14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年05月27日 (火)
■ 夏の扉

恩田川沿いでも田植えが始まりましたここ最近、何だか天気の冴えない日が多かったような気がします。そう思って気象庁の統計情報を調べてみたところ、3月~5月の降水量は、この数年のうちで今年は目立って多い感じだということがわかりました。いつもあてにならない私の感覚も、たまにはデータと一致することがあるようです。確かに雨も多く降っているようですが、雨が降るほどにはならないとしても、一日中雲が多かったりと何ともスッキリとしない日々が続いているような感じでしたものね。

そんなスッキリしない日々が続いていたわけですが、今週に入ってからは昨日、今日とよい天気になりました。幸いなことに、今週はスーツな日がありませんので、自転車に乗って会社まで‥。晴れて日差しがあるとだいぶ汗をかくようにはなってきましたが、風はまだ比較的爽やかな感じなので、走っていて気持ちがよいのです。恩田川沿いの田んぼにも水が張られて田植えが始まりましたし、道沿いの雑草も大きくなってきて、夏草の香りが鼻をくすぐります。この香りがすると、もう夏の扉が開くな‥という感じがします。

夏の扉‥といえば、私程度のお歳の方には1981年にリリースされた同名の松田聖子の歌が思い出されるかと思いますが、YouTubeあたりにはまぁたくさんの動画がアップされているのですね。懐かしい思いでいくつか見てみましたが、かれこれもう27年も前の話ですから、松田聖子も若くてカワイイものです‥今じゃちょっとコワイですけどね。と、話が逸れましたが、五月も終わりに近づいてグッと夏らしくなってきました。梅雨入りする前に好天が続いて、自転車通勤率もグッと上げたいところなのです。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |