14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年01月23日 (水)
■ ちょっとだけ雪国

久しぶりの積雪日曜日の夜半過ぎから月曜日にかけて雪が降るという予報は外れました。今度は水曜日の未明から昼ごろまで雪が降る‥なんていう予報が出ていました。今朝はちょっと早起きする用事があって、いつもの朝よりも一時間くらい早い時刻にゴソゴソ起き出したのです。今度こそ雪は降ったのか?と思ってカーテンを開けてみたところ、やっぱり雪は降っていませんし、雨も降ってません‥。な~んだ、今日も予報ハズレですか。そう思って、ひと安心していたのです。

ところが‥これまたいつもよりもずっと早く朝食を摂るためにテーブルについたところ、いきなりたくさん雪が降っているではありませんか。朝イチの寒い時間であるということも効いてか、住宅の屋根はみるみる間に白くお化粧されていったのです。朝食を摂ったあと、用事を済ませて会社に出掛ける頃には近所の公園はすっかり雪化粧されたような状態でした。写真のように、さすがに常緑樹の下までは雪が積もっていないので、見ようによっては日陰のようでもあり、ちょっぴり面白い感じですよね。

会社に着いた後も昼過ぎまでは雪が降っていたので、それこを人通りのない公園などは一面真っ白になったのではないでしょうか。でも、雪はいつしか雨に変わり、せっかく積もり始めた雪も一気に溶けてしまったようです。夜に会社から帰ってくる頃には、単に雨あがりの風景のようにつまらないものになっていました‥。というわけで、写真のような景色も朝の通勤時間に見たきりになってしまいました。ちょっとだけ雪国がやってきて、一瞬のうちに帰ってしまったわけです。昨年はこんな景色になったことは一度も無かったと思いますが、今年はあと1、2度くらいはあるかもしれませんね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |