14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年05月17日 (土)
■ ハイエンド・コンデジ

RICOHのカメラカタログGW後半のキャンプに行く直前にデジカメが故障して以来、ちょうど二週間が経過しました。とりあえずXactiが手元にあるため、どうにもならなくて困っているということもないのですが、そろそろ新しいカメラを何とかせねば‥という思いが強くなってきました。今まで使っていたデジカメは、SONYのCyber-shot DSC-T3というコンパクト・モデルだったので、後継機種を選ぶのが順当なところなのですが、DSC-T200を頂点とする後継製品は、タッチパネル方式の液晶に馴染めないため、積極的に選ぶ気になれません。DSC-T3のようなスイッチ式であれば、きっとそれを選んだと思うのだけど‥。

というわけで、気分は完全に別のカメラに向いてしまっています。基本的には、DSC-T3と同様にレンズが完全にボディー内部に収納されるタイプが欲しかったので、オリンパスのμ1030SWあたりが筆頭候補ではあったのですが、最近はもう少しハイスペックのカメラが欲しくなってしまっています。それもこれも、現在発売中のBycicle Magazineによるところが大きいのですが、キレイな写真を撮るためのカメラ‥だけでなく、所有欲を満足させるものが欲しいのです。キレイな写真だけが目的なのであれば、カミさんが持っているようなデジタル一眼を選ぶのが一番いいのでしょうが、持ち運びが嵩張っていけません。自転車でも常に携行することを考えたら、コンパクトカメラでなくてはならないのです。

そんな我侭な要求にこたえてくれるカメラはあるのでしょうか?最終的に候補に挙がったものは、RICOH GR digital II、RICOH Caplio GX100、Canon Power Shot G9にSONY Cyber-shot DSC-W300などのコンパクト・ハイエンド機でした。どれを選んだところで後悔は無いと思うのですが、やはり自分で納得しての一台を選びたいところなのです。そのためにはまず実物に触れてみなくては‥ということで、先週実家に行ったついでに上大岡のヨドバシカメラで色々と触ってきました(DSC-W300は発売前だから実機無し)。その場では当然決まらず、後から色々と調べた結果、「これにしようかな」というものは決まったのですが、他に「もっと欲しい」ものが無さそうかどうかを現在は物色している最中です。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |