14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年09月01日 (金)
■ 国道 158 号線-41 号線-360 号線-156 号線-能越自動車道

国道 360 号線天生峠にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F5.0 1/220 EV-0.3

昨夜は中央高速の八ヶ岳 PA で一夜を過ごし、今朝は長野県にほど近い山梨県からスタートです。中央高速から長野自動車道に入り、松本 IC を降りたら能登半島方面を目指す方向に走ります。まずは、お得意の国道 158 号線を走って高山まで。もちろん、安房峠を通る旧道ルートを使って行きました。昨日までと車種は同じ LEVORG とはいえ、STI Sport は乗り始めたばかりなので、「日本国内行ったことある都道府県」 もリセットしてゼロから数え始めることにしました。さすがに沖縄県まで自分の自動車で行くことは無いと思いますが、それ以外の都道府県は制覇したいところ。STI Sport での制覇には何年くらいかかりますやら。

高山以北の国道 41 号線は初なのですが、飛騨のあたりで高山本線と別れて国道 360 号線に入ります。国道 360 号線は多少狭い区間もありますが、酷道と呼ぶほどではない比較的走りやすい道路ですが、さすがに大型車は 「通行不能」 とのこと‥確かに大型車両では通れない感じのところもありました。飛騨側から白川郷へ向かう途中にある天生峠(上の写真)は天生県立自然公園になっていて高層湿原を楽しむ人たちも多い模様です。「ちょっと散策してみる」 という程度のものではなさそうなので、今回はもちろんパス。そのまま白川郷に降りてお昼を食べ、白川郷をちょっとだけ見て白山白川郷ホワイトロードへ。

白山白川郷ホワイトロード国見展望台より
FUJIFILM XQ2 50mm ISO200 F5.6 1/640 EV-0.3

白山白川郷ホワイトロードは、以前は 「白山スーパー林道」 と呼ばれていた道路のようで、こちらの名前は昔聞いたことがあります。普通車で片道 1600 円の通行料金を取られるだけあって道路自体は立派なものですが、ここも国道 360 号線の一部なのだとか。途中にある 「白山自然保護センター中宮展示館」 なども見学しつつ、小松市内まで下りました。その後、北上して少し早い時間のお風呂を川北温泉 「ふれあいの湯」 でいただきました。お風呂の後はさらに北を目指して砺波市内から仕事の電話会議に参加しましたが、よもや私が富山県内にいる‥なんてことは誰も思っていなかったことでしょう。

電話会議の後はさらに北を目指して何度かお世話になっている道の駅氷見に行きましたが、さすがに気温が高めで寝苦しそうです。しかし、内陸側に戻るのもそれはそれで面倒なので、能登半島の中でも比較的標高の高いであろう道の駅桜峠まで行くことにしました。外はもう暗くなっているため景色も見えませんので、時間短縮を狙って能越自動車道の無料区間をフルに活用して桜峠を目指しました。この手の道路は基本的に使わないのですが時間短縮を狙う場合には有効ですし、そもそも地元の人々には重要なインフラですよね。でも‥そのせいで古い道路が姿を消していくとしたらちょっと残念ですが。

| Top |