14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年01月15日 (火)
■ 足先

自転車に乗るときの足元スタイル三連休が終わって今日から普通の生活に逆戻りです‥。ちと仕事なんかもやってしまいましたが、おおむねゆっくりとできたでしょうか。しかし、この週末は天気がいまひとつで何とも寒い感じでしたよね。年が明けてからずっと摂氏10度以上あった最高気温もグッと下がってしまったし。まぁ、冬なんだから寒いのは当たり前なわけだし、これくらいの寒さはどうってことないやい‥と、強がってはみたものの、先週に比べればずっと寒いですから、今朝は少しだけ身構えて自転車に乗りましたよ。とはいえ、あくまでも気分だけの話なのですがね‥。

で、自転車に乗って走り出すと確かに先週よりも寒いのです。体に当たる風も「身を切るほど‥」までは行かないものの、暖かい日差しが恋しくなるくらいの冷たさではありました。なのですが、いまだに写真のようなこんな格好で自転車に乗っております。実は肌色のスパッツを穿いている‥なんてことはもちろんなくて、お肌剥き出しなわけです。厚着している人からは想像できないような光景かもしれませんが、これでも意外と平気なのです。確かに風に直接当たる前面は結構赤くなってきますが、我慢できないほどには冷たくなることはありません。むしろ辛いのは靴を履いている足のほうです。

この靴は自転車用の靴なのですが、自転車用の靴というのは基本的に風通しがよくできています。この靴はメッシュのような部分は少ないのですが、その割には風通しがよいと思います。なので、足‥特に足先が結構冷たくなってしまうのですよね‥。そうして冷たい風にさらされていたら、会社に到着する頃には「あ、そろそろカバーが要るかな‥」という感じがしてきました。とはいえ、帰りにはそこまでの寒さを感じることはなかったですから、もう少し様子を見てみようかと思います‥。などと言っているうちに、今年の冬もこの格好のままで過ごせてしまうかもしれませんね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |