思うことは、何も原発に限らなくても危険物を扱うプラントなどでは配管からの「漏れ」は論外だと思いますし、原発だから特別に漏水しやすいということは無いはず。やはり、作業環境が劣悪で、精度の高い作業が難しいことの表れなのでしょうか‥。

そんな、終わりの無い原発問題‥書店では例外なく原発コーナーが設置されていると思いますが、読みたかった一冊が置いてあったので買ってみました。それが今日の写真の「原発列島を行く」です。この本は、今回の震災をきっかけに出版されたものではなく、今からもう 10 年前の 2001 年 11 月に初版が出されました。その 10 年前に出版された本の中では、「原発は止めなくてはいけない」ということが繰り返し語られています。別にこの本に限らず、原発反対の声は昔からあったはずですが、そういった「心配の声」を無視してきた結果が今日の有様です。この本も同様に原発の危険性を指摘してはいますが、原発に関するもうひとつの大きな問題点を指摘しているのが本書の特徴だと思いました。

本の中で筆者は言います。「原発への道にはカネが敷き詰められている」と‥。誰もが「危ないモノ」と思っている嫌われ者のはずなのに、国策という名のもとに金の力で地方と住民を蹂躙するという作戦を繰り返してきたのが原発。本家「バラマキ政策」は原発ではないか‥と、言っても差し支えなさそうです。放射性物質の最終処分場の問題さえ解決されていないのに、次々と放射性廃棄物を生み出し続けている日本全国の原発。世界中が手を引いているというのに、未だに諦めきれない核燃料サイクル‥電気を生み出せないばかりか、廃炉にするのも容易なことではない高速増殖炉「もんじゅ」の問題。「かつて国策だった‥」と過去形にしたい原子力政策について、我々はまだ知らないことが多すぎるような気がします。

2011年06月26日 (日)
■ できる節電は‥やろう

三越前駅の地下通路RICOH GX200 24mm ISO154 F2.9 1/15 EV-0.3

水曜日から金曜日にかけて、それなりに暑い日が続きました。暑いな~、たまらんな~といいつつ、汗をかいて過ごしてましたが、これくらいの日数で暑さがやわらぐのであれば、夏を乗り切るのも難しいことではなさそうです。しかし、7 月に近いとはいえ、今はまだ 6 月ですから、8 月の一番暑い頃には「いい加減にそろそろ涼しくなってくれ~」とお願いしたところで、連日の熱帯夜に汗だくになっていることでしょう。考えただけでも暑くて寝不足になりそうですが、さすがに今年は覚悟しなければならないかもしれません。まぁ、終わってしまえば「いや~、暑かったねー」で済みそうな気はしますが。

とはいえ、誰もが健康でちょっとの暑さは何とかなる‥というわけには行かないと思いますので、無理に我慢することなく、エアコンをかけて涼んでいただきたいと思います。その場合、設定温度は摂氏 28 度とか言われてますけど、もっと高い温度でエアコンを掛けっぱなしのほうが電気の使用量は少ないかもしれません。というのは、ちょっと前にウチのマンションで大規模修繕があったのですが、窓を閉め切った状態で姫を置いておかねばならなかったので、温度を 30 度にしてエアコンを掛けっぱなしにしたのです。でも、想像したほどには電気料金が上がらず(すみません‥記録は残ってないです)、うまく使えば意外と電気を使わないということを学びました。もちろん、十分に涼しかったです。

それでも‥全員が使えば総量としては足りなくなるかもしれませんので、節電しないわけには行きませんよね。ということで‥今日の写真は銀座線の三越前駅と半蔵門線の三越前駅の間の通路ですが、照明が結構消えているのが分かるでしょうか?消えているのが見た目にもハッキリとわかるので、どことなく寂しげな気もしますが、明るさ自体は全然問題がありません。逆に、3・11 前はこれが全部点いていたのかと思うと怖いくらいです。こんなふうにして、電気が無くても済むところは消して、必要なところは電気を使って‥そういうふうにメリハリのある電気の使い方をして、この夏を乗り切りましょう。今年の夏が乗り切れれば、来年からもずっと大丈夫‥ということの証明になりますのでね。

2011年06月25日 (土)
■ インストールにハマる

SAPPHIRE PURE FUSION Mini E350 の心臓部RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/9 EV-0.3

そんなわけで、ハイエンドとは程遠い CPU に落ち着いたわけです。これを動くマシンに仕立てるためにまずは他のパーツも買わなくては‥。一番困るのがケースなのですが、悩んだ挙句に SEED の MA-280B2 90W AC アダプタ付きを選択。230(W)× 65(H)× 220(D)と小さいので組み立てが大変そう‥。メモリはノート PC 用の SO-DIMM で、DDR3 1066 の 2G を 2 枚購入(最大 4GB です)しましたが、1 枚 1880 円という驚きの安さでした。あとは、500GB の 2.5 inch HDD を買って、全部で 3 万行かないで収まりました。光学ドライブもふだんは使わないのでケチって買わずに済ませたのです。また、OS は今持ってる XP を流用することに。もう、最初っからサブマシンのつもりで取り組んでいるのがミエミエとも言いますね。(笑)

古い PC の HDD からのデータ救出もありますし、仮配線の状態で XP のインストールに臨みます。インストールには子供用 PC のスリムドライブを借りたのですが、調子が悪い‥もう壊れたのか?仕方が無いのでカミさんの PC を分解して、普通サイズのほうを借りてインストール。本当は自分のを使うつもりだったのですが、古いので SATA 接続じゃなかったのでした‥。と、いきなりトラブル。インストールの途中で、STOP 0x0000007B だと‥えぇ~、不良品掴んじゃった?と、思ったのですが、色々と調べているうちに新しいマシンに古い OS を入れようとしていたことが原因だとわかりました。後でメーカーの HP を見てみたら、何と XP はサポートされてません‥(笑)。そういや、OS もクラシックだった‥クラシックカーに乗っていたんだからね。

配線のまとめが大変そう‥RICOH GX200 24mm ISO154 F3.6 1/14 EV-0.3

原因は、XP がネイティブで AHCI に対応していないためだったのですが、これが判明するまでにかなりの体力を消耗。その後も、STOP 0x0000000A に遭遇したり、LAN のドライバを入れようとしたら XP が SP2 でないと駄目だと怒られたり‥って、ネット繋げないじゃん!と、色々とありました。気がついたら夜が明けそう‥。次々と襲い掛かる難敵を倒しつつ、やっと SP3 まで適用を済まして、ふだん使いのソフトウェアを次々と導入。あとはメールソフトくらいで終わり。メールももうあんまり使わないので要らないんだけど、何やらの登録だとかネットショップでの買い物に欠かせないのでね。というわけで、だいぶ復活して来たんだけど、このマザーのファンは常に全速運転になっちゃうのがちょっと問題。40mm と小さいファンなので、めっちゃウルサイ。BIOS のメニューにもあるし、ボード側は 4pin になっているので、PWM なファンと交換しなくちゃ‥まぁ、それはまだ先のことでいいかな。

ちなみに、Windows XP のサポートは、2014 年の 4 月に完全に終わることが予定されています。まぁ、あと 3 年近くあるし、それくらいなら日常生活マシン(?)として XP 終了までは活躍してくれるでしょう。で、肝心の性能ですが、前の PC でも使っていた Avast6 と Online Armor をインストールし、Yahoo widget を動かしている状態で測定した CrystalMark 2004 R3 のスコアが 51219 でした。やっぱり大したことないな~、な性能ですが、前の PC が 53683 だったこともあり、似たようなレベルということでストレスは感じませんね。ときたま、Online Armor 君が遅いようですが、それくらいは我慢しましょ。しばらくやる気は出ないけど、今度は AHCI を利かせてインストールしてみたいので、SP3 適用済みのインストールディスクでも作っておきましょうかね。光学ドライブがついてないので USB あたりにね‥。さ、あとひと頑張り。

2011年06月24日 (金)
■ CPU 選び

SAPPHIRE PURE FUSION Mini E350RICOH GX200 24mm ISO154 F3.6 1/16 EV-0.3

PC に限らずに同じことが言えるかと思いますが、特にデジタル製品は変化が早い。「コレいいねぇ~」なんて思っていたものも半年後には旧製品‥なんてことは珍しくありません。だから、PC が壊れて「何買う?」となったときに、また最初っから調べることになるわけ。うへぇ~、めんどくさ‥最近は PC が欲しいと思ってなかったので、楽しいよりも面倒くさい思いが勝ってしまいます。カミさんは、「新しいの買えるんだから、もっと楽しまなきゃ!」と言うものの、やっぱり調べることが億劫になってしまいます。それでも昨日は出かける前に少し調べて、出先での待ち時間の間にスマホで調べて(電池無くなった‥)、だいたいのアタリは付けました。後は現地で研究!ということで、銀座線の末広町駅を降りたのが、昨日の 17 時頃のこと。

今度、自分用の PC を作るときは、ミドルクラスからハイエンドの間程度のものにしようと思ってました。根が天邪鬼なので、次は「Intel 入ってない」PC にしようと思っていたので、それなら AMD Phenom II X6 がいいよなぁ~なんて。でもねぇ、そろそろ新しい CPU も出てくることだし、ホントはそれが出てから買いたかったんだよな~という思いもありました。で、ここで冷静になって考えたのです。だいたい、自分の使い方はクラシックカーでそれなりに足りてたのに、いきなりモダンなスポーツカーに乗り換えるのか?‥と。原発止めたいなら、電気食いまくりな PC は止めておこうぜ‥と。そうは言っても、日々使うものだから、あまりにも言うことを聞かない遅さ‥で、ストレスが溜まってしまっては意味が無いのです。生活必需品なのだし。

そんなワガママな思いをかなえてくれる PC はできるのか‥と、探しているうちに見つけたのが AMD Fusion APU(CPU と GPU をひとつのダイに統合したものを AMD は APU と呼ぶ)という新しい CPU です。こいつの一番速いやつが E-350 という Dual core の CPU で、内蔵グラフィックは Radeon HD 6310 という DirectX 11 に対応したもの。低価格ノート PC や、ディスプレイ一体型 PC 向けに開発されたものだそうですが、そういう用途狙っているだけあって、TDP が 18W(!) と非常に低い。これはいい!そのうち、デジカメの RAW ファイルをゴリゴリやるようになって、パワー不足が深刻になったら、それ用の強力なのを買えばいいじゃん‥と、自分に言い聞かせ、PC パーツ・ショップを回ります。E-350 搭載の Mini-ITX は各社から出ているのですが、最終的に手にしたのが写真のもの。T-ZONE 跡地のドスパラで 9980 円でした。安っ!

2011年06月23日 (木)
■ PC が壊れた‥

RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/24 EV-0.3

私が自宅で使っている PC は‥今となっては博物館行きにでもなりそうな、Intel Pentium 4 の CPU を使ったものでした。Socket 478 の Northwood で、Hyper-Threading Technology には対応しているもののコア数はたった 1 つだし、プロセスルールも 130nm っていう現在のレベルから考えると「そんな太い時代もあったんだ‥」と、まるでクラシックカーを日常乗り回している感じ。そのクラシックカーは、Northwood の中でも比較的高速な 3.06GHz のものを使っていたので、TDP も 81.8W と現代のレベルから見れば性能の割に大食い‥というものです。これを、Shuttle の SB61G2 V3 という Cube 型ベアボーンに組み込んで使用していました。PC としては比較的小型の Cube 型を選んだのは、置き場所を選ばずに済むから‥。

このクラシックカーのような PC は、寒い時期は問題ないのですが、これから暑い時期がつらい。真夏の一番暑い頃になると PC 付近の温度上昇がひどいことになって、ファンをフル回転させないと熱暴走しそう‥という感じでした。もともと冷却性能もあまり高くなかったのでしょうか‥特に電源から排出される熱が結構すごくて、PC の背面は熱帯地方のようになります。それでもハイエンドマシンに組み込む電源なんかに比べたら 250W なんていうカワイイ数字なんですけどね。そんな SB61G2 V3 が世に出たのは 2004 年 5 月頃のことなので、おそらくそれと大して変わらない時期に買っていたはずです(Blog 始める前だったので記録無し)。その前も SB61G2 を使っていたので、2 台続けて Shuttle 製の Cube 型を使ったことになります。

PC もそろそろ新しいのに変えないとなぁ‥というのは、毎年夏になると考えることなんですが、いくら古い機種とは言っても用途が限られてますから、遅くてイライラすることもあまりなく、今日の今日まで古いマシンを使っていたというわけ。でも‥その旧マシンとお別れする日がやって来ました。そう‥別れは唐突にやってくるのであった‥な~んて。ここ最近、PC の調子があまりよろしくない時があったのですが、ついに起動しなくなってしまいました。今日、カミさんの付き合いでたまたま休暇だったので、急遽夕方に秋葉原に行って PC 一式購入。色々あって、OS インストールは真夜中になってしまいました。明日もたまたま休暇にしていたので何とかなってるけど、PC に頼りきりの時代に PC が壊れる‥っていうのはキツいですね。

2011年06月22日 (水)
■ 暑いときは‥

雲無し!RICOH GX200 24mm ISO64 F9.1 1/1070 EV-0.3

曇りがちの天気が続いているから涼しくて助かるね~、なんて言ってたのはつい先日のことだったと思うけど、何だか急に夏がやって来たかのように今日は暑くなりました。横浜の最高気温は摂氏 32.2 度だったそうで、そりゃどうりで暑いわけだ‥。とはいえ、今日は夏至ですからね。晴れりゃあ暑くなって当たり前ですよね。まぁ、夏なんだから暑いのは仕方ないし。天候不順といわれるほどになってしまうと、また別の問題が出てしまうので、「天気はよくてもそこそこでお願いします」といったところなんだけど。

それにしても今日の朝は、雲の無さが半端ではありませんでしたね。とにかく見渡す限り雲が無い!夏って「青い空に白い雲」の取り合わせがいいのであって、見渡す限り一面が雲‥っていうのは、単なる曇りだけど、見渡す限り青空‥っていうのは、風光明媚な景勝地にでも行ったときくらいにして欲しいところ。これが真冬の空なら、暖かくていいね~ってなるんだけれど、真夏の空でコレはつらい。いくら夏生まれで夏好きの私にしても、これが続いてしまうようだとさすがにグッタリしますからね。

何より今年の夏は電力不足ですから、例年に比べると全体的に建物の中も気温が高め。だから、そこに逃げ込んでも暑い‥はず。とはいえ、健康な人なら暑い時期は汗をかいたほうが自然なんで、去年までの夏がおかしかったと思い直しましょう。そう思っても、「やっぱり暑い」と思ったときは‥水に濡らしたタオルで顔や首筋なんかを拭くとだいぶ暑さが和らぎますよ。クーラーに頼りすぎていた生活を見直して、先人の知恵に学びたいところです。とりあえず‥あまり暑い夏になりませぬように。

2011年06月21日 (火)
■ 素性はよさげ

「京」世界一になる(2011年6月21日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/39

私のもうひとつのブログ‥ Mondo Quadrato で、つい先週話題にしたばかりなので、今日の朝刊を見たときに「あら‥何か予言しちゃったかしら?」なんて思ってしまいましたよ(笑)。2009 年当時、もちろん世界一は目指すものの、当事者たちにも「世界一になれるかどうかは微妙」という感じで取り組んでいたらしい国産スーパーコンピューター「京」(けい)が、世界ランキング Top500 の堂々たる一位になったというニュースが今日の朝刊の一面に載ってました(写真は社会面)。理化学研究所と国産コンピューター・メーカー三社(富士通・NEC・日立)で取り組んでいたのが、2009 年に NEC・日立が撤退し、ベクトル・スカラー混合という複雑さが無くなったのが幸いだったりして‥なんて、全然知らないで言ってます。すみません。

最初、このニュースを見たときに「京」が完成するのはまだ先の話なのに、どうして未完成の状態で一位に選ばれるのだろう?と不思議に思ったのですよね。「このビルが完成したら世界一の高さになる」なんていうのとは訳が違うだろうに‥と。そう思って、色々と見てみたら Linpack ベンチマークという性能を測定するプログラム‥いわゆる「ベンチマーク・ソフト」というものを使って実際に計算しているのですね。現代のスーパーコンピューターというのは、多数のコンピューターの複合体なのですが、「京」も最終的には 846 台の筐体が並ぶところ、現段階では 800 台に満たない状態らしいです。ということはもっと速くなっちゃう?まぁ、増えたらその分速くなるとは限らないので、最終的にはどれくらいの数字を叩き出すかはまだ分かりませんが。

とはいえ、まずは「やっぱり一位だよね!」ということが証明できたというところで、素直におめでとうと言っておきましょう。蓮舫ひとりが悪者みたいに言われてるけど、別ブログにも書いたとおりで、あれはあれで名言だったと私は思いますよ。ちなみに‥Wikipedia に書かれているのを見ただけで他のデータを色々と見てみたわけではないのですが、京の総予算 1120 億円というのは、他のスーパーコンピューターに比べると桁違いに高額なんですね‥ホント、桁違いですよ。とりあえず一位になったからいいものの、お話にならないレベルだったら大変でしたね‥。ということで、ベンチマークでは一位になったものの、本格運用が始まった後に「どんな成果を出すか」が本来注目すべきところです。これからが真価の問われる時なので、諸手を上げて喜ぶのはまだ早いです。

2011年06月20日 (月)
■ 早帰り‥だけど

帰り道RICOH GX200 24mm ISO64 F3.6 1/153 EV-0.3

今日の天気予報は午後から雨。夜には止むという予報でしたが、何とも微妙な感じでしたね。でも、先週も微妙な天気続きで全く自転車に乗れなかったので、今日は何とか乗って行きたい。まぁ、朝のうちは雨が降る気配はなかったですし、帰りの時間にちょっと降るくらいは仕方ないだろうということで、今日は自転車で行きました。しかし‥自転車に乗れてないと脚が弱りますぇ‥ホントに。てきめんにペダルが重くなる感じです。せめて週に 2 日くらい乗れていればだいぶ違うのでしょうけど。

午後からは予報どおりに雨。夕方には止んだのですが、遅くまでいるとまた降りそうな感じだったので、仕事の続きは家でやることにして、まだ明るいうちに一旦帰宅することにしました。いやぁ、明るいうちに帰れるっていいですねー(って、仕事終わりじゃないけど)。ついさっきまで降っていたはずの雨も、雨なんて降っていたの?というほどに道路は乾いていましたし。これが寒い時期のことだと、たとえ同じ時間でも真っ暗ですし、道路は濡れたままですし‥下手すりゃ風邪ひきますし。

そんな具合でウチには帰ってきたのですが、帰ったら帰ったでウチの用事が色々とあります。娘の自転車がパンクしたのを放置してたのですが、定期が切れるっていうのでパンク修理をしたり、今日は都内で仕事だったカミさんを途中まで迎えに行ったり。その後、晩ごはんを食べてから少し仕事をして‥何とも慌ただしいままにもう夜中‥。早帰りもいいんですけど、却って色々と欲張ってしまうようで、週の始めからグッタリです‥。明日の朝は雨降りのようなので、また自転車に乗れないと思うと、余計にがっかりしちゃいますね‥。

2011年06月19日 (日)
■ 今年も夏野菜焼き!

いつもの‥夏野菜焼きRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/14 EV-0.3

相変わらず湿度の高い日が続いていますけど、気温があまり高くないので不快感は少ないですね。でも、3 日後はもう夏至‥一年でイチバン太陽が高くなる日ですし、晴れたらさぞかし暑そうです。一説によると、今年の夏は暑くない‥なんていう声も聞きますが、気象庁の長期予報によれば東北から北海道が若干低めで、関東以西は平年並み‥といったところだそうな。ただ、「平年並み」の基準となる 30 年平均値が、10 年ぶりに今年から変わっており、以前の「平年値」よりも暑い傾向が出ているそうです。ですから、昨年の「平年より高い」が、今年の「平年より低い」と同じになることもあり得るので、こればっかりは夏になってみないと分かりません。だいたい、長期予報はよく外れるしね‥。

さてさて、曇りや雨の日続きで気温は低めに感じられてはいますけど、夏が近づいてくると当たり前ですが夏野菜が美味しくなってきます。食べ物は「旬のものを食べる」というのも、些細なことかもしれませんが無駄なエネルギー消費を減らすことに役立つかもしれない‥ということで、「飽きた~」などと言わずにひたすら旬のものを食べましょう!なんて、そんな能書きはどうでもよくて(でも、大事ですよ)、やっぱり旬のものが美味しいから食べるのだ‥と、旨いモノ追求の姿勢で行きましょう。そんなわけで、夏野菜が美味しい季節になると、どうしても食べたくなるのが夏野菜焼き。茄子とトマトとズッキーニの色の取り合わせが食欲をそそります。チーズの塩分が唯一の味付け‥というシンプルさもいい感じ。

毎晩これでもいいな~という程に好きな料理ではあるのですが、栄養のバランスを考えるとこればっかりというわけにも行きません。それでも‥夏野菜が美味しい期間は隔週くらいで食べるのもいいかも。カミさんにはよろしく言っておこう。さて、これを食べたのは昨日の晩なのですが、これ食べた後に先日書いた NHK スペシャル「シリーズ 原発危機 第1回 事故はなぜ深刻化したのか」の再放送(の録画)を見ました。受信料等の難しい問題はあると思うけど、ネット上で自由に視聴できるよう、NHK 自身が動けないかしら‥と思いますね。今後もシリーズは続くそうで、NHK 科学文化部の山崎淑行記者の取材後記なども読みながら、「原発是非の議論が深まるといい」と思いました。

2011年06月18日 (土)
■ ルポ東京電力原発危機1ヶ月

ルポ東京電力原発危機1ヶ月(奥山俊宏著 朝日新書 ISBN978-4-02-273401-0)RICOH GX200 24mm ISO64 F4.6 1/52

今日で東日本大震災が発生した日から 100 日が経過したとのことです。100 日というと随分と前のことのように思えますけど、まだまだそんな気がしません。というのは、昨日も書いたとおりなのですが、事態は未だ「現在進行形」だから‥でしょうか。福島第一原発の少なくとも 1 号機~ 4 号機は、長い年月を掛けて膨大な金を食い続けるだけの負の遺産になったわけです。果たしてこうなる運命は決められていたことなのか、何らかの防ぐ手立て、あるいは事故の規模をもう少し小さくする手段はあったのか‥今後、徐々に明らかになって行くとは思いますが、どこまで意義のある知見が得られるかは当事者である東京電力の意識にかかっていると思います。

電力事業は地域独占ですから、競争にさらされる一般的な私企業とはだいぶ異なる体質なのは想像に難くない。そんな一端が垣間見れるかもしれないと思い、こんな本を読んでみました。一定の時間が経過した後で事故を総括したようなものではなく、地震発生から 50 日間の記者会見の模様を中心にして書かれているものなので、非常に生々しいというか緊迫感のようなものを感じました。この本を書いたのは、私と同年代の朝日新聞の記者だそうですが、地震前から東京電力に対して「かなりネガティブな印象」を抱いていたそうです。今後、その印象が変わるかどうかは分からないけれども、自分と同年代のミドル世代(つまり私とも同年代)の誠実な対応を見て、彼らが立ち上がり、東電の体質を変えて行くことに期待したそうです。

今、我々は大きな変化の節目にいるということを強く感じます。今日の読売新聞に載っていたのですが、28 日に行われる東電の定時株主総会に「原子力発電からの撤退を定款に加える株主提案」を 402 人の株主が提出しているそうで、議決権助言会社が「賛成すべき」と助言する方針を示したそうです。定款変更には議決権ベースで 3 分の 2 の賛成票が必要なので敷居は高いのですが、例年 5% 程度の賛同票がどれくらい増えるのかが注目されます。それと‥毎週金曜日に日経ビジネスに連載されている小田嶋隆の「ア・ピース・オブ警句」ですが、昨日の話題‥菅首相が原発に引導を渡すかもしれないぞ‥も、非常に面白い見方でした。我々自身が未来を切り拓いて行けるのか、何も変えられずに流されていくだけなのか‥そう遠くない日に答えが出るでしょう。

2011年06月17日 (金)
■ マーフィーの法則

汚染水処理進まず(2011年6月17日 読売新聞朝刊)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/143

「予想以上の成果が期待できるものは、予想をはるかに下回る結果に終わる」‥まるで、マーフィーの法則にでも出てきそうな表現ですが、福島第一原発では今まさにこういう状況になっているようです。ちなみに、Wikipedia の「マーフィーの法則」には、”「常に最悪の状況を想定すべしという」観念は今日、システム開発、労働災害予防、危機管理、フェイルセーフなどの分野で現実問題として重要視される考えとなっている” などと書かれています。単に「そういうこともあるね~」などと納得するためのものではなく、「でも、そうなったらどうするの?」を自問するためのテキストとして、マーフィーの法則を使用したらいいんじゃないか‥なんて思ってしまいます。いや、マジで。

で、原発‥喫緊の課題は山のようにあるわけですが、現時点で最重要課題に上がっているのが、おそらく写真の新聞記事にもある「汚染水処理」ではないでしょうか。今も原子炉の冷却水がダダ漏れ状態になっているわけで、放射性物質を除去する仕組みを構築しなければ、さらに深刻な海洋汚染を起こす結果になってしまう。それは困るので、集中廃棄物処理施設内に放射性物質除去装置を作っているわけですが、世界の知恵を組み合わせているこの装置がなかなかうまく動いてくれない‥というのが、写真のニュース。今日から本格稼働させる意向だったようですが、昨日の試験運転でまたもや漏水が発生し、高濃度汚染水の処理に入れる見込みが先延ばしになりました。

昨夜の記者会見で、東電幹部が「思った以上に性能が良く、処理が速く進むのではないか」という見通しを語ったわずか数時間後に不具合が発表されたそうです。というところで、冒頭の言葉が出てくるわけ‥。まぁ、限られた紙面ですし、発言の一部だけを切り取って報道しているのでしょうけど、ホントにこれだけの発言だったら「この期に及んで何も学んでいない」ことになる。さすがにそんな甘い見通しじゃなくて、「そうなってくれるといいなぁ」という希望的観測だと思いますけどね‥。しかし、この装置が万事うまく稼動したとしても、最後に残る高濃度放射性物質をどう処理するかは「未定」なんだそうです。宇宙戦艦ヤマトだったら、コスモクリーナーD が出てきて万事解決‥なんだけど。

2011年06月16日 (木)
■ 触ったぞ SD1

SIGMA SD1 パンフレットRICOH GX200 24mm ISO154 F2.9 1/13 EV-1.7

昨日は夕方から仕事で東京方面に行く用事があったので、仕事が終わったあとにちょっと寄り道をしました。目指すはヨドバシマルチメディア Akiba ‥名前のとおり、秋葉原駅前にあるヨドバシカメラの総本山です。ここに来れば、SD1 のホンモノがあるに違いない!無いはずが無い!‥と考えて、買っちゃってみたいけれど、実際のところは半額くらいじゃないと購入は無理‥な、SIGMA SD1 に「せめて触ってみよう(笑)」と思って行ってきたわけ。秋葉原のヨドバシは半端じゃなく広いのですが、カメラ売り場は 3F にあることを知っているので、一目散にデジイチ売り場に向かいます。SIGMA のカメラは種類が少ないので、売り場スペースも他社に比べると極小。しかし、その場所も頭に入っているので、気持ちがハヤって足早になりながら迷うことなく SIGMA ブースに到着!あれ?どして?SD15 しか置いてないじゃん‥。

と、思ったら、SD1 はレジ横に置いてあるとのポップが目に入りました。APS-C とは言っても値段が値段だし、常に店員の目が届くところに‥ということなのでしょうかね。早速、レジ横に行ってみたところ、Nikon と Canon のハイエンド機と一緒に並べて置いてありました。「おお~、SD1 よ‥会いたかったよ~」と、さっそく手にとって弄り回してみました。いくら SD1 が盛り上がっているとはいえ、SIGMA にワクワクする人はひと握りの少ない人間なのでしょう。誰も SD1 に興味を示す人はおらず、一人で SD1 を触っては SD15 も触ってみて‥ということを果てしなく(笑)繰り返すことができました。もちろん、PENTAX K-5 も Nikon D700 も、食わず嫌いでいたのに初めて触った D700 に驚いたという経験もしたので、OLYMPUS E-5 にも、Canon 5D Mark II にも触ってみた。いや~、カメラ売り場だけでこれだけ楽しめるのも凄い‥さすが Akiba ですね。

さて、SD1 の感想。デジイチを持っていない私が評するのもおかしな話なんだけど、各部の操作感やら見た目のクオリティが「やっと他社のカメラに見劣りしなくなった」という第一印象です。私としては、各ボタンの大きさと触れた感じが大変よくなったと思います。配置の適切さ‥などはコメントできないんですが。ファインダーを覗いた感じは、SD15 比ですが「広く、明るくなった」ように感じました。視野率は同じだけど、倍率が 0.9 から 0.95 に増えた点、センサーサイズが若干大きくなったことが効いているのでしょうか。AF 測距点が増えたりしたのもいいし、合焦音なんかもいい。やっぱり SD15 とはかなり違うな~と感じさせましたが、ちょっと「あれっ?」と思ったのはシャッター音です。言葉では表現しづらいのですが、スコッっという感じのかなり間抜けな音がします。シャッター音なんて写真のデキには無関係ですが、70 万円もするカメラにしてはショボイ音です。でもねー、やっぱ、めっちゃカッコイイですね~。

2011年06月15日 (水)
■ 夕焼けの写真

夕日に照らされる雲RICOH GX200 35mm ISO64 F2.9 1/203 EV-1.0

今日は夕方からの会議のために東京まで出なければなりません。うちの会社は情けないことにスーパークールビズが NG なので、仕方なくワイシャツとズボン(ユニクロの黒い綿パンにしてます‥これならだいぶ楽)に革靴という出で立ちで行きました。もちろん、ノーネクタイです。電車に乗っていたのは 15 時前後という感じだったでしょうか、こういう時間に移動しているのは外回りの方が多いということなのか、ネクタイして上着まで羽織っている人だらけです。今日はまだそんなに暑くないからいいようなものの‥暑くなってもこんな調子だったら困りますね。企業のトップは何しとる?

さて、話は全く変わってまたまた写真の話。昨日は「花の写真が好きで~」なんていう話をしていましたけど、私の場合はもちろん「このジャンルが専門」なんていうものもなく、目にとまったものは「とりあえず撮ってみる」という感じです。下手な鉄砲、数打ちゃ当たる‥とばかりに、あれもこれもとりあえず撮ってみるという感じです。とはいっても、写真を撮るのも会社の行き帰りのごく限られた時間なので、それほどの数が撮れているわけでもないんですけどね‥。で、会社に向かう朝の時間は昨日の写真のように、花であるとか樹であるとか‥が多い。じゃあ帰りは‥となると、これがなかなか撮れない。

というのは、帰りの時間は真っ暗になっているので、これといって目につくものがないのですよね‥。これが都内あたりなら、まだ面白い被写体があるのかもしれませんが、センター北じゃねぇ‥。でも、たまたま早い時間の帰宅などになって、運良く夕焼けの時間などに重なると非常に嬉しいわけです。というのは、夕焼けの時間というのは結構短いわけで、ちょっと気を許すとすぐに日が沈んでしまうから。写真が撮りやすい場所にいられるのは、非常に稀なタイミングです。「子供の頃は毎日夕焼けを見ていたのに‥」などと言っても始まりませんが、私にとって「たくさん撮りたい」被写体のひとつは夕焼けなのです。

2011年06月14日 (火)
■ 花の写真

黄色い花RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/380 EV-0.3

梅雨なのだから仕方ないわけですが、何ともスッキリとしない天気の日が続いています。カーッと晴れてしまうときっと暑いので、涼しい分には助かるのですけどね。でも、こんな天気なのに「暑い暑い」と言っている人がまわりに多くてビックリです。今年の夏は家庭でも冷房の温度は控えめに‥なんて言われてますけど、そもそも冷房を使っていない家だって少なからずあるだろうに、うまく減らせるのかちょっと心配ですね。我が家も夜の蒸し暑い時間に弱めに冷房をかけたりすることがありますが、今年はどうだろう‥。一番暑い時期を狙って避暑地にでも行ければいいんですけどね~。

今日は夕方に雨が降る予報だったので(外れたけど)、昨日に引き続き電車通勤です。駅までは例によって緑道を歩いて行くわけですが、写真なんかを撮りながら行くものだから、時間がかかっていけません。花の写真を撮るのって結構好きなのですが、相手が小さいものだから、ぐーっと近づかないとならないわけで、ハタから見ると変な人‥という感じになってます。まぁ、写真撮ってるのはスグに分かるだろうから、この人、写真好きなのね‥くらいには見てもらっているかと思うけど。写真に夢中になってると周囲に注意が行かなくなるので、知り合いに見られて笑われてるかもなー。

毎日持ち歩いている GX200 は‥もちろんマクロモードを持っていますが、広角端で被写体から 1cm までの距離に近づけます。しかし、そんなに近づいてしまうと、ピント合せがとても難しい。花はちょっとした風にもフラフラするので、ピントが合っているはずの位置から、ピントの合っていて欲しい場所がすぐに動いてしまうし。マニュアルでピント調整していても、どこに合っているのかが微妙に分かりづらいのですよね。今日も‥そこらじゅうにいっぱい咲いているんだけど、何だかよくわからない花の写真を撮りました。一年分ためて、近所の花の写真図鑑でも作ったら面白いかも。

2011年06月13日 (月)
■ 同じレンズ

OLD LENS LIFE 玄光社 ISBN978-4-7683-0340-5RICOH GX200 24mm ISO154 F3.6 1/5

またもや「しょーもない本」を買ってしまいました。「ミラーレス一眼とマウントアダプターで楽しむ!オールドレンズ・ライフ」という、これ以上何の説明をする必要もないムック本です。ミラーレス機‥私のように「一眼レフの特徴は?」って聞かれたら、「そりゃもう、ペンタプリズムに決まってるでしょ!」っていうくらい、一眼レフ= OVF ≒ ペンタプリズムと思っているオッサンにとっては、目をくっつけて覗かないカメラを一眼レフと呼ぶことに抵抗があるわけですよ。え?そんなのはお前だけだって?まぁ、そうかもしれませんけど、なんかこう穴から覗いていないと落ち着かないのですよね。だから、どんなに便利だと言われても、液晶画面のライブビューは無くてもいいんです。

だから、背面液晶だけで全てを済ますミラーレス一眼は、私の変な美意識からすると邪道。どんな褒め言葉を見ても聞いても、発売当初には全く関心がありませんでしたね。しかし、しばらく経ってから、ミラーレス機と古いレンズを組み合わせて楽しめる‥というハナシを見てからというもの、ミラーレス機に対する興味が俄然湧いてきました。NEX-5 のように旧来のカメラスタイルからは逸脱した新しいスタイルと、オールドレンズの古めかしい組み合わせ‥そんなチグハグささえ感じる見た目が何とも面白いと思ったわけです。とはいえ、オールドレンズに対する知識なんてこれっぽっちも無いわけでして、だからこそこんな本を買ってしまったわけ。へ~、シネレンズなんていうフィルムムービーカメラ用のレンズなんていうもの流用できるんですか。中古カメラ店めぐりも楽しくなりますね、これは‥。

今の一眼レフカメラって、こういった「同じレンズを色々なボディで楽しめる」という世界からは対極の位置にありますよね。カメラを買ってある程度レンズが揃ってくると、その手持ちコレクションを捨ててまでして他メーカーのボディに手を出しにくくなるのがフツーの人だと思うし、メーカーもそれを狙っているのでしょうけど‥。でも、たとえレンズマウントを介さなくてはならないとしても、機能的に制約が生じるとしても、ミラー付きの一眼レフで同じレンズを流用できる‥となったら革命だろうなぁ。レンズとボディの組み合わせが自由にできるのなら、カメラの世界ってもっともっと楽しいと思うのだけど‥。ま、その楽しさはミラーレスの世界に求めるしかないのかな‥SIGMA の山木社長!突然ですが、DP をマイクロフォーサーズ化するってどうでしょうかね?

2011年06月12日 (日)
■ Nikon D700

Nikon D700 と SIGMA SD15 のカタログRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/23 EV-1.0

先週の水曜日‥だったかな。雨模様で通勤が電車だったので、横浜経由でヨドバシに寄って帰ろう‥そう思って、会社を早く発ちました。秋葉原のヨドバシには敵わないけど、横浜西口店でもそれなりに実機に触れることができるので、たまに立ち寄って帰ったりしているのです。今回は‥デジイチ触って気分を盛り上げようかな~ってね。カタログ眺めたり、ネットの情報を見ているだけでは、その製品の傾向くらいしかわからないじゃないですか。自分の目で見て、実機に触れて、納得して買いたいですからね。時間は掛かりますけれど、そういうプロセスを経て納得して買うからこそ、愛着を持てるようにもなるわけでして。

現時点での最終候補は、PENTAX K-5 と SIGMA SD15 です。どっちを買っても後悔するようなことは無いと思うし、どちらの機種も割と自分らしい選択なんじゃないかと思っているわけです。製品の完成度という意味では、明らかに K-5 のほうが上に間違いないのですが、SD15 には唯一無二のセンサーの魅力がある‥。ええいっ!もう、両方買ってしまえ!‥となればいいのでしょうが、人間やはり「何かを捨てなければ」いけないでしょう。K-5 を躊躇わせている最後の理由‥それはカメラ本体のサイズです。K-5 は小さめのサイズが特徴で、それが長所とも言われているのだけれど、私の手のサイズには少し小さいのです。サイズという観点では、SD15 のちょっと大きめのボディーのほうが私の手にしっくりと来る。

う~む、困ったな‥と思って、ハナから買うつもりもない Nikon のカメラも触ってみたら‥。D700 って、いいじゃん(笑)!そろそろ後継機種が発表になると噂が絶えないようですので、フルサイズ機ながらボディーの価格は既に 20 万を切っているし。もちろん性能は折り紙つきだから文句の付けようも無いし、重量感バツグンなのはちょっとマイナスだけど、持った感じも非常にいいです。じゃあさ、D700 に行っちゃう?‥というと、その選択はやっぱりありませんね。どうしてかなぁ‥プロも選ぶ素晴らしいカメラだというのはわかるのですが、なんかこう「あまりにも優秀」なところがどうにも馴染めないのですよね。強い女性は嫌いじゃないけど、サイボーグみたいに完璧なのは嫌っつ~か。あ、例えが変でしたかね(笑)。な~んて言いつつ、D700 の実機がある日ここに出てきたら‥大笑いしてやってください。

2011年06月11日 (土)
■ スーパークールビズ

myX でゲットした T シャツRICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/52 EV-0.3

毎日、新聞の読者投稿欄を見るのが私の楽しみのひとつです。何が楽しいのかというと、「こんなふうに考える人もいるのか~」と、自分では思いもよらない他人の意見に触れることができるので‥。いい意味で、「参考になる」のですよね。そんな意味で、先日見たスーパークールビズに関する投稿は面白かった。「あんなレジャーに行くようなだらしない格好を環境省が推奨するとは何事だ!」と、怒り心頭のクソジジイ‥じゃなくて、お爺様がいらっしゃったのです。一体、レジャーに行くときなどに着るモノのどこがだらしない格好なのか?と、ご意見差し上げたいくらいですが、何が気に入らないのですかね。単に自分が不愉快な思いをするから‥ということだけで「けしからん」などと言っているだけでしょうが、そんなに不愉快なんですかね。

私なんて、男性社員のドレスコードはビジネススーツである‥なんて言っているほうが、「紳士服業界と癒着してるんじゃね?」くらいに思っているわけでして、着るものについてああだこうだ強制する必要は無いという立場です。もちろん、節度といものはあるとは思いますが、前述のお爺様が考える節度に比べたら、無いに等しいものでしょうね。で、そもそも何でサラリーマンはビジネススーツなんだろうと昔から不思議でしょうがなかったのですが、ひきこもり系コラムニストを自認する小田嶋隆氏が、日経ビジネスに連載している「ア・ピース・オブ・警句」の昨日のコラム‥スーパークールビズは革命なんだなを見て合点しました。小田嶋氏曰く、スーパークールビズは定着しない、なぜならスーツには権力と序列があるからなのだ‥と。

スーツに込められた権力と序列で勝負しない限りオヤジは若者に負けてしまうので、序列を持ち込まない限りスーパークールビズに勝ち目はないだろうと。なるほど、面白い発想ではありませんか。私はもともと「スーツなんでクソ喰らえ!」という考え方なのですが、それは権力と遠いところにいるからなのですね‥なるほど~。だから、権力者ほどスーツを好み、スーツを着ない者が権力を握る者を嫌う。T シャツ姿のホリエモンは、若者には人気があったが権力者からは嫌われた‥と。ウチの会社もたいがいにアホですから、スーパークールビズは認めないなんて言ってますけど、T シャツと G パン程度の格好でする仕事のキモチよさったら無いんですけどね。騙されたと思って一度くらい試してみればいいのに‥。ちなみに写真は今日 myX で手にいれた T シャツ。これ着て平日に会社行ってみたいのです~(土日は昔から OK)。

2011年06月10日 (金)
■ 原発のウソ

原発のウソ 小出裕章著 扶桑社新書 ISBN978-4-594-06420-4RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/36 EV-0.3

小出裕章‥京都大学原子炉実験所助教。3・11 以後、小出さんの名前をご存知ない日本人はいなくなったのではないでしょうか。私が大学時代に学んだのは機械工学でしたので、原子力(発電)と直接関係するような勉強はありませんでした。なので、卒業後も原子力問題には疎かったと言えます。ですから、私が小出さんのことを知ったのも、残念なことに 3・11 以降のことでした。小出さんは、京都大学原子炉実験所助教とあるとおり、原子力の専門家です。しかし、多くの原子力の専門家と決定的に違うのは、「原子力を止めさせること」に情熱をかたむけていらっしゃるということです。日本中にどれくらいの数の原子力の専門家がいるのかわかりませんが、真っ向から原子力の危険性を訴え続けている専門家というのは、非常に数少ないかと思います。原子力推進派にとってみれば、邪魔な存在です。

福島第一原子力発電所の状況がどんどんと悪化して行った頃‥確か、13 日か 14 日くらいのことだったでしょうか。ネットに情報を求めて探し歩いているうちに、この小出さんの名前を見つけました。小出さんは長い間、原子力研究を続けながら原子力に反対してきた方なので、原子力に異議を唱えていたような方であれば、ずっと以前からご存知だったはず。しかし、私は小学生の頃に「原子力発電に関する良い事だけが書いてある本」を読んでいたせいでしょうか、原子力発電は「危険性はあるが何とか利用できる技術」だと思っていました。3・11 が来るまで‥同じように思っていた日本人は多かったはず。でも、その思いは打ち砕かれたわけです。知れば知るほど、現在の人間には扱えないシロモノであることが分かります。原子力はクリーンなエネルギーである‥そういう言葉に騙されてはいけません。こんなに危険でダーティーなエネルギーにはまだ手を出してはいけない。

昨年の 5 月 7 日に、高速増殖炉「もんじゅ」運転再開のニュース(今はまた停止中)に対して、夢が悪夢にならないといいね‥なんて書いてましたけど、あんなものは無理であるということが、小出さんの著書(写真の「原発のウソ」)を読んで分かりました。平和利用なのだから大丈夫、クリーン・エネルギーなのだから推進すべき‥何千年、何万年後ならそうなるかもしれません。でも、今はまだ無理‥。それでも原子力発電は必要悪‥今でもまだそんなふうに感じておられる方は、小出さんの著書をお読みになるといいと思います。また、5 月 23 日に参議院の行政監視委員会に参考人として出席された小出さんの話を聞いてみるといいと思います。上記リンク先ページの最後のほうには、小出さんの話が「文字起こし」されているサイトも紹介されているので、忙しい方はそちらを読まれてもいいかと思います。

さらに、今度の日曜日の深夜に NHK スペシャル「シリーズ 原発危機 第1回 事故はなぜ深刻化したのか」の再放送があります。私は本放送終了後にこの番組を知ったので、録画してしっかり見ようと思います。今回の原発問題について、今まで報道されてきた内容とはだいぶ雰囲気が異なるようです。NHK だから信頼に足る‥かどうかはわかりませんが、「東京電力にモノ言えぬ民放」とマスコミを叩いていた方は、ご覧になるとよさそうです。また、原発推進派の方や、原発問題を深刻化させたのは菅首相のせいである‥との主張をされる方も、ひとまずご覧になるとよさそうです。最後に‥私が小出さんのことを知るきっかけになった番組‥ 2008 年の 10 月に大阪毎日放送が放映した、「なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち~」を紹介しておきます。これから先、我々は何をどうすべきなのかを考えるきっかけにしていただければと思います。

2011年06月09日 (木)
■ 大きいのはやっぱり‥

Bikers Station 2011/7 No.286RICOH GX200 24mm ISO154 F2.9 1/154 EV-0.3

先週の土曜日に行った TCU 横浜祭で、ご近所の S さんと一緒になりました。同じ講演会がお目当てだったようなのですが、講演会の話とは別にモーターサイクルの話題で盛り上がってしまったのです。S さんは比較的最近になって大型バイクの免許を取得され、アメリカ製のでっかいやつに乗られているのですが、最近は仕事疲れがたまっちゃってなかなか乗れずにストレスが溜まっているらしいです。やっぱり置き場がね‥ということで意見の一致を見たので、置き場を拡張するうまい方法はないか‥を、考えてみようかしら。モーターサイクル適齢期(?)の男子諸君も増えてきているはずだから、今後は自転車置き場の需要がモーターサイクル置き場に少しシフトするはずだもんなぁ。こういうところが集合住宅の困ったところです。

なかなか実車が買えないもので‥というわけでもないのですが、雑誌でも眺めながらいいな~と「遠い目」をするくらいしか今はやることがないわけで、S さんと別れた後に本屋に行って今度は Bikers Station を買ってしまいました。というのは、今月号は「KTM の世界観」という短期連載の第一弾ということで、今私が最も注目している 125 DUKE の詳細な記事なんかが載っていたからでして‥。この Bikers Station ‥先日買って「損した!」と思った frm とは大違いで、こっちはずっと安いのに内容が濃い気がしますね。でも、DUKE だけ読むのはもったいないので、他の記事も一応全部目を通してみるわけですが、なんのなんの‥面白いじゃないですか。特集にもなっている 600cc クラスなんて‥なかなかマニアックだもんなぁ。Daytona 675 なんて楽しそうじゃん!

で、冒頭の S さん‥「中型限定持ってるなら、教習は 10 時間ですよ~」なんて、悪魔の囁きをするではありませんか。こりゃ、125cc でいいや‥なんて言ってないで、限定解除しちゃいますか~?なんて‥。いやいや、モーターサイクルは体剥き出しだしさ、やっぱり危険と隣り合わせですからね。少なくともスーパースポーツ系なんて、猫に小判どころの騒ぎじゃないので、やっぱり自分には小さいのがいいかな。つい先日も、RIDERS CLUB の現役編集長さんが自動車と事故になって、首の骨を骨折して亡くなったばかりですし‥(ご冥福をお祈りいたします)。いくら一瞬が楽しくても生きててナンボですからね。独り者ならいざ知らず、カミさんも子供もいるし‥というわけで、125cc でいいんですよ~。早く置く場所が空かないかなー。

2011年06月08日 (水)
■ 「安全文化の徹底」って何?

原発設計から見直しへ(2011年6月8日 読売新聞朝刊)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/32

東京電力福島第一原子力発電所事故に関する調査報告書が、昨日、日本政府から国際原子力機関(IAEA)に提出されたそうです。報告書には、28 項目の安全強化策が述べられているそうですが、その中には原発の設計やら構造に抜本的な見直しを迫る内容が含まれているのだとか‥。ちょっと待ってくださいよ。そもそも、日本の原発は日本が設計したものではないはずです。第二次世界大戦の敗戦国ゆえに大した原子力研究はさせてもらえず、海外からの技術導入で作ったものではないのでしたっけ。東京電力の原発は、アメリカが開発したものではないのでしたっけ‥。

ま、それはいいとして‥。新聞には紙面の 3 分の 2 程度を割いて政府報告書要旨が書かれていますが、要旨ではなくて全体が公開されているサイトとかって無いのでしょうか。というのは、最後の項目にあたる 28 番目のものとして、「安全文化の徹底」という題が付いているのですが、残念ながら紙面では内容が省略されています。安全文化の徹底って、一体何なのでしょうか?2011 年 3 月 10 日まで、「原発は安全でクリーンだ!」などという嘘の安全神話で日本国民を散々騙し続けてきたというのに、それではまだ懲りずに嘘に嘘を塗り重ねて行こうというのですか?

「日本は原発をやめる」と、どうして言えないのか。日本は地震国だから原発はもう無理ですと言って、ドイツのように脱原発に舵を切るべきなのでは。「浜岡原発だけを止める合理的な理由がない」などと言っているバカには、日本は全原発を廃炉にするのだ‥って、言えばいいのではないのか。ま、黙っていても稼働中の原発はいずれ定期点検のために停止され、点検終了後も地元の理解を得られずに再稼働もできず、結果的に全原発の運転が停止する‥ということになるはず。もしも、原発を無理やり再稼働させるような人間が出てきたら、その人物の名前をとにかく忘れないことです。

2011年06月07日 (火)
■ 羊肉

ラムチョップRICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/6 EV-0.3

私が子供の頃には、食肉と言ったら豚と鶏と牛の三種類しかないと思っていました。その頃に一番食べていたのはどれでしたかね‥おそらく豚肉だったのではないかと思いますが、少なくとも牛肉を食べる機会が一番少なかったように思います。それは今になってもあまり変わってなくて‥牛肉を食べる機会は現在でもあまり多くないような気がします。逆に一番多いのは鶏肉かもしれません。だいたい、飲み屋に行くときも焼鳥を目指して行くことがイチバン多いような気がしますし。焼肉もゼロではないけれど、最近は全く行ってないからなぁ。どうも、食べるよりは飲むほうが主体になるということが原因のような気もします。

で、大人になってからは、豚と鶏と牛のほかにもいろいろな食肉があるということを知るわけです。第四の肉として一番メジャーなのは、何と言っても羊でしょう。他にも猪とか鹿とか馬とか熊とか‥色々とありますけど、入手の容易さから言っても羊肉が四番目でしょうね。私が仕事で時々行く北海道‥北海道と言えばジンギスカンですが、やはり北海道では羊肉がメジャーだそうで、逆に牛肉あたりのほうがマイナーだと聞いたような気がします。以前、札幌の仕事仲間に「どうして北海道は羊肉なのか?」ということを聞いたのですが、食用になるまでに掛かる費用が少なかったからではないか‥という想像はできても、結局のところ正解はわかりませんでした。

まぁ、そんな理由はどうでもよいのです。少なくとも北海道によく行くようになってからは、羊肉を食べる機会が劇的に増えたと思います。1996 年から 1998 年あたりはしょっちゅう札幌に行ってたのですが、下手すると毎晩のように羊肉食べてましたしね‥。ということで、今ではすっかり羊肉ファン。でも横浜あたりでは羊肉の地位は相変わらず「第四の肉」を脱せない感じでして、流通量も少ないと思います。そのせいか羊肉は意外と高いのですよね‥。本当はラックのまま料理して、切り分けて食べる‥なんていうキャンプみたいなことをやりたいのですが。とはいえ、七輪の時にはこの程度で控えめにしておいたほうが、色々な味が楽しめていいかもしれませんけどねー。

2011年06月06日 (月)
■ ジテツーで節電

ジテツー中@恩田川RICOH GX200 24mm ISO64 F4.1 1/380 EV-0.3

先週は、大阪出張に行ったり都心に行ったりと、自転車に乗らない日が続いていました。そればかりか、ここ最近は自転車通勤の日が少なくて、今日の時点でのジテツー率は 59.8%にまで落ち込んでしまったのです。それでも、約 60%ということは、週あたり 3 日ほどは自転車通勤できているという計算にはなります。何とか年末まではこの程度の数字は維持したいところ‥。しかし、一週間自転車に乗らないだけで、筋力ってかなり落ちるんですよね。私の自転車通勤路には、(大したことないんですが)ややキツい上り坂が、往路に 2 回、復路に 3 回現れます。その上り坂を楽に登れるかどうかで、自分の筋力具合を確認できるのです。

「自転車に乗って会社に行ったりしたら、仕事をする前に疲れちゃうから、仕事にならないんじゃない?」この質問は非常に多いです。もちろん、自転車に乗るのって何十年ぶり‥なんていう人は、最初のうちは疲れると思います。でも、少しずつ慣れてくれば、通勤程度では疲れることはなくなります。それよりも、基礎体力が向上しますし代謝も上がるので、風邪などをひかない丈夫な体になりますね。これは、私のような中年の自転車通勤者であれば痛感しているはず‥。会社の行き帰りの時間で体力づくりができるので、何だかとても得をした気分になれるというわけ。自転車を買う必要はあるけれど、フィットネスクラブにお金を払い続ける必要もありませんし。

自転車通勤をしていて何よりもイチバンすごいと思うことは、同じようなことの繰り返しになりますが、暑さや寒さの変化に強い体になるということ。特に暑さに耐えられる体になったのは、自分でも驚いたことですね。今日も、会社のみんなは「暑い」を連発してましたが、私は「寒い」と感じていたくらいですから‥。今年の夏‥特に首都圏では、電気が足りなくて冷房を弱くするということがアチコチで言われてますけど、自転車人にとってそんなことは何の脅威でもありません。むしろ寒すぎることがなくて助かる‥と、思っているくらいですから。ということで、社会人のみなさん!節電も積極的に攻めの姿勢で行きましょう。何といっても節電の切り札は自転車通勤なのです。自転車通勤で日本の通勤スタイルを変えましょう!

2011年06月05日 (日)
■ 最終ゴール

菅首相退陣へ(2011年6月3,4,5日 読売新聞より)RICOH GX200 24mm ISO64 F3.2 1/143

6 月 2 日に野党三党(自民、公明、たちあがれ日本)が提出した内閣不信任決議案は否決されました。菅首相が大震災への対応に一定の目処がついた段階で退陣する意向を示唆したことで、民主党の内部分裂が回避されたから‥という事情があったようです。しかし、その後になって退陣の時期がいつなのか?ということで、またもや永田町が揉めてます。ところで、菅首相をペテン師だと言い張る鳩山元首相に対して「あなたのペテン師ぶりのほうが上手だ」と指摘してやる側近がいないのでしょうか(そりゃ無理な望みか‥)。資産家でお金もたくさんあって、働かなくたって生きていけるんだろうから、世間から離れてひっそりと暮らして欲しいのですが。

ホンモノのペテン師からペテン師呼ばわりされている菅首相‥やはりいつかは変わらなくてはと私も思っているわけですが、少なくとも今すぐ変わるのはどうなのか?とも思っています。というのは、変わったところで次に誰が‥という部分が何とも分からないので。とにかく変わればいいんでしょ‥とも思えないのですが、菅首相が辞任すれば、辞めろコールをしている人々が一致協力して物事がスルスルと進む‥のかもしれないし。そうなれば、辞任がプラスに働くことになるわけだから、やっぱり今すぐ辞めるべきなのかもしれない‥。しかし、未来のことは誰にも分からないし、後悔したところでやり直しはできないわけだから、どちらを選択したところでそれを受け入れなければならないわけですが‥。

ところで、物事には常に良い面と悪い面の両方があります。立場が変われば、良いことが悪いことに転じたり、逆もまたしかり‥というわけです。ですので、今は菅首相の悪い面ばかりが強調されていますが、逆に良い面はないのか?‥と、いうことも考えたほうがいいのかもしれません。そういった諸々の点を考慮した上で、日本のプラスになる判断を下していただければと思います。とはいえ、菅首相が変わったところで、劇的に何かが変わるということにはならないような気もします。それが辞めなくていいことの理由にはなりませんけれども、首相が変わったところで進歩が無いのであれば、こんな議論もバカらしいわけです。中には政府が原発推進に転じない限り政局は安定しないだろう‥と、断言する人もいますが、それが最終ゴールだとすれば悲しい限りです。

2011年06月04日 (土)
■ 人に伝えるということ

東京都市大学 TCU 横浜祭にてRICOH GX200 24mm ISO64 F9.1 1/203 EV-0.3

今日は、myu ままのお誘いで TCU 横浜祭に行ってきました。お目当ては、脳科学者の澤口俊之氏による公演。明石家さんまの番組にも出演しているそうで(私は TV を見ないので知らなかった)、整理券もすぐに無くなり、開場前から人が並ぶ盛況ぶり‥。ほ~、こりゃ面白い話が聞けそうだ‥そう期待したのですが、実際には大ハズレでした。大学教授の経験もあるくらいだから知識も豊富で頭もいいはずだし、もちろん正しいことも言ってるのだろうけど、限りなく似非科学者に近いですね‥この人。何でこういう人がウケているのかがよく分からなかったのですが、おそらく、「世間の科学者に対するイメージ」にマッチしているのでしょう。”難しいことを考えていて、いつもブツブツと何かを呟いている” ‥とかですかね?明石家さんまは「人に笑ってもらう」ことが商売ですから、その笑ってもらう部分にうまく利用されているだけ‥だと思います。

精一杯好意的に考えると、TV のキャラを演じている‥ということなのだろうと思います。しかし、仮にも講演会と銘打っているのだし、「聴衆に何かを伝えたい」という気持ちというか熱意をもって話をするんじゃないの?と、思うのですが、そういう熱意のようなものが微塵も感じられないのです。また、人間はコミュニケーション能力が大事なのです‥なんて言ってる割には、自分にその能力が無いのです。私も大学で学んだことがあるから分かるのですが、ダメ教授の典型例のような人です。

  • 講義は自分の得意なことを勝手気ままにただ喋りまくってるだけ
  • メッセージを伝える相手である学生のことを全く見ずに手元ばかり見ている
  • 質問にストレートな回答ができないばかりか、自分の主張を述べるだけで質問者が納得したかどうかはお構いなし
教鞭をとった経験もあるそうですが、必修科目の授業だったりした日には、さぞかし学生も辛かったことと思いますね。企業だったら、お客様の前では決して喋らせたくないタイプです。

澤口俊之氏の講演会‥TCU 横浜祭の目玉だったと思うのですが、当の学生たちがどう受け止めたのかが気になりますね。「TV と一緒で面白かったー!」なんて思ってしまったようでは、明日の日本が思いやられます。「せっかく金払って呼んだのにツマラナイ話で損した」くらいに思っておいて正解。こういう人が大衆受けしていると思うと、ホント頭痛くなってきます。こんなボロクソに書いて、せっかく誘ってくれた myu ままには何だか申し訳ないですが、「人に何かを伝えるのは非常に難しい」ということをあたらめて痛感できたのは収穫です。また、澤口俊之氏は信用に足る人物ではないということが分かった‥というのも収穫。反面教師として立派に活躍しているということで、そういう意味では素晴らしい方‥なのかもしれません。

2011年06月03日 (金)
■ 宇宙飛行士選抜試験

ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験(大鐘良一、小原健右著 光文社 ISBN978-4-334-03570-9)RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/64

時々ここに書いていることですが、今から 35 年ほど前の中学生だった頃の私は、「大人になったら天文学者になりたい」と思って、夜な夜な天体望遠鏡で夜空を見上げてました。でも、その思いは実現するほどまでには強いものではなかった‥と、いうことです。もっと強い思い入れがあって、その思いが実現していたらどんなだったろう‥そんなことを妄想してみるのも面白いですが、天文学者への道を選ばなかったからこそ今の私があるわけでして‥。でも、宇宙に関心があった当時、何故天文学者だったのかが自分でも今ひとつ分かりません。宇宙のことをもっと知りたい‥そう思っていただけかもしれません。だから、今から思うと宇宙物理学者になりたかったのかもしれません。しかし、これまた何故だか「宇宙飛行士になりたい」という思いはありませんでした。

ホンの一握りの人間が選ばれるものだから、そんなスーパーマンみたいなことは無理‥と思っていたのか、空気の無いところなんて怖くて行けない‥という単なる臆病者だったのか。それから 35 年ほどが経過した今、宇宙飛行士というものがどういうことをやっているのかは、ホンの概要レベルではありますが、何となく分かってきたつもりではいます。でも、きっと物凄いスキルを持っているであろう宇宙飛行士が、どのようにして選ばれるのか‥それについては、全く知りませんでした。いや‥ライトスタッフという映画(この本の中にも出てきて思い出したのですが)で、その片鱗にはちょっと触れていたかな。少なくとも細かいことについては知らないので、先日ふらっと入った本屋で平積みになっていたこの本を見て、お、何だか面白そうじゃない‥と、買ってしまったわけです。

で、読んだ感想‥「物凄く面白かった!」って、感想が小学生以下ですが(笑)。本のオビに書かれているように、宇宙飛行士に求められる能力というのは、何も特別な能力というわけではないようです。しかし、何に対する能力なのか?というところがかなり違う。「一芸に秀でよ!」などというのは、凡人にはよく言われることですが、宇宙飛行士に求められる能力は「あらゆる事項について 60 点を取る」ことだそうです。なんだ 60 点かよ?と、思うなかれ‥「しかし、それが極めて難しい」ことなのだそうです。つまり、「全ての事項に失敗するな!」が、宇宙飛行士に求められること‥凡人から見れば、やっぱり、スーパーマンだ!なのかもしれません。ちなみに、宇宙空間という特殊な環境に置かれる宇宙飛行士は、何があってもくじけずにチームワークで危機を乗り切らねばならない使命があるそうです。昨日の話題じゃないですが、永田町の方々に今スグ読んでいただきたい‥そう思ってしまいました。

2011年06月02日 (木)
■ 永田町は日本の縮図?

内閣不信任案採決へ(2011年6月2日 読売新聞朝刊より)RICOH GX200 24mm ISO154 F2.9 1/18 EV+0.3

新聞によれば、昨日の党首討論で、谷垣総裁が菅首相に次のように噛み付いたのだそうです。「お辞めになったらいかがか。東日本大震災の復旧・復興をあなたの下でやっていくことは不可能だ」と‥。これに対して菅首相は、「国民の大部分は、震災の復旧復興、原発事故の収束を強く求めている。その責任を果たしていかないといけない」‥そう答えて辞任を否定したのだとか。「やりたくないことをやらされている」と、常日頃から感じているのでも無い限り、辞めろと言われて「ハイ!辞めます!!」と二つ返事で返す人などこの世にいないような気もしますが、つまりは菅首相も「首相のポストが嫌で嫌でたまらない」ということでは無いようです。しかも、国民が何を強く求めているのかを(口先だけかもしれませんけど)分かっているらしい‥分かっているなら、それを最重要課題として突き進んで欲しいとは思いますが。

この対応を受けて、自民党は内閣不信任案を提出したそうですが、今回の騒ぎでは民主党内部でも不信任案に賛成する、いわゆる「造反者」が大量に出るらしいということが、この手の騒ぎにおける「いつもとの違い」でしょうか。しかし、どっちもどっち‥という印象しかありません。菅首相に強いリーダーシップがある‥日本国民の誰一人として思っていないでしょうが、今ここで辞めさせたところで、次の首相には少しはマシなのが出てくるのでしょうか。思い返してみると、自民党の与党末期にも首相がコロコロと変わりましたが、それによって大きな変化があったでしょうか。現時点に比べれば当時は「平時」でしたが、強いリーダーシップを感じた首相っていましたっけ?彼らが今の首相だったら、見違えるほどの対応ができたのでしょうか。もちろん、ダメなトップは困るのですが、ダメなトップを引きずりおろすことだけが目的になっていませんか?トップが替われば何かが変わる‥って、実は単なる妄想ではないですか?今はまだ、足の引っ張り合いに精を出すのではなく、各自の得意なところを生かして協力する時だと思うのですが。

そもそも助け合いというのは日本人が得意とするところではなかったでしょうか?よく言われることとして、「唯一神の西洋諸国と八百万の神の日本」というのがありますが、強大な権力を持つ絶対的なリーダー(唯一神)というスタイルは、日本人には合わないのではないか。みんながそれなりに責任を持っている(八百万の神)というスタイルが日本人には合っているのではないか。日本人って権力を握ってしまうと「責任を持ってオレが全部やらねば‥」と変に力んでしまうのでは?でもそれは、「全ての責任はトップにあって、自分のせいじゃない!」と、他人に責任をなすりつけて満足してしまう我々がいるから、それの裏返しとして出てしまうのではないか?「だから国会議員は‥」と、私も時々思ってしまうのですが、この醜い争いも自分の姿を見ているだけに過ぎないのかも‥と感じてしまいました。私も今のままの菅首相ではダメだとは思いますが、変われば即解決なんてコレっぽっちも思ってません。同じ日本人として、与野党協力して、東北の復旧と復興に当たって欲しいのです。

2011年06月01日 (水)
■ アナログガジェット

ブーラン 手巻きムーンフェイズRICOH GX200 24mm ISO141 F2.5 1/30 EV+0.7

デジタルガジェットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。前半のデジタルというのはアナログと対になる言葉ですが、アナログが連続的な値を取るものだとするとデジタルは飛び飛びの値を取るもの‥と言えるでしょうか。まぁ、そんな違いは今日はどうでもいいのです。大した違いではないと言ってしまえばそれまでのこと。一方、後半のガジェットとは、道具とか小物といった意味があるそうですが、デジタルガジェットという使い方で言えば、「携帯用の電子機器」という感じでしょうか。それこそ、携帯電話であるとか、ちょっと苦しいかもしれないけど数日前に話題にしたガイガーカウンターなども「デジタルガジェット」の類と言っていいのではないかと思います。

では、デジタルではないアナログな小物は果たしてアナログガジェットと呼ぶのか?私がガジェットなんていう洒落た呼び名を聞いたのは、ごくごく最近のことなので、デジタルなものが今よりもずっと特別だったアナログ全盛期においては、そんな言葉は聞いたこともありませんでした。でも、ガジェット(≒小物)好きにとってはそれがデジタルなのか、アナログなのかは大きな問題ではないはず。だから、デジタルならデジタルガジェットと呼びますし、アナログならアナログガジェットと呼んであげたいわけです。そんなアナログガジェットの代表格と言っていいのが、機械式時計‥中でもクロノグラフと呼ばれる「ストップウオッチ」の機能を持った時計ではないでしょうか。

クロノグラフに限らないのですが、もうホントに定期的と言ってよいほどに時計が欲しいなーと思うわけです。買ったら買ったで、欲しいなーと思う時期が一時的に後ろにズレるだけであって、いつかはまたルーチンワークのように定期的に「ああ、これ欲しい‥」になってしまう。でも、最近は買ってないから一時的なズレも生じないわけでして、今は「時計が欲しい~」の時期が続いている‥。そうはいっても値段的に機械式クロノグラフにはなかなか手を出しにくいのですよ‥と、思っていたら、値段も見た目もなかなかイイ感じのものを発見。針がちょっと華奢な感じだけど、ロシア製というあたりがかなりシブイです。スーツの時にはいいかもな~って、スーツ着る機会は少ないのですけどね。残り 1 個だってー、どする?

| Top |