14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年01月31日 (木)
■ CP+2013

CP+2013 SIGMA ブース
SIGMA DP1x 28mm ISO200 F4.0 1/40 EV+0.3

今日の夜はカミさんと一緒に高校時代の友人と飲みに行くことになっていました。場所は最近のお気に入りになっている「ど根性ホルモン」に 19 時集合という予定。そういや今日はパシフィコ横浜で開催される CP+ 2013(シーピープラス 2013)の初日なんですよね‥じゃあ、CP+ でカメラ見て、その足で高島町に行けばいいやと休暇を取ってしまいました。とはいえ、今日の午前中はプレミアチケットを持っている人のみなので、入れるのは昼から‥。

では午前中は自宅で少し仕事を‥と、やっていたのが例によってハマってしまい、会場に到着したのは 15 時です。そこから約 2 時間ほど‥ほとんどの時間は SIGMA のブースで過ごしたでしょうか。他社のブースも少しは見て回りましたけど、これと言って興味の沸くものがありません。噂のなかった RICOH に密かに期待していたのだけれども、今回は何も無し‥という感じで寂しかったですね。OLYMPUS のブースで XZ-2 の弟だか妹だかに相当するらしい XZ-10 は触ってきたけど、それ以外の他社カメラには手も触れず‥(笑)。

パシフィコからランドマークタワー
SIGMA DP1x 28mm ISO100 F4.0 1/160 EV0

てなわけで、時間いっぱいまで‥とは言っても短時間の CP+ を楽しんだ後は、待ち合わせの 19 時まで暇つぶしをしなければなりません。とりあえず会場を出たら空がキレイだったのでパチリ‥。このあと、みなとみらいエリアをブラブラと歩きながら、変わり行く空の色を何枚か写真に撮りました。さすがに暗いところでの写真なのでブレまくり‥の悲しい出来ばかり。せめて一脚くらいは持ち歩かないとダメですね‥って、持ってないけど。

2013年01月30日 (水)
■ 1月300km

朝の銀座三越横(築地方面を望む)
RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/870 EV-0.3

昨日に引き続き自転車通勤ができたので、今日は 2013 年東京自転車生活の 6 日目、走行 300km(通算 16 日目、800km)です。明日は休暇なので、2013 年 1 月の自転車通勤は 6 回、300km で確定。1 月は正月休みがあったり、特に今年は成人の日の雪の影響が長引いたりと、自転車通勤そのもののチャンスが少なかったので、この程度の距離でも仕方ないとは思います。でも‥せめてあと 2 日は乗りたかったなぁというのが正直な感想です。

まぁ、まだ先は長いですから、自転車なんて嫌というほど乗れることでしょう(笑)。とりあえず 1 月最後の自転車通勤は‥昨日もそうだったのですが、今日も非常に天気のよい 1 日でした。天気がよいというだけでなく、今日は気温もかなり上がったそうで、何でも 3 月上旬並とか何とか‥。冬至から 1 月経ちましたし、日差しの力強さを感じたほどですが、天気のよい日は今日くらいの気温が自転車通勤にはベストだと私は思いますね。

朝の銀座三越横(日比谷方面を望む)
RICOH GX200 35mm ISO64 F6.5 1/500 EV-0.3

というわけで、その天気のよさを感じる「銀座三越」横での写真。上の写真は晴海通りの三越横から築地方面を見たもの。太陽に向かって走る区間は少ないのですが、ゴール地点はこんな感じで眩しいです。下の写真は同じ場所で銀座 4 丁目交差点側に振り返ったもの。朝は新橋方面から来るので写真の左側からやって来るのですが、帰りは日比谷公園の脇を通るので、この写真の奥に向かって晴海通りを走っていく感じです。だいぶこの風景も見慣れた感じがしますね。

2013年01月29日 (火)
■ 富士山のある風景

丸子橋から富士山
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/810 EV-0.3

私が横浜で暮らすようになったのは、もう何十年前のことでしょう。幼稚園に行くか行かないかといった年のころなので、もうホントに昔の話です。そこは今でも私の実家で、有難いことに両親とも健在で暮らしています。その実家から富士山が見えたのですが、それは今も変わらず見えています。つまり、そうして私は小さな頃から毎日のように富士山を眺めて生活していました。だからなのだと思いますが、富士山が見える景色というのを見ると何とも言えない嬉しさを感じますし、何となく心が落ち着く気がします。

結婚して実家を出てからは残念なことに「富士山が見える家」には住めていないので、家にいながらにして富士山を堪能‥というわけには行きません。そのせいなのか、富士山が見えると以前よりも余計に嬉しくなる気がするのですよね‥。昨年の春まで通勤していたオフィスは自宅よりも南西側にあったので、自転車通勤の最中に「富士見スポット」が何ヶ所もあって自転車の日はとても楽しめました。しかし、今は逆に北東側にオフィスが位置しているので、進行方向に富士山が見えた!ということはありません。

進行方向か否かによらず今の自転車通勤ルートには富士見スポットが基本的に存在しないと思いますが、皆無というわけではなくて少なくとも一ヶ所はあります。それが今日の写真。これは丸子橋の東京側の端から撮ったものです。もちろん、東京側を見たものではなく正反対を見たものですが、小さく富士山が写っているのがわかるでしょうか。富士山が見えるとはいっても、頭のほうがホンの少し見えているに過ぎないのですが、それでも富士山が見えると何となく得した気分になるのです。他にも見えるところないかな。

2013年01月28日 (月)
■ また雪‥

また雪が降った‥
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/203 EV-0.3

朝起きて外を見たら何となくどんよりと曇った空でした。よ~く見たら、何だか白いものがひとつふたつ‥視界に入りました。「えっ!今のはもしかして雪?」急いでスマホのウェザーニュースを起動してみたら、朝のうちは雪が降って場所によってはうっすら積もるかも‥なんて出ているではありませんか。「まぁ、この程度なら大したことないだろう‥」そう思って、まずは姫の散歩に出ます。しばらくの間は降ってるのか降ってないのか分からない程度でしたが、散歩の途中に少しマトモ(?)な降り方になってきました。

散歩から家に戻って外を見ると、さらに降り方が強くなり‥あっという間にかなりの降り方になりました。驚いたのはそこから先で、うちの近所は成人の日の積雪によって地面がとても冷え切っているせいか、付近一帯があっという間に白くなってしまいました。仮に雪が降ったところで一瞬で終わりそうだし、昼は晴れるっていうから大したことないでしょ‥などと最初はタカを括っていたのですが、見事に本当に一瞬に冬の景色になってしまいましたよ。う~む‥ちゃんと当たっている。恐るべしウェザーニュース。

というわけで、今日は自転車に乗るぞー!と朝から気合を入れていたのに、一瞬の雪景色によって急遽電車通勤に切り替えることになりました。一度着た洋服を着替えて出発。車道には積もるほどではなかったのですが、完全にビショビショなので、これでは自転車で飛ばして走るわけには行きません。最寄り駅に行く際の車が通らないところはご覧のとおり。本当に薄っすらと‥ではありますが、確実に白いですよね。東京は全く降った感じがなかったのですが、ウチの近所だけだったのでしょうか‥。さすがに明日は自転車で行かせてくれ~。

2013年01月27日 (日)
■ ボランティア対策

姫昼寝中
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/9 EV-0.3

昨日の記憶がありません。餅つきの片づけの後、自治会役員さんとボランティア・スタッフで打ち上げをやったわけですが、気が付いたら朝でした(笑)。若干、二日酔いっぽい感じもありましたが、それより何より体中が痛すぎて起きているのも寝ているのも辛いほど‥。痛いのは主に腰の付近と肩の後ろ側ですが、腕も足も痛いところがありますので、とにかく全身が痛い‥という感じ。

その全身筋肉痛の犯人(?)は、もちろん昨日の餅つきにあるわけです。普段やらない動作、普段取らない姿勢‥ですからね。これでは筋肉痛にならないほうがおかしいわけでして‥。餅つきの最中に「明日は寝たきりになります」という宣言をしていたのですが、宣言どおりに今日の昼は寝て過ごしました。昨日、一緒に餅つきをしてくださったみなさんも、今日はきっと家でゴロゴロしているはず。

餅つきにしても夏の焼きそばにしても、毎年、ボランティアの人間確保が大きな課題なのですが、自分らの高齢化(?)も考えると、もうちょい若いオトーサン方に気軽に参加してもらいたいのです。そのためのアイデアのひとつが昨日の打ち上げの時に出てきたので、一年後の餅つきの時には是非試してみたいところ。ボランティア参加は楽しくていいんですけどね‥筋肉痛はあまり楽しくないですから。

2013年01月26日 (土)
■ 冬場の火力確保

蒸しあがり待ち
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/68 EV-0.3

今日は自治会の恒例行事のひとつになっている餅つきのイベントの日。自治会では夏と冬にそれぞれ大きなイベントを実施しているわけですが、冬のイベントがこの餅つきというわけ。イベントを開催するにはボランティアによる多くの人手が必要なわけですが、毎回、カミさんと一緒にイベントのお手伝いをしていたら、いつの間にか「よく知っている人」ということになってしまいました。そんなわけで、昨年の夏と今年の冬のイベントは企画段階から参加。

アウトドア料理などの経験のある人はよくご存知かと思いますが、冬の寒い時期の料理は火力の確保が非常に大変です。それこそボーイスカウト時代にやっていた餅つきでは、薪の火力を使って餅米を蒸していましたね。薪は火力が非常に強いのですが、慣れない人にとっては後片付け等を含めて色々と面倒なことも多い。なので、今はこうしてプロパンのコンロを使ってやっています。それなら着火も一発だし簡単!と、普通の人は考えるのですが、そうは問屋が卸さない‥。

というのは、経験の無い人は「風が吹くと何が起きるのか」を想像できないのです。いくらガスコンロを使っても、風が吹くと水を沸かすことなんてできなくなります。風に対処するためには十分な風除けを施すしかないわけで、やり過ぎという言葉は存在しないと言ってもよいほどです。そして、今日はまさに風除けの大切さを痛感できる 1 日となりました。ま、来年のためになる「注意すべきポイント」をいくつか得られたと思って次回に備えることにしましょ。

2013年01月25日 (金)
■ バラと焼肉

誕生日プレゼント
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/64 EV-0.3

金曜日は基本的に自宅で仕事の日です。なので今日も自宅で仕事‥。自宅で仕事をするのはとても大きなメリットがあって、それは通勤時間をゼロにできること。私の場合、自転車の日の通勤時間は往復 4 時間程度ですし、電車通勤だとしても 3 時間半くらいは掛かっているので、この時間を他の用途に活用できるのは助かります。まぁ、それでも自転車通勤は「運動」になっているので有意義な時間ではあるのですが。

さて、今日はカミさんの誕生日。最寄駅近くにある店で焼肉なのだとか‥。時間は 19 時集合。東京に勤務している日の場合、19 時に地元に帰ってくるためには 17 時頃会社を出なければならない計算になるわけですが、これが自宅勤務だと 15 分前くらいに家を出ればいいわけで、仕事もその後も両立できて助かります。というわけで、今日は 18 時過ぎまで仕事をして、姫にごはんを食べさせて 40 分には家を出ました。

で、ここ何年かの恒例になっているバラの花を買ってカミさんにプレゼント。昨年から、センター北のヨツバコ 3F に入っている happy という生花店でバラの花を買っているのですが、ここはリーズナブルなお値段が嬉しいです。え?誕生日プレゼントなんだから奮発しなさいよ‥って?いやいや、お金じゃなくて気持ちが大切ですからね‥なんて(笑)。そして、家族 4 人でたらふく食べて帰ってきました。たまには外食もいいものです。

2013年01月24日 (木)
■ さらばスーツ?

ツイードジャケットとユニクロのカーゴパンツ
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/6 EV-0.3

昨年、勤務地が東京に変更になってからずっと疑問に思っていました。「一体、ウチの会社の服装規定はどうなっているのか?」と‥。細かいことにああだこうだといちいちウルサイくせに、私の一番知りたい服装規定については随分とユルい規定しか存在しないように見えたのです。ここで細かいことは書きませんけれども、少なくとも「出社時には基本的にビジネススーツ着用のこと」などという具体的な規定は何ひとつ存在しないように見えたのです。

こういうことは自分で探して時間を無駄にするよりマネジャーに聞くに限る‥ということで、私のマネジャーに質問しておいたのです。急がないけど教えてね‥って。マネジャーもあちこちに聞いてみたりと色々と手を尽くしてくれたそうで、その結果示されたものは、私が最初に行き着いていたものと同じ一次ソース。入社以来、20 年以上もずっと「スーツ着用が決められている」と思っていましたが、少なくとも最近はそんな決まりは存在しないみたい。

それじゃあ‥というので、今週の火曜日と今日はスーツ無し。自転車通勤の日に会社で履いているユニクロのスタイルアップカーゴ(既にスーツ無視してるってことね‥笑)と、上には私の一張羅(?)のツイードジャケット。いやぁ、何て楽なんでしょう。あの頼りないスーツのパンツを履かないというだけで、これだけ気が楽になるとは‥。今後、会社にいわゆるスーツを着て行く機会というのは限りなく減るんじゃないかと思いますが、とにかく嬉しいのです。

2013年01月23日 (水)
■ 東京で一番気になる場所

日比谷交差点から大手町方面
RICOH GX200 24mm ISO100 F2.5 1/3 EV0

今日は自宅で仕事の日でした。金曜日も自宅で仕事の日‥となる予定なので、2013 年に入って最初の月は、自転車の走行距離があまり伸びないという感じになってきましたね。ということで、今日の写真は今日撮ったものではなく、自転車通勤の日だった月曜日に撮った写真です。ご覧のとおりでどう見ても夜ですが、これが一体どこだか分かるでしょうか?ちょうど日比谷交差点の脇に立って大手町方面を向いて撮ったものですが、右下に連なる光は国道 1 号線を照らす街灯でして、左下の黒いシルエットは木々の緑です。

ここから左方面に視線をやると、東京のど真ん中にポッカリと空いた穴のように暗い空が広がります。正確には空が暗いというよりは、地上部分に光がないという感じ。もうお分かりかと思いますが、ここは皇居があるところ。その広さは皇居外苑と合わせて 230ha くらいあるそうで、そこにはオフィスビルもデパートもありませんから、煌びやかな光とはどちらかといえば無縁の空間。自転車で行った日の帰りは銀座方面からここを通って警視庁横を通過するのですが、ここ日比谷公園の脇に来ると、東京にいながら不思議な感覚に見舞われます。

一般人が思い立ってフラっと足を踏み入れることができない領域ですから、そこが一体どのようになっているのかは想像の域を脱することができません。それでも東京のど真ん中にありながら、それなりの自然が残されている場所であることは間違いないでしょう。ある秋の昼間、新橋のあたりで空を見上げたところ、もの凄い数の赤とんぼを目にしたことがあります。今でもそれは同じように目にすることができるはずで、その赤とんぼ達は皇居から飛んできたに違いありません。その日以来、確かめることは無理だけど、皇居エリアが気になって仕方ないのです。

2013年01月22日 (火)
■ 着替えが大変

自転車通勤の日の着替え
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/9 EV-0.3

「通勤の際に自転車に乗る」という人はものすごく多いと思います。とはいえ、その内訳の多くは「家から最寄駅までの間を自転車で」というスタイルだと思います。そのような乗り方をする人の場合、自転車に乗っているときと職場での服装は同じものでしょう。一方、私のようにある程度以上の距離を自転車に乗って会社まで行く人の場合、自転車に乗っているときと会社で仕事をしているときの服装が違う‥そういう人も多いのではないかと想像します。

その理由にはおそらくふたつあると思います。ひとつは自転車に乗るとかなり汗をかくので、着替えたいという理由。そしてもうひとつは、職場での服装がいわゆるビジネススーツのようなものの場合、スーツの‥特にパンツの生地がすぐにダメになってしまうのを避けるという理由。私の場合もこのふたつの理由によって、職場での服装と自転車に乗っているときの服装がかなり違います。とにかく着替え一式を持ち歩くので、いつも泊まりの出張に行くような感じです。

着替え一式を持ち歩くという点では、東京勤務に変わる前の職場でも同じことでした。しかし、前の職場では仕事中もカジュアルな服装だったので、着替えの洋服ももっとラフにメッセンジャーバッグに突っ込んで終わり‥だったのです。会社内に小さいながらも更衣室があったので着替えもとても楽でした。今の職場の場合は、この着替えの問題が一番面倒。工場系の職場に勤務する義弟の場合は着替え関連は完璧だそうで、そこのところは非常に羨ましいのです。

2013年01月21日 (月)
■ 飯倉交差点

飯倉交差点
RICOH GX200 50mm ISO64 F4.9 1/570 EV-0.3

今日は 2013 年東京自転車生活の 4 日目、走行 200km(通算 14 日目、700km)です。成人の日の雪の影響で、先週は自転車通勤が出来ませんでしたので、今日は本当に久しぶりに自転車に乗った気がしますね。回数、距離ともに東京自転車生活はまだ始まったばかりですが、さすがに通算 14 回目ともなると、通勤ルートそのものには慣れてきました。もう少ししたらバリエーション・ルートも開拓したいのですが、今のルートが最短距離なのと割と走りやすい(神奈川県内除く)ので、基本の通勤路にはなるでしょう。

この基本ルート‥帰りは丸子橋まで来ると「帰ってきた感じがする」という話をしましたが、行きの場合に「着いた!」と感じるのは目的地にもっと近くなってからで、東京タワーのふもとに位置している飯倉交差点への坂を上りきったあたりです。東京の南西部は意外とアップダウンがありますが、ここ飯倉交差点は桜田通りからすれば坂の上、外苑東通りからすれば坂の下‥という感じの特徴的な地形が面白い。距離的には大した坂ではありませんが、交差点に近づくにつれて徐々に勾配がキツクなるので、見た目より上りが辛いわけです。

路面凍結中位の標識@飯倉交差点下
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/760 EV-0.3

それこそ成人の日には大変だったろう‥と想像できますが、なるほど坂の下にはこんな標識が。標識の右下あたりには「すべり止め砂」の文字が見えるでしょうか。何と言っても国道 1 号ですから、万全を期して標識も砂も用意しているのでしょう。しかし、正直言って「やり過ぎ」‥な感は否めませんね。だいたい、こんな都会のど真ん中で路面が凍結して車がスリップしちゃうようなことって‥あるんでしょうか。仮にそういうことが年に 1 度くらいはあるとして、この標識のおかげで「助かったぁ‥」と思ったことのある人っているのでしょうか。

こういう、誰が見ても無駄以外の何物でもない‥というものを平気で設置してしまうから、役人は無駄だ‥などと言われてしまうのですよね。必要なことまでやるなとは言いませんけれども、それもこれも限られた予算の中で、優先度の高いものから実施して行く必要があるわけでして‥。少なくともこの看板は不要です。街の景観を酷くすることが目的なのであれば、有効かもしれませんけど‥ね。で、今気づいたのですが、東京にはこういう「要らないモノ」が大量にあるはずなので、こういうものを見つけるだけでも結構面白いかも。やってみようかな。

2013年01月20日 (日)
■ 光ってない Snap-on

Snap-on 15mm コンビネーションレンチ(柄の部分)
RICOH GX200 28mm ISO154 F4.8 1/18 EV+0.7

明日からの一週間‥今週は 1 日も自転車通勤ができなかったので、来週は頑張るぞー!と行きたいところなのですが、現時点での天気予報は火曜日と木曜日に傘マークが出ています。先日の成人の日のようなことは無いと思いますが、低気圧のコースなどによっては雨が雪になるかもしれない‥とのこと。例年、1 月、2 月あたりは天気のよい日が多くて、何年か前には 1 月中はほとんど自転車に乗れた‥なんていう年もあったのになぁ。

さて、今日はその自転車に使う工具の話。自転車を通勤手段に使うようになり始めて、今年で 16 年くらいになると思うのですが、今まで乗ってきた自転車は変速機の付いたタイプでした。そして、今の東京自転車生活に一番活躍している自転車は変速機無しのよりプリミティブな自転車です。同じ自転車なのですが、それぞれに個性があって、今までは持ってなかったものが必要になったりします。そのひとつがコレ‥15mm のレンチです。

Snap-on 15mm コンビネーションレンチ(全体像)
RICOH GX200 28mm ISO154 F4.8 1/18 EV+0.7

シングルスピードの場合、ハブとフレームがボルト留めになっている場合がほとんどなようで、それは私の自転車も例外ではありません。だもので、もしもパンクなどした場合は、そのボルトを外せないとパンク修理すらできないということになります。最初の頃は小型のモンキーレンチを携行していたのですが、使うのは 15mm だけですし、軽量化のためにも専用のものを‥ということで買ってみたのがコレ。Snap-on のもので、片口メガネのコンビネーションレンチです。

Snap-on というと‥私の世代くらいの人の場合はメッキがけされたアメリカ製高級ツールの代名詞みたいな印象がありませんかね?最初は私もメッキがキレイなタイプがいいかな‥と、探していたのですが、今のツールってどれもこれもメッキがけされているタイプになって、メッキが逆に没個性になってしまった感があります。そんな中で見つけたのがメッキ無しのタイプ。かなり安っぽく見えるけど、実は Snap-on ‥そんなギャップが面白くてこいつを買いました。

2013年01月19日 (土)
■ 電子書籍

スマホで読書(?)
RICOH GX200 28mm ISO96 F3.0 1/32 EV+1.0

もうだいぶ前から電子書籍に関する話題があちこちで取り沙汰されているけれども、利用する人は結構増えてきているんですかね。下の娘は若い世代なのに「紙の本じゃなきゃ絶対に嫌だ」などと、やや年寄りくさいことを言ってますけど、逆に私などは「電子書籍いいじゃないの!」派です。もっとも、本と言っても読んでいる‥というより見ているのは写真のキレイな雑誌がメインだから、電子書籍にはまだ手を出していません。

それこそ通勤電車の中などは、ギュウギュウの苦痛を忘れるため(?)にモバイル・デバイスを手に画面に見入っている人だらけなんだけど、電子書籍っぽいものを読んでいるような人を見かけたことはまだ無い気がします。だもので電子書籍はまだ完全な普及期に入っているというわけでもないのかしら‥。それでも安くてシンプルな電子書籍リーダーである txtr Beagle みたいなのが出てくると、手を出す人も多くなるのかもしれませんね。

ところで電子書籍の一番の強みは携帯性に優れることだと思うのですが、最近、それを実感しているのが今日の写真。これは私の仕事に関係するコンピューターのマニュアルの PDF ファイルを単にスマホで見ているだけなのですが、1000 ページを越えるような「持ち歩くのは大変」な本がスマホの中に何冊も入ってしまうわけですし、何冊入れても重さが変わらない‥ってところがスゴイ。でも、そんなスゴイ本でも読んでいると眠くなっちゃうのは紙でも電子でも変わらないんですけどね。

2013年01月18日 (金)
■ No bicycle week

徳生公園の雪
RICOH GX200 28mm ISO64 F6.8 1/540 EV-0.3

月曜日が成人の日で休みだったので、今週は 1 日短い 4 日間が仕事の日。この辺りで今回のように雪が積もったのは 7 年ぶりのことだったのですが、前回と違って今回は自転車通勤をスグに再開しませんでした。もちろん、昨日あたりは行ったら行ったで大丈夫だったとは思いますが。でも、以前とは違って車通りの非常に多い道路をずっと走るコースですし、結構なスピードを出して走ります。だから雪や氷はもちろんのこと、融けた水が流れている個所も避けたいところなのです。

ということで、自転車通勤が快適な走行にならない可能性を感じたため、今週は全て電車通勤になってしまいました。しかし、通勤時間帯の電車には久しぶりに乗ったのですが、あの混雑は何度乗ってもやっぱり微妙です。みんな仕方がないから電車に乗っているのだろうけど、ギュウギュウに詰め込まれるのは辛いだけですよね。だから、電車に乗る人のためにも私が自転車通勤をしたほうがいいのであって、そういう人が増えれば電車も少しは空く‥なんてなったら、今度は道路が大混雑か(笑)。

平日最後の金曜日となる今日は自宅での仕事を選択したため、結局今週は自転車通勤ができずに終わってしまいました。せめて少しは自転車に乗ろうと昼を食べに「しらいし」まで自転車で行きましたけど、その程度では運動になりませんし乗ったうちに入りません。で、今日の写真は近所の徳生公園。北向きに下がる雪の残りやすい斜面ではありますが、まだこんなにあります。なのに来週の火曜日にも雪が降るかもしれない‥って。電車はもう飽きたので、そろそろ自転車に乗らせて欲しいんですが‥。

2013年01月17日 (木)
■ 今日も電車

日陰は雪だらけ
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/104 EV-0.3

昨日は曇りの一日という感じでしたし、成人の日に降った雪はまだまだ残っています。それでも車通りの多い道の雪はだいぶ融けてきているようですし、今日あたりは自転車で行けないかなぁ‥と思ってました。ということで、朝起きて姫の散歩をしながら道路の様子を観察していると、派手な音とともに路面に叩きつけられている自転車の方を目撃‥。幸い打撲程度で済んでいたような感じに見えましたが、足元をすくわれると自転車は一気に転ぶので無理は禁物です。

朝からそんなものを見てしまったこともあり、やっぱり今日もまだ止めたほうがよさそう‥ということで、一昨日、昨日に引き続き今日も電車通勤。駅までの道は住宅街の中を歩くのですが、車通りの少ないところはこんなに雪が残ってます。車通りが少ないだけではなく、一日中日陰になっている感じのところだから雪が(というか氷が‥)こんなに残っているわけですが、こんなところを自転車で走ったらそれこそ自殺行為。ま、さすがに自転車の通勤路でこんな個所は存在しないはずですけどね‥。

寒いので湯気のように
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/143 EV-0.3

今日は天気がよくて朝の気温がグッと低かったのでしょう‥夏の間は「たつの湯」と呼ばれて犬たちに人気の水場スポットは、まるで温泉のように湯気が出てました。もちろん、湯気とは言っても温泉とは違って、完全な「冷たい水」ですけど。でも、湯気が立っているのを見ると、ついついお風呂や温泉を想像しちゃいますね。朝っぱらから露天の温泉に入って雪見酒‥なんていう幸せを想像しちゃうと、この後に控えている通勤電車が地獄に思えてしまいそう(笑)。

2013年01月16日 (水)
■ Natural Lifestyle

2013 Snow Peak Natural Lifestyle Catalog
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/23 EV-0.3

今でこそ Snow Peak の製品をたくさん使っていますが、Snow Peak 製品との最初の出会いは‥たぶん、1997 年か 1998 年のことだと思います。Snow Peak の会社沿革によれば、現社長の山井太(やまい とおる)氏が社長に就任し、会社名を以前の「ヤマコウ」から Snow Peak に変えたのが 1996 年の 12 月のこと‥。今でもキャンプで使っているチェアと、今では出番の無くなったウィングタープには、ブランド名としての Snow Peak はあれども「ヤマコウ」の製品です。なので私は Snow Peak 社が生まれた頃からのユーザーとも言えます。

その Snow Peak も今では日本のアウトドアシーンを牽引する立派な会社になりました。Snow Peak が急成長をしていた一時期、「そんなにバンバン製品の数を増やして大丈夫?」と心配した時期もありましたが、今では貫禄すら感じさせるようになった‥と言っては言い過ぎでしょうかね。その Snow Peak の 2013 年版のカタログを入手しました。今ではさすがにキャンプ道具も十分に揃っているので、毎シーズン何かを買い足すということもなくなりましたが、毎年新しくなった Snow Peak のカタログを見るのは私の楽しみのひとつです。

それが今日の写真ですが、パッと見ると何のカタログなのかよく分かりませんよね(笑)。これは、今年の新製品のひとつである「さくらんぼ」と名づけられたハンズフリーになる小型照明だそうです。どんな感じの使い心地になるのか、実際に使う局面を想像してみるとなかなか面白いですね。例えば、ふだんの自転車生活でも使ってみたら面白いかもなぁ‥とか。そんなことを考えてみたら、体の後方に装着する赤い LED バージョンもあったら面白いよなぁ‥とか。あったらすごく便利というものでもないけれど、今年の新製品の中では一番気になる存在かも。

ところで、カタログに納められている「スノーピークのこれからを語る」という社長と役員の対談を読んで初めて知ったのですが、Snow Peak の文字の下に添えられている一言が、Outdoor Lifestyle Creator から Natural Lifestyle Creator に変わったのだとか‥それも 2 年前から。Snow Peak ファンとして「そんなことも知らないのか?」と怒られちゃいそうですが、これには「日常生活のなかで、自然を見出し、自然と暮らしていこう」という想いが込められているそうです。その想い‥私にはとてもよく理解できますねぇ。日常生活と自然は切り離されたものでは無い‥ですものね。

私の中で、その「日常と自然」を繋ぐとても大事な役割を果たしているのが「自転車」なのです。趣味としての自転車というよりも、日常生活の相棒となる自転車。だから、仕事の場が東京に移っても、自転車通勤には拘りたかったし何とか実現できました。今はまだ横浜と東京の間を往復するだけに過ぎないけれども、"Natural Lifestyle" という言葉がしっくりと来るような自転車生活を見つけて行きたい‥そう、思いますね。

2013年01月15日 (火)
■ 7 年ぶり‥

神無公園脇の緑道
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/870 EV-0.3

いやはや‥昨日はよく降りました。気象庁の統計情報によると、横浜地方気象台(は、みなとの見える丘公園の横にあります)で 13cm の積雪を記録したそうです。港北ニュータウンの付近はもっと降ったのではないかと感じられるのですが、一夜明けた今朝は本当に真っ白です。前回、これほどまでに降ったのはいつだっけ‥と思って少し調べてみたら、ちょうど 7 年ほど前ですね。2006 年 1 月 21 日に、やはり横浜地方気象台のデータとして 11cm の積雪を記録していました。

その日は翌日(22 日)が日曜日だったので、姫を公園に連れて行って遊んだりした(姫‥若いなぁ)のが昨日のことのように感じますね。今回は雪の翌日は平日なので今日は会社に行くのですが、会社に行く必要のある用事は昼過ぎなので、自宅勤務を少しして雪が少しは溶けてから出勤することにしました。ということで、11 時前に家を出たのですが‥全然溶けてないですし、緑道なんかはさすがに雪かきされてませんね。これ‥もっと早い時間は転んだ人が結構いたんじゃないかなぁ。

神無公園脇の緑道
RICOH GX200 28mm ISO64 F5.4 1/1410 EV-0.3

神無公園の脇を通って北山田駅へ向かうところは、ゆるい下り坂(写真は歩いてきた方向を振り返ってます)になっているのですが、それなりに人通りがあって踏み固められているので、明日の朝などはとても危険な感じがします。ま、この後には誰かが道を付けると思いますけども‥。それにしても、これほど降ってしまっては今週の自転車通勤は無理でしょう。7 年前の場合は、今回で言えば明日に相当する日にはもう自転車で行ってたけれど、今は通勤路の事情が全く違いますし‥。

ゆきだるま@YujiAjiki
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.8 1/330 EV-0.3

ツルツルの道をゆっくりと歩いて、駅も近づいたところにある YujiAjiki の店頭にかわいらしい雪だるまができてましたよ。横浜の雪は少なくとも大人にとっては歓迎されないものですが、こういうのを見ると何となく和みますね。ちゃんと作ってあるところが何ともイイ感じです。この雪で自転車に乗れないのはとても残念なのですが、「ま、たまにはいいか」という気持ちにさせてくれた雪だるま君に感謝‥ですね。

2013年01月14日 (月)
■ 雪の成人式

成人式の髪飾り
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/14 EV-0.3

昨年 12 月の「前撮り」の日も天気が悪かったわけですが、本番の成人式の今日も天気が悪い‥。娘自身はあまり雨女の雰囲気は無いのですが、同じ歳の人が大勢関係する行事などのときには天候が悪いことが多いようです。だもので‥かどうかは分かりませんが、成人の日の今日に限って横浜は天気が悪い。しかも、雪まで降るというではありませんか。天気ばかりはどうにもならないことは分かっていても、今日だけ天気が悪いっていうのもなぁ‥。

ま、仕方がないので着付けをやってもらう新横浜まで車で送り、着替えた洋服などを持って帰ってきたのですが、午前 8 時台から雪が降り始め、家に着く頃には道路に薄っすらと雪が積もっているところが出てきました。午後に一度帰ってきて、着替えてからまた出掛けるというので、最寄駅まで迎えに行ってやろうと思っていたのですが、さすがに雪が酷くなってきました。M+S だから走れそうな気もしたけれど、積雪量が突然増えてきたのでバスでの帰宅を命令。

雪・雪・雪‥
RICOH GX200 50mm ISO64 F4.9 1/153 EV0

だってこの雪ですよ‥。13 時の時点で横浜は 12cm の積雪と報じられていたけれど、最終的にはどれくらいになりますかね。ホント‥何年ぶりでしょう。あまりの寒さに娘は凍えて帰って来ましたが、写真だけ撮ったらまた着替えて出掛けましたよ。若いと元気ですねぇ‥。それにしても横浜でこの積もり方はまずいですね。さすがに明日は自転車は無理だろうなぁ‥。自転車どころか電車でも行きたくない気がします。自宅勤務にしたい‥。

2013年01月13日 (日)
■ SIGMA DP3

シグマ DP1&DP2 Merrill マニュアル(日本カメラMOOK)
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/28 EV-0.3

SIGMA のカメラ‥それも新しいセンサーを搭載しており Merrill generation と呼ばれるカメラを欲しい欲しいと思っているのだけれども、結局のところ買うまでには至っていません。色々な理由があるのだけれども、「そこまで写真撮ってないじゃん」というのが一番の理由なのかなぁ。あとは Merrill の吐き出す膨大なデータを処理するためには、今使っている省エネ PC では絶対に役不足なので、PC のパワーを増強しなければならないというのもあります。要はお金の面でも「踏ん切りがつかない」という感じ。

でも、Merrill generation ではないオリジナル FOVEON の魅力は DP1x で感じ取っているので(その割には最近使ってないけど)、やはりいつかは Merrill の威力を味わってみたいと思っています。で、最初は SD1 を買って一眼レフ・デビューを果たすのだぁぁ!とずっと思っていたのですが、センサーの力を 100% 引き出すように最適な設計がされたレンズを備えた DP1/DP2 がスゴイという話題をあちこちで見るにつけ、持ち運びには有利な DP シリーズも非常に気になりだしてきました。

てなわけで‥昨年のうちに買っておいたけど読んでなかった DP1/DP2 のムック本を見て、再び Merrill 熱を上げているわけですが、新しいシリーズのレンズが増えてくるだろう SD1 もやっぱりいいなぁ‥と、相変わらずの優柔不断状態。そんな中、新しい DP の発売がアナウンスされました。DP3 という DP シリーズの 3 番目。50mm(フルサイズ換算で 75mm の焦点距離)という中望遠は、意外と面白いんじゃないか‥なんて思っています。とりあえず、画角に慣れるために GX200 の 72mm で遊んでみよう。

2013年01月12日 (土)
■ 26.2mm

THOMSON Elite と CANE CREEK のシム
RICOH GX200 28mm ISO71 F2.7 1/32 EV-0.3

私の東京自転車生活を支える OSSO 7001 CX を購入してから 3 ヶ月が経過しました。当初、自転車置き場の問題がなかなか解決せず、最悪は路上駐輪するしか無いのか‥と半分あきらめていました。なので、比較的価格が安めな OSSO CX を選んだわけですが、安めの完成車を購入するということは、結局は「あちこち変えたくなる」ことを招くことに他なりません。OSSO CX の場合は、メッキ仕上げのフレームとホイール回りは気に入っているものの、他の部分は少しずつ変えて行くことになるでしょう(笑)。

ということで、昨年からコツコツと部品を集め始めているのですが、ちょっと油断していたのがシートポスト。今時のフレームなんだから、27.2mm にはなってるんだろう‥なんて思っていたら、OSSO CX のシートチューブは 26.2mm 径なのだということが分かりました。当然のようにシートポストが無い状態。もちろん、どんなものでもいいならありますけど、それだったら今付いているやつでもいいじゃない‥と。でも、色をとにかく黒くしたかったので、最悪は今のシートポストをアルマイト加工してもらって我慢かぁ‥と思っていました。

でも諦めずにあちこちのサイトを探していて気づいたのですが、シートポストのほうが小さい場合には装着できる場合があるのですよね。それは、シムというパーツを使ってポストの外径とチューブの内径を一致させる方法‥。THOMSON Elite の 25.4mm を見つけたので、それを 26.2mm に変換する CANE CREEK のシムと組み合わせて一件落着っと。OSSO CX は私の体格には小さめのフレームなので、SETBACK が欲しかったのですが、そちらは最小でも 26.8mm のものしか見つからなかったので、INLINE を選択。さて、次はサドル選びだ。

2013年01月11日 (金)
■ 新年会@ど根性ホルモン

今日のメニュー@ど根性ホルモン
RICOH GX200 50mm ISO154 F3.5 1/12 EV-0.3

年に二度の飲み会‥昨年末はみんな色々と忙しくて開催できなかったので、忘年会ではなくて新年会として開催しました。「どこに行こう?」‥カミさんが目をつけたのは藤が丘にある店だったのですが、今日はやってないとのこと。そこで私とカミさんの頭に閃いたのが「どこホル?」でした。どこホルとは、高島町にある地産地消をモットーに横浜の美味しいものを食べさせてくれる「ど根性ホルモン」という名前の店です。今日は自宅勤務だったのですが、仕事を早めに切り上げてカミさんと一緒に地下鉄で向かいました。

今日は全国的(?)に新年会的な飲み会が多かったのではとは思いますが、ど根性ホルモンも満員御礼。もちろん予約を入れて行きましたけど、4 名でフラッと寄って入れるかどうかは怪しいです。小さなお店だから‥という理由もあるけれど、美味しさに感激したリピーターが多い‥っていうことが大きな理由になっているような気がします。昨年、大学の研究室の忘年会をど根性ホルモンで開催させていただいたのですが、先生も先輩も感激してたものね‥。ちょっと残念なのは、自宅から至近距離‥ではないこと(贅沢ですね‥)。

「ど根性ホルモン」という名前を聞くと「焼肉屋系?」と思ってしまいますが、焼肉屋ではありません。もちろん、肉の類もありますが、とにかく野菜の類が美味しい。しかも、その野菜は横浜を中心とした地元産。これからの時代は、食物に限らずいかに地産地消を実践して行くかですから、地産地消を目指す人々に支えられている店を応援するのが消費者である私の役目でもあります。ま、そんなに堅苦しく考えなくていいから、まずは食ってみろ!‥ですよね。ということで、まずは美女鍋。私ゃ、男ですが。

美女鍋@ど根性ホルモン
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/20 EV-0.3

個人的に、火に掛ける前のビジュアル(上の写真)が好きです。たっぷりの野菜とホルモンで温まりますよ~。今回はシメにうどん+とき卵を入れていただきましたが、それもまた美味しかった‥次のチャンスには、ごはんを入れた雑炊でいただきたいですね。これ以外にもたくさん食べている(何せ、今日のメニューを全部!的な勢いで注文)のですが、写真を撮る前にお腹に収まってしまいました(笑)。

美女鍋完成!@ど根性ホルモン
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/17 EV-0.3

普通、サラダって最初に頼んだりしますけど、今日は最後の頃にサラダを頼みました。食べるだけで元気になりそうな、その名も「ど根性サラダ」です。2 人分を‥って、お願いしたら、1 人分にしたほうがいいですよ‥と言われて出てきたのがこの量!これで 1 人分って‥このサラダだけでお腹いっぱいになっちゃいますよ。とにかく色々な野菜が入っていて見た目が楽しいのですが、これがまた本当に旨い!

ど根性サラダ@ど根性ホルモン
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/18 EV-0.3

てな感じで、飲んで食べてお喋りして‥あっという間にお開きの時間に‥。今日も美味しい料理をご馳走さまでした。

2013年01月10日 (木)
■ 通勤で運動不足解消

朝の銀座和光
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/710 EV-0.3

今日は 2013 年東京自転車生活の 3 日目、走行 150km(通算 13 日目、650km)です。昨日は自宅勤務の日だったので、正月明け以来、自転車通勤が連続していることになり、とてもいい感じです。「やっぱり電車 “痛”勤はちょっとねぇ」‥ですから、満員電車に乗らずに済むのは嬉しいです。などと言ってみたところで、実際には銀座から地下鉄に乗っているので、完全な自転車通勤ではなくて電車通勤とのハイブリッド通勤なんですが‥。

でも、東京都心の「酷すぎる駐輪場事情」を考えたら、銀座三越の地下駐輪場は自転車と利用者の双方にとって天国のような駐輪場ですし、片道約 2 時間かかる通勤時間も「まぁ、我慢できるかな‥」という範囲です。それどころか、通勤時間は運動時間でもあり、慢性的な運動不足の解消に非常に役立っています。ですから、我慢できる‥なんて偉そうな言い方ではなくて、「通勤時間を大変有意義に使えている」‥と言わなくちゃいけませんね。

では、その運動不足の解消の成果はいかに?年末年始の飲み食いまくりによって、67kg 台半ばに突入していた体重は、今日の風呂前の計量時点で 66.2kg まで減ってました。自転車で帰ってきて、あまり時間をおかずに量っているので、汗をかいた分さらに減っているだけに見えているだけ‥という感じではありますが。とはいえ、年末には同じタイミングの計量で 65kg 台をずっと記録していたので、もう少し減るはず。いやぁ、自転車通勤って素晴らしい!

2013年01月09日 (水)
■ おかえり Lancaster!

交換された部品(一部)
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/32 EV-0.3

「自由業の方ですか?」‥正月の 2 日に自動車が故障して修理に預けた際、店の方に言われました。というのは修理が終わった際の引き取りについて、「前日くらいに言ってもらえれば平日の夕方にでも(引き取りに)行きますよ」と言ったから‥。ごく普通のサラリーマンであれば、平日は「会社に磔されている」くらいに考えてしまうのが日本人の常識ということなのでしょうか。そういう意味では、特別な事情が無い限り時間が自由になるのは幸せなのかもしれませんね。

修理に出していた車が直ったという連絡をもらったのが昨日のこと‥。さっさと引き取りに行こうということで、今日の閉店前に引き取りに行くということを伝えて電話を切りました。なので、今日は自宅で仕事をして、できるだけ無駄な時間が生じないようにしたのです‥。そうやってギリギリまで自宅で仕事をして、修理の終わった Lancaster を引き取りに行ってきました。結局、不具合の根本原因はプーリーのベアリングがダメになっていた‥だったそうで(写真右下)。

そんなわけで、2 日に預けた Lancaster を一週間ぶりに運転して自宅に戻ってきたわけですが、一週間ぶりに乗っただけで何だか Lancaster がとても立派になった気がして笑えました。乗り慣れているから当たり前なのですが、乗っていてとても落ち着くのがイイです。かなり抜け抜けになっているはずのショックでさえ、素晴らしい乗り心地に感じてしまうほど(笑)。そもそも比べること自体が誤りなわけですが、Lancaster イイネ!とあらためて感じた日でしたね。

2013年01月08日 (火)
■ 信号無視交差点(その2)

国道1号線 五反田 相生坂上の信号
RICOH GX200 50mm ISO64 F4.9 1/143 EV+0.3

今日は 2013 年東京自転車生活の 2 日目、走行 100km(通算 12 日目、600km)です。まだ、2013 年は始まったばかりですが、今年の終わり近くになった段階で、この数字がどれくらいになるのかが楽しみです。さて、都心までの自転車通勤を始めてみて驚いたこととして、「自転車による信号無視が甚だしい」ということを書いてきました。私の通勤路に限ってですが、信号無視する自転車の多い交差点をいくつか見てみようと始めたのが「信号無視交差点」シリーズ。今日はその第 2 回目。(第 1 回目はこちら

第 2 回目は、第 1 回目の最初の写真の交差点から都心方面に坂を上がりきったところの信号です。特に名前はついていないようですが、名づけるのであれば「相生坂上」といった感じでしょうかね。この信号はちょっと変わっていて、いわゆる交差点にある信号ではありません。つまり、交差する道路が無い場所にポツーンと信号機があります。何のためにあるのかというと、歩行者が国道 1 号線の反対側に渡るためにある‥そんな信号です。(だからタイトルはちょっと変‥ですね)

しかも、歩行者自体も多くないので、ぼーっとしていると信号機の存在自体に気が付かなかったりすることもあるのかもしれません(それは困るのですけども)。こういう赤信号を無視してもさほど危険が無いと思われる信号機というのは、自転車による格好の「信号無視スポット」になります。赤信号で止まる人が珍しいほど‥だもので、歩行者のお年寄りに「自転車って信号守るんだ!?」と驚かれるのですよね。そんな奇妙な経験をしたのは、帰り道のこの信号なのでした。

2013年01月07日 (月)
■ ジテツー始め

餅入り七草雑炊
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.0 1/20 EV-0.3

私は今日から 2013 年の仕事が始まりました。天候も一日中安定しているという予報でしたので「ジテツー始め」でもありました。ということで、今日は 2013 年の東京自転車生活第 1 日目、50km(通算では 11 日目、550km)ということになります。ある意味「2013 年最初の日」は七草がゆを食べてのスタートですので、今日は色々な意味で区切りのよい日ということになるでしょうか。特別な日でも何でもないのに、何となく「幸先のよい」‥という言葉が浮かびます。

七草がゆを食べるのは、正月に酷使した胃腸を休めるため‥なんてことがよく言われていますが、確かに今年の年末年始は飲み食いに明け暮れてました。しかも、大量にカロリー摂取したくせに、カロリー消費のほうは通常より少ないわけですから、当然のように消費できなかったカロリーは形を変えて身体に蓄積‥。年末年始休みに入る前の「結構イイ数字」に比べると 2kg 近く増えてしまっていました。それがどれくらいで元に戻るか見ものです。

で、初日にしてグッと減量!なんてわけには行かず、帰宅して風呂に入る前に体重計に乗ったらば‥全く変わっていないどころか、若干増えてるんじゃね?という始末‥。まぁ、10 日ほど自転車に乗る頃になればだいぶ減ってるかも‥と、期待しておきましょう。しかし、2 週間以上も自転車生活から遠ざかっていたので、脚もかなり弱まってますね。会社で「エレベーターを使わない生活」と合わせて、脚の筋力回復だけはさっさと済ませたいところです。

2013年01月06日 (日)
■ 年金

国民年金のお知らせ等
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/36 EV+0.3

今年の正月はカミさんの仕事が無かったこともあり、何ともゆったりと過ごすことができたような気がします。そんな正月休みも今日で終わり‥。今日は短時間とはいえ、カミさんは仕事に出掛けたので、その合間に明日に備えて自転車の掃除なんかをやりました。今年は仕事始めの日から自転車通勤ができそうなので、何とも気合が入りますね(そこか?)。年間を通して月 400km ペースで自転車通勤できれば‥年間 4800km になりますので、まずはそこが目標。

その他、色々と片付けなどをしていて、上の娘に年金関係の書類が届けられていたのを放置していたことに気づきました。そういえば立て続けに来ていたなぁと思ったら、「国民年金資格取得届け」と「年金手帳」と「国民年金保険料納付書」の 3 種類(別の郵便で届いた)がありましたよ。これ‥全て「日本年金機構」が差出人になっているのに、どうして一度に送ってくることができないのでしょう。これが一通になったところで、事務処理のコストが激減するとは思いませんが、明らかな無駄は省いて欲しいですよね。

いきなり、そんな感じでいきなり突っ込みポイントをさらけ出しているところから「年金は義務だから」と上から目線で金払えといわれてもねぇ‥。でもまぁ、確かに大事な仕組みですし、皆が納付することで成り立っているものですから、そりゃ払いますよ。とはいえ、こういうポイントは放置しっぱなしでいいわけないですよね。もちろん、このままのほうがコストが低い可能性もゼロではないですが、逆にこういうものを統合してコストを減らせないようであれば、元のシステム設計がおかしいと思います。

2013年01月05日 (土)
■ TOYOTA PASSO

TOYOTA PASSO
RICOH GX200 24mm ISO154 F5.1 1/15 EV-0.3

1 月 2 日に実家から帰る際に、自動車が故障しました。少し前からベルトがキュルキュルと音を立てることがあって、「ディーラーに持っていかねば‥」と思っていたところだったのですよね。でも、2 日は車のほうが便利だったので、今日くらいは持つだろう‥そう思って出掛けたのですが、実家を出て少ししたところでダメになってしまいました。オルタネーターを回さなくなってしまったようで、これは現代の車を夜間に走行させるには致命傷。任意保険のロードサービスを使って、現場に比較的近い民間の修理屋がローダーを持ってきてくれて救助されました。

で、最初は自宅まで運んでもらって、正月あけにディーラーに引き取らせようと思っていたのですが、ロードサービスをしてくれたところも工場を持っており、「ウチで修理してくれるなら代車も出しますよ」との申し出に乗っかって、車は保土ヶ谷付近に置いてきたのです。で、代車として貸してもらったのが TOYOTA PASSO という車で、トヨタの車の中ではベーシックなモデルになるのでしょうかね。人を乗せて荷物を運んで‥という機能を最低限満たすという感じの車なので、正直言って「乗っていて楽しい」というタイプの車ではありません。

何が一番楽しくないかというと、ハンドリングが奇妙なのですよね。そいういえば、いわゆる FF 車というのはこういうハンドリングのクセがあったっけ?と思い出させるような感じ。カーブを走るときの重さが奇妙な感じ‥と、言ったらいいのでしょうか。でも、そんなことを言うのって、私のようなオッサン世代以前の古い人間ばかりなのかしらと思ってみたり‥。私ももっと歳をとったら小さい車に乗ることになると思うのですが、その頃になってもこういう車を選ぶことは無いだろうなぁと思ってしまいました。やっぱり車は運転していて楽しくなくちゃね。

2013年01月04日 (金)
■ マリンタワー

マリンタワー
RICOH GX200 35mm ISO64 F3.7 1/760 EV-0.3

今日から仕事始めという方もたくさんいらっしゃると思いますが、わが家の場合は私もカミさんも今日まではお休み。週末の土日も含めてまだ 3 日休みがあります。今日は、昨年の 12 月に撮っておいた娘の成人式の前撮り写真を選びにホテルの写真室に行ってきました。というのは、その写真を選ぶことができるのが平日だけということなので。今回、家族の写真なんてものも初めて撮ってもらったのですが、自分が写っている写真を選ぶというのも何とも奇妙な感じでしたね‥まぁ、私は主役ではないのですが。

で、写真を選び終わったら、カミさんと「マリンタワーにでも行ってみよう」ということになったのです。というか、展望室に行けるチケットをもらっていたので、予定されていたことではあったのですが‥。それにしてもマリンタワーに登るのは、それこそ自分が娘の年齢くらいだった頃以来のことだと思います。つまり、30 年ぶり‥に近いのではないかと。展望台の高さとしては、すぐ近くにあるランドマークタワーにも及びませんが、360 度の展望を手軽に楽しめる小振りの展望室は意外といい感じです。

マリンタワー展望台から大桟橋方面
RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/440 EV-0.3

今日は天気がとてもよかったのですが、残念ながら富士山だけは雲に隠れている感じで目にすることができませんでした。しかし、それ以外は素晴らしい眺望でしたね。ということで、マリンタワーからの代表的な眺望と言える「みなとみらい」方面の写真を載せておきます。しかし、横浜も本当にキレイで立派な街になったよなぁ‥というのが正直な感想ですね。私が小さい頃なんて、もうちょっと薄汚いイメージがあったもの。その頃に比べると、歩いていて楽しい場所が多く、他人に誇れる観光地になったなぁという印象です。

マリンタワー展望台のガラス張り部分
RICOH GX200 35mm ISO114 F5.8 1/36 EV-0.3

そんなわけで久しぶりのマリンタワーは楽しめましたね‥。スカイツリーは登ったことが無いので実際に見比べたわけでも無いのですが、マリンタワーはスカイツリーに比べたらとても華奢なタワーだと思います。展望室も結構揺れてますし、エレベーターからタワー構造物などを観察していても、どことなく「頼りない感」があります(笑)。だもので、実際の高さよりももっと高いところにいるんじゃないかという感覚に陥る‥かも。こりゃ、次はこれまた久しぶりの東京タワーも楽しんでみたくなりました。

2013年01月03日 (木)
■ 近い実家

海鮮丼@カミさんの実家
RICOH GX200 28mm ISO154 F4.8 1/5 EV-0.3

今日は正月三が日の最終日。今年は何年かぶりにカミさんの正月仕事が無かったので、朝から晩までゆったりと過ごすことができました。例年、私の実家とカミさんの実家へ行くのですが、家族全員で早めの時間から向かうことができましたしね。てなわけで、昨日は私の実家に行ったので、今日はカミさんの実家に行く日です。昨日は運転手だったカミさんも今日は飲みますよ‥ということで、家族全員で電車で出掛けました。

私の実家もカミさんの実家も同じ横浜市内にあって、車でも電車でもあまり時間を掛けずに行けるのですが、これは本当に有難いことなのだと毎年思います。小さな子供にとっては遠くへ帰省するのも楽しいと思いますが、大人になるとそういった感覚はなくなると思いますし、何より両親が高齢になってくると実家が近いのは色々な意味で本当に助かります。そんなことを今年も考えながら、見慣れた風景を目にしつつ電車で移動です。

食事の準備の手伝いをするということで、比較的早目の時間に家を出たこともあり、箱根駅伝の復路もそこそこ TV 観戦することができました。が、今年の箱根駅伝は(私にとって)あまり印象に残るシーンが無かったですね。箱根駅伝も終わると正月気分も急速にしぼんでくる感じがしますが、美味しいお酒と料理で正月気分の最後を飾ります。とはいえ、明日も休暇を取っているので、実際の休みはもう少しあるんですけどね。

2013年01月02日 (水)
■ 車故障‥

丹沢と富士山
RICOH GX200 50mm ISO64 F3.5 1/104 EV-0.3

2013 年の初日は、結局 M 氏のお宅で過ごさせていただきました。正確には自分の家にモノを取りに一旦帰ったのですが、とんぼ帰りで M 氏の家に向かい、二晩連続で飲み食い三昧の楽しい年末年始を過ごしました。一夜明けて今日は 1 月 2 日‥。今日は毎年欠かさずに見ている箱根駅伝の往路の日であり、私の実家で親戚一同(と言っても、私の両親と妹夫婦家族だけですが)が正月に顔をあわせる日です。

大晦日に 1 泊の予定が、1 泊延長して今日まで M 氏の家にお邪魔してしまったので、自宅に寄って上の娘をピックアップし、そのまま私の実家に向かうという慌しいことになってしまいました。なので、とても楽しみな箱根駅伝はラジオで聞く時間が長くなってしまい、テレビで観戦する時間が短くなってしまったのが少しだけ残念‥。それにしても今日は風が強くて特に 5 区の山登りの選手は大変そうでしたねぇ‥。

例年どおり、駅伝とお酒を十分に楽しんで実家を後にしたのですが、帰りがけに車が故障して立ち往生。実際には走れないわけではなかったのですが、ベルトがオルタネーターを回さなくなった時点で走行不能と判断。任意保険についているロードサービスのお世話になって、何とか自宅までたどり着くことができました。なんだか正月早々ツイていない気もしますが、正月早々貴重な経験が出来た!と、前向きに思うことにしましょ。