14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年07月03日 (金)
■ 新基準自転車の事故

3人乗り自転車、異なる運転感覚(2009年7月3日 読売新聞朝刊より)7月1日から自転車へ幼児2人を同乗させることが可能になったというニュースをご覧になった方も多いことと思います。ただし、誰に咎められることなく大手を振って幼児を2人同乗させることができるのは、新しく決められた安全基準に合致している自転車に限られます。また、幼児に該当するのは「6歳未満」の子供ということで、基本的には小学生になったら基準を満たした自転車でもダメですし、3人乗りはもちろん2人乗りもダメになります。つまり、小学生になったら自分の自転車に乗るべし‥ということです。さて、その新基準に合致した3人乗り自転車ですが、一体どんなものが出てきたのでしょうか。

新基準とはいえ、結局は自転車ですから、見た目は「今までと何が違うの?」という感じの外観です。しかし、自転車本体の強度を上げ、子供用のシートも頭部まで保護される形状のしっかりしたものを取り付けることにより、本来自転車が持つ軽快感からは遠い新種の乗り物になってしまったようです。もちろん、私はまだ乗ったことがありませんし、乗る機会にも恵まれないとは思いますが、新聞の記事によれば「重くなっただけではなく、運転感覚も従来型とは異なる」ということが書かれています。安全性が高まることは喜ぶべきことですが、それと引き換えに失うものもあるわけでして、この3人乗り自転車の場合は、色々な意味での「手軽さ」が無くなってしまったようです。値段が高くなったのも然り‥子育て世代には厳しいことでしょう。

個人的にやや釈然としないのは、新基準に適合していない自転車‥つまり、今まで黙認されてきた幼児2名を同乗させていた自転車で、自転車の強度不足による事故の割合がそんなに高かったのか?ということ。中国製粗悪自転車ならいざ知らず、自転車協会のBAAマーク付きの自転車あたりでも問題が多かったのでしょうか。シートの取り付けが悪いとか、転倒しにくいスタンド構造になっていないとか、簡素なシートなのにヘルメット被っていないとか‥使用者側の理解不足による問題がほとんどなのではないかと思うのですが、そういった指摘は無かったのかしら。適合車であっても事故は起きるわけで、その際に今までの事故と何がどう変わったのか‥そういった見方をした上で、新基準が妥当なものなのかをきちんと検証して欲しいと思います。

■ Comment
・流行らないだろうな
乗らずとも見て判る部分として、かなりの重量アップと重心が高くなってる自転車になってますよね。
カミサンが電動アシスト自転車を買ったときに乗ってみたときは、その重量(約30kg)と重心位置(重たいバッテリーとモーターがBBの上にある)の感覚は今までのママチャリとは異質なもので、かなり乗りにくかった。それが今度はだいぶ上へ重心が移ってると思うと、ただでさえハンドルに子どもを乗せてふらつくのに、どーすんだろと?
まあ、そもそも自転車の構造のものに3人乗りを許可する時点でどーかとおもうんですが。。。

さて、この自転車自体は取りあえず作ってみましたの域をでてないので、不格好で高いし…このまんまじゃ売れないでしょうね(- -)
2009/07/05(日) 22:54:46 | URL | くっきも #qbIq4rIg[編集]
・ハードよりソフト
くっきもさん、こんばんは~。

既存の自転車でもしばらくは指導止まりということですから、そのうち誰も気にしなくなって終わり‥そんな結末も想像できますね。

個人的には「3人乗りは構わないんじゃね?」と思うところもあり、無闇に規制するのはどうかと感じている部分もあります。もちろん、野放しにせよというわけではなく、正しい情報を伝えるという努力は必要ですが‥。その上で使用者にリスクを取らせればいいと思うのですよね。

3人乗りが認められる自転車ができたからといって、事故そのものが激減するとは全く思っていませんし、この問題を含め自転車の問題はハードよりもソフト側に問題が多く隠れているように思いますので。

いつまでも大事に使おう‥って気になるような類のものでもないし、今のままじゃ売れないのは目に見えてますよね。
2009/07/06(月) 22:14:44 | URL | knys #-[編集]
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |