14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2008年10月29日 (水)
■ 読書週間

吉田自転車(吉田戦車著:ISBN4-06-275356-1)一昨日の話なのですが、27日は‥「文字・活字文化の日」だそうです。その文字・活字文化の日と同時に読書週間が始まり、11月9日までの2週間が読書週間になるのだとか‥。しかし、文字・活字文化の日‥って、あまり聞いたことが無いと思ったのですが、驚いたことに「文字・活字文化振興法」なる法律があるのだそうです。何の法律かというと、Wikipediaによれば「文字・活字文化の振興を総合的に推進するための国や自治体の基本的責務」を定めたものなのだ‥と。

ちょっと調べてみたところ、聞いたことが無いのも仕方ないかなと思ったのは‥この法律は、2005年に制定されたそうで、まだ若い法律なのですね。ただ、ざっと目を通しただけでは何を目指すためにわざわざ法律まで作ったのかはよく分かりません。活字離れが叫ばれて久しいですが、その辺りに危機感を抱いて作ったのでしょうかね。そうは言っても、日本は世界有数の日記文化なのだそうで、文字をしたためる人の割合は多いようです‥だいたい、私だってこんなこと続けてるしね。

でも、文字を書く上での基礎となるのは、やはり読むほう‥一昨日の読売新聞朝刊にも、福岡伸一さんと綿矢りささんの対談が載っていたのですが、お二方とも読書量が凄そうです。それに比べて私の場合、子供の頃から読書の量が少なすぎるほどなので、そのせいでマトモな文章が書けないのでしょうか‥。とはいえ、途中で放り出さずに読むためには飽きないことも重要なので、写真のような肩のこらない笑える本というのもいいかもしれません。いずれにしろ、何でも読んでみようということでしょうね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |