14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年01月21日 (月)
■ 飯倉交差点

飯倉交差点
RICOH GX200 50mm ISO64 F4.9 1/570 EV-0.3

今日は 2013 年東京自転車生活の 4 日目、走行 200km(通算 14 日目、700km)です。成人の日の雪の影響で、先週は自転車通勤が出来ませんでしたので、今日は本当に久しぶりに自転車に乗った気がしますね。回数、距離ともに東京自転車生活はまだ始まったばかりですが、さすがに通算 14 回目ともなると、通勤ルートそのものには慣れてきました。もう少ししたらバリエーション・ルートも開拓したいのですが、今のルートが最短距離なのと割と走りやすい(神奈川県内除く)ので、基本の通勤路にはなるでしょう。

この基本ルート‥帰りは丸子橋まで来ると「帰ってきた感じがする」という話をしましたが、行きの場合に「着いた!」と感じるのは目的地にもっと近くなってからで、東京タワーのふもとに位置している飯倉交差点への坂を上りきったあたりです。東京の南西部は意外とアップダウンがありますが、ここ飯倉交差点は桜田通りからすれば坂の上、外苑東通りからすれば坂の下‥という感じの特徴的な地形が面白い。距離的には大した坂ではありませんが、交差点に近づくにつれて徐々に勾配がキツクなるので、見た目より上りが辛いわけです。

路面凍結中位の標識@飯倉交差点下
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/760 EV-0.3

それこそ成人の日には大変だったろう‥と想像できますが、なるほど坂の下にはこんな標識が。標識の右下あたりには「すべり止め砂」の文字が見えるでしょうか。何と言っても国道 1 号ですから、万全を期して標識も砂も用意しているのでしょう。しかし、正直言って「やり過ぎ」‥な感は否めませんね。だいたい、こんな都会のど真ん中で路面が凍結して車がスリップしちゃうようなことって‥あるんでしょうか。仮にそういうことが年に 1 度くらいはあるとして、この標識のおかげで「助かったぁ‥」と思ったことのある人っているのでしょうか。

こういう、誰が見ても無駄以外の何物でもない‥というものを平気で設置してしまうから、役人は無駄だ‥などと言われてしまうのですよね。必要なことまでやるなとは言いませんけれども、それもこれも限られた予算の中で、優先度の高いものから実施して行く必要があるわけでして‥。少なくともこの看板は不要です。街の景観を酷くすることが目的なのであれば、有効かもしれませんけど‥ね。で、今気づいたのですが、東京にはこういう「要らないモノ」が大量にあるはずなので、こういうものを見つけるだけでも結構面白いかも。やってみようかな。

| Top |