14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2005年01月22日 (土)
■ BARONCINO

BARONCINO chardonnay 2003ワインというと、何となくウンチクの必要な飲み物というか、語らずして飲むべからずみたいな風潮を煽っているような雑誌の記事って多いですよね。うちはワインをわりと飲む方だと思うのですが、そういうウンチク系のこととは全く無縁で、ひたすら「安くてうまそうなもの」を求める方です。わりとよく飲む方とは言っても週末だけですし、安いの狙いなので、せいぜい1500円止まりかな。1500円のワインを週に3本消費したとして、一年は52週ですから、1500×3×52=234000円ですか。この値段だけ見ると結構びっくりですが、実際にはこんなに飲んでいないでしょうし、いいとこ半分くらいですかね。

今日も何となくワインが飲みたくなったので、いつもの吉祥さんへ買いだしに行きました。とはいえ、我が家の予算に合致するような値段のものって、そんなに多くないんですよね。大半は「たまにはこんなの飲んでみたいよね~」というお値段のものです。いや、まじでたまには飲んでみたい…。今日は何故か急にイタリアのワインが飲みたくなったので、こんなのを買ってみました。BARONCINO 2003年…シャルドネだそうです。ちょっとトロっとした感じでわずかに甘みが感じられます。結構好きな味かもしれません。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |