14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2014年11月30日 (日)
■ 駐輪場探し

銀座三越の駐輪場
RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/13 EV-0.3

来週からは通常の勤務地が変わるので、しばらくの間は自転車通勤ができないかもしれません。というのは、新しい勤務先は東京のオフィスと同じでそもそも自転車置き場が全く無いのです。東京に自転車で行き始める前、最悪は会社の近所に路駐になるだろうということで、多少のイタズラを覚悟して安めのシングルスピードを買いました。とはいえ、基本的に路駐はしたくありませんから、色々と探しているうちに見つけたのが写真の駐輪場です。ちなみに今度の勤務地には路駐できそうな個所すらありません。

写真のここは銀座四丁目にある三越の地下駐輪場なのですが、そもそも自転車の利用者が少ないことに加えてビルの地下にあるため、色々な観点でベストに近い駐輪場でした。色々な意味で日本一の駐輪場ではないかとすら思っています。今後も東京オフィスに行くことはあるのですが、もしも自転車で行くようなことがあれば間違いなくココを使いますね。で、これだけ理想に近い駐輪場を知ってしまったものだから、新しい勤務先に自転車で行くためには、少しでも条件がいい駐輪場が欲しくなってしまった‥というわけです。

いい駐輪場はないか?‥知っている場所を思い出してみたり、Web で探してみたりしているのですが、少なくとも会社の近所には理想に近い駐輪場は皆無です。そもそも、最近は多少は増えているものの、このような機械式の駐輪場はまだ少数ですからね。しかも、風雨にさらされることのないビルの中‥などというのは非常に珍しいのではないか。結局、横浜駅近辺まで行かないとこのような駐輪場は無さそうなので、東京勤務と同様に自転車で行って最後は電車に乗る‥という生活に落ち着きそうな感じです。

2014年11月29日 (土)
■ ストーブはじめ

灯油ストーブ
RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/45 EV-0.3

今週は寒い日が多かったですね。それでも一昨日と昨日は天気もよく、気温もそこそこに上がったかと思うのですが、今日は一転して雨降りの寒い日‥。と思ったら、雨が降ったら寒いというのは単なる思い込みであって、最高気温は今日のほうがずっと高かったみたいです。相変わらず人間(というか私の)感覚なんて当てになりませんね。まぁ、そうは言っても雨が結構降っていたのは事実です。しかも昼過ぎまで結構な降りかたでしたから、外には出たくない‥。

しかし、夜はそろそろ本格的に寒くなりはじめてきましたから、ストーブの灯油は買いに行きたい。例年だと灯油が少し余ったままストーブのシーズンを終えてしまうので、翌シーズンの最初くらいは残っている灯油で何とかなるのですが、昨シーズンは灯油をキレイに使い切ってしまったので今は全く無いのですよ‥。だから買いに行かなければならない!今晩も何となく寒くなりそうな感じがするので、雨が降ってるから外に出たくない‥などと言わずに灯油を買いに行きました。

ということで、今日から寒いときはコイツで暖をとることができます。いやぁ‥それにしてもストーブは灯油がいいですね。しかも、音が静かな対流型で炎が見えるやつ。もちろん薪ストーブなら言うこと無しなのですが、マンション住まいで薪ストーブはさすがに無理ですからねぇ‥。いずれ、灯油ストーブすら年寄りには危ない!とか何とか言われて取り上げられちゃうと思いますが、それまでは見てても楽しいコイツのお世話になりたいところです。灯油は重くて大変ですけどね‥。

2014年11月28日 (金)
■ さよなら東京

東京タワー
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/410 EV0

今日はやっと自転車通勤ができる天気と道路状況になりました。でも‥あまりにも久しぶりすぎだし、脚力が衰えているのは間違いないからやっぱり電車で行こうか‥などとつい弱音を吐いてしまいがち。いいや、運動しなきゃいかんだろ!と自分に言い聞かせて本当に久しぶりの自転車通勤となりました。ここに書き記しているデータによれば、4 月 23 日が前回の自転車通勤で、そのときが 2014 年の 18 日目で 900km だったとのこと。なので、今日が 19 日目の 950km ということになりますが、950km って‥走ってないですね。

銀座三越にて
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/104 EV-0.3

自転車通勤は着替えなども背負っているので荷物がかなり重いです。最近は量っていませんが、10kg くらいは背負っているはず。それに加えて、それなりの通勤渋滞のなかを 25km 一気に走るので、足首とか痛くなったりしないかしら?というのが若干心配ではありましたが、心配が的中するようなことは無く銀座に到着。時間も 1 時間 15 分を切ったので、以前と比べて遅くなっている‥ということもありません。とはいえ、脚力が落ちているのは間違いなく、ところどころに現れる上り坂の後半はちょっとキツいと感じました。

銀座四丁目
RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/17 EV-0.3

脚力の低下は徐々に解消して行くと思うので、今後はとにかく自転車にたくさん乗りたいところ。とにかく脚力を始めとした筋力の回復と、腹周りにだらしなく蓄積された贅肉の減少が課題ですね。体重は‥ 5kg まで落とす必要はないけれど、3kg 強は減らしたいところ‥時間は掛かりそうですが頑張ります。ということで今日からガンガン自転車通勤だ!‥なのですが、何と今日は東京勤務の最終日なのです。来週からは横浜のほうにあるオフィス勤務が基本になるのですよね。

ですので 2012 年の末から始まった東京の自転車通勤生活は 2 年ほどで終わってしまいました。今年に至っては 4 月の終わりごろまでしか自転車通勤できませんでしたし‥。てなわけで、来週からは反対方向に向かっての自転車通勤なのですが、今度のオフィスも自転車置き場が無く、最寄り駅付近も駐輪場事情はよくなさそうです。つまり、東京自転車生活と同様、自転車と電車のハイブリッド通勤になる可能性が高そうです。銀座三越の駐輪場は最高でしたからねぇ‥有料でもいいからラック付きのまともな駐輪場を使いたいところ。

しかし‥東京のオフィスは好きではなかったのですが、せっかく慣れてきた東京自転車生活が終わるのは、それはそれでちょっぴり寂しい感じです。自動車の排ガスたんまりでお世辞にもいい環境ではありませんでしたが、慣れてしまえば 25km の通勤路もそれなりに楽しかったですからね。それに‥東京オリンピックに向けて都内の自転車事情がよくなって行くはずなので、それを日々実感したかったなぁ‥というのがちょっぴり残念な部分です。まぁ、たまには東京に行くこともあるので自転車で行けばいいだけですが。

2014年11月27日 (木)
■ 晴れたー!けど‥

欅
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/153 EV-0.3

今日は昨日とうって変わっていい天気になりました。木々の色づきもやっと本格的になって来た感じですが、この辺りの紅葉ってこんなに遅かったっけ?いや‥きっと毎年同じ頃のことなんだろうけど、私の感覚が単にズレているだけなのでしょうね。昨日のように寒くないし天気はいいし、今日は自転車通勤!と、行きたいところですが残念ながら今日も電車通勤です。その理由は夜に飲み会があるから等ではなくて‥コレです。

道路の水溜り
RICOH GX200 35mm ISO64 F5.2 1/60 EV-0.3

雨がしっかり降った日の翌日は道路がまたビチョビチョです。夏の一番暑い時期ならすでに道路はおおかた乾いている‥となったりするのですが、これからの寒い季節は道路が乾くまでにかなりの時間が掛かるようになります。ましてや写真のような水溜りがしっかりと乾くまでには相当の時間が掛かる。だもので、残念ながらこういう時は自転車に乗らないようにしています。天気がよすぎるくらいによいので悔しいのですが。

そんだけ乗りたいなら乗ればいいじゃない‥なのですが、濡れている路面を走った後の自転車の掃除が面倒なので、そこまでして乗らなくてもいいかなと思ってます。今年は足の骨折のせいで自転車通勤が全く出来ていないので、少しでも自転車に乗って距離を稼ぎたいところなのですが、掃除がメンドクサイ‥という気持ちには勝てないのでした。というわけで自転車通勤は今日もおあずけ‥明日は自転車通勤できるかな?

2014年11月26日 (水)
■ 仕事はじめ

桜の落ち葉
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/23 EV-0.3

というわけで今日から仕事が再開です。休み前の最後は 10 月 24 日のことでしたので、丸々一ヶ月以上は会社に行ってなかった‥ではなくて、事務処理のために途中で 2 回ほど会社には顔を出していたのでした。でも、その 2 回はまだ「私は休暇ですから~」という気分でいましたけど、今日はさすがにそれも無し。気合を入れて今日からまた頑張るぞー!と颯爽と家を出た‥ということにしておきましょう。実際のところは「ああ~、休みが終わっちゃったなぁ‥」でしたけど。

だいぶ寒くなってきたなぁという感覚は正しそうで、木々の色付きが急に進んだように思います。写真は桜の落ち葉ですが、比較的カラーバリエーション豊かな桜の葉が今年はキレイに同じ色になっているように思えるのは気のせいでしょうかね?今週は天気が悪い日が続くようで、今朝は傘をさしての通勤になりました。いやぁ‥寒い日の雨の通勤って嫌ですよねぇ‥寒いと思っているところにさらに追い討ちを掛けられるようで。

今日は早めに家を出たのですが、日吉で乗った東横線が妙に空いてます。あれ?そんなに早く来たわけではないのだけど‥。それは、車両故障だか何かがあって、東横線のダイヤが大幅に乱れているためらしい。別に急ぐ必要もないのでそのまま東横線で行きましたがゆっくり走るわ止まるわ‥で、時間がかなりかかりましたね。東横線は代替路線があるので、こういう時に異常な乗車率にならずに済むのはありがたいですが‥。

2014年11月25日 (火)
■ 休みの本当の終わり

frm DECEMBER 2014 Vol.55
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/84 EV-0.3

始まる前は結構長いよな~なんて思っていた一ヶ月に渡る休暇も今日で終わり。まぁ、考えてみたら一年が過ぎるのもあっという間に感じてしまうこの頃ですから、一ヶ月なんて本当にあっという間ですよね。それでも一ヶ月あるとそれなりに色々なことが出来るかと思います。私の場合は旅行に行って、それ以外はゴロゴロしてるだけで終わっちゃった感が強いですが、それなりに充実の一ヶ月でした。

結局、随分前から「これができたらいいな~」と思っていたモーターサイクルに乗っての旅行も、自分で自分の自転車を作る‥も、この休みのうちに実行することはかないませんでしたが、どちらも予定よりは少し遅れはしますが実現されそうなので、それはそれでヨシとしたいところです。ただ、そろそろ寒くなってきましたからねぇ‥。寒い時期には何かをする気になかなかなれないのがね‥。

結局、休み最終日の今日も家でひとりのんびりしてました。休み最後のミニ旅行の振り返りをしたり、買っておいたがほとんど読めてなかった frm に目を通したり‥。いよいよ休みが終わってしまうのかぁ‥という寂しさもありますが、逆に明日からまた頑張ろうという気持ちも湧きますね。仕事のほうもきっといい具合に色々と溜まっているんだろうなぁ。暫くの間は忙しい日々になりそうです。

2014年11月24日 (月)
■ お伊勢参り

嵐山高雄パークウエイから愛宕山
RICOH GR 28mm ISO250 F5.6 1/640 EV-0.3

昨晩は夜中にトイレに行ったのですが、霧が立ち込めて道の駅が素晴らしく幻想的なことになってました。朝起きてみると、昨晩よりは減っているものの、若干の霧が出ている感じ‥。これでは京都の景色はイマイチかしら?そう思っていたのですが、京都へ向かうにつれて太陽が顔を出しました。ではせっかくだから嵐山高雄パークウエイでも走ってみましょうか?‥想像してはいましたけど、ここは単に走り抜けるだけでは高額すぎる有料道路(笑)。色々と用意されているアクティビティ込みで楽しむところのようです。

とはいえ、西側の愛宕山方面は写真のようにキレイな雲海が見えたのでヨシとしましょうか‥。全長は 10km あまりしかありませんから、あっという間に嵐山側に降りてしまいます。この辺りに来るのは中学校の修学旅行以来ですが、例によって全然覚えていませんね‥。ハイシーズンの京都散策という案もなきにしもあらずですが、人あたりしてグッタリしてしまうのは目に見えているので、京都はパスして西側を通りながら南下します。方向を若干東に修正しつつ、どんどん走るとやがて奈良へ‥。

奈良若草山より生駒山方面
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/320 EV-0.3

京都でも景色がいいというところへ行ってみたので奈良でも‥ってことで、奈良奥山ドライブウェイという有料道路を通って若草山の山頂に行ってみました。ここもドライブウェイとは名づけられていても、走ること自体はお世辞にも面白い道路ではありません。単なる山頂展望台に行くための通行料‥くらいに思っておいたほうがよさげ。今回は若草山往復しただけですが、山頂に行くための駐車場からさらに南下することが可能だそう‥。しかし、有料道路となっており、全部通行すると 2000 円近く‥何ともまぁ商売上手?ですなぁ。

この後は‥一体どこまで南下しようか‥気持ちの中では思い切って潮岬まで行きたいところですが、今日は横浜に向けて帰らねばなりません。ではせめて走ったことの無いところを通って‥ということで、フェリーに乗って伊良湖から東へ向かうルートで帰ることにしました。鳥羽に向かうには‥奈良からもう少し南下してからルートを東に向け、国道 369 号線と 368 号線を走りました。国道 368 号線はなかなかの酷道っぷりを発揮している個所があって楽しめましたが次回来ることがあればトンネル化されてたりするんだろうなぁ。

伊勢神宮内宮
RICOH GR 28mm ISO100 F3.5 1/80 EV-0.3

フェリーに乗るまでには少し時間が取れそうなので、初めてのお伊勢参りをしてきました。お伊勢参り‥ちゃんとした作法に則ると大変なようですが、今日は時間が無いので一足飛びに内宮へ。罰当たりで申し訳ありません。今日は休日ということもあって参道などは大混雑でしたね。伊勢といえば赤福‥ってなくらいに有名な赤福の本店が内宮参道にありましたが、もの凄い混雑でビックリしましたよ。正直言ってそこまで旨いとは思わないんだけど、伊勢神宮のパワーを纏っている気がしちゃうのでしょうか。

駆け足でお伊勢参りを済ませたら鳥羽のフェリー乗り場へ。ダメでも最終に乗れるだろう‥と考えて最終ひとつ前の便を目指して向かったのですが、最終ひとつ前どころか最終便も最後の最後に滑り込みセーフで乗れた感じです。フェリー出航時は既に暗く‥あとはひたすら帰るだけ。渥美半島の国道 42 号線はともかく、その後も沼津までは国道 1 号線のバイパスをひたすら走りました。このエリアはいつも高速に乗っているのでバイパスを走ること自体も初めてのこと‥まるで高速道路かと思うくらいの高速ぶりにびっくりしましたね。

下道を多用したこともあって横浜到着は深夜になりましたが無事帰宅。3 日とちょっとの総走行距離は 1,537.6km になりました。日数が違うので九州旅行の 6,000km は及びませんが、それでもよく走りましたね。オドメーターのほうも 10,000km を突破したので、最初の 6 ヶ月点検にはちゃんと出してエンジンオイルも交換してもらおうかしら‥。それにしてもカミさんは車中泊プチ旅行の魅力にとりつかれてしまったらしく、次はどこへ行こう?と気分は早くも次回の車中泊プチ旅行のようです(笑)。

2014年11月23日 (日)
■ 東尋坊

東尋坊
RICOH GR 28mm ISO100 F6.3 1/250 EV-0.3

朝起きて weathernews で天気を確認すると、能登付近から長野北部、新潟あたりはどうも雨模様で天気がスッキリしないようです。時期的に標高の高いところは夏タイヤでは問題があるかもしれないし、第一、昨日の地震で昨日通過してきた国道 148 号線は通行止めになっているらしい‥。では、このまま南下する方向で考えますか‥と、地図と睨めっこしていると、聞いたことはあるけどもちろん行ったことは無い「東尋坊」という地名が目に入りました。じゃあ、とりあえず東尋坊でも通って南下しましょうということに決定。

九州でもそうだったのですが、下道を走って行くのが楽しいのですが、今日は雨で雰囲気もイマイチなので高速道路を使ってちょっぴりショートカット。途中何気なく寄った徳光パーキングエリアで 300 円のカニ汁をいただいたら、小さいとはいえカニが丸ごと入っていてビックリ!何とも得した気分になって東尋坊に行きました。行く前から想像はしていましたけど、観光客が大量に押し寄せる有名観光地なんですね。みやげ物屋の商魂は逞しいわ、人がうじゃうじゃいるわ、遊覧船の船着場まであるわ‥で、ちょっぴりガッカリ。

でも、人がうじゃうじゃいるところはメインの個所なので、ちょっと外しただけで写真のように人気の無い東尋坊を目にすることができました。しかし、頭の中での期待度が高すぎたせいか、最初に見たときには「なんか、スケール小さくない?」なんて思ってしまいましたよ。自殺の名所‥なんていう有難くない称号まであるくらいなんで、私の頭の中での「脳内東尋坊」は崖の高さが実物の倍以上はある感じでした(笑)。ちょっぴり残念な思いを引きずりつつ東尋坊を後にして、海沿いの国道 305 号線をさらに南下しました。

シマエビ
RICOH GR 28mm ISO160 F3.2 1/50 EV-0.3

国道 305 号線が通る海岸は越前海岸と呼ばれているそうですが、越前ガニの好漁場とも近いのでしょうね。道路沿いには「そんなにたくさん店があって大丈夫なのか?」と、こちらが心配になるほど越前ガニを食べさせるお店が林立してました。凄いなぁ‥と思ったのもそのはず。越前ガニの漁期は今月から始まったそうで、今は一年のうちで一番活気がある季節のようですね。どうりでたくさんの人が越前ガニを求めてやってくるわけだ。そんな事前知識は全く無く、とりあえずちょっと覗いてみるか?という軽い気持ちで入った店がいわゆるイートインの店で、買ったものをそこで食べられるとのこと。

さすがに越前ガニは高いですし、そこまでお腹が空いていたわけではなかったので、ちょうど目の前に出てきたシマエビを買ってその場でいただいてきました。卵を抱えているのは 5 匹程度でしたが、全部で大小まぜて 12~3 匹程度で 700 円ほど‥安いですね~。うちの近所では味わえないものだけあって、カニ汁に引き続き得した気分になれました。次回、こちら方面に来る機会があったら、越前ガニが最高に美味い今の時期を狙って来たいものです。でもな~、さすがに越前ガニは結構お高いので、食べるまでは行かないかしら‥。

セイコガニ
RICOH GR 28mm ISO280 F3.5 1/80 EV-0.3

などと思いつつ、売っているものをいろいろと見ているとサイズはだいぶ小さいものの、お腹に卵をギッシリと抱いているカニも売ってました。セイコガニ?何でしょう‥と思ったら、越前ガニと呼ばれているものはいずれも雄で、雌は雄に比べるとサイズがずっと小さいこともあって、別の名称で呼ばれるそうな。つまり、ズワイガニの雄がいわゆる越前ガニで、雌はセイコガニ‥などと呼ばれているのですって。さらに地元福井の方々にはセイコガニが大人気らしく、これが味わえる時期はとても短いとか何とか‥。ほ~、では越前ガニは難しいとしてもセイコガニ狙いでまた行きましょうかね。

お腹がいっぱいになったのでさらに南下‥。国道 161 号線に入ってからは渋滞の激しい琵琶湖西岸で足止めを食ってしまったので、大津まで到達する前に夕食タイムになりました。食事の後は進路を西側にとって、何故か京都の街中へ‥。寺でも史跡でも何でもないのですが、京都の街中の「とある場所」に行きつつ、明るい時間に京都を走ると何かいいことがあるかも?ということで、今日はこの近辺で宿泊しようということに‥。しかし、街中だけあってちょうどいい道の駅がありません。国道 162 号線で少し走ったところにある京北の道の駅が今晩の宿泊地になりました。

ということで、3 日目の「お伊勢参り」へ続く。

2014年11月22日 (土)
■ 能登までちょっと‥

雨晴海岸より北アルプス
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/500 EV-0.3

先月末から今月にかけて 2 週間ほど九州と四国を自動車で旅行して来ました。その際は車中泊での旅行だったのですが、カミさんがその車中泊というものに魅せられてしまい、「思い立ったらちょこっと旅行」というのが今後増えそうです。ということで、さっそくこの 3 連休に能登方面に遊びに行ってきました。ロクに高速道路が無かった昔と違い、能登方面もだいぶ近くなりましたけど、そうはいっても結構掛かる‥ということで、実は昨夜のうちに中央高速道路を使って国道 148 号線沿いにある「道の駅白馬」まで行っておいたのです。

夜はもちろん見えませんけど、朝になって久しぶりに見る雪の八方尾根が「スキー行きたい!」の思いを刺激してくれましたね。当然、この時点では白馬キレイー!くらいの思いしか無かったわけですが、14 時間後くらいに震度 6 弱を記録したあたりにいたわけで(緊急地震速報は富山県氷見で聞きました)、地震が 1 日前だったらと思うと運がいいというのか、複雑な思いを感じずにはいられません‥。しばらく注視したいと思いますが、被災された方々には 1 日でも早く普通の暮らしに戻れますように。

というわけで、朝も早いうちに白馬を発ち、おそらく今回の地震で被害が酷かった国道 148 号線沿いを北上します。ところで、この辺りを流れる川は糸魚川という名前の川だとずっと思っていたのですが、川の名前は姫川というそうですね‥。日本海側に出たら国道 8 号線を西へ向かいます。国道 8 号線が妙に混雑しているのに嫌気が差して、魚津あたりから少し海側へ。そのまま国道 415 号線に入り、行ってみたかった雨晴海岸(あまはらしかいがん)へ行きました。

この一帯は富山湾ごしに北アルプスが望めるところで、北アルプスに雪が積もるこれからが壮観なようです。この日は風もなく日本海はおだやかな顔を見せていましたね(上の写真)。写真では小さいですが、北アルプスがよく見えました。これからもっと寒くなると一段とキレイに見えるようになるでしょうが、その時期に自動車で来るのは大変そうです。ちなみに、この付近は融雪に使う地下水が鉄分を多く含んでいるそうで、道路が赤錆色のところが多いですね‥。

千里浜なぎさドライブウェイの日没
RICOH GR 28mm ISO100 F5.0 1/200 EV-0.3

雨晴海岸からの景色を楽しんだ後は能登半島を横断して西側へ。まだ子供が生まれる前に一度来たことがある千里浜なぎさドライブウェイ(上の写真)を久しぶりに走ってきました。日が短くなったとはいえ日没までにはまだ時間があったのですが、日没までの時間をうまく潰せるような場所も無く、千里浜なぎさドライブウェイを行ったり来たりしました。そしてよさげな場所を見つけて山側の車が走っていないところに LEVORG を停めて日本海への日没を楽しみました。

ちなみに‥千里浜なぎさドライブウェイは南側の今浜から入る人が多いと思いますが、いきなり目の前に現れる砂浜に感動してしまい(?)、スグに自動車を停めて見入っている人が多いです。自動車を停めるところはしばらく走った後にいくらでもあるので、人がいないところまで少し走ったほうがいいですよ‥って、人がたくさんいるほうが好きな人が多いのですかね?私もカミさんも静かなほうが好きなので、人が多いだけでガッカリしてしまうのです。なのでこの日も人のいない真ん中あたりまで行きました(笑)。

能登千枚田
RICOH GR 28mm ISO100 F2.8 10s EV0

千里浜で日没を堪能してしまったので‥この後、どうしましょ?金沢あたりまで行って旨いもの食べるのもいいのですが、明日はどうも天気がイマイチらしいです。じゃあ、夜のうちにライトアップされているらしい千枚田でも見ておきましょう‥ということでそのまま国道 249 号線を輪島目指して北上します。能登半島ってもっと大きいイメージがあるのですが、走ってみると意外と近い‥ということで、あっさりと千枚田ポケット・パークという道の駅の小型版みたいなのに到着しました。うげ‥自動車が多くて観光客だらけじゃないの!?(<自分のことは棚に上げて)

まぁ、せっかく来たことだし見てみよう。そう思いなおして千枚田が見える展望台から見たのが上の風景です。「うわ~、キレイ!」と、何人もの女性たちは言ってましたが、私の印象は「うげ~、下品‥」でした。ちなみにカミさんの印象は、「う~ん‥何だかな」だそうで、せっかくの美しい風景も見世物としてこうなってしまうとちょっと‥ですね。千枚田自身も人の手によるものだし、ライトアップも人の手によるもので同じといえば同じかもしれませんが、私が受ける印象がこうも違うのは何故なんだろう‥と、その理由を考えてみるのも面白いかもしれません。

当初の予定では明日に奥能登を堪能するつもりだったのですが、天気が悪いなら少しでも天気のよさそうな方に行こうと予定変更。結局、今日の昼を食べた「ひみ番屋街」の向かいにある駐車場が今日の宿泊地になりました。そして‥車の中で着替えている最中に緊急地震速報が鳴り響いたわけです。いや~、あの音は本当に心臓に悪い‥。海のスグ横に居たので頭をよぎるのは津波のことですが、津波の心配は無いということでそのまま床につきました。この日の夜中はかなり雨が降ったので、テントとは違う自動車の心強さを実感しましたね。

ということで、2 日目の「東尋坊」へ続く。

2014年11月21日 (金)
■ 休みの終わり

「くさぶえのみち」にて
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/133 EV-0.3

この休みの間に改造しようと思っていた SURLY cross×check ですが、retroshift の変わったロゴの確認をせずに買ってきちゃった事件によって早くも頓挫。幸い retroshift の古いロゴのものはまだ残っていたので、それを交換してもらってから改造‥というわけで、休暇の間に完成させようという気持ちはゼロになってしまいました(笑)。これから年末に向けては忙しいだろうから、早くて年末年始休暇のことかなぁ‥。

それもこれも年末年始休暇を多めに取れるかどうかに掛かっているわけですが、今年はご褒美長期休暇があったものだから、終えなくてはならない仕事がなかなか無くならずに年末はあまり休めないかもしれないのです。ま、(これがあるから放置しちゃうんだが)COLNAGO があるから自転車に乗れなくて困る‥というわけではないので、ゆっくりやればいいんだけどね。とはいえ、さすがにそろそろ‥。

そして長かったご褒美休暇ですが、今週末の連休で終わりです。正確に言うと来週の火曜日までは休みなので、まだ残ってはいますが気分的にはもう終わり‥ですね。今日あたりは休みも終わりだからアレとコレを‥という焦りはゼロでして、むしろ「なにもしない」という時間を楽しんでます。それって何もしない日曜日と何が違うわけ?‥ですが、違いは昼間に人が少ないところ‥かな。気分的にはなかなか贅沢です。

2014年11月20日 (木)
■ GEVENALLE

retroshift の変速レバー
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/12 EV-0.3

昨日は暖かかったのに今日は雨降りの寒い日でした。こんな寒い日に日陰で自転車いじりは嫌だなぁ‥なんて言ってないで、さっさと始めなければいけません。買いだめておいた部品を出して、工具やら何やらを出して‥。まずは、レバーにシフターを装着したらどんな感じになるのか見てみよう。いきなり寒いところに出て手がかじかんじゃうとアレだし‥。と、思ってまずは家の中で部品のフィッテング。あ、、あれ?何だかネジが長くて最後まで締まらない(泣)。

フレーム台座に付けるようなレバーは規格乱立ってこともないだろうから大丈夫かと思っていたのですが、別途買ってあった microSHIFT のフラットレバー用のシフターが使えません。ネジの部分を切っちゃえば大丈夫そうだけど、あいにく工作台やら工具は持ってないし‥。同じ microSHIFT 製ながら retroshift から出しているレバーがあったのは知っていた(シフター購入後に私が気づいたか、発売された)ので、作業を一旦中止して調査してみました。

なぬー?retroshift というブランド名が GEVENALLE に変わった?フラマン語?ギブネールだって?読めねぇ‥。retroshift ブランドから名前が変わったのは今年に入ってからのようで、各店舗とも retroshift のネーミングになっている部品は在庫限りねー!って言ってます。ヤバイ‥これは何とか見つけなければ。ということで、ちょいとお出掛け‥。とあるお店で見つけて買ってきたら‥ん?ひとつは GEVENALLE じゃないですか!ありゃ‥retroshift だとばかり。

慌てて電話してみたら retroshift のものもある(って、モノは一緒なんですけどね)とのこと、よかった‥。私が店でちゃんと確認しなかったのが悪いのですが、交換してくれるということで問題ナッシング‥ですね。さーて、余っちゃったフラット用のシフトレバーはどうしようかなぁ(笑)。

2014年11月19日 (水)
■ さよならブルホーン

SURLY cross×check 組み替え前
RICOH GX200 28mm ISO71 F4.3 1/32 EV-0.3

ブレーキシューが減り、タイヤが減り‥近所でちょろっと乗る以外には玄関の飾りになっていた SURLY cross×check ですが、そろそろブルホーンも飽きた‥ということで、ドロップに戻すことにしていました。ディレイラーの動きがシブくなってしまったし、ブレーキのタッチも悪くなってしまったので、積極的に乗りたいと思わなくなっていたのですが、骨折後のリハビリにはそれなりに活躍してくれましたかね‥。

ということで部品組み換え~、の前に最後に一度乗っておこうと思って近所を少しだけ走ってきました。組み替え前の最後の雄姿(?)ということで、晩秋らしく枯葉の絨毯の上でパチリ。勤務先が東京になってからは一度も通勤に使っていないのですが、勤務先が変わる前はよく乗りましたねぇ。で、このスタイルに変えたのはいつだったかと思ったら、震災の年の 1 月‥つまり、東日本大震災前のことでした。

何だか色々なことが思い出されちゃって変えるのもまた決心が必要なんですが、ちょっと乗りにくくなっちゃってますからね。さて‥次はどのようになるのかは変えた後でのお楽しみ‥なのですが、とりあえずはドロップ化が一番の目的です。いや‥ドロップ化は副次的なもので、一番やりたかったことは retroshift に変えること。よ~し部品揃ったし!と思っていたところで骨折しちゃったんですよね。

2014年11月18日 (火)
■ 聖地訪問!

三田3丁目交差点より東京タワー
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/470 EV-0.3

今日、一週間ぶりに東京のオフィスに行きました。まだまだ休暇中ではあるのですが、年末調整の書類を今週中に出さねばならなかったので、それを提出するために‥。会社に行ったついでにメールチェックをしていたら、会社を出る時間がちょっと遅くなってしまいました。急いで三田まで‥三田 3 丁目交差点に出ると見慣れた東京タワーが目に入りました。この景色も久しく見てないし、以前のように自転車通勤でこの風景を見ることも無くなりそうです。

二郎三田本店
RICOH GX200 24mm ISO64 F5.1 1/45 EV-0.3

さてさて今日の目的地はココ。時間は 14 時半くらいになってしまいましたが、まだ何名かは並んでいました。列に並んで下から見上げるように撮ったので、全貌が全く分からない感じになってしまいましたが‥ラーメン二郎三田本店です。本店は開店時間が朝の 8 時半くらいと早いので、自転車通勤の際は既に開店しているのが常でした。一度は三田本店で食べなければ‥そう思ってはいましたが、出社前から食べるのは憚られたので、やっと来られたという感じです。

小ラーメン麺少な目ニンニク
RICOH GX200 28mm ISO71 F3.4 1/32 EV-0.3

時間も時間だったので、麺少な目をお願いし、トッピングはニンニクのみ(ニンニク無しの二郎は考えられません!)。ということで、初本店の二郎!あ~、これが元祖の味なのかぁ‥と感慨深いものがありましたね。野菜が冷たかったので、この後スープに沈めて温めました(笑)が、豚も巨大で大満足です。ただ、スープはちょっと味が濃すぎる感じですね‥なので、味を確かめるのにひと口、ふた口いただきましたが、飲まずにごちそうさま‥でした。

2014年11月17日 (月)
■ 【骨折 197 日目】 卒院

病院の領収証
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/45 EV+1.0

今日は本当に久しぶりに病院に行ってきました。病院でのリハビリは 150 日の上限に達してしまう 9 月末に終わってしまっていたので、病院とはすっかりご無沙汰になっていたのですよね。さらに、主治医のドクターに前回診てもらったのは 8 月 25 日のことでしたから、ドクターに会うのはほぼ 3 ヶ月ぶりです。ドクターの診療がある日は最初にレントゲン撮影から入りますので、まずは撮影から‥。

今日は病院が割りと空いていて、レントゲン撮影と、その後のドクターの診断もあまり待たされることなく終わりました。レントゲンを見たドクターは開口一番に‥「うん、骨はもういい感じだと思いますね」と言ってくれました。素人の私が見てもキルシュナーワイヤーを刺した跡の線がぼやけて分からなくなっている‥と、思いましたし。「じゃあ、今日でひとまず終わりにしましょう」‥そう、ドクターは言ってくれたので、「卒院」ということになるでしょうか。

痛みなどはどうかと聞かれたので、「外踝の下側から後ろ側がまだ痛い」という話をしたところ、よくなって行くとは思うけど関節面までガッツリと骨折していたから関節に問題が出ることはあるかも知れない、痛みが強くなるようだったらまた来なさい‥とのこと。まぁ、時間は掛かるだろうことは覚悟していますけど、右足とあまり変わらないと自覚できるくらいには回復して欲しいものですねぇ‥。

というわけで、特に何も無ければ病院に行く必要はなくなりました。今日、出すのが遅れていた保険申請のための資料を病院に書いてもらうために書類を持って行ったのですが、こういうものは健康保険の適用とはならない自費診療費なのだそうで、ご覧のように 6,480 円(!)請求されました‥。保険金がこれより少ないということは無いと思いますが、何だか微妙に損したような気がして仕方ありません。

2014年11月16日 (日)
■ SR

MOTO NAVI 2014 DEC No.37
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.8 1/45 EV-0.3

1978 年‥単気筒 400cc と 500cc エンジンを積む YAMAHA SR というモーターサイクルが発売された年だそうです。その YAMAHA SR は様々な改良を受けつつ、しかし、基本的なテイストはそのままに発売から 36 年が経過した今でも現役モデルとして新車 (今は 400cc のみ) を入手することが可能なんですよ。なんというロングセラーぶりなんでしょうね。

実は SR のようなプリミティブなタイプのモーターサイクルに興味があった時期があります。YAMAHA SR とか HONDA GB とか‥SR をモダンな感じにした SRX など、単気筒のモデルに乗ってカスタマイズして‥そんなことをやりたかった時期がありました。でも、結局はマルチシリンダーの SUZUKI GSX-R なんていうフルカウルモデルを選んじゃいましてね‥。

きっとこういうシンプルなモデルは歳取ったら乗れる‥そんなふうに当時は思っていたと思います。だから、若いころに思っていたとおり SR に乗るという選択肢も無いわけではないのです。でも‥車検付きは面倒でいけません。車検制度が無くなれば SR もいいかな‥って思うんですけどね。FI (フュエルインジェクション) の SR ‥結構イイというではありませんか。

2014年11月15日 (土)
■ 知らないこと

都井岬灯台でもらった資料
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.0 1/39 EV-0.3

私の住む横浜は港町です。子供の頃から船とか灯台とか、そういった風景は日常的に目にしていたと思います。また、小学生の頃は父親に海釣りなんかにも連れて行ってもらったりしましたから、海は割りと身近なものだったんじゃないかと思いますね。だからといって、海に関することの知識があるかどうかは別です。景色として見ていただけで何も知らないというほうが近いでしょう。

世の中のほとんどのことはそういうものかと思います。つまり、知っていることなんて世の中のほんの一握り。一握りどころか握るほどの量も無いでしょう。なので、世の中は知らないことばかり‥です。そんな知らないことを知るのは好奇心をそそられてとても楽しいですよね。とはいえ時間は有限ですし、何から調べてみたらいいか‥なんてことは分かりません。

しかし、世の中には「知りたい」という思いの逆を行く「知らせたい」という思いもあります。そういうものって実はあちこちに置いてあったりするんですよね。都井岬灯台に行ったときもこんなものが置いてありまして、せっかくだからともらってきて読んでみました。内航タンカーなんていう用語‥言われてみれば「お~、なるほど」ですが初めて聞きましたよ。ホント‥知らないことを知るのは楽しいものですね。

2014年11月14日 (金)
■ 【骨折 194 日目】 痛いですねぇ‥


RICOH GX200 35mm ISO64 F4.8 1/90 EV-0.3

二週間分の旅行記のようなものを書き終えたので妙な充実感から何もする気が起きません(笑)。自転車通勤再開のために自転車整備をしなければいけないのですが、それは来週でいいや今日はもう何もしない日にしちゃえ!‥と、現実逃避な 1 日にすることに決定。午前中はデイリーポータル Z を見ながらクスクス笑って過ごすという何ともゼイタクな時間の使い方をしてしまいました。

も~このまま家でデイリーポータル Z 見てダラダラ過ごすかぁ‥という誘惑に負けそうになりますが、連日家に閉じこもっていると腐りそうなので昼食がてら散歩に出てみることにしました。ということで自慢の緑道を散歩‥。何ですかね‥意図的にもっと鍛えないといけないのですが、左足の痛みがなかなか減ってくれません。歩けないほどに痛いわけじゃないのですが、それでもバッチリ痛い‥。

痛いのは筋力が落ちているから‥だと思うので、筋肉をとにかくしっかり動かすように心がけて歩きます。その後、本屋をウロウロしたりして擬似プータローな 1 日を満喫しましたが、「失業すると毎日がこんな感じなのかなぁ‥」などと、妙な感覚を味わうという貴重な体験までしてしまいました(笑)。いかんいかん‥変なマイナスパワーに支配されないように、足ももっと鍛えて気持ちが前向きになるようにしましょ。

2014年11月13日 (木)
■ やっと二週間分‥

夕暮れ
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/7 EV-0.3

早いものでもう木曜日になってしまった‥。二週間の旅行の記録を残しているだけなのですが、単なる記録の割には色々と調べちゃったりしているもので、遅々として進みません。なのですが‥今日やっとのことで帰宅日までたどり着きました。旅行中に連日ブログを書くというわけにも行かなかったので仕方無いんですけどね。そんな感じで押せ押せになっているので、これを書いているのも土曜日だったりしますけど。

大した内容じゃないし、素晴らしい主義主張を書いていたりするわけでもないし、これを機会にブログ書くの止めちゃうか?というのは常々思っているのです。ですが、今回も「まぁ、もうちょっと続けてみるか‥」という気持ちになれる「遅れ具合」に戻りつつあるので、何とか止めることなく続くかも‥。あとちょっとで 10 年になるので、少なくともそこまでは続けてみようかな‥とも思っていますし。

結局、今週はブログ書きで潰してしまいそうなので、何だかなぁ‥という感じではありますが、来週はさすがに違うことに時間を使いたいと思います。当初の予定では‥自転車フレームを作るってことを考えていたのです。でも、予算的に別の機会にしようということにしました。それに旅行は当初思っていたより長い日数行きましたしね。それらが重なってブログを止めずに済みそう‥となったのかも。

2014年11月12日 (水)
■ 冬物語

サッポロ冬物語
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/5 EV-0.3

私はビール好きです。飲み会のときなんか基本的に最初から最後までビールですから‥。まぁ、それは結構ガブガブ飲んじゃうのでビールよりアルコール度数の高い飲み物だと死んじゃう‥からなんですが。とはいえ、最近ではビールだけでもヤバくなってきたので飲まない決意をせねば‥といったところですが。

まぁ、それは外でのハナシ。家飲みならいいでしょ?‥というわけで缶ビール。実は家ではビールをあまり飲まないのです。ビール以外は飲むけどビールはほとんど飲まない‥ってくらい。でも旅行中はずっとビールでした。まぁ、旅行中はいくら自分の布団で寝ていたとしても家飲みとは違って外飲みだから‥かな?

その際に飲んでいたのは基本的にこの冬物語でした。何だかね‥今の時期になると季節限定って感じで出てくるのですが、ついついコレを選んでしまうわけです。どうしてもコレじゃなきゃ嫌だ‥ということは全くないのですが、この漢字三文字を見かけるとつい手が伸びてしまうのですよ。ま、好きなんでしょうね。

2014年11月11日 (火)
■ 飲み会ヤバイ

小ラーメン@どん
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/30 EV-0.3

休暇はまだ続いているのですが、先月行った出張の旅費清算をしなければならないので今日は会社に行きました。メールだけざっと見たら、三田の二郎本店でも寄って帰るか~なんて思っていたのですが‥。会社の同期から飲みに行こう!というメールが来ているのを発見。しかも、飲み会の開催日が今日とあります‥。

入社以来会っていない人に会えそうなので、当日でも OK か?と聞いたところ全然 OK だよ‥という応答。飲み会はさすがに夜から開始なので、それまで時間潰しをしなければなりません。仕方ないから仕事でもするか~と、休日にも係わらずちょこっと仕事をしてしまいました。休暇ですからねーと言いつつ(笑)。

飲み会は懐かしい面々と会えて楽しかった!ですが、今日もまた途中の記憶が‥。そろそろマジでやばいので、飲む量をガッツリ減らさないといけませんねぇ。一番いいのは飲み会に出ない‥なんですが、それはそれで寂しいものがあるし。今日、二郎に行きたかったんだよな~ということで帰りは日吉のどんで一杯‥。これもまたヤバいです。

2014年11月10日 (月)
■ プロの切り取り方

ラストサムライのロケ地から見た南九十九島
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/500 EV-0.3

九州旅行で佐世保・長崎を通過した日に石岳展望台に寄った‥ということを書きましたが、後で調べてみると展望台そのものには行ってなくて、手前で引き返してしまったようです。で、その手前の部分というのが映画ラストサムライのロケが行われたところだったのですが、そこで撮った写真が上のものでした。映画のロケ地になったということは、現地に看板があって知ったわけですが、過度にならない程度にそういう情報があるのは嬉しいものです。

先日も書いたようにラストサムライは観ていないのですが、トムクルーズが主役でサムライの格好をしていた‥くらいの知識はあります。でもってネットでちょっと探してみたら、YouTube に公式の予告編が載っているのを見つけました。映画の冒頭の部分を使っているようで無事(?)この景色を使ったシーンが出ていましたよ!YouTube の動画でいうと、開始してから 46 秒から 49 秒あたり(その後、52 秒くらいまで部分拡大)にちゃんと映ってましたねぇ。

もちろんサムライ映画に現代の家屋が映ってしまってはダメですから、上の写真の手前にあるような街並みは入っていません。それはさすがに想像できるとして、実際に映画でこの景色のどの辺りを使ったのか?ということがわかるように写真に少し細工をしてみました。それが下の画像ですが、映画のシーンに使われているのは枠内の明るい部分が相当します(実際にはもうちょい左右に広い)。

ラストサムライのオープニングに使われた部分(枠内)

へぇ、随分と狭い範囲を切り取って使っているんですね~。素人だと「この美しい風景を漏らさず伝えたいっ!」なんて思って広々と切り取ってしまいそうですが、プロはどこを切り取るのか‥っていう発想が全然違うんでしょうね。まぁ、そもそも使っているカメラが単焦点の GR ですから、こういう距離感の写真の場合には手の施しようがないわけですが(笑)。それでも‥勉強になりますね。

2014年11月09日 (日)
■ 車中泊

LEVORG で車中泊
RICOH GR 28mm ISO800 F2.8 1/40 EV-0.3

今回の旅行で何となく「やってみようか」と思って試してみた車中泊ですが、実際にやってみると車中泊をしている人達って結構いるんじゃないかと思います。車中泊はまだまだマイナーな存在かもしれませんが、これが変に(無いと思いますけど)流行ったりすると、色々な問題が起きてくるでしょうね。まず、真っ先に思いつくのは場所の問題です。私たちもそうでしたが車中泊をする人達は基本的に「道の駅」を宿泊地に選んでいると思います。

その理由は車が止められることと、トイレがあることです。少なくともこれらが確保できない限り、車中泊の場所としてふさわしいものではないでしょう。実際、運送関連のお仕事の方は仕事の一部として道の駅での車中泊をされている方も多いでしょう。そういう意味では、車中泊をする場所としては道の駅一択かもしれません。実際、今回の九州、四国旅行での宿泊場所は最初の晩の浜松 SA 以外は全て道の駅でした。

場所を確保できたら後は寝るだけですが、季節によっては車内が暑かったり寒かったりすることはあると思います。しかし、温度調節のためにエアコンを使用するとエンジン掛けっぱなしになりますので、それはちょっと‥ですね。寒いときはともかく暑いからといって窓を開けっぱなしで寝るわけにも行かないでしょうから、車中泊は季節を選ぶものだろうと思います。そういう意味では、今は車中泊のベストシーズン‥かもしれませんね。

2014年11月08日 (土)
■ 【旅行 15 日目】 ただいま~

大黒川PAにて競走馬輸送車と
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/125 EV-0.3

長かった九州旅行も今日で終わり。今日のうちに横浜に帰らなければならないのですが、今日は単なる移動だけですから大したことはありません。ただ、せっかく知らない土地に来ているのだから、単なる移動にしてもなるべく知らないところを通りたいというモチベーションはあります。ですので、道の駅を出て国道 9 号線を福知山まで走り、福知山 IC からは舞鶴若狭自動車道を北側に向かいます。そして敦賀 JCT から北陸自動車道に入るコースを取りました。と、そこまで来たらついでに小牧 JCT から中央自動車道経由で帰るルートを選択。伊那 IC 以南の中央道は走ったことがなかったので。

東名高速はイマイチ走りづらい感じがあるのですが、それに比べると中央道は快適です。道路が快適だからという理由かどうかは分かりませんけども、競走馬の輸送車がたくさん目につきました。私は競馬をやらないので全く分からないのですが、関東方面で大きなレースでもあるのでしょうか。とにかく競走馬輸送車が多い‥。昼食を食べるために止まった小黒川 PA でもご覧のとおり、輸送車休憩中です。ちなみに、馬が暴れたりしないよう狭いところに立ったまま乗っているそうで、長距離の移動は馬も大変そうですね‥。

大黒川PAにて競走馬輸送車と
RICOH GR 28mm ISO400 F2.8 1/30 EV-0.3

というわけで小黒川 PA で食べたのは南信州ジンギスカン丼なるもの。この PA は大きな PA ではありませんが、その割には食堂のメニューの種類も多く、つい食べたくなるようなものが多い気がします。ここから先は何度も通ったことがある領域なので、気分的にはもう帰ってきたような感じですが、調布 IC まで渋滞知らずで帰ってくることができました。ひとつ笑ってしまったのは談合坂 SA で博多のひとくち餃子がお土産として売っていたこと‥九州行かなくても九州のお土産が買える!(笑)

調布 IC を出たのは 16 時半。地元まで戻って夕食の買い物などを済ませ、荷物を運び上げたら 20 時少し前。今日までの 15 日間(正確には 16 日間)に渡る九州旅行(途中で四国も追加!)も無事に終えて、横浜に帰ってくることができましたよ~。全部で 6077km 走ったようですので、1 日あたりならすと 400km ということになります。わが家の旅行スタイルをガッツリと貫いたわけですがそれにしてもよく走った。帰ってきたばかりですが九州にまた行きたい!‥そう思わずにはいられない楽しい旅行でした。

2014年11月07日 (金)
■ 【旅行 14 日目】 さぁ戻ろう‥でも

道後温泉本館
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/553

今日は四国に別れを告げて本州側に渡ります。前回、四国に来たときは淡路島経由で四国入りし、坂出ルートで本州に戻ったので、今回はしまなみ海道を通って本州側に抜けるルートを選んでみました。せっかく愛媛に来たのだからココは行っておきたいよね‥ということで、今日は朝から温泉です。道後温泉と言ったら外せない写真の道後温泉本館に行きました。前回来たときも思ったのですが、回りのホテルはビルで背も高いし本館だけが浮いた感じになっちゃっているのがとても残念ですよね。

しかし、やっぱり「千と千尋の神隠し」に出てくる油屋とイメージ重なりますよねぇ。どうせだから温泉で働かれているスタッフの方々も昔っぽい服装にするなどして、思いっきりタイムスリップできるようなおもてなしがあってもいいよなぁと思うのは私だけでしょうかね。建物の周囲が現代風で残念なだけに、一歩足を踏み入れると‥っていうギャップをさらに強めたほうが特に国外からの観光客にはウケがいいんじゃないかと思うのですが‥。もう道後に拘らなくてもいいからズバリ油屋を誰か作ってください(笑)。

大三島より瓢箪島
Apple iPhone5c ISO50 F2.4 1/1506

道後温泉で旅の疲れを癒したら、そのまま今治に向かってしまなみ海道に入りました。いやぁ、それにしても九州、四国と長期に渡って堪能できましたよ。そろそろ旅も終わりと思うとちょっと寂しくなりますので、島にちょこちょこ下りたりしてみました。上の写真は大三島から見た瓢箪島(中央の小さな島)ですが、ひょっこりひょうたん島のモデルではないかと言われている島だそうで、なるほど「そのまんま!」という感じです。そうこうしているうちに本州に入り山陽自動車道へ。でもこのまま真っ直ぐ帰るのも面白くないな‥。

鳥取砂丘
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/797

ということで、そのまま本州を突き抜けて鳥取砂丘まで行ってしまうことにしました。前に四国に来たときと同じ頃に鳥取砂丘にも一度行ったことがあるのですが、せっかく近くまで来た(全然近くないかも‥)のだからもう一度見ておきたいよなぁ‥と思いましてね。それに渋滞なんかにハマったりすることが無ければ日没には間に合うかもしれないし‥。道路の選択もうまい具合に行ったようで、駐車場に車を置いて砂丘が見えたときにはまだ日の入前でした!やったー。でもここから砂丘の頂上までが実は結構あるんですよね‥。

日没には間に合わず
RICOH GR 28mm ISO100 F3.5 1/125 EV-0.3

もうちょい、あと少し‥砂丘の頂上に上がったときには日が沈んだ後でした。ちょっと残念。しまなみ海道で寄り道しまくってなければもっと早い時間に到着したんだけどなぁ‥。まぁ、そういうことも含めてこそ楽しい旅行なのですよね。しばし砂丘の風景を楽しんだ後は今日のこの後の行動を考えます。ひとまず、横浜には明日中に帰宅すれば OK です。ですので、どこかにもう 1 泊してから帰るのが一番真っ当でしょう。ではどこかに泊まるとして‥そろそろお腹がすいてきました。

鳥取砂丘より日本海
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/417

砂丘を後にして鳥取駅のほうに行ってみました。駅の下のところに何かあるんじゃない?ということで車を停めて行ってみたのですが、食事をするような場所はあまり無く‥いわゆる駅の蕎麦屋で砂丘蕎麦なるものを啜って終わり。まぁ、あごちくわが入っていたからヨシとしますよ。ということで、昨日のうどんに引き続き今日の夕飯も質素(笑)。鳥取からは国道 9 号線を東に走り福知山市に入ったあたりにある道の駅「農匠の郷やくの」を最後の宿泊地にしました。

【旅行 15 日目】 ただいま~」へ続く。

2014年11月06日 (木)
■ 【旅行 13 日目】 高知のうなぎ

桂浜
Apple iPhone5c ISO50 F2.4 1/2857

宿泊地の「なぶら土佐佐賀」は何と朝の 7 時から営業開始だそうで、早い時間から地元の人たちが集まってきていました。九州では朝ごはんはコンビニで調達するライフスタイルがすっかり浸透しているように感じましたが、高知あたりでは道の駅がその役割を担っている個所もあるみたいです。今日は朝食抜きで早めの昼食を狙ったので、ここでは何も食べずにそのまま高知を目指して国道 56 号線を北東方向へ。地図を見ていつも思うのですが、高知ってこんなに東のほうにあったっけ?と、今回も思ってしまいました。

道路は空いていて快調ですが、須崎あたりまで来るとだいぶ車が増えてきました。でも、お仕事の方は高知自動車道に乗ってしまう車が多いみたいで、車は多くてもかなりのスピードで流れます。仁淀川を越えたところで国道 56 号線に別れを告げ、海沿いに出たら前回は行かなかった桂浜に観光客になりきって行ってみました。でも、海岸としてはそれほど素晴らしいと感じることもなく、坂本龍馬だけで観光客をおびき寄せてるだけじゃないの?といった感じ。やっぱり観光地然としたところは苦手ですねぇ。

上うな丼@かいだ屋
RICOH GR 28mm ISO280 F2.8 1/50 EV-0.3

高知に来たんだし‥と、日本三大がっかり名所として名高い「はりまや橋」の横を通過してがっかり名所をチラ見し、高知城の脇を通過したら高知龍馬空港方面に向かいます。お目当ては「かいだ屋」のうなぎ。高知に来たら「とりあえず食っておけ!」という感じの有名店だそうで、休日などに行くと 1 時間待ち‥なんていうのも普通らしいです。今日は早い時間に行ったのと、平日ってことですぐに食べることができました。なのですが、さすがに前回の四国旅行の時ほどの感動は無かったかなぁ。メッチャ美味しかったですけどね‥。

国道 494 号線(松山街道)にて
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/834

さて今日は石鎚山にでも行って松山側に泊まる感じで進んでみることにしました。というわけで来た道を少し戻って仁淀川を遡り石鎚山方面を目指します。順当なルートを選べば国道 33 号線をひたすら走るということになるのでしょうが、昨日の 3 桁国道(酷道)の旅に味をしめたので、今日は国道 494 号線を使ってややショートカット気味に石鎚山に向かいました。さすが 3 桁酷道!ってことで全線ほぼ狭い道路なのですが、途中に写真のように見晴らしのいい場所もあったりして楽しいです。いや、それにしてもハンドル操作が忙しい(笑)。

石鎚スカイラインから石鎚山
RICOH GR 28mm ISO100 F4.5 1/125 EV-0.3

国道 494 号線を一旦離れて石鎚スカイライン方面へ。スカイラインという名前を聞くと、高原を気持ちよく走る道路を想像してしまうのですが、石鎚スカイラインはむしろ山岳道路と呼んであげたほうがよさそうなくらい勾配が結構きつい道が続きます。途中、ぐっと高度を下げたりする個所もありますが、終点までは常に上っているか下っているかという感じの道路でした。ここも空いていたからどうってこと無いんだけど、混雑しているときは来たくないかもなぁ‥。石鎚山が石鎚山っぽく見える角度のあたりでは霧で全然見えなかったので、諦めて少し下ってきたあたりから石鎚山をパチリ。

国道 494 号線から瀬戸内方面を望む
RICOH GR 28mm ISO100 F4.5 1/125 EV-0.3

国道 494 号線をさらに進む方向に走って国道 10 号線を目指します。だんだん夕方になって来ましたが、黒森峠を越えたあとの唐岬の滝付近で松山方面の視界が開けたので、少し広くなっているところを見つけて車を停めて写真を撮りました。やや雲が掛かっている感じに見えますが、街のほうは雨でも降りましたかね。この後、西条市に入ってうどんを食べ、明日に備えてガソリン補給。一般道路では日本一長いトンネル(5,432m)という寒風山トンネルを抜けたところにある道の駅「木の香」が今日の宿泊地になりました。

【旅行 14 日目】 さぁ戻ろう‥でも」へ続く。

2014年11月05日 (水)
■ 【旅行 12 日目】 リベンジ四国カルスト

四国カルスト
RICOH GR 28mm ISO140 F8.0 1/1000 EV-0.3

まだ子供が小さい頃ですから 10 年以上は前のことですが、四国駆け足一周をしたことがあります。その時はテント泊、ホテル泊、娘の友人宅泊‥といった感じで慌しかった。その際のキャンプ泊は三島キャンプ場という四万十川の大きな中州にあるキャンプ場に泊まったのですが、今までで一番虫が多かったキャンプ場だったので「さすが四万十だ!」と変な感心をしたことを覚えています。四国カルストはその時にも通ったのですが、一面のガスで何も見えなかったのです。道路脇にある石が見えてカルスト地形だ!って喜んだくらい‥。

四国カルスト
Apple iPhone5c ISO50 F2.4 1/2463

そのときのリベンジということで、今日は最初に四国カルストに行き、四万十川に降りて河口方面へ下るルートにしてみました。走り始め‥四国カルストに上がる前は霧が掛かったりしていてどうかなぁ?という感じだったのですが、四国カルストに上がると今日もとてもいい天気で安心しました。連休後の平日っていうのが大きいと思うのですが、とにかく人がいません。やはりこういう美しい風景は人がうじゃうじゃいない場所で独り占めできるのが最高ですよね。いやぁ、それにしても何てキモチがいいんでしょう!

四万十川@道の駅とおわ
RICOH GR 28mm ISO200 F8.0 1/640 EV-0.3

四国は九州ほどには道路が広くなく、山の中の道路はすれ違いが難しいくらい狭い道が続く‥というのも珍しくありません。四国カルストに上がるのも下るのもそんな狭い道を通ったのですが、下りは梼原あたりからやっぱり狭い国道 439 号線を通って四万十川の土佐大正まで出ました。四万十川をあらためて地図で見てみると不思議な感じに蛇行しており、中流域のほうが山深いところにあるんじゃないか‥と思ってしまうような川ですが、その一番奥まったところにありそうな道の駅とおわにて遅めの昼食。昼食後はそのまま河口を目指します。

勝間沈下橋
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/361

四万十川に来たらやはり沈下橋を写真に収めなければ‥。そう思って、沈下橋の撮影スポットとして有名らしい岩間沈下橋を撮ろうと思ったのですが、工事中だった国道 441 号線の迂回路として使われており、残念ながら近くで止まって写真撮影‥というわけには行きませんでした。ということで、岩間沈下橋の下流側ふたつ目にあたる橋だと思うのですが、勝間沈下橋で写真を撮ってきました。今日は暑くないので水が恋しくなることはありませんが、夏の天気のよい日はやっぱり飛び込みたくなっちゃいますかね。

足摺岬
Apple iPhone5c ISO3200 F2.4 1/120

四万十川の河口に辿りついたら、国道 321 号線をひたすら南下して足摺岬へ。途中、前を走る関東ナンバーのバイク 2 台が妙に遅くて時間をロスしてしまい、足摺岬の手前で日の入になってしまいました。でも、足摺岬からは日の入が見えなかったようですから、それはそれでよかったのですが‥。というわけで日の入後で暗くなってきた足摺岬のパノラマ写真。何だか元の写真が悪いのか合成がうまく行っていないようですが、波がすごかったです。四国最南端を堪能したら来た道を戻り、四万十いやしの里で温泉を、またまたお手軽に回転寿司を食べて、道の駅「なぶら土佐佐賀」が今日の宿泊地になりました。

【旅行 13 日目】 高知のうなぎ」へ続く。

2014年11月04日 (火)
■ 【旅行 11 日目】 ラピュタの道

道の駅波野は早起き
Apple iPhone5c ISO320 F2.4 1/120

昨日の夜はだいぶ冷えたようで、朝起きて外に出たら車に霜がびっしり付いてました。道の駅波野は標高 729m あるそうなのでそれだけ気温が下がるのでしょうね。見上げた空には雲ひとつなく、今日もよいお天気が期待できる一日になりそうです。ところでここ波野の道の駅は、他の道の駅に比べて一歩早くスタートするのが特徴。この日も 7 時半前から色々なものが並び始め、開店の 7 時半にはお弁当を買うこともできました。なので、まずはここで朝食を食べてから昨日の道を引き返し、阿蘇駅前で左に折れ県道 111 号線を上がります。

草千里ヶ浜付近から中岳
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/640 EV-0.3

ほどなく視界が開けると雄大な阿蘇の山並みが視界に入ってくるので、いやが上にも気分は高揚。草千里ヶ浜の駐車場の少し上にある展望所からは、何日か前にいた雲仙の山並みまで見渡すことができ、素晴らしい景色を楽しむことができました。そこから東側を見ると、噴煙を上げている中岳火口が見えます(写真)。阿蘇山公園道路という有料道路を通るとロープウェイの終点近くまで自動車で行けるらしいのですが、今日はゲートが閉まってました。じゃあそれは諦めて‥と思って反対側を下ったらスグに下まで降りてしまった‥もったいない。

ラピュタの道から阿蘇五岳
Apple iPhone5c ISO50 F2.4 1/1808

阿蘇五岳の南側に降りたら、国道 325 号線、国道 265 号線を通り、根子岳の東側を回って国道 57 号線を再び阿蘇駅方面へ。そのまま熊本方面にずっと下りたら今度は北側の外輪山上を走るミルクロードを上ります。途中、ラピュタの道というニックネームが付けられている道路越しに阿蘇五岳を眺めます。いやはや‥それにしても今日は本当に雲ひとつ無い素晴らしい天候に恵まれました。とにかく今回の旅行は全般的によい天気に恵まれている気がするのですが、その中でも今日は格別にいい天気かもしれません。

ラピュタの道
RICOH GR 28mm ISO200 F8.0 1/500 EV-0.3

パノラマ写真の中央付近にあるヘアピンカーブのところまで歩いて降りて、ラピュタの道の由来となったループ部分を見たのが上の写真。雲海が広がったりすると本当に「天空の道」といった感じがするそうですが、これでも十分に「天空の道」の雰囲気を味わうことができますよね。ラピュタの道があるのは阿蘇の外輪山の崖部分に相当する場所なので写真でも分かるように斜面が正直言って崖です。しかも、引っかかるものが何も無いので万が一落ちるようなことがあったら間違いなくあの世行きでしょう。足元には十分注意してくださいね。

だご汁定食たかなめし@山賊旅路
RICOH GR 28mm ISO200 F3.5 1/50 EV-0.3

ラピュタの道の景色を楽しんだ後は、国道 212 号線を阿蘇方面に降り、三度、阿蘇駅前を通過。今日の昼食は山賊旅路という店で食べました。写真はカミさんが食べただご汁定食(たかなごはん)ですが、量がかなりあります。同じだご汁にしても単品でたかなめしと組み合わせて食べるので量的には十分かと思いました。定食はさらに色々ついているのでお腹いっぱいになりました。さ~て、駆け足ではありますが、11 日掛けて九州を一周した感じになりました。まだ数日はいられるのですが、ちょっと欲張って四国も回って帰る?ということで今日のうちに四国入りすることに決定。

フェリーから臼杵の街
RICOH GR 28mm ISO400 F2.8 1/20 EV-0.3

阿蘇から県道 11 号線を使って外輪山に上がり、県道 45 号線、国道 212 号線を通って小国まで。そこからは国道 442 号線、国道 57 号線、国道 502 号線を通って一気に臼杵の街まで降りました。臼杵港から出ているオレンジフェリーは深夜に港を出る便もあるのですが、真っ暗になる前の便で四国の八幡浜に向けて出航。いやぁ、それにしても天気に恵まれた九州旅行は楽しかったです。また来るよ~!と九州に手を振って四国へ。当初、四国に来るつもりは全く無かったので、八幡浜のコンビニでドライブガイドを購入。ひとまず今晩の宿泊先となる道の駅「みま」を目指しました。

【旅行 12 日目】 リベンジ四国カルスト」へ続く。

2014年11月03日 (月)
■ 【旅行 10 日目】 リベンジ霧島

青島付近からの日の出
RICOH GR 28mm ISO100 F3.5 1/125 EV-0.3

道の駅フェニックスは海のすぐ横にあり、回りが全体的に暗いので夜は星がキレイでした。朝になってカミさんが「日の出を見るんだ~!」と妙に気合を入れているので、急いで LEVORG を昼間仕様に戻して走り出します。フェニックスの前からも朝日はキレイに見えると思うのですが、何の理由も無く本能的に走り出してしまったのは失敗?少し走ったところで海岸に面したレストランの広い駐車場があったので、そこに停めてご来光を拝みました。残念ながら雲が少しかかっていたので、水平線から太陽が出てくる‥までは行きませんでしたが。

石波浜の渚
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/500 EV-0.3

日の出を見たら野性の馬が暮らしているという都井岬を目指して国道 220 号線(日南フェニックス・ロード)を南下します。ずっと同じ道を走っているつもりですが、いつしか国道 448 号線に変わり気持ちのよい道路が続きます。そのうち左手にとても美しい砂浜が見えてきました。石波浜というそうで日本の渚百選にも選ばれているのだとか‥なるほどなるほど。とてもキレイな海岸なのですが海水浴シーズンではないせいか人気がありません。この砂浜に寝っころがったらさぞ気持ちよさそうだなぁと思ったのですが今日は先を急ぎます。

都井岬灯台
Apple iPhone5c ISO50 F2.4 1/2262

ほどなく岬への分岐に到着し、都井岬方向へ‥。都井岬には御崎馬と呼ばれている野性の馬が生息しているということで、御崎馬保護育成協力金 400 円を払って都井岬に向かうことになります。あちこちに馬がいるのが目にとまりますが、野生というのだから驚きです。餌の草はともかく水とかってどうしているのかしら?などと考えながら走っていると最後は都井岬灯台へ。都井岬灯台は九州で唯一内部が見学できる灯台なのだとか。風の強かった昨日とは打って変わり、今日は風も弱くてしかも天気がよい絶好の観光日和になりました。

高千穂河原より新燃岳と御鉢
Apple iPhone5c ISO50 F2.4 1/1106

今日は熊本入りしたいと思っていたのですが、地図と睨めっこして昨日天気がイマイチだった霧島・えびの高原のリベンジをすることに。志布志から県道 65 号線を通り都城へ、そこから霧島バードラインと呼ばれる県道 31 号線を通って高千穂河原へ。高千穂河原は平安時代に霧島神宮があった場所だそうですが、今は鳥居があるだけです。写真ではいまひとつ迫力がありませんが、左側の新燃岳から右側の御鉢に続くパノラマ。左の新燃岳が 2011 年に噴火した際、高千穂河原の駐車場付近には 6cm ほど噴出物が積もったそうですね。そんなことを高千穂河原ビジターセンターで勉強した後、えびの高原方面に向かいます。ここは昨日に引き続きの通行ですが、天気がイマイチな日とバツグンにいい日の両方を堪能できてラッキーだったかもね。

五木村付近の川辺川
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/500 EV-0.3

えびのから人吉に向かい、国道 445 号線を通って熊本方面に向かいます。国道 445 号線は五木の子守唄が生まれた地である五木村を通るのですが、下を流れる川が川辺川だったりと、名前を知ってはいるけど場所がリンクしていなかったところが自分の中での地図の空白地を埋めてくれたのが楽しかったです。それにしても九州は道路のクオリティがとても高いので、昔は辺ぴな土地であっただろう山奥にも自動車で簡単にいけるようになったものです。写真は国道 445 号線から見下ろした川辺川ですが、九州は海あり山ありでどちらの魅力もたっぷり‥といった感じがします。

熊本ラーメン@黒亭
RICOH GR 28mm ISO500 F2.8 1/125 EV-0.3

そのまま熊本方面に走っていくと、どんどん街が大きくなって行くのをはっきりと感じ取ることができて面白いです。熊本出身の友人の実家付近めぐりなんかをしつつ、夕食は黒亭で熊本ラーメン。食べ終わったら国道 57 号線を阿蘇方面へ。途中、乙姫温泉に行って暖まった後は、スグに到着する道の駅阿蘇をチェック‥。明日の行動のベースにはよさげなのですが、人が多くて落ち着かない感じがしたので、もうひとつ大分側の道の駅波野まで行きました。いよいよ明日は阿蘇を楽しむ日です!

【旅行 11 日目】 ラピュタの道」へ続く。

2014年11月02日 (日)
■ 【旅行 9 日目】 桜島

道の駅たるみずから桜島
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/195

道の駅たるみずには温泉のある建物の東西両側に駐車場があるのですが、桜島方面から道の駅に行ったので西側の静かなほうにいたようです。東側の駐車場横には足湯の設備もあり、多くの人はこちらを利用していた模様。今日もちょいと天気がすぐれない感じですが、西側の駐車場の外れにある草地から見た今朝の桜島の様子が上の写真です。雲が多い天気でしたが、桜島に掛かっているのは雲ではなくて明らかに噴煙であるのが分かります。せいぜい蒸気が噴出している程度の箱根大涌谷くらいしか見る機会の無い私とカミさんにとっては、桜島の噴煙はかなりのカルチャーショックだった‥とでもいいましょうか。

湯之平展望所からの桜島
RICOH GR 28mm ISO100 F3.5 1/125 EV-0.3

まずは桜島に行ってみようということで桜島南側を走る国道 224 号線でフェリー乗り場あたりまで行きました。しかし、この日は桜島に雲も掛かっており、山頂を見渡すことができなかったのが残念‥。そのまま湯之平展望所という眺望のよいはずのところまで行ってみましたが、ご覧のとおりで桜島の雄姿は雲の中。びっくりしたのは、写真ではよく見えませんが写真中央下にある谷底のようなところで重機が動いているのが見えたこと。急に噴火とかしないのかしら?雲仙でもそうでしたが、ここ桜島でも砂防ダムがたくさん作られていたりして、災害と隣り合わせの地域であることが分かります。

桜島東側の黒神埋没鳥居付近
RICOH GR 28mm ISO100 F3.5 1/125 EV-0.3

ちょっと残念な思いに後ろ髪をひかれつつ、フェリーターミナルの近くにある桜島ビジターセンターで桜島のお勉強。活発な活動を続けている桜島ですから、人なんて住んでいないのではと思っていましたけど、今でも 5,000 名を越える人々が生活しているのだとか‥。桜島からフェリーに乗って鹿児島に渡るのが定番らしいですが、そこは定番を嫌う私(笑)。姶良カルデラ一周ルートを走ってフェリーに乗らずに鹿児島に行ってみようというわけです。というわけで桜島も一周すべく北側の県道 26 号線を走ります。

写真は黒神埋没鳥居がある付近だと思いますが、明らかに景色が違います。何が違うかというと景色が黒いのです。陽が射していないこともあると思いますが、南国特有の鮮やかな色とは無縁のくすんだ色‥。もちろんお分かりかと思いますが火山灰です。最初の写真から分かるとおりで今まさに降灰している地域もあったりと、いきなり桜島の洗礼を受けてしまいました。うわぁぁ、、火山灰許してください‥とばかりに足早に走り去ってしまったので、埋没鳥居を見ることなく桜島を後にしてしまいました。

思無邪の薩摩ラーメン
RICOH GR 28mm ISO800 F2.8 1/80 EV-0.3

この後、反時計周りに国道 220 号線、国道 10 号線を走って鹿児島を目指します。途中、随分と昔にネットでお知り合いになったけど、お会いしたことのなかった方に会う機会に恵まれ、お土産として幻の芋焼酎ベスト 5 に入っている伊佐美をいただいてしまいました。ありがとうございます。大切に飲みます(スグに飲みきっちゃうかもしれないけど‥)。で、今日の昼食はその方にいただいた情報を忠実に守って鹿児島の思無邪(しむじゃ)というお店で薩摩ラーメンをいただきました。

今日はずっと曇りがちの 1 日になりそうだったので、単に移動するだけと割り切って霧島、えびの高原を走りましたが、グレイの空の下で紅葉を見ながら走ることになりました。でも、曇りの日の紅葉って実は色がキレイに見えるのでそれはそれでヨシとしたいと思います。えびの高原から小林に下る県道 1 号線は、えびの高原の硫黄山が小規模噴火の可能性ありということで通行止め。なので、ちょっと遠回りにはなるけれど、えびの側に降りて国道 268 号線を使って宮崎の市街地へ。

そろそろ夕食を食べないと‥大きなハズレはないだろうということで、寿司虎っていう回転寿司の店に向かったのですが、本店が改装中でやっていなかったりして見知らぬ土地をウロウロ‥。今回、夜は Google maps を使ったナビに活躍してもらっていますが、知らない土地の夜にナビは心強い武器ですね~。明日も祝日の日曜夜のせいか、たどり着いた寿司虎は大変に混雑している店だったもので、食事にありつけたのは結構遅い時間になっちゃいました。やっぱりここまで来ると寿司のネタも随分と違うなぁと妙なことに感心しつつ、今日の宿泊地である道の駅「フェニックス」に向かいました。

【旅行 10 日目】 リベンジ霧島」へ続く。

2014年11月01日 (土)
■ 【旅行 8 日目】 はやぶさのふるさと

なんきゅうフェリーで根占港を目指す
RICOH GR 28mm ISO400 F8.0 1/400 EV-0.3

朝起きたら雨は止んでいましたが今日は昼過ぎまでは雨模様のようです。それでも今回の旅行は天気に恵まれているなぁと話しつつ、指宿の山川港からなんきゅうフェリーの 1 番の便に乗って大隈半島の根占港に向かいます。アンケートみたいなのに記入すると 500 円割り引いてくれるというのですが、大隅総合開発期成会っていうところがフェリーの利用促進のために期間限定・条件付きで助成金を出してくれるのだとか。今日はその条件が当てはまってラッキー。フェリーに乗って少ししたら雨が降ってきたので初めての雨降りの海の上を体験。

今日は九州最南端の佐多岬に行くことにしていたのですが、フェリーが到着した根占港から佐多岬に直接向かってしまうと天気が悪い時間に到着してしまいそうでした。なので直接向かうのは止めて北東側の志布志を目指します。志布志は特に見たいものがあるわけではないのですが、友人が育った土地なのでどんなところか見ておこうかと‥。道の駅「くにの松原おおさき」にて昼食を摂ったあとは、半島の東側を通って南下するコースを選んだのですが、この時点で内之浦宇宙空間観測所が見学できるということを知り、急遽向かうことにしました。

内之浦宇宙空間観測所M台地
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/834

内之浦宇宙空間観測所はゲートのところで名前、人数、何県から来たかを用紙に記入すると「構内見学者乗り入れ許可証」を貸してくれるので、それを見せてゲートを入っていくことで施設の見学ができる仕組みになっています。微妙に霧がかかっていて 34m のパラボラアンテナはうっすらと霧の中だったのですが、それがまた幻想的な感じでよかったですね。写真はあの「はやぶさ」を送り出したミューセンターと呼ばれるロケット発射場。他にもロケットや人工衛星に関する色々なものが展示してある宇宙科学資料館などもあって、ロケットファンにはたまらない場所でしたね。もちろん宇宙大好きな私にも十分に楽しめる場所。気づいてよかったです。

佐多岬灯台
RICOH GR 28mm ISO800 F8.0 1/1000 EV-0.3

内之浦を後にして、国道 448 号、国道 269 号を通って佐多岬を目指します。内之浦の後から天気がよくなり、太陽も顔を出すようになりました。そのまま一気に九州最南端の佐多岬まで‥。佐多岬に近づくと植生が急に南国風になって行く感じですが、これって元から自生しているようなものなんでしょうかね?途中、これぞスコール!といった感じの雨に見舞われますが、終点の駐車場に到着した頃にはすっかり上がってました。駐車場に車を止めて暫く歩くことで佐多岬灯台の見える高台にたどり着くことができます。この高台‥妙な荒れ方だなぁと思ったら、少し前まではレストハウスと展望台の廃墟があったそうですね。さらに一段高い場所から景色を眺めることができたそうですが、個人的にはそういう人工物は無いほうがいいかなぁ‥。

大隈半島から開聞岳
RICOH GR 28mm ISO200 F8.0 1/800 EV-0.3

佐多岬からは種子島や屋久島なども見えるそうなのですが、この日はあいにくそこまでは見えず‥。種子島と屋久島のイメージどおりの形に見える小さい島は竹島と薩摩硫黄島という島だそうで、共に鬼界カルデラの外輪山に当たるだけではなく硫黄島の主峰硫黄岳は常時噴煙を上げているのだとか‥。火の国というと熊本あたりを指すそうですが、これだけ火山が身近だと九州全域を火の国と呼んで差し支えないんじゃないかという気がしますね。佐多岬からの眺望を堪能したら今日の宿泊地を求めて北上。途中、薩摩半島の開聞岳がキレイに見える場所で写真を撮りました。昨日行った知覧特攻平和会館で聞いた話が思い出され、開聞岳は見た目がとびきり美しいだけの山ではなく、どこか悲しげに見えるようになってしまいました‥。

ひれかつ定食@鹿屋竹亭
RICOH GR 28mm ISO400 F2.8 1/60 EV-0.3

佐多岬に行くときに使った国道を避け、県道 68 号線を使って北上しましたが、地元の車は驚くくらいのハイスピードで飛ばしますね。それだけ道路がよいということなのでしょうが、九州の道路は全体的にハイクオリティです。さらに北上して午前中に通過した鹿屋市街地へ。地元の友人に教えてもらった竹亭というとんかつ屋に夕食を食べるために行きました。今日は昼にもとんかつ系のものを食べてしまったこともあってヒレカツを選んだのですが、この店はおそらくロースカツのほうが美味しいのではないかと想像。今日のオススメで割引になっていたダブルかつ定食に気づいたのは食べ終わった後でした‥残念。

食事を終えて竹亭を出たら国道 220 号線を北上して桜島方面へ。走っているうちに急に桜島の稜線が目に入ってきました。暗いエリアだと山の稜線には気づかないことも多いのですが、桜島は鹿児島から近いということもあるのでしょうか‥うっすらと稜線が見えるのですよね。桜島というくらいですから、かつては島だったそうですが、1914 年(大正 3 年)の大噴火によって今では地続きになっています。その大噴火の際に繋がったあたりで道路は東に向きを変え、道の駅「たるみず湯っ足り館」へ。どう見ても噴煙を上げているよね?という桜島が見えるここが今夜の宿泊地です。

【旅行 9 日目】 桜島」へ続く。

| Top |