14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2014年05月31日 (土)
■ 【骨折 27 日目】 ベルト固定

ベルトで左足を固定
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/45 EV-0.3

土曜日は通院のために久しぶりの外出です。何だかだいぶ暑くなってきましたねぇ‥。まぁ、通院は何とか自動車で行けてますので、病院まで行くのは大した作業ではないのですが‥。これが昔のように MT 車が普通の時代だと、自動車があっても運転できませんからね。とはいえ、AT 車で片足運転が可能だといっても右踵骨折だったら無理だったわけです‥。あ~左でよかったよ。

左足は運転に使わないのでじっとしていればいいのですが、足をついてはいけないと言われているので足を浮かせていなければなりません。それを支え無しでやるのは筋トレにはなるかもしれませんが、そのまま運転するのはさすがに無理‥。ということで、クッション状のものを膝下に入れて脚の置き場にしていたのですが、それでもまだ何となく変に力が入っています。

ということで、力を入れなくても膝が伸びないようにベルトを使って強制的に固定してみましたら‥これが具合がいい。さほど力を要するものでもないので、腰のほうに回しているベルトもほとんど気になりません。こうすることで体に変に力を入れずに固定されるので、運転がさらに楽になりました。これなら遠出するのも苦にならないですね‥って、どこかに行く予定は無いですけど。

2014年05月30日 (金)
■ 寝るのが仕事

アタチは寝るのが仕事
RICOH GX200 35mm ISO130 F2.9 1/36 EV-0.3

今週もやっと金曜日‥という感想が出るのは適度に忙しい時だと思うのですが、もう金曜日なの?と思ってしまう時は忙しさのレベルが高い場合の感想‥のはず。で、今週は後者。忙しいとは言っても傍から見たら大して忙しそうには思えないでしょう‥。というのは、ああする?こうする?どうする?という「あーでもない、こーでもない」という考える作業だから。

でも、その考えなきゃならない時間に割り込みがどんどん入ってくるので、おちおち考えられないじゃないか!というわけ‥。少しずつは進んではいるけれど、3 歩進んで 2 歩下がる‥という状態を繰り返しているので、期限までに本当に終わるのかどうかが気になるのです。いや、終わらせなきゃいけないんだけどさ‥。あと 2 週近くあるけれど、来週一杯には目処を立てたいところ。

という感じでイライラしているときにグッスリ寝ている姫を見ていると‥これが癒される。時々起きてはトイレに行き、しばらく寝たら水を飲み‥後はひたすら寝て過ごしています。それはもう「寝るのが仕事」とでも言わん限りの眠りっぷりです。いやいや‥父さんを癒してくれるという立派な仕事をしているではありませんか。それにしても毛が伸びてきたね‥早くトリミングしてあげたいね。

2014年05月29日 (木)
■ 次はいつ?

銀座にて(1月ほど前)
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/217 EV-0.3

ちゃんと記録をつけているわけではないので、ひと月ほど前の状況がどうだったか記憶が定かではないのですが、何となく残している写真の日付を頼りに見てみると、先月の 23 日と 24 日は連続で自転車通勤していました。その前の週はどうだったかなぁ??なのですが、この 2 日だけ乗っていたとすると今年の東京自転車生活はまだ 19 日ということになります。

GW 後も普通に生活できていたとして、自転車に乗れていたであろう日数は最大で 10 日ほどですから、それを加えても 29 日‥。今年は出だしが悪かったのですが、5 月末でこの数字だとすると年末は推して知るべし‥ですね。ま、自転車に乗れるのはまだまだ先のことだろうから、2014 年は合計で 30 日も乗れればいい方なのでしょうが、それにしても少ない‥。

勤務先が東京に変わった直後から半年ほど続いた自転車通勤できない状況は、後から考えると色々な意味で辛い時期だったのですよね。今もまた通勤どころか自転車に乗ることすらできない状況にあるわけで‥。以前のようにごく普通に自転車に乗れるようになるのはいつかなぁ‥と、思うと遠い目になってしまいますが、また、こんな写真が撮れるように頑張ります。

2014年05月28日 (水)
■ 制服

ここ最近の服装
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.0 1/34 EV-0.3

家の中だけで過ごしていると、基本的に外部の人間と接触することはありません。時々、荷物の配達があったりするけれども、毎日あるわけではないので家族以外の人間と会わない日も必然的に多くなります。つまり、人目が気にならない状態になるわけで、そうなると「着替えるのも面倒だから寝間着のままでいいや」‥なんてことになりがちかも。

なんだけれども、さすがにそうなってしまうとダレ切った生活になってしまいそうなので、朝起きたらちゃんと着替えるようにしています。まぁ、そもそも寝間着のままで過ごすのはあまり好きではないので、「面倒だから」という気持ちになることがそもそも無いのですが‥。なのですが、今日はアレを着よう!いや、コレにしておこう‥と考えるところまでは行かないですね。

どうなっているかというと‥今日は昨日洗ったポロシャツ、明日は今日洗って乾かしているポロシャツ‥と、2 着を交互に着まわしている状態。このような「日々同じようなものを来ている状態」になると、私とカミさんは「制服を着る」という表現をします。でもまぁ、2 着で足りる生活っていうのも身軽でいいな‥と思わなくもない。だいたい体はひとつなんだからね。

2014年05月27日 (火)
■ お気に入りの寝場所

姫お昼寝中
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/34 EV-0.3

完全自宅勤務者に変わって 3 週目。通勤時間がゼロの生活は「微妙に無駄な時間が無い」という意味では魅力的です。ただ、私の場合は可能な限り通勤時間を運動時間に充てていたわけですから、運動時間もゼロになってしまうというのは全然ありがたくないわけですが‥。って、その前に今の状態だと運動も何もあったものではないという感じですけどね。

踵を骨折する前も週あたり 2 日のペースで自宅勤務をしていたので、生活が大きく変化したという感じはしません。それでも自宅にずっといるからこそありがたいと思うことがひとつ。それは、決して健康とは言えない姫のそばにずっといてやれることです。とはいえ、1 日のほとんどを寝て過ごしているので姫のために何かをしているというわけではないのですが。

目が見えないので部屋のレイアウトを変えるのは可哀想かと思い、姫のものは同じ場所に置いてあります。寒いときのためにと買った屋根付き(?)ベッドがダイニングテーブルの横にあるのですが、姫のお気に入りの場所がココです。今はもう暖かいので、こうしてベッドからはみ出して寝ていることが多い‥。姫を起こさないように松葉杖で通るのがちょっと面倒です(笑)。

2014年05月26日 (月)
■ 【骨折 22 日目】 アンクルウェイト

アンクルウェイト
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.8 1/5 EV-0.3

松葉杖では思うように動けないので悶々とした日々が続くわけですが、「治ってきている感」のようなものがあるわけでもないので、まさに忍耐の日々‥という感じです。ギプスが取れる予定は手術から 6 週間後‥と言われているので、ようやく 3 分の 1 を超えたばかりだというのにね。それでも確実に時間は経過しているわけで、今週末になれば半分経過です。

骨折初体験ゆえ、当然ですがギプスも初体験。足首が勝手に動かないように固定しているわけで、それに関わる筋肉も動いていないわけです。もちろんそれだけではなく、歩くという行為をしていないので、正直言って左脚は使っていないに等しい。筋肉を使わないでいると、使わない状態に落ち着いてしまうので、筋力もどんどん落ちてしまうそうです。

何となく、ふくらはぎが若干やせ細ったか?と感じなくもないのですが確認するわけにも行かず‥。せめて動かせる筋肉は動かしておこう、多少は負荷を掛けて運動量を増やしてみよう‥。気休め程度かもしれませんが、足首に装着するアンクルウェイトを買ってみました。でもコレ‥リストと共用なので若干細め。ギプスの上だと両方使わないと装着不可でした‥。

2014年05月25日 (日)
■ モスバーガー

モスWバーガー
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/21 EV-0.3

モスバーガーを初めて食べたのは高校生の時でしたかね‥。当時、友人たちは「モスはうめぇ‥」とモスの信者続出状態だったような気がしますが、私はそこまでモスに入れ込む感じじゃなかったですね。ハンバーガーそのものがあまり好きじゃなかったのかなぁ‥。今となっては当時のことなど思い出せないので、ハッキリしたことは分かりませんけども。

それでも強烈に覚えていることはひとつだけあって‥モスバーガーのソースは必ず最後に残ってしまうので、紙袋に残ったソースを舐めるように吸い取って食べ終わるというあの独特(?)の食べ方。それとテリヤキバーガーを最初に食べた時は強烈でしたよねぇ。マヨネーズもドバッと乗っていて、モスは溢れさせるのがポリシーなのか?と思ったり‥。

ハンバーガーって典型的なファストフードだというのが一般的な認識だと思うのですが、モスの場合はその印象が薄い‥。だもので、モスで食べるのは何となく構えて行かないといけないんじゃないか‥という「変な勘違い」をして「だったら違うもの食べない?」となってしまうのです。それでも、たまに無性に食べたくなるのがまた不思議だったりするのですよね。

で、久しぶりにモスに行きました‥昨日ですが。おなか一杯になりたかったので、モスWっていうのを選んだのです。もちろん相変わらずたっぷりのソースは最後にしっかり残り、いいオッサンが子供のように口をソースだらけにして食べ終わり‥。あ~、モスの美味しさって残ったソースまでしっかり食べようと思わせるココにあるのかな‥なんて今更ながら感じました。

2014年05月24日 (土)
■ アイルトン・セナ


RICOH GX200 28mm ISO135 F2.7 1/32 EV-0.3

今日は一週間ぶりの通院の日です。先週、おっかなびっくり自動車を運転して行ったわけですが、今日は全然平気でしたね‥。とはいえ、怪我をしたのが左足だからこそ出来る技であって、右足を骨折だったらさすがに運転は無理でしょう。そういう意味では怪我をしてしまった中でもラッキーなことは重なっているのだなぁと感じています。ま、たまたまでしょうけど。

病院ではレントゲンを撮ってピンがぶっ刺さっているところの処置をして終わりです。手術後、2 週間しか経過していないので、骨がくっついて‥なんてこともあるはずもなく(?)先生に「特に問題は無いですね~」と言われて終了。今日は執刀してくれた先生じゃなかったのですが、抜釘は執刀してくれた先生のほうがいいなぁ‥などと漠然と思ったり‥。

その後、ヨガに行っているカミさんを迎えに行って昼食をとり、買い物をして帰る‥という大人しい休日。久しぶりに本屋をフラフラしたい(先週は回りに目もくれずに frm を買っただけ)と思い、アカデミアの雑誌コーナーで目についたのがアイルトン・セナの顔。auto sports がセナの追悼を特集にしているようで、セナ好きの私としてはつい買ってしまいました。

アイルトン・セナが亡くなった 1994 年 5 月 1 日から既に 20 年も経過しているのですね‥。セナがイモラで命を落としていなかったら‥その後にフェラーリでキャリアを終えるはずだったなどという話を聞くと、本当に惜しいことをしたと思います。その彼が今も生きていれば 54 歳。世の中に「もしも」は無いと言いますが、「もしも」があって欲しいのがセナでした‥。

2014年05月23日 (金)
■ カツ丼食って気合

今日のお昼はカツ丼!
RICOH GX200 28mm ISO68 F2.7 1/32 EV-0.3

来月‥仕事でお客様に説明をする機会があるのですが、その資料を作る時間がなかなか割けなくて悶々としています。最近、そういった説明用の資料作成をする機会があると、資料の作成に取り掛かるまでに非常に時間が掛かってしまうのですよね‥。何となく自分の中で一連のストーリーが組み立てられないと資料を作る気にならないというか‥。

そろそろ時間の余裕がなくなってきているので手をつけなければ‥とは思っているのですが、今日も結局下調べをちょこっとやっただけで終わってしまいました。まずいなぁ‥とは思いつつ。それに何より本職‥っつ~か、メインでやっている仕事のほうがスケジュール的にはまだ余裕があるのだけれども、ちと梃入れしておかないとヤバげな感じなのですよ。

あー!もうどっちもダメ!!‥って、放り出すわけには行かないので、ガンバルしかないんですけどね。という思い(?)が通じたのかどうかは分かりませんが、今日のお昼ごはんはカツ丼でした!会社ではソバかうどんのどちらか、自宅勤務時の外食はラーメン‥ってことで、カツ丼好きの割にはあまり食べないのですが。でも、カツ丼って食べると力が出る気がしますよね~。

2014年05月22日 (木)
■ コーヒーミル

ザッセンハウスのコーヒーミル
RICOH GX200 28mm ISO84 F2.7 1/32 EV-0.3

朝起きて‥子供を見送ったらリビングで仕事開始。トイレに行くのと昼ごはんを食べるのと、時々来る荷物の配達に対応するのと‥それ以外はお尻から根でも生えるんじゃないかというほどに椅子に座って過ごしています。最近では座ってばかりいるのは体に悪いという理由でデスクワークも立ってする会社なんかもあるくらいですから座ってばかりいるのも嫌になります。

私、コーヒーが結構好きなのでよく飲むのですが、家で仕事をしているときも自分で淹れて飲んでます。といっても、それほどの拘りがあるわけでもなく、行きつけの店で買ってくるブレンドはペーパードリップ用に挽いてもらってしまいます。ドリッパーにペーパーをセットして、粉を入れたらお湯を注ぐだけで終わりなので、掛かる手間はゼロという感じです。

ここ最近は毎日家にいるわけで、コーヒーの消費量もそれなり‥。ついに粉が無くなってしまいました‥と、そういえばキャンプに持って行ってた豆があるじゃない。ということで、これまたすっかりキャンプ道具になってしまったザッセンハウスのミルを引っ張り出してきて、いつもよりはホンのひと手間掛けてコーヒー淹れてます。ホンの少しだけど美味しくなった気がします。

2014年05月21日 (水)
■ 【骨折 17 日目】 足袋?

足にバンダナ巻いてます
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.0 1/18 EV-0.3

ここ最近、天気がよくて暖かい日が続いていましたが今日は久しぶりに雨降りで天気が悪いです。それだけではなく、この時期にしては肌寒い‥。ポロシャツ 1 枚でいたらマジで寒いので、ずっと出しっぱなしになっている(それってどうよ?)薄手のダウンベストを羽織って過ごしてました。さすがに暑い‥ということもなかったのでそれだけ気温が低かったのね。

それにしても家の中で‥おそらく 10m 四方程度の中だけで過ごしているわけで、激しい運動不足感がタマリマセン。当たり前ではありますが、左ふくらはぎの筋肉などはだいぶ落ちてきているんでしょうなぁ。足で動かすことができるのはせいぜい指だけで、足首は全く動かすことができないので、ふくらはぎの筋肉は全く使っていない感じ‥。

ところでギプスの踵の部分に穴が開いているところ‥今はキレイにしっかりテープで塞がれていますが、退院直後は微妙にユルかったのか着替えをするうちにめくれてピンが見えるという怖い体験(笑)をしました。なので変にこすって外れないようにと、バンダナを足袋(?)の代わりに使ってます。汚い足先(笑)も見えないので一石二鳥かも!

2014年05月20日 (火)
■ 【骨折 16 日目】 松葉杖チューニング

松葉杖を短くしてみた
RICOH GX200 28mm ISO154 F4.8 1/32 EV-0.3

松葉杖って木じゃないんだー!って言ったら「どんだけ昔の話だよ?」って笑われました。今はもう軽量なアルミ製の松葉杖が標準なんですねー。街中で松葉杖の人を見かける機会があったとしても、細かいことなんて気にしてませんから意外と気づかないものです‥って、そんなの私だけ?自分はそこそこ観察力があるつもりでいたのですが、そんなこともなさそう。

人の背丈は色々ですから、松葉杖だって色々なサイズがないと困ります。私が借りている松葉杖は 3 種類の大きさがあるようですが、長さについてはそれぞれ微調整が出来るようになっていて、人の身長のバリエーションに対応できるようになっています。私が使っているやつは 157cm から 178cm の範囲で目盛りが付いているのですが、穴は等間隔に開いているのに書いてある数字が等間隔になっていないのが面白い。

ちなみに私の身長は 179cm なので一番長くなる 178cm の位置にしていたのですが、ちょっと長い感じがしていたのでひとつ下の 175cm の位置に変えてみました。数日試してみましたが、こちらのほうが使いやすいかな‥。私は比較的狭めの幅で突いているみたいなので、そのせいですかね‥。ついでに、さらにひとつ下の位置も試してみようかな‥変えるのは簡単だしね。

2014年05月19日 (月)
■ クレイジーパターン

UNIQLO のポロ
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.8 1/64 EV-0.3

6 週間のギプス生活を宣言されちゃったのと、その間は基本的に自宅勤務で過ごすので、脱ぎ穿きのしやすいパンツでも買ったらどう?というのはカミさんからの提案。それもそうだよね‥ということで、邪魔にならないちょい短めのパンツでも買いましょうということになりました。もちろん探す先はユニクロのオンラインショップです。

ちょうどスリークオーターのパンツがあったので(って、今の時期なら必ずあるよね)、オリーブとカモ柄の 2 本を注文しました。これで快適に生活できますね‥ってことでひと安心。ついでに買いたいものが無いかなぁと思って色々と探してみたところ、目に飛び込んできたのが写真のポロシャツです。今年はポロシャツの種類が多いのかな?

カラーが 2 パターンあったので、両方とも買ってしまいました。いやぁ‥クレイジーパターンと言われているツギハギみたいなタイプのシャツって好きなんですよ。ポロシャツでこういうのは珍しいかもしれなけど、普通のカジュアルシャツでクレイジーパターンのやつはいくつも持ってます。何とも気分がウキウキする感じがして好きなんですよねぇ。

2014年05月18日 (日)
■ 家ラーメン

今日の昼ごはん‥ラーメン
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/21 EV-0.3

そろそろ二郎が食べたいなぁ‥という気分ですが、怪我をする前に比べると間違いなくカロリー消費量が少ない体になっていますので、二郎なんか食べてしまってはそれこそ「デブまっしぐら」状態になってしまいます。それに何より、こんな不自由な体勢で二郎に行ったりしても迷惑になるだけ。ということで二郎のお楽しみはしばらくお預けです。

だから‥というわけではありませんが、今日の昼食は家ラーメンでした。家と言っても家系の家ではなく、自宅で食べるラーメンという意味での家ラーメンです。平たく言えばインスタント麺といったところでしょうか。インスタントとは言っても乾麺ではなく生麺タイプですから、それなりの味を楽しめます。もちろん二郎にはかないませんけど‥。

カミさんが作ってくれる家ラーメンは、基本的に野菜をいっぱい入れてくれます。もちろん、二郎の野菜の量とは比べ物になりませんけど‥。今日は無かったですが、煮豚を作り置きしている場合だと煮豚が入ってさらにゴージャスな感じになります。その結果、結構満足できる家ラーメンになるわけです。でもやっぱり‥二郎が食べたいです。

2014年05月17日 (土)
■ 【骨折 13 日目】 運転

骨折中の運転
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/45 EV-0.3

自宅勤務の 1 週間が過ぎて、今日は通院の日‥です。手術してから 1 週間が経過したわけで、まずは最初の関門という感じでしょうかね?今はまだ踵にピンが刺さっているわけですし、経過観察ということでレントゲン撮影が主な目的みたいなのですが‥。とりあえず、何とか自分で運転できるんじゃないか‥ということで、二週間ぶりに運転してみることにしました。

なのですが、昨日の冒険が祟りまして朝起きたときから主に上半身が痛い。続けたら絶対に上半身のトレーニングになるだろうという感じですが、最初はなかなかそんな気にもなれず‥。とはいえ、痛いからといって何もしないのは一番イケナイわけでして、ちょっぴり怖い感じがする‥という気持ちは捨て去って運転してみました。いや‥実際のところは何も痛くないのですが。

結局、カミさんを送って自分で病院に行って‥とやったわけですが、自動車の運転ができるというのは有り難いことです。自動車の運転さえできれば昨日のようなことは無いわけですが、自動車に頼ってしまえば楽ですが体力は低下し続けるわけで‥。どっちがいいかどうかは微妙かと思いますが、体が動くうちは楽なほうばかりを選択しないほうがいいかもしれません。

2014年05月16日 (金)
■ 【骨折 12 日目】 マメ

松葉杖で外出
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/133 EV-0.3

今週から本格的に仕事を再開。まぁ、自宅勤務が可能な職種なので、今までも週に 2 日ほどのペースでやっていた自宅勤務が週 5 日ペースになるだけ‥なんですけどね。自宅勤務などと言うと先進的でカッコいいように聞こえるかもしれませんが、要は引き篭もりってことですよ。いい大人が一日中家の中に閉じこもって PC の画面と睨めっこ‥。やってることは仕事ですけど。

しかし、引き篭もりも 5 日目となると飽きてくる‥というか、たった 5 日で飽きてどうすんだ?という気もしますが、飽きちゃったのだから仕方ない。あれだけ嫌だった東京勤務ですが、移動して違う風景に触れて‥っていう時間は大切なんだなぁと改めて思いました。それにしても家の中にいるのは飽きた‥。昨日は frm の発売日だし本屋にでも行ってみよう!

ということで、真昼間に本屋に行ってきました。普段、電話で話すことの無い仕事なのでまず大丈夫ですが、それでも仕事の電話が掛かってくるとアレなので、会社の携帯電話と自分の iPhone を先日買った Lovell のバッグに入れ、幼稚園児よろしく肩から斜めがけにして出発!

うちのマンション‥エレベーターの停止階が各階に無い構造なので我が家の玄関からは 1 階分を階段で下るのですが、片手で壁を押さえつつ松葉杖で降りました。こりゃ高齢者のこと考えたら手摺りは必須ですよねぇ。マンション設計をする会社なんて本当にいい加減なものだ‥ということが分かります。

では頑張って行きましょう!と、気合を入れて歩き出します‥が、うへぇ‥なかなか進まない。

いや、、分かってはいたんですがとにかく遅い。私、普通に歩ける時は大股で歩きますしスピードは速いほうだと思います。だから余計に遅さを感じてしまうわけです‥仕方ないですけど。当然ですが階段を避けての最短ルートを選択してノロノロ移動です。

なんか、スゲー疲れるんですけど‥。

時々現れる「座れる場所」で休憩を取りつつ進みます。そうこうするうちに汗がかなり出てきました。ポタポタと汗を地面に滴らせながら日陰を選んで歩きます。上の写真は日陰でしばしお休み中の図。握り手のところに巻いてあるのは単なるバンダナですが、過去の利用者の手垢か何かでヌルヌルするのが嫌なので装着したもの。私は結構平気なほうなのですが、それでもヌルヌルしてくるのはあまり気分がいいものではないので‥。

休んだり歩いたりを繰り返しながら何とか本屋に到着‥目当ての本以外も色々見て‥なんていう余裕はゼロで、早く家に帰って一回ゴロっと横になりたい!でも、今来た倍の距離をノロノロと歩いて帰らねば布団には到達できません。頑張れ俺!

帰りは小学校の下校時間と重なったようで、家に向かう多くの小学生とすれ違います。ちょっと面白かったのは、女児 2 名と男児 1 名に「こんにちは!」と挨拶されたこと。もしかして「自分の家の近くで見ず知らずの怪しいオジサンを見かけたら挨拶したほうが却って犯罪抑止になる」みたいな教育をされてるのかしら?なんて思ってしまいましたよ。途中、すれ違ったお年寄りに「骨折かい?」なんて話掛けられたりして、なんとなく他人の優しさに触れた感じがしました。

そうこうしているうちにようやくマンションの敷地に差し掛かりました。あとちょっとでエントランスに到達だ~というときに「何だかずいぶんと手が痛ぇなあ‥」と思って掌を見てみたら‥マメが出来てるじゃありませんか。

松葉杖でマメができました
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/48 EV-0.3

ちょっと写真では分かりづらいですが、写真の中央あたり‥掌の親指の反対側の盛り上がった部分にマメができてます。それも両方の手に左右対称でキレイに揃っているではありませんか‥などと感心している場合ではない。それにしてもマメなんていつ以来でしょう?

掌への力の掛かり方が気に食わないなぁ‥とは、歩きながら思っていたのです。だからマメができちゃうわけですが、こうも簡単にできてしまうとは。握りの部分の前方が少し下がっているほうが掌全体でグリップできるので、マメもできにくいと思うのですが、そういう感じに改造できないかな‥。松葉杖の形状って人間工学を無視し続けて何の進化もしていないんじゃないかと思うわけですが、少なくともこのグリップの部分はもう少し改良されてもいいと思いますね。

世の中、同じようなこと思っている人でもいないかなぁと色々と探していたら‥スゴイものを見つけました。Sit & Stand っていう松葉杖要らずの歩行補助装置。素晴らしい!これぞイノベーションですよね。残念ながら商品化までは行ってないみたいですが、しばらくするとこれを使って歩いている人を見かけるかもしれません。いやぁ、それにしてもどうせならコイツを使ってみたかった。(下の図は上記 HP から拝借しました)

Sit & Stand

てなわけで、両手にマメを作って、普通に歩ければ往復 30 分程度で帰ってこられる本屋まで松葉杖で行ってみたわけですが、結局、1 時間半掛かりました‥。来月に仕事で東京に行かねばならない日があるのですが、これは結構大変だわ。とりあえず「ラッシュアワーは絶対に無理だから時間調整してよね」と、エラソーな態度で臨んでいるわけですが、まぁ何とかなるじゃろ。

さて、わざわざ辛い思いをして、1 時間半掛けて買ってきた本は frm です。フリーライドマガジン。日本で売っているモーターサイクル本の中では 1, 2 位を争うと思えるゴキゲンな本です。

frm  JUNE 2014 Vol. 52
RICOH GX200 28mm ISO104 F2.7 1/32 EV0

この調子では 2014 年中に注文まで行き着けるのだろうか?という状況になってしまっているモーターサイクル・ライフなわけですが、今はもうひたすら早く骨をくっつけて 1 日も早くリハビリに突入するのを目標にする以外にありません。そのためにも frm でも眺めて「モーターサイクル再デビュー!」へのモチベーションを高く持ち続けることが必要なわけです。そうやってモチベーションを高く保つことによって骨の成長も一段と早く‥なんてことはさすがにありませんかね。

2014年05月15日 (木)
■ 【骨折 11 日目】 体で稼ぐ?

保険金の支払い案内
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/28 EV-0.3

骨折しちゃった‥というのは仕方ないとして、色々とお金が掛かるわけじゃないですか。まぁ、2 年ほど前の外傷性くも膜下出血による入院騒ぎのときに比べれば、2 泊で退院してきましたし退院時に払ったお金もずっと少なくて済みました。とはいえ今回は手術もあったわけで‥医療費の仕組みってよく分かりませんよね。分かったところでどうにもできないし‥。

安かろうと高かろうと保険で少しでもカバーできるといいなぁ‥と、思ったのですが病気はともかく怪我の保険って基本的に入ってなかったような。というか、実は自動車の任意保険が (免責事項が色々とあるでしょうが) 自動車事故以外の怪我なんかもカバーするような特約が付いていたりしたので、いざというときはそれを使えばいいよなぁ‥なんてお気軽に考えてました。

しか~し、LEVORG 待ちの間は父親の車を譲り受けており、特約があったとしても私には適用できないハズ。あ~、と思っても後の祭り。とりあえず‥と思って自分の医療保険を調べたら怪我による入院などもカバーしているようで、たった 2 泊だからわずかなものではあるけれど、保険金が下りるみたいです。ちょっぴりラッキー?この後の通院も半年分までは給付金が出るみたいだから、リハビリが始まったら通いまくって保険金で儲ける?

万が一、保険金のほうが多くて黒字になっちゃったりしたら、骨折したことで手に入れたお金ということになるわけで‥これは文字どおり「体で稼ぐ」ということになるんでしょうか?(笑)

2014年05月14日 (水)
■ SEIN

SEIN Vol.01 May/2014
RICOH GX200 35mm ISO104 F2.9 1/45 EV-1.0

数日前に SIGMA から何かが送られてきました。A5 版くらいの大きさでしょうか‥SIGMA らしいモノクロの表紙に小さく SEIN と書いてあります。表紙をめくってみると、SEIN はドイツ語だそうで、「存在」という意味を持つ言葉‥だとか。そういや、大学の第二外国語はドイツ語だったのに、そんな言葉はとっくの昔に記憶の彼方です‥って、その前に覚えてないという話も‥。

ページ数で言うと 30 ページ弱の写真集というか読み物というか‥。これは、SIGMA の広報誌に相当するものなのだそうです。SIGMA が初めて作ったものだそうで、Vol.01 と表記されています。どうも、SIGMA ユーザー(カメラ 1 台以上、またはレンズ 2 本以上の所有者でユーザー登録している人)に郵送したみたいですね。一応、私も初代 DP1 を持つ SIGMA ビギナーなので、私のところにも送られてきたというわけ。

dp2 Quattro
RICOH GX200 35mm ISO64 F3.4 1/32 EV+0.7

で、裏表紙の内側には dp2 Quattro の広告が‥。今年の CP+ で見て「これは買うぞー!」と決意したカメラですが、最初に出てくるのが dp2 ということで私にとっては都合がよいですね。発売時期や値段についてはまだ分からないのですが、初代 SD1 が出たときのようなオドロキの高額‥になることはさすがに無いでしょう。あ~、早く Quattro センサーが出す画像を見てみたい。

そういや‥ここ最近はお気楽さに負けて GX200 ばかり使っているんですよね。SIGMA ユーザーです‥なんて恥ずかしくて言えない状況です。久しぶりに DP1 を持ってフラフラと散歩にでも行ってみようかな。あ‥今は松葉杖生活なのでした。姿勢を色々と変えるのが難しいので、下手くそなスナップ写真ばかりになっちゃうかな‥って、松葉杖でなくても大した違いは無いけど。

2014年05月13日 (火)
■ 初鰹‥じゃないけれど

鰹サラダ?
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/10 EV-0.3

もう横浜あたりでは「目には青葉‥」の季節は若干過ぎてしまった感じもしますけど、今は緑が美しい季節ですよね‥。横浜に比べるとだいぶ標高が高くなるいつものキャンプ場あたりだと、まだ春になったばかりの感じなんですよね。だから、GW にキャンプに行くと「春を二度楽しんだ」感じになるので気持ちいいのです。でも、今年は楽しみ切れなかったですけど‥。

今は気候がいいですし、体力維持のためにも天気のよい日は散歩にでも出かけたいところですが、ピンの突き出た踵のまま外出するのは何となく気が引けるというか‥。予定では 1 ヶ月ほど今の状態のままで変わりないのだから、思い切って外に出てみたほうがいいのですかね?それこそ港北ニュータウンの緑道 1 周したらすごい運動になりそう。ま、さすがにそれは無理か‥。

ということで、今はまだ籠の鳥よろしく家の中に引き篭もった生活になっています。それこそ「ニートおやじ」‥って、シャレにならんですか。1 日中家の中にいて留守番しているような状態ですから、誰かが帰ってくると何とも嬉しいのです。夜になってカミさんが帰ってくると夕食なのでさらに嬉しい‥まさにペットの気持ちが分かるというか‥。

今日の夕食は鰹(と、つくね)でした。今年の初鰹‥ではないのですが、たっぷりの緑と一緒にいただくと美味しいんですよね~。これ、キャンプ場で食べるとメッチャ旨いんですよ。あああ、こりゃキャンプ消化不良だな‥早くよくなってキャンプに行きたいです。焚き火の煙に燻されないと苦しくなってくるぅ‥って、普通は燻されると苦しいですかね?(笑)

2014年05月12日 (月)
■ 【骨折 8 日目】三点支持

松葉杖
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.0 1/30 EV-0.3

山登りをする人なら「三点支持」という言葉を聞いたことがあるでしょう。両手・両足を使って昇り降りしなければならないような場所では、両手・両足のうち 3 本は地面とコンタクトした状態を保ちなさい‥ってやつですね。3 本 (三点) は地面とコンタクトした状態を保ちつつ、残りの 1 本の場所を変えることで全体的に少しずつ移動して行く方式です。

両手・両足の 4 点でコンタクトしている状態が最も安定しているわけですが、移動する場合でも安定になるべく近い状態を保って安全性を高めたい‥というわけですね。しかし、今は左足を絶対に地面に着いてはいけない状況なので、最も安定している状態でも 3 点でのコンタクトです。つまり、移動する場合の基本は二点支持‥ということになるでしょうか。

しかし、松葉杖を使いつつ二点支持をやってしまうと、移動スピードがさらに落ちますから、実際には二点支持と一点支持を交互に繰り返す‥という感じになりますけどね。もちろん、どちらも三点支持に比べれば明らかにバランスが悪い‥。だもので、いくら松葉杖に慣れたとしてもバランスを崩さないよう注意しなければなりません。で、コレが意外と疲れるんですね‥。

2014年05月11日 (日)
■ 夏野菜のチーズ焼き

夏野菜のチーズ焼き
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/15 EV-0.3

これは昨日の晩ごはん。退院のお祝いに‥ってことで、カミさんが力を込めて (?) 作ってくれた夏野菜のチーズ焼きです。夏野菜というだけあって基本的に夏の料理なのですが、やはりコイツを食べると「夏だな~」という気分になりますね。この料理はすっかりわが家の定番料理になっていて、毎年夏がやってくると楽しみな料理のひとつです。ちなみに 2014 年では初めて。

秋になれば秋らしい野菜を使って同じように食べたりもするけれど、やっぱりコイツが黄金の組み合わせだなぁと感じます。トマトとナスとズッキーニ。何より色の取り合わせが何ともキレイな感じですよね。料理も非常に簡単なので、これなら私でも作れるはずです。ま、できたところできっと見た目がイマイチだろうから美味しそうには見えないでしょうけど。

基本は野菜料理なのですが、チーズがたっぷりと入っているのが美味しさのポイント。暑い夏は汗をいっぱいかきますから、チーズの塩気がちょうどいい感じなんですよね~。でも‥今年の夏はいつもの年より汗をかく量が減ってしまいそうだから、嬉しさ半減になってしまうのかしら?松葉杖も汗かきそうだけど、自転車に乗った時の汗の量には負けるでしょうからね。

2014年05月10日 (土)
■ 【骨折 6 日目】よそ見

キャンプ場にて‥
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/45 EV-0.3

病院に 2 泊ほどして自宅に帰ってきましたが、やはり自宅はとても落ち着きます。病院でもよく寝られたほうだと思いましたが、自宅の布団の上で寝るほうがはるかによく眠れますね。

さて、今回の骨折騒ぎですが、そもそも骨折事故が発生したのは 5 月 4 日の未明のことでした。3 日にキャンプ場入りし、美味しい食事とお酒を味わっての一晩目。夜中にカミさんがトイレに行きたいと言い出しました。時刻は午前 3 時半くらい。私もついでに行っておこうということで、カミさんと一緒にテントを出て少し離れたところにあるトイレに向かいました。

トイレに行く際、小さな橋を渡って行くのですが、橋の上では視界を遮るものがなくなるので空がとてもよく見えます。晴れて天気がよいので当然ですが星も非常によく見える‥。久しぶりに見上げるキレイな星空と、慣れたキャンプ場にいるという妙な安心感が重なったせいでしょうか‥星を見上げながら橋の上を斜めに歩いていたようです。

そのまま橋の端に躓いて、踏ん張ろうと思ったところは既に空中‥。見事に橋の下に転落です。高さはそれほどでもないと思うのですが、何せ「よもや落ちるとは思っていない」状態での落下ですから、身構えることもできずに地面へ一直線。瞬間的に何が起きたのかを感じたときには既に地面に着地していました。左足が痛いけど、とにかく橋の上に上がります‥。

カミさんの肩を借りてテントに何とか戻り氷で冷やしつつ朝を待ちました。骨折の経験は無いので骨が折れているんだか大丈夫なんだか分からなかったのですが、足をつくことが全くできないことと、足首の腫れが尋常ではなかったので、ひとまず病院に行くことを選択。友人の車に乗せてもらって病院に行ったところ、骨折が確定‥と。

それでも整形の先生が診てくれたから一発で骨折しているという判定が下りましたけど、その前に診てもらった休日担当だった別の科の先生は「分からない」と言ってましたからねぇ。そのまま湿布だけされて帰されたわけではなかったのが幸いかもしれません。あの状態で足を固定されずに帰ったらさぞかし辛かったろうなぁ‥考えただけで痛いです。


というわけで、骨折のそもそもの原因は、私が「よそ見して橋から落ちた」という何とも情けないものです。もう笑いのネタにしかならない程度のくだらない原因。ですから、今後の人生において是非とも笑いのネタにして行こうと決意しています(笑)。

会社で若い者に対して‥うちらの仕事は手が命だから、(スキーなどで)腕の怪我をするのはまずいので、怪我するなら足にしとけ!‥と、もちろん冗談で言っているのですが、これは早速撤回。足の怪我で松葉杖のお世話になると行動スピードが極端に落ちるし行動範囲も狭まるので、足の怪我のほうがマシなんて言ってはいけません。そんなこと言ってたバチが当たったのかもよ‥。


カミさんは「あのときトイレに行かなければ」なんて言いますけど、そんなことは言っても仕方ありません。「橋に手すりがついていれば」落ちないで済んだわけですが、電車のホームの柵とはわけが違うのですから、そんなことは微塵も思いません。個人的に自然に近いところに変な工作物を設置するのは大嫌いなので、手すりの無い橋のままでいて欲しい。

ま、言えることは「よそ見」はいかんということです(笑)。慣れたところだからこそ、足元をしっかりと見なければいけません。よそ見をするなら立ち止まること。「歩きスマホ」は危険って言いますけど、それってつまりはよそ見をしながら歩いているわけですからね‥危険ですよ。歩くときは足元を視界に入れつつ、前を見て歩きましょう!という何とも当たり前なオチでした。

2014年05月09日 (金)
■ 【骨折 5 日目】とにかく退院

ギプスで固定されてます
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.4 1/23 EV-0.3

点滴もされたままなので、思うように体位を変えたりできないのが辛かったですが、それでもよく寝ることができました。無理して我慢していたわけではないのですが、夜の間に尿瓶の世話になることもなく、朝には自分でトイレに行かせてもらえたのもラッキー。松葉杖で歩くことができれば、今の時点では「これ以上することは無い」ということで退院していいそうです。

病院ではベッドに寝ていれば OK なので楽ですが、気分的には自分の家で過ごすほうが絶対に楽なので、迷わずに退院を選択します。退院は午前中なので随分と慌しいかと思ったのですが、病院の朝は早いですから退院までの間も結構な時間があります。まずは、ちょっと寂しい(笑)朝食を摂って、しばらくしたらドクターの回診がありました。

私の左足はギプスで固定されているので、特に何も無いのかなと思っていたら‥ドクターの右手には怪しい機械が‥。もしやそれはグラインダー?うつ伏せに寝るように指示されベッドに寝ると、キュイイイイイィィ~~ンという音と共にギプスの一部を切り取られます。そう‥私の左足踵には踵骨を固定するためのピンが刺さっているのです。しかも足の外に飛び出ている(怖)。

これは「経皮的ピンニング術」という方法だそうですが、折れた踵の骨を金属のピンで本来あるべき位置に固定しておくという手術だそうです。踵にピンが突き刺さった状態になっているので、そこを消毒するためにギプスの一部を切り取られたのでした。私より 1 日後に入院してきた同室の男性が同じ手術を今日受けるということでシゲシゲと観察してましたね(笑)。

よく考えてみるとなかなか怖い状態ですが、しばらくの間はこのまま過ごすということで、病院への通院は基本的に週に一度消毒に行くだけとのことです。ということで今日はここまでで退院。短い間でしたがお世話になりましたー!と、ナースステーションに挨拶して自宅に向かいました。

手術はとりあえず無事に終わった感じですが、やっとスタート台に立ったところです。

踵の骨折は特に珍しいものではないそうですが、リハビリが大変で痛み等の後遺症が残りやすい骨折のひとつだそうです。私の場合は距踵関節が少しズレ(転位)ていたようで、その分、リハビリも大変なんじゃないかと想像しています。でもね‥単に歩ければいい‥というレベルで我慢するつもりは毛頭無いので、大変でも頑張りたいと思います。

2014年05月08日 (木)
■ 【骨折 4 日目】手術!

手術後なんで動けません
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/17 EV-0.3

今日は手術の日。手術は 4 番目とのことで午後 2 時頃になるのではないか‥とのことでした。朝の 7 時以降は水も飲んではいけないとのことで、ベッドに寝て大人しくしている以外のことはありません。昼前に手術着に着替え、点滴をしたまま待ちます。不織布のようなダボダボのパンツを穿いているので、股間の「落ち着かない感」が軽減されるのはヨシ。

遅くなることはあっても早まることは無いよなぁと思っていましたが、その通りで結局は 3 時 25 分から手術開始とのこと。その少し前にストレッチャーに乗せられて手術室へ向かいます。手術室に入るのなんて小学生以来のこと‥まぁ、あまりお世話になりたいところではありませんけどね。手術室前でカミさんとしばしの別れ‥無事帰ってくるよ~。

手術室の前室で病棟の看護士さんから手術室の看護士さんにバトンタッチ。3 人に次々と自己紹介されましたけど、名前覚えるの苦手なんです(笑)。そして手術台の隣にストレッチャーが横付けされました。お~、最近の無影灯はカッコイイ‥なんて思ったけど LED を使っている最新はもっとカッコイイみたい。楽しむ間もなくどんどん手術の準備が進みます。まさにされるがまま。

次は麻酔医のドクターの自己紹介。スピード上げるために全身麻酔なんだろうなぁとは思っていたけど、その通りでした。「少し眠くなる薬を入れますね」と言われ、点滴のところからややピンク色がかった(ように見える)白っぽい液体を注入され、体全体が暖かくなってきたなぁと思った瞬間に意識喪失。その後、名前を呼ばれて気づいた時には手術は終了してました!

入って来たときとは逆のルートをたどって手術室の外に出るわけですが、前室の時計を見ると 4 時 19 分‥事前に言われていたとおり、1 時間ほどで手術は終わったようでした。この時点で「左足の踵が出来ている感」があり、ちょっと不思議な感覚でしたね。それにしてもゴリゴリやられたのでしょうか‥左踵というか足首付近が痛いです。あと、喉の違和感もありました。

手術後に自分のベッドに移されてから起こされたので、そのベッドのまま病室に入れられて終了。事前に頼んだとおり、右半身をやや下側にした体勢で寝せてくれたのが楽でした。でもやはり左足がズキズキと痛い‥。これを我慢するのも辛いので、痛み止めの座薬を入れてもらったところ数分で痛みは引いて行きました。とりあえず手術は終わったということでひと安心です。

それにしても全身麻酔ってスゴイですねー。風邪引いたときのように喉の違和感が残るのが嫌ですけど、それ以外は別に何ともありませんでした。「全身麻酔はキモチワルイよ~」と脅されていたけど、そんなことも全く無く‥。すぐにお腹もグルグルと目を覚まし、「お腹が空いたぞー!」とグゥグゥと鳴り出す始末。でも今日は何も食べちゃいけないんだってよ。

そうは言っても実際には疲れているのでしょう。ウトウトしながら過ごすうちに夜になってしまいました。起き上がるわけにも行かないので、腕を伸ばして足元方面を写したのが今日の写真。消灯前の薄暗い中に、いかにも病院!ってな感じのベッドと布団が写っているだけですが(笑)。右足は血栓防止のための空気でシュコシュコする機械をつけてもらっているのですが、これがマッサージしてもらっているようでとてもキモチいいです。姫が右足にまとわり付いている夢を見たのが何とも可笑しかったですね。

そんなこんなで、手術当日も無事に過ぎて行きました‥。

2014年05月07日 (水)
■ 【骨折 3 日目】どんなふうに折れてるの?

病院のベッドの上にて
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/11 EV-0.3

やや見苦しい写真でスミマセン。

ドクターの紹介状をもって近所の病院へ‥。GW 明けなので朝イチよりは初診受付の終わり頃に行ったほうがいいのではないか‥という予想のもと、会社への連絡等を済ませてから病院に行ったのですが、これが裏目に出てしまいます(実はよかったのかもしれないけど)。整形外科の世話になるのは小学生以来?というほど縁が無かったので分からなかったのですが、とても繁盛(?)しているというのでしょうか、とにかく待っている人が多い。

それでも予約しておいたのがよかったのか比較的早めに呼ばれました。しかし‥最初に言われた番号とは違うところに入りなさいとのこと‥。連休明けでとにかく人が多いので、まずはレントゲンを撮ってきなさいという指示でした。その際に‥

「随分と酷くやっちゃいましたね‥」(という趣旨。言葉は忘れました。)

と、ドクターから言われ、分かっていたことではありますが、やや落ち込みましたね。(足の固定を外した状態で)「痛くなければそのまま行ってください」とのことなので、腫れ上がった足を人目に晒しつつレントゲン撮影の窓口に移動。ここでもしばし待たされます。時間は既に昼‥やっとのことで呼ばれ、問題の無い右足も含めて両足の足首周りを何枚か撮影。

撮影後に整形外科のほうに戻り、またまたそれなりに待ちます。ようやく先ほどのドクターに呼ばれて説明を受けたのですが、手術が必要なこと、しかし手術枠が一杯になっていてここでは受けられないので別の病院に行って欲しい‥ということを言われました。既に(転院先のドクターと)話は付いているので心配しないで行って欲しい‥とのこと。

私としては骨折の状況などの説明が欲しかったのですが、そういう話はほとんどありませんでした。もちろん質問には答えてくれましたけど、「早く行って頂戴オーラ」を感じてしまったのはとても残念です。朝イチで来ていたら状況が違ったかも‥カミさんは意気消沈でしたが、それは言っても仕方が無いのでちょいと遅い昼を取って言われた病院へ向かいました。


別の病院も実は比較的近くにある病院でしたので、場所的には大差ない感じです。しかし、最初に行った病院に比べると古い病院のせいか、待合室などもやや狭い感じで、待っているのが辛かったですね。今日、入院しなさいって言われるかもね~とカミさんは言っていたのですが、予想どおりそのまま入院になりました。

そのまま入院とは言っても、一通りの検査を済ませてからやっとベッドにたどり着きました。そこで病院のパジャマに着替えたところが今日の写真。この後、混んでいて後回しになっていた CT を撮りに行きます。松葉杖でちゃんと歩けているから一人で行けるよね?と言われて、書類をポケットにつっ込まれて一人で検査に‥。できることは自分でやりましょう!(笑)。

検査が終わって間もなく夕食になりました。病院の夕食時間は早いですからね‥。しかも、病院の食事なんてあっという間に終わってしまうわけですから、食事が終わったら寝るくらいしかありません。幸いなことに病室でのネット接続は OK とのことでしたので、iPhone を使って外部とのやり取りをして過ごしました。しかし、これが無かったら暇で暇でしょうがないですよね‥。

明日は手術するというのに、最初の病院と同様、細かい説明が無かったのがとても残念です。看護士さんはみんなやさしいですし、ドクターたちも感じのいい人なんだけど、なんかこう「患者に向き合ってない感」を受けてしまうのだなぁ。ドクターにとっては踵の骨折なんてフツーのことなんでしょうけど、何せこちらは初めての経験なんですからね。

というわけで、私の悩みを聞いてくれるのは Google 先生なわけです‥。特に踵骨骨折の色々な体験記は本当にタメになりました。ドクター、これでいいのかしら?

2014年05月06日 (火)
■ 【骨折 2 日目】初骨折

骨折しました
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.4 1/23 EV-0.3

キャンプでのアクシデントとは、、これでして、何と骨折してしまいました。この後、新カテゴリーを追加してそもそもの経緯から(ずいぶんと先の話ですが)治るまでを書いてみたいと思います。それにしてもこの歳になって骨折初体験をするとは思ってもいませんでしたし、踵を音読みすると「しょう」だなんてつい数日前までは知らなかったと思います。経験も知識もまだまだですなぁ。とりあえず応急処置で固定してもらっており、GW が明けてからちゃんと診てもらえばいいだろうと 2 名の医師に言われているので、明日になったら整形外科に行ってきます。

キャンプから帰ってきたのは一昨日の夕方なのですが、それから昨日いっぱいはネット上で色々と情報収集をしていました。日頃からネットの威力は感じていますが、こういうときにはとても頼りになりますね。医療の見地からの情報はもちろんですが、何よりも頼りになるのが実際に経験した方々のお話です。そういう情報は自分が通り過ぎてしまえば当たり前のことになるのかもしれませんが、これから初めて経験する者にとってはどれほど心強いものになるか‥。

私のつたない文章ではどれほどのことが表現できるのかわかりませんが、事実としての何らかの情報が提供できればと思います。というわけで、まずは出だしのご挨拶(笑)。しかし、参ったのがモーターサイクル乗りに復活するチャンスがずっと先になってしまったこと。中古で見つけた Husqvarna TE125 を買えるチャンスがせっかく巡って来たのですが、事情をお話して泣く泣く辞退しました。まぁ、まだまだ悩む時間ができたと思って前向きに捉えることにします。

2014年05月05日 (月)
■ とこぶしの醤油バターソテー

とこぶしの醤油バターソテー
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/52 EV-0.3

今日は子供の日。この日は私とカミさんの結婚記念日でもありまして、今年で 24 年が経過しました。ということは、来年には銀婚式ってやつで、何とも早いものだ‥という感じです。24 年を 2 倍したところで私の歳にはもう少し届かないのですが、あと数年経つと人生の半分をカミさんと一緒に過ごしたことになるのですねぇ。ちなみにカミさんとは高校時代に同じ部活で過ごしたので、それも入れたら人生の 70% 程度になるんだ(笑)。

てなわけで、今日はキャンプ最終日‥のはずだったのですが、ちょっとしたアクシデントがありまして昨日のうちに横浜の自宅に帰宅しております。せっかくの 2014 初キャンプが 1 泊スタートというのも残念なのですが、今日は天気もやや悪かったので、晴れている昨日のうちに帰ってこれたのはよかったと前向きに考えることにしましょう。ですので、この写真は今日のものではないのですが、せっかくなので美味しかったものを披露。

キャンプ料理の素材調達は、可能であれば私とカミさんが贔屓にしている逗子の魚佐次でしています。今回もキャンプ前日に逗子方面に行く機会がちょうどあったので、魚佐次で色々と買い込んできました。そのひとつが「とこぶし」だったのですが、まずはシンプルに食べてみようということで、バターと醤油でソテーしてみました。肝をやはりバターと混ぜたところへソテーした身を投入して和えているのが写真のタイミングです。で、これが超絶のウマサでして、ワインが進む進む‥(笑)。これだから食い倒れキャンプは止められません!

2014年05月04日 (日)
■ ちりとり鍋

ちりとり鍋初出動
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/540 EV-0.3

今回のキャンプでは、snow peak 2014 新製品の「ちりとり鍋」を導入しました。私はこいつを使う局面をさほどイメージできていなかったのですが、カミさんの料理魂にピピッと来たらしいです。ということで、取り寄せてもらっていたちりとり鍋をキャンプ前日の 2 日に myX で受け取り、今回のキャンプに持参したというわけです。このちりとり鍋は、焚火台の M と L の両方に使えるそうで、さすが snow peak よく考えているな‥といったところ。

「ちりとり鍋」を使っての初メニューは、、これ何ていうメニュー?とカミさんに聞いたのですが、「テキトー料理」という返事‥。さすがデキル料理人は違います(笑)。素材はやはり前日の 2 日に逗子の魚佐次で入手してきた魚介類なので、雰囲気的には「アクアパッツァのトマト風味」という感じですかねぇ。素材はタコとハマグリと、、よく見えませんがカサゴとタラの切り身も入っています。ちょっと見た目は悪いのですが、素材のよさに助けられて味のほうは最高です。

魚介鍋にパスタ投入
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/104 EV-0.3

大人 5 人で食べるにしても結構な量で、これだけでお腹いっぱいになってしまうのではないかと思えるボリュームでした。が、そこは食いしん坊の集まりですから心配要らず(?)でして、鍋に余裕が出てきたところでパスタを投入。魚介好き、トマト好き、パスタ好きの私にとっては素晴らしい料理に大満足でした。ちりとり鍋もなかなか使いやすいので、これから大活躍してくれそうな予感です。それにしても久しぶりの外メシは最高ですね。これだからキャンプは止められません。

2014年05月03日 (土)
■ 2014 初キャンプ

姫もゆったり
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/42 EV-0.3

ということで今日から 2014 シーズンの初キャンプです。今年の GW は前半の天気がダメダメで、前半にキャンプに行った人は残念だったと思いますが、いつも言っているように天気のことばかりは仕方ありません。逆に天気が悪いのをたまには楽しむくらいのゆとりが欲しいところ。とはいえ、あまりにも天気が悪そうなときには「中止する」という選択肢も視野に入れないとダメですよ。とりあえず GW 後半は天気がよさそうでホッとしています。でも、最終日はちと怪しい感じもする‥。

場所は道志のいつものキャンプ場。当初、子供らも一緒に出かける予定だったのですが、さすがに大学生は色々と忙しいということで結局はカミさんと二人。とはいえ、いつものキャンプ・メンバーと一緒なので、二人きりのキャンプというわけではないのですが。我が家からは二人+姫になったので、レンタカーを借りる必要もなく実家の父親から借りている ist でキャンプに行けることになったのはラッキーかもしれません。

今日は GW 後半戦の初日なので部分的には渋滞してましたけど、それでも許容範囲内で現地に到着。早速、テントとランドステーションを設置したら後はまったりモードに突入するだけです。今回は仕事でキャンプに来られないメンバーがいるのが非常に残念なのですが、その分も飲み食いしてあげるからねー!ということで、いつものメンバーによるいつもの食い倒れキャンプの始まり〜。今回はどんな美味しいものが食べられるんでしょうかね?

2014年05月02日 (金)
■ バイクウェア

MOTO NAVI 2014 JUN No.70
RICOH GX200 28mm ISO80 F2.9 1/32 EV-0.3

もう GW だし、いい加減に注文するかぁ‥という気になっているというのは数日前に書いたとおり。そのために、今週は時間さえあれば Google で検索をしまくっているわけですが、何を探しているのかというと、どれくらいのチューニングが可能かどうかという情報。人気車種ならそんなものを探す必要すらないわけですが、マイナー車種好きとしてはそういう情報をある程度押さえておきたいわけで‥。

色々とイジルことを念頭に置くと、BETA RR4T 125LC が面白そうだなぁという感じがしてきたのだけれども、イジル前のクオリティを考えると FANTIC TZ170ER も非常に捨てがたい。ただ、TZ170ER にはキャブチューンの余地が無いらしく、CVK 以外のタイプを試すことができないらしい‥という部分が大きなマイナスポイント。なんてことをグルグルと考えているだけで、一向に結論が出ないのですが‥。

ということで、車種とは別の情報なんぞを見て気を紛らわすということもやっているわけです。そのひとつは写真の MOTO NAVI が特集している「バイクウェア」です。見た目もカッコよくて当然だけどプロテクターも装着できて‥なんだけど、基本的にオンロード一色なんですよね‥。オフ屋にとっては辛い世の中だなぁという感じなのですが、とにかくマイナー路線大好き人間なので、それはそれで楽しいかも‥しれません(笑)。