14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2009年07月17日 (金)
■ ナイトクルーズ

東京湾からレインボーブリッジと東京タワーを望むその昔、仕事場が都内にあった時期がありました。今から思えば、すんげー都会のど真ん中にいたわけですが、自宅と仕事場の間を往復するだけの生活で、都会の夜を満喫‥なんてことは全くありませんでしたね。だから、「実はここに秘密の美味しい店があって‥」などということは全くなく、今から思うと少しもったいないことをしたなと思うわけ。でもね~、毎日帰りが遅かったから、そんな時間から遊びに行くわけにも行かなかったのですよね。なんか、あんまり今と変わらない生活だなぁ‥。

今日は都内で仕事があって、仕事後に飲みに行くことにしていたのです。それが数日前、よその部署の東京湾納涼船企画に相乗りすることになり、フツーの飲み会のはずが急にセレブなナイトクルージングに変身。日の出桟橋を出て二時間半程度と短い時間ですが、夜の東京湾クルージングを楽しんできました。19時半少し前、ビールで「カンパーイ!」ならぬ「出航ー!」という変わった掛け声の乾杯とともに離岸し、隅田川を北上、勝どき、月島の周りを回るようにしてレインボーブリッジをくぐり、お台場へ。まだまだ仕事中のサラリーマンがウヨウヨしているだろうオフィスビルを肴にすると、そこらの飲み屋よりもビールが旨くなるのが不思議です。

今日乗ったのは洋風の船でしたけど、いわゆる屋形船もたくさん出てました。そういえば、昔の仕事場からよく見えたっけ‥屋形船。途中からデッキに上がり、お世辞にもよい香りとはいえない東京湾独特の匂いと、きらびやかなビルの灯りとの組み合わせがいつもと違う何かを感じさせます。真下からのレインボーブリッジというのも初めて見ました。結局、船はお台場の潮風公園のあたりで引き返したので、距離的にはせいぜい20km程度だと思いますが、思いのほか楽しい船旅でしたね。あ、潮風公園といえば、肩に乗って記念撮影する権利が260万1000円で落札され、話題沸騰中のガンダムも見えました‥真っ暗でしたけど。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |