14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2012年10月31日 (水)
■ 埋めないで

緑道の舗装@くさぶえのみち
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/176 EV-0.3

港北ニュータウンの自慢のひとつである「緑道」(りょくどう)は、自動車の通らない道として住民の日々の生活に親しまれています。緑道のかなりの部分は石畳になっていて、風情のあるいい感じなのですが、場所によっては砂利だったり土だったりしていました。しかし、ニュータウンの住民が増えるにつれて、緑道を行く人たちの数が増えたからでしょうか‥砂利や土だったところを舗装したりして、何とも味気ない緑道に変えられてしまっている部分があります。

私が比較的多く利用しているのは「くさぶえのみち」ですが、震災の頃に行われていた舗装工事を見て愕然とし、都筑土木事務所に抗議したことがあります。最初どう見てもアスファルト舗装にしか見えなかったのですが、土木事務所の言い分は「木質の素材を混ぜておりアスファルトではない」というものでした。その後、工事が終わった後に確かめてみたところ、アスファルトとは違うことは分かりましたが、舗装前の砂利道状態のほうがよほどマシだったと感じました。

上の写真はその舗装部分とは別の個所でして、いわゆる土系舗装と呼ばれるタイプのものだと思いますが、色が土っぽく見えるという程度です。舗装したての頃は、舗装部分の外側に玉竜が植えられたりしていて、それはそれは「安っぽい」見た目でした。ちなみに、玉竜は今でも生えているのですが、雑草が混じって目立たないだけです。それにしてもこんな改悪は誰も望んでいません。下の写真は改修前の雰囲気を残す近くの別の場所ですが、こちらのほうがどれほどよい道か‥。アスファルトで覆われるよりはマシでも、何もしないでいてくれたほうがよかった。

緑道の砂利道部分@くさぶえのみち
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/73 EV-0.3

こういうことって、一体どこの誰が決めていることなのか、ここを使っている人たちの多くが望んでいるものは何なのか‥工事が行われた当時は不思議でなりませんでした。その思いは今でも変わりませんし、今後、下の写真の砂利道が上のように醜く化粧されることが分かったら、断固反対したいと思うのです‥。しかし、そういう情報を事前に入手するのはなかなか難しいように感じます。

さて‥これは港北ニュータウンの片隅のホンの小さなことですが、もっと規模の大きいことが、地元の人々の意向を全く無視して行われようとしています。場所は奈良の平城宮跡。平城遷都 1300 年祭をいいチャンスとばかりに、平城宮跡には「大極殿」や「朱雀門」が復元されたそうです。しかし、それだけでは飽き足らず、多くの生き物が生息する草原・湿原を埋め立てて舗装し、草一本生えない広場にしようと国土交通省が躍起になっているそうです。今、地元の人々がそのような無謀な真似を何とか止めさせようと必死に活動されています。

しかし、国土交通省は埋め立てをゴリ押ししたいらしく、埒の明かない状態が続いている‥。今、全国から反対署名を集めようと地元の方々が活動されていますが、とにかく舗装工事に突入しないように一旦停止させるのにも時間があまり無い状況だそうで、一筆でも多くの署名が必要です。あなたの地元でも、規模の大小はあるにせよ、似たようなことってありませんでしたか?地元の人々が望まないことを無理に推し進めて誰が喜ぶというのでしょうか。私は奈良や平城宮跡に縁もゆかりもありませんが、この埋め立て舗装にはとても賛成できません。ですので、反対署名を送ろうと思います。ちょっとでも気になった方は、「世界遺産 平城宮跡〈埋立て・舗装工事〉の即時中止を!」のページを是非読んでみて欲しいです。

2012年10月30日 (火)
■ マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ

TIMBUK2 の S と M
RICOH GX200 28mm ISO77 F2.7 1/32 EV+0.3

少し前に何気なく TIMBUK2 の HP を見たところ、「ポルカドット・メッセンジャー」と名づけられた白地に赤の水玉模様のクラシック・メッセンジャーが売られていたのを知りました。あー!これ欲しい‥そう思ったのですが、HP 上では「在庫なし」との表示‥。2 年前にも同様のスペシャル・バージョンを出したところ、一瞬で売り切れになったそうで、今回もそうだったのだろうな‥と、諦めていたのです。それからしばらく経ったある日‥いつものように Web 上をフラフラしていたところ、ひょんなことからポルカドット・メッセンジャーが「あと 2 つ!」なんて書いてある Web ショップの HP に遭遇したのです。

リアル店舗で見つけたものならともかく、Web ショップで見つけた欲しいものは瞬時に決断しないと「タッチの差で逃した」なんてことは日常茶飯事。ちょっと前に欲しい!と、思ったものですし、TIMBUK2 いくつあったっけ?などと冷静になることなく即座に注文して無事入手することができました。嬉しいデス。手持ちの TIMBUK2 の中から、やはりスペシャルなカモ柄のクラシック・メッセンジャーとの 2 ショット。定番カラーもいいんだけど、スペシャル・バージョンはやっぱりカッコいいですね。ちなみにカモ柄が M サイズで、ポルカドットが S サイズなのですが、TIMBUK2 の M と S は大きさがかなり近いです。

TIMBUK2 だらけ‥
RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/4 EV-0.3

さて、今日のタイトルの「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」というのは、自転車に詳しい人はよくご存知だと思いますが、ツール・ド・フランスという自転車レースにおいて、「山岳賞」と呼ばれる「上り坂に強い選手」が着用するジャージのことなのです。つまり、この模様を身に纏うということは「オレは上り坂に強いぜぇ」という自己主張にもなり得ます。なので、ロード系自転車に乗る人たちの中には、この模様を見ると頭に血が上って追いかけてくるような人もいるとか‥。私は追いかけられてアッサリ抜かれても何とも思いませんので、どうぞブチ抜いてやってください(笑)。

それはともかく、TIMBUK2 のクラシック・メッセンジャーは XS から XL まで 5 種類のサイズがあるのですが、このポルカドットを買う前に全サイズが揃ってたのです。今、会社に行くときのバッグにしているのがちょうど S サイズのクラシック・メッセンジャーでして、S サイズが 2 つになってしまいました。なので、ご覧のようにバッグ置き場も TIMBUK2 だらけ‥さすがに自分でも笑っちゃいます。このうち、一番酷使したのが長いこと自転車通勤に使っていた L サイズなのですが、小物ポケットなどが少ないちょっと古いタイプなので、それも入れ替えたいな~なんて‥。

R4T の Kokopelli
RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/133 EV-0.3

数あるメッセンジャー・バッグの中でも、TIMBUK2 は入手しやすいほうだと思いますし、一番新しいタイプのものはジッパー付きのポケットが増えたりして、さらに使いやすいバッグになりました。まだ今ほど大量に出回っていない頃は「自分で色の組み合わせを選ぶ」ということもできてもっと楽しかったのですが、今でも年に 2 回の頻度でカラー・バリエーションが変わるので、ついついポチッと買っちゃったりします‥。ホント‥自分でもあきれてしまうのですが、カバンと靴は「思わず買ってしまう」危険性のあるジャンルでして、(違う意味で)気を抜けません。

少し前に東京自転車通勤号として入手した OSSO CX にしろ、このポルカドット・メッセンジャーにしろ、最近は「これ欲しい!」と気づいたときには少し遅かった‥というタイミングが多い気がしますが、それだけに「何とか見つかって手に入れた」ときの嬉しさが大きいと思います。ポルカドットは入手できた嬉しさもさることながら可愛らしい感じがとてもイイ‥だもので、可愛らしさついでに手持ちの Kokopelli のマスコットをぶら下げてみました。狙いどおり(?)にさらに可愛らしくなりまして、いい歳のオッサンが背負うバッグには見えないところがまたイイ感じです。

2012年10月29日 (月)
■ 銀座より高級?

都筑阪急横の駐輪場
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/133 EV0

先日、東京都中央区の区長宛に「利用率が低い区立駐輪場の有効活用を!」というメールを出した話を書きました。その後、担当者から電話連絡が来まして「メールの回答前に話をさせて欲しい」と言われたと思ったのですが、どうも「メールでの回答が難しいので話をさせて欲しい」ということだったようです‥その後、時間を置いてもメールは来ないので。さすがに「どうぞ、お使いください」ということにはなりませんでしたが、色々なことは考えているみたいでした。ひとまず私の思っていることは伝えたので、ひとつの声として役立ってくれることを期待したいところです。

担当者の方に色々と聞いて分かりましたが、やはり昨年の震災以降は自転車の利用が急増しているそうです。利用のキッカケが震災であれ何であれ、東京都心にいることが生活の一部分になっている人は、もっともっと自転車に目覚めて欲しいと私は思います。そのために何かできることがあるのなら、積極的に関わって行きたいと思うわけです。ま、まずは東京自転車通勤生活を早く始めて、「よき自転車乗り」の一人として自転車生活を送ることが第一番目にやらなければならないことでしたね‥。何だか「もっと自転車を!」って力が入っていた頃を思い出しますねぇ。

とりあえず、自転車をもっと活用するために必要なことは、「気軽」に使える駐輪場を増やすことに尽きます。自転車駐輪場はあちら!という感じで、不便なところに追いやられるのは気軽とは言えません。写真は都筑阪急の横に「後からできた」駐輪場ですが、建物のすぐ脇なので利便性は高いと思います。設備もちゃんとしているので整然と止まっている感じでしょう?ここは銀座三越的な設備になってはいますが、自転車の停め方を規制する輪留めが設置されているだけでも随分と違うと思うのですよね。輪留めを設置しても自転車が溢れてしまうようであれば、それは物理的に足りないわけで、とにかく駐輪場を増やすのが第一ですね。

都筑阪急横の駐輪場料金表
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/143 EV0

で、コレが駐輪場の料金表なのですが、いきなり有料というのではなく、一定時間経過後から有料になるというこの体系は非常にいいと思います。駅に近いところ、デパートに近いところは買い物客を優先させるという発想も至極真っ当ですよね‥。ここよりも駅からさらに遠いエリアについては、一日中ずっと無料‥なんてできると、駅を利用する学生やサラリーマンにはウケがよさそうですが。ちなみに、この港北阪急前の駐輪場料金って、銀座三越の料金体系より高いんですよね‥。とはいえ「港北ニュータウンは銀座よりも高級!」‥にはなりませんよね?(笑)

2012年10月28日 (日)
■ BROOKS‥どれにしよう

BROOKS SWIFT
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/540 EV0

昨日、笹塚の Blue Lug まで行ってきたのは、Blue Lug スペシャルの Zoncolan を見てくる‥という理由があったのです。現物を見てなかなかいい感じではありましたし、Zoncolan のスタイルはカッコいいこと間違いないのですが、OSSO よりは全然乗ってないほうの COLNAGO に装着したい感じでした。OSSO には SURLY と同様に見た目の重量感がもう少しあるサドルが似合いそうなのです。かといって、シングル系の人たちに人気の高いらしいタイプの系統には、私の欲しいものが無いのですよね‥それだったら今のままでもいいじゃない‥かも。

なのですが、自転車の完成車というのは買ってきたそのままで乗っているのがなかなか辛いものなのです。どうしても自分のオリジナルな部分を出したくなってくる。だから、本当は好きな部品を選んで、ゼロから組み上げて作るのがいいのですが、それだと公共の駐輪場に停めなければならない自転車には勿体ないわけで‥。完成車を買って「どうしても変えたい個所」を変えていくとう「お手軽コース」に辿りつく‥と。そのお手軽コースで私が最初に変えたい部品がサドル。その後、ハンドル、ブレーキ、ペダル‥と少しずつ変わっていく予定は‥既にあります。

ということで、Zoncolan を見送った結果、おそらくコレになるだろうというのが BROOKS SWIFT です。これこそ「勿体ないんじゃない?」という気もしなくはないですが、革サドルってずっと前から一度は使ってみたかったし、そろそろチャレンジしてもいいかなと。他には B17 Special の銅メッキレールも非常にグッと来るものがあるのですが、私のバイクにはブラックのレールを持つ B17 NARROW のほうが似合うかも‥サドル形状もいいし。だけど、銅リベットのカッコよさをとると‥やっぱり SWIFT だよなぁ‥。と、ぐるぐる回ってなかなか決まりません。

2012年10月27日 (土)
■ ちょっと笹塚まで‥

Blue Lug@笹塚
RICOH GX200 28mm ISO71 F3.8 1/32 EV0

今日はカミさんが仕事に行くというので、私も片付けておきたい仕事でもするか‥とは思ったのですが、ここで仕事を始めてしまうと仕事で土曜日が全部潰れてしまうのは目に見えています。他に用事が無ければそれでもいいのですが、「東京自転車通勤生活」を始めるにあたって済ませておきたいことがまだいくつかあるのです。ということで仕事をするのは止めにして自転車でお出掛け‥。目指すは笹塚にある Blue Lug という自転車屋です。

笹塚といえば新宿の近く‥新宿方面はあまり土地勘の無いエリアなので、事前に Google マップでお勉強。今はスマホがあるからどうにでもなりますが、事前に頭の中でシミュレーションしておくのは大事ですよね。東京エリアに行くためには多摩川を渡らなければならないのですが、新宿なら二子玉川経由のほうが近い。それで‥三軒茶屋から北上すればそのまま笹塚なのか‥ふむふむ。というわけで行ってきました Blue Lug へ。後半の話題にしますが、国道 246 号は自転車には「やさしくない道路」なので、意外と時間をロスして 1 時間半近くかかりましたね。

Blue Lug はシングル系に強い店‥ということで、行ってきたわけですが、見たかったのは Blue Lug オリジナルのカスク。財布に優しい値段に惹かれて見てきたのですが、残念ながら私の頭には今ひとつフィットしませんでした。もうひとつ‥そちらが本命とも言いますが、Selle Sam Marco Zoncolan の Blue Lug special の実物が見たかったのです。こちらはとてもイイ感じなのですが、私の求める最終的なイメージからはちょっと外れている‥かも。というわけで、買う気マンマンで出掛けたのですが、結局何も買わずに戻ってきました(笑)。

さて、今日は久しぶりに 246 号を自転車で走りました。仕方ないとはいえ、相変わらず 246 号は自転車にはやさしくない道です。とにかく下の写真のようなモノが多い。

新二子橋の神奈川側@246
RICOH GX200 35mm ISO64 F3.3 1/410 EV+0.7

これは多摩川を渡る新二子橋の神奈川側。新二子橋は車道が自転車通行禁止なので、この標識にあるとおり側道に逸れると、多摩川沿いを少し下流に走って、田園都市線のすぐ横を通っている二子橋を渡ることになります。二子橋を渡って真っ直ぐ行くと、結局は元の 246 号に合流しますが、合流する付近から環状 8 号を越えるまでのあたりも車道事情は極めて悪いですね。環状 8 号を越えた後はマシになりますが、場所によっては渋滞する自動車と一緒にノロノロ通行を余儀なくされます。自動車の脇をパスして行ける空間が無いのです。

今回は三軒茶屋から笹塚に抜ける裏道のような細い道を通って思ったのですが、これでもか!という感じに信号機が多いのに加えて信号のタイミングが悪い‥もう止まってばかり。平日と土曜日の違いもあるでしょうが、自動車の数なんて大したことないのに信号機だらけ‥そんな感じだから歩行者はもちろん自転車の人も全員が全く見てないというほどに「完全信号無視」なのですよ。私ですら「一人だけ信号に従っててバカみたいだな」と思いましたが、住んでいる人は「ここは車が少ないから大丈夫」と分かっているから‥なのですかね。だったら信号要らないじゃないの。

馬絹付近の高架@246
RICOH GX200 72mm ISO141 F4.4 1/32 EV0

とりあえず、東京自転車通勤ルートは 246 号と無縁でよかったなぁ‥そう感じてしまう今日のルートでした。帰りには二子新地にある Above Bike Store さんに寄ったのですが、10% 割引クーポン(?)を入手したので、せっかくだから‥と、SURLY の Tuggnut を買ってきました。しかし、Above の Starfuckers STEEL ERA はカッコいい!シングル・ステップアップの際には超有力候補かも‥。と、少しの時間を楽しんだら再び 246 号を走って自宅へ‥写真の馬絹付近の高架部分なんて下り一方なんだから走りたいよねぇ‥もっとも写真のような大型が来ると怖いんだけどさ。

2012年10月26日 (金)
■ OLYMPUS STYLUS XZ-2

デジタルカメラ・マガジン 2012/12
RICOH GX200 28mm ISO80 F3.0 1/32 EV-0.3

デジタル一眼が欲しい欲しいといい続けて買ってません(笑)。「じゃあ、いよいよ買う!」と思うと気になる機種の噂が‥というわけで、まだ見ぬ新機種を追い続けているうちに時間が過ぎる‥ということの繰り返しになっているわけです。まぁ、写真を撮り歩いているわけでもないし、一眼が無くてもこうして困ってはいないので、買う必要なんて無いってことですよね。それでもやっぱり新機種は気になるわけで、SIGMA Foveon 好きの私でもとても気になる Nikon D600 と PENTAX K-5IIs の記事をちょっと読んでみたかったので、デジタルカメラ・マガジンを買ってしまいました。

デジタルカメラ・マガジン 2012/12 特集2「高級コンパクトは画質で選べ。」
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.0 1/36 EV-0.3

買ったところで全然読んでないですが、「高級コンデジ特集」があることに気づきました。現在、私が持っているカメラは、GD の影に隠れてマイナーな RICOH GX200 と、第一世代 Foveon を体験したいと思って敢えて買った SIGMA DP1x ですが、これらもジャンルとしては「高級コンデジ」の一員と言ってよいでしょう。だから‥というわけでもないですが、高級コンデジといわれるグループに属するカメラが実は好きだったりします。なぜかというと、とにかく持ち運びが楽‥。一眼レフの写真にかなわなくても、カバンの中にそっと入れておけるのはありがたい。そんな理由から「同一画角の中では最強」と言われている新世代 Foveon の DP2 が実は欲しかったりするわけです。

デジタルカメラ・マガジン 2012/12 「OLYMPUS STYLUS XZ-2」
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.0 1/64 EV0

お目当ての D600 と K-5IIs の前に、高級コンデジ特集の方をパラパラとめくってみたら‥あら、こんな機種が出ていたのですね。OLYMPUS STYLUS XZ-2 とな‥。名称から想像がつくとおり、XZ-1 の後継機種なのだそうです。背面液晶がバリアングルになり、タッチ操作によるインターフェースがあるらしい。スマホみたいなものですかね‥。その手の機構はあまり趣味ではないですが、角張ってちょっと無骨な雰囲気を漂わせているスタイルはいいですね。XZ-1 がどこか「なよっとした」印象だったので、とても後継機種には見えないような変わりっぷり。OLYMPUS はアートフィルターで遊ぶのが面白そうなので、こいつはちょっと気になりますね。

2012年10月25日 (木)
■ 鍵

ABUS Chain
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/310 EV-1.7

「~にとって重要な“鍵” となる事項である」‥何か大切なことを強調したい場合に使ったりする表現だったりしますし、実際よく目にする表現ではないでしょうか。この表現での主役はもちろん「鍵」です。大切なものには鍵を掛けておく‥そうすることで、大切なものを無くさないようにする。ふだんの我々も、鍵を使わない生活を送っている人は非常に少ないのではないかと思います。鍵なんて無しで済む生活があればどんなに楽で素晴らしい暮らしかと思いますが、残念ながらそういうわけには行きません。

そろそろ始めたい‥なかなか始まらなくてスミマセン‥自転車通勤。その自転車生活にももちろん鍵が欠かせません。私のように東京の往復で 50km 走ってやろうじゃないの‥という人はそんなに多くないかもしれませんけど、最寄り駅まで自転車で‥そういう人はかなり多いはずです。自転車を最寄の駅に置いたときに、さすがに鍵を掛けてないという人はいないとは思いますが、では実際に使っている鍵はどんなものですか?自転車に最初から付いていた鍵をそのまま使っているだけでしょうか。

最近はよく「ダブルロックにしたほうがいいですよ」的なポスターを見たりするので、本体の鍵とは別にワイヤー鍵などをかけている人もいるかもしれませんね。私の場合も以前とは違って公共の場所に駐輪することになりますので、鍵はしっかりかけます。もちろん、以前から鍵はかけていましたけど、今までのものよりももっと強力な鍵を使わないといけない。場合によってはダブルロック。というわけで、鍵を物色しているのですが、今の狙いはこの手のチェーン鍵‥重量が難点ですが、安心には代えられませんので。

2012年10月24日 (水)
■ ダメダメ

不思議なポスター@東急東横線日吉駅
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.0 1/24 EV-0.3

牛の「レバ刺し」を焼肉店で食べて死亡‥連日のように新聞・テレビを賑わせた事件でしたから、覚えている人も多いと思います。その後、牛の「レバ刺し」を提供することが禁止されましたが、「牛がダメなら豚がある!」といった感じで、牛のように禁止されていない豚を提供する店があるとか、それを喜んで食べている人がいるとか、そんな話をネット上で見かけて驚いたのはつい最近のこと。寄生虫にやられようと何しようと、個人的にやってる分には「どうぞどうぞ」ですが、それを商売にしている店があるっていうのはいただけません。

そのうち‥牛ではなく豚で問題が出た場合、「禁止されていなかったからいいと思った」とでも開き直るつもりでしょうか‥。そうは言っても百歩譲ってそれが現実なのだから、「豚はよく火を通さないと危ないぞ」と教えられずに育った人が増えて来たという証拠なのでしょう。結局、「アレはダメ、コレはダメ」というのをあちこちに書いておかないと、そのうち日本人は寄生虫で全滅しちゃうかもしれません。そんな「アレもコレもダメ」ばかりを目にする世の中って本当に嫌なのですが、もはやそんなことを言ってる時じゃないのかもしれません‥。

というわけで、自転車人にとって「豚を生で食べるべからず」に近いレベルなんじゃないかと思わせる「アレもコレもダメ」シリーズの話がこのポスターです。これは実際に東急東横線の日吉駅で見かけたものなのですが、東急独自のものではなくて鉄道各社合同で作ったもののよう。ということは、実際にこういうことでトラブルになった事例があるんでしょうね。それも驚きではありますが、結局、(私も時々口にしている)多様性を重視するということは、こうして「ダメダメキャンペーン」を多方面に大々的にやる‥ということなのね。息苦しいけど仕方のないことなのか。

2012年10月23日 (火)
■ 右レバーを握ったら‥

OSSO CX オリジナルのハンドル回り
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/68 EV-0.3

まだ、東京自転車通勤は開始していません。もう始めても構わないといえば構わないのですが、自分の体が新しい自転車にもう少し慣れてからでもいいかな‥と。とりあえず自転車通勤が可能なことはもう分かったので、そんなに焦っても仕方ないでしょう‥ってね。若い人なら体が勝手に動いちゃうのでしょうけど、さすがに私くらいになってくると、そろそろ「自信過剰にならないように」気をつけないといけないな‥と、思うわけです。実際のところは自分であまり認めたくないのですが、この先の自信過剰は単なる頑固ですよ‥ってね。

ところで、体が慣れる‥というのは、頭の中で考えてから行動を起こすのと、考える間も無く体が動いたときの行動に矛盾が無いことだと思います。考える時間があるうちは、その人らしいと思う結論が出てくると思いますが、考える間も無いような一瞬の判断が必要な時は、考える時間が無い分自分の周りの状況がいつもと同じほうがいい‥そう思います。とにかく違うポイントを作らないでおく。そうすることによって、体が勝手に動いちゃったとしても、同じ動作をしているうちは同じ結果に導かれる‥そうなってくれるはず。

そんなことのひとつとして、ブレーキを掛けた時に前後どちらのブレーキが効くか‥ということがあると思います。例えば、あなたの自転車で右手でブレーキを掛けると前後どちらが効きますか?私の場合、今までは右手のブレーキは後輪用でした。でも、新しい自転車はご覧のように右手が前です。実際、右手が前で左手が後ろ‥そういう組み合わせが多いとは思いますが、世界の趨勢は逆‥。仮に左右を逆にした場合、ワイヤーがどこを通るかについて、写真を見て考えてみてください。ホラ‥右手が後ろのほうがスッキリしませんか?

2012年10月22日 (月)
■ SURLY KRAMPUS

SURLY KRAMPUS
RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/250 EV+0.3

ここ最近、雑誌を買うことがあまり無かったのです。というのは、ちょっと正確ではなくて、定期的に買っている雑誌が無くなっていた‥のほうが正しい‥いえいえ、モーターサイクル雑誌の frm だけは買っていますので、定期購読は 1 冊になっていた‥ですね。そんなわけで、比較的長い間定期購読していた BE-PAL もさすがに飽きてきて、本屋でパラパラ眺める程度になっていました。そんな BE-PAL ですが、今出ている最新刊(No.385 2012 11 月号)は久しぶりに買いました。というのは、自転車特集が組まれていて、何と SURLY の特集も組まれていたので。

私自身、SURLY の割には一番フツーっぽいモデルではありますが Cross×Check に乗っていますし、SURLY は大好きなバイクブランドのひとつです。だけど、BE-PAL ほどにメジャーな雑誌で「本誌イチ押し」なんて書かれてしまうと、嬉しいような悲しいような微妙な気持ち‥というのが正直なところ。だけれども、BE-PAL が特集を組むっていうなら見ておこうかな‥と。で、ごく最近まで自転車のことなんて「ぜ~んぜん」調べたりしていなかったもので、KRAMPUS なんていう新しいモデルが出ることを BE-PAL に教えてもらったわけ‥半分バカにしててごめんなさい。

もともと SURLY は「ぶっとい」タイヤが得意だったけど、今度は 29er×3inch のタイヤを作っちゃって、そいつを履かせたのが KRAMPUS の正体‥らしいです。PUGSLEY の 2013 年モデルにある「黄色いフレーム」もグッと来るのですが、KRAMPUS の 29er×3inch っていうのも惹かれますよね~。でもさ‥ぶっといタイヤで銀座あたりまで行こうっていうのはちょっと疲れそうだから、ジテツー号には無理だよなぁ。とはいえ、700C×23C なんていう細っちいタイヤで走ってばかりいたら、その反動で PUGSLEY くらい買っちゃったりしてね!

2012年10月21日 (日)
■ 日本一高い駐輪場(ただし地価ですが)

銀座 4 丁目交差点
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/870 EV-0.3

先週の土曜日に、東京まで自転車通勤するために駐輪場を探している‥という話を書きました。中央区の区長宛てに「無料にもかかわらず区立駐輪場の利用率が低いそうだが、有料でも構わないので使わせてもらえないか」というメールを送った(さすがにまだ返事はありませんが)話も書きました。同時に「銀座三越に立派な駐輪場があるらしい」ということも書きましたが、早速調べずにはいられなかったので、翌週の月曜日(つまり、この前の月曜日)に見てきたのです。それが今日の話題‥。月曜日は天気がとてもよかったので、自転車通勤している人は必ず乗ってくるはず。

まず、銀座三越といえば銀座 4 丁目‥。2012 年の地価の公示価格が 1 平方メートルあたり 2700 万円という日本一高価な土地です。そんな場所にある駐輪場というのだからオドロキです‥。さすがに近辺の駐車場はお高いと思いますが、駐輪場は 4 時間あたり 100 円というのだからリーズナブル!さて、どこにあるのかいな‥と探してみると、三越のビルの脇(銀座 4 丁目交差点から築地方面に向かう)に立派な入り口を発見。駐輪場は地下に作られているので、何とエレベーターに乗って降りる構造になってます。しかも 2 台も用意されている‥う~む、さすが東京のど真ん中。

三越横にある駐輪場入り口
RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/380 EV+0.7

エレベーターの脇には階段もあるのですが、あまり人が出入りしている感じもありません。自転車は階段を使って上げ下ろししろ!と、言われても、私の自転車だったら全然問題なさそう。さぁ、こんなに天気がいい日‥若干時間が早め(午前 8 時 40 分頃)とは言っても、9 時始業の会社であれば自転車通勤の人はもう自転車を置いているはず‥。ギッシリだったらどうしようと思いながら駐輪場のスペースに入ってみると‥ガラーン(爆笑)。私が写真を撮ったりしている間に若い男性サラリーマンがクロスバイク系の自転車でやって来ましたが、その方の自転車を含めて全部で 7 台。キャパシティーが 192 台ということなので、利用率は 4% にもなりません。

駐輪場内部(朝 8:40 頃)
RICOH GX200 28mm ISO148 F2.7 1/32 EV-0.3

丁度よいタイミングで利用者に会うことができたので、せっかくだからとその若い男性に聞いてみました。「いつもこんな感じなのでしょうか?」その方も「実は使い始めて 1 週間なのですが‥」と、前置きした上で、「満車になっているのはまだ見たことがありませんね」とのこと‥。よっしゃああぁ!私のジテツーの駐輪場はここで決まりだああぁっ!あ‥とはいえ駐輪場を利用するためには「三越で買い物をしないとダメ」なんて書いてあったら困ると思い、駐輪場の入り口側に掲げられていた「利用上の注意点」などを全部読みました。気合が入っているのでマジメです(笑)。

隅から隅まで読みましたが、全然問題無しですね。ここは単に「時間貸し駐輪場」に相当する施設だということです。つまり、コインパーキングってやつですね。これなら堂々と停めて大丈夫。ただし、注意点はあって、午前 1 時に出入り口を封鎖されてしまうのですが、午前 1 時を過ぎて出庫が翌日になるとペナルティー料金 1000 円が加算されます。また、駐輪設備は自動ロックが掛かる仕組みなのですが、それが電気式ゆえ「停電になると出庫ができない」とのこと。まぁ、さすがにそれは仕方ありませんが「急に雨が降ったから自転車を置いて帰ろう」というのは無理ということですね。

駐輪場入り口付近での駐輪
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/440 EV-0.3

東京勤務が始まってから、会社の近所を歩き回ったり、ネットで色々と探したりしましたが、堂々と停められる駐輪場にやっと出会いました。ただ、銀座 4 丁目となると会社から至近距離‥というわけには行きません(徒歩だと 30 分弱かかりました)。だけど、これだけちゃんとした駐輪場が 4 時間あたり 100 円で使えるというのですからタマリマセン。でも、どうしてこんな立派な駐輪場なのに利用者がそんなにいないのでしょう(いないから私は助かってるんですけど)。ましてや、駅から激しく遠い‥なんていう、普通の人にとって「使えない駐輪場」というわけでもないのに‥。

東京の中央区は自転車利用者が少ないのでは?という予想は立ちますが、必ずしもそれは当てはまらないと思います。なぜなら、東京駅周辺では、いわゆる放置自転車と呼ばれている「ところ構わず自転車が駐輪されてしまう」ことが結構大きな問題になっているからです。ま、それは東京駅周辺は駐輪できる場所が少な過ぎる‥が、一番の理由なんですが‥。なので、割合から言ったら少ないかもしれませんが、自転車に乗ってる人がほとんどいない‥なんてことは無いでしょう。現に駐輪場入り口の反対側には、私の OSSO と同じようなタイプの自転車がこうやって停められていましたし。

駐輪場入り口付近での駐輪‥夜も変わらず
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/3 EV-0.3

朝の時間帯だけ見て判断を下すのは早いと思い、帰りにも駐輪場の様子を見てみました。おっと、朝見た自転車はまだそのままです。残業の方ですね‥お仕事頑張ってください!で、この状況と、先日見た「東京駅周辺での放置自転車問題」の記事を読み返して理由が分かりました。撤去される自転車は、24 時間以上放置されたもの‥だそうです。だから、サッと停められるよい場所さえ見つけてしまえば、警告ステッカーが付けられて終わり。わざわざ金払うこともないじゃん‥と。逆に、三越の駐輪場は様々な状況が変わらない限りは「いつでも使える」状態にある‥といえる。てなわけで、会社からは少し距離があるので、よりよい場所を見つけるまでの駐輪場‥になりそうです。

ちなみに、個人的には「料金を払って駐輪場に停めないのはけしからん!」とか、「そこらに駐輪するのはけしからん!」というのとは「全く逆」に思っていますので‥。もちろん、場所をわきまえずに所構わず停めるのだけは勘弁‥ですが。むしろ、東京のような大都市こそ、もっと自転車が増えるような対策を実施しなければいけないのだ‥とさえ、思っています。しかし、いくら自転車で暮らしやすい街になったところで、サラリーマンの全員が自転車に乗るはずはないのだから、いくら東京は人が多いと言っても自転車が増えすぎて困る‥までは行かないでしょう。とにかく、自転車に対して小さすぎる街のキャパシティをもう少し改善して欲しい‥ということなのです。

駐輪場内部(朝 18:50 頃)
RICOH GX200 24mm ISO154 F2.9 1/23 EV-0.3

おっと‥自転車のことになると、つい熱くなってしまいましが、駐輪場の夜の状況を見ようと思ってやってきたのでした。結果はご覧のとおり。これは、19 時少し前の状況です。さすがに朝の時間に比べると増えてますが、この日の夜は全部で 31 台でした。もう全然大丈夫‥という感じでしょう。さらに、翌日の火曜日‥出社がたまたま昼頃だったので、月曜日に引き続き銀座三越の駐輪場を調査。お昼の時間帯は銀座三越に自転車で買い物に来ることができる主婦層がいる‥ということでしょう。全部で 52 台という状況でしたが、それでもまだ 4 分の 3 近くが空いているということになりますので、私がここを利用することに問題は無い感じです。

てなわけで、準備が整い次第、「ペダルをこいで東京勤務」な生活をスタートできそうです。これは本当に嬉しい。ついでに会社が私服勤務になると最高なんですが、それだけはさすがに変わらないだろうなぁ。少なくともここ数年で「私服で勤務していい」なんてならないでしょうね。でもね‥自分の机のところに一日中座って、コンピューターのあれこれを PC を使って色々やってるだけの仕事ですからね。スーツを着るメリットってゼロなんですよ‥。ま、そう言っても仕方がないので、着替えも背負って行くだけなんですが。そういや、私服時代も着替えは持ってましたので、靴が増える程度と言えるかも。私服と違って皺対策が何か必要そうなのは面倒なポイント‥ですが。

2012年10月20日 (土)
■ ちょい乗り休日

高島水際線公園にて
RICOH GX200 24mm ISO64 F4.1 1/760 EV+0.3

今日はカミさんが仕事があるというではありませんが、仕事があるのは午後の少しの時間とのことですが、ヨガをやりに行くというので少し早く出掛けました。私はコレといって用事は無かったのですが、家で仕事をして終わり‥というのももったいないと思い、白楽にある BROTURES にでも行ってみようと OSSO に乗って出掛けました。オジサンにはやや敷居の高いストリート系のお店でしたけど、まぁ、それなりに楽しめました。東京方面にはこの手のシングルに強い店舗も多いみたいなので、徐々に足を伸ばしてみたいところ。

その後、結局、myX と風魔にも行ったのですが、myX はともかく風魔は元町にあった時代のほうが魅力的な店舗だった気がするんだけど気のせいかな。そんなこんなしつつ、色々と回ってみようと思ったのですが、「単に写真を撮ろうとしていただけなのに ”自転車をそこに止めるな” と警備員に文句を言われる事件」が発生し、頭に来て帰宅しちゃったので、大した距離は走ってません。しかし、ホントに日本の自転車は地位が低いし、自転車に乗ってる人間はダメなのばかりで悲しい‥。私が生きているうちに少しはマシになるのだろうか。

などと、しょうもないことを考えながら帰路に着きました。帰り道はわざと通ったことも無いような道を選んだりして‥「へ~、ここに繋がってるんだ」‥なんていう発見もして面白かったですね‥。やはりみなさん!休日くらい、自転車に乗って近所にフラ~っと出掛けてみるのがいいですよ。とにかく適度な運動になって健康のためにいいし、今まで知らなかった新しい道を見つけるし‥。今日の延長で‥カミさんが休日出勤の時には、OSSO で都内に自転車散歩に出ますかね。それこそ、テキトーにあちこち曲がりながら走ったりしたら‥楽しくて仕方なさそうですから。

2012年10月19日 (金)
■ 犯人はお前だ!

IP アドレス一致で逮捕‥実は冤罪だった(2012 年 10 着き 19 日 読売新聞朝刊より)
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.8 1/79 EV-0.3

「この犯罪ね‥捜査の結果、あなたのパソコンから書き込まれたことがハッキリしたんだけどね、その意味分かる?」‥ある日突然、捜査令状(?)を突きつけられてこんなふうに言われたら(って、実際はどんなふうに言うんでしょうね)、あなたはどう思うでしょうか。全く身に覚えの無いことを言われているわけですから、「ちょ‥ちょっと待ってください。一体、何の話なのか全く分からないんですが」‥そう言うのがきっと精一杯でしょう。「分かった分かった‥詳しいことは警察で聞かせてもらおうか」‥なんて言われて連れ去られちゃうんでしょうか‥怖いですね。

そんな風にして事情聴取のために連れ去られて逮捕までされてしまったのに、「間違いでした‥いやぁ、ゴメン、ゴメン」なんていう事件が起きました。いわゆる、「誤認逮捕」とか「冤罪」っていうやつです。「IP アドレスが一致しただけで逮捕?バカだね~」‥なんて笑っている場合ではありません。誤認逮捕された人は、最後は容疑を認めて調書にサインしているというではないですか。いくらマトモな人間でも権力に捩じ伏せられると最後まで抵抗できずに嘘を言ってしまう‥。私自身、同じ立場になったら、同じ道を辿ってしまうんじゃないかと思います。

今はコンピューター無しでは成り立たない時代ですし、その仕組みに詳しくない人が利用するのが当たり前です。ですが、こういう問題がさらに増え、本人を認証する仕組みが高度になればなるほど‥怖い世の中になって行きますよね‥。今はまだ「ユーザー ID」と「パスワード」程度での識別ですけれど、それにしても「使ってるのオレなんだから言うこと聞けよ!」と言いたくなるくらい、コンピューター(というか人間が作ったプログラム)は「お前は誰だ?」と聞いてくる‥。ちなみに「生体認証だと安心」とか言う人いますけど、私はあれが一番怖いです。

サイバー犯罪‥ネット上で繰り広げられる犯罪は、かつては空想上の産物に過ぎなかったわけですが、この事件のように今ではごく当たり前の犯罪ですし、今後はもっと巧妙で大きな犯罪だって起きることでしょう。そんな時になって‥「犯人はお前だ!」と言われたら‥やっぱり、ちょっと想像するだけでも怖い問題です。私が私であることを何の疑いもなく自然に認識しているのに、他人は私を私と思ってくれない‥単なる他人と思われているうちは何でもないけど、何か特定の「よくないこと」と結び付けられちゃうというのは、やはり本当に怖い問題ですね。

2012年10月18日 (木)
■ グリーンライン

グリーンライン@日吉駅
RICOH GX200 24mm ISO154 F4.1 1/12 EV-0.3

ブルーラインとグリーンライン‥横浜市に 2 路線ある市営地下鉄の愛称です。グリーンラインは 2008 年の開通と、1972 年開通のブルーラインに比べると非常に新しい‥。ブルーラインにしてみれば、運行を開始してから 30 年以上経って突然愛称が付いたわけですが、1 路線時代は「地下鉄」と呼んでいれば済んでましたからね。というわけで、2 路線の今はブルーラインとグリーンライン‥カタカナ名称って何とも微妙な感じを受ける例が多い気がするのですが、単に「色の名前」を使ったシンプルなものなので私は好きですね。でも、3 路線目が出来たら何色にするんだろう?というあたりは考えちゃいますけど。

私の住んでいる港北ニュータウンは、この 2 路線が "X 字状" にクロスして走行し、両路線が重なる部分に「センター北」駅と「センター南」駅という港北ニュータウンの中心地がある‥そんな関係になっています。新しいほうのグリーンラインは、建設費を圧縮する目的で小さい車両が採用されたみたいなのですが、そのせいで朝夕の混雑時が結構すごいのです。都心に出るために利用している東急系の路線の場合、比較的すいている各駅停車に乗ればまだマシですが、グリーンラインではそういった小技を効かせることもできません。

乗車区間が短いことが幸いなのですが、この状態で東京付近まで我慢する‥となったらキツいですね。写真は一方の終点となる日吉駅。大方の人が地上方面に上がった後に撮ったものなので、人が少ないように見えますが、到着直後の混雑は酷いです。特に毎朝酷いなぁと感じるのが、出口の人が押し合ってしまって大変な状況なのに、座っている人‥特に出入り口の近くに座っている人が急いで立ち上がり、出口の押し合いをより酷いものにすることです。ほぼ毎朝、そういう人が目に付くのでガッカリ‥。せっかく愛称がステキなんだから、乗ってる人達ももっとステキならいいのになぁ‥と、いつも思ってしまいます。

2012年10月17日 (水)
■ 15mm

KTC MIRROR TOOL コンビネーションレンチ 13mm
RICOH GX200 35mm ISO64 F3.3 1/73 EV-0.3

「家から最寄の駅まで!」というチョイ乗りの自転車ではなく、「電車に乗らずに会社まで!」のようにそれなりの距離を走る本来の自転車通勤をやろうとする人が、遅かれ早かれ遭遇するトラブルのひとつとしてパンクがあると思います。アレ‥実際に遭遇すると結構ガッカリするんですよね。でも、自転車通勤においてパンクに遭遇するかしないかは、自転車通勤の経験が短いか豊富かによっても結構違うんじゃないかと思っています。

もちろん、私も自転車に関する色々な経験が豊富になると、パンクに遭う確率が格段に下がって行きました。とはいえ、パンクしにくくなったのは、パンクしにくいタイヤを履くようになった‥ということもありそうですけど(もしかして最大の理由?)。まだ再開していませんが、東京ジテツーの友となるシングルバイク(名前つけなくちゃ)はどちらかといえばパンクしやすいほうかも‥。で、通勤中にパンクすることがあれば、当然、その場で修理になります。

その新しい自転車‥シングル系の特徴とも言えるのですが、今まで乗ってきた自転車のように工具無しでホイールを外すことができません。ですので、自転車通勤を再開するためにはホイールを固定している 15mm のナットを外したり留めたりするレンチが必要です。うちにあったような‥と、思って探してみたら残念ながら 13mm でした。となると、15mm レンチも買わねば。定番となれば SURLY の Jethro Tule だけど、ここは敢えて違うものを用意したいところ。

2012年10月16日 (火)
■ 変速ナシ!

シングルスピード
RICOH GX200 28mm ISO130 F3.8 1/32 EV-0.3

相変わらず自転車の話題続きです‥。いや、ホント‥久しぶりに「自転車に乗りたい!」って思っているものですから、大人になってしばらく経ってから自転車に乗ったときのような「自転車ってこんなに面白かったっけ?」的な思いが溢れているのです。もうそろそろ 15 年くらい前のことになるでしょうか。自転車通勤を始めた頃に久しぶりに自転車に乗って感動(?)したことは、上り坂を思いっきり感じる‥ということだったと思います。大人になるにつけ、機械まかせになる割合が高くなってましたから、自分の力だけが頼り‥っていうのが懐かしかった。

それが、小学生以来自転車に再びハマるキッカケだったのですが、何年も自転車通勤をしているうちに「普通の感覚」になってしまったと思います。それはそれで仕方ないと思いますが、その時のような「昔懐かしい雰囲気」を最近また感じているわけです。それが先日新たに買ったシングルスピードの自転車‥というわけです。何が懐かしくて感激しているかというと、自転車に変速機構が一切ついていないこと‥なのです。たとえ 5 段変だったとはいえ、小学生の頃には変速機付きの自転車に乗ってたので、変速機無しなんていうのはもっと昔のこと。

そんな「補助輪取れたて」くらい古い頃の感覚がもしかしたら蘇っているんじゃないかと思うのがシングルスピードの自転車。それでも Cross×Check は 2 段変速と、現代のスペックからすれば「信じられないほど古臭い」ものですが、シングルスピードとなると古臭いのレベルが違う感じです。機会があったらシングルスピードも乗ってみたい‥っていうのは結構な昔から思っていましたけど、やはり実際に体験してみるのとそうで無いのとはギャップが大きすぎます。

2012年10月15日 (月)
■ DOSUN S1

DOSUN S1 delux
RICOH GX200 28mm ISO80 F3.4 1/32 EV-0.3

昨日はテールライトを買ってきた‥という話題でした。今日は後ろの話ではなくて、前のハナシ。自転車用の LED ライトが出る前は、ライトと言えばいわゆる「豆電球」を光らせるタイプでした。私も随分と長い間、AA(単三電池)を 2 本入れるマグライトを愛用しましたが、豆電球のフィラメントと自転車の振動の相性は悪く、しょっちゅう球切れを起こしたものです。その後、LED ライトが出てきたわけですが、割と初期の頃から LED ライトを利用し始めました。

初期の LED ライトは「無いよりはマシ」程度の明るさではありましたが、電池の持ちがよいことと、フィラメント切れのようなトラブルが少ないことが良かった点ですね。その頃から何年経ったでしょうか。今では LED ライトも非常に明るくなってきましたし、以前からは考えられないような小型のものが恐ろしいほどの光を放つようになりました。私の SURLY に装備していた ANTAREX NRX-25 でさえも、今ではひと世代古くなってしまった感がありますしね。

で、実は、SURLY のライトを新しくしようと思って、少し前に買っておいたライトが写真のものです。DOSUN S1 Delux というライトでして、AA 2 本‥つまり、昔使っていたマグライトと同じ電源なのに、その頃のマグライトとは比べ物にならない強烈な光を放ちます。これをジテツー東京版が始まった暁には利用しようと思っています。が、気に入らないのが自転車へのライトの取り付け方法。ライト本体がよくなっても、取り付け方法は昔のままで変わりません‥。

私もやっとシングルバイカーズの仲間入りを果たしたばかりですが、シングルバイカーズは自転車に余計なものがくっついているのが大嫌い‥。それはライトを装着する台座だって同じことなのです。だから、台座込みで脱着の簡単な明るいライトがあれば‥。待てよ?これはビジネスチャンスってやつですね。自転車ライト製作で脱サラですか!‥って、「お願いだから止めて頂戴」と言われて終わりですか‥。アイデアあげるから、誰か作ってくれませんかね?

2012年10月14日 (日)
■ RAPID 1

CAT EYE RAPID 1 (TL-LD611-R)
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/32 EV-0.3

「よしっ、明日からついにジテツー再開っ!」‥ということにはなっていませんが、いつでも再開できるようにと少しずつ準備は進めています。とはいえ、今日はジテツー再開のため‥というよりは、単に自転車を楽しむためということで、二子新地にある Above Bike Store に行ってきました。今日はカミさんと二子玉川に行って、徒歩で橋を渡って川崎側に戻ってきたのですが、このお店はいるだけで楽しいですねー。とにかく衝動買いしそうなパーツが色々あったのですが‥我慢して帰ってきました。今度はちゃんと買いますから。

二子玉川のガーデンアイランドに戻ってきて、Y's ROAD も一回りして帰ってきたのですが、CATEYE の RAPID 1(TL-LD611-R)とサドル用ブラケットの RM-1 を買ってきました‥と、しまった!Above Bike Store に置いてあったかどうかを確認し忘れました。あったら買ってきたのに‥(でも、こんなのは置いてないかな)。とりあえずジテツーを再開したら、ライト類は確実に必要なものなのですが、なかなかカッコいいものがありません。シングルのシンプルなバイクには余計な装備を付けたくないので余計にモノを選びます。

でも‥今の時点で色々な難しい条件をクリアするのって、こいつ以外には無いのかも‥。特にポイントが高いのが、サドルのレールにテールライトを装着可能にする RM-1 というブラケットなのですが、こいつを使うとテールライトはほとんどサドルに隠れるはずです。そうやって目立たないながらに仕事はキッチリとこなす‥。それがあくまでも理想なんですけど、本当にそうなってくれるかなぁ。本当のことを言うと、CATEYE はボロ過ぎて使う気にならない‥ですが、その汚名はすでに返上している‥はず。

2012年10月13日 (土)
■ マジメに自転車通勤

こんな風に通勤できたら
RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/203 EV-0.3

「毎日じゃなくてもいいから、天気のいい日に自転車通勤ができたら」‥勤務地が都内に変更になるって分かってから、ずっと思い続けていたこと‥。都内勤務が始まってから、もう少しで丸 5 ヶ月が経過することになります。残念ながらまだ思いを実践に移せていないですが、模擬ジテツーもやってみたし、ジテツー用の新車も手に入れたし、少しずつ自転車通勤再開への道を歩めていると思います。都内勤務になる前は、自転車通勤にとって最高の環境にいたと言ってもいいのだけれど、それが最低の環境に変わってしまったわけで、このギャップは大きいです。

そうは言っても実際に自転車通勤が再開できたら、意外と悪くないのかもしれません。休日に実施した模擬ジテツーなので、平日の交通量とはだいぶ違うかもしれないけれど、少なくとも想定している自転車通勤ルートは比較的走りやすい場所が多いと思います。それに何と言っても私が自転車通勤を始めた頃に比べれば、自転車の地位は圧倒的に高まっており、理解する人が増えたと言えるでしょう。まぁ、逆に問題となっている事項も増えてはいますけど‥。いずれにしても、今はジテツーがとてもやりやすい状況に変わってきていると言えます。

最大の問題は駐輪場なのだ‥というのは、最近ずっと書き続けていることですが、それだけは相変わらず解決できていません。駐輪場確保はもう諦めて、なるべく邪魔にならない場所に駐輪(放置じゃないよ!)するしかないのか?そう思い始めてはいるけれど、やっぱりそれはやりたくないのです。そう思って色々と調べていたら‥東京都中央区の区立駐輪場(利用制限がキツいけど何と無料なんですよ!)の利用率が低いという資料を中央区のサイトで見つけてしまったのです。今時、無料っていうのもオドロキですが、空きがあって使われていないとはもったいなさすぎですよね。

ということで、中央区の区民ではありませんけども、中央区のホームページから「区長への手紙」(E メール君‥っていう名前がアレですが)を送っちゃいました。公開したところで何かが変わるとも思えませんけども、以下が全文です。(別途、氏名等の情報も送ってます。オフザケじゃないので。)

区立駐輪場の有料利用について

矢田 中央区長殿

今年の半ばに勤務地が神奈川県内から中央区内に移った者です。

従来から続けている自転車通勤を継続したく、正規に止められる場所を探し続けておりますが、残念ながらなかなか見つかりません。駐輪場を探す中で、中央区立駐輪場を見つけたのですが、利用規定に合わない(区内への勤務のために区外から自転車で来る人の利用は認められていない)ため、利用申請を諦めざるを得ない状況でした。

しかし、区立駐輪場には利用率がかなり低い場所があることを中央区が公開している資料(自転車利用の現状と課題)にて知りました。使用料を払ってでも駐輪場を利用したいと思っている者にとって、東京の一等地にある無料の駐輪場に空きがあるという状況は信じられませんでした。

公共施設の有効利用の観点、また、中央区は自転車利用推進にも積極的であること(逆かと勘違いしておりましたので、多くの資料を見て驚きました。)を鑑みて、そのような利用効率の低い駐輪場の活用をもっと推進すべきと考えます。

個人的な考えではありますが、駐輪場の利用は民間の施設と同様に有料でかまわないと思います。放置自転車といわれるような止め方を減らす意味でも、空いている駐輪場の利用をどうかご検討ください。

末筆ではございますが、よろしくお願いいたします。

「おお、ではどうぞお使いください!」‥なんてオチになることは絶対に無いでしょうけど、マジメに自転車通勤したいので、駐輪もちゃんとしたいのです。一番いいのは会社に駐輪場があるということなんだけど、今はありません。敷地にあるダダっ広い場所を駐輪可能にしたところで自転車で溢れ返るはずもない立地なので、自転車置き場にして欲しいのですけど、マジメにそんなこと会社に掛け合ったらクビになっちゃうかもしれないからなぁ(笑)。さてさて、とりあえず中央区からはどんな回答が返ってきますやら‥あまり期待せずに待つことにします。

で、他にも色々と探していたら、何と銀座三越(!)に立派な駐輪場があるということを知りました。しかも、驚いたことに 4 時間 100 円(最初の 2 時間は無料)というではありませんか。場所が場所だけに 192 台分しかないそうですが、「自転車をとめるくらいで金を払うなんて」‥という前時代的な人間が多ければ、私にも利用できるチャンスがあるってものです。出勤途中に確認することが可能だと思うので、寄り道して覗いてこようと思います。

2012年10月12日 (金)
■ 冬の家

姫様‥器用ですね
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/28 EV-0.3

今週は月曜日が祝日だったので、金曜日になるのが早い感じがしますね‥何も変わっちゃいないのに。それにしても、ハッピーマンデー法だか何だか知りませんけど、「第×月曜日が祝日」っていうタイプの祝日に変わってからというもの、「今日はそもそも何の祝日だっけ?」と思うことが増えたと思うのですが‥。今年は、10 月 8 日が「体育の日」っていうのもピンと来ないものなぁ。ま、若い人には「体育の日」の意味すらピンと来ないだろうけど。

昨日も話題にしましたけど、日中はともかく朝晩はだいぶ涼しくなってきました。ウチはリビングが南東に面しているので、午前中の間がとても明るいのですが、もう少しすると陽射しの暖かさがとても有難く感じるようになるはずです(今はまだちょっと暑く感じることも‥)。夏の間は涼しいところに入り浸っている姫も、もう少しすると日向で寝ころがるようになるでしょう‥(猫か!)。そんな感じになってきたので、冬用の寝床を出してあげました。

あまりデカいのも寒々しいかと思って、若干小さめのものを買った(とはいえ、そんなに丁度よいサイズはない)のですが、ホントに寒くなる頃は丸まって入るとピッタリの感じです。今はまだそこまで寒くないので、こんな感じに「手は家の外」‥と、器用に寝てます。それはそうと、もう腕がボサボサ感いっぱいだなぁ‥。雑なトリミングなんで当たり前なんだけど、久しぶりに JOKER にでも行ってプロの技を見てくるかぁ。シュナがいないと面白くないんだけどね。

2012年10月11日 (木)
■ 焚き火

焚き火
RICOH GX200 50mm ISO154 F3.5 1/3 EV-0.3

つい最近まで「毎日、暑いなぁ~」‥なんて思っていたような気もしますが、気が付いてみれば朝晩は寒いくらいになってきましたよね。それでも朝の姫の散歩は T シャツと短パンですし(少し寒い)、会社に行くのも上着無しで過ごしています。これくらいの気候だと、自転車通勤もホントに楽チンでいいのですけど、相変わらず「ここだっ!」の自転車置き場が見つかりません。休みの日を使って再び模擬ジテツー+置き場探しするしかないでしょうか。

ところで寒いくらいになってくると、自転車通勤もさることながら、焚き火がものすごくやりたくなってきます。ちょっと前はまだ「キャンプに行きたいっ!」と思う元気が出なかったのですが、さすがに少しは元気になってきたのでしょう。それとも寒くなってきたので単に焚き火が恋しくなってきたのかもしれません。とにかく焚き火をしてのんびりしたいと思うようになってきたのです。ということで、昨年の秋キャンプの写真から持ってきたのが今日の写真。

ああ‥何だか暖かさが伝わってくるようですね。カミさんも仕事が忙しい感じなので、2 泊でキャンプに行くというのはさすがに無理そうですが、土日の 1 泊でいいので秋キャンプに行きたいですねぇ‥。食事も丸鶏と干物くらいの簡単メニューにして、とにかく持ち物を最小限に抑える‥と。そうすれば設営も撤収も短時間で済みますから、1 泊でもそこそこ充実した「焚き火ライフ」を過ごせるんじゃないかと思うのですが。いや‥ホントに行きたくなってきましたよ。

2012年10月10日 (水)
■ 何が違うの?

玄関の自転車置き場
RICOH GX200 24mm ISO154 F2.9 1/3 EV-0.3

毎日のように自転車の話題続きですみません。たかが自転車とはいえ、そんなに値の張るものではないとはいえ、新車を手に入れるというのはとても嬉しいものです。そんなに‥とは言っても、自転車を買うならホームセンターでとにかく安いものを!と、思っている人にはオドロキの 66,500 円(現金特価)です。一方、自転車(特にロード系)に本格的にハマっちゃって‥という人にとっては安物レベルの自転車‥そんな微妙な価格帯の自転車かと思います。

とはいえ買った本人はとても嬉しいわけでして、昨年の 4 月に MR-4F を売り飛ばして以来、空き状態になっていた玄関のラックに OSSO が収まったのも嬉しいことなのです。本人はコレを見てニヤニヤしているわけですが、娘らもカミさんも「何が違うわけ?」という感じでとても冷たい‥(泣)。まぁ、自転車にさほど興味が無い人にとっては「色がちょっと違う?」くらいの感じなんでしょうね。じゃ、もう少し違いがハッキリするように改造しましょうか?(笑)

そうは言ってもこの 2 台は走る場所によって使い分けることになるわけでして‥。OSSO は舗装路スプリンター(あくまでもイメージですが‥)として、細いタイヤ・ドロップハンドルを基本にして行きます。一方、SURLY のほうは道路を選ばないということで、太目のブロックタイヤ・ブルホーンを基本にして行きます。そういうわけで、私にとってはこの 2 台が全く別の用途のために存在している‥なのですが、やっぱりそれは「よくわからない違い」でしょうかね‥。

2012年10月09日 (火)
■ 東京スカイツリー

厩橋より東京スカイツリーを望む
RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/620 EV-0.3

自転車で柏から横浜まで走ってきた一昨日の話です。柏から東京までは、国道 6 号線を忠実にトレースしてきましたので、東京スカイツリーのすぐ近くを走るコースになります。もともと、この付近の地理には今ひとつ馴染みが無いもので、国道 6 号線がどのあたりを通っているのかピンと来ませんでしたし、東京スカイツリーがどのあたりに立っているか‥なんていうことも今ひとつピンと来ないものがありました。もちろん、東京スカイツリー自体を遠くから眺めたことはありましたけども。

そんなわけで、日曜日は「おのぼりさん」状態になってスカイツリーの近くを通ってきたのです。さすがに間近で見るスカイツリーは見上げると首が痛くなるほど。せっかく近くを通ったのだから、自転車とスカイツリーのツーショットも撮っておこう!そう思って、厩橋の上から撮ったのが今日の写真です。この後、帰宅する途中で東京タワーの真横を通過するわけですが、やっぱり迫力は比べ物にならないですね。まぁ、昭和生まれのおじさんとしましては、東京タワーのほうが何となく親しみが沸くのですが。

ちなみにこの写真‥自転車自体に何も気を使ってなくていけません。この後、それに気づいたのが日曜日の写真でして、この写真と比べるとクランクの位置に気を使っている(でもタイヤの向きがダメだったりするのですが‥)ことが分かるかもしれません。で、私が言うのもアレですが、この自転車は写真で見てもとても美しく、都市の景観によくマッチするように思います。それこそ、こいつで自転車通勤が再開できた折には、ときどき街の風景と一緒に写真に収めてやりたいものですね‥。楽しみだなぁ。

2012年10月08日 (月)
■ チーズたこ焼き

チーズたこ焼き
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/26 EV-0.3

今日は三連休の最終日。みなさん、あこちこに出掛けているせいか、心なしかうちの近所は空いている感じがしますね。わが家の三連休はどこかへ出掛けるでもなく、初日は自宅でダラダラ、中日はカミさんが同窓会に行って、私が自転車を買いに行って‥そんな感じでした。で、最終日の今日‥。最終日だからこそウチでウダウダ‥でした。とはいえ、今日は姫をシャンプーせねばいけないこともあって、午前中は汚れてもいい場所にお出掛け。

いやね‥ここしばらく行ってなかった場所へ散歩に行っただけなのですが‥。でも、以前は毎週出掛けていた場所のせいか、姫はいつになく活発に歩き回っていたのでよかったのです。散歩から帰ってきたら姫はそのままお風呂に直行。お風呂から出た姫を乾かして掃除機を掛けたら、とりあえず「今日やらなくてはならないこと」が終わり!連休最終日‥あとはダラダラ過ごせばいいとはいえ、何もないのはそれはそれでつまらないのです。

「じゃあ、昼飲みでもするか!」ということで、買い物を済ませたら真昼間から飲んだくれることに決定!昼食を兼ねる企画ゆえ、メニューは全てカミさんに任せてまずはお買い物。結局、昼ごはん開始は 15 時と遅くなってしまったのですが、連休最終日を楽しく過ごすことができました。で、今日の写真は「昼飲み」のつまみの一品である「チーズたこ焼き」です。これ‥私が学生時代に入り浸っていた店でよく食べたのですが、今でも時々こうやって楽しんでます。と、カミさんの名誉のために付け加えると、今日の中では一番手が掛かってないもの‥です。

2012年10月07日 (日)
■ で、買っちゃった‥

OSSO 7001 CX@丸の内
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/64 EV-0.3

昨日話題にした OSSO 7001 CX ですが‥実は、千葉県柏市にある「橋輪」さんに現物があるらしい‥しかも、サンプル車だったのでお安くしまっせ!というではありませんか。ああ、こりゃ買い!だな‥とは思ったのですが、メールでやり取りしたところ「520mm サイズだから現物に実際に跨ってみては?」というではありませんか。そりゃそうなんだけど、見たら買っちゃうよ‥と。どのみち買っちゃうのでどっちでもいいけど。今日はカミさんがお出掛けなのをいいことに、柏まで行ってきました。しかし、天気が微妙‥せめて帰りまでに道路が乾いて欲しい。

実は柏は私が横浜に来る前まで住んでいたところ‥幼稚園に入る前なので記憶はおぼろげですが、とにかく柏にいたのは事実。だもので、個人的には見知らぬ土地ではなくて半分地元‥みたいな感覚ではあるのです。だもので、橋輪さんが柏にあるのも何かの縁に違いないっ!で、お店に行って‥吊るしてある CX が目に入ったら「ああ、これはオレのバイクだ」と、見た瞬間に自分が乗るのだ‥と、思い込んでしまいました。隣には FUJI×TOMATO Low Pro Ver.2 っていう、さらにググッと来るモデルもあったのだけれども、ここまでキレイすぎると絶対に路駐はムリ。まぁ、それを言ったら CX だってちょっと‥だけどさ。

ただ、クローム仕上げのフレームはちょいと頑丈だから都会の厳しい環境にも耐え抜いてくれるんじゃないか‥が、私の期待するところ。というわけでお買い上げ!「車ですか?」と聞かれたのですが、「いえいえ、走って横浜まで帰ります」と宣言して、実際に走って帰ってきました。もちろん国道 6 号線は初めてだったのですが、全体的に道幅が狭い感じなので、渋滞したら大変でしょうね。あと、四つ木橋の手前の分岐‥あそこどう走っていいのか分かりません!後ろから来る車が 6 号側に行く車ばかりだったので、直接 6 号側に入ったら影から警官出てくるし‥。

せっかくなので、帰りは丸の内を通って丸の内パークインの自転車置き場(24 時間 300 円)を視察してきました。台数はそんなに無いしお世辞にも素晴らしい!と言える内容ではないけれど、確実に止められるならアリかもしれませんね。でも、そのためにはよほど早い時間に家を出なければならないでしょうねぇ。あとは、丸の内からだと会社まで歩いて行くのはちと遠いのが難点‥。ううむ‥もう少し会社に近いところに、この手のお金払って堂々と止められる場所が欲しいのですが‥。やっぱりバラして自分の席まで運ぶ‥という結論になっちゃうのかしら!?

2012年10月06日 (土)
■ OSSO 7001 CX

OSSO 7001 CX
RICOH GX200 50mm ISO154 F3.5 1/21 EV-0.3

先週の土曜日に都内の会社までの「模擬ジテツー」を試して以来、いつから都内へのジテツーを始めようか‥と、ずっと画策しています。一番大きな問題は、自転車置き場を見つけることなのですが、会社の近くにはそういう施設が全く無いのです。私としては、お金を払ってでもちゃんとした場所に止めたいのですが、残念ながら会社の近くではまだ発見に至っていません。なので、自転車を駐輪場に置いて、そこからさらに電車で会社に向かう‥という方法も視野に入れながら、色々と探しています。ま、最近はネットが発達しているので、実際に行って探す‥という面倒さが無くて楽ですが。

私と同じように「都内に自転車通勤したい!」という人は結構多く、みなさんも同じ問題を抱えていらっしゃいますね。でも、結局は色々と工夫されながら何とか自転車通勤を実践されている人も多い。今日も色々と調べていて唸ってしまったのは、輪行袋に入れて会社の自席まで持って行っちゃう‥というもの。面倒くさいのは事実だけど、外に止めておいてイタズラされたりするリスクがゼロになることを考えると、究極の方法かもしれません。もうひとつの問題は着替えですが、最近、会社のトイレが順次新しくなっており、その新しいタイプのトイレは従来のタイプに比べると着替えがもの凄く楽にできそうです。

あとは‥通勤用自転車。外に止めるならシングルギアのあまり高くないものを‥と思って、GIANT FIXER R なんかに目をつけていたのですが、毎回バラすことを考えてもシングルギアのほうが楽かもしれませんね。ま、それは今日気づいたわけですが。で、比較的価格の低めなシングルを色々と探していて見つけたのがこいつ。OSSO 7001 CX というバイクで、メッキのフレームが美しいです。私が大学時代に初めて買った本格的なバイクもメッキフレームだったのですが、今は手放してしまったそのバイクを思い出していい感じです。なのでうすが‥このバイクは 2011 年のモデルで、今はもう作られていないモデルなのでした。

2012年10月05日 (金)
■ もっと駐輪場所を!

駐輪禁止タグ
RICOH GX200 72mm ISO154 F4.4 1/26 EV-0.3

今日は久しぶりの自宅勤務。夕方からカミさんと共に高校の友人と会って飲むので、早めの時間に仕事は切り上げです。先週まではカミさんがお弁当を作ってくれていたので、自宅勤務でも昼はお弁当を食べていたのですが、今日はナシ。なので、これまた久しぶりにラーメン。今日はセンター北の北郎へ‥これまた久しぶり。何だか今日はイマイチな感じだったなぁと、ちょっと残念な気持ちで店の外に出たら‥店の前に止めていた自転車にこんなものが。

通勤・通学のために駅まで自転車で行く人が駅の近くに自転車を置き、それが歩道等を塞ぐような量にまでなったことから、この手の対策が行われるようになりました。が、私はこの自転車締め出しには基本的に反対です。自転車をもっと自由に活用する観点からも、自転車の駐輪場所として活用できるほどに歩道を広げ、自転車を置くための簡易な設備を作る‥そうして、人が集まる街中こそ、もっと自転車を活用しやすい工夫をすべきだと思うのです。

自動車ではなくて自転車で行こう!と思わせるためには、自動車に対する自転車のアドバンテージが必要です。そのひとつが「自動車よりもずっと便利な駐輪場」にあると思います。それなのに逆に駅の周辺から自転車を単に締め出すだけのことを昔から延々と繰り返している。止めてはいけない場所を増やすのではなく、止められる場所を増やさなければいけないのです。自動車の駐車場と同じ場所に駐輪場があるくらいでは少なすぎでダメです。

2012年10月04日 (木)
■ 悪いのは人間

自転車摘発5割増(2012/10/04 読売新聞夕刊より)
RICOH GX200 50mm ISO154 F3.5 1/48 EV0

自転車の話題が続いているのは、たまたまなのですが‥。そろそろ本当に自転車通勤を再開したいのだ‥という気持ちの表れなのかもしれません。今日も夕刊のトップにこんな記事が載っていたので、ついつい読み込んでしまいました。何でも昨年の 10 月に打ち出した「自転車総合対策」の結果、違反者の摘発が 5 割増になった‥のだとか。これ、気をつけなければいけないのは、違反者が増えているのもあるでしょうが、警察が摘発に積極的になった‥ということを示している数字に過ぎないという部分です。

つまり、今まで「見て見ぬフリをしてきた」悪い自転車の乗り方について、「見て見ぬフリを止め始めた」だけに過ぎないということです。この記事はさらに、摘発を増やしたのに事故が大幅に減っていない‥ということを述べています。当たり前じゃないですか!日本は 30 年以上に渡って自転車を一人前の車両として扱わず、歩行者とも車両ともどっちつかずの地位に貶めてしまったのですから。それがたった一年で劇的に変わるわけはないのです。しかし、諦めて今の状況を受け入れるのではなく、よりよい状況に変えなければなりません。

そのために一番やって欲しいこと‥。それにはまず、警察官の自転車が歩道通行をやめること。自動車と同様に反則金制度を適用できるようにして、信号無視等の道路交通法違反をバンバン摘発すること。歩道上に自転車走行レーンを作るのをやめること。この三つです。自転車は車両ですので、とにかく車道を走る本来の姿に戻すことが事故の減少に結びつきます。もちろん自転車側だけの対応だけでなく、自動車ドライバー側の教育も必要です。「自転車が怖い」と思う運転をしているドライバーは、弱者保護の基本が出来ていないのです。

とにかく、「自転車が悪い」のではなく、「自動車が悪い」のでもありません。自転車に乗るのも自動車に乗るのも、どちらも同じ人間なのです。もしも悪いものがあるとしたら、それは人間なのです。交通社会に生きる我々が目指すことは、事故のない交通社会です。事故をゼロにするのはなかなか難しいとしても、事故を減らす努力は必要なのです。何とか 30 年掛けずに、おかしくなってしまった日本の自転車環境をよい方向に持って行こうではありませんか。

2012年10月03日 (水)
■ 放置じゃなく駐輪

歩道上に自転車
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.4 1/84 EV-0.3

会社の事業所統廃合に伴って、今年の 5 月末から東京都内へ通勤するようになった‥というのは何度も書いているとおりです。でも、よくよく考えてみたら、会社に入って最初のほうの 3 年弱くらい、今の場所ではありませんが都内へ通勤していたことを思い出しました。でも、その頃は当然若かったですし、自転車に対する経験も知識も今のようにあったわけでは無いので、当時の自転車事情は全く覚えていませんし分かりません。

とはいえ、特に自転車通勤というものが注目されるようになったのは、私が自転車通勤を始めた十数年くらい前のことですので、当時は自転車に乗って会社に行く人は今よりも少なかったと思います。でも、ここ最近は自転車そのものがブームとまで言われるようになり、昨年の震災でも自転車が見直されたこともあって、都内を自転車で移動する人の絶対量も増えていると思うのです。それなのに、自転車を止める場所はさほど変わってないように思います。

止める場所が無いので、結局はこういうことになってしまうのですね。あまり褒められたことではありませんけど、こうする以外に無いのが都内の自転車事情なのかもしれません。自転車に乗らない生活をしている人ほど、これを「放置自転車」などと呼びますが、別に放置しているわけではなくて仕方なく駐輪しているだけなのです。でも、これからは逆転の発想で、自転車をさらに活用してもらうべく、よほど狭い場所でも無い限り駐輪場にしちゃえばいいと思います。

2012年10月02日 (火)
■ GIANT FIXER R

GIANT FIXER R
RICOH GX200 50mm ISO154 F3.5 1/24 EV+1.3

今日はカミさんが都内まで仕事に出るというので、途中まで一緒に行きました。電車に乗った時間は昨日とほぼ同じなのですが、今朝の地下鉄の混雑ぶりは半端では無かったですね。東急のように急行がある路線であれば、ギュウギュウに混雑する急行には乗らずに各駅停車に乗るようにしているのですが、全部が各駅停車の地下鉄の場合、どれに乗っても同じように混んでいるので、こちらの工夫で何とかするわけには行きません。もちろん、時差通勤にすればいいのですが。

というわけで、今日もまた「自転車で通勤したいなぁ‥」と思いながら電車通勤することになってしまいました。それというのも、先週の土曜日に「試しに会社まで自転車で行ってみよう」が、思ったより普通に行けてしまったので、その気になればいつでも行ける!と思ってしまったことにあります。とはいえ、都内通勤の場合は自転車置き場と着替える場所の問題が切実です‥。それでも、土曜日と平日で落差が大きいといけないので、今日はいつもの隣の駅で降りて道路状況を確認しつつ歩いてみました。

そうしたら‥驚いたことに道路は混んでいないのです。うちから都内に入るあたりまでが混んでる程度で、都内に入った後は意外と混んでないとか‥もちろん、私の通勤コースの話ですが。これはもうシングルスピードの軽い自転車を買って、とにかく行くしかないかも‥と、言い出す始末です。新しいのを買わなくてもいいじゃない?‥なのですが、買っちまったら後戻りできない!‥とか。単に新しい自転車を買いたい言い訳でしょ‥などと言わないように。きっとそのとおりなんですから(笑)。