14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2014年03月01日 (土)
■ 比較明合成

OLYMPUS OM-D E-M10
RICOH GX200 35mm ISO68 F2.9 1/36 EV-0.3

大雪のバレンタインの日に行った CP+ 2014 はお目当ての SIGMA のブースに入り浸っているだけで終わった感じでしたが、会場を一回りはしてみました。カメラ製品を見て回るだけでなく、プロカメラマンによるトークショーみたいなものがなかなか面白いわけですが、今年の CP+ のトークショーはやはり SIGMA の山木社長のプレゼンテーションが圧巻だったと思いますねー。それはお前が SIGMA 贔屓だからだろうって?そりゃもちろんですとも。

他社のトークショーは全部を聞くわけには行かないので、ブースの前を通ったときに誰かが喋っていれば少しだけ聞いてみる‥という感じでしたが、OLYMPUS OM-D E-M10 の話はちょっと面白かったです。何が面白いって比較明合成がカメラ内で完結しちゃうライブコンポジットという機能。あと、モニター見ながら露光時間を調整できるライブバルブなんていう機能もとっても面白そう。今のカメラってスゴイんですねー。SIGMA に慣れてるとビックリ(笑)。

なんて話を CP+ の会場で会った友人としていたのですがそれほど驚くほどのものじゃないそうで‥。PENTAX K-3 にも搭載されていますし、そういや GR にも「インターバル合成」ってのがありましたね。なんだー、ビックリして損した!?‥ってことはありませんけども、GR あたりで手軽にできるとなると試してみたくなりますね。GX200 の後釜をそろそろ‥などという思いもあるのですが、ここらで GR に行くっていうのも悪くないのかしらん‥。

Later | Top |