14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年07月05日 (日)
■ 日常からの逃避行

PADDLING HOBO Vol.3 ザ・グレート・エスケープ(フィールドライフ No.24 2009夏号より)人間が生きていく上で大切なものは何か‥それは「休み」である。もちろん、生理的な欲求を満たす生活ができていることが前提にあってのこと‥食べることにも困るような生活では「休み」なんてことは言ってられない‥のであろう、たぶん。だから、食うために仕事をして、その分休みを享受するわけである。つまり、仕事という名の労働をするからこその休みであって、労働があるからこそ休みも引き立つのである。何とも表裏一体な関係であり、不可分な関係が「労働」と「休み」なのである。でも、ここで言いたい休みは単なる休息の意味ではない休み‥体のための休みではなく心のための休みのことだ。

日本人は昔から働きすぎだとよく言われてきた。近年、少しはマシになってきたかと思っていたが、ここ最近は不景気を理由に働きすぎが横行しているようだ。というか、そんなに仕事が好きなわけではなくても、仕事が山のように沸いてくる。不景気だから人が増やせないのだと言うわりには、金にならない仕事ばかりが増えて行く‥。働きすぎなんじゃなくて、働かせすぎ‥なのだ。誰も好き好んで嫌な仕事のために寸暇を惜しんで働いたりはしない。労働者はやりたい仕事を選べないのである。だからこそ、休みが必要なのだけど、その休みさえも自由に取れないと来たものだ。有給休暇という名前の休みは、砂上の楼閣になりはてた。

なので、時には思い切った行動が必要なのだ。有給休暇は労働者の権利なのだから、権利を行使しよう。人間に必要な「休み」を取らずしてマトモな労働はできないのだから、たまには思い切って休みを満喫しよう。写真は、先日手元に送られてきたフィールドライフ夏号のホーボージュンの記事‥煮詰まった日常からの脱出を書いている。でも、これって彼の仕事だろ?というのは、この際どうでもいい。日常からの逃避がすなわち「休み」なのだから。写真に添えられている言葉がとにかく最高‥「休みはカレンダーで決まるんじゃない。天気図と気圧配置で決まるんだ。」‥労働者諸君!有給休暇を取って日常から逃避行しようじゃないか。

■ Comment
・休みは景気で決まる。。。
日本は休日返上で働くことがエライとされる
風潮がありますからね~。
都会じゃだいぶ意識が変わってきてますが
地方はまだまだ本当にひどい。
土曜日出勤があたりまえ。
サービス残業当たり前。
若いうちは休みなんか取れずに必死で
働いた。休まず働くのがエライ、この不景気で
仕事があるだけありがたいと思え。
こんな考えの大人ばっか。
だらだら仕事するより休みやるから、間に合うように
頑張れって言われたほうがよっぽど能率上がるのに。

本当にバカらしいです。
こんなことやってるの日本と韓国くらいでしょ。
時代錯誤。

ヨーロッパ人なんて、勤勉とされるドイツ人で
さえ、一ヶ月夏休みとるのに。

何のために生きてるのか、何のために働くのか
日本人の意識はまだまだ欧米とは30年の
格差がありますね。
特に地方なんて東京と20年、ヨーロッパと50年
の開きがありますよ。
スペインやイタリアと鹿児島じゃ、100年ほど(笑

地方のひどさは本当にもう。。。
といいつつ、今も仕事。

もう3連休なんて一年近く取れてないなぁ。
旅行なんてとてもムリ。。。。

はぁ・・・・。
カヤック乗りたい。
2009/07/07(火) 00:36:46 | URL | rr #-[編集]
・本当に
どうしたものでしょうねぇ。
身を粉にして働いていても全く豊かさを実感しませんからね。
色んな指標がありますが一人当たりGDPでは日本は6位ですからね。休暇を取って心身をリフレッシュし仕事に臨めば効率があがり、効率が上がり生産性UPすれば所得も自由な時間も増える事は皆が判っているはずなんですけでどね。
なぜ出来ない!(自分もです:反省)

今回はknysさんの論調もいつもと違い熱がこもっていますね。

2009/07/08(水) 01:40:28 | URL | まあ #DJEeTX7k[編集]
・CHANGE!
rrさん、こんばんは!
お返事が遅くなりましてスミマセン。

う~む‥都会と地方の両方を経験されているrrさんにそう言われると返す言葉がありませんね。

某国の大統領は”CHANGE!”という言葉で大いにウケたわけですが、日本も本当にコレが欲しい。

いかに同じアウトプットをより短時間で出すか、いかに同じ時間でより多くのアウトプットを出すか、そのためには何をすればいいか‥を、みんなが考えないとダメですよね。

あと、コスト意識の欠如は本当に嘆かわしい。クライアントである自分たちはサイフの紐を締めまくっているのに、メーカーには各種検討をタダ同然でやらせるわけです。お客様は神様だ!みたいな態度。会社同士のビジネスでは、こういう旧体質が無くならないと、日本人同士でツブしあって終わっちゃいますよね。

な~んて、ついグチになってしまいました。すみません。

はぁ・・・・。
キャンプ行きて~。
2009/07/08(水) 23:24:37 | URL | knys #-[編集]
・高品質は高コスト
まあさん、こんばんは~。
お返事遅くなりまして、スミマセンでした。

”Made in Japan” は、高品質だとよく言われます。自分たちも「そんなものかな」と思っています。でも、高品質って高いんですよね。ベースの品質がよいとしても、今度はそれを保つのがまた大変。

今までは金も時間も掛けられたので、保たれて然るべき高品質だったのですが、今では金も時間も掛けません。だから、品質も下がって当たり前なのに、品質は維持しろ!と号令が掛かる。労働者は裁量労働なんで、品質の維持に労働者がどれだけ働こうとも雇用者側の懐は全く痛まないのです。

これでは、働きすぎの温床を広めるばかりです。早く、高品質にはコストが掛かるということに、みんなが気づいてくれればよいのですけどね‥って、最近、自分の会社が色々な意味で本当に変なので、つい力んでしまいました。(笑
2009/07/08(水) 23:37:36 | URL | knys #-[編集]
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |