14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年05月15日 (木)
■ CONTAX T2

CONTAX T2今ではプロカメラマンだってデジタルが当たり前の世の中になってきたけれど、デジカメが普及しはじめたのは、せいぜい10年ちょっと前くらいの話なのですね。先週末に私の実家にちょっと行ってきたのですが、デジカメなどというものが想像もできなかった時代の古いカメラを発見したりして、何とも懐かしいものを感じました。私が中学生の時代に親にかなり無理を言って買ってもらったCanon AE-1に久しぶりに再開したら、使ってみたくなったりして‥。メカニカル・シャッターではないので、BULBで天体写真を撮るのに苦労したっけね。今度持って帰ってこよう。

先日、相棒のCyber-shot DSC-T3が壊れてしまって以来、カメラの役目はXactiが担っているのだけれど、こいつは動画がメインでスチルはおまけという印象が強く、何ともカメラっぽい感じがしなくてイケマセン。なので、スチルがメインのカメラを買おうと思っているのだけれど、なかなか決まらずに今に至っています。ということで、デジカメの購入はまだまだ先のことになりそうな感じなのですが、買えないとなるとカメラ自体が妙に気になりだしちゃったりして、ウチにある昔のカメラを引っ張り出してきてみました。昔とはいっても、10年ちょっと前くらいに買ったものですが、フィルム・カメラだと妙に古めかしい感じがしますね。

ちなみに、最近フィルム・カメラがちょっとした流行なんだそうですね。何でも「その場で見ることが出来ないのが新鮮」などと言う意見もあったりするそうで、人間の感覚って面白いものです。さらに言えば、流行っているのはトイカメラと呼ばれる文字どおりオモチャのカメラで、チープな感じが受けているのだとか‥。CONTAX T2は、トイカメラではなくて高級コンパクト・カメラといった感じなので、絵心があれば美しい写真もバッチリ撮れます。今時、フィルムで撮影したら、どれくらいのコストになるのか想像がつきませんが、デジカメのような「軽さ」が無い分、シャッターを慎重に切るかもしれませんね。うう~む、ちょっと使いたくなってきました。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |