14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2011年11月30日 (水)
■ 好奇心

熟したカラスウリ
RICOH GX200 28mm ISO64 3.0 1/570 EV-0.3

Wikipedia によれば(一部を引用)、好奇心とは「物事を探求しようとする振舞い、気持ち」であり、「自発的な調査・学習といった知的活動の根源となる感情」なのだ‥といいます。特に後者を想定した場合、「好奇心が旺盛である」ことは、一般的によい志向であるとされますが、それは好奇心の対象によるかと思います。さて、私は自分で言うのもアレですが、子供の頃から好奇心は旺盛なほうだったと思います。それはもちろん大人になっても変わらないわけでして‥。そんな前振りはなくとも昨日の話題と上の写真から、今日の話が一体何なのかは、よほど鈍い人でなければ分かることでしょう。そう!食べてみました。

場所は恩田川と国道 246 号線が交差するあたりの右岸。川沿いの道路と畑の間がちょっとした笹薮みたいな感じになっているのですが、その辺りに連なるようにカラスウリのオレンジ色が見えます。そこはもちろん私有地の一部でしょうから、そこからモノを失敬するのは犯罪であると言われても仕方ない。しかし‥雑草がぼうぼうに生えているところからカラスウリのひとつをいただいたところで誰も怒らないでしょう。放っておいても鳥が食べちゃったりするし‥。ということで、カラスウリをひとついただきました。で、今日よく見てみたら、かなりの数のカラスウリが鳥に食べられて「中身が空」になってました。うほ~、これは期待大!

カラスウリを割ったところ
RICOH GX200 28mm ISO64 3.8 1/500 EV-0.3

割ってみたのがこの写真。子供の頃にもこうして中身を見たことはあるので、どういうものかは分かっていましたけど、あらためてよく見たところでお世辞にも美味しそうという感じではない。色はちょっと違いますけど、しっかりとかき混ぜて十分に粘りの出た納豆が入っている‥見た目はそんな感じ(納豆は旨いけどね)。匂いはやや「青臭い」ですが、強い匂いではないので、「こんなの食うの無理!」とはなりません。とはいえ、いかんせん色が毒々しいといいましょうか、食用として出回っていないという前提知識とその見た目から、「食欲とは遠い世界」を感じます。ん~、別に食うって宣言したわけじゃないんだから、食べるの止めるか‥。そういう思いも頭の中をよぎりました。

でもそこは生来の好奇心が許しません。「毒じゃないんだかさっさと食ってみろ!」さすがに一気食いするところまでは行かず、1/4 ほど(もっと少なかったかも‥)を口に入れてみました。あ、ほんとだ‥甘い。甘いと言ってもほんのりとした甘みです。野草独特の青臭さも感じます。さ~、一瞬遅れて強烈な苦味が来る‥あれ?来ませんよ。若干の青臭さは残りますけど、苦くないじゃん。十分に熟すと苦味が減るのですかね(私の舌が鈍感という説も‥)。積極的に食いたいと思うほどではないけど、いざというときの栄養源にはできますね(‥って、栄養豊富かどうかは知りませんが)。

カラスウリの種
RICOH GX200 28mm ISO64 6.0 1/540 EV-0.3

「うへー、に、苦い‥ペッペッ」とならずに済んでしまったので、口に入れた分はしっかり食べてしまいました。残りは鳥やら虫やらにプレゼント‥ということで、残してきました。さて、真ん中の写真で納豆のように見えていたものの豆に相当するものが上の写真の種です。カマキリの顔や犬の顔に例えられる独特な形をしています。大黒様の顔や打出の小槌に例えられることもあって、財布に入れておくといい‥なんていうハナシも。じゃあ、カミさんと私の財布にでも入れておきますか。日本の民話では欲張りな人間が必ず失敗することになっているので、私は欲張らずに小さいほうにしておきます。‥などという計算をするところが、「さらに欲張り」だという説もありますけども(笑)。

2011年11月29日 (火)
■ 美味しい?

カラスウリ(食べられた跡)
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/32 EV-0.3

少し前まで今日は雨降りの予報だったので、今朝の予報が「曇り」に変わっていたのは嬉しかったです。もちろん、今は一日でも多く自転車通勤がしたいから。その理由のひとつは、何も考えずに自転車通勤ができる日が確実に減っていっているから。もうひとつは、最後の通年成績を何とか頑張って 60% 台に乗せたいから‥です。ということで、今日も無事、自転車通勤ができたことに感謝です。通勤途中にある恩田川は、右岸を行ったり左岸を行ったりと、その時の気分に応じて走り分けているのですが、最近、左岸ばかり走っている個所で久しぶりに右岸を走ってみました。そうしたら、国道 246 をくぐる付近でカラスウリがたくさん目に付きました。

しかし‥ひとつだけ変な感じのものがあります。よく見ると、実が破れていて中身がカラッポ。いかにも鳥が食べたような感じですが、こういう姿は見たことがありません。だいたい、鳥の好物であれば、回りの草がすっかり枯れてしまった後に、オレンジ色の姿がキレイに残っているはずはなく、どれも写真のような無残な姿になっているでしょう。ということは、実は美味しくないんだけど、好奇心旺盛な鳥がちょっと食べて見た‥の、図でしょうか?少なくとも完食している感じですから、食べた瞬間に吐き出すほどマズイというわけではなさそうです。でも、動物の名前が付けられているので、人間にとっては美味しいものではなさそうな感じですが‥。

しかし、世の中には好奇心の旺盛な人がいるもので、ちょいとググってみただけで「カラスウリを食べてみた」という人が結構いる感じです。そりゃ、これだけ「いい色」をしていれば、メッチャ旨いなんてこともあるかもしれませんし‥。しかし‥実はメッチャ苦いそうです。口に放り込んだ瞬間こそ、甘みを感じたりすることもあるそうですが、その後に強烈な苦味を感じるのだとか。やはり美味しいものであれば、みんなが黙っちゃいませんよね。でも、苦いとしてもどれくらい苦いのか、一瞬の甘みがどんな感じなのか、それを読んでしまった私の頭からはカラスウリが離れそうもない。そういえば、こいつ以外は全部キレイだったような‥って、明日からは左岸を走ったほうがいいかも。

2011年11月28日 (月)
■ 冬装備第一弾

通勤中@恩田川
RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/310 EV-0.3

大阪府知事・大阪市長ダブル選挙で「維新の会」が圧勝したとか、福島第一原発の所長が病気で急遽入院のため退任したとか‥今日は気になるニュースが山盛りでした。後になって「あれはこういう意味だったのか」と腑に落ちることになるのでしょうが、今はただ歴史は動いているのだ‥と、思わずにはいられません。とはいえ、まずは何があろうとも、普段どおりの生活を普段どおり送るのが大事ということで、今日も自転車に乗って会社へ。ちなみに今日の段階で、ジテツー率が 58% になりました。四捨五入とかは無しに、きっちり 58% になったのですが、最終的に 60% に持って行くためには、今後は 60% を越えた数字を記録していかねばなりません。

週 5 日勤務であることを考えると、4 日自転車通勤してジテツー率 80% ですが、その程度の勢いで最終結果を 60% に乗せるのはかなり難しそうに思えて来ました。ちなみに来月の予定がだいぶ見えてきたので、そろそろシミュレーションしてみるのも面白いかも‥自転車可能日を全て自転車で行けたと仮定すると、一体何 % まで上がるのか‥とか(欲張るな!)。ま、12 月単月で 60% を維持するというのも実際には厳しいでしょうから、せめて下がらないように‥くらいの控えめな期待をすることにしておきましょう。とりあえず、今週は天気さえ持てば 100% になるはずなのですが。

さて、その自転車通勤‥そろそろ防寒が必要になってきたかなぁ‥ということは、最近書いているとおりです。今日は朝から日差しが全く無く、余計に寒々しい感じがしたもので、ついに指きりミトンと薄いほうの上着を導入してみました。腰から下は変更無し。当たり前ですけど暖かいですね~。もう少し気温が下がってきたら、パンツの丈を長いものに変えますが、その程度の装備で年末までは行けるんじゃないか‥という感じですね。しかし、この上着にしても指きりミトンにしても、だいぶくたびれてきました。ジテツーの今後の状況が見通せないのですが、新調してやりたいところです。

2011年11月27日 (日)
■ 痛ぇ~

マッサージクッション
RICOH GX200 35mm ISO88 F3.7 1/36

私が子供の頃‥って言ったら、もう 40 年も前のハナシになってしまうわけですが、母親の肩もみを時々やらされてました。母はたいそう気持ちよさそうにしていましたが、子供にとって肩凝りの何たるかは分かるわけがありません。当然、私も「一体こんなことのどこが気持ちいいのか」と、不思議に思っていたものです。「歳を取れば分かるわよ」と、当時の母は小学生の私に言ったものでした。それから早 40 年ほどが経過‥当時の母が言ったとおり、今の私には肩凝りというものが痛いほどによ~く分かります‥。

つーか、本当に痛いし‥。いや、それでも自分は肩凝りなんて無縁だろーって思っていたのですよね。実際、近いところが見えない~なんていうのも、みんながアレコレ騒いでいる頃には何でもなかったですし、四十肩のつもりで病院に行ってみたら「そりゃ五十肩ですよ‥」って言われてしょげていた同年代を横目にそんなに痛くなるもんかいな~、なんて思っていたし。しかし、それは単に人より「少しだけ遅い」というだけなんですよね。いえ‥決して自分は若いなどと言いたいわけではないのです。むしろ、人の苦労がわからんヤツだ‥と。

というわけで、ここ最近、肩凝りに悩まされています。先日、マッサージしてもらった少し前から肩というか背中というか、微妙な位置が何とも凝るというか痛いというか、自転車乗ってて後ろが振り向きづらかったのです。それがマッサージしてもらって、一度は調子よくなったのですが、最近また‥う~ん痛いなぁ‥なのです。腕をしっかり回しなさいと教えてもらったので、時々やってはいるんですけどねー。既に子供らは素直な小学生‥じゃないので、肩もみもなかなかしてくれないし。父しゃん、肩凝りって美味しいものでしゅか?‥姫は食べ物のことしか頭にないねぇ。

2011年11月26日 (土)
■ 靴を買った(2)

GIANCARLO MORELLI の Wing-tip
RICOH GX200 35mm ISO154 F3.7 1/3 EV-1.0

一昨日、ダブル・モンクストラップのビジネスシューズを買った話を書きましたけれども、早くも追加で二足目を買っちゃいました!‥というわけではありません。一緒に二足買っただけでして‥。Northport mall の ABC マートで買ってきたのですが、二足一緒に購入すると二足目が半額になる‥というのがあるのです。まぁ、似たことをやっている店は ABC マートの他にもたくさんあるでしょうけどね。ビジネススーツを制服のように毎日着るようになると、ビジネスシューズも毎日履くことになります。だから、二足くらい買っておいたところで困りませんし、同じ値段の靴を二足買ったら、25% オフで買ったことになるのでオトク!ま、先方も商売上手ということでしょうけど、買ったほうも実際に得しているわけですから何も問題はありません。

さて、二足目に買ったのは同じ Giancarlo Morelli という ABC マートの PB(プライベート・ブランド)の靴です。若い頃は「革靴は REGAL だろ!」ということで、REGAL ばかり履いていた気もしますが、よほどの粗悪品でもない限り、今は REGAL じゃなくてもいいです。でも、最近は安いのでいいや‥と、合皮の軽くて安いやつを買っていたのですが、どうにもイケません。私、とにかく靴と時計は「重くないとダメ」なのですよ。一般的には軽いほうが高級(もちろん逆もあるけど)だったりしますけど、いくら高級なものでも軽いと萌えないのです‥質量フェチとでもいいましょうか(笑)。Giancarlo Morelli は、ABC マートのハイエンドラインを担う PB だそうですが、15,000 円程度の靴ですからさほど高級ってわけではありませんけど、本皮なこともあって重量は一応合格ですね。

モンクストラップのほうは、やや遊び心が漂う感じでしたが、こちらはより正統派という感じのウィングチップです。ビジネスシューズを買うにあたり、ウィングチップを買うぞ~と思っていたので、実は先に選んだのがこちらの靴。ダブル・モンクストラップのほうが二足目に選んだものなのでした。それにしても最近の流行りなのでしょうけど、トンガリつま先の靴ばっかり置いてありますね。確かに履いている人も(特に若い人に)多いように感じますが、流行りだろうと何だろうと私はどうしてもアレがダメ‥。だって、全然カッコいいと思えないし、階段上るのに躓いてばかりになりそうで(笑)。というわけで、おじさんにはややトラディショナルな形状のほうが似合うのです。さ~て、未体験ブランドの靴を一気に二足も買いましたけど、長い時間の履き心地は‥またいつかご報告できればと思います。

2011年11月25日 (金)
■ 行くか?60%

朝の通勤途中にて
RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/380 EV-0.3

早いもので、11 月もあと一週間を切ってしまいましたが、そろそろ年末の雰囲気が漂ってくる感じでしょうか。今年はいい感じ(?)で忘年会の予定も埋まって行っており、財布にも体にも厳しそうです‥(笑)。12 月って年末の休みがあったり、それこそ忘年会があったりと、仕事をする絶対的な時間が今月などに比べると微妙に少ないですよね。だから何とも忙しく、あっという間に正月になってしまう気がするのでしょう。まぁ、私の場合には年末までに終わらせる仕事というものがあるわけではないので、年末と年末じゃない月末で変わりないのですが。それでも仕事以外のことで妙に忙しい気がしてきます。

忙しいからこそ体力づくり!ってわけではありませんけども、今の時期の横浜は天気のいい日が続きますので、おかげさまでキモチよく自転車通勤ができる。今週に入って少し寒くなってきましたので、指先とか足先とか膝とか‥風通しのよい個所は涼しいというより冷たいという感覚が出てきました。特に走り出しの 10 分程度がややキツイのです。でもまだ冬用装備にはなっておらず、何とか大丈夫な範囲かと‥。基礎代謝を高めるために、薄手の格好をしているといいと言われていますので、自転車の時も薄手の格好をしているのですけどね‥やりすぎでしょうか?ま、風邪ひかなきゃ問題ないですよね。

というわけで、よい天気続きだった今週‥水曜日は勤労感謝の日で休みでしたが、それ以外は自転車通勤ができました。ところで、勤労感謝の日ってそもそも何?って思って Wiki 見てみたら、元々は天皇の行事と関係があるのですね。敗戦によって天皇から切り離された結果、勤労感謝の日になったのだとか‥ふ~ん。ま、それはともかく、私の今の願いは平日によい天気が続いてくれること。そうすれば、飲み会さえなければ自転車通勤が可能なので。今のジテツー率は 58% 弱まで持ち直したので、年末までに何とか 60% に到達できるかどうか‥くらい?なんだけど、来週の天気はあまりよくなさそうなんですよね。

2011年11月24日 (木)
■ 靴を買った

GIANCARLO MORELLI ROUND S-T W-MONK GM01133
RICOH GX200 35mm ISO154 F3.7 1/3 EV-1.0

いつも書いていることだけれども、私はスーツが好きではありません。正確に言うと、ビジネススーツが好きではありません。でも、昔は今のようにスーツ嫌いじゃなかったのですよね‥というか、むしろスーツはいかにも自分が大人になったような感じがして、どちらかと言うと好きだったように思うのです。カミさんが若かりし頃、服飾関連の仕事をしていた関係で、社員販売に一緒に連れて行ってもらい、とってもリーズナブルな値段で色々買ってましたっけね。それこそ、一度くらいしか着る機会の無かったタキシードだって持ってたものなぁ。さすがにモーニングまでは持ってませんでしたけど‥。

そんな感じで「ホワイトカラー=ビジネススーツ」という公式にすっかり当てはまってしまい、若い頃の私はごくごくありふれたサラリーマンでした(いや、今でもありふれてますけど)。それが、今の事業所勤務に変わり、金曜日のみのビジネスカジュアルを経て全日ビジネスカジュアルに変わったのが、おそらく私が自転車通勤を始めた少し前‥つまり、15 年くらい前のことだと思います。当時は「カジュアルだと気分が緩んで仕事の効率が落ちる」なんてバカげたことを言っていた年寄りがいたけれども‥。言ってやりたいよね「あんたのだらしない着こなしよりも、G パンのほうがずっと洒落てるよ」って‥ね。

それ以来、ビジネススーツが囚人服のように見えてしょうがない。まぁ、どうしても着なければいけない時もあるので、「どれがカッコいいかな~」なんて選んでいる自分もいるのですが。とはいえ、スーツを買う機会も激減し、靴も同様に買わなくなって早ウン年‥。でも、来年の春頃からはスーツ勤務になっちゃうので、毎日囚人服着るのかとやや憂鬱‥。靴も滅多に履かないからと一番安いほうのを買っていたのだけれども、毎日履くものになるので、ホンの少しだけ高いのにしてみました‥って、ABC マートですけど(笑)。ダブルのモンクストラップがちょっとカワイイ‥なんて‥やっぱり嫌いじゃないカモね。

2011年11月23日 (水)
■ 読売は自転車の敵か?

ブレーキ無しに罰金刑(2011年11月23日 読売新聞朝刊より)
RICOH GX200 35mm ISO64 F6.5 1/410 EV+0.7

一昨日、読売新聞の記事について書きました。警察庁の交通局長の発言が報じられていたのだけれども、トップがそんなこと言っていいのか~?という内容でした。もう一方の車道走行云々の記事については特に書かなかったのだけれども、酷い内容の記事だなぁ‥くらいには思っていたのです。で、最近、なかなか読む時間が取れずにいたヒキタ氏のメルマガを久しぶりに読んでみてびっくり!その読売の記事に対してカンカンに怒っている。きっと、ゆでだこのごとく真っ赤になって怒ってるに違いない(ちなみにヒキタ氏はスキンヘッドなので余計に‥笑)。何でそんなに怒っているのかというと、その記事は自転車のことを叩くために書かれた記事だから‥ということなのです。ちょっと長いけれど、そのヒキタ氏の怒りを読んで欲しい。コレです>今度は読売!悪意のメチャクチャ記事の(週刊 自転車ツーキニスト451)

確かに、今まで当たり前のように歩道を走りベルを鳴らして歩行者を蹴散らしてきた人は、明日からいきなり車道を走れと言われたら怖気づくでしょう。車道を走ると、今度は自分が「自動車からクラクションを鳴らされる立場になるのでないか‥」とね。実際、そういう不届き者はいます。クラクションって、よほどのことが無い限り、鳴らしたりしてはいけないものですし、実際そのように教習所では習っているはずなのに‥です。車道走行に十二分に慣れていると思っている私でさえ、近距離で鳴らされるクラクションには毎度ながら飛び上がるほどに驚きます。本当にあれは止めて欲しい‥話が逸れました。でも、歩道を自転車で走っている人は今までどおりに歩行者を脅かしていいのでしょうか?これって実は、強者をますます優遇して弱者をいたわることができないという、非常に情けない日本社会の縮図なのです。弱い人を隅へ隅へと追いやることしかできない。たかが自転車の歩道走行‥ではないのです。そうではなくて、強者が弱者をいたわって少し遠慮しなければいけない‥。しかし、実際は全く逆‥困ったものです。

でも完全な逆だから戻すのも実は簡単。逆にすればいいだけだから。すなわち、弱者(歩行者)をいたわり強者(自転車)は車道に下りる。今度は、車道上での弱者(自転車)をいたわって強者(自動車)が少し遠慮する。この問題は自転車が主役なので、自転車に乗らない生活をしている人は「自分には関係がない」なんて思っているでしょうが、道路を共有する同じ人であって自転車に乗らなくても大いに関係あり‥なのです。さて、そのヒキタ氏お怒りの読売紙‥今日はピスト摘発のニュース。やっと覚えた単語だから使いたくてしょうがないのでしょうけど、ピスト、ピストって‥別にブレーキ付けられますから。単にブレーキ無し自転車‥でいいじゃない。叩きやすい悪者を見つけたからと言って、自転車そのものに対するネガティブキャンペーンは本当に止めて欲しいです。いつも言ってるけど、自転車が悪者ではなく、自転車のことを真剣に考えていなかった交通行政が悪者だったのです。警察庁自らがその誤りに気づいて正そうと変わってきているのに‥読売はそれを潰す気つもり?

2011年11月22日 (火)
■ 紅葉

恩田川にて
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.8 1/540 EV-1.0

今日の横浜地方気象台の最高・最低気温は、最高が摂氏 13.9 度で、最低が 6.8 度だったとのこと。やっと冬らしい雰囲気の感じられる気温になってきたように思います。昨日も書いたとおり、そろそろ夏の指きりグローブで自転車に乗るのが辛くなりそうなので、今日は冬用の指きりミトン(今年もユニクロから出てこないですかねー)をバッグに入れて出掛けました。行きは暖かいので要らないのですが、今日の帰りは「夏物はもうサヨナラだ」と思わせる寒さでした。ということで、明後日は指きりミトンで出掛けようかと‥。でも、気温で言えば朝の時間のほうが低いのですよね。やはり、太陽の光っていうのは偉大なんですねー。

私の自転車通勤路である恩田川沿いにたくさん咲いていたコスモスも、さすがにもう見かけなくなってきましたし、パンパスグラスの立派な花穂も、やせ細って悲しい姿になってしまいました。その代わりにこれから美しい姿を見せるのが紅葉です。写真は成瀬グリーンセンター(下水処理場)の脇にある小さな橋の脇にあったツタ属の植物の紅葉。よく観察していないと見落としてしまうくらい小さな葉でしたけれども、ちゃ~んと紅葉するんですね。ところで、紅葉が美しくなる条件とは、簡単に言うと、最低気温が摂氏 10 度以下で昼夜の寒暖の差が大きいことと、十分な日光と、適度な湿度‥なのだそうです。

最低気温の要件を満たす日が増えてくるということは、朝晩の自転車通勤もだんだんと寒い時間の移動になるということ‥。なのですが、寒い時期の自転車通気こそ、実は一番快適なのです。特に日光をたっぷりと浴びて走れる朝の時間帯は最高。寒くなってくると「そろそろ自転車も大変でしょう?」と、毎年必ず聞かれるのですが、それは自転車に乗らない人の質問。自転車乗りなら「汗ダクにならないから楽になったよね~?」ですよ(笑)。ま、さすがに夜は寒いですけどね‥。いずれにしろ、そろそろ本格的な冬の入り口が近づいた感じです。天気のよい日はちょっぴり早くに出て、キレイな紅葉を探しの寄り道をしてはいかが?

2011年11月21日 (月)
■ 徐行とは?

自転車は車道‥真意がなかなか伝わらず(2011年11月21日 読売新聞朝刊より)
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.0 1/810

今週はずっと天気がよさそうで、ジテツー率も微妙に上げられそうです。もちろん今日も自転車通勤。11 月も後半に入ったとはいえ、昨年に比べると「まだ暖かいなぁ~」と感じる気がするのですが、今週からはそろそろ寒くなってくるようです。今のところ、自転車通勤の服装は、例の「半袖 on 長袖」に「単パン on タイツ」のレイヤードで過ごしているのですが、今日の帰りあたりは指きりグローブと長袖一枚になっている腕の部分がだいぶ寒い感じになってきました。それでも、自転車の場合は走っているうちに体が熱くなってくるので、もうしばらくの間は大丈夫だと思いますけど‥。薄い上着とアームウォーマーがバッグに入れっぱなしになっているので腕の寒さは問題無いのですが、そろそろ指きりミトンも常時携行にしたほうがいいかもしれません。

さて、道交法上もともと決められていたことを徹底する意味で再度打ち出された「自転車は車道を走る」ですが、みなさんの周りはどんな感じでしょうか。私の通勤路はそもそも歩行者も自転車もそれほど多くないところであるせいか、警察官の指導風景を見かけたことはありません。だもので、ほとんどの自転車は相変わらず歩道を走っているというだけではなく、赤信号も交差する道路から自動車が来なければ無視‥という無法地帯は基本的に変わっていない感じです。もちろん中にはちゃんと守っている人もいますけれども、特に朝の時間は目にする自転車の総数が多いせいか、いろいろな意味でダメな自転車が多く、何かが変わったかと問われたら「何も変わってませんけど」といわざるを得ない状況ですね。

「今までと一緒」という状況が放置されるのは問題なのですが、困ったことに警察庁の交通局長が「自転車は『車』との意識を持ってもらうことが目的で、スピードを出す人以外は従来どおり、歩道走行で構わない」なんてことを言ってしまったらしい。徐行すれば歩道でもよいのだ‥と。歩道を走っている自転車に乗る人の全員が、自分がスピードを出している‥なんて思っていないですから。スピード出したら危ないのは分かっていても、道路が下りなら自然とスピード出ますから‥。ちなみに、徐行とは「車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう。」と道交法上定義されています。トップダウンでしっかりやって行かねばならないのに、交通局長がいきなりコレだもんなぁ‥今変えずにいつ変わるのさ?日本の自転車事情は、結局、世界の笑いものから脱却できないのでしょうか。

2011年11月20日 (日)
■ お風呂掃除

お風呂場の排水口
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/11 EV-0.3

昨日の酷い天気が一転し、今日はいい天気になりました。今日は天気がよくて暖かい一日でしたが、明日からはグッと冷え込むのだとか‥油断して風邪なんかひかないように注意しましょうね。昨日は天気が悪くてどこへも行かなかったから‥というわけでもないのですが、今日は夕方に出掛ける用事があったこともあり、午前中から出掛けました。もちろん、姫のシャンプーを済ませてから出掛けたことはいうまでもありません。最初の目的地は新宿。カミさんの用事があるとか何とかで‥。

その後は横浜に戻って戸塚のほうまで行き、今日のメインの用事を済ませます。帰ってくる頃にはすっかり真っ暗。そりゃ、あとひと月もすれば冬至ですからね‥早い時間に暗くなるのも当たり前。センター北の阪急に行って食材を調達し、家に戻ったら‥そういえば掃除してないじゃん!カミさんが晩ごはんの支度をする間、掃除の邪魔になる姫を椅子の上に置いて、急いで掃除機がけ‥絶対に吸引力弱くなったよな~と思う頭の隅に、昼間、新宿で見たダイソンのキレイな色が浮かびます‥。次はダイソン買おう。

一通り掃除が終わったら、風呂に入ってひと休み‥とはいえ、日曜日は風呂掃除の時間でもあります。風呂に入ると毎日ちょこちょこと掃除はしているのですが、排水口の掃除は日曜日の作業と決めているのです。この排水口の掃除‥風呂が新しくなって以来、誰から言われることなく私が勝手にやっているのですが、もちろんカミさんには好評。まぁ、掃除とは言っても溜まった髪の毛を捨てるくらいですけれども、さすがに毎週(当たり前?)やってると常にキレイで気持ちがいい。飽きずに続けられますように‥。

2011年11月19日 (土)
■ Airoh Aviator Venom

Airoh Aviator Venom Cross
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/24 EV+0.7

今日は一日中酷い天気だったし、特に出掛ける用事もなかったのでウチでゴロゴロしてました。モーターサイクルが手に入ったら、ブーツとかヘルメットとかが要るんだよなぁ‥と、いまだに本体が入手できるあてもないのに、どれがいいかね~なんて、ネットをうろついて楽しんでました。色々と調べているうちに、先日の疑問が解消。その疑問というのは、雑誌に載っていたヘルメットの広告。たくさんの種類のヘルメットが載っていたのですが、「公道走行 OK」という記載があるものと無いものがあります。レース用だからといって安全性をないがしろにしているわけはないので、だったら公道で被っても問題なんてあるわけないんじゃないの?

調べてみたら、PSC や SG マークがついていないものは、日本国内での販売や販売目的の陳列が許可されていないということでした。つまり、公道走行 OK と記載されていないヘルメットには、PSC/SG マークがついていないということになるわけ。だもので、PSC/SG の付いていない海外の製品を「観賞用」などと称して売っているわけです。バカか?ヘルメットなんて鑑賞して楽しむものじゃないでしょうに‥。ヘルメットの目的は、万一の場合に ”自分の体” を守るためにあるわけですから、極端なことを言うとそもそも装着を義務付ける必要なんて全くないと思うのです。二輪免許に「ヘルメットを被らないと事故が起きたときに死ぬことがあります」と書いておけばいい‥タバコの箱のように。

PSC/SG マークがついているということは、安全性が高いという意味ではなくて、日本国内で堂々と売ってよい‥程度の意味しかなさそうです。もちろん安全性に問題は無いとしても、PSC/SG マークが無ければ他の不利益を被る可能性はゼロではありません。だもので、PSC/SG マーク無しのヘルメットを公道上で使う場合は「あくまでも自己責任で」なんて、あちこちに書いてあるわけですね。いかにも日本的と言いましょうか‥こういうことだから、世界と伍して戦えないんですよね~なんて。写真は Airoh(イタリア)のヘルメット。何てカッコいいグラフィックでしょう。安全面はユーロの ECE 22-05 をパスしているし、スクーター兄ちゃん御用達の半ヘルなどよりずっと安全。これが堂々と被れない日本の公道ってどうかしてますね。

2011年11月18日 (金)
■ Beta enduro RR4T 125

Beta enduro RR4T 125
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/14 EV+0.3

原付二種‥二種とは言っても職業ドライバーが必要とする免許証とは何の関係もありません。いわゆる原付免許では乗ることができず、二人乗りはできるものの高速道路には乗っちゃダメ‥。排気量 50cc 以上、125cc 未満のエンジンのモーターサイクルが原付二種免許で乗れるわけですが、日本では微妙な位置にあります。原付二種のほとんどは、日常のアシとして乗られているスクーターではないでしょうか。まぁ言ってみれば中途半端すぎて売れないクラスというのが、日本における原付二種クラスの扱いだと思います。

だもので、125cc クラスの日本車には、はっきり言ってカッコいいモデルはありません。日本の二輪メーカーは、世界的にも素晴らしいモデルを作っているはずなのに、そんなことでいいのかよ?と、思ってしまうのですが‥。その点、ヨーロッパのメーカーには、このクラスにカッコいいモデルがある。そりゃもう‥沢山。それは何故なのかというと、免許制度が日本とは根本的に違うことが理由で、125cc クラスは若者へのアピールが必要なのだそうな。だってほら、若者はカッコ悪いものに見向きもしませんからね。

せっかく、税金やら保険上のメリットが大きい原付二種なのに、日本車はカッコ悪すぎるモデルばかり。だもので、狙いはヨーロッパ車!色々と見ていると、だんだんと 250cc クラスに目が行ってしまうのだけれども、もう 20 年以上もモーターサイクルに乗っていない初心者同様レベルの私にとって、250cc クラスの本格オフ車は敷居が高すぎる。本格的にハマったらステップアップすればいいのだしね。てなわけで、Beta enduro RR4T 125 なんかも非常にカッチョイイわけでして、マイナー好きな私としては、Husqvarna よりも狙い目かもしれませんねー。

2011年11月17日 (木)
■ 規制値以下なら‥?

福島産米から暫定規制値を上回る放射性セシウム検出(2011年11月17日 読売新聞朝刊より)
RICOH GX200 35mm ISO64 F5.2 1/710

各都道府県の汚染の度合いを示す放射能汚染マップが徐々に範囲を広げて公開されています。範囲が徐々に広がっているのは、航空機等を使った測定範囲が徐々に広範囲に拡大していることを意味しているわけで、情報の出し惜しみがあるわけではないと思います。しかし、汚染の実態が明らかになるにつれ、気象状況が汚染のカタチをこうも複雑なものにするのか‥と、当初から言われていたことがそのまま再現されていくだけのようで、何ともむなしい思いがします。絶対量は少ないとはいえ、わが家の回りにも放射性物質は降ってきたわけで、震災前と今とでは目に見えない違いがあるはずです。

放射性物質は核種によって寿命が違うわけですから、いつまでも放射線を出し続けるもの、ちょっとの期間でスグに減ってしまうもの等、さまざまな種類があるといいます。ちょっとの期間でなくなってしまうのであればあまり問題にされないのかもしれませんが(そんなこと無いと思いますけどね)、長期間に渡って放射線を出し続けるものは、問題ないなどということはできないでしょう。その問題があるほうの放射性セシウム(Cs137 が主ですか?) が、一度は「安全宣言」(=放射能は大したことないからどんどん食え!)を出した米から、安全宣言後に暫定規制値を超えるものが見つかってしまった‥というニュースです。

あれだけ複雑な形状をした広がりを見せた放射性物質ですから、どこでどんな値を示したとしても既に大した驚きにはならず、「ああ、そんな数値になりましたか」としか思えなくなっている自分に驚きます。何だかよく分からないのは、新聞記事にするためのネタだと思いますが、「早く原因を突き止めてほしい」などという声が紹介されていること。原因って‥原発事故が原因に決まってるじゃありませんか!放射性セシウム 137 の半減期は 30.1 年だそうです。10 年で済むのか 20 年で終わるのか‥規制値を下回ればニュースにはなりませんけれども、昨年に比べたらどうなのよ?というあたりは気になるところですね。

2011年11月16日 (水)
■ 屋根なし車

ALFAROMEO SPIDER (CAR magazine 2011 December, 402 より)
RICOH GX200 35mm ISO64 F2.9 1/203 EV+0.3

スパイダー、ロードスター、バルケッタ‥いずれも屋根のない、いわゆるオープンカーを指す言葉だが、これらの言葉を聞いてワクワクしないようでは、間違っても「自動車が好きだ!」などと軽々しく言って欲しくないものだ。な~んて、一部からはブーイングが浴びせられるんじゃないかとも思う表現ですが、もしもあなたがいわゆる ”屋根のない” 自動車に乗ったことが無いのであれば、一度でいいから乗ってみることをオススメします。もちろん、マイカーとしてそれを手に入れられれば最高なんだけど、それもなかなか厳しかろうから、とりあえずはレンタカーで経験してみるといいのではないでしょうか。

私が自分で運転してみたのは、今から 21 年前の夏‥夏の北海道で、当時は MAZDA ブランドではない EUNOS Roadster に乗ったのが初めてのことです。もちろん、現行の MAZDA Roadster の先祖にあたる車。AT しかなかったのが残念だったけど、なんで MT じゃないんだよ~?というストレスは、北海道だからあまり無かったですね。それ以来、残念なことに ”屋根なし車” を所有することはおろか、レンタカーとしても乗っていないように思います。まぁ、これ一台で済ますことは、キャンプに行く私としては「無理なこと」なので、実際問題として所有することは叶わぬ夢なんですけどね‥。

写真は、CAR Magazine 12 月号の特集「風と共に疾駆る」に乗っていた Alfa Romeo Spider の写真。左のボートテールのデュエットなんて手に入れたら、毎週のドライブが楽しくてしょうがないでしょうねぇ。せめて、ジジイになったら乗れるかなぁ‥。できれば、キャブの旧車が最高なんだけど、そんな現代の宝石のような車に乗るのは申し訳ないので、今も生産されている中から選ぶっていうので全然 OK です。そりゃあね‥BMW Z4 にでも乗れたりしたら面白いと思いますよ。でもね、私には豚に真珠になっちゃうんで、DAIHATSU Copen で OK っす(なんて言ったら怒られちゃうけどね)。いいなぁ‥屋根なし車。

2011年11月15日 (火)
■ 蛍光灯

FDL 蛍光管
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/12 EV+0.3

私の個人的な趣向なんですけど、蛍光灯のあかりが好きではありません。何が嫌いかというと、光の色が嫌いなのです。昼光色であるとか昼白色であるとか、日中の光に似せてあるらしいのですが、色温度を合わせてあっても日中のいわゆる太陽光を感じるようなことはありません。それはきっと暖かさを感じない(そんなに発熱してたら困りますけども)からだと思います。月明かりは冷たいなどと言われますが、蛍光灯の白はむしろ月光だと言ったほうがいいのではないかと思うのです。同じ太陽光が元なのだし‥。だから、昼光色とか昼白色という言い方は止めて、月光色と月白色という言い方に変えたほうがいいんじゃないかと個人的には思うわけです。

一方、蛍光灯として出回っているもののなかに電球色というタイプがあります。電球というのはもちろん白熱電球の色を模したもので、昼光色や昼白色に比べると色温度が低く、ずっと黄色っぽい感じの光を放ちます。電球色の蛍光灯は、同じ蛍光灯でも何故か暖かさを感じるので、嫌な感じがしないのですよね‥。だもので、蛍光灯嫌いとはいっても光の色味に好き嫌いがあるのであって、蛍光灯そのものが嫌いなわけではないのかな‥と。いや‥でも、古くなってきた蛍光灯って妙に暗くなるじゃないですか。全体的に黒っぽくなって、弱々しい光り方になって。あの感じも実は好きじゃないので、やっぱり蛍光灯自身が好きではないような気もします‥。

とはいえ、家の中には結構な数の蛍光灯があります。ただし、全ての蛍光灯は暖かみのある電球色系統ですが。マンションを購入したときに付けられていたダウンライトは、トイレのものが唯一の白熱電球タイプで、他は全て蛍光管を使ったものでした。点けたり消したりが多いわが家にしては、今まで一度もダメになったことがなかったのですが、先日、キッチンのダウンライトの蛍光管がついに点灯しなくなりました。ということで、古いものを外そうとしたら‥写真のように割れてしまいましたよ。こいつは FDL というタイプで、口金の方向に少し押し込んで捻らないと外れないのですが、15 年も経過するとガラスも脆くなるっていうことなんですかね。

2011年11月14日 (月)
■ 運動

通勤途中@恩田川にて
RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/540 EV-0.3

中年男性のみなさーん。運動してますかー?運動する人ってトコトン運動している一方、運動しない人ってトコトン運動していない‥そんな気がするのですが、気のせいでしょうかね。運動することで体に好ましい変化が起きると、もっともっと!という感じで、運動オタクに目覚めてしまうということなんでしょうかね。良さに気づかなければ、腹が出て終了‥と。私の場合、どっちかというと後者。いわゆる「運動」と呼べるようなことをやろうという気になりません。休みの日はだら~っと過ごして、美味しいものを食べて美味しいお酒を飲んで‥それが最高じゃあありませんか!

なんていう生活をしていたら、ちょっとお腹がメタボ気味になって G パンも 31 インチじゃないと入らない‥という危機が訪れたのが 30 歳台前半のこと。こりゃまずいと思い、何か大げさでなく運動できることはなかろうか‥色々と考えた結果行き着いたのが自転車通勤なのです。自転車通勤ならば、平日の会社に行く時間と帰る時間をそのまま運動の時間に使えるようになります。つまり、運動のために新たに時間を捻出する必要が無い!実際には電車通勤よりも時間を要しているのですが、それくらいは誤差のうちと言い切ってしまいましょう。

最初の頃は、自転車通勤にメゲて電車ばかり乗っている‥なんてこともありましたが、今では貴重な運動時間であるということが身にしみて分かるようになりました。だもので、自転車通勤が難しくなる来年の春以降はどうすればいいのかと戦々恐々なのです‥。平日に運動が出来ない代わりに休日にまとめてやる‥なんていうことを私がやるようになるとは思えないので、平日に無理なくできる運動を見つけなければなりません。って、やっぱり通勤時間が運動時間になる自転車がイチバンいいのですよねぇ。自転車置き場さえ確保できれば、ちょっと遠かろうと何とかして自転車で行くのですが‥。

2011年11月13日 (日)
■ 今週の姫サロン

姫トリミング後
RICOH GX200 28mm ISO109 F2.7 1/32

これは昨日の話題。姫のトリミングも 3 週間に一度‥というペースが定着しそうな感じになってきました。もちろん、これを一週間伸ばして月イチにしたところで大した違いは無いのですが、自分で全部ができると思うと 3 週間目くらいに「そろそろ切りたいな~」と思うようになるのです。その、姫のトリミングがしたくてウズウズする 3 週間目に当たるのがちょうど今週末でした。日曜日の今日は人間のトリミング‥つまり、カミさんと私が美容院に行く予約を入れたと聞いたので、「だったら今日のうちに切っておかなければね‥」と言っていたのが昨日のこと。

ということで、姫サロンを開店したのは昨日なのです。今回は、今までのままではそろそろ騙せない個所が出てきました。レイキングだけで済ませていた背中からお尻にかけてと、眉間の伸び切ってしまった部分が、今回どうしようか頭を悩ませた部位です。姫の毛はどんなに伸ばして乾かしてみたところで、すぐにクリンクリンにカールした感じになるので、まるで羊のような見た目になってしまいます。体もどんどん太って見えてしまうので、今回は思い切ってハサミを入れて部分的に短くしてみました。もちろん、ちょっとガタガタになっちゃいましたけども‥。

眉間のところは‥思い切ってセニング入れてみましたけど、ビビりながらやったので、眉毛がクッキリというわけには行きません。どうしても目立ってしまう部分ですので、思い切りすぎて悲しい思いをするよりはマシ‥と思って、少しずつ色々と試してみたいと思います。とりあえず一通り終えて、一夜明けて撮ったのが今日の写真。細かいところはまだまだなのですが、顔回りは外で見ても変な感じがしなくなったと思います。次は体のデブっちょい感じを‥刈らずに何とかしたいところなのです。次回の姫サロンの前に‥久しぶりに Joker にでも行って、プロの腕を観察してきましょうかね。

2011年11月12日 (土)
■ 家から出ない週末

帆立のパン粉焼き
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/13 EV-0.3

今週末は仕事あるんだっけ?‥カミさんは土日に仕事があったりすることもそれなりにあるので、最近では週末が近づくと必ず聞く質問のひとつになっています。もちろん、今週末もどうなの?と聞いたわけですが、今週は仕事は無い模様‥その代わりにというわけではありませんけども、来週からは週末に何らかの仕事があったりするらしい‥。ということは、今週末くらいはゆっくりしなくてはね。だから、今日はどこへも出掛けずに家でゆっくりしましょう!

何ごともなくダラダラと過ごせれば、それはそれでいいのですが、タイミングよく今週は「姫サロン」の週なのでした。姫がトリミングに行っていた頃は、下手すると二ヶ月に一度くらいのペースになってしまっていたのですが、素人の私が姫のトリミングをしているので、三週間が経過すると「ちょっと切りたいね」という感じになるのですよね‥。で、その三週間目が今週末にあたるのでした。明日は人間のトリミング(美容院)の予定を入れたということで、今日は姫サロンにしましょうということになりました。

姫のカットもだいぶ慣れてきたとはいえ、まだまだ時間が掛かります。今日も午前から午後にかけて「じっくりとカット」になってしまいました。毎度のことですが、姫サロンの閉店後になると姫は疲れてぐっすりお休みモードになってしまいます。私も疲れてぐっすり寝たいところですが、その前にお腹がすきました。というわけで、晩ごはん!今日のごはんは何だか一昨日の鰯が帆立になっただけのように見えますけれども、そんなことは気にしちゃいけません。美味しいワインと美味しいゴハンがあれば、疲れも吹っ飛ぶというものです。

2011年11月11日 (金)
■ バイク置き場

ROOF BOXER HELMET
RICOH GX200 35mm ISO64 F2.9 1/90 EV+0.3

「バイク置き場に空きが出たので利用者を募集します」というお知らせがマンションの掲示板に張り出されました。キター!いよいよバイクに乗れる日が来たのだー!と、申し込み。もちろん外れるだろうけど、申し込まなきゃ当たるわけがないと申し込んで‥やっぱりハズレ。1 台の募集に 12 人から応募があったそうで、絶対数と空きの出る頻度を考えても「全然足りてなんかいない」状態。そう簡単に何とかできるものではないこともあって、管理組合も「バイク置き場の数は足りていると認識」なんて総会資料に書いてあったりします。こんな調子では、早くて数年後、遅かったら 10 年経っても回って来ない感じ‥。

マンション住人の年齢構成ってどんどん動いていくのだし(もちろん高い方へ)、昨日までは自転車で通学していた高校生も、卒業すりゃあバイクにも乗りたくなるってもんでしょう。おそらく、ウチのマンションではバイク置き場の需要は増える方向にあると思います。なので、自転車置き場をバイク置き場に転用するなど、需要に合わせて柔軟に動けないとなぁ‥。モーターサイクルには好意的でない人もいそうなので、ウチのマンションに特有な自転車の問題と絡めて、バイク置き場増設の案を出してみたが‥「よっしゃ!改善してみましょう」と思う役員がいるかどうか。来年、役員に立候補して自分で変える?‥それも面倒だなぁ。

いずれにしろ、今スグに乗れるようになる気配は微塵もありませんが、バイク雑誌を見たり Web を見たりしてささやかに楽しんでおります。写真は MOTO NAVI に載っていた ROOF BOXER というヘルメット。チンガード部分を後ろ側に回転させてオープンフェイスにできるので、一粒で二度美味しいって感じのヘルメット。これかぶって 125 DUKE に乗ったらカワイイかもね~。ちなみに、125 DUKE のフレームに排気量アップしたエンジン載せるそうじゃないですか!でも、最近はオフ車の方に魅力的な機種がいろいろとあるのを発見したりして、今購入したら間違いなくオフ車になりますね~。あー、次の空き募集は一体いつになるやら‥。

2011年11月10日 (木)
■ 平日の休暇

鰯のパン粉焼き
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/6 EV-0.3

今日は休暇のカミさんに付き合って私も休暇取得。少し前に、子供らは子供らの世界が出来てきたので、休日はカミさんと二人のことが多い‥なんて話を書きました。基本的にそれはもう変わらないことなので、家族全員でどこかに出掛ける‥なんていう機会は滅多にないのでしょう。休みを子供に合わせる必要が無いとなると、私もカミさんも「何も土日が休みである必要は無い」と思うようになってきました。というのは、平日が休みのほうが「どこへ行っても混雑が無くて快適」だからです。平日に混雑しているのはオフィス街‥ってな感じなのでしょう。

だから、子供が小さい頃は「子供の休みに合わせてお出掛け」できるほうが、子供にとってはいい事なんでしょうが、子供が大きくなって休日に大人だけで過ごすようになると、休日は「週末でないほうがよい」と思ってしまいます。なのですが、私の場合は「その他大勢」の土曜・日曜が休みのサラリーマンですから、平日の休暇は油断できません。ちなみに今日も、「××さんが電話会議したいって言ってるんだけど」という連絡がメール+電話で外出先まで追っかけて来たりしました。携帯電話ってこういう時には「要らない道具だ」と思ってしまいます。

まぁ、そんなことはありますけど、平日の休暇は魅力的ですね‥。今日はカミさんの用事に付き合ったりと、朝から夜まであちこちに行ってました。帰りに閉店時間近くの阪急に寄って、今晩の食べ物を物色。失敗すると悲惨なことになるのだけれど、今日は「4 尾 105 円の鰯」をゲット。カミさんにパン粉焼きにしてもらいました。休日なので(?)急いで冷やしたワインとともにいただきま~す。105 円なんだし、もっと買ってくればよかった‥などと言いながら楽しい休日は終わり。これで、明日が平日でなければ最高なんだけどね‥。

2011年11月09日 (水)
■ バレちゃった‥

オリンパス損失隠し発覚(2011年11月8日、9日 読売新聞より)
RICOH GX200 35mm ISO64 F2.9 1/143 EV+0.3

ちょうど一週間前にオリンパスの話題を出しました。一週間前は‥オリンパスが怪しいとは思ってましたけど、双方の意見が真っ向から対立していた状況でしたので、解釈次第ではどちらの言い分も当てはまる話なのかも‥とも思ってはいました。しかし、オリンパスに同情の余地は無く、マイケル・ウッドフォード元社長の言っていたことが、より確からしいという展開になってきました。というのは、オリンパス自身が M&A を「過去の損失隠し」の隠れ蓑にしていたということを白状し始めたからです。

何ということでしょう!という感じですが、本当に情けない限りです。うまく行けばバレずに済むという思いだったのでしょうか。実際、マイケル・ウッドフォード元社長が騒ぎ出さなければ、外野の黒い噂は無視したままで損失隠しが表に出ることなく、何事も無かったかのように終わったかもしれないと言う人がいます。また、金額の多少の違いはあれ、他の企業でも似たようなことがあるじゃないかと言っている人もいます。確かにそういうこともあるのかもしれませんが、優良企業であるならそういうことはしてはならないはずです。

損失隠しは以前から行われていたらしいと言います。それが事実だとすれば、自浄作用の無い組織だということの証明ですよね。まぁ、残念なことに「不正を許さない」会社ではなかったということは、内部通報に絡む訴訟の話でも証明されてしまっていますが。うちの会社も「いつも似た内容ばかりでバカか?」と思うほどにコンプライアンス絡みの研修をやってますけど、いたるところに不正の芽はあるっていうことなんでしょう。おかしなことを見抜ける眼と、断る意思の強さを日本人はもっと養わないといけませんな。自分も含めて‥。

2011年11月08日 (火)
■ 自転車で飲み会?

自転車通勤中@恩田川
RICOH GX200 24mm ISO64 F4.1 1/620 EV-0.3

今月に入ってから気温の高い日が続いていて、もちろん、夏のような暑さというわけではありませんけど、暖かいというよりは「暑い」と思ってしまうほどの気温でした。先週末の土曜日などは、最高気温が摂氏 22.4 度もあったそうですから‥。一体、どうしちゃったの?という感じで、半袖で外出しても全然問題が無かったですからね。それがやっと今日あたりには少し涼しくなってきた感じです。その今日の最高気温が 17.0 度。数字的にはまだやや高いのかしら?という感じはしますけども‥。

昨日はスーツでしたが、今日はいつもどおりなので自転車で通勤。ちなみに今日は飲み会が予定されているので、いつもなら電車通勤なのですが、今日はなぜか自転車。もちろん、飲み会の後に自転車で帰ってくる‥なんていうことはやりませんよ。それはそもそも飲酒運転ですし、だいたい酒飲んだ後にガッツリ運動なんかすると具合も悪くなりそうですし‥。では、自転車を会社に置いて飲み会へ?いえいえ、自転車には乗って帰ってくるのです。ん~、なんか言ってることが変な気がしますけど。

おかしなことは言ってなくて、本当に自転車に乗って帰ってくるのです。自転車に乗って家に着いたら、今度は電車に乗って飲み会の会場まで行く‥と。これなら飲酒運転になる心配もありません。どうしてそんなことをする‥って?ふたつ理由があります。ひとつはジテツー率を伸ばしたいから。もうひとつは、明日は自宅で仕事なので、PC を家に置いておきたいから‥です。PC を飲み会の席まで持って行って「無くしました」なんてことをやってしまうと、クビになりかねないのでね。飲み会は手ぶらに限るのです。

2011年11月07日 (月)
■ 電車の臭い

東武鉄道の電車
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.8 1/18 EV-0.3

今日は天気がよかったのでいつもなら自転車‥なのですが、お客さんのところに行くことになるかもしれないので、スーツで出社せいと先輩に言われました。なので、最近では私の一番嫌いなスーツなるものを着て出掛けたのですが、暑い暑い‥。上着なんて絶対着れないと思う気温なのに、どうしてみんなフツーの顔して上着着て歩いてるわけー!?スーツの何が嫌かというと、あの頼りげのないパンツがいけません。ポケットにモノを入れるとシルエットが崩れるし。後ろポケットに財布なんてよく入れられるね。

こんな調子で来年どうするんだと頭痛くなりながら、あざみ野で急行待ち。田園都市線は東武鉄道と交互乗り入れをするようになったので、東急の列車だったり東武の列車だったり、どっちが来るか分かりません。今日は東武の列車だったのですが、乗車したとたんに臭い‥。電車って不思議なんですけど、いつも乗っているのと違う鉄道会社の電車に乗ると、ヘンな臭いがする気がしませんか?それが一体何の臭いなのかは分からないのですが、東武に乗るとヘンな臭いがする気がします。きっと、逆に感じている人もいることでしょう。

沿線の色々な臭いをかき集めてきているのかもしれないし、鉄道会社によって使用しているケミカルが違うので‥とか、きっと色々な要因があるのだとは思うのですけどね。そういった少しの違いが蓄積して大きな違いとして感じられるのか‥実際のところはどうか分かりませんけれども、とにかく路線によって随分と個性(?)があるように思います。私の場合、大人になるまではずっと京急のお世話になっていたのだけれど、久しぶりに乗ってみたらきっとヘンな臭いがするんでしょうね。ちなみにスーツは役に立ちました。

2011年11月06日 (日)
■ 僕の散財日記

僕の散財日記(松任谷正隆著 文春文庫 ISBN978-4-16-775331-3)
RICOH GX200 35mm ISO64 F2.9 1/79 EV+0.3

オトモダチの R さんは、読書の幅がおそらく広い。勢い、面白い話題も豊富だし、物知りなのです。少なくとも私のような「偏った知識」ではないはず。その R さんが、時々「この本を読みなさい」と私に読書を強要するのです。先日、そう言って手渡されたのがこの本です。松任谷正隆氏の書いた「僕の散財日記」というエッセイ。Men's EX に 2001 年から 2005 年にかけて連載していたものに加筆・修正して単行本化したものだそうで、2009 年 3 月 10 日の第 1 刷とあります。

なかなか読書の時間を取れないので、時間が掛かってしまいましたが、昨日やっと読み終えることができました。タイトルから想像できるように、これは松任谷正隆氏の買い物日記。「買ったものに対するウンチクを語り」、最後に散財通信簿と称して「その買い物は何点だったか?」と反省する構成になっています。「あとがき」の中で明らかにされますが、連載の原稿を書くために買い物をした‥なんてこともあったそうで、好きなものがたくさん買えて羨ましい‥ばかりではない悩みもあったそうな。

しかし、それにしても‥R さんがこの本を私に薦めたのは「松任谷正隆氏と私の考え方が似ている」と思ったからだそうで、読んでいて「そうそう、そうだよ」と頷くことしきり。いやぁ、松任谷氏と考え方が似てるなんて光栄じゃあありませんか。私の場合はしがないサラリーマンですから、松任谷氏のように景気よく散財する‥ってなわけには行きません。でも、ずっと少ない買い物であろうとも、キモチは同じってことで‥。自分なりのコダワリを貫きつつ少ない買い物を楽しみたいと思った次第です。

2011年11月05日 (土)
■ 消費税

消費税増税へ(2011年11月5日 読売新聞朝刊より)
RICOH GX200 35mm ISO100 F2.9 1/50

カンヌで開催されていた G20 (主要 20 か国・地域首脳会議)が閉幕したのだそうな。同時に採択された「カンヌ行動計画」で、日本の財政再建の具体策として 2010 年代半ばまでに消費税率を現行の倍にあたる 10% まで引き上げる方針を明記したことで、事実上の国際公約になった‥のだそうです。消費税を上げる理由としては、毎年 1 兆円も増え続けている社会保障費用をまかないつつ、先進国の中で最悪の政府債務残高に歯止めをかけていくため‥と、ありました。

経済問題には疎いですし、経済的なセンスも無いので、政府債務残高を減らしていくために税収を増やす、あるいは支出を減らすことが必要である‥というところまでは分かっても、そのために消費税増額が最適な選択なのかは全く分かりません。ただし、単純に税収が増えれば済む話でも、支出が減れば済む話でも無いというのは分かります。バランスが非常に大事なのであって、しかし、そのバランスを保つのが難しい‥そういうことなのでしょう。

その税収増の手段に消費税増税を選ぼうとしているわけですが、10% という数字は野党自民党の公約でもあるそうですから、このまますんなり決まってしまいそうな感じです。しかし‥消費税という仕組みは、滞納が多い仕組みでもあるわけで、仕組みの欠点を全く是正せずに税率だけを上げようというのはちょっと感心しませんね。穴の開いたバケツで水汲みをしていては効率が悪いので、バケツの修理も一緒にやっていただきたいところです。

2011年11月04日 (金)
■ お手本


RICOH GX200 50mm ISO154 F3.5 1/42 EV+0.3

自転車の歩道通行に対する警官の指導は横浜の中心部のほうでやってるのかね~、などと火曜日に書きましたけれども、実際そのようです。写真は今日の読売新聞朝刊ですが、加賀町署管内での指導風景の話題について書かれていました。イヤホンをしながらの運転が NG であるとか、常に歩道を走っていいわけではない‥といった指導をしているそうですが、自転車利用者からは車道走行に関する反発意見が多そうな感じが記事の中から読み取れます。

「そんなルール全然浸透してないじゃないか!」というのが自転車側からの意見のようですが、そりゃ当たり前ですよ。今までが無法地帯だったのですから。そのルール(ルールじゃなくて道交法ですが)をこれから浸透させようというのです。今は無法地帯を無くす過渡期にあるだけで、みんなが車道を走るということを知ってから実施‥なんて時間の掛かることはやってられないのです。だから、今はとりあえず指導しながら様子を見ていると‥。いずれ、歩道走行で違反切符を切られる時代がやってきますよ。

とはいえ、まだまだ先は長いと思わせる光景に遭遇してしまいました。それは、車道走行が危ない個所ならいざ知らず、ずっと以前から自転車通行帯っぽいエリアが設置されている「私の通勤路で最も走りやすい個所」を、警察官の俗にいう「白チャリ」が、こともあろうか歩道を走っているのを見てしまったから‥。警察官が自転車で走っている風景を通勤中に見たのは初めてなのですが、通達が出た後にこれではね‥という感じです。疋田氏が「警察官がまず手本を示せ」と力説している理由がよ~く分かりましたよ。

2011年11月03日 (木)
■ ホウボウ鍋

ほうぼう
RICOH GX200 28mm ISO109 F2.7 1/32 EV-0.3

今日は祝日。娘らは土日も祝日も部活だ、遊びだ、バイトだ‥で、忙しいので、休日の昼間はカミさんと二人で過ごすことがほとんどです。子供らが独立したらこんな感じなのかなーという雰囲気を既に味わいつつある‥と言ってもいいでしょうか。だもので、休日にどこかに出掛けるといっても、カミさんと二人で出掛けることになります。今日は、私が myX に行きたかったのと、カミさんが東急ハンズに行きたいという意見が無事一致し、横浜に行くことにしました。

で、私もカミさんもお目当てのものを手に入れられずに「行った甲斐が無かった」という結果になってしまったのですが、せっかく横浜まで来たのだからと、松原商店街に寄って買い物をし、珈琲問屋に行ってコーヒーを買って帰ることにしました。松原商店街で一番楽しいのは魚幸さんですので、もちろん真っ先に足を運びます。「マグロのカマありますか~?」と聞いている人がいたので、あ~、そうやって頼めばいいのかと思った次第。今度、私も頼んでみましょう。

今日は写真のこいつ(ホウボウ)を見つけたので、迷わずゲットしました。アクアパッツァにしても美味しいですが、今の時期はやっぱり鍋でしょう!ということで、晩ごはんは鍋に決定。鍋っつーたら、やっぱり日本酒でしょう!ということで、吉祥に寄って酒も購入しました。カミさんがお土産に使うワインなんかも一緒に買ったら、酒代だけで 16,000 円突破‥ひぇ~。

ほうぼう鍋
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/14 EV-0.3

東急ハンズで買ってきた新しい鍋を使ってのホウボウ鍋でしたが、他の具に比べてホウボウが微妙に少ない感じでした。この二尾で 500 円だったので、もう二尾買ってくればよかったと後悔‥です。いやぁ、それにしてもホウボウは美味しいですねぇ。次回、ホウボウを見かけたら、白ワインとあわせてアクアパッツァで楽しみたいです。

2011年11月02日 (水)
■ 信頼

オリンパス第三者委員会設置へ(2011年11月2日 読売新聞朝刊より)
RICOH GX200 35mm ISO64 F3.7 1/660 EV+0.7

オリンパスのマイケル・ウッドフォード元社長解任に端を発して表沙汰になった「過去の企業買収」に絡む巨額の資金の流れが話題になっています。特にカメラに興味のある人にとっては、やきもきするニュースでしょう。私はオリンパス・ユーザーではないし、今のところはオリンパス機を買うつもりもないので、酷い言い方をすると「どうなろうと知ったこっちゃない」です。しかし、一時は E-5 いいかも‥なんて思っていたくらいですから、気になるニュースではありますし、老舗ブランドに傷がつくどころか無くなってしまうのではないか‥そんな危惧さえ感じさせるこの「事件」に注目しています。現経営陣は一体オリンパスの何を守ろうとしているのか?

お家騒動と呼ぶには大きすぎる騒動ですし、米国 FBI まで動き出すなど国際的にも注目される中、オリンパスが第三者委員会を昨日づけで設置した‥というニュースが今日の朝刊に載っていました。オリンパスとは利害関係のない弁護士と公認会計士の計 6 名で構成されているそうですが、オリンパス自らが立ち上げたわけですから、その辺りってどうなんだろう‥と、思ってしまいます。というのは、マイケル・ウッドフォード元社長の言うことが 100% 正しいとは限らないとしても、現経営陣の言葉は歯切れ悪く、防戦一方に感じられるから。現時点までの情報からは、首を切られるのは日本人側だったんじゃないか?‥と思えて仕方ありません。

マジメに働いている人には何とも気の毒ですが、オリンパスの何が問題なのかはハッキリさせる必要がありますよね。それにしても気になるのは「多かれ少なかれどこも似たようなもの」的な反応をしている人がかなり多いように感じられることです。まぁ、憶測でものを言っている人が大半だとは思いますし、自分とは直接関係無いことだからどうでもよい‥的な投げやりな態度なのでしょうが。会社にしろ個人にしろ、信頼されるというのはとても大変なことですし、大事にしなければいけないことだと思います。信頼を得るためのひとつは、不正に目をつぶらないこと‥。オリンパスが信頼を取り戻すための第一歩もそれに尽きると思います。

2011年11月01日 (火)
■ 変えないと変わらない

「自転車および歩行者専用」標識@センター南駅付近
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/380 EV-0.3

天気のよい日が続きますねー。おかげでキモチよく自転車通勤ができています。自転車通勤者が増えた増えたとは言っても、私のまわりではたかが知れた増加量のようにも思います。そもそも都心のように人が歩道に溢れているほどにはなっていないので、自転車の車道通行云々についても、警察官が指導しているような風景などは全く見られません。つまり、今のところは以前と何も変わらない風景のまま‥です。同じ横浜でも、横浜駅近くなどは人も自転車も多そうですから、まずはそちらから‥なんでしょうかね。

前回の道交法改正の折、改めて自転車の「子供二人乗せ」禁止を謳ったところ、「現実を何も知らない。警察はふざけるな!」という声が、リアル子育て世代のお母さんたちから多数寄せられました。その結果、安全基準を満たした自転車に限り、二人乗せも OK にする‥てな感じの方向転換をしたと思いますが、その特別な自転車ってどうなったんですかね?もちろんそういう自転車も開発されたのだとは思いますが、子供が二人乗せられている自転車が何か変わったようにも見えないのですが、結局は元の木阿弥‥というやつなんでしょうか。

自転車の車道通行についても、「そうは言われてもねぇ‥」と、以前と変わらぬ状況のままでいると、変えなきゃいけなかったことさえ忘れてしまい、元の状態に戻ってしまいそうです。何かを変えるには、とにかく変えてみるということが必要。「もうちょっとしたら変えよう」なんて思っていたら、ちょっとが永遠になってしまいます。ということで提案。まずは、この標識を取っ払うことから始めてみる。撤去風景が人の目に触れれば、何かが変わっていることに気づくでしょう。それにしてもこの場所にこの標識‥自転車に乗ったまま階段下っても OK ってことですよね(笑)‥違う?

| Top |